allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[151]トゥルー・ロマンス
 みんなウイークエンド・シャッフル?ローランド2019-02-06
 
  始まってすぐのアラバマの語りで 爐澆犬瓩紛遇をあたしがグチるとクラレンスはこう言った、人生とはそういうものさ、でも逆転することもある甅爛蹈泪鵐垢眛韻検ΑΑΝ瓠,函ΑΑ
続きを読む
  始まってすぐのアラバマの語りで 爐澆犬瓩紛遇をあたしがグチるとクラレンスはこう言った、人生とはそういうものさ、でも逆転することもある甅爛蹈泪鵐垢眛韻検ΑΑΝ瓠,箸△襪、これが見事にテンポ良く刺激的で軽快な物語として仕上がり、以前観て面白かったとの記憶はあるが今回の観賞ではその記憶を大きく上回った楽しさでして、いかにもタランティーノらしい脚本で睡眠不足で観ても眠けが兆すことは絶対にないからと言い切ることが出来るほどです。     職場の社長からボーナス代わりにあてがわれた娼婦が気丈で素直ないいヤツで、そこからトゥルーロマンスが始まるわけなのだが、この主役二人のクリスチャン・スレイターとパトリシア・アークエットがとても良くて、特にパトリシアは、どこかほんわかとしていながらも気丈で不屈の女という役柄が良かったせいか印象に強く残る所が多く、この作品が何の映画賞にもノミネートされなかったのが不思議なくらいです。   音楽担当のハンス・ジマーはいつもと違ってよい意味で軽さがあるなって調べたら、このマリンバの旋律が心地よい主題曲は「カルミナ・ブラーナ」でお馴染みのカール・オルフ作曲の「街の歌」という小品を使っているみたい。  Youtubeにあります。 https://www.youtube.com/watch?v=TQ9_6W6bVoQ      98年制作の『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』  はこの作品の影響を受けているような気がするのだけど、それら二作品のずっと前の85年には筒井康隆の小説「ウイークエンド・シャッフル」 があるということで、タランティーノもガイ・リッチもそれを読んでいたのかもしれないです。
隠す
  
 
[152]マーシーの禁断!お嬢様学園危機イッパツ
 以外に普通塚原新2019-02-06
 
女子高に赴任してきた教師の斉藤慶子が、住み込みで働く同僚の田代まさしとともに、捨て子の赤ん坊をめぐっての騒動に巻き込まれるコメディVシネマ。 パッケージはいかにも低予・・・
続きを読む
女子高に赴任してきた教師の斉藤慶子が、住み込みで働く同僚の田代まさしとともに、捨て子の赤ん坊をめぐっての騒動に巻き込まれるコメディVシネマ。 パッケージはいかにも低予算といったキワものだが、正統派のストーリーなので意外によくあるTVドラマぐらいの出来。バストも写す女子高生の入浴シーンなどが一応売りのよう。内容的には、妊娠・出産してしまった生徒を扱うが、特に性的なものを前面に出してはいない。 田代まさしが、三枚目俳優としてなかなか存在感がある。 あと、ジャケットにも表記があるのだが、実際は相原勇は出演していない。
隠す
  
 
[153]デコトラ★ギャル奈美 〜感動!夜露死苦編〜
 Bの中塚原新2019-02-06
 
TVの取材を受けたトラッカーの奈美を見た女子高校生。奈美に興味を持った彼女は、密かに接近するが…といったコメディタッチのトラック野郎青春Vシネマ。 奈美と、彼女の妹だと・・・
続きを読む
TVの取材を受けたトラッカーの奈美を見た女子高校生。奈美に興味を持った彼女は、密かに接近するが…といったコメディタッチのトラック野郎青春Vシネマ。 奈美と、彼女の妹だと名乗る女子高校生、その母親との関わりなど家族関係をメインに据えた構成。そこに、奈美に惚れている青年との恋の行方が絡まり、本作でひとつの終幕を迎えるような形で終わる。 間で登場するトラック漫才のコンビもなかなか楽しく、作品を明るくする役割を果たしている。 女子高生の夢で描かれる家族的な光景が、この物語が向かっている場所を暗示しているように感じられ、暖かい気持ちでシリーズを見終わることが出来た。 吉沢明歩と、吉岡睦雄のコンビをもっと見たいと思わせる、良質なシリーズだったと思う。
隠す
  
 
[154]デコトラ★ギャル奈美 〜爆走!薔薇愛怒編〜
 Bの中塚原新2019-02-06
 
女トラッカー奈美の、高校卒業からトラッカーの道に入るまでの過去を描いたトラック野郎青春Vシネマ。 トラッカーの父に男手ひとつで育てられた奈美は、高校では応援団長として・・・
続きを読む
女トラッカー奈美の、高校卒業からトラッカーの道に入るまでの過去を描いたトラック野郎青春Vシネマ。 トラッカーの父に男手ひとつで育てられた奈美は、高校では応援団長として恐れられていた。宿敵のスケバンとタイマンしたり、彼氏とホテルに行ったり青春を謳歌していた奈美だったが、実は父親が…というベタなストーリー展開が繰り広げられるが、シリーズおなじみのキャラが登場するので安定感があり、飽きずに楽しめる。 1作目と2作目に食堂のオヤジとして登場した、野上正義の追悼のテロップが最後に記載され、製作陣の真摯な姿勢が伝わる。
隠す
  
 
[155]デコトラ★ギャル奈美 〜爆走!夜露死苦編〜
 Bの中塚原新2019-02-06
 
女トラッカー奈美の交通違反をしつこく取り締まる婦警は、実は高校時代のライバルのスケバンだった。現在シングルマザーの彼女は、ある捜査を秘密裏に行っていたが…というトラ・・・
続きを読む
女トラッカー奈美の交通違反をしつこく取り締まる婦警は、実は高校時代のライバルのスケバンだった。現在シングルマザーの彼女は、ある捜査を秘密裏に行っていたが…というトラック野郎Vシネマ。 今回は犯罪組織が登場し、バイオレンスやレイプといったVシネマ的なハードな展開があるが、最終的なまとめ方が上手なので後味の悪さは薄く、シリーズのカラーをきちんと保っている。こういう作りって大事だよなあ。 吉沢明歩と、彼女に惚れる青年の吉岡睦雄のコンビも、息が合ってきて安定感を感じる。
隠す
  
 
[156]デコトラ★ギャル奈美
 Bの中塚原新2019-02-06
 
男まさりの若き女トラッカー奈美が、出会ったシングルマザーの女性の力になるべく奮闘する人情青春トラック野郎Vシネマ。 主人公の奈美と、彼女に惚れている青年、トラック野郎・・・
続きを読む
男まさりの若き女トラッカー奈美が、出会ったシングルマザーの女性の力になるべく奮闘する人情青春トラック野郎Vシネマ。 主人公の奈美と、彼女に惚れている青年、トラック野郎の仲間たちが繰り広げるコメディタッチのほろりとさせるストーリーという、正統派の作品なのが心地よい。 吉沢明歩が主演なのできちんとHシーンもあり、低予算ながら娯楽作品としてはそれなりの出来だと思う。
隠す
  
 
[157]JFK
 一つの結論bond2019-02-05
 
多分これが真実に近いのだろう。名役者揃えての、骨太の映画。
  
 
[158]バトルトラック
 マッド・ハンターリベルタド!!2019-02-05
 
よく「マッド・ハンター」ってタイトルにしなかったものだ。今観ると、賊のファッションが「マッドマックス」ほどドギツくないので、「ウォーキングデッド」のコミューンみたい・・・
続きを読む
よく「マッド・ハンター」ってタイトルにしなかったものだ。今観ると、賊のファッションが「マッドマックス」ほどドギツくないので、「ウォーキングデッド」のコミューンみたいに感じる。そこそこ面白いのに、ヒロインの華のなさが致命的。
隠す
  
 
[159]ガン シャイ
 悪のりbond2019-02-05
 
今更的な映画。凡庸退屈。
  
 
[160]グリース
 リーゼントには櫛ちゃぷりん2019-02-05
 
最後に流れる歌は俺でも知ってる。「アメリカン・グラフィティ」と双璧を成すとは思えないけど、こっちの方が好きな人も多いだろう。
  
 
[161]ジャスティス・リーグ
 大分ライトな層にもBLADE2019-02-05
 
アニメでジャスティス・リーグはすごく見ていた。 やや固めな展開が多かったアニメと比べると、今回は逆に今までのシリーズが重めにしていて、今回はライトな一般層にも楽しめ・・・
続きを読む
アニメでジャスティス・リーグはすごく見ていた。 やや固めな展開が多かったアニメと比べると、今回は逆に今までのシリーズが重めにしていて、今回はライトな一般層にも楽しめるようにはなっている。 やや悪役の強さを感じなかったり、フラッシュの走る格好が、手が特にブランブランさせててシュールに感じたりするけど、全体的には悪くなかった。 やはりワンダーウーマン登場から、映画自体の魅力が上がってきたのだろうか。
隠す
  
 
[162]廃墟の群盗
 アンバクスタールーテツ2019-02-05
 
”ライフルの銃口から標的を覗く画”のオリジナルは本作らしい 無法者、インディアン、ドンパチあり、ロマンスありのB級ウエスタン 程よく楽しめる良作 主演は珍しく悪党に扮す・・・
続きを読む
”ライフルの銃口から標的を覗く画”のオリジナルは本作らしい 無法者、インディアン、ドンパチあり、ロマンスありのB級ウエスタン 程よく楽しめる良作 主演は珍しく悪党に扮するグレゴリー・ペックで、いろんな意味で実に胡散臭い 相棒は逆に専門のリチャード・ウィドマーク ヒロインが終始女の子走りのアン・バクスター 嫌いな女優ではないが、いつもしかめっ面 もっとニコニコしている方が良いし、西部女としては『彼女は二挺拳銃』の方が上かな あまりなじみのない俳優だが”グランパ”ジェームズ・バートンが良い味を出していた 撮影時はきちんと管理されていたのはもちろんわかるが、馬好きとしては馬がかわいそうになる映画
隠す
  
 
[163]不発弾 〜ブラックマネーを操る男〜
 はら黒木メイサくデジゴン2019-02-05
 【ネタバレ注意】
佐知子の思惑どおり古賀の仕事が終わりを向かえる。やはりWOWOWドラマ。 傷を負いながら生きるものの…レミゼラブルのように美談ではないね。
  
 
[164]邪魔者は殺せ
 ここまで女の執念を描いた英国映画はnoir fleak2019-02-05
 
珍しい。だいたいにおいて英国人は激しい恋愛で身を亡ぼすなんてのは嫌いな国民性だ。 彼女が神父に打ち明けて、一緒に死にたい(と、直接には言わないが)という時の場面が延・・・
続きを読む
珍しい。だいたいにおいて英国人は激しい恋愛で身を亡ぼすなんてのは嫌いな国民性だ。 彼女が神父に打ち明けて、一緒に死にたい(と、直接には言わないが)という時の場面が延々と続く理由が分かってくる。最後、自分から警察に二発撃ったのは、キリスト教が自殺を認めてないからだろう。だから討たれる事を望んだ。 がしかし、考えてみれば彼女はアイルランド人だ。イングランド人とは異質なのだろう。このあたりは日本人には分からない、、、 しかし警察に通報したがらない周りの人々の行動が実に面白い。 異色の傑作。
隠す
  
 
[165]マネー・ピット
 この頃のトム・ハンクス最高McQueeeeeN (Mail)2019-02-05
 
劇場で見て以来、33年ぶりの鑑賞。 この時代のトム・ハンクスはこういうドタバタコメディが上手くて、すべてが面白かった。 なんだか最近のトム・ハンクスはどれもアカデミー・・・
続きを読む
劇場で見て以来、33年ぶりの鑑賞。 この時代のトム・ハンクスはこういうドタバタコメディが上手くて、すべてが面白かった。 なんだか最近のトム・ハンクスはどれもアカデミー賞を念頭に出演しているようで、つまらなくなった。
隠す
  
 
[166]沈黙 -サイレンス-
 映画とは感じて考えることあーぼう2019-02-05
 
静かで長い映画だが、実に集中させられる作品。それは登場人物の葛藤を自分に置き換える時間でもあるからか。英語を話せる日本人が多いこと以外は日本文化の描かれ方にも違和感・・・
続きを読む
静かで長い映画だが、実に集中させられる作品。それは登場人物の葛藤を自分に置き換える時間でもあるからか。英語を話せる日本人が多いこと以外は日本文化の描かれ方にも違和感がなかった(それも映画という表現方法ゆえしかたなし)。俳優陣はみな熱演。スコセッシの底力をみた。
隠す
  
 
[167]インスタント沼
 なんらもな〜ここちち2019-02-05
 【ネタバレ注意】
このテのコメディ邦画は好きだけど、 なんかコレは、、、面白くないなw テンポはいいけど、 矢継ぎ早に繰り出されるギャグが ことごとく寒い。 役者が気の毒になるほど寒い・・・
続きを読む
このテのコメディ邦画は好きだけど、 なんかコレは、、、面白くないなw テンポはいいけど、 矢継ぎ早に繰り出されるギャグが ことごとく寒い。 役者が気の毒になるほど寒い。 観ているのがツラい。 こまめに休息を挟まないと観ていられない。 メインストーリー自体はそこまで 悪くはなかったけど。 あと、部長役の笹野高史と 住職役の海原はるかって 似てねーか?www 同じ監督の『イン・ザ・プール』は わりと面白かったのに、これはひでーな。 しかし松坂慶子は、少し太ったけど 綺麗だなー。
隠す
  
 
[168]の・ようなもの のようなもの
 いいねここちち2019-02-05
 【ネタバレ注意】
森田芳光監督が亡くなっていることを忘れており、 エンドロールで気づくまで森田芳光監督作品だと思って観ていた。 わりと普通の人情話になってはいるが 悪くない。
  
 
[169]バーニング 劇場版
 凄まじい作品黒美君彦2019-02-05
 【ネタバレ注意】
村上春樹については詳しく知らないのだが、彼の初期作品はどこか無機的な人間関係やそのくせおめおめとした男性主人公が多い、といったところが特徴的といえるだろうか。 さて・・・
続きを読む
村上春樹については詳しく知らないのだが、彼の初期作品はどこか無機的な人間関係やそのくせおめおめとした男性主人公が多い、といったところが特徴的といえるだろうか。 さて、そこで短編『納屋を焼く』の映画化である。イ・チャンドン監督は原作を大きく脚色し、村上春樹とはまた異なる謎を観る者に投げかけている。 映画では主人公イ・ジョンス(ユ・アイン)が街角で幼なじみのシン・ヘミ(チョン・ジョンソ)と再会する。小説家を目指しながらバイト生活を送るジョンスと整形してすっかり美しくなったヘミはあっという間にベッドイン。ある日ジョンスはヘミに、アフリカ旅行の間、彼女のネコの世話を頼まれる。そして半月後、ヘミは現地で知り合ったというベン(スティーブン・ユァン)とともに帰国してきた。そこから奇妙な三人の関係が始まる…というストーリー。ただ、イ・チャンドン監督は一筋縄ではいかない作品に仕上げている。 ヘミは冒頭いきなりジョンスに謎を投げかける。 原作にも出てくるパントマイム。…ミカンがあると思ったらダメ。ミカンが「ない」ことを「忘れる」の。「ある(存在する)」と「ない(存在しない)」の境界が、このひと言で用意周到に破壊される。 そして「リトルハンガー」(空腹の者)と「グレートハンガー」(人生に渇望する者)の話。ジョンスは幻惑されるばかりだ。 ヘミの部屋で彼女がジョンスに言う。「ジョンスは昔『お前本当にブスだな』と言った。たったひと言私にかけた言葉がそれ」。 しかしジョンスは覚えていない…。 このヘミを演じたチョン・ジョンソはこの作品のオーディションで選ばれた新人だというが、そのはすっぱな感じや大胆な演技が新人離れしている。 ジョンスとヘミの故郷であるパジュ(坡州)は、ソウルから車で1時間くらいの場所で、北朝鮮との軍事境界線に近い。ジョンスの実家からは、北朝鮮から韓国内に向けたスピーカーから流れるプロパガンダ放送が聞こえる。のどかな農村のごく目の前に休戦ラインがある「境界」に近い村。しかも過疎化が進み、ジョンスの実家も半ば崩れ落ちているかのようだ。 そして、ジョンスの前に現れた男ベン。ポルシェを乗り回している彼とともに帰国してから、ヘミはジョンスに興味を失ったかのように見える。彼の存在については様々な解釈があるようだけれど、それはおいといて。 突然ジョンスの実家にやってきて、縁側で大麻をやりながら過ごす三人のシーンがとにかくそこはかとなく美しい。 このシーンの存在だけでこの映画は私の中では高い評価につながる。テレンス・マリック監督作品でも多用される、薄明の光が黄昏の時を満たす“マジック・アワー”。そこでヘミは近所の井戸に落ち、助けてくれたのがジョンスだったと話す。 ベンは、ジョンスに向かって「僕はビニールハウスを焼くのが好きなんだ」と話す。「二か月おきぐらいに理由もなくビニールハウスを焼く」のだと。 唐突にマイルス・デイヴィスの『死刑台のエレベーター』が流れる。ヘミは立ち上がり、夕暮れの空に向けて踊り、上半身裸になってパントマイムを始める。手で作られた鳥が、夕焼けのなかを羽ばたく…。何と美しい一瞬か。 実はこのマイルス・デイヴィスは原作でも登場する。原作ではLPで彼の「エアジン」をかけることになっているが。 後半はヘミの「不在」がテーマになる。ジョンスは一切連絡が取れなくなったヘミを捜し続け、やがてベンが彼女の行方を知っているに違いないという妄想に近い思いを抱いて、彼のポルシェを追うようになる。 その思いは、彼女の飼っていた「不在」のネコと思しき“ボイル”がベンの部屋にいること、冒頭でヘミとジョンスが出逢うきっかけになった景品の安っぽいデジタル腕時計がベンの部屋にあったことから確信に変わる。 原作では男がいう「納屋を焼く」趣味が「女を殺す」ことを示すという解釈が広くあるが、ここでもそれらしき示唆がある。 そしてすべてはラストへとつながる…。 イ・チャンドン監督は「(現代の若者は)一見すると洗練されているように見えるのに、未来は見えず、不安である。どこかに問題はあるのに、それが何の問題かわからず、何と戦っていいのか分からない。だから若者は無気力になってしまい、怒りを感じているけれど、それを内面に秘めてしまう。そんな一面があるのではないでしょうか」(西森路代によるインタビュー「HUFFPOST」より)と語っている。ジョンスは何も持っていない自分と、資産家で恋人さえ奪っていくベンとのギャップに少しずつ壊れていく。ヘミは少なくとも自分の側にいるべき人間のはずなのにそれさえ奪っていく者への怒りと破壊的な暴力。 炎を上げて燃えるポルシェは、ジョンスにとっての「ビニールハウス」だ。 イ・チャンドン監督は、また大きな謎を観る者に投げかけている。凄まじい作品だ。
隠す
  
 
[170]インシディアス 序章
 安い死後の世界namurisu2019-02-05
 
24点のギブスガールのマンションには、仮装お化けがウロチョロ。肉弾戦の果てに舞い降りるマミー。霊媒師タンジーナの圧勝。
  
 
[171]チョットだけョ 全員集合!!
 天地真理の圧倒的な可愛さMcQueeeeeN (Mail)2019-02-05
 
お馴染みワンパターンのドリフ映画だが、ゲストで出て来る天地真理はこの時代 圧倒的に可愛かったな。。 小鹿ミキも好きだったな..。ドラマでよく見たけど、最近どうしているの・・・
  
 
[172]クレイジーラブ 狂熱の欲望
 共振HABBY2019-02-04
 【ネタバレ注意】
依存し合う関係。時に離れ、時に吸い付き。共に揺られながら歩んでゆく道程。
  
 
[173]リムジン LIMOUSINE
 高速で拘束プレイHABBY2019-02-04
 【ネタバレ注意】
シチュエーションスリラーの究極の形。同ジャンルの作品『コンプライアンス 服従の心理』や『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86 分』を観た時に近いギリギリした感覚を覚えた。
  
 
[174]おもいでの夏
 「幼い私たちは永遠に失われた」Odd Man2019-02-04
 
コーヒーは「ブラックで」から「お悔やみを」で大人になり男と女に成れたんだろね。転結へ抑えた筆致を主題名曲で3割増しにした出来栄え。大戦中背景なのは平穏なアメリカ本土・・・
続きを読む
コーヒーは「ブラックで」から「お悔やみを」で大人になり男と女に成れたんだろね。転結へ抑えた筆致を主題名曲で3割増しにした出来栄え。大戦中背景なのは平穏なアメリカ本土だからあくまで相手役傷心の遠因となるだけで、単に作者当時の時代感性を映すもの。
隠す
  
 
[175]希望のかなた
 一筋の光明ありHABBY2019-02-04
 【ネタバレ注意】
この監督の作品があまり得意でないのは、この監督が選ぶ女優がどちらかというと不美人が多いからなのかもしれない。ストーリーは今一番悩ましき命題である“移民、難民”に真っ向・・・
続きを読む
この監督の作品があまり得意でないのは、この監督が選ぶ女優がどちらかというと不美人が多いからなのかもしれない。ストーリーは今一番悩ましき命題である“移民、難民”に真っ向から立ち向かっていて、映画祭で高評価を受けざるを得ない作りとなっている。シリアはさしずめ「中東〜欧州における北朝鮮」かな。邦画も、なんらかの形で北朝鮮を描く構成にすれば世界的にアピールするのかも。
隠す
  
 
[176]ゲット・アライブ
 アーミッシュbond2019-02-04
 
まあまあだけど、主役がカッコよくない。
  
 
[177]虹の女神 Rainbow Song
 繊細さがいいねpumpkin2019-02-04
 
こういう映画は年寄りが口を出すべきものではないと知っていますが、良かったので一言だけ、いいねと言っておきます。
  
 
[178]ザ・ボルト -金庫強奪-
 フランチェスカHABBY2019-02-04
 【ネタバレ注意】
犯罪一味のリーダー役を演じるフランチェスカ・イーストウッドの存在感、ドスの利き方が半端ない。私生活でも破天荒キャラらしいが、さもありなんの風情。ストーリーの方はオカ・・・
続きを読む
犯罪一味のリーダー役を演じるフランチェスカ・イーストウッドの存在感、ドスの利き方が半端ない。私生活でも破天荒キャラらしいが、さもありなんの風情。ストーリーの方はオカルト風味と犯罪アクションの要素がなんだか中途半端に混ぜこぜになっており、互いの魅力を相殺しあってるような感覚。なんとも不思議な色合いだが、もう少しうまくアレンジしてれば総合点はもうちょい上がったような気がする。結果的にB級からは逸脱できてないかな。
隠す
  
 
[179]キャッスルロック
 儼乎HABBY2019-02-04
 【ネタバレ注意】
全10話。製作総指揮にスティーヴン・キングとJ・J・エイブラムスという、2大ヒットメーカーを迎えて仕掛ける、恐ろしくも魅惑的なダーク・ミステリー。『ツインピークス The R・・・
続きを読む
全10話。製作総指揮にスティーヴン・キングとJ・J・エイブラムスという、2大ヒットメーカーを迎えて仕掛ける、恐ろしくも魅惑的なダーク・ミステリー。『ツインピークス The Return』を鑑賞した時と同じくらいの緊張感。中盤までのだらだら間延びした展開に嫌な予感がしたが、並行世界の要素が登場する第8話以降物語にようやく起伏、立体感が見え始めワクワクし始める。荘厳な物語と、美精細なグラフィックは観ていてウットリするほど。犯人が判明(義父殺しは息子の仕業だった)し驚愕、緊張がマックスに到達したところで第1部、幕。「物語は出発点で終えるべし」。「27年周期」。きたる第2シーズンを楽しみに待つとしよう。 キングはこの物語で改めてキャッスルロックやショーシャンク刑務所という自作品に頻繁に登場するシンボル、“符号”に息を吹き込み、キング自身が打ち立ててきたアイデンティティを世に向けて披瀝したがっているのだと思う。そういう意味での集大成宣言、心して受け止めたい。
隠す
  
 
[180]愛の監獄
 ヤバいよヤバい!! ドギマギ感はないいまそのとき2019-02-04
 
☆☆★
  
 
前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION