allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[121]グレイテスト・ショーマン
 デートムービーノリック007 (Mail)2018-04-14
 
この映画を観て、一緒に感動できる人なら 付き合っても良いと思います。 人生は、色々あるのは当然で、どう乗り越える かが重要です。 音楽もダンスも違和感はなく、ミュージ・・・
続きを読む
この映画を観て、一緒に感動できる人なら 付き合っても良いと思います。 人生は、色々あるのは当然で、どう乗り越える かが重要です。 音楽もダンスも違和感はなく、ミュージカル映画 と思わず、普通の映画のようで良かったです。
隠す
  
 
[122]バイバイマン
 キャンディマンbond2018-04-14
 
止めるの難しい。キャリーアンモスこんなんに出るの?
  
 
[123]偽りの忠誠 ナチスが愛した女
 リリー・ジェイムズHABBY2018-04-14
 【ネタバレ注意】
まだまだ現れる第二次大戦肉薄もの。これぞハニトラ、わかっちゃいるけどやめられない。リリー・ジェイムズの体を張った演技は立派。これで女優として一皮剥けるか。ヒムラーが・・・
続きを読む
まだまだ現れる第二次大戦肉薄もの。これぞハニトラ、わかっちゃいるけどやめられない。リリー・ジェイムズの体を張った演技は立派。これで女優として一皮剥けるか。ヒムラーが登場する中盤以降の息苦しさがなんとも切ないが、最後は霞が晴れるが如きハッピーエンド風。ナチスドイツの非道ぶりを間接的に印象付ける余韻が残った。なかなか見ごたえのある作品。
隠す
  
 
[124]アラビアの女王 愛と宿命の日々
 美人活動家HABBY2018-04-14
 【ネタバレ注意】
米が(英仏とともに)二度目のシリア攻撃に踏み切った日に鑑賞(米露の関係は冷戦終結後で最悪だろう…)。シリア、イラク、クルド族etc。今も昔も、この地域の地政学的困難性は・・・
続きを読む
米が(英仏とともに)二度目のシリア攻撃に踏み切った日に鑑賞(米露の関係は冷戦終結後で最悪だろう…)。シリア、イラク、クルド族etc。今も昔も、この地域の地政学的困難性は続いていると痛感する。イギリスのこの地域での外交ってどこもかしこもその後に波紋を呼ぶ、その場しのぎの弥縫策が目立つなあ。ニコール・キッドマンは貫禄の演技を本作でも披露。ただ全般的に少々間延びした感あり、その雰囲気は彼女の『オーストラリア』に近いかも。
隠す
  
 
[125]湯を沸かすほどの熱い愛
 熱演なんだけどね・・いまそのとき2018-04-14
 
宮沢りえ、杉咲花共に好演だけに惜しい。家族の絆、その熱い愛を描きたかったのだろうが、この手の映画としては印象は薄かった。その理由のひとつはオダギリ・ジョー。独自のキ・・・
続きを読む
宮沢りえ、杉咲花共に好演だけに惜しい。家族の絆、その熱い愛を描きたかったのだろうが、この手の映画としては印象は薄かった。その理由のひとつはオダギリ・ジョー。独自のキャラを持つ俳優で嫌いじゃないが適役が難しい俳優。映画ならでは、俳優陣の苦悶と葛藤劇を期待したが、サッパリ目で熱くなれない残念作だった。
隠す
  
 
[126]メアリと魔女の花
 メルトダウンちゃぷりん2018-04-14
 
焼き直しだと否定するより、米林監督が「御大のメッセージをもう一度」という気概で作った事を肯定したいと思った。
  
 
[127]ニュー・シネマ・パラダイス
 素敵なストーリーmaruyoshi映画部 (Mail)2018-04-14
 
音楽だけで条件反射で泣ける達人の域
  
 
[128]ジョン・ウィック:チャプター2
 殺しすぎやがなmaruyoshi映画部 (Mail)2018-04-14
 【ネタバレ注意】
「そこで殺すのだけはあかーん!」というハードルも軽々と超えるジョンウィック・・・恐るべし
  
 
[129]沈黙 -サイレンス-
 重すぎて・・いまそのとき2018-04-14
 
映画館ならきっと途中ダウンしただろうと思う。殉教か棄教か。拷問と信仰の選択枝。さぁどっちだと問いかける・・・。さてさてこのスコセッシ監督作、際立つのは多くの残虐シー・・・
続きを読む
映画館ならきっと途中ダウンしただろうと思う。殉教か棄教か。拷問と信仰の選択枝。さぁどっちだと問いかける・・・。さてさてこのスコセッシ監督作、際立つのは多くの残虐シーン。その過激さは目を覆うほどだ。長く(もっと短尺でもいいのでは)重い160分。辛過ぎてちょっと耐えきれず。やっとのエンドロールにほっとした。唯一の救いは窪塚洋介か。身勝手で保身だけのキチジロウ。いつの世にあっても一方的に責め切れない弱い人間像があった。
隠す
  
 
[130]パシフィック・リム:アップライジング
 なんだろうジャポニカ学習帳2018-04-14
 
なんと言うか全体的に雑かな、まぁねほぼ中国制作になったから仕方ないが。 シベリアの方に調査→ミサイルでドカーン結局何だったんだ?、、、最後は東京でどちらともビル壊し・・・
続きを読む
なんと言うか全体的に雑かな、まぁねほぼ中国制作になったから仕方ないが。 シベリアの方に調査→ミサイルでドカーン結局何だったんだ?、、、最後は東京でどちらともビル壊しまくって最後の最後に中国の救世主登場です、、次回作決定らしいが興行的にアメリカより中国の方が良かったからハリウッドは関わらないのだろう
隠す
  
 
[131]アナタハン
 閉塞空間Katsumi_Egi (Mail)2018-04-14
 
 いやあ、スタンバーグという人は凄い人、かつ面白い人だと思う。こんなキワモノを日本人スタフ・キャストでミニマルに撮り上げた作品が遺作なのだ。しかも、全然手を抜いてい・・・
続きを読む
 いやあ、スタンバーグという人は凄い人、かつ面白い人だと思う。こんなキワモノを日本人スタフ・キャストでミニマルに撮り上げた作品が遺作なのだ。しかも、全然手を抜いていない。力いっぱい作っていることがよく分かる。例えば、スタンバーグ自身が担当するナレーションの質量(力強さ、多さ)からも本作への相当の入れ込み具合がうかがえる。また、画面の強さは、そりゃあ全盛期のディートリッヒ作品には劣るとは云え、まだまだ健在だし、密林の美術装置による奇怪な画面の造形は、例えば『恋のページェント』で見せた、宮廷内の退廃的で異様な造型を思い起こさせる(宮廷内の彫刻等とは全然違うとは云え)。スタンバーグはこういう閉塞空間が好きなのだろう。  また、音楽は伊福部昭なのだ。彼を選んでいるというだけで「分かってる!」と思ってしまうのだが、これが、また、画面を盛り上げる音楽なのだ。 #備忘 ・安里屋ユンタが度々唄われる。 ・根岸明美は2回、後姿のヌードがある。前半の風呂に入るシーン。こゝは後姿とは云え、乳房まで見える。もう一つは海辺で素っ裸の後姿。海へ入っていく。 ・結局、米軍も日本軍(彼ら以外の日本軍)も登場しない。 #補遺。スタンバーグの作品には1957年作『ジェット・パイロット』がありますが、この映画は1949年から1950年にかけて撮影され、1957年に公開されたものらしく、撮影順でいうと、『アナタハン』が遺作とのことです。
隠す
  
 
[132]上海ジェスチャー
 オースペンスカヤKatsumi_Egi (Mail)2018-04-14
 
 いやはや矢張り、聞きしに勝る素晴らしさだ。まずは、このカジノの俯瞰・クレーン移動のビジュアルが圧倒的。こんな映像、他で見たことない、というものだ。スタンバーグ映画・・・
続きを読む
 いやはや矢張り、聞きしに勝る素晴らしさだ。まずは、このカジノの俯瞰・クレーン移動のビジュアルが圧倒的。こんな映像、他で見たことない、というものだ。スタンバーグ映画の美術は常に想像を絶する。  人物造型では、まずは主演スターであるジーン・ティアニーに対する特別な光(照明)の扱いに陶然とさせられてしまうのだが、聡明で如才のない人物として描かれると思いきや、ギャンブルにはまって、ひどい俗物となってしまう、そのギャップにも驚かされる。しかし、カジノの女主人で中国人を演じるオナ・マンソンという人が、真の主役として恐るべき貫録、一世一代のキャラクタリゼーションを見せる。脇役では、ウォルター・ヒューストンやヴィクター・マチュアもいつもながらの存在感だが、後半の主要人物が召集されたパーティシーンのみ、マンソンの側近役として出てくるマリア・オースペンスカヤも強烈だ。レオ・マッケリーの『邂逅』の、あの可愛らしいお婆さんが、終始渋顔で一言もしゃべらない、奇妙な中国人老婆を演じ、本作の異様な雰囲気に貢献している。 #中国人苦力を演じているマイク・マズルキは本作がデビュー作とのこと。
隠す
  
 
[133]シークレット ウインドウ
 秘密の窓、心の入り口ローランド2018-04-14
 
  不穏で緊張感を漂わせるワイパーの音が心臓の鼓動のように聞こえるオープニングから、湖の水面を移動するカメラが湖畔の建物の開いた窓から家の中へ入りこんで行き背中の破・・・
続きを読む
  不穏で緊張感を漂わせるワイパーの音が心臓の鼓動のように聞こえるオープニングから、湖の水面を移動するカメラが湖畔の建物の開いた窓から家の中へ入りこんで行き背中の破れたガウンでソファーに横たわるいかにも怠惰な生活を送っていそうな作家を・・・ と、なかなか雰囲気つくりのよい導入部で、その後も己のリハビリのために勤務中に手芸刺繍だなんてことをやっている ・・手芸刺繍をけなしているわけではないので関係者の皆さん悪しからず、私くしめもミシン仕事を趣味にしているくらいですから・・ およそ市民の安全に目を配る役職にふさわしくない保安官など脇役たちも手抜きなく描いているしと、なんでこんなに評判が良くないのだろ?って気がしたのだけど、こういう比較的に良い感想になるのはいわゆる爛優織丱讚瓩呂気靴撞い砲覆蕕覆い發里任△蕕じめ内容を調べて謎解きサスペンスとしてより心理劇として観賞したからかもしれなく、普通の観方をしたらなんだお終いにきてこれかってがっかりするだろうなって気もします。 牴燭茲蠡膸なのは結末なんだ瓩箸離札螢佞あるのにあまり大事さの感じられない終わり方をしている。      漫画家が何人か集まった折に、文芸作家には自殺者が何人かいるが漫画家には一人もいなくて、これでは漫画家はみな鈍感な精神の持ち主ばかりだと思われてしまう、ひとつクジ引きでだれか・・・ という冗談話を思い出すのだけど、作家が神経をすり減らして狂気に入り込んで行くというのはこの映画のほかにも 『シャイニング』 や 『バートン・フィンク』 もそうだったし、それだけ創作者というのは繊細な神経が必要だということでしょうか。      コソコソと煙草を吸っていたり、狠かの影響をうけていなかったか?瓩諒峪に爛献礇奪・ダニエル瓩噺世錣譴燭蠅垢觴膺邑に自分がオーバーラップする皆さん、煙草はやらないのでどうかは分からんけど酒量を控えるのには良い方法がありまして、それは多めに飲んだかなって翌日に鏡をじっと見つめることです。 目の周囲が腫れぼったくなっていて、こういうことの積み重ねが老化現象を促進するのだなって、肝臓がどうのこうのと心配するよりも文字通り目に見える現実が酒量を控えようという気にさせます。   原酒不足でまずいのが出回っていた頃と違って最近はウイスキーが旨くなっているから飲み過ぎに注意しなくてはいけない。
隠す
  
 
[134]ドント・スリープ
 半覚醒の混沌HABBY2018-04-13
 【ネタバレ注意】
金縛り(睡眠麻痺)をテーマにしたホラー。そこそこリアルでそこそこ怖いが、全体的に抑揚不足かなあ。金縛りは誰もが一度は通る一種の生理現象だと思うが、それに対してどの程・・・
続きを読む
金縛り(睡眠麻痺)をテーマにしたホラー。そこそこリアルでそこそこ怖いが、全体的に抑揚不足かなあ。金縛りは誰もが一度は通る一種の生理現象だと思うが、それに対してどの程度のリアリティ、恐怖、切実感を覚えているかどうかで本作への評価が違ってきそう。そう言えば未成年の頃自分も金縛りが頻発していた時期があったなあ。飛び回る天狗の仮面とか見えたりして。当時は結構考え込んだりしてたっけ。欧米には睡眠麻痺を悪魔の仕業とする伝説があるようなので、その点日本人とは見方が違うのかもしれない。二役を演じる主演女優(ジョスリン・ドナヒュー)はお綺麗(若かりし頃の千堂あきほ似)。
隠す
  
 
[135]逆殺館
 脚本ダメbond2018-04-13
 
アイディアはいいが、グダグダな展開。
  
 
[136]ローマ発、しあわせ行き
 イタリア珍道中HABBY2018-04-13
 【ネタバレ注意】
母と娘、ユーモラスなイタリア旅行記。サラ・ジェシカ・パーカーはお年を召されたけどキュート。彼女が主役かと思って観進めたが、途中から現れるクラウディア・カルディナーレ・・・
続きを読む
母と娘、ユーモラスなイタリア旅行記。サラ・ジェシカ・パーカーはお年を召されたけどキュート。彼女が主役かと思って観進めたが、途中から現れるクラウディア・カルディナーレ(CC)の凄みに圧倒された。80過ぎてもまだ現役な事を知り嬉しい。ロージー・デイは今ちょうど観てる『アウトランダー』S2でも活躍中の新星。ピンク色の髪にピアス、どぎついアイシャドウ、、多感な思春期の少女を上手く演じてる。冒頭でかかったFallulahの“Dried-Out Cities”が印象に残った。
隠す
  
 
[137]夜に生きる
 因果応報bond2018-04-13
 
マフィアものだが、一難去ってまた一難な連続で面白い。ベンアフレックやるじゃん。
  
 
[138]響け!ユーフォニアム2
 鎧塚編は結局繋ぎちゃぷりん2018-04-13
 
ドラマ性は増したけど、1期の最終回の方が盛り上がった。
  
 
[139]ワルキューレ
 事件性よりサスペンスいまそのとき2018-04-13
 
ヒットラー暗殺計画の7月20日事件。これは計画自体どう見ても杜撰だったなと思わせた。このあたりの綻びも史実かもしれない。しかしながら、映画で見たかったのは事件に係わっ・・・
続きを読む
ヒットラー暗殺計画の7月20日事件。これは計画自体どう見ても杜撰だったなと思わせた。このあたりの綻びも史実かもしれない。しかしながら、映画で見たかったのは事件に係わったメンバーたちの一瞬の夢と切羽詰まった絶望感だ。その辺になると特に薄い印象で、残念ながら一過性のサスペンスになってしまった。
隠す
  
 
[140]哭声/コクソン
 面白いけどちゃぷりん2018-04-13
 
聖書を読まないと本当の意味が解らないらしい。
  
 
[141]電送人間
 おもしろいダークリーママ2018-04-13
 
ガス人間や液体人間に比べると、なぜこういうことをしたのかの部分がわかりやすい。ゴムの仮面が取れるところはびっくりした。
  
 
[142]インフェルノ
 おもしろいダークリーママ2018-04-13
 
どうしてそうなるの?という、無理やり感がかえって魅力。女性陣の充実に比べ・・新鮮なものから賞味期限切れのものまで・・男性陣はちと不作。
  
 
[143]グリズリー
 期待しないで見ようダークリーママ2018-04-13
 
この時代のものって、作りは野暮ったいけど何度見ても楽しめる。今見ると主人公は結構判断ミスしてるし。
  
 
[144]パシフィック・リム:アップライジング
 ガンダムsaint_etienne_heaven2018-04-13
 【ネタバレ注意】
菊地凛子のタンクトップ姿が無いのが残念過ぎる。完全に無駄死にだし。
  
 
[145]大阪の女
 大傑作モリタマン2018-04-12
 
昭和30年代の大阪の、しかも戦災で焼け残った長屋に暮らす大阪芸人たちの人間模様。すなわち戦前からの長屋が舞台になるので先ず美術(ロケもセットも)が秀逸。次にそれをど・・・
続きを読む
昭和30年代の大阪の、しかも戦災で焼け残った長屋に暮らす大阪芸人たちの人間模様。すなわち戦前からの長屋が舞台になるので先ず美術(ロケもセットも)が秀逸。次にそれをどう撮るか?長屋の前に干す洗濯物や通り過ぎる人たちの着物の色合い(エキストラ含め)きっちり色彩設計されていると見た。大勢のエキストラの動きが自然、これ助監督含め素晴らしい演出の賜物。そうゆうベースがあってこそ、京マチ子・中村鴈治郎をはじめとする役者たちの立ち回りが映える。さらにクローズアップが無い。せいぜいバストアップ。わずかにタイトバストのアングル。ほとんどが引きで芝居を空間できちんと魅せている。凄い。衣笠監督作品は有名な「地獄門」も未見でこれが初なんですが、凄いと感服。この翌年公開の小津安二郎「浮草」(これまた名作)にて、同じ中村鴈治郎と京マチ子が愛人のい立場で罵り合う最高の芝居があるのですが、この「大阪の女」の親子関係も素晴らしい。ほんと素晴らしい。共演者すべて含めて素晴らしい。語り継ぐべき人情喜劇、何度も言います傑作です。
隠す
  
 
[146]アイ
 拗ねた親父の冒険bond2018-04-12
 
再開後のリアクションが観たかった。
  
 
[147]シェイプ・オブ・ウォーター
 サリー・ホーキンスのお尻!Charlie Lime2018-04-12
 
冒頭からいきなりの全裸、見事なサリー・ホーキンスのお尻! まさかの自慰行為… ヌード、オナニー、ファック(これは品がなかった。いらない)、えげつない言葉と、これまでの・・・
続きを読む
冒頭からいきなりの全裸、見事なサリー・ホーキンスのお尻! まさかの自慰行為… ヌード、オナニー、ファック(これは品がなかった。いらない)、えげつない言葉と、これまでのギレルモ作品とは毛色が違うアダルトなファンタジーであることに驚いた。 それはともかく『パンズ・ラビリンス』は超えられなかった… 『パンズ〜』では、ファシズムの暴虐で暗黒な現実世界と、そこから現実逃避するために夢想に耽る少女の幻想世界の対比を、ダークなムードで包んだ見事なお伽噺であった。 『シェイプ〜』も冷戦下という時代設定の中、支配し服従させる側と社会的弱者の明確な構図の上で物語が展開するのだが、全体を包むマッタリと柔らかいオーラと、どことなくコミカルなテイストが、作品の重みを軽減させてしまっている感が否めないのがちょっと残念だった。 ネタバレ
隠す
  
 
[148]ペイルライダー
 ロングコート炙り明太子2018-04-12
 
主役と敵保安官達のコート姿がかっこいい。 ラストシーン以外の「シェーン」との共通点 ・作業の邪魔になる木の幹(本作では岩)を主人公と居候先のオヤジが協力して排除 ・喧・・・
続きを読む
主役と敵保安官達のコート姿がかっこいい。 ラストシーン以外の「シェーン」との共通点 ・作業の邪魔になる木の幹(本作では岩)を主人公と居候先のオヤジが協力して排除 ・喧嘩腰の農夫が殺される ・敵の一人か主人公へ味方する ・敵地へ殴り込む時、主人公が居候先のオヤジを引き留める
隠す
  
 
[149]斬る
 様式美nabeさん2018-04-12
 
薄幸な武士を描いた時代劇である。 実子同然に育てられた父と妹を惨殺され、仇討をしたもののその後の人生が大きく狂ってしまった不幸な武士を、市川雷蔵がクールな二枚目ぶり・・・
続きを読む
薄幸な武士を描いた時代劇である。 実子同然に育てられた父と妹を惨殺され、仇討をしたもののその後の人生が大きく狂ってしまった不幸な武士を、市川雷蔵がクールな二枚目ぶりで好演している。剣の腕を見込まれて大藩の用心棒に取り立てられるが、その殿様に見込まれるものの罠にかかり、最後は討たれた主君の後を追い切腹するまでの主人公の壮絶な人生を、様式美溢れる格調高い画面で魅せてくれるのは、さすが三隅監督だ。 母親役の藤村志保が、いい表情をしている。妹役の渚まゆみは、演技が固いがキュートだ。
隠す
  
 
[150]霊的ボリシェヴィキ
 われら前衛!いざ、ボリシェヴィキ党歌!マジャール2018-04-12
 【ネタバレ注意】
いやいや、面白かったです。限定された舞台に、ほぼ役者さんの語りだけで進行する恐怖劇場(建物の外には一歩も出ない、密室ドラマです!『十二人の怒れる男』、若松の『ゆけゆ・・・
続きを読む
いやいや、面白かったです。限定された舞台に、ほぼ役者さんの語りだけで進行する恐怖劇場(建物の外には一歩も出ない、密室ドラマです!『十二人の怒れる男』、若松の『ゆけゆけ二度目の処女』)・・・・まあ、もちろん音響や照明なんかの演出もありますが、なまじ化け物とか貞子とか出さないほうがかえってボロも出ないし、恐怖の純度が上がりますね。 へんな手紙や、お母さんが見抜いていた真相って何だったのか、考えるだけで怖くなってくる。 それに、この映画は昼間の場面がミョ〜に怖い、いいですね、こういうの! だいたいロシア革命と死者の世界がどう結びつくのか判りませんが、こういう、なんだかよくわからないけど、怖くて面白い、っていうのがいいんだよね。自分が十代の頃に観てたらハマったかも。 渋谷の、駅から延々歩いたへんなとこにある映画館までいって観てきました。 韓英恵って女優さん、いいですね。 (点数は保留にしておきます)
隠す
  
 
前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION