allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[061]アナザウェイ
 ショート・ケーキファルド2018-08-16
 
エバ(J・J=チェシラク)は、タブーに触れようが、とにかく真実を書きたいと訴える。編集会議などでの我と気の強さが印象に残った。エバに誘惑された同僚のリビア(G・シャ・・・
続きを読む
エバ(J・J=チェシラク)は、タブーに触れようが、とにかく真実を書きたいと訴える。編集会議などでの我と気の強さが印象に残った。エバに誘惑された同僚のリビア(G・シャポウスカ)は、夫がいるにもかかわらず、レズに目覚めて行く。二人のレズシーンで、リビアは全裸だが、エバは上半身だけ服を着ているところが不自然だった。 刑務課の男性少佐が、エバに調書を取る時の質問が、完全にセクハラだった。 暗めで、重苦しい雰囲気がある映画だが、ハンガリーの風景描写はいい感じだし、全体的にはそれなりに良かった。
隠す
  
 
[062]激しい季節
 兵籍証明書ファルド2018-08-16
 
20歳のカルロ(J=L・トランティニャン)と30歳の子持ち未亡人ロベルタ(E・R=ドラゴ)の狂おしいほどの愛を描いたドラマ。 カルロを巡る、ロッサーナ(J・ササール・・・
続きを読む
20歳のカルロ(J=L・トランティニャン)と30歳の子持ち未亡人ロベルタ(E・R=ドラゴ)の狂おしいほどの愛を描いたドラマ。 カルロを巡る、ロッサーナ(J・ササール)とロベルタの女の戦いが熱かった。この二人の女優が色っぽくて良い。チークダンスのシーンで、ロベルタがカルロに抱き付くシーンは妖艶でした。 ロベルタはカルロの愛がいずれ冷めてくることを予期している辺りは、大人の女だなと思えた。突然の空爆により、二人に別れが訪れるが、あまり切なさとかは感じなかった。
隠す
  
 
[063]ワン・モア・チャンス
 救世軍ファルド2018-08-16
 
ピート(J・ラモッタ)は、単細胞で短気な人間。仮釈放の身なのに、出所後、最初に紹介された職場やバーで喧嘩。前科者の社会復帰の困難さも描かれているが、薄っぺらい感じ。・・・
続きを読む
ピート(J・ラモッタ)は、単細胞で短気な人間。仮釈放の身なのに、出所後、最初に紹介された職場やバーで喧嘩。前科者の社会復帰の困難さも描かれているが、薄っぺらい感じ。息子ロバートと会うラストシーンはちょっとだけ良い感じだけど、個人的にはあまり感動はしなかった。
隠す
  
 
[064]亜人
 迫力満点の良い出来2018-08-16
 【ネタバレ注意】
あの長い話をとても上手にコンパクトにまとめています CGも圧巻なので決して学芸会レベルではありません ただ主人公が自分を地獄の苦しみから救ってくれた恩人に、全く感謝を ・・・
続きを読む
あの長い話をとても上手にコンパクトにまとめています CGも圧巻なので決して学芸会レベルではありません ただ主人公が自分を地獄の苦しみから救ってくれた恩人に、全く感謝を 示さず敵視する要素が描かれていないので、原作を知らない人だと疑問 に思うかもしれません・・ 辛口意見もあると思いますが個人的には最後まで楽しめました
隠す
  
 
[065]フローズン・リバー
 暖かい視線遊乃舞寧夢2018-08-16
 
テレビドラマと比べても低予算で作れそうな、派手なシーンも一切ない作品 なのに、脚本と演技の力(!)でサスペンスに溢れた仕上がりになっており 娯楽作品としても充実、主人・・・
続きを読む
テレビドラマと比べても低予算で作れそうな、派手なシーンも一切ない作品 なのに、脚本と演技の力(!)でサスペンスに溢れた仕上がりになっており 娯楽作品としても充実、主人公に感情移入してハラハラさせられた。 犯罪に手を染めざるを得なくなる母や長男であるが、なんと愛情に溢れて いることか。その家族愛がしっかと漂い、悲惨な生活や寒々しい光景にも 関わらず、作品世界に惹きつけられる。 これを体現したメリッサ・レオ(アカデミー主演女優賞ノミネート)、 ミスティ・アッパム(惜しくもこの作品の数年後、他界・・・)、 長男役のチャーリー・マクダーモット、いずれも見事な演技だった。 ステレオタイプの虐げられた善人ではなく、善悪の中で揺れ動いている からこそ、こちらの感情移入をリアルに引き起こし、感動へ導いてくれる。 貧困層や先住民族に対する作者、製作者らのタイトルと裏腹な暖かい視線が 底辺に流れ、厳しい現実を描きながらも心地よい思いで観終えることができた。
隠す
  
 
[066]おみおくりの作法
 ラストに涙遊乃舞寧夢2018-08-16
 【ネタバレ注意】
終盤近くの展開に思わず「ええ!」と声をあげた! なんともやるせない・・・と、思いきや “現世” 的な目で見れば、主人公のしてきたことは “非効率的” で、 “実利” はないが故・・・
続きを読む
終盤近くの展開に思わず「ええ!」と声をあげた! なんともやるせない・・・と、思いきや “現世” 的な目で見れば、主人公のしてきたことは “非効率的” で、 “実利” はないが故に、彼は解雇されてしまう。 が、この作品のラストは人間の価値がそれだけではないことを雄弁に 語っていて実に感動的だった。 「素晴らしき哉、人生」を思い起こすラスト。 ユーモアとペーソスが漂い、愛を描いて見事な作品でした。
隠す
  
 
[067]キャビン
 色物中の色物68生男2018-08-16
 
アイデアはなかなかだけど、夢があるようなないような、むずがゆい感じもある。面白かったけど、しょせんは、っていう気もする。シガニーウィバーの登場は、うれしいような気も・・・
続きを読む
アイデアはなかなかだけど、夢があるようなないような、むずがゆい感じもある。面白かったけど、しょせんは、っていう気もする。シガニーウィバーの登場は、うれしいような気もしたけど、どっちかというと興ざめの感もあった。そういう役者の使い方はあまり好きではない。これを読んで見る気なくしたらすいません。とにかく一度は見とかないとだめかとは思う。
隠す
  
 
[068]エクストロ
 変わってる68生男2018-08-16
 
映画評論においては、「佳作」や「秀作」という言葉は、当たっていることも多いと思うが、「傑作」というのはあまり信用できない気がする。なんでじゃろ。 で、本作は、佳作と・・・
続きを読む
映画評論においては、「佳作」や「秀作」という言葉は、当たっていることも多いと思うが、「傑作」というのはあまり信用できない気がする。なんでじゃろ。 で、本作は、佳作とも秀作とも言いにくいけれど面白い。なんとも変わっている。幻夢界なのかマクー空間なのか、とりあえず見といたほうがいい。骨はあると思う。 マリアム・ダボのヌードあり、という意味では、見なければならない、と言いたい。
隠す
  
 
[069]エイプリル・フール
 「あらら」って感じ68生男2018-08-16
 
知る人も見た人も少ないだろうから、エイプリルフールに友だちか彼女にでも見せたら洒落てるかもしれない。むりか。 同じような映画が、これ以前になかったとすれば、オリジナ・・・
続きを読む
知る人も見た人も少ないだろうから、エイプリルフールに友だちか彼女にでも見せたら洒落てるかもしれない。むりか。 同じような映画が、これ以前になかったとすれば、オリジナリティともいえると思う。でも一回でたくさんだ。 ものずき過ぎるかもしれないが、チェックしながらもう一度最初から見てみた。そんなこんなで結構楽しめた。
隠す
  
 
[070]MAY -メイ-
 目が大事か68生男2018-08-16
 
主人公のメイは、「めんどくさい女」なのだろうが、その上、「おそろしい女」でもある。とうぜん「かわいそうな女」だ。キャラが立っていて、興味が切れない。やっぱり「顔」か・・・
続きを読む
主人公のメイは、「めんどくさい女」なのだろうが、その上、「おそろしい女」でもある。とうぜん「かわいそうな女」だ。キャラが立っていて、興味が切れない。やっぱり「顔」かな。近目のような、あの目付きがいいのかもしれない。人気とロンパリの関係についても考えてみたくなった。 全体的に見ると、結末がありふれた感じで、独特の風情が若干損なわれたかに思えた。でも面白い。
隠す
  
 
[071]13日は金曜日PART25/ジャクソン倫敦(ロンドン)へ
 ホラー悲劇68生男2018-08-16
 
13金のパロディ、というよりは、13金を「悲劇」に高めた、といえそうな感じ。あるいは、「パンク映画」としても見れそうに思えた。13金あっての本作ではあろうけれど、それ以上・・・
続きを読む
13金のパロディ、というよりは、13金を「悲劇」に高めた、といえそうな感じ。あるいは、「パンク映画」としても見れそうに思えた。13金あっての本作ではあろうけれど、それ以上にも楽しめる気がした。面白い。
隠す
  
 
[072]テッド・バンディ 全米史上最高の殺人者
 まさに恐怖映画68生男2018-08-16
 
大げさな盛り上げもなく、なかなかよく構成されていた。こういうものの場合、非日常的な雰囲気を作られると、見るのが面倒くさくなる。バンディの頭の中のイメージ映像的なもの・・・
続きを読む
大げさな盛り上げもなく、なかなかよく構成されていた。こういうものの場合、非日常的な雰囲気を作られると、見るのが面倒くさくなる。バンディの頭の中のイメージ映像的なものなども、なくて良かった。あくまでも、日常の連続としてのドラマを追っている。ただし、追っているドラマの、そのあまりの鬼畜振りには怖気をふるう。内容そのものはド派手だ。 一つ気になったのは、死刑執行の時に、刑務官たちがバンディを乱暴に辱めていた描写だ。事実であれば、実に許せないことだと思った。もちろん、映画的には留飲の下がるところだろうけれど。 そのシーンを見ていて、この映画の制作者のマインドの中に、まさかとは思うが、バンディを断罪しようというような気持ちはなかったかどうか、疑念が生じてしまった。もしそうなら、映画としての価値がなくなってしまう。映画には、罪を定めたり、人を裁いたりする権限などはないし、権能とさせるわけにはいかない。 よく世の中の人が勘違いしていることの一つに、「目には目を」がある。これは、「その罪に等しい刑にとどめよ」ということであって、復讐のすすめではない。窃盗に対して腕を切り落とすような、重刑を科すことを戒めたものだ。考えてみれば分かると思うが、古代へ遡るほど刑罰は重く残酷だったわけで、わざわざ「目には目」などと言う必要はなかろう。 犯罪抑止のため、あるいは、犯した罪に対する刑の較量の問題で、死刑も必要と判断されているだろうが、それが「罰を下す」ためのものではないということは、決して忘れてはならないと思う。
隠す
  
 
[073]ちょっと今から仕事やめてくる
 ブラックで悩む社員にbond2018-08-15
 
まあ、悪くないけど、テレビドラマでもいいんじゃない?
  
 
[074]夜ごとの夢/イタリア幻想譚
 さまざまな愛ファルド2018-08-15
 
第1話:「青い犬」 散髪店兼靴修理店を営む初老の独り者アムレート(F・ノワレ)。ある日、額に青い塗料?が付いた犬が彼の前に現れる。彼が追い払っても、どこへ行ってもま・・・
続きを読む
第1話:「青い犬」 散髪店兼靴修理店を営む初老の独り者アムレート(F・ノワレ)。ある日、額に青い塗料?が付いた犬が彼の前に現れる。彼が追い払っても、どこへ行ってもまとわりついてくるが…。 犬嫌いのアムレートが次第にその犬に愛着が湧いてくる辺りが良い感じで描かれていました。個人的にはこの犬が柴犬だったら、もっと感情移入できたかも。 第2話:「お気に入りの日曜日」 中年のヴィットリオ(B・ガンツ)は、ある日、奇妙なカップルと出会う。神経症のマルコ(A・プロダン)と彼の付き添いというアンナ(O・ムーティ)。そして、3人はヴィットリオの祖父の屋敷へ行くが…。 アンナがヴィットリオに股を広げて見せたり、太腿を見せたり、バックヌードを見せたりなどをし、彼を誘惑するシーンがエロかった。ヴィットリオは悶々とするのだが、その気持ちはよく分かる。 第3話:「炎の雪」 カテリーナ(M・M・フェリーニ)の息子ブルーノと若い娘(C・カゼッリ)が結婚する。新婚夫婦の寝室は、カテリーナの部屋の真下にあり、喘ぎ声を聞いた彼女は、床石を外して、二人が愛し合うのを覗き見するようになる。嫁は義母が覗き見しているのを知りながら、夜の営みを続けるが…。 未亡人のカテリーナは息子を嫁に取られて寂しかったのと、あっちの方は長い間ご無沙汰なので、身体が疼いてきてしまったのかな?嫁は義母に見せ続けたのは、優しさからなのか、潜在的に変わった性癖を持っていたからなのか、どうなんだろう?
隠す
  
 
[075]チーチ&チョンの オンボロ大豚走!!
 特注車ファルド2018-08-15
 
シカゴに住むチーチ(C・マリン)とチョン(T・チョン)は、雇い主であるアラブの大富豪スライマン、ハビブ兄弟(マリンとチョンが二役)から、ラスベガスへバンドのツアーに・・・
続きを読む
シカゴに住むチーチ(C・マリン)とチョン(T・チョン)は、雇い主であるアラブの大富豪スライマン、ハビブ兄弟(マリンとチョンが二役)から、ラスベガスへバンドのツアーに出るように言われ、彼らが用意したリムジンで向かう。リムジンの椅子の下には脱税した大金が隠してあったが、それを知らない金の無い二人は、道中、椅子などの部品を売ってしまう…。 チーチ&チョンのドタバタ珍道中という感じでした。 洗車のシーンや、シカゴからベガスに着くまでに起こるエピソードなどが、個人的に笑いのツボに入らず、あまり面白くなかったです。
隠す
  
 
[076]見ざる聞かざる目撃者
 超伝導体ファルド2018-08-15
 
盲目のウォーリー(R・プライアー)が運転して、聾唖のデイブ(G・ワイルダー)がナビするシーンや、悪の組織のボスも盲目で、ウォーリーと対峙するシーンなどはそれなりに面・・・
続きを読む
盲目のウォーリー(R・プライアー)が運転して、聾唖のデイブ(G・ワイルダー)がナビするシーンや、悪の組織のボスも盲目で、ウォーリーと対峙するシーンなどはそれなりに面白かったが、今の時代ではアウトでしょうね。 個人的にはJ・セヴェランスを目当てに観たが、女殺し屋イヴ役で、ヌードシーンも有り、ナイスバディで色っぽかった。 あと、イヴの相棒カーゴ役でK・スペイシーが出演していたが、この頃は顔が痩せていて細いね。
隠す
  
 
[077]ルイの9番目の人生
 代理ミュンヒハウゼン症候群ghost-fox2018-08-15
 【ネタバレ注意】
いったい話の主軸は何だったのかしらん
  
 
[078]シーズン・オフ
 受験票ファルド2018-08-15
 
シーズン・オフの式根島のペンションにバカンスにやって来た、高校生カップル、愛人関係の末、結婚した夫婦、結婚に関して悩む女。彼らの人間模様を描いた作品。 恋愛に関する・・・
続きを読む
シーズン・オフの式根島のペンションにバカンスにやって来た、高校生カップル、愛人関係の末、結婚した夫婦、結婚に関して悩む女。彼らの人間模様を描いた作品。 恋愛に関する相談など、会話が多い作品だが、その内容が面白くなかった。 3人の女優のヌードが少しずつあるが、個人的には上原役の南理香のヌードが良かった。
隠す
  
 
[079]静かなる叫び
 熱エントロピー第2法則HABBY2018-08-15
 【ネタバレ注意】
校内の銃乱射と言う意味では『エレファント』の現代版、かな。『タクシードライバー』的な狂気も。白黒の絵がなんとも言えぬ飢餓感と寂寥感、喪失感を醸し出す。短い尺に倒錯し・・・
続きを読む
校内の銃乱射と言う意味では『エレファント』の現代版、かな。『タクシードライバー』的な狂気も。白黒の絵がなんとも言えぬ飢餓感と寂寥感、喪失感を醸し出す。短い尺に倒錯したヘイトをぎゅっと詰め込んでいて、少なからず圧を感じた。反フェミニズム、在る所には在るんだな。理解できなくはないが、暴力に訴えるのはナンセンス、愚の骨頂だろう。
隠す
  
 
[080]新・ハロウィン
 「それがどうした」ファルド2018-08-15
 
1882年オレゴンの灯台守キャプテン・ハウディ(R・キール)と妻ケイト、キャプテンの愛人ベネティアは、嵐の影響で事故死するが、ベネティアの魂が灯台に宿る。 100年・・・
続きを読む
1882年オレゴンの灯台守キャプテン・ハウディ(R・キール)と妻ケイト、キャプテンの愛人ベネティアは、嵐の影響で事故死するが、ベネティアの魂が灯台に宿る。 100年後、キャプテンがゾンビとして蘇り、町の住人を次々と殺して行き、殺された者もゾンビ化して行く。 この町に引っ越して来て、この灯台を住居として借りたフレッド(ビル・ハドソン)は、ベネティアに取り憑かれたりしながら、バトン博士らと彼らに立ち向かって行く…。 「ゾンビ」、「レイダース」、「ハロウィン」などのパロディ映画。 バトン博士ら3人が、ゾンビに襲われた時、「ゾンビは音楽に弱い」と言って、歌って踊り出すシーンは笑えた。 角灯と斧を持ったキャプテンは結構インパクトがあるので、怖く作ろうと思えば出来ただろうが、コメディ色が強かった。
隠す
  
 
[081]ザ・ゲート
 サンダーボルトファルド2018-08-15
 
弟グレン(S・ドーフ)が姉アル(C・デントン)の友人たちと口喧嘩するシーンが面白かった。子役の頃のS・ドーフって小太りだったんだね。 SFXはそれなりだが、暗過ぎな・・・
続きを読む
弟グレン(S・ドーフ)が姉アル(C・デントン)の友人たちと口喧嘩するシーンが面白かった。子役の頃のS・ドーフって小太りだったんだね。 SFXはそれなりだが、暗過ぎなシーンが多いのが残念。分裂したりする悪魔たちの造型が何かエイリアンみたいだった。 あと、死んだ作業員が襲ってくるシーンがちょっと印象に残った。
隠す
  
 
[082]ガールフレンド・フロム・ヘル
 トランスポーターファルド2018-08-15
 
デービッドとダイアン(L・ディーン)は、ロッコの誕生日パーティで、内気で恥かしがり屋で、異性が苦手のカール(A・バリル)と、同じような性格のマギー(L・カーティス)・・・
続きを読む
デービッドとダイアン(L・ディーン)は、ロッコの誕生日パーティで、内気で恥かしがり屋で、異性が苦手のカール(A・バリル)と、同じような性格のマギー(L・カーティス)を引き合わせる。二人は会話が弾まなかったが、偶然、飛んで来た悪魔がマギーに乗り移り、マギーはアバズレに変身する。そして、神から悪魔を倒せという指令を受けたデビル・チェイサー(D・アッシュブルック)もやって来るが…。 マギーの変わりっぷりが凄くてちょっと笑えた。マギーが尼さんたちを車で轢こうとするが、尼さんたちがマシンガンやバズーカ砲で反撃するとか、ハチャメチャだった。 前半はそれなりに面白かったが、後半、チェイサーとダイアンが中心になってからは、失速した感じでした。
隠す
  
 
[083]ミューズ
 裏側の世界HABBY2018-08-15
 【ネタバレ注意】
スペイン、フランス、アイルランド、ベルギーの合作。カトリックの影響下にある国々なだけに、独特の禍々しい悪魔テイストのホラー(おそらく七つの大罪の中の「色欲」がテーマ・・・
続きを読む
スペイン、フランス、アイルランド、ベルギーの合作。カトリックの影響下にある国々なだけに、独特の禍々しい悪魔テイストのホラー(おそらく七つの大罪の中の「色欲」がテーマ)に仕上がっている。スパニッシュホラーは高水準のものが多いと常日頃感じているが、本作も十分及第点に到達している。ただ、オープニングの大仰な雰囲気からはもうワンランク上の傑作を期待したのだが、中盤以降なんとなくこじんまりと落ち着いているように思えるのが勿体ない。この監督の代表作である『REC/レック』(の1・2作)の衝撃は残念ながら超えていない。
隠す
  
 
[084]ベイツ・モーテル 〜サイコキラーの覚醒〜
 5段階評価の2・5(平均)さとせ2018-08-15
 
女教師が事故死した。 死ぬ手前まで教師と会っていたノーマンをノーマは疑う。 バイパスが開通する事を知ったノーマは阻止しようと訴えるのだが・・・。 面白くて期待していた・・・
続きを読む
女教師が事故死した。 死ぬ手前まで教師と会っていたノーマンをノーマは疑う。 バイパスが開通する事を知ったノーマは阻止しようと訴えるのだが・・・。 面白くて期待していたシーズン2をようやく鑑賞・・・するが前作ほどのドキドキ感が失われていると感じたのが残念。 ノーマ役のV・ファーミガとエマ役のO・クックの美しさは変わらず、ジョディ役のC・ロバートソンも美形だが殺されたのも残念。 謎は深まるのだがシーズン3はどういった展開になっていくのだろう。
隠す
  
 
[085]ミッション:インポッシブル/フォールアウト
 基本に戻るbond2018-08-15
 
スパイ戦の内容とアクションのバランスが良く。魅せます。
  
 
[086]マニアック
 5段階評価の2さとせ2018-08-15
 
フランクは少年時代に母親から折檻を受けていたが、有る時母と男のSEXを目撃してしまう。 そのまま大人になったフランクだが生身の女を愛せずにマネキンを女と見立てるようにな・・・
続きを読む
フランクは少年時代に母親から折檻を受けていたが、有る時母と男のSEXを目撃してしまう。 そのまま大人になったフランクだが生身の女を愛せずにマネキンを女と見立てるようになっていた。 町を出歩くフランクは娼婦に対して嫌悪感を抱いてしまい虐殺を開始する・・・。 劇場公開もされたサイコスプラッター。 フランク役のJ・スピネルが自身の代表作でライフワークと言える演技を実施しており、ラストのマネキンから襲われるシーンはトラウマもの。 ヒロインに我らがC・マンロー嬢が出演し花を添えていて、メイクも担当しているT・サヴィーニも良い。 にっかつビデオからビデオがリリースされていたのだがステレオ音声が凄くてオープニングのテーマからして臨場感抜群だったのを思い出す。 LDも同仕様だったが10年前にようやくDVDが発売され、ビスタサイズの6.1ch収録という素晴らしい仕様なのが嬉しい。
隠す
  
 
[087]フライト・ゲーム
 動機が強引(毎度の事?)ちゃぷりん2018-08-15
 【ネタバレ注意】
観てる間は楽しめるリーアム・ニーソン映画。名女優は見せ場が殆ど無かった。
  
 
[088]戦慄の絆
 技術ロッテンクロッチ2018-08-15
 
本当に双子だと勘違いします。
  
 
[089]麦の穂をゆらす風
 キリアン・マーフィーロッテンクロッチ2018-08-15
 
だけを観る映画。
  
 
[090]マチネー/土曜の午後はキッスで始まる
 すごいロッテンクロッチ2018-08-15
 
マントの予想以上の出来にビックリ。
  
 
前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION