allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[121]タイムトラベラーの系譜 ルビー・レッド
 時を駆ける少女bond2017-12-03
 
子供向けタイムトラベルファンタジー。
  
 
[122]悪魔のサバイバル
 三匹のおっさん映画みるならオカルト2017-12-03
 
まさかの国内Blu-ray発売に感謝。 VHSで観て以来数年ぶりに観賞しましたが、まあまあ楽しめました。 オープニングの音楽が無駄にむちゃくちゃかっこいいですね。 サバゲーチー・・・
続きを読む
まさかの国内Blu-ray発売に感謝。 VHSで観て以来数年ぶりに観賞しましたが、まあまあ楽しめました。 オープニングの音楽が無駄にむちゃくちゃかっこいいですね。 サバゲーチームに謎の殺人鬼が襲いかかるというのは面白いんですが、正体がただの飲んだくれのおっさんみたいで笑えます。 でも突然スナッフビデオが再生されたり暗闇にナイフを持った人影が佇んでいるなどのシーンは不気味で良かったです。 残酷描写もほとんどなく全体的にゆるい感じでぶっ殺し度が足りないなと思いましたが、あのラストで帳消しです。
隠す
  
 
[123]ストリート・オーケストラ
 一歩ずつ前にHABBY2017-12-03
 【ネタバレ注意】
学級崩壊したクラスを立て直すには、何より教える側の情熱と愛が大切と言うことか。『陽のあたる教室』と『パリ20区、僕たちのクラス』を足して2で割ったような真摯な作り。ブ・・・
続きを読む
学級崩壊したクラスを立て直すには、何より教える側の情熱と愛が大切と言うことか。『陽のあたる教室』と『パリ20区、僕たちのクラス』を足して2で割ったような真摯な作り。ブラジル、サンパウロが舞台ということあって治安の悪さ、ガラの悪いチンピラの暴力などが随所に描かれる。サッカーはあれほど強いのに、国の民度、安定度が上がらないのはどうしてなのだろう。作品を見つつふと考えてしまった。
隠す
  
 
[124]甘い生活
 フェリーニ、深い!candyboy2017-12-03
 【ネタバレ注意】
公開当時は大きな反響を巻き起こし、カンヌではパルム・ドールを、アカデミー賞では衣装デザイン賞を受賞した。しかし、本編が約3時間と長尺なのに全編を貫くストーリー性に乏・・・
続きを読む
公開当時は大きな反響を巻き起こし、カンヌではパルム・ドールを、アカデミー賞では衣装デザイン賞を受賞した。しかし、本編が約3時間と長尺なのに全編を貫くストーリー性に乏しい為、散漫な印象を与えてしまいかねず、未だ賛否両論が喧しい。 だが、やっと最近自分にも分かるようになってきた気がするが、本作は決して散漫な作りなどしていない。寧ろ、画面構成は精緻だし、モノクロという特性を生かした陰影が美しい映像は実に計算高い。確かに劇中で描かれるエピソードの数々は一見脈絡がなさそうだが、ラストの何とも気だるい虚無感と脱力感は、これらのエピソードがあってこそ成り立つものだ(浜辺に打ち上げられた不気味な怪魚。メタファーとしての使い方が上手いなぁ。 主人公マルチェロが心惹かれた、レストランの手伝いをしていた少女が突然現れることろも実にニクイ演出。しかも、彼女の言葉はマルチェロの耳に届かない。もうマルチェロは少女のいる世界には戻れないのだ。そして彼は仲間たちの声に絆されてどこかへ消えていってしまう。果たして彼はどこへ行ってしまったのか。 この寂しく寄る辺ない砂浜のラストシーンはまさにその象徴だが、フェリーニの映画を観ていていつも感じるのは、彼の映画には必ず人生の光と影、虚と実が同居している事。それは勿論本作とて例外ではない。 ひょっとしたらフェリーニは誰よりも人生の儚さや虚しさを知っていたのではないだろうか。フェリーニ、深い。
隠す
  
 
[125]パッセンジャー
 女心の不思議bond2017-12-03
 
結局、惚れたのね〜。贅沢なセットとCGで面白かった。
  
 
[126]ボーダーライン
 無題nedved2017-12-03
 
ベニチオ・デル・トロ
  
 
[127]リミットレス
 無題nedved2017-12-03
 
ブラッドリー・クーパー
  
 
[128]ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気
 権利を求めてHABBY2017-12-03
 【ネタバレ注意】
同性愛に対する偏見が今よりも強かった時代の闘い。ジュリアン・ムーア、エレン・ペイジが同性愛カップルという難しい役どころを熱演(エレンは実際にレズビアンなので、撮影に・・・
続きを読む
同性愛に対する偏見が今よりも強かった時代の闘い。ジュリアン・ムーア、エレン・ペイジが同性愛カップルという難しい役どころを熱演(エレンは実際にレズビアンなので、撮影に際してジュリアンに色々と授業したそうだ)。エンディング曲はマイリー・サイラスの“Hands of Love”。良曲。
隠す
  
 
[129]ウォリアーズ
 地下鉄に乗ってnabeさん2017-12-03
 
ストリートギャング達の青春映画である。 ニューヨーク中の悪そうな若者たちが、地下鉄に乗って大勢ブロンクスの公園に集まるオープニングはかなり期待させてくれるが、彼らの・・・
続きを読む
ストリートギャング達の青春映画である。 ニューヨーク中の悪そうな若者たちが、地下鉄に乗って大勢ブロンクスの公園に集まるオープニングはかなり期待させてくれるが、彼らのカリスマリーダーが撃たれてから途端にショボくなってしまう。なんとそれ以降の展開が、主人公のウォリアーズ達がカッコよく大暴れすることもなく、ただ地下鉄に乗って夜道を家に逃げ帰るだけのストーリーなのだ。カリスマ殺しの濡れ衣を着せられた彼らは、当然途中でギャング仲間や警官に襲われるが、これまた恐ろしく弱い相手なので簡単にやっつけてしまう。よく言えば非常に人間臭い作品なので、公開当時は逆に新鮮だったかもしれないが、だからといって繊細な心理描写やメッセージ性もないので、観終わった後の中途半端感は強いものがある。
隠す
  
 
[130]片想い
 ジェンダーレスの苦悩bond2017-12-03
 
サスペンス性より、性同一障害の生き方が難しいという世の中を強調。
  
 
[131]アイム・ノット・シリアルキラー
 なんか良いロッテンクロッチ2017-12-03
 
ラストは「えっ?」と思ったが、なんか良い感じに終わってる。
  
 
[132]ラプチャー 破裂
 続編あり?ロッテンクロッチ2017-12-03
 
これはシリーズ化の予感。
  
 
[133]13日の金曜日・完結編
 「完結編」ではない!流氷一滴2017-12-03
 【ネタバレ注意】
この映画を企画した時は「完結編」だったと思うが、映画のラストを見る限り「続編」がある。実際にこれを含んでの4編を超える続編が作られた。 前作PART3から「溺れているこ・・・
続きを読む
この映画を企画した時は「完結編」だったと思うが、映画のラストを見る限り「続編」がある。実際にこれを含んでの4編を超える続編が作られた。 前作PART3から「溺れているこどもを助けずに楽しんでいたキャンプ指導員への復讐」という殺害動機はどうでもよくなり、目に入ったものは誰でも殺す。もう一点、ジェイソンが「不死身」になり、致命傷を負わせても直ぐに復活する。ストーリー性は問わず、単なるスプラッター映画になった。私が間違えて借りた2009年公開のリメーク(正確には作り直しだからリブート)版と同レベルになった。ただし、出てくる若者に「いやなやつ」があまり目立たない点は2009年リメーク版よりはまだまし。  後半、殺された妹?の復讐を誓う若者が出てくる。これと同じではないが、リメーク版にも似た話が出てくる。リメークはPART1からPART4までの内容をよく言えば「手際よく」、悪く言えば「手を抜いて」まとめ上げたものだとわかる。 今までは、ファイナルガール(最後まで生き残ったヒロイン)がジェイソンに引導を渡していたが、今回は少年がその役目をはたす。続編にはこの少年が大人になって、またジェイソンと対峙するものがあるらしい。やっぱり 「金のなる木」だったのか。 結局、2009年リメーク、1980年PART1 からこのPART4までDVDでみたが、昔々にテレビでみたはずの場面は出てこなかった。私の記憶違いか。それとも見ても数日後には忘れるほどの内容なのか。 さすがにこれで「13金」をみるのは打ち止めにしたい。
隠す
  
 
[134]破壊!
 人生の一本映画みるならオカルト2017-12-03
 
一番好きな映画です。この先も変わらないと思います。 孤独、哀愁、男の意地、反骨心、友情、挫折、自分が映画に求めているものが全て詰まってます。犯人を追って夜の路上を駆・・・
続きを読む
一番好きな映画です。この先も変わらないと思います。 孤独、哀愁、男の意地、反骨心、友情、挫折、自分が映画に求めているものが全て詰まってます。犯人を追って夜の路上を駆け抜ける二人の姿は何度観ても胸が熱くなります。 ストーリーから結末、台詞や登場人物に至るまでとにかく全てが好きです。
隠す
  
 
[135]ホーンテッド・サイト
 マイケル・パレsaint_etienne_heaven2017-12-03
 【ネタバレ注意】
どこに出てたの?
  
 
[136]パッセンジャー
 まさかのアンディ・ガルシアちゃぷりん2017-12-03
 
クライマックスがあんな展開なら、ジムの過去を明かして欲しかったな。
  
 
[137]エル・クラン
 人が悪魔に堕するときHABBY2017-12-02
 【ネタバレ注意】
アルゼンチンで起きた実話。この前も首吊り士とかいう変質者が騒がれたばかりだし、いつの世も人間の一定数は道を踏み外し、修羅の世界に堕ちる生き物だと思うしかない。金正恩・・・
続きを読む
アルゼンチンで起きた実話。この前も首吊り士とかいう変質者が騒がれたばかりだし、いつの世も人間の一定数は道を踏み外し、修羅の世界に堕ちる生き物だと思うしかない。金正恩やムガベなどと言った凄惨な独裁者についても同様。原題の「El clan」とは「一族」を意味するスペイン語。
隠す
  
 
[138]処刑台の獣たち
 凡庸bond2017-12-02
 
脚本がありきたり、主役含めてキャスティングもイマイチ。
  
 
[139]白い沈黙
 おぞましいgoodfellas2017-12-02
 
おぞましい・・・としか言いようがない。 最初、時制が前後するのでよく分からないまま続けてみるが、娘が誘拐されたことが明らかになってから、話に引き込まれる。 その後も時・・・
続きを読む
おぞましい・・・としか言いようがない。 最初、時制が前後するのでよく分からないまま続けてみるが、娘が誘拐されたことが明らかになってから、話に引き込まれる。 その後も時間が行ったり来たりするけど、もうその頃には大筋は判るので、考えるのは止めて続きをみることになる。 何年かぶりに(誘拐され中の)娘と父が再会するシーンはなんともシュールな・・・。娘は、誘拐される直前の父との会話について尋ねるが、父は何のことかよく判らない。娘にとっては昨日のことなんだと思う。父親にとっては? 別の場面、その後も娘を探し続けている父はとうとう、おぞましい2人と相対する。娘のMISSINGのチラシを2人の座るテーブルの上に置いて、そのおぞましいテーブルに座って私の娘を知りませんかと尋ねる。 最後、娘は生きて戻ってくる。笑顔でスケートをするシーンで映画は終わる。・・・・
隠す
  
 
[140]ナイトクローラー
 血を吸うカメラFFF2017-12-02
 
スキャンダルからミサイルまで。この世はゴシップで成り立っている。 望遠で捉えたダイナーのシーンの緊張感。ギレンホールのゲス度がハンパない。 R.I.P.パクストン
  
 
[141]電車男
 数奇な出逢ひ、および報告HABBY2017-12-02
 【ネタバレ注意】
そう言えば公開当時盛り上がってたような気がするなあ。ツイッターもラインもフェイスブックもなく、2ちゃんねるが今よりも存在感があった時代。 この主人公(電車男)に近い・・・
続きを読む
そう言えば公開当時盛り上がってたような気がするなあ。ツイッターもラインもフェイスブックもなく、2ちゃんねるが今よりも存在感があった時代。 この主人公(電車男)に近いビクビクと高揚を今夏ツイッター経由で経験した(日本語ぺらぺらのロシア人女子とリアル世界で交友)ので、その思い出を反芻しつつ鑑賞。つまりは我輩もこの主人公に近い体質ってことになるな。 本作の肝は、冒頭で展開される山田孝之演じる電車男のオタク風の風貌かも。時間が経つにつれてどんどんイケメンに変化していく過程が面白い。
隠す
  
 
[142]13日の金曜日PART3
 サスペンスからスプラッターへ流氷一滴2017-12-02
 【ネタバレ注意】
「13日の金曜日」って、最初とPART2は惨殺現場がクリスタルレークキャンプで、犠牲者はキャンプの指導員候補たち。惨劇と殺害の動機は合っていた。 PART3になると、犠牲者は普・・・
続きを読む
「13日の金曜日」って、最初とPART2は惨殺現場がクリスタルレークキャンプで、犠牲者はキャンプの指導員候補たち。惨劇と殺害の動機は合っていた。 PART3になると、犠牲者は普通の若者だし、クリスタルレークのキャンプ再開に来たわけでもない。要するに「動機」はどうでもよく、血祭りにあげられさえすればよい。殺し方も残忍で、たとえば血まみれになるまで切りつける。 ジェイソンがこの回からホッケーマスクを被るようになったのは有名な話。もうひとつ変わったのはジェイソンが反撃を受けて倒れてもすぐに復活すること。「ゾンビかおまえは!」と言いたくなった。 最初とPART2は「犯人探し」の面白さ=サスペンス的なもの があったが、PART3から完全にスプラッター映画になった。
隠す
  
 
[143]アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男
 イマイチbond2017-12-02
 
アイヒマンを追跡する事より、フリッツバウアーがあまりに中心的に描かれすぎて、追い詰めるサスペンス感が薄い。
  
 
[144]招かれざる隣人
 デヴィッド・モリッシーsaint_etienne_heaven2017-12-02
 【ネタバレ注意】
総督久々に見た。
  
 
[145]007/リビング・デイライツ
 5段階評価の3さとせ2017-12-02
 
KGBのコスコフ将軍の亡命を助けたボンドだが将軍が何者かに拉致されてしまう。 その前に将軍暗殺を実施しようとしていたチェリストのカーラがボンドの妨害により失敗しKGBに追・・・
続きを読む
KGBのコスコフ将軍の亡命を助けたボンドだが将軍が何者かに拉致されてしまう。 その前に将軍暗殺を実施しようとしていたチェリストのカーラがボンドの妨害により失敗しKGBに追われていた。 ウィーンへ飛んだボンドはカーラと再会し将軍と武器商人ウィテカーがダイヤと麻薬取引をしているのを知り・・・。 下番したムーアの跡を継いだT・ダルトンのボンドデヴュー作。 コメディ感覚で演じていたムーアと違いダルトンはシリアス路線で演じている。 ボンド作品さながらのチェイスシーンは何時もの如く迫力満点でボンドガールのM・ダボが最後まで活躍するのも格好良い。 MやQは引き続きの出演だがマネーペニーが若くなったのは古くからのファンには寂しいか。 ビデオはワーナー・ホーム・ビデオからリリースされドルサラのシネスコでニューマスター版、レンタルLDも同様。 DVDは5.1ch収録され究極DVDは更にdts収録なので迫力満点。
隠す
  
 
[146]タイムトラベラーの系譜 エメラルド・グリーン
 日々これ修行なりHABBY2017-12-02
 【ネタバレ注意】
3部作の第3弾。第1作から3年後に作られた作品ということもあってマリアちゃんもローラちゃんもすっかり大人になった。外国人の二十代は容姿面で(日本人に比べ)大きな変化・・・
続きを読む
3部作の第3弾。第1作から3年後に作られた作品ということもあってマリアちゃんもローラちゃんもすっかり大人になった。外国人の二十代は容姿面で(日本人に比べ)大きな変化があるね。そういうところは『ハリ・ポタ』が辿った時間軸の変化とも共通する。ストーリーの方は最終作だけあって終盤ジェットコースター状態に。主人公グウェンの出生の秘密やシャーロットとの和解、サンジェルマン伯爵と監視団の野望の正体、そしてグウェンとギデオンの恋の行方など、多くの伏線に決着がつき、壮大な物語が大団円を迎える。
隠す
  
 
[147]南瓜とマヨネーズ
 エピローグKatsumi_Egi (Mail)2017-12-02
 
 なかなかの佳編。オープニングから、研ぎ澄まされた音の映画なのだ。これはフラッシュ・フォワードというべきか。フロアの業務用掃除機、スクール水着と排水口、ドラム、ギタ・・・
続きを読む
 なかなかの佳編。オープニングから、研ぎ澄まされた音の映画なのだ。これはフラッシュ・フォワードというべきか。フロアの業務用掃除機、スクール水着と排水口、ドラム、ギター、ビニールのゴミ袋を結ぶ音など、後のプロットで出てくる印象的な音(と画面)がオープニングでモンタージュされる。  主人公の臼田あさ美も太賀も問題のあるキャラクターだが、臼田のいい加減さも、太賀の頑迷さも何とも憎めない造型なのだ。特に、臼田のズルズルの部分を嫌味なく簡潔に描く演出が快い。あるいは、太賀とバンド仲間達との絶妙に緊張感を維持する関係性の演出もだ。  さて、本作もカメラは殆どのシーンで動き続けている。日本映画の流行りは、動き続けるカメラなのか。キスシーンで、早送りみたいなモーション・コントロールを使った凝った見せ方もある。  ただし、後半のフラッシュ・バックの部分は矢張りイマイチで、二人の出会いの場面、ライブ会場でマイクのセッティングが上手くいかない様子だとか。キッチンでのいちゃつきだとかも、とってつけたように感じてしまう。テンションを下げる回想はやめて欲しい。しかし、続くエンディングはとても爽やかなので、下手なフラッシュバックも帳消しにした感はある。特にエピローグで臼田が泣き始めるタイミングには感動する。
隠す
  
 
[148]ジョン・ウィック
 ジェソン・ボーンに4秒で殺される男namurisu2017-12-02
 
要らない人間の死と要らないシーンの数々。-1★
  
 
[149]ウィッチ
 IQの高いトンだ監督に、3☆namurisu2017-12-02
 
たまに、こういうマジな恐怖ホラーが来る。「マーターズ(2007)」のような。
  
 
[150]或る夜の出来事
 クローデットコルベールルーテツ2017-12-02
 【ネタバレ注意】
名作は数あれど、ケチの付けようのない名作はそうそうない なんたって5冠 夜行バスのシーン、ジェリコの壁、ヒッチハイク、婚前逃亡・・・ どれも名シーンだが、バスの中の「・・・
続きを読む
名作は数あれど、ケチの付けようのない名作はそうそうない なんたって5冠 夜行バスのシーン、ジェリコの壁、ヒッチハイク、婚前逃亡・・・ どれも名シーンだが、バスの中の「空中ブランコ乗り」の唄のシーンがいちばん好き この時代の映画は、ミュージカル映画でなくても、歌のシーンがあるんだな 主演のゲーブルとコルベール どっちもあまり出演に乗り気じゃなかったというエピソードも面白い その割には嬉々として演じているように見える、さすがプロ フランク・キャプラ監督は、本作の後も名作と言われる作品を連発するが、後年になるにしたがって無駄に長くなっていく気がする えてしてそういうものなのだ
隠す
  
 
前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION