allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[061]ガス燈
 イングリッドバーグマンルーテツ2017-09-18
 【ネタバレ注意】
ついヒッチコックを探してしまう でも演出はジョージ・キューカーで、霧のロンドンの景色など、ヒッチコックと比べるとお上品かな バーグマンの悲劇のヒロイン演技はいかにも・・・
続きを読む
ついヒッチコックを探してしまう でも演出はジョージ・キューカーで、霧のロンドンの景色など、ヒッチコックと比べるとお上品かな バーグマンの悲劇のヒロイン演技はいかにもオスカー級だが、やや若作りし過ぎの感アリ 若きジェシカおばさんが蓮っ葉なメイドを演じ、ヒロイン虐めに一役買う ボワイエ演ずる夫が、敢えて妻の嫌うタイプのメイドを雇ったのだろう ジョセフ・コットンはいつも同じような役 近所のおばさんメイ・ウィッティが、コメディリリーフ的な役で陰鬱な映像に笑いをくれる 謎解きとしても面白く、人間の欲望や怖さも愚かさも生々しい映画 これを言ってはいけないのだろうが、場所もわかっている、隣家の空き家からの侵入方法もある、となれば、わざわざ姪をたらしこんで結婚したり、神経衰弱に追い込んだりと、手の込んだことしなくても、独りで夜な夜な来ればよかったのでは 家に誰もいない方が動きやすいし見つかりにくいだろうに まさか部屋を照らすガス燈の栓を開けるためだけにそこまでしたのか 現代ではガス燈があまりピンとこないが、霧のロンドンに美しく映える 映像からはわからないが、当時の室内は相当ガス臭かったんじゃないかと思ったりもする
隠す
  
 
[062]シャドウ・エフェクト
 コマンダー1号HABBY2017-09-18
 【ネタバレ注意】
B級だがこの手の作品に求められる要素が全部詰まってるなかなかの掘り出し物。適度に不条理感が立ち込めるのも幻想的で良い(細部をあれこれつついてロジックが破綻してると突・・・
続きを読む
B級だがこの手の作品に求められる要素が全部詰まってるなかなかの掘り出し物。適度に不条理感が立ち込めるのも幻想的で良い(細部をあれこれつついてロジックが破綻してると突っ込むのは野暮というもの)。『マイノリティ・レポート』、『シャッターアイランド』と同ベクトルかな。期待せずに劇場で観た方はお金払った分を回収した満足感に浸れたんでしょう。
隠す
  
 
[063]GANTZ:O
 日本が誇れるエンターテイメントbond2017-09-18
 
序盤からラストまで飽きずの観れる。傑作アニメ。
  
 
[064]ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
 軽いノリのアクション映画にゃんにゃん2017-09-18
 
軽いノリのSFアクション映画。 評判がそこそこ良かったので期待していた。 映画ネタや選曲の良さはなかなかウケそうだが、全体的には普通かな。 キャラは良いのだがドラマは今・・・
続きを読む
軽いノリのSFアクション映画。 評判がそこそこ良かったので期待していた。 映画ネタや選曲の良さはなかなかウケそうだが、全体的には普通かな。 キャラは良いのだがドラマは今一つ盛り上がらず、あくまで軽いノリのアクション映画の枠内。 グルートは可愛かった。アライグマは期待よりも普通だった。
隠す
  
 
[065]散歩する侵略者
 頭ん中いっぱいの○○を全部奪って!dadada2017-09-18
 【ネタバレ注意】
カーペンターの「スターマン」を観た人は、アレだ!と誰もが思うんじゃね。オチは、真逆だけどね。 それにしても相変わらず違和感満載の黒沢映画。役者の演技、カット割り、照・・・
続きを読む
カーペンターの「スターマン」を観た人は、アレだ!と誰もが思うんじゃね。オチは、真逆だけどね。 それにしても相変わらず違和感満載の黒沢映画。役者の演技、カット割り、照明、セットや衣装に至るまで、どこかしら意図的な違和感があるのが黒沢映画。 効果的な事もあれば、いかにも作り物っぽくて興を削ぐ事も、安っぽく感じる事もあるんだけど、とにかく居心地の悪い気分になれるのは毎度の事。それに乗れるか否かなんじゃろが、自分はいつも微妙。 ここんところは、ミーハーの食指を動かすキャスティングに引っ張られて劇場にも足を運んでしまっているが、いつも微妙。
隠す
  
 
[066]ダンケルク
 こだわりに辟易...少々ねdadada2017-09-18
 
1週間、1日、1時間と異なる進行時間のエピソードを同時に語り始めて、最後にはシンクロさせて締め括るって、いかにもノーランっぽ。 「インセプション」の何層もの夢の中で・・・
続きを読む
1週間、1日、1時間と異なる進行時間のエピソードを同時に語り始めて、最後にはシンクロさせて締め括るって、いかにもノーランっぽ。 「インセプション」の何層もの夢の中での展開や、「インタースティラー」の相対性理論展開と同じつもりなんじゃろが、今回のコレは少々まどろっこしいかな。浜辺のエピソードが夜になったり昼になったりするのに、他のエピソードは昼のままで、理屈はわかってんだけど、思考が一瞬停滞するっちゅうか、何ちゅうか...まぁ、オレが頭悪いのかな。 ともあれ、「メメント」なんかも含めて、時間にこだわってんのね、ノーランさん。
隠す
  
 
[067]そして父になる
 けっこう無理のあるストーリーかもろーかるひーろー2017-09-18
 
いい映画で途中何度か涙したけれど、 こんな最初から分かってた結論に辿り着くまでどんだけ時間かかってんの、と突っ込みたくなってしまったw まあ主人公が血の繋がりを重ん・・・
続きを読む
いい映画で途中何度か涙したけれど、 こんな最初から分かってた結論に辿り着くまでどんだけ時間かかってんの、と突っ込みたくなってしまったw まあ主人公が血の繋がりを重んじるのは父への嫌悪感から自分の育ての母を否定してきたからなんだろうけど。 よく考えれば(よく考えなくても)一緒に過ごした時間の方が重みがあるのが当たり前。 取り替えた看護師にそもそもの責任があるのはもちろんだけれど、 それ以上に事態をリセットしたい病院側の思惑に乗せられてしまい話がややこしくなってしまったと言える。 病院側とすれば事実を伝えたあとで、交換するか、それともこのまま親子関係を続けて真実を封印するか、 それぞれのメリット・デメリットを丁寧に説明して選択してもらうのが真の誠意というものだろう。 血の繋がりどころか人種も国籍も違う子を養子にして愛情を注ぐ欧米人を例に挙げるまでもなく結論は最初から明らか。 そう考えると病院側の思惑と主人公の特異性で成り立った無理のあるストーリーと言えなくもない。 それにしても途中まで楽しい家庭から引き離された琉晴君が一番可哀想と思っていたけど、 むしろ父親の愛に飢えていただけに捨てられたと感じ傷付いていた慶多君の方がもっと可哀想だったのね。
隠す
  
 
[068]ワタシが私を見つけるまで
 自分を真摯に見つめようHABBY2017-09-18
 【ネタバレ注意】
女目線での、独身(シングル)を貫くことへの応援賛歌。人生いろいろ、独身者には伴侶を持つ生活が羨ましく思えるし、逆もまた然り。どちらが良いとは一概には言えないんじゃな・・・
続きを読む
女目線での、独身(シングル)を貫くことへの応援賛歌。人生いろいろ、独身者には伴侶を持つ生活が羨ましく思えるし、逆もまた然り。どちらが良いとは一概には言えないんじゃないのかな。女優陣がそれぞれ個性的で魅力的な演技。ダコタ・ジョンソンは『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』のあの娘かぁ。こういうイノセントな役柄がお似合いだな(今ググったら『フィフティ〜』の続編が作られるのかw)。テイラー・スウィフト、フィフス・ハーモニー、ハート、ボーイ、チャーリーXCX、ヘイリー・スタインフィールドetc、作中かかる楽曲がナウい女性ポップス中心。この作品にはぴったり。ラストシーンの無限の拡がりはこの作品の世界観を表しており、印象に残る。
隠す
  
 
[069]彼女と彼
 30年位時代を先取りした映画noir fleak2017-09-18
 
としか思えない。といっても描かれたのは60年代の初頭、高度成長期にはいったばかりの郊外大型団地の中。そこにはまだバタ屋と呼ばれる人々も隣り合わせに暮らしていた。この・・・
続きを読む
としか思えない。といっても描かれたのは60年代の初頭、高度成長期にはいったばかりの郊外大型団地の中。そこにはまだバタ屋と呼ばれる人々も隣り合わせに暮らしていた。この設定も全ロケ撮影も素晴らしい。 先取りしているのは映画の語り口だ。理屈や説明や結果の予想などを一切排したストーリーテリング。まさに現代映画なのだ。衝撃だった。 左、岡田の二人とも見事だが、伊古奈を演ずる人はすごい。素人? まさか。もしそうだとしても一種の天才ではないかと思う。羽仁監督の眼力に脱帽した。 60年代一ニを争うくらいの傑作だ。
隠す
  
 
[070]マインドコントロール殺人 ザ・ピクス
 5段階評価の1・5さとせ2017-09-18
 
女性の飛び降り死体が発見される。 警察が捜査するが死体は娼婦のエリザベスと判明する。 ヘンダーソン刑事はエリザベスが持っていた逆になった十字架ネックレスと素っ裸に白い・・・
続きを読む
女性の飛び降り死体が発見される。 警察が捜査するが死体は娼婦のエリザベスと判明する。 ヘンダーソン刑事はエリザベスが持っていた逆になった十字架ネックレスと素っ裸に白いベールの衣装を着けているだけの姿を見て他殺の線も疑う。 エリザベスが働いていた売春クラブに行きエリザベスが働いていたのを認めるが、友達のサンドラも失踪している事を知る。 ヘンダーソンはサンドラの行方も捜査するのだが・・・。 今は亡きK・ブラックとK・プラマーが共演したミステリー。 ジャンルにホラーとあるがホラーっ気は無く飽くまで謎解きを主に展開している。 WHDリリースのDVDにて鑑賞したが嬉しい事に画質が良く何とシネスコサイズのスクイーズ収録ときた。 色んな作品をリリースしてくれるWHDだがビデオ画質が多くがっくりくる事が多いのでこういったサプライズは嬉しすぎる。 あと、オープニングとエンディングの美しいコーラスはK・ブラックと言うのがレア。
隠す
  
 
[071]アトム ザ・ビギニング
 大いなる可能性HABBY2017-09-18
 【ネタバレ注意】
全12話。ヒトとロボット(人工知能)の関係性がいよいよリアルに、楽観と悲観を交えて語られる時代になりつつある2010年代半ば。チェスに続いて囲碁や将棋のトッププレイヤーが・・・
続きを読む
全12話。ヒトとロボット(人工知能)の関係性がいよいよリアルに、楽観と悲観を交えて語られる時代になりつつある2010年代半ば。チェスに続いて囲碁や将棋のトッププレイヤーがコンピュータソフトによる異次元の指し手打ち手に撹乱されたのもまだ記憶に新しい。 そんな状況下、アトムという時代を先取りした「友好的なヒト型ロボット」に再び焦点を当て、前日譚という形式でこの愛らしい"知能生物"の生態を描くことにも少なからざる意味があるのだろう。『ターミネーター』が最新作においてこの種のテーマを描いたオリジナル作品としての矜持を同じように誇っていたが、アトムにもそう振る舞う資格は十分あると思う。 ロボットというと日本ではアトムのような友好的なものを、一方欧米ではより無機質で非友好的なものを思い浮かべるらしいが、今後世の趨勢はどちらに軍配を上げることになるのだろう。AIスピーカーなどは対人強調の最たるもので友好的な雰囲気があると思うが、他方で戦争用に開発が進められているアンドロイド兵器などは非友好的な雰囲気があるようにも見える。 AIによって人類の文明はさらに進化していくとも、AIの悪用により人類は絶滅の危機を回避しにくいとも叫ばれる2010年代。我々はどちらに向かって舵を切るのだろう。アトムの愛くるしい姿を思い浮かべながら、願わくば前者の予想が当たることを祈るとしよう。
隠す
  
 
[072]ダンケルク
 (無題)敦煌2017-09-18
 
『つぐない』のジョー・ライト監督は様式美に満ちた長回しで ダンケルクの一場面を切り取ったけれど、ノーラン監督が 追求したのは徹底したリアリズム。無名の若手俳優が演じる・・・
続きを読む
『つぐない』のジョー・ライト監督は様式美に満ちた長回しで ダンケルクの一場面を切り取ったけれど、ノーラン監督が 追求したのは徹底したリアリズム。無名の若手俳優が演じる 主人公は、こすっからいマネをして人より早く逃げだそうと する臆病者だ。行きがかりからバディらしきものができるものの、 2人で協力して敵を倒すこともなければ、互いのために命を 投げ出すこともない。そもそも彼にトミーという役名があった ことさえ、エンドロールを見て初めて知った。  トミーに限らず、「防波堤」のパートの若い兵士たちは、 ノーランの手で英雄性を完全にはぎ取られている。つまり 彼らは私たちだ。だからこそ、落ち延びたことを恥じる兵士と、 身内の帰還を待ちわびているらしき老人とのかみ合わない 会話が、深く静かに心を打つのだろう。  それにしても敵兵がまったく「顔」を出さない戦争映画も 珍しい。おかげで空爆と魚雷の雨を降らせるドイツ軍は、 恐怖の対象ではあっても憎悪の対象ではなくなっている。 ほとんど抽象的・概念的な存在なのだ。すでに戦後70年 以上を経過して、クルト・ユルゲンスやゲルト・フレーベに 呵々大笑させる時代ではなくなったということか。  代わってノーランがやり玉に挙げるのは連合軍内部の セクト主義だ。フランス兵は乗るなと追い散らすイギリス艦。 同じ連隊の仲間以外は出ていけと迫るスコットランド兵。 それらは一概に批判できるものではないのだけれど、「嫌な ものを見てしまったな」という感覚は否めない。 だからこそ少し投げやりに撤退作戦の指揮を執っているかに 見えたケネス・ブラナーの、責任感に満ちた最後の一言が胸に しみるのだろう。
隠す
  
 
[073]ベイビー・ドライバー
 心が通った切なさあーぼう2017-09-18
 
映画館で見始めてヒロインは「ダウントンアビー」のローズだと気づく。家に帰って自分勝手な主人公は「きっと、星のせいじゃない。」の彼だと気づいた。収穫はジョン・ハム。好・・・
続きを読む
映画館で見始めてヒロインは「ダウントンアビー」のローズだと気づく。家に帰って自分勝手な主人公は「きっと、星のせいじゃない。」の彼だと気づいた。収穫はジョン・ハム。好みとは思うが音楽の選曲センスは感じられず。唯一、バリーホワイトが流れるシーンは痺れた。ラストはあれで良い。
隠す
  
 
[074]トライアングル
 眼を背けたくなることはあるあーぼう2017-09-18
 【ネタバレ注意】
タイトル「トライアングル」で海とくればバミューダ。前半は遭難と乗務員のいない客船というそれらしい話。ところが話はギリシャ神話に。アイオロス号ときて、シーシュポスの岩・・・
続きを読む
タイトル「トライアングル」で海とくればバミューダ。前半は遭難と乗務員のいない客船というそれらしい話。ところが話はギリシャ神話に。アイオロス号ときて、シーシュポスの岩。段々とこれは賽の河原的な罰の話だと分かってくる。粗削りながら工夫が感じられて楽しめたので、この監督に近年作品がないようなのが残念。
隠す
  
 
[075]教授のおかしな妄想殺人
 鬱から躁、その後無の境地へHABBY2017-09-18
 【ネタバレ注意】
ウディ・アレンってこのお年でまだこういう脚本書けるんだから本当に凄い。彼の作品でまだ大ハズレに出会ったことがないと感じるのは、彼が抜擢する女優の好みが自分のと被って・・・
続きを読む
ウディ・アレンってこのお年でまだこういう脚本書けるんだから本当に凄い。彼の作品でまだ大ハズレに出会ったことがないと感じるのは、彼が抜擢する女優の好みが自分のと被ってるのも大きいのかな。エマ・ストーンは『ララランド』で栄華を極めたからか、はたまたその事実をこちらが意識しているからなのか、過去の作品とはまた違ったオーラが発散されてるような気がした。豊かな演技力を再確認。ホアキン・フェニックスは気難しい感じや中年とはかくあるべしという風情のだらしないたいこ腹(笑)も含めて、これまたウディ御大の期待に応える演技だと思う。ラストシーンはこりゃまた捻ったなあ。ある意味哲学的なる離別。パンっと叩かれて死んだ蚊は自らの死を悟っていないであろう、だから幸せだろう、そんな感じ。
隠す
  
 
[076]フライト・クルー
 神風HABBY2017-09-18
 【ネタバレ注意】
ロシア産のエア・パニック作品。パイロットの無敵ぶり、ミッション・インポッシブルぶりがトム・クルーズを彷彿。まあフィクションなんだし反則ではないが(笑)。全体的に欧米・・・
続きを読む
ロシア産のエア・パニック作品。パイロットの無敵ぶり、ミッション・インポッシブルぶりがトム・クルーズを彷彿。まあフィクションなんだし反則ではないが(笑)。全体的に欧米作品の二番煎じ的色彩が濃い(監督はローランド・エメリッヒファンだろう)が、ロシア人の美男美女ぶりが味わえ、そこは期待どおりだった。本国でも大ヒットしたらしいから今度ロシア人に話を振って反応を伺ってみよう。
隠す
  
 
[077]ファイナル・デッドサーキット 3D
 ラストは蛇足もいいとこちゃぷりん2017-09-18
 
楽しめるけど、シリーズ中最低の出来。
  
 
[078]ミュージアム
 ハンニバルかよbond2017-09-17
 
小栗、妻夫木のエキセントリックな演技がウザい、ハリウッドのパクリ。
  
 
[079]X-MEN:アポカリプス
 問答無用の破壊神民謡から演歌まで2017-09-17
 【ネタバレ注意】
世界唯一なレベル5のジーンが最後の切り札となる… 前作はローガンが過去に乗り込んでゆく…っつー先のシリーズとリンクした部分を持つものでもありましたが、今回は(勿論、前・・・
続きを読む
世界唯一なレベル5のジーンが最後の切り札となる… 前作はローガンが過去に乗り込んでゆく…っつー先のシリーズとリンクした部分を持つものでもありましたが、今回は(勿論、前作で改変された世界で)しっかり若き日のチャールズとエリックの話に戻してきています。 野獣?ローガンは前回の気持ち悪い骨からアダマンチウムの爪にグレードアップ、阻むものを殺戮して研究施設を脱出する…というワンシーンのみの出演。 大昔に魂を別のミュータントに移し変えてその能力を奪いながら支配者として君臨し続け、封印された古代の遺物的ミュータントが数千年の時を越えて復活を遂げ、かつての如く神として君臨すべく破壊活動を共にする仲間を作ってゆく。 〜エンジェル、サイロック、妻子をなくした悲しみと怒りの中にあるエリック、ストーム…全世界の核ミサイルが発射され、世界中の建造物は砕け散る…そして他人の心を操るチャールズの能力を欲すべく己が魂を彼の肉体へ転移しようとするのだが… ピーターが学園の人々を救うシーンが好き。 確かに人間ドラマ的にはファーストゼネレーションの如き完成度は持ち合わせないが、CIAのお姐さんとの恋模様やら、チャールズのハゲは年のせいではない?的なキャラクターの過去を描いて、それは楽しめるアクションムービーになってます。
隠す
  
 
[080]ファイナル・デッドコースター
 釘打ち機ちゃぷりん2017-09-17
 
遊園地に対して抱いてる恐怖心を、分かり易く刺激してくれた(笑)。
  
 
[081]IT/イット “それ”が見えたら、終わり。
 秘宝まつりで鑑賞。saint_etienne_heaven2017-09-17
 【ネタバレ注意】
この手のホラーでは異例の2時間15分の長尺なんで、てっきり子供編と大人編を詰め込んでると思い込んでいた。 ノンストップの凄まじいボリュームに疲労困ぱい。 ベヴァリー役の・・・
続きを読む
この手のホラーでは異例の2時間15分の長尺なんで、てっきり子供編と大人編を詰め込んでると思い込んでいた。 ノンストップの凄まじいボリュームに疲労困ぱい。 ベヴァリー役の女の子も良い。
隠す
  
 
[082]デッドコースター
 惨殺シーンがギャグに進化ちゃぷりん2017-09-17
 【ネタバレ注意】
最後のバーベキューが酷い(笑)。 このシリーズの制作陣が「君の名は。」をリメイクしたら、ラストは三葉か瀧の目の前で、相手がグチャ!
  
 
[083]エージェント・オブ・シールド4
 ゴーストライター+マトリックスbond2017-09-17
 
二つのネタを幹に、ワールド展開。ウオードも登場。
  
 
[084]横溝正史シリーズ/真珠郎
 原作は金田一耕助と無関係民謡から演歌まで2017-09-17
 【ネタバレ注意】
…にも関わらず、ほぼ原作どおりのストーリーです。 柳の下で蛍を食う?シーンの幻想的なことよ。 いや映像、登場人物の造形等々、まず理想的な映像化です。 それもこれも大谷・・・
続きを読む
…にも関わらず、ほぼ原作どおりのストーリーです。 柳の下で蛍を食う?シーンの幻想的なことよ。 いや映像、登場人物の造形等々、まず理想的な映像化です。 それもこれも大谷直子(と真珠郎)の存在を抜きには考えられない。 原作と異なる結末の付け方ですが、手紙で結末を付けるのは小説ならば兎も角、ドラマだと締りが悪い。 そんな些細な変更も含めて、これ以上の演出は無いのではないでしょうか? 原作が好きな人も多分満足できるシリーズ屈指の一作。
隠す
  
 
[085]ロイドの活動狂
 君の顔が好きだ民謡から演歌まで2017-09-17
 【ネタバレ注意】
by斉藤和義 …ってか、ある意味、原因は優性遺伝?を求める本能であるのかも? が、世の美女は、ルックスで寄ってくる男子には愛を感じない傾向にある。 自分もイケ面無罪?な癖・・・
続きを読む
by斉藤和義 …ってか、ある意味、原因は優性遺伝?を求める本能であるのかも? が、世の美女は、ルックスで寄ってくる男子には愛を感じない傾向にある。 自分もイケ面無罪?な癖しやがって。 まぁ結果として女子は酔いどれ映画スターよりロイドを愛してるわけで、そこは顔ではないのかも知れませんが。 確かにロイドが同じ人間を他人と思ってるが故に可能となる彼女の品定め計画?がハイライト。 髪の毛が黒かったらラテン系ってもんでもないような気もしますが、そこは彼女の演技が秀逸なんでしょう…恐らくは。ある意味、映画好き男子のサクセスストーリーといえますね。 後は、魅入られたようにしでかす数々のドジに、とんでもないフォローをしちまう大真面目なロイドが笑えるかどうか=楽しめるかどうか、ってことでしょう。いや、そこそこ面白いと思いますけども。 ネタとしては全然笑えない帽子の取替えで笑わして締められるロイドのキャラは最強ですね。
隠す
  
 
[086]トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 2
 5段階評価の3さとせ2017-09-17
 
エドワードと結婚し子宝にも恵まれたベラはようやくヴァンパイアの仲間入りをする。 ジェイコブに守られた娘はレネズミと名付けられ順調に育つのだが、ヴァンパイアの掟に厳し・・・
続きを読む
エドワードと結婚し子宝にも恵まれたベラはようやくヴァンパイアの仲間入りをする。 ジェイコブに守られた娘はレネズミと名付けられ順調に育つのだが、ヴァンパイアの掟に厳しいヴォルトゥーリが許す筈がなく・・・。 あのトワイライトサーガの最終作。 中盤まで緩い展開で眠くなるがヴォルトゥーリとの対面から緊張感が溢れ出し、戦いが始まってからは本当に目が離せない展開になる。 特にカレン家の最期?には驚いてしまうし、戦いのオチにはホッとしてしまっ た。 エンディングに13分くらいかけているが今までの出演者全てを紹介していて最後を感じさせてくれる。 DVDでの鑑賞だが広大なシネスコと5.1chが臨場感を醸し出していた。 原作「トワイライト減能章」(ステファニー・メイヤー・ヴィレッジブックス・評価3)は本当に最後で作者が精魂込めて書いている。 映画はほぼ原作通りに展開しているのもファンには嬉しい。 番外編「トワイライト哀しき新生者」(ステファニー・メイヤー・ヴィレッジブックス・評価2)は映画でも出て来たブリーの事が書かれていて気になった人はチェック。
隠す
  
 
[087]海賊とよばれた男
 4時間はないと満足に描けないと思う流氷一滴2017-09-17
 【ネタバレ注意】
「出光興産創業者の出光佐三をモデルとした主人公・国岡鐡造の一生と、出光興産をモデルにした国岡商店が大企業にまで成長する過程が描かれている」ということは知っていた。原・・・
続きを読む
「出光興産創業者の出光佐三をモデルとした主人公・国岡鐡造の一生と、出光興産をモデルにした国岡商店が大企業にまで成長する過程が描かれている」ということは知っていた。原作未読で映画(DVD)をみた。 冒頭は終戦直後の国岡商店。これから終戦後の混乱期の話が続くと思っていたが、途中で戦前の場面にいきなり戻る。むろん、19〇〇年と表示されてはいるが、いきなり主人公が若返るから一瞬「あれっ」と面食らう。 映画の筋から推定すると、「日章丸事件」がハイライトだろう。やや唐突に現れるので、いまいち「感動」はなかった。歴史に詳しい人なら「日章丸事件」を知っているが、ほとんどの人は知らないから、「虎の子の日章丸」を「当時イギリスが海上封鎖していたイラン」に送ることを決めた背景の「説明」がいるのだ。店長(社長)の独断専行だけではないはずだ。 上映時間がふつうの映画と大差ない2時間ちょっとなので、省けるものは全て省いたのだろう。本当に2時間上映+休憩+2時間上映にはできなかったのか?
隠す
  
 
[088]散歩する侵略者
 意外にコミカルSECOND_STAGE_LENSMEN2017-09-17
 
解説に「真治から“自分は地球を侵略に来た宇宙人だ”と告白される鳴海だった」とあり、公式サイトはじめあちこちの紹介記事でもこう書かれてるが、正確ではない。実際には、桜井・・・
続きを読む
解説に「真治から“自分は地球を侵略に来た宇宙人だ”と告白される鳴海だった」とあり、公式サイトはじめあちこちの紹介記事でもこう書かれてるが、正確ではない。実際には、桜井から真治は侵略者であると聞いた鳴海が真治を問い詰る…という展開。 概念を奪われたことで、おかしくなる人もいれば生き生きする人もいる。その多様さが面白い。
隠す
  
 
[089]恐怖!! 寄生虫館の三姉妹
 5段階評価の1・5さとせ2017-09-17
 
ゾンビに襲われる幻覚を見て倒れたより子が運び込まれた館。 目が覚めるとそこは寄生虫が沢山保管されていて父と女性3人からママと呼ばれる。 父によると亡くなった母とそっく・・・
続きを読む
ゾンビに襲われる幻覚を見て倒れたより子が運び込まれた館。 目が覚めるとそこは寄生虫が沢山保管されていて父と女性3人からママと呼ばれる。 父によると亡くなった母とそっくりで3人のはしゃぐ姿を見て家政婦として働く事にする。 無邪気な3人と楽しく過ごすより子だが実は3人には計画があり・・・。 オリジナルビデオながら雰囲気が素晴らしく出演女優に可愛い子系を配しているのが良し。 終わり方はハチャメチャながらコメディ感溢れ馬鹿過ぎるのも許せる。
隠す
  
 
[090]狩人の夜
 畸形Katsumi_Egi (Mail)2017-09-17
 
 久しぶりに再見したのだが、ヤッパリとっても変な映画だと思った。決して名作とか傑作などと云うべきものではない。稀代の名優が生涯で一本しか監督作を残さず、しかもこの奇・・・
続きを読む
 久しぶりに再見したのだが、ヤッパリとっても変な映画だと思った。決して名作とか傑作などと云うべきものではない。稀代の名優が生涯で一本しか監督作を残さず、しかもこの奇異さ、という事実も、本作のカルトムービーとしての価値を高めている。何が変なのか。第一に、いろんなものがゴタゴタし過ぎている。画面もプロット構成も、キャラクタリゼーションにおいても観客に引っかかりを残し過ぎる。空撮と接写(動物たち!)、「L-O-V-E」と「H-A-T-E」、水中の死体の幻想、小舟の川下りの詩情。シェリー・ウィンタースとリリアン・ギッシュの対照的な性格づけ。いやそれにしてもギッシュは強すぎる。ジョン少年の複雑さにも驚かされる。そしてエピローグの付け足しも畸形な構成に輪をかける。はたしてこれら分裂気味の志向性はロートンの資質なのだろうか、甚だ疑わしく思う。
隠す
  
 
前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION