allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[061]マーズ 火星移住計画2
 地球を守ろうbond2019-03-21
 
火星を反面教師にした、環境ドラマ。
  
 
[062]凍える追跡
 頼れる親父bond2019-03-21
 
中盤以降、一気にサスペンスと緊迫感が加速する。何故、警察に頼らない?
  
 
[063]レザーフェイス‐悪魔のいけにえ
 レザーフェイスビギニングbond2019-03-21
 
イマイチ、付け焼き刃的ストーリー。怖くないし、さほどグロくない。
  
 
[064]バンブルビー
 Don\'t You (Forget About Me) saint_etienne_heaven2019-03-21
 【ネタバレ注意】
「ブレックファスト・クラブ」引用映画にハズレなし。
  
 
[065]夜の大捜査線
 60年代の「夜の熱気の中で」Odd Man2019-03-21
 
公民権獲得前なら製作さえ無理だったんだろな。エリートの黒人とガサツな白人の友情を描いた同じアカデミー受賞作でも、半世紀後のそれは上辺の自己満足をなぞるだけだしな。映・・・
続きを読む
公民権獲得前なら製作さえ無理だったんだろな。エリートの黒人とガサツな白人の友情を描いた同じアカデミー受賞作でも、半世紀後のそれは上辺の自己満足をなぞるだけだしな。映画ビジネスの継続とはいえ、訴えかける切実なテーマに欠くなら、そんなに無理しなくてもとは。
隠す
  
 
[066]北欧サスペンス「凍てつく楽園」〜罪を運ぶ海岸線〜
 脛に傷bond2019-03-21
 
ちょっともたつく展開。なんで撃たれるかな。
  
 
[067]グリーンブック
 ラストの嫁の一言が最高すぎ!ゆめぴょん2019-03-21
 
アカデミー作品賞受賞作。重くなりがちな問題を扱うわりに何度も笑えます😁 悪気なく自然と差別してた人物が、その対象者と旅することにより成長。最後は身内の言・・・
続きを読む
アカデミー作品賞受賞作。重くなりがちな問題を扱うわりに何度も笑えます😁 悪気なく自然と差別してた人物が、その対象者と旅することにより成長。最後は身内の言動すら気にかけるようになる流れと、フライドチキンと手紙と、水戸黄門の印籠的なケネデ…と、ラストの嫁の一言が最高すぎ!
隠す
  
 
[068]バンブルビー
 普通ジャポニカ学習帳2019-03-21
 
いつもながら、この手の作品は先が読めてしまうが、淡々と見よう。 最近は配役に人種混ぜないといけないらしいが、アジア系の女が酷すぎる!!やはり美人を出すと白人の引き立・・・
続きを読む
いつもながら、この手の作品は先が読めてしまうが、淡々と見よう。 最近は配役に人種混ぜないといけないらしいが、アジア系の女が酷すぎる!!やはり美人を出すと白人の引き立て役にならないからブサイクを選ぶのだろうか?
隠す
  
 
[069]牛泥棒
 “彼らは一生背負っていく”Odd Man2019-03-21
 
ラストも罪なきキリストを処刑させた負い目を懐く12使徒といった図なんだな。聖書が常にモチーフとされるのは如何にも宗教国家らしいアメリカ。但し物語だから宗教、民族は問・・・
続きを読む
ラストも罪なきキリストを処刑させた負い目を懐く12使徒といった図なんだな。聖書が常にモチーフとされるのは如何にも宗教国家らしいアメリカ。但し物語だから宗教、民族は問う必要ない立派な西部舞台の劇作。
隠す
  
 
[070]三人の名付親
 バルタザールどこへ行くOdd Man2019-03-21
 
西部の無法者らでも幼子を見守る東方の三博士となれるという親密さが、ブレッソンの自己批判とは異なり慰めになるんだろね、アメリカ人には。
  
 
[071]ユリシーズの瞳
 世界の記録Odd Man2019-03-21
 
アンゲロプロスはドキュメンタリー作家なんだろ。世界を見聞して故郷に帰るオデッセウスに擬えるには分身の映画監督が最適だったんだろね。
  
 
[072]マルクス・エンゲルス
 人という未熟な生き物HABBY2019-03-21
 【ネタバレ注意】
「理想の世界」を心の底から希求する、2人の頭脳明晰な若者の革命物語。恐ろしいのは、彼らが正しいと思っていたことが人間には上手く使いこなせないこと。「共産」という言葉・・・
続きを読む
「理想の世界」を心の底から希求する、2人の頭脳明晰な若者の革命物語。恐ろしいのは、彼らが正しいと思っていたことが人間には上手く使いこなせないこと。「共産」という言葉は美しいが、その思想を練り上げていくに従って現実に出来した世にも恐ろしい残虐、阿鼻叫喚は美とは対極にある凄惨極まりないものだった。マルクス、エンゲルスに全責任があるとはとても断言できないけど。。人類は今も昔も未熟なのだなと(一部の評論家は「共産主義とは、これまでの歴史を見る限り「虐殺主義」だろう」と声を上げて主張されている。今のシナのウイグルやチベット、モンゴルに対する弾圧を観ていてもそんな感じだし、否定できない事実だと思う)
隠す
  
 
[073]それを愛とまちがえるから
 昼メロかよbond2019-03-21
 
なんで今更WOWWOW でやるのかな?的メロドラマ。ありきたり。
  
 
[074]麥秋
 額縁 ローランド2019-03-21
 
  アナウンサーなどの滑舌の好い発声は小さくても普通に聞こえるのに大きくてもくぐもった声だとよく聞き取れないという難聴気味なもので、案の定この映画でもセリフはよく聞・・・
続きを読む
  アナウンサーなどの滑舌の好い発声は小さくても普通に聞こえるのに大きくてもくぐもった声だとよく聞き取れないという難聴気味なもので、案の定この映画でもセリフはよく聞き取れなかったのだけど、そこは有名作品のこと粗筋は知れ渡っていてしかも平凡なんであまり不自由はなく、敷居と鴨居と襖の端を額縁のように使うのだなとか映像面に注目して観賞してきました。     これだけ評価の高い作品にこの星の数では反感を受けるかなって気もするが、どうもこの監督にも主役の女優にも世間の評価と違いそれほど魅力を感じなく、これはいい歳をして若ぶっているわけではなくて、例えれば小津安二郎とは対極に位置すると思う外連味たっぷりのターセム・シン監督の、刺激的ながら秀麗でエッジの立った豊かなイメージを表現する作品に惹かれるという、あくまでも個人的な好みの問題なんで小津マニアの方は気を悪くしないでくだされませ。
隠す
  
 
[075]忠臣蔵外伝 四谷怪談
 忠臣蔵外道 胸の谷間怪談北村もとい2019-03-21
 
深作監督による四谷怪談と忠臣蔵を無理やりミックスさせた、深作監督が過去に手掛けた柳生一族の陰謀などの活劇時代劇と魔界転生や里見八犬伝などの伝奇的要素を組み合わせたよ・・・
続きを読む
深作監督による四谷怪談と忠臣蔵を無理やりミックスさせた、深作監督が過去に手掛けた柳生一族の陰謀などの活劇時代劇と魔界転生や里見八犬伝などの伝奇的要素を組み合わせたようなケレン味溢れる珍作。 同時期に忠臣蔵競作となった市川監督のつまらない四十七人の刺客と比べると明らかに面白いのだが、これが日本アカデミー賞の最優秀作品賞、最優秀監督賞 、最優秀脚本賞 、最優秀主演男優賞 、最優秀主演女優賞など主要部門を総なめにするほどの傑作かと言われるとどう考えても違うだろう・・・。 まあ、虚無的なオーラが漂う佐藤浩市やド迫力の巨乳を見せる高岡早紀に演技なのか素なのか分からない荻野目慶子の怪演など役者陣は頑張っている。
隠す
  
 
[076]キングの報酬
 当選の報酬北村もとい2019-03-21
 
シドニールメットが選挙参謀のメディア戦略をモチーフにした社会派サスペンス。いろいろと要素を詰め込んだが、いずれも食い足りない印象を残すのみとなっているが、そこは腐っ・・・
続きを読む
シドニールメットが選挙参謀のメディア戦略をモチーフにした社会派サスペンス。いろいろと要素を詰め込んだが、いずれも食い足りない印象を残すのみとなっているが、そこは腐ってもシドニールメット監督だけにそこそこ楽しめる程度には仕上げている。 ギアの別れた妻役のジュリー・クリスティとアシスタント役のケイト・キャプショーが何故か顔から髪型から何からなにまで見た目が瓜二つで、最初はどっちがどっちなんだか非常に混乱してしまうこと間違いない。
隠す
  
 
[077]球形の荒野
 休憩の好爺北村もとい2019-03-21
 
松竹の松本清張原作ものとしては砂の器の次の作品となるが、大作感のある砂の器と比べるとかなりこじんまりとした2時間サスペンス調の規模に留まっている。 原作の国家規模の・・・
続きを読む
松竹の松本清張原作ものとしては砂の器の次の作品となるが、大作感のある砂の器と比べるとかなりこじんまりとした2時間サスペンス調の規模に留まっている。 原作の国家規模の陰謀ネタを完全に排除し、父と娘のメロドラマ調を強調しているため、ミステリー的な醍醐味はほぼないに等しく、一応連続殺人も起こるには起こるが犯人はすぐ分かり、結局戦時中に行方をくらました父が来日して娘と再会するだけの話になってしまっており、清張原作もの映画としては凡作と言わざるを得ないであろう。
隠す
  
 
[078]幻魔大戦
 ハルマゲドンspqc2y292019-03-21
 【ネタバレ注意】
劇場公開時の思い入れのまま今見たら、 こんなんだっけ?となりました。 富士山の決戦が以外に盛り上がらない
  
 
[079]リアル・スティール
 感動作spqc2y292019-03-21
 【ネタバレ注意】
期待せずに鑑賞したら、とてもよかった。 最後はロッキーファイナルみたいだけど。
  
 
[080]タイム・トゥ・ラン
 デ・ニーロも仕事選ばなくなったなぁ。賭侠2019-03-21
 【ネタバレ注意】
何故かモーガンにだけは非情になりきれないデ・ニーロと、まるでヒーローのように人質たちに受け入れられる強盗犯のモーガン。 かなりご都合主義的展開に満ちあふれてはいるが・・・
続きを読む
何故かモーガンにだけは非情になりきれないデ・ニーロと、まるでヒーローのように人質たちに受け入れられる強盗犯のモーガン。 かなりご都合主義的展開に満ちあふれてはいるが、そういう部分を差し引いても楽しめる作品でした。 ただどうしても納得出来ない部分があって、最後に改心するくらいなら最初から金貸せば良かっただけの話だよなって。 30万ドル貸すの拒んだ結果300万ドル強奪されてメンツまで潰されたのに、最後許しちゃうんだもん。 しかも、手下には家族には絶対に手を出すなとか言っちゃうし。 せっかく悪役にデ・ニーロを器用したんだから、中途半端な優しさなんか持たせずに冷酷なままにすれば良かったのに。 この部分はほんと説得力がなくて残念だったな。
隠す
  
 
[081]ファンタズム IV
 トールマンビギニングbond2019-03-20
 
アイディアの細切れシーンと一作目の未公開シーンを繋ぎ合わせただけ。コスカレリが生きてる限り、トールマンも死なないってか。
  
 
[082]陽なたのアオシグレ
 巨匠によく似た少年ちゃぷりん2019-03-20
 
クオリティーは凄いけど、長い長いコマーシャルみたいな作品。ラッキースケベは要らなかった。
  
 
[083]ラプラスの魔女
 荒唐無稽bond2019-03-20
 
SFっぽい内容でイマイチ引き込まれない。
  
 
[084]ランペイジ 巨獣大乱闘
 ワニ怪獣が強過ぎちゃぷりん2019-03-20
 
同じシカゴが戦場になった「トランスフォーマー」より、メリハリがある。あと少し待てば「銀牙」の実写映画が観れるかも。
  
 
[085]ハッピーエンド
 大人の視線Normandie2019-03-20
 
ハネケの新作で期待したが各人の描き方が浅いと思う。比較して平凡な印象。同居することになる少女(煌めいてる!)の造形は監督にしてはステロタイプだしちょっと小手先じゃない・・・
続きを読む
ハネケの新作で期待したが各人の描き方が浅いと思う。比較して平凡な印象。同居することになる少女(煌めいてる!)の造形は監督にしてはステロタイプだしちょっと小手先じゃないか?それにしてもイザベルユペールはなんて精力的な仕事ぶりでしょうか。
隠す
  
 
[086]プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード
 彩りある日々HABBY2019-03-20
 【ネタバレ注意】
清い部分とドロドロした部分とが混在する世界。モーツァルトに限らず、古今東西、楽聖のライフスタイルにはありがちな日常ではあるが。三角関係を醸成するスザンナ役、モーフィ・・・
続きを読む
清い部分とドロドロした部分とが混在する世界。モーツァルトに限らず、古今東西、楽聖のライフスタイルにはありがちな日常ではあるが。三角関係を醸成するスザンナ役、モーフィッド・クラークの美貌。耳と目の保養になりました。
隠す
  
 
[087]失われた週末
 「禁酒法がアル中を生んだ」Odd Man2019-03-20
 
のも一理、禁止と執着というのは裏腹なものだろうしな。重度依存症だと禁断症状から自ら絶つのは困難なんだろうが、ここでは廃人への自覚から自暴自棄という精神性だから、母性・・・
続きを読む
のも一理、禁止と執着というのは裏腹なものだろうしな。重度依存症だと禁断症状から自ら絶つのは困難なんだろうが、ここでは廃人への自覚から自暴自棄という精神性だから、母性的愛情の支えで逃げずに立ち向かうという結末は合理的。スリラーもコメディも巧みなワイルダーはやはり巨匠なんだな。レイ・ミランドはその後もこういった役を得意としたか。
隠す
  
 
[088]逃亡者
 ドロレスデルリオルーテツ2019-03-20
 
陰鬱としたモノクロ画に猥雑な音、どことなく雰囲気が黒沢映画っぽい ウォード・ボンドは志村喬にしか見えないし、今にも物陰から山本禮三郎が現れそうだ ホントはジョン・フ・・・
続きを読む
陰鬱としたモノクロ画に猥雑な音、どことなく雰囲気が黒沢映画っぽい ウォード・ボンドは志村喬にしか見えないし、今にも物陰から山本禮三郎が現れそうだ ホントはジョン・フォード監督の作品 なぜ彼が”逃亡者”になったのか? 説明不足のままお話が進み、映画の芯を見失ったままクライマックスまで行ってしまったのが残念 主演はヘンリー・フォンダ、ヒロインはアラフォーになったドロレス・デル・リオ 舞台は架空の国の架空の町 日本も隠れキリシタンの頃はこんな状況だったんだろうな
隠す
  
 
[089]ザ・プレイヤー
 面白くはなかったにゃんにゃん2019-03-20
 
冒頭の長回しは凄いし、試写会のブルース・ウィルスが出てきたところは最高だった。 全体的には面白くはないというか、ロバート・アルトマンのはあまり好みでない。
  
 
[090]日の名残り
 覚悟の人生Odd Man2019-03-20
 
現代から失われた品位や尊厳の名残りを追想した作品なんじゃないかな、原作も。主人公が執事を辞め相愛のメイドと結ばれ対独戦士になるのも、いくら根強い階級社会であれ可能だ・・・
続きを読む
現代から失われた品位や尊厳の名残りを追想した作品なんじゃないかな、原作も。主人公が執事を辞め相愛のメイドと結ばれ対独戦士になるのも、いくら根強い階級社会であれ可能だったはず。人は条件を課され生まれ、条件付けしながら生きるものだろうから、どんな選択をしようとも“覚悟”が品位を分け尊厳も生むんだなと感心。主人公の抑制表情は当然にエマ・トンプソンの役柄理解の程も流石。
隠す
  
 
前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION