allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[061]愛と野望のナイル
 月の山脈ファルド2018-09-22
 
原住民の襲撃を受けたり、ライオンに襲われたり、探検隊にマラリアが蔓延したり、得体の知れない虫に刺されたりなど、まさに死と隣り合わせの命懸けのアフリカ探検。バートン(・・・
続きを読む
原住民の襲撃を受けたり、ライオンに襲われたり、探検隊にマラリアが蔓延したり、得体の知れない虫に刺されたりなど、まさに死と隣り合わせの命懸けのアフリカ探検。バートン(P・バーギン)とスピーク(I・グレン)の勇敢さが凄い。この二人の友情にヒビを入れたのが、知り合いの嘘というのが腹立たしいね。
隠す
  
 
[062]ゴスフォード・パーク
 いつもの群像劇北村もとい2018-09-22
 
宣伝ではクリスティ調のクローズドサークルもの館ミステリーのように思えるが、実際はアルトマン監督がミステリーサスペンスに興味があるはずもなく、いつもの大勢の人間がゴシ・・・
続きを読む
宣伝ではクリスティ調のクローズドサークルもの館ミステリーのように思えるが、実際はアルトマン監督がミステリーサスペンスに興味があるはずもなく、いつもの大勢の人間がゴシップに愛憎劇を繰り広げるいつものアルトマン映画だ。 ミステリー的な面白さは皆無なのでそういうのを期待する人は見ないことだ。 本作は批評家などに絶賛され映画賞も多数獲得しているが、アルトマン作品は批評家の評価はやたら高いが、実際見ると大して面白くもないだろってのがほとんどであり、本作もまあ複数の人物を捌く演出力は見事だが、面白いかと言われると微妙である・・・。
隠す
  
 
[063]ハワイアン・ドリーム
 お茶ファルド2018-09-22
 
チンピラ2人がハワイでマリファナを売りながら、グダグダやっているだけという感じで面白くなかったです。彼ら2人の恋愛模様もイマイチでした。 ラストのボロトラックでのカ・・・
続きを読む
チンピラ2人がハワイでマリファナを売りながら、グダグダやっているだけという感じで面白くなかったです。彼ら2人の恋愛模様もイマイチでした。 ラストのボロトラックでのカーアクションは普通かな。 60年代のオールディーズの洋楽がバックに流れるのは良いけど、それもこの映画の雰囲気にあまりマッチしていなかったように思う。
隠す
  
 
[064]ソング・オブ・ザ・シー 海のうた
 異類婚姻譚pumpkin2018-09-22
 
前作の「ブレンダンとケルズ」が多分にアイルランドのアイデンティティーとナショナリズムを感じさせたのに対し、こちらは昔話の異類婚姻譚です。ただし、発端にあるべき男と女の・・・
続きを読む
前作の「ブレンダンとケルズ」が多分にアイルランドのアイデンティティーとナショナリズムを感じさせたのに対し、こちらは昔話の異類婚姻譚です。ただし、発端にあるべき男と女の出会いが描かれないのは異例で、そのため終わり近くなるまで異類婚姻譚と気づきにくくなっています。 画面が美しいのは独特です。ストーリーをあれこれ言う必要はないのかも。
隠す
  
 
[065]マッサン
 外国人ヒロインに賭けて勝ったちゃぷりん2018-09-22
 
サントリー創業者がモデルになってる堤真一と息子との対立は、「武田信玄」へのオマージュだったかも。あちらと違って和解したけど、息子が先に死ぬ所も史実と同じだった。 全・・・
続きを読む
サントリー創業者がモデルになってる堤真一と息子との対立は、「武田信玄」へのオマージュだったかも。あちらと違って和解したけど、息子が先に死ぬ所も史実と同じだった。 全体的に綺麗過ぎた感があるけど、朝ドラらしい清々しさが残った。
隠す
  
 
[066]ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士
 再会ロッテンクロッチ2018-09-22
 
ラストがさりげなくて好き
  
 
[067]スリープレス・ナイト
 リメイクロッテンクロッチ2018-09-22
 
オリジナル版も観てみたい。
  
 
[068]パーティで女の子に話しかけるには
 音楽ロッテンクロッチ2018-09-22
 
エル・ファニングが可愛いだけかな。
  
 
[069]火花
 お笑い版「ララランド」リベルタド!!2018-09-21
 
ドラマ版を先に観ていたので、どんな違いがあるのかな?って、興味深く観賞。 ドラマ版のダイジェストにならず、これはってエピソードをピックアップして上手く2時間に。お笑い・・・
続きを読む
ドラマ版を先に観ていたので、どんな違いがあるのかな?って、興味深く観賞。 ドラマ版のダイジェストにならず、これはってエピソードをピックアップして上手く2時間に。お笑い芸人はもとより、ショービジネスの世界を夢見た人たちは、共感する人が多いのでは。
隠す
  
 
[070]マクファーランド 栄光への疾走
 感動の実話bond2018-09-21
 
貧乏だけど屈託のない青年たちと優しい住民。泣ける映画。
  
 
[071]運転免許証
 自由の免許証ファルド2018-09-21
 
軽いノリのコメディだけど、それなりに楽しめた。レス(C・ハイム)が、酒気帯びの検問で、免許証の提示を求められた時に、通学バスの定期券を差し出したシーンはちょっと笑え・・・
続きを読む
軽いノリのコメディだけど、それなりに楽しめた。レス(C・ハイム)が、酒気帯びの検問で、免許証の提示を求められた時に、通学バスの定期券を差し出したシーンはちょっと笑えた。そのすぐ後、酩酊状態のオッサンが、レスのキャデラックをマセラッティと勘違いして乗って行ってしまうのだが、車をボコボコにしたあげく、途中イビキをかいて居眠り運転をしているのにもちょっと笑えた。 あと、レスがデート用のカセットテープを作るとこは、懐かしい気分になった。
隠す
  
 
[072]マドンナのごとく
 共通の恋人ファルド2018-09-21
 
防衛大卒のエリート自衛官・唐沢(加藤昌也)25歳は、図書館で見かけた広告代理店に勤めるキャリアウーマンの優子(名取裕子)35歳に一目惚れし、声を掛ける。その後、二人・・・
続きを読む
防衛大卒のエリート自衛官・唐沢(加藤昌也)25歳は、図書館で見かけた広告代理店に勤めるキャリアウーマンの優子(名取裕子)35歳に一目惚れし、声を掛ける。その後、二人は恋愛関係になり同棲するが、破局する。 その後、唐沢の同僚で親友でもある藤堂(宍戸開)も優子に恋をし、二人は付き合い始めるが…。 敬語を使い、くそ真面目で束縛したがる唐沢。彼より明るいが、同じような性格の藤堂。優子を巡り三角関係になるのだが、何とも変な関係だった。 この恋愛、若い二人の男たちには良い想い出になるかもしれない。だが、男遊びと言うものの、年増女には、良い事とは思えなかった。自分で共同便所とか言っていたが、本当にそうなりかねない。 映画自体は、全体的に丁寧な言葉使いが多いので、ちょっと堅苦しい印象を受けた。陸上自衛隊の訓練シーンはあるけど、ストーリーは物静かな感じでした。名取裕子のヌードシーンがちょっとあるものの、内容からすれば、もう少しエロシーンを増やして欲しかった。
隠す
  
 
[073]デカ玉金助三郎
 Tバックファルド2018-09-21
 
現金輸送車が襲われ、6億円が強奪される。東新宿署の玉金(又野誠治)は、通し番号の札が洗濯されると読み、風俗店などを張る…。 女好きのスケベ刑事・玉金と新人女刑事・薫(・・・
続きを読む
現金輸送車が襲われ、6億円が強奪される。東新宿署の玉金(又野誠治)は、通し番号の札が洗濯されると読み、風俗店などを張る…。 女好きのスケベ刑事・玉金と新人女刑事・薫(国舞亜矢)が、とても刑事とは思えない服装で捜査をする、エロシーンを織り交ぜた刑事もの。 怪しげな歌舞伎町の雰囲気はそれなりに出ていた。玉金とコールガール明美(片岡礼子)のエロシーンなど、エロ的にはそれなり。 ついでに、この作品の続編である2も観てみた。内容は似たようなものだが、女優など、この1作目の方が良かった。
隠す
  
 
[074]レイク・モンスター 超巨大UMA(ユーマ)出現!
 巨大ヤモリ?リベルタド!!2018-09-21
 
中国資本が入ったモンスター映画。思ってたより、ちゃんと出来ていて面白かった! UMA探索チームの面々のキャラ設定がしっかりしていて愛着がわく。 「エクスペ」では目立たな・・・
続きを読む
中国資本が入ったモンスター映画。思ってたより、ちゃんと出来ていて面白かった! UMA探索チームの面々のキャラ設定がしっかりしていて愛着がわく。 「エクスペ」では目立たないポジションのスコットとドルがノリノリで演じているのが伝わる。 肝心のモンスターは、“超巨大”は大袈裟で6メートルくらい!?造形的には、まんま“爬虫類”系なので惜しい。
隠す
  
 
[075]ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦
 チェコ版「七人の侍」黒らぶクーたん2018-09-21
 
チェコ亡命軍から選抜された7人の兵士によるナチスの高官暗殺作戦であり、第二次世界大戦中成功した唯一つのケースである。7人全員が戦死、報復として2つの村が破壊され1万・・・
続きを読む
チェコ亡命軍から選抜された7人の兵士によるナチスの高官暗殺作戦であり、第二次世界大戦中成功した唯一つのケースである。7人全員が戦死、報復として2つの村が破壊され1万3千人の住民が虐殺されたが、作戦の成功は大英帝国とフランスにミュンヘン会談の内容を破棄させた。チェコ国民の誇りとして、最後の戦闘現場となった大聖堂に「七人の侍」を称える銘板が残されている。一見の価値ある秀作である。
隠す
  
 
[076]スカイスクレイパー
 ネーヴ・キャンベルsaint_etienne_heaven2018-09-21
 【ネタバレ注意】
高層火災パニックメインじゃなかった。 ビル内の施設も描写少ないし舞台的にもそれ程生かされてなかった。
  
 
[077]しとやかな獣
 閉塞、無頼、破天荒、実験的・・いまそのとき2018-09-21
 
よくぞこんな映画創ってくれましたぞ。2DKのアパート密室劇で繰り広げられる珍妙な家族たちの言いたい放題やりたい放題。訪れる客たちもまぁ誰一人まともな奴がいないときた。・・・
続きを読む
よくぞこんな映画創ってくれましたぞ。2DKのアパート密室劇で繰り広げられる珍妙な家族たちの言いたい放題やりたい放題。訪れる客たちもまぁ誰一人まともな奴がいないときた。なんだよ。何なんだよ。と・・こいつらに付き合ってるうちに不思議な共有感っていうか無茶ぶりがチンケに見えなくなるんだね。上っ面を剥がせばどのみちこんなもんでしょ・・ある意味当らずとも遠からずです。欲の皮を引っ張って剥がせば誰しも脆いものだ。人間って。誰一人まともじゃないからだからまぁいいのだ。これで。なんて言いながら自分も同化してしまうところもあって情けないねぇ。たぶん根っから無頼人だったんでしょう。川島雄三って人は。お勧めの見どころはカメラアングル。いやらしいほどネチッこいです。虚と実の境は案外こんなものでしょうかねぇ。いつの世もセックスと金に弱き弱き人間たち。自虐で描く走馬燈。いやぁーーこんな映画今ないです。今村昌平と川島雄三の描く世界観はね。
隠す
  
 
[078]フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)
 可哀そうなフランケンnabeさん2018-09-21
 
初の日米合作による怪獣映画である。 キングコングに続いて、フランケンシュタインを怪獣と戦わせるという企画だが、元来人間サイズのフランケンシュタインを、広島原爆の放射・・・
続きを読む
初の日米合作による怪獣映画である。 キングコングに続いて、フランケンシュタインを怪獣と戦わせるという企画だが、元来人間サイズのフランケンシュタインを、広島原爆の放射能により突然変異を起こさせて巨大化させるというストーリーで、なんとか納得性を持たせている。そのためバラゴンのサイズも、巨大なゴジラと違って実際の恐竜に近い大きさに設定しているので特撮は結構リアルだが、これといった武器もないので肝心の決闘シーンに迫力がないのが残念だ。 フランケンシュタインのメイクが、現代のSFを見慣れた目からすると稚拙で違和感があるのは仕方がないだろう。バラゴンの顔がフィギュアのようにおもちゃ感が強いのも御愛嬌だ。 ニック・アダムスと水野久美が、理性的で品のあるカップルを演じていてイイ感じだ。志村喬、藤田進、田崎潤ら名優たちが、チョイ役ながら画面を引き締めている。
隠す
  
 
[079]ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲
 下ネタおバカ映画bond2018-09-20
 
いかにもアメリカらしい。パロディー交えたバカ映画。でも、なにやらハートウォーミング。
  
 
[080]フューリアス 双剣の戦士
 300的bond2018-09-20
 
スタンダードな少数対多数の戦。普通に楽しめる。
  
 
[081]殺人魚フライングキラー
 ピラニアの続編リベルタド!!2018-09-20
 
邦題には表記されていないけれど、ジョー・ダンテ監督「ピラニア」の正統な続編。川から海へとテリトリーを広げた殺人魚が、なんと海中からも飛び出ちゃうというハチャメチャな・・・
続きを読む
邦題には表記されていないけれど、ジョー・ダンテ監督「ピラニア」の正統な続編。川から海へとテリトリーを広げた殺人魚が、なんと海中からも飛び出ちゃうというハチャメチャな作品。なんと監督は「ターミネーター」のジェームズ・キャメロン!こんな企画は、キャメロン監督の力業なくしては映像化不可能でしょう。 最近は「シャークネード」なる馬鹿馬鹿しいけど、メチャクチャ面白いシリーズが人気だけど、おそらく「フライングキラー」がなかったら誕生していなかったに違いない!今一度、ジェームズ・キャメロンの功績を称えたい!
隠す
  
 
[082]ピラニア
 ピラニアが客を食ってます!リベルタド!!2018-09-20
 
ジョー・ダンテ監督&ジョン・セイルズ脚本の名コンビで描く、極上パニックホラー!さらに、音楽のピノ・ドナジオ、特殊メイクのロブ・ボティンを加えた四銃士は、後に「ハウリ・・・
続きを読む
ジョー・ダンテ監督&ジョン・セイルズ脚本の名コンビで描く、極上パニックホラー!さらに、音楽のピノ・ドナジオ、特殊メイクのロブ・ボティンを加えた四銃士は、後に「ハウリング」でも集結する。 「ジョーズ」が大ヒットしたからっていう、安易な企画だったのかもしれないけど、“あえて”B級に徹したことで、恐怖とパロディがジョーズにミックスされた愛すべき逸品に仕上がった! この快進撃は「フライングキラー」へと続く!
隠す
  
 
[083]真実一路
 真実は自分本位ちゃぷりん2018-09-20
 
淡島千景が好演。桂木洋子も可愛い。長編小説を一本に纏めたので、長いのが難点。
  
 
[084]君はひとりじゃない
 手を取り合って歩んで行くHABBY2018-09-19
 【ネタバレ注意】
ヤヌシュ・ガイオスが出ているせいか、読解の難しい作風のせいか知らないが『トリコロール』の第4作を見ているような気にさせられた。ポーランド映画を観る機会があまりないだ・・・
続きを読む
ヤヌシュ・ガイオスが出ているせいか、読解の難しい作風のせいか知らないが『トリコロール』の第4作を見ているような気にさせられた。ポーランド映画を観る機会があまりないだけに、風景から人々の服装から色々なものを楽しく拝見。本作はスピリチュアルな要素を前面に押し出していて、精神病院でセラピストとして働きつつ霊媒師という怪しげな立ち回りも演じる女性が異形の存在感を見せている。個人的にはこういう人間の存在(行動)はある時点を境に全く信じなくなった(本作における父の立場と同じ)のだが、まあ癒しとか生きる糧をもらえるのなら騙されても良いのかもしれないな。
隠す
  
 
[085]リンカーン弁護士
 (無題)にゃんにゃん2018-09-19
 
1度見たこと忘れてもう1度見てしまった。 ちょいワル弁護士がある事件に立ち向かう話。 ストーリーがなかなかよくできており、主人公のキャラもたっているし見応え十分。 ラス・・・
続きを読む
1度見たこと忘れてもう1度見てしまった。 ちょいワル弁護士がある事件に立ち向かう話。 ストーリーがなかなかよくできており、主人公のキャラもたっているし見応え十分。 ラストはスカっとするし楽しめる映画だった。
隠す
  
 
[086]ビジランテ
 ダッサダサbond2018-09-19
 
何がバイオレンスじゃい、粗野で雑な映画。
  
 
[087]密偵
 HABBY2018-09-19
 【ネタバレ注意】
かつて日本に統治されていたという事実に対する恨の感情がそこここから滲み出ていてちょっと不憫な気になった。
  
 
[088]愉しき哉人生
 成瀬戦中作品いまそのとき2018-09-19
 
緩くのびやかなコメディ。欲しがりません・・勝つまでは・・と声高に語らずこのような寓話にしたのは多分に戦時の検閲を意識した創りだろう。ただ時代の悲壮感は全く感じさせず・・・
続きを読む
緩くのびやかなコメディ。欲しがりません・・勝つまでは・・と声高に語らずこのような寓話にしたのは多分に戦時の検閲を意識した創りだろう。ただ時代の悲壮感は全く感じさせず平明でやさしい世界観に或る意味心洗われる。今も変わらぬ謙虚さ、価値観、こころのあり方に通じるからだと思う。極みはないが素朴で真摯な姿勢は若い成瀬らしく好感が持てる。中村メイコ流石の存在感。驚きます。
隠す
  
 
[089]この世界の片隅に
 ドラマ化の難しさ黒美君彦2018-09-19
 【ネタバレ注意】
<あらすじ>広島市江波で生まれ育った浦野すず(松本穂香/子役 新井美羽)は、父十郎(ドロンズ石本)、母キセノ(仙道敦子)、兄要一(大内田悠平)、妹のすみ(久保田紗友・・・
続きを読む
<あらすじ>広島市江波で生まれ育った浦野すず(松本穂香/子役 新井美羽)は、父十郎(ドロンズ石本)、母キセノ(仙道敦子)、兄要一(大内田悠平)、妹のすみ(久保田紗友)の五人家族で絵の好きな少女として育った。1943年、18歳のすずに、呉の北条周作(松坂桃李)との縁談が持ち上がる。すずは北条家に嫁ぎ、舅の円太郎(田口トモロヲ)、姑のサン(伊藤蘭)、出戻りの嫁径子(尾野真千子)径子の娘・晴美(稲垣来泉)と暮らし始めるが、戦況は悪くなり、生活は苦しくなる一方だった…。 クラウドファンディングから全国的大ヒットにつながったアニメの実写化(実際にはドラマ化は二度目だが)。 「朝ドラ風」と評されたのはなかなか正鵠を射ている。確かにこのドラマでシリーズでは、黒木和雄が描きたいといい続けた“卓袱台の戦争”が描かれているが、映画と異なり、エピソードが分散されてしまう。その分、庶民の暮らしは細かく描かれることになるが、ドラマは主人公をめぐる人間関係に移り、大状況が見えにくくなる。映画であればクライマックスに向けて適度なボリュームで描かれるエピソードが長くなり、そこに起承転結が生まれる。結果、印象が曖昧になってしまうのだ。 そうした中で、原作やアニメで描かれた焼け跡の太極旗は消され、まがりなりにもオリジナルにあった対極の視線が喪われてしまった感が強い。 とはいえ、松本穂香は「すずさん」のイメージに近かったし、広島弁も巧くこなしていた。小姑役の尾野真千子はさすがの演技。演技陣はみながんばっていたと思う。 賛否両論の現代バージョンはあまり効果的だとは思えなかった。広島カープとのリンクも個人的には安易に感じる。 今ひとつバランスが悪く感じられたのは、戦時中の生と死のヒリヒリする緊張関係が今ひとつ描きこまれていない点にある。アニメにあった憲兵とのやりとりなどが、家族の物語に埋もれてしまったような気がする。それはこの物語の核心を外したということにはならないか。全体的にはよく出来たドラマであっただけに、そうした点が惜しまれる。 ドラマシリーズの難しいところだ。
隠す
  
 
[090]スノーピアサー
 列車は宇宙を漂う地球号?ローランド2018-09-19
 
  食料事情も含めて劣悪な生活環境なのに太った人間が多いな、それに主人公の短髪がいつも綺麗に刈り込まれているぞ、などと作りの粗っぽさを感じながらも、解説にある『その・・・
続きを読む
  食料事情も含めて劣悪な生活環境なのに太った人間が多いな、それに主人公の短髪がいつも綺麗に刈り込まれているぞ、などと作りの粗っぽさを感じながらも、解説にある『その列車は永久機関のエンジンを積み1度も止まることなく1年をかけて地球を1周する“走る箱舟”』を読んでいたこともあってこれぞSFと言えるような設定ではないかと序盤はかなり引き込まれ、その後も少しテンションは下がるもののそこそこ楽しめたのだけど、終盤に入って主人公が懺悔をするあたりからB級作品そのものになってしまっている。 原作はどうなっているのか知らないけど、こういう物語を映画としての時間内に収めてどういう決着でエンディングに持って行くかというのは厄介なことなんだろうね・・・。 と分かったようなことを言いながらケチをつけてすみませんです。 謝ることでもないか。      列車支配者の狎犬て行くには欲求と不安、無秩序や恐怖がバランスよく保たれねばならぬ瓩箸痢∩碓佞篳寝困世韻寮い涼罎覆鵑橡召鵑任睫詰なんだよと言わんとするようなセリフに全知全能の神様にでもなったつもりかって突っ込みたくなるけど、もしかしたらそれが制作者の意図したもので列車を宇宙を漂う地球号と見なしているのかもしれない。
隠す
  
 
前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION