allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[091]エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に
 FRONTIERS ARE WHERE YOU FIND THEM.dadada2018-02-12
 【ネタバレ注意】
最後の最後で大人が出て来たと思ったら、何もしゃべらず黒板に書いたのが↑コレ。 あの連中に、あの頃の自分にも、そんな事、そんな意味は、わからない。 自分には、無限の可能・・・
続きを読む
最後の最後で大人が出て来たと思ったら、何もしゃべらず黒板に書いたのが↑コレ。 あの連中に、あの頃の自分にも、そんな事、そんな意味は、わからない。 自分には、無限の可能性があると根拠もなく思ってるんだから。
隠す
  
 
[092]ゴースト・イン・ザ・シェル
 スカ・ヨハに拍手、座布団HABBY2018-02-12
 【ネタバレ注意】
『攻殻機動隊』について多少なりとも知識がある人間であればヨダレを流して喜ぶ造り。逆に知識が全然なく、この作品だけをポンと見せられても直近のロボット、AI系作品群の中の・・・
続きを読む
『攻殻機動隊』について多少なりとも知識がある人間であればヨダレを流して喜ぶ造り。逆に知識が全然なく、この作品だけをポンと見せられても直近のロボット、AI系作品群の中の「only one of them」として埋没しかねない出で立ち。『チャッピー』や『パシフィック・リム』よりフラジャイルで敷居が高く、一見さんお断り的空気が漂う。 スカーレット・ヨハンソンのキャスティングについては賛否があったと思うが、個人的には健闘していると思う。彼女以上に適任の女優、日本人も含めてそんなに多くは居ないはず(シャーリーズ・セロンがもう少し若ければ彼女も適任だろう。『イーオン・フラックス』での黒髪姿は実に鮮やかで艶やかだった)。彼女は『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』や『LUCY/ルーシー』でも人知を超えた異形の存在を演じていて、人間離れした容姿をうまく活かした演技を見せていたので、その延長線上にあると考えるとまた違った楽しみができるかもしれない。 北野武が英語を喋らず日本語で押し通したのはしょうがないのかな。桃井かおりが悪くない英語を披露しているのとは対照的。ま、得体の知れない中国人や韓国人の俳優にこのポジションを取られなかっただけ良しとしよう。 バトー役のピルー・アスベックも健闘していると思う。
隠す
  
 
[093]マンハント
 BETTER TOMORROW水ヒラ2018-02-12
 
久々のジョン・ウー節炸裂。とにかく撃ちまくり。やり過ぎくらい撃ちまくり。 原作に沿っていないのはもともと原作は結構荒唐無稽だから。 だから高倉版よりは断然いい。 高倉・・・
続きを読む
久々のジョン・ウー節炸裂。とにかく撃ちまくり。やり過ぎくらい撃ちまくり。 原作に沿っていないのはもともと原作は結構荒唐無稽だから。 だから高倉版よりは断然いい。 高倉版にかなうはずがないという人はあの熊のぬいぐるみをどう説明するのだろうか。
隠す
  
 
[094]イノセンス
 電脳版お菊人形の呪いHABBY2018-02-11
 【ネタバレ注意】
『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』に続けて鑑賞。画質の進化にまずは驚く。サウンド(川井憲次)から醸し出されるジャパン・テイストも印象的で、日本人はさておき、日本好き・・・
続きを読む
『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』に続けて鑑賞。画質の進化にまずは驚く。サウンド(川井憲次)から醸し出されるジャパン・テイストも印象的で、日本人はさておき、日本好きの外人はこういう雰囲気にヤラレてしまうのだろう。ストーリーは『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』の進化発展版という装い。粗末に扱われたロボットは粗末に扱った人間を呪う、という事で電脳版「お菊人形の呪い」という事か。 心とは何か?意識とは何か?考えだすと迷宮に迷い込んでしまう、実に奥深く悩ましい命題であり、科学技術が発展した今もはっきりとした解が見いだせていない。 この2本の映画作品だけでは『攻殻機動隊』の全貌を極め尽くしたとはとても言い難い。時間が許すならば原作の漫画作品の深い世界に潜ってみたいと思う。
隠す
  
 
[095]アメイジング・スパイダーマン2
 みんな大変だビリジョ2018-02-11
 【ネタバレ注意】
 スパイダーマンも敵役もエレクトロも大変だ。悩み多いし親との関係とか会社との関係とか。みんな大変なんだなーでも諦めずがんばろー的な1本でした。「3」はないんですか、・・・
続きを読む
 スパイダーマンも敵役もエレクトロも大変だ。悩み多いし親との関係とか会社との関係とか。みんな大変なんだなーでも諦めずがんばろー的な1本でした。「3」はないんですか、ありそうな雰囲気で終わりましたが。  前半はなかなかそんな感じで考えさせる感じで良かったけど後半慌ただしかったな。ヒロインが強くて良かったけど。  ロボット的な電気的なやかましさの合間に施される人間的なそれはまあまあ良かったと思いましたよ。  「3」ないのー??? あってもいいと思いますよというのが私の意見。
隠す
  
 
[096]GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊
 心とはHABBY2018-02-11
 【ネタバレ注意】
攻殻機動隊についてほとんど知識がないため、スカ・ヨハの『ゴースト・イン・ザ・シェル』鑑賞前に予備知識を深めるため鑑賞。心の所在や、ロボットに移植された心はどのような・・・
続きを読む
攻殻機動隊についてほとんど知識がないため、スカ・ヨハの『ゴースト・イン・ザ・シェル』鑑賞前に予備知識を深めるため鑑賞。心の所在や、ロボットに移植された心はどのような振る舞いを見せるか、がテーマの1つ。本作品の原作となる漫画作品は1989年に日の目を見たらしく、この時期にこのテーマを描けているのが原作者の先進性、天才性を証明しているという事か。アンドロイドが登場する『エイリアン』、『ブレードランナー 』などの影響は当然受けているのだろうが、「アンドロイドの心の内」を深く描いているという事でさらなる深みを探求しているのはさすがだと思う。 1989年というと進学校に入学したばかりでアニメに時間を割く時間がなかった(と言いつつドラクエやファイナル・ファンタジーはやっていたような気がするが…)。物心ついて以降、アニメ、漫画に対する自分の触覚は鋭くなかった(有名作品のほんの一部にしか目が向かなかった)ことを再認識。おっさんと化した現在ではなく、感性がまだ豊かだった10代、20代の頃に本作や『エヴァンゲリオン』等にハマっていれば自分の人生はどう変わっていただろう、とかつまらないことを鑑賞中に考えてしまいました。 理論物理学が好きで、ロジャー・ペンローズの量子脳理論を描いた著作は何冊か読んだ記憶あり。攻殻機動隊と量子論は水面下で太く繋がっていると思うので、時間があればもう一度「心」についての最先端の考察を学び直してみよう。 余談だが、本作がヒットしたのは、アンドロイドの造形が(むさ苦しいおっさんではなく)エロチックな女のものである事も少なからず影響しているのだと思う。
隠す
  
 
[097]ブラック・オプス 超極秘任務
 C級bond2018-02-11
 
似たようなシーンの繰り返し。つまんね。
  
 
[098]ヒューマン・ボム
 Bの中マイナス塚原新2018-02-11
 
人間が内部から爆発し死亡する事件が発生する。捜査を進めると、ペースメーカーに爆発物が仕掛けられていた事が分かり、警察は担当した女医に恨みを持つ者を調べ始めるが…とい・・・
続きを読む
人間が内部から爆発し死亡する事件が発生する。捜査を進めると、ペースメーカーに爆発物が仕掛けられていた事が分かり、警察は担当した女医に恨みを持つ者を調べ始めるが…というサスペンス・アクション。 ペースメーカーに爆薬を仕掛けるというアイデアがなかなか秀逸で、緊張感があって面白い。 犯人が判明してからの展開は、よくありがちな感じで思ったより盛り上がらない印象。 主人公とヒロインの関係よりも、犯人側の動機や確執などのドラマをもっと見たかった。
隠す
  
 
[099]バトルサバイバー
 今ひとつ塚原新2018-02-11
 
ボートレースで優勝した男(バス・ルッテン)が、突如拉致されて孤島に連れ去られる。 そこは、セレブたちが用意した人間を標的にした、マンハントのゲームが行われている島だ・・・
続きを読む
ボートレースで優勝した男(バス・ルッテン)が、突如拉致されて孤島に連れ去られる。 そこは、セレブたちが用意した人間を標的にした、マンハントのゲームが行われている島だった…というサバイバル・アクション。 冒頭のボートレースは正直必要性を感じないが(笑)、島に着いてからはすぐにバス・ルッテンの格闘アクションが見られる。 ストーリー的にはありきたりで意外性は特にないので、バス・ルッテンの映画が見てみたい人向け。
隠す
  
 
[100]アルティメイタム
 Bの中塚原新2018-02-11
 
ケルン聖堂への訪問を行うローマ教皇を狙う暗殺者と、阻止せんとする護衛官・刑事たちの戦いを描くアクション作品。 アクションに強いドイツ作品らしく、市街地での銃撃戦など・・・
続きを読む
ケルン聖堂への訪問を行うローマ教皇を狙う暗殺者と、阻止せんとする護衛官・刑事たちの戦いを描くアクション作品。 アクションに強いドイツ作品らしく、市街地での銃撃戦など見応えのあるシーンが印象に残る。 暗殺者役のスキンヘッドの俳優が、存在感があり作品を締めていた。 冒頭のオカルトシーンや予言による暗殺などの演出は、正直不要だと思う(笑)。
隠す
  
 
[101]アサシンズ・リベンジ -不死身の暗殺者-
 ジャケ詐欺塚原新2018-02-11
 
村を襲い、誘拐した女性を娼婦として売り払う仕事をしている男(ゲイリー・ダニエルズ)。彼にさらわれた娼婦が、ある仕事の際に抵抗して、相手の男を殺害してしまう。大金を奪・・・
続きを読む
村を襲い、誘拐した女性を娼婦として売り払う仕事をしている男(ゲイリー・ダニエルズ)。彼にさらわれた娼婦が、ある仕事の際に抵抗して、相手の男を殺害してしまう。大金を奪い逃亡しようとする彼女は、余命わずかの青年と出会って行動を共にするが…というサスペンスに、他人の代わりに死ぬ事ができる祈祷師?(ルーク・ゴス)がからむオカルトもプラスされた作品。 サブタイトルの「不死身の暗殺者」と、 ジャケットのあおり「不死身の賢者VS極悪非道のブローカーVSレディーアサシン」は明らかに嘘で、ヒロインどころか誰も暗殺者ではない。 無理やりアクション映画に見せかけようとしており、なかなか極悪非道のリリース会社(笑)。 つうか表ジャケにヒロインの写真無いし。 ゲイリー・ダニエルズのアクションはほぼ無く、冒頭の襲撃シーンで村人を射殺しまくるのと、中盤で駅の警備員を数人ボコボコにする程度。ジャケから期待するゲイリーVSレディーアサシンみたいな格闘シーンは皆無なので要注意。 ちなみにストーリー展開は、全てが中途半端でつまらない(笑)
隠す
  
 
[102]アンドロイドコップ
 Bの中塚原新2018-02-11
 
2030年のロサンゼルス、警官のハモンドは、市長の娘のアバターを捜す任務を命じられる。アンドロイドの警官を相棒にして、汚染され隔離されたゾーンと呼ばれる地域に潜入するが・・・
続きを読む
2030年のロサンゼルス、警官のハモンドは、市長の娘のアバターを捜す任務を命じられる。アンドロイドの警官を相棒にして、汚染され隔離されたゾーンと呼ばれる地域に潜入するが…という、SFアクション作品。 低予算映画でもCGの見せ方が安定してきた印象で、DVDレンタルならそれなりの満足度。 今ひとつ、バディものとして期待した展開にならなかったのと、M・J・ホワイトの格闘が少なめなのが残念。
隠す
  
 
[103]エディ・レッドメイン アンダーテイカー 葬る男と4つの事件
 孤独な人々bond2018-02-11
 
皆んな寂しいんだね。
  
 
[104]ホテル・ニューハンプシャー
 5段階評価の2・5さとせ2018-02-11
 
夢見る男ウイン・ベリーはホテルを経営するが娘フラニーの強姦事件、父の急死やホテルの経営難と悪夢が続く。 オーストラリアで再起を図るが飛行機が墜落し、妻メアリーと末っ・・・
続きを読む
夢見る男ウイン・ベリーはホテルを経営するが娘フラニーの強姦事件、父の急死やホテルの経営難と悪夢が続く。 オーストラリアで再起を図るが飛行機が墜落し、妻メアリーと末っ子のエッグが死亡してしまう。 愕然とする家族だが生きる希望を忘れずに前へ進んで行くのだが・・・。 物語的に暗くなる設定の筈だが家族皆が前向きで不幸が続く中明るい雰囲気で進んで行くのが良い。 特にヒロインのJ・フォスターやナタキンが美しくこの2人の絡みが見れればもっと良かったと思うのは私だけ? 劇場にて鑑賞しワーナー・ホーム・ビデオからリリースされたビデオはスタンダード収録だったがDVDがカルチュアー・パブリッシャーズよりビスタサイズのスクイーズ収録にて発売及びレンタルされる。 後に紀伊国屋書店からニューマスターにてDVD化されたがカルチュア版は淡い色合いで紀伊国屋版は全体的に明るい印象、好みによるか。 原作は「ホテル・ニューハンプシャー」(ジョン・アーヴィング・新潮文庫)の上下巻から成る。
隠す
  
 
[105]彼岸島
 5段階評価の3さとせ2018-02-11
 
明は失踪している篤の居場所を知ると言う美女レイが案内する彼岸島へ向かうが、そこはヴァンパイアの大群が潜んでいる島だった・・・。 長大な漫画「彼岸島」(松本光司・講談・・・
続きを読む
明は失踪している篤の居場所を知ると言う美女レイが案内する彼岸島へ向かうが、そこはヴァンパイアの大群が潜んでいる島だった・・・。 長大な漫画「彼岸島」(松本光司・講談社)が原作でかなり長くヤンマガにて連載されている。 映画はこの漫画をよく映像化していてキャラも漫画ぴったりの人物を選んでおり、特にレイ役の水川あさみはビンゴ! 仮面を被る師匠やオニもちゃんと出ていて漫画ファンも納得出来るのではないか。 BDでの鑑賞だが画質が最高なのとdtsが臨場感抜群で作品の面白さを増大させている。
隠す
  
 
[106]女神の見えざる手
 敵の切り札の後に自分の札を切る!dadada2018-02-11
 【ネタバレ注意】
割れ顎のジェシカ・チャスティンが、勇ましくクールで超カッコいい。聴問会にエスコートサービスの男が出て来たあたりで、”あぁ、クールなヒロインも、こういうとっから切り崩・・・
続きを読む
割れ顎のジェシカ・チャスティンが、勇ましくクールで超カッコいい。聴問会にエスコートサービスの男が出て来たあたりで、”あぁ、クールなヒロインも、こういうとっから切り崩されるのね”なんて思ってたら、侮るなかれ、スカッとなオチが待ってる。面白かったです、ハイ。
隠す
  
 
[107]ホワイトリリー
 マシなのはこれ1作初代黒龍2018-02-11
 
 開巻間もなく轆轤(ろくろ)で作業する女性、手を止めると寝ぼけまなこで朝からビールを飲んでいる女に丁寧に挨拶する。これだけで、彼女は焼物の工房に住み込みで修行していて・・・
続きを読む
 開巻間もなく轆轤(ろくろ)で作業する女性、手を止めると寝ぼけまなこで朝からビールを飲んでいる女に丁寧に挨拶する。これだけで、彼女は焼物の工房に住み込みで修行していて、師匠はどうやら怠惰な人らしいと分かる。作業を再開すると、この先生、少し離れた位置に居るのに弟子の手先の力加減の誤りを指摘する。いい加減そうな先生だと思ったら、そこはその道のプロだった。何と言うか「基本に忠実な」撮り方だなー、という印象で始まり、その後先生が若い男を連れ込んで、レズ関係が三角関係になり、男には実は彼女がいて、等々このテの作品によくあるエッセンスが程よく配合されていて、「作品」として観れる映画になっている。ラストで弟子は「ありがとうございました」と言うが、これは師弟関係においては別れの挨拶でもあり、その通り工房を去って行く彼女の姿で映画は終わる。  “ロマンポルノ・リブート・プロジェクト”ということで製作された5本が、幸いにもWOWOWで連続放送してくれたので全部録画して観たが、最後までちゃんと観れたのはこの作品だけで、他の4本は早送りにしたか途中まで観て消去した。所謂今どきの女は、いつからあんなに言葉遣いが汚くなったのだろう。電車内や街中でたまに耳にすると、正直言って総毛立つ。男が弱くなったと言われて久しいが、女は頭が悪くなった。人間性というものは態度や言葉遣いに如実に現れるもので、その人の程度というものもそれで測れる。消去した4本の登場人物は、そういう女ばかりで、ヌード以前に人間性の美醜を問いたくなる。かつての日活ロマンポルノは、セックスを通して人間の泥臭さや男女の本質的なもの(時に暴力的であっても)を描いていたと思う。だからこそ今でもDVD化されたこれらの作品群に興味が湧くのであり、所謂今どきの女を描いてもそれが10年20年先に作品として観れるかどうか疑問に思う。このプロジェクトに関しては、映画館でカネ払わずに観ないで良かったなー、というのが率直な感想。
隠す
  
 
[108]わたしは、ダニエル・ブレイク
 電話の音楽ビリジョ2018-02-11
 【ネタバレ注意】
 ニューカッスルって寒そうだな。地図で見るとイングランドの相当北だ。スコットランドに近い。雨も多そうだなイギリスだし。でも、ブレイクさんは小雨ぐらいだと傘なしで歩く・・・
続きを読む
 ニューカッスルって寒そうだな。地図で見るとイングランドの相当北だ。スコットランドに近い。雨も多そうだなイギリスだし。でも、ブレイクさんは小雨ぐらいだと傘なしで歩くんだよ。小雨ぐらいなら大丈夫なんだよ。  にしても、ここに描かれている社会福祉制度は相当にヘンテコだが。どんぐらい事実に合致しているのかなとちょっと思った。事実なのであれば酷い話だ。監督は怒ったのだな。怒りが源泉。  誠実な人たちが誠実にふれあう。世の中、良い人ばっかりではないのだろうけど。良い人の映画は見ていて安心する。社会や国家は良い人に頼ってばかりではいけないのだよ。  空腹に耐えかねて缶詰を食べてしまう母親は、そいで仕事はどうなったんかな。  んー、何かと誠実過ぎた気もするが、誠実の何が悪い。文句あるか。って感じです。
隠す
  
 
[109]ドント・ブリーズ
 意外と面白かった初代黒龍2018-02-11
 【ネタバレ注意】
サスペンスは苦手、ホラーはNGの自分だが、WOWOWで放送されたこの作品は、何故か興味深く観て、しかも面白かった。  若者の遊び半分にしか見えない強盗団だが、リーダ・・・
続きを読む
サスペンスは苦手、ホラーはNGの自分だが、WOWOWで放送されたこの作品は、何故か興味深く観て、しかも面白かった。  若者の遊び半分にしか見えない強盗団だが、リーダーっぽい女は家族に問題を抱えていて、セキュリティに詳しい男も父親とはすれ違いらしい、という彼らの背景がわずか数カットのシーンで理解出来る脚本が上手い。被害者のはずが彼らを返り討ちにする爺さんがやたら強いが、元はイラクに派遣された軍人で、戦闘で目を負傷したことも、セリフのみだが上手く説明が出来ている(おそらく恩給で生活しているのかな、とも思った)。撮影も上手く、深夜の一軒家だから暗くて狭いという悪条件下で、見事なカメラワークで飽きさせないどころか、次はどうなるというサスペンスの定石通りの展開を観せてくれる。  犯罪に巻き込まれた娘の報復という横糸も、この爺さんの置かれた状況を上手く生かしている(ラスト近くで、乱射された銃の弾丸の一発が、亡き娘の写真を貫通するシーンも上手い伏線だと思った)。ただ、その事件の容疑者の女を監禁して、しかも彼女に自分の子を産ませようとして、自宅に自分の精子を冷凍保存しているというのは、少々ブッ飛び過ぎだ。これじゃ単なる異常者で、ここだけだと元兵士という説得力が無いのが惜しい。  それにしても「悪魔のいけにえ」といい「フローズン」といい、何故このテの映画は女の子だけ助かるのかね?悪いことをしたんだから(「悪魔のいけにえ」は女の子が被害者だった)処罰するべきでしょ。と思っていたら、あのラスト。新天地に向かうのに、何の希望も感じさせない。サスペンス映画のラストはこれで良い。  元兵士も悪く描くのはマズいのかな?ラストで死んでなかったのはそのためかと思った。  爺さんのセリフ。  「神の不在を受け入れれば人は何でもできる」
隠す
  
 
[110]コーマ
 5段階評価の4さとせ2018-02-11
 
主任研修医となったスーザンは夫であり外科研修医のマークと付き合っているが喧嘩ばかりしている。 ある麻酔をかけての手術中に患者が昏睡状態となり脳死してしまう。 呼ばれた・・・
続きを読む
主任研修医となったスーザンは夫であり外科研修医のマークと付き合っているが喧嘩ばかりしている。 ある麻酔をかけての手術中に患者が昏睡状態となり脳死してしまう。 呼ばれたスーザンは親友だった患者がジェファーソン研究所へ運ばれるらしい。 1年で10人の若者が原因不明の昏睡状態になっている事を知り納得のいかないスーザンは調査を開始するのだが・・・。 大病院の闇に鋭いメスを入れた1作。 友人の状態に納得のいかない研修医が真相を究明していくうちに、病院から疎まれたり殺人鬼に襲われたりと緊張感溢れる1作。 ヒロインのJ・ビジョルドが若く美しく最後までハラハラさせてくれる。 ワーナー・ホーム・ビデオからビデオがリリースされていたがスタンダード収録。 DVDを購入したらビスタサイズのスクイーズ収録になっていて嬉しいが画質はDVD黎明期発売の為か荒いのが残念。 原作「コーマ−昏睡−」(ロビン・クック・ハヤカワ文庫)も出版されている。
隠す
  
 
[111]スリー・ビルボード
 落ちないのにmototencho2018-02-11
 
ストンと落ちないのに重くない、感動のクライム・サスペンス。伝えるべきは伝え、観客を翻弄、スペクタクルまで。豪華なキャストはスターぞろいなのよ。
  
 
[112]バースデーカード
 3問だけ正解ちゃぷりん2018-02-11
 
テレビシリーズ向きの構成。小豆島のシーンとか、もう少し刈り込んでも良かった。
  
 
[113]パラダイス女子刑務所
 極悪になりきる女子HABBY2018-02-11
 【ネタバレ注意】
北朝鮮の強制収容所みたいな雰囲気。うーん、主人公がちょっと太くて可愛くない。カタリーナやアジア人の看守含めて周囲の女優の方がまだ可愛い。
  
 
[114]燃える昆虫軍団
 CGじゃない凄さbond2018-02-11
 
フェイズIVと並ぶ昆虫パニックの怪作。ブラッドフォードの鬼気迫る演技と昆虫の気味悪さがマッチしてる。
  
 
[115]マダム・フローレンス! 夢見るふたり
 うーんHABBY2018-02-11
 【ネタバレ注意】
正直しんどかった。病人を励ますという要素があるからなんとか保っている感じ。『英国王のスピーチ』のコメディ版、でもないか。レベッカ・ファーガソンはいつ見てもお綺麗。
  
 
[116]ナイスガイズ!
 70年代テイストbond2018-02-10
 
よくある鉄板モノ。キャラが命。でもって、まあまあ。
  
 
[117]ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
 手堅い造りHABBY2018-02-10
 【ネタバレ注意】
『GODZILLA ゴジラ』と同じで全体的に画面が仄暗い。この監督の個性かな。ストーリーは想定内で予定調和的。『ローグ・ツー』制作を元々予定していなかったのなら、この切なく・・・
続きを読む
『GODZILLA ゴジラ』と同じで全体的に画面が仄暗い。この監督の個性かな。ストーリーは想定内で予定調和的。『ローグ・ツー』制作を元々予定していなかったのなら、この切なくも美しい幕切れも理解できる。キャスティングはデイジー・リドリーを起用して清新さをアピールした本編に比べると手堅さがより前面にでている気がした。フェリシティ・ジョーンズ、マッツ・ミケルソン、フォレスト・ウィテカーetc。まるでジグソーパズルの枢要なピースを填めるがごとき人選。隙がない。ディエゴ・ルナはこれまであまり注目していなかったが、オビ=ワン・ケノービを演じたユアン・マクレガーを彷彿とさせる髭面の端正な顔立ち。『フラットライナーズ』のリメイク作にも抜擢されたようだし、これからぐんぐん高みに向かって伸びていく予感がする(デビュー作が『天国の口、終りの楽園。』だったのね)。中国人俳優を起用して当地のマーケットに媚を売ったのは『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』とも共通。日本人としては一寸複雑な気分。今後、こうした動きが強まっていくのかなぁ。 (マイケル・ジアッキノは巨匠ジョン・ウィリアムズ以外で初めて『スター・ウォーズ』を手がける作曲家となったわけで、ウィリアムズに敬意を評しつつも自分のオリジナリティを注がんと全力を傾注している様が伺える。ロックやメタルの世界でも偉大なる前任者の脱退に伴い、後任が踏ん張るケースが見受けられるが、それと同等の意地を見た思いがする)
隠す
  
 
[118]エクストーション 家族の値段
 焦燥感bond2018-02-10
 
緊迫と焦燥感がノンストップで持続する。面白い。
  
 
[119]36 PASOS
 5段階評価の2さとせ2018-02-10
 
ドライブをしていた男2人組が女を轢き逃げしてしまう。 場面が変わり6人の美女が一軒家にてダンスをしている。 その中の1人の女がダンスを辞めて不満を言い出した為に男に撲・・・
続きを読む
ドライブをしていた男2人組が女を轢き逃げしてしまう。 場面が変わり6人の美女が一軒家にてダンスをしている。 その中の1人の女がダンスを辞めて不満を言い出した為に男に撲殺されてしまう。 彼女たちは常に見張られていて生き残るにはルールが有り破った者は殺されてしまう・・・。 何じゃこりゃ。 女の子たちが楽しく遊んでいるかと思いきや突如指令が来てバタバタ言われたとおりに実行する。 実行しなければ待つのは死という何か訳が分からない映画でアルゼンチンではスプラッターの天才と言われるA・G・ボグリアーノ監督の作品で一挙見てしまった。 DVDBOXを発売したWHDは素晴らしいがこのBOXには特典ディスクが付いていて短編やインタヴュー、トレーラーが収録されているが、作品毎に入る容量なのが勿体なくトレーラーにあったルームズ・フォー・ツーリストのカラー版も収録してほしかった。
隠す
  
 
[120]セッション
 無題nedved2018-02-10
 
マイルズ・テラー/J・K・シモンズ
  
 
前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION