allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[181]フォーリング スカイズ4
 人VSエイリアンズVSハイブリッドVS機械HABBY2017-11-08
 【ネタバレ注意】
全12話。前シーズンの最後で生まれた人間と宇宙人の合いの子(ハイブリッド)が高速で成長し大人の女性となり、今シーズンの主役的ポジションとなる(彼女を演じるのは『ハリ・・・・
続きを読む
全12話。前シーズンの最後で生まれた人間と宇宙人の合いの子(ハイブリッド)が高速で成長し大人の女性となり、今シーズンの主役的ポジションとなる(彼女を演じるのは『ハリ・ポタ』シリーズにも出演した英女優スカーレット・バーンズ)。基本的に人VSエイリアンという構図を通してファミリーの共闘、成長を描くヒューマンドラマだが、スピルバーグらしい宇宙人描写が随所に見られるのが本作品の肝かな。最終話のエンディングで主人公の男がまた別の種族のエイリアンに救出され、最終第5シーズンはさらなる波乱と人情ドラマに包まれることとなりそうだ。
隠す
  
 
[182]恐怖の魔力/メドゥーサ・タッチ
 オカルトとディザスターのいいとこ取りリベルタド!!2017-11-08
 【ネタバレ注意】
1970年代には「オーメン」「キャリー」といったオカルトブームがあった。 一方で「タワーリング・インフェルノ」「大空港」「ポセイドンアドベンチャー」といったパニック映画・・・
続きを読む
1970年代には「オーメン」「キャリー」といったオカルトブームがあった。 一方で「タワーリング・インフェルノ」「大空港」「ポセイドンアドベンチャー」といったパニック映画、今で言うところのディザスタームービーも超大作として量産されていた。この作品は、そんな二大要素を完璧に融合した傑作! しかも!さらに、犯人探しといったミステリー要素も組み込まれ、面白さは3倍に! 「LOST」的なフラッシュバックな編集も、先取り感がある。隠れた名作!
隠す
  
 
[183]ゴッホ 最期の手紙
 一見の価値はある黒美君彦2017-11-08
 【ネタバレ注意】
天才画家フィンセント・ファン・ゴッホ(1853〜90)は、最愛の弟テオに向けて「われわれは自分たちの絵に語らせることしかできないのだ」と手紙で書いている。ならばゴッホの絵・・・
続きを読む
天才画家フィンセント・ファン・ゴッホ(1853〜90)は、最愛の弟テオに向けて「われわれは自分たちの絵に語らせることしかできないのだ」と手紙で書いている。ならばゴッホの絵に語らせようと、この映画は作られたというが、それにしてもとんでもないことを考えついたものだ。 まず、ゴッホ作品の肖像画に似た俳優たちの演技を撮影。セットや合成CGもゴッホの絵画作品に似せた。そしてその映像を特殊な装置でキャンバスに投影し、ゴッホの筆致を学んだ画家たちが一枚一枚油絵にしていったのだという。 関わった画家は125人。公募され5千人が名乗りを上げたという。日本からも兵庫県の古賀陽子氏が参加したのだとか。1秒12コマで撮影した油絵の総数は、実に62,450枚に達するという。 物語は、銃で自らの腹部を撃って自殺したとされるゴッホの死の真相に迫る。郵便配達員の父ジョゼフ・ルーラン(クリス・オダウド/声:イッセー尾形)からゴッホ(ロベルト・グラチーク/声:三宅健太)の最期の手紙を託されたアルマン(ダグラス・ブース/声:山田孝之)が、画材商のタンギー爺さん(ジョン・セッションズ/声:鈴木清信)や宿屋のアドリアーヌ・ラヴー/声:冬馬由美)、医師のポール・ガシェ(ジェローム・フリン/声:村治学)らからゴッホの実像に迫っていくという展開。 正直油絵アニメの質感、ゴッホの筆致になかなか目が慣れず、圧倒的な迫力は感じられるもののそのせいでドラマの流れからは置いてきぼりにされてしまった感がある。さらにモノクロで描かれる回想シーンは明らかにゴッホの筆致ではない(もっとも色彩に特徴のあるゴッホにモノクロはあり得ないともいえるが)。 このシーンは、ゴッホのあの作品だな、とか、そちらに気持ちが走ってしまうと、物語はどうでも良くなってしまうのかも知れない。その意味ではヘンに物語などを設定せず、作品世界にもっとどっぷり浸れるような構成もあり得たのではないかと思ってしまうのだ。 油絵アニメの驚きも、3D映画の驚きに似ているかも知れない、初めはとにかく圧倒されるが、やがて慣れてしまう。人間の感覚は鈍麻を前提にしている。 「世界初、前編が動く油絵」という惹句もうーん、どう? というのもハンガリーのアニメ作家ヨゼフ・ギーメシュの『英・雄・時・代』(1984)も確か全編油絵による作品だったと記憶しているからだ。 いずれにせよ大変な労力がかけられたアニメ作品であることは間違いない。一見の価値は十分ある。
隠す
  
 
[184]タイガー・ハウス
 なかなかの、でたらめ脚本namurisu2017-11-08
 
ベッドの下、バスタブの上、天井の裏、階段の手すり、瓦屋根の上、の美人カヤちゃんに、1☆。
  
 
[185]Ryuichi Sakamoto: CODA
 津波ピアノ黒美君彦2017-11-08
 【ネタバレ注意】
かつて坂本龍一はサブカルの旗手であり、羨望とある種の嫉妬の眼差しの対象であった。そんな彼のこれまでと現在を追ったドキュメンタリー映画。 冒頭彼は、名取市で津波に呑ま・・・
続きを読む
かつて坂本龍一はサブカルの旗手であり、羨望とある種の嫉妬の眼差しの対象であった。そんな彼のこれまでと現在を追ったドキュメンタリー映画。 冒頭彼は、名取市で津波に呑まれたピアノと向き合う。調律も狂ってしまったピアノを愛しそうに奏でる坂本龍一。 テクノポップの台頭とともに世界的にその名を知らしめたYMO時代の「尖った」坂本も紹介される。「何十年も苦労して練習しなくても、プログラムすれば幾らでも速いピアノ演奏が可能だ」といった坂本の言葉は、いかにも若者らしい不遜さと傲岸さに満ち満ちている。 役者としても出演した『戦場のメリークリスマス』、『ラストエンペラー』『シェルタリングスカイ』といったベルトリッチ作品での映画音楽を手がけ、作曲家としての地位を不動のものとした90年代。 しかしその後NYで9.11を目の当たりにし、東日本大震災を目撃し、さらに自身も中咽頭がんが見つかって休養を余儀なくされる。 テクノポップで売り出した彼が、今は、北極圏やケニアを訪ね、「原初の音」を探し求める。 津波に呑まれたいわゆる「津波ピアノ」の音に、彼は“大自然に呑まれた人工的な楽器”の音色を聴く。 若い頃の彼は尖っていたが、今はもう尖る理由もないとでもいうように、電子音ではなく、ゆらぐ音を目を細めて聴く。 環境問題や政治問題にもコミットし始めた彼は、最早失うものはない、と意識しているかのようだ。 文明の意味を考え、人類という「種」の意味を考え、彼はこれまで紡がれてきた数々の音楽に尊敬の眼差しを向け、自らの音を探す。 闘病を経て、有限な時間を意識した坂本龍一の新たなステージか幕を開けつつある…そんなことを感じさせるドキュメンタリー作品となっている。 見応えがあった。
隠す
  
 
[186]チョーズン:選択の行方 (シーズン3)
 やらねばやられるHABBY2017-11-08
 【ネタバレ注意】
全6話。基本的な世界観は前2シーズンとも同じ。やるかやられるか、互いの拳銃を使っての壮絶な生き残り戦。ある意味今の銃社会アメリカの闇を浮き上がらせる作品だと思う。最・・・
続きを読む
全6話。基本的な世界観は前2シーズンとも同じ。やるかやられるか、互いの拳銃を使っての壮絶な生き残り戦。ある意味今の銃社会アメリカの闇を浮き上がらせる作品だと思う。最後、少女を取るか目の前の美女を取るか、究極の二者択一で幕。まあ美しいと言えば美しい閉じ方だ。本来第4シーズンに繋がるはずが、大人の事情でシーズン継続ならずとなったようで、結果的に尻切れとんぼ気味になったのはもったいない。このドラマを見ながら倫理学・哲学の1テーマである「トロッコ問題」のことが頭をよぎった。
隠す
  
 
[187]シャークネード カテゴリー2
 おバカ映画mudadoll2017-11-08
 
元がTV用なので、合成が目立つのはしょうがない。 むしろ後半、人間側の反撃シーンがバカバカし過ぎて、かえって楽しめた。
  
 
[188]鐘の鳴る丘 第三篇 クロの巻
 どうしようもない大人たちnabeさん2017-11-08
 
人気ラジオドラマの劇場版第3作である。 修平の孤児院もなんとか軌道に乗り、孤児たちも問題を起こさずに仲良く生活している。またリーダーの隆太が母のもとへ去り、新たにク・・・
続きを読む
人気ラジオドラマの劇場版第3作である。 修平の孤児院もなんとか軌道に乗り、孤児たちも問題を起こさずに仲良く生活している。またリーダーの隆太が母のもとへ去り、新たにクロというひねくれた孤児が加わるが、彼も次第に心を開きリーダーになってゆく。このあたりの展開は、ストーリーが読めてはいてもやはり泣かせるシーンの連続だ。それに対して、せっかく頑張っている孤児院を地元のゴロツキが嫌がらせをして邪魔したり、隆太をだまして食い扶持に引き取る母親が登場したりと、悪役はすべて大人たちであるのが悲しい。 先生役の並木路子が美しい歌声を披露している。テーマ曲の「とんがり帽子」もイイ感じだ。
隠す
  
 
[189]IT/イット “それ”が見えたら、終わり。
 ルーザーズクラブ、心を一つにタミー (Mail)2017-11-07
 
ピエロは怖くありませんし、という人にも安心。ITはターゲットのトラウマを具現化して襲い掛かってくるので変幻自在の七変化で楽しませてくれる。 もちろん新しい姿のペニーワ・・・
続きを読む
ピエロは怖くありませんし、という人にも安心。ITはターゲットのトラウマを具現化して襲い掛かってくるので変幻自在の七変化で楽しませてくれる。 もちろん新しい姿のペニーワイズもある時は不気味で、ある時は可笑しく、そしてやられ役としても最高だ。 そしてなにより本作は少年少女の冒険譚として至高の出来だ。 七人の少年少女のトラウマとコンプレックス(あるものは親近感を覚えさせるものであったり、あるものは壮絶なものであったりと様々)を描き、彼らの中で起こる恋愛(三角関係!)も描く。 息苦しく退屈で、しかし一生モノの宝になるような瞬間があった子供時代を見事に再現している。 語るべきところが多く存在する物語は長尺だが無駄はない。普遍的な恐怖からノスタルジーまで本作の中に存在する多くの要素は詰め込み過ぎとなってしまいそうだが、この多面的な話をまるで一筆書きで表現するような脚本はパーフェクトに近い出来。 さあチャプター2「大人編」、どうなるか。
隠す
  
 
[190]バイロケーション
 5段階評価の2・5さとせ2017-11-07
 
スーパーでの買物で店員から偽札容疑で呼び止められた高村。 身に覚えの無い高村だが店員から見せられた防犯VTRで10分前に買物をしている自分の姿を確認させられる。 刑事の加・・・
続きを読む
スーパーでの買物で店員から偽札容疑で呼び止められた高村。 身に覚えの無い高村だが店員から見せられた防犯VTRで10分前に買物をしている自分の姿を確認させられる。 刑事の加納はある場所へ高村を連れて行くがそこで説明されたのがバイロケーション。 自分と同じ姿ながら凶暴な性格を持つもう1人の自分が必ず自分を殺しに来ると言うが・・・。 水川あさみ久々のホラー。 雰囲気も良くて見入ってしまい、特に水川が偽物の加納から呼び止められボコられるシーンは鳥肌モノ。 難点と言うか120分と長いランタイムが冗長に感じるし、裏ヴァージョンは特に衝撃とかいう程のものでは無い。 エンドクレジットのミュージックや其々のトレーラーを作成する拘りは流石、安里麻里監督! DVDでの鑑賞だが画質も良く5.1chも臨場感を発揮している。 原作「バイロケーション」(法条遥・角川ホラー文庫・評価3・5)は当然ながら映画を更に詳細にして残酷シーンもあり、必読の書。 映画は原作を簡略化しているが大事な点は押さえており此れは〇。
隠す
  
 
[191]どら平太
 不出来イドの怪物 (Mail)2017-11-07
 
これだけの大物映画人の名前を配して、この出来はないでしょう。 TV放映がピッタリの作品。 ユーモアが黒澤作品なんかにチラっと見せるそれではなくて関西漫才の様なあざとさ。・・・
続きを読む
これだけの大物映画人の名前を配して、この出来はないでしょう。 TV放映がピッタリの作品。 ユーモアが黒澤作品なんかにチラっと見せるそれではなくて関西漫才の様なあざとさ。 役者陣も演技も小粒で映画館には似合わない。 期待が大きかっただけに少々辛口になってしまった。
隠す
  
 
[192]シンクロナイズドモンスター
 無意味こそ宝mototencho2017-11-07
 
作品にナニが込められているか?など一切考えずに、ゲラゲラ笑えるアホらしさ。設定もユルユルなんだけど、こういう無意味さこそ娯楽には不可欠。
  
 
[193]ブレードランナー 2049
 見出すmototencho2017-11-07
 
空飛ぶ車は今や若者に笑われてしまう、もはや古典SF。哲学的なテーマは継続で、人によっては面白く、人によってはチンプンカンプン。娯楽としてはあるまじき体裁ながら、“見出・・・
続きを読む
空飛ぶ車は今や若者に笑われてしまう、もはや古典SF。哲学的なテーマは継続で、人によっては面白く、人によってはチンプンカンプン。娯楽としてはあるまじき体裁ながら、“見出す作品”として、やはり何度も見直す必要があるのかもしれない。
隠す
  
 
[194]君の名は。
 鼓動と息吹、赤い組紐HABBY2017-11-07
 【ネタバレ注意】
新海作品がこれまでの作品で一大テーマとして描いてきた互いの「距離感」と「想い」。過去作で披露されてきた「夢と現実の距離」、「都会と地方、あるいは宇宙と地上。物理的距・・・
続きを読む
新海作品がこれまでの作品で一大テーマとして描いてきた互いの「距離感」と「想い」。過去作で披露されてきた「夢と現実の距離」、「都会と地方、あるいは宇宙と地上。物理的距離」、「男と女、理解し合えそうでなかなか理解し合えない異性という距離」等が本作では上手いことミックスされて描写されていて、そこに加えて「過去と現実、相交われぬ時空的距離」が重要な要素として機能、何か雄大なものを見せられている気にさせられるSFファンタジー作品に仕上がったという印象。 畳に布団、味噌汁に目玉焼き、伝統の組紐織り、お祭り(口噛み酒という風習は初めて知った)、鳥居、道端に生える草花、高層ビルや鉄道駅の巨大ターミナルなど都会の喧騒と自然に溢れた田舎ののどかさとの対照性、ゆるキャラ、男女共学の学園風景etc。クールジャパンを体現する場面が随所で描写されていて、この作品を見て日本に行きたいと思った人間も多いことだろう。瀧が三葉に会いに行く駅のモデルとなった飛騨古川駅は国内外のファンによる訪問が途絶えないと聞く。そういう意味で、新海監督は本作で「世界の新海」へと成長を遂げたことになるのだと思う。 彗星による大災害〜避難を呼びかける防災無線のこだまは3・11の隠喩かな。監督自身「本作は3・11以後に作られた(2本目の)作品」である旨公言しておられたので、そういう想いもこのシチュエーションに滲み出ているのかなと感じた。 映像美は過去作に比べ順調にステップアップしており、3年の時空を飛び越えて飛翔、回想シーンは手塚治虫の『火の鳥』を、また彗星が地上に舞うシーンは板野一郎の『マクロス』的雰囲気を感じたりも。 RADWIMPSの音楽、詩世界は実に瑞々しく耳に飛び込んできた。新海ワールドとのコラボという意味で彼らは最大限の成功を収めたことになるのだろう(2020年東京五輪ではX JAPANやBABYMETAL、きゃりーぱみゅぱみゅ、ONE OK ROCKといった世界的バンド/アーティストがパフォーマンスすると思っていたが、RADWIMPSも有力候補に入ってきたかな)。 これまでの作品ではガラケーに拘っているようなところがあったが、本作では初めて(?)スマホが前面に押し出され、カメラ機能やLINEでの対話、地図機能など、今風の生活スタイルが描写されている。ちょっとした驚きであった。 音楽の世界などでもそうだが、バカ売れした次の作品を創作するのは非常に難しいようだ。漏れ伝わる発言を聴く限り、新海監督はまたガラッとイメチェンして違うジャンルで勝負してくる(『君の名は。』パート2は作らない)ようにも思うが、いずれにしろ小さくないプレッシャーの中彼がどういった作品を産み出してくれるのか楽しみである。 p・s・ ハリウッドリメイク、嫌な予感がする人間が少なくないようで。たしかにこの随所に漂うクールジャパン的雰囲気を完全に崩さずに移植するのは無理かも。組紐や口噛み酒による発酵など本作の肝となる部分がどのように踏襲されるのか、あるいはアメリカナイズされて完全に姿形を変えるのか、キャスティングも含めて比較するのも楽しみ。
隠す
  
 
[195]ブレードランナー 2049
 雪、ラストのあの曲にジーンとした・・・イエガー2017-11-06
 
30年以上前に観て、新しいバージョンがでるたびに観てた人には痺れるね!。ライアン・ゴスリング良いね、ラブをやった子も良かったよ。ゆったりしたテンポも良いね、多少、長い・・・
続きを読む
30年以上前に観て、新しいバージョンがでるたびに観てた人には痺れるね!。ライアン・ゴスリング良いね、ラブをやった子も良かったよ。ゆったりしたテンポも良いね、多少、長いけど・・・(笑)。当時のショーン・ヤングそっくりさんを出すのはどうなんだろ?と思ったけど、ラストにジーンとしたのは、やっぱこの映画と30年以上つきあってきたからなんだろうね。
隠す
  
 
[196]AVP2 エイリアンズVS. プレデター
 なんだかなぁspqc2y292017-11-06
 
妊婦、子供関係なく殺しまくる鬼畜さは、見ていて気持ちいいものではない。上映時間が短いのが救い。
  
 
[197]バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍
 ロシア女のど根性bond2017-11-06
 
そういう訳だったのか。ロシア女ってやっぱ、根底が強い。
  
 
[198]秋のソナタ
 こんな母娘はいない、と言う方がnoir fleak2017-11-06
 
いるのには驚く。世の中、いくらでもいるだろう。ただし99%のそういう母娘は口に出して、この映画のような会話をすることはないだろう。皆、「親子の絆」という抽象的な言葉・・・
続きを読む
いるのには驚く。世の中、いくらでもいるだろう。ただし99%のそういう母娘は口に出して、この映画のような会話をすることはないだろう。皆、「親子の絆」という抽象的な言葉の中に、一切の感情をあえて掘り起こすことなく死んでいくだろう。 バーグマン演ずる母親がいかにも自由奔放、家庭をかえりみない悪女のように描かれているが、実際には、娘のリブウルマンも難病の妹も、そして優しいウルマンの夫も、皆母親を赦している。そこにベルイマン監督の愛、いや、キリスト教の愛がある。 名作。映画のジャンルを超えている。
隠す
  
 
[199]言の葉の庭
 アメンボのダンスHABBY2017-11-06
 【ネタバレ注意】
『新海の初めての「恋」の物語』ということで、たしかに今までの作品に比べると一歩進んだ大人の恋模様が描かれているようだ。ただ、いかんせん男の方が15歳の学生という設定の・・・
続きを読む
『新海の初めての「恋」の物語』ということで、たしかに今までの作品に比べると一歩進んだ大人の恋模様が描かれているようだ。ただ、いかんせん男の方が15歳の学生という設定のため恋模様はうまく進展しない。この辺りも含めてプラトニックな恋心を描く新海ワールドは健在といったところか。彼が生々しい大人の恋を描く姿を一度見てみたいが、反面そういうのは見たくない気もするなあ(笑)。 雨がテーマであったり、美しい短歌の詠み合いが描かれていたり、都会の雑踏、喧騒をうまくアクセントとして使っていたり、そういう視覚的な繊細さ、美しさはまさに新海流のもの。絵の質感の高さも含めて素直に感服。
隠す
  
 
[200]マイティ・ソー バトルロイヤル
 エッチだジャポニカ学習帳2017-11-06
 
これストーリーは最後逃げたしバッドエンドだよな、強さ→炎のでかいやつ>女神ヘラ>ハルク>ソーでよろしいかな?主人公の立場無しだが。 まぁケイト ブランシェットがエロか・・・
続きを読む
これストーリーは最後逃げたしバッドエンドだよな、強さ→炎のでかいやつ>女神ヘラ>ハルク>ソーでよろしいかな?主人公の立場無しだが。 まぁケイト ブランシェットがエロかったしまぁいいか
隠す
  
 
[201]地方記者・立花陽介(1) 伊豆下田通信局
 金魚を一匹突き殺す黒美君彦2017-11-06
 【ネタバレ注意】
<あらすじ>東洋新聞記者の立花陽介(水谷豊)は、児童書の編集者の久美(森口瑤子)と結婚した途端、下田通信局への異動を命じられる。到着早々「いな 金魚を一匹突き殺す」・・・
続きを読む
<あらすじ>東洋新聞記者の立花陽介(水谷豊)は、児童書の編集者の久美(森口瑤子)と結婚した途端、下田通信局への異動を命じられる。到着早々「いな 金魚を一匹突き殺す」と書かれた紙片から水口商店の福本修造の他殺体に遭遇した陽介は修善寺警察の伊沢刑事(井川比佐志)に食い下がりつつ、取材を進める。陽介はわさび沢で水口健社長(高橋長英)や、取引先の塚本食品社長の塚本のぶ子(佐々木すみ江)らと会い、福本が戦後間もない頃、浮浪児だったことを知る。さらに塚本食品の多木川開発部長の他殺体も見つかる…。 昔懐かし「火曜サスペンス劇場」の「地方記者・立花陽介シリーズ」の記念すべき第一作。 1993年5月の放送かあ。もっと前かと思っていた。当時40歳の水谷豊、26歳の森口瑤子、どちらも若いなあ。 物語のキーワード「いな 金魚を一匹突き殺す」が、編集者で絵本作家でもある森口瑤子が「白秋ね」とズバット言い当てる辺り、単なる飾りではないヒロインの登場を示していて好感が持てる。 そもそもこの北原白秋が童謡集「トンボの眼玉」に収めた「金魚」という詩はかなり異質だ。 「母さん、母さん、どこへ行た。/紅い金魚と遊びませう。/母さん、歸らぬ、さびしいな。/金魚を一匹突き殺す。/まだまだ、歸らぬ、くやしいな。/金魚をニ匹締め殺す。/なぜなぜ、歸らぬ、ひもじいな。/金魚を三匹捩ぢ殺す。/涙がこぼれる、日は暮れる。/紅い金魚も死ぬ死ぬ。/母さん怖いよ、眼が光る。/ピカピカ、金魚の眼が光る。」 脚本の岡本克己はこの詩と、過去と現在を結ぶ殺人事件の糸を結びつける。まるで金田一耕助シリーズのように。 つまり戦後浮浪児だった健は、塚本のぶ子の実子であり、彼は母を襲った男を殺害し浮浪児となったのだった。同じ浮浪児には福本もいて、彼は健が「人を殺したことがある」と「金魚」の詩にかこつけて語ったことを覚えていた。そこに東京葛飾区で古い白骨の他殺体が見つかり、それが健が殺した男の遺骸であると直感した福本は東京に向かって確認。脅された健が福本を殺害。さらにそのことを知った多木川も健が殺害したが、その場面を実母であるのぶ子が目撃した…というややこしいお話。 それを白秋の詩をしのばせてサスペンス調にするのだから大したものだ。 この頃戦後48年。まだ戦中戦後が身近な時代だったともいえる。
隠す
  
 
[202]春の夢
 故郷酒場黒美君彦2017-11-06
 【ネタバレ注意】
<あらすじ>街をうろつくチンピラ、イクチュン(ヤン・イクチュン)、北朝鮮出身で仕事をクビになったジョンボム(パク・ジョンボム)、実家は金があるがてんかん持ちのジョン・・・
続きを読む
<あらすじ>街をうろつくチンピラ、イクチュン(ヤン・イクチュン)、北朝鮮出身で仕事をクビになったジョンボム(パク・ジョンボム)、実家は金があるがてんかん持ちのジョンビン(ユン・ジョンビン)。3人の男たちは、イェリ(ハン・イェリ)が仕切るテント式の居酒屋「故郷酒場」で毎日くだを巻く。イェリは寝たきりの父親(イ・ジュンドン)を看病していた…。 殆どがモノクロで、役名と役者の名前が同じという異色作。しかもだらだらした日常を送るこの三人の男たちは、いずれも映画監督としてもその名を知られている。そして彼らを掌で転がすミューズのハン・イェリ。彼女もまたちっとも目を瞠るような美人、というわけではないのだが、演技派として知られる俳優である。 タイトル通り、どこからどこまでが夢なのか判然としない不思議な世界が紡がれる。 ハン・イェリに恋するサッカーボールをいつも蹴っているレズビアンの少女(イ・ジュヨン)や、意識はないはずなのに時々言葉をはっきり発する(ように聞こえるだけ?の)イェリの父親。 イクチュンはヤクザからも相手にされず(兄貴の親の葬式で馬鹿笑いしたのがきっかけらしい)、ジョンボムは躁鬱病で、美人の恋人(何とシン・ミナ)は男(キム・テフン!)米国に行ってしまう。頼りないジョンビンはイェリの胸に触りたいと熱望している…。 ラスト近くでのイェリの踊りも美しかった。 しかもシン・ミナ、キム・テフン、ユ・ヨンソク(イェリが待ち受けにしている男)といった特別出演の面々も豪華。 何が起こるわけではない、でも生き続ける男たちと女たち。 不思議な魅力に溢れた作品だ。
隠す
  
 
[203]パピヨン
 自由への渇望黒美君彦2017-11-06
 【ネタバレ注意】
数十年ぶりに再見。 ラストの断崖絶壁から飛び降りるシーンが記憶に刻まれていたが、改めて観るとこの作品は「自由」こそが人生の最大目的であり、「自由への渇望」を映像化し・・・
続きを読む
数十年ぶりに再見。 ラストの断崖絶壁から飛び降りるシーンが記憶に刻まれていたが、改めて観るとこの作品は「自由」こそが人生の最大目的であり、「自由への渇望」を映像化したのだ、と見えた。脚本にダルトン・トランボが名を連ねているのだから、当然といえるかもしれない。原作はアンリ・シャリエール(1906〜73)の実体験に基づくというから、とんでもない話なのだけど。 パピヨンを演じたスティーヴ・マックィーンの最高傑作といわれるのも理解できる。 虫を食べてでも生き抜こうとするパピヨンの生への執着が凄まじい。そしていつしか友情が芽生えるルイ・ドガ(ダスティン・ホフマン)の飄々とした感じも好ましい。 ある種パピヨンの冒険譚ともなっているこの作品、何度でも脱走を試み、その結果捕らえられてはより厳しい制裁を受けるのだが、それでも彼は脱走を諦めない。 南米ギアナのサン・ローラン刑務所から脱出、ハンセン病患者が住むピジョン島へとたどり着く。時代背景としてはまだハンセン病が感染症と信じられていた頃だ。だが、何ら差別的な態度を見せなかった彼に、患者たちのリーダーはボートはおろか金までも渡す。 何とかホンジュラスに辿りつくパピヨンにとって、逃亡の挙句流れ着いた先住民たちの集落は、まるでゴーギャンにとってのタヒチのようなパラダイスだった。しかしある日、先住民たちは突然姿を消す…。 結局パピヨンは修道院の裏切りで刑務所に逆戻りすることになるのだが、結局彼が信じたのは(あるいは信じられたのは)、ハンセン病であったり先住民であったりする。そこには国家による管理は行き届いていない。一方宗教的な救いを旨とするはずの修道院は、金だけは受け取ってさっさと通報するのだ。 つまりここに描かれている自由とは、国家による束縛からの脱出を意味しているのだ。 国家による束縛は、伴う制約にさえ我慢できれば意外に居心地は悪くない。ドガはそのことに気づき、パピヨンと道を分かつことになる。 ジェリー・ゴールドスミスの主題曲も印象的だ。やはり傑作の名に相応しい作品だ。
隠す
  
 
[204]ブレードランナー ファイナル・カット
 ゆらぎ黒美君彦2017-11-06
 【ネタバレ注意】
この作品についてはすでにあらゆる角度から論じられているので、改めて語る資格などないのだけれど、ヴァンゲリスの音楽に誘われて改めて「ファイナルカット版」を観た。 沈鬱・・・
続きを読む
この作品についてはすでにあらゆる角度から論じられているので、改めて語る資格などないのだけれど、ヴァンゲリスの音楽に誘われて改めて「ファイナルカット版」を観た。 沈鬱な近未来都市の年代に実際に近づいて、いろいろな思いもある。アジア系をはじめとするメルティングポット状態の街は、インバウンドでさまざまな言葉が飛び交う都市を意識させるし、姿こそ見えないが、AIは確実に電脳空間を支配しつつある。 そんなダークな近未来都市のデザインは雑多であり、雨が降り続けている。 そして限られた寿命を与えられたレプリカントの悲しみがそこに重なる。 SFアクションのはずが、思索的な余韻を残す作品に仕上がったのは、ジョーダン・クローネンウェスのカメラによるところも大きい。陰影を多用し、その場の空気感を光と影で仕上げている。 台詞が説明的でないので、うかうかしていると筋が捉えられなくなってしまいそうだが、その結果さまざまな解釈も生まれる余地ができた。 何せ1982年版をもとに5種類もの「ブレードランナー」が存在するのだが、この2007年版の“ファイナルカット”が最も信頼?できるバージョンと言ってよさそうだ。 デッカードの夢も記憶も移植されたものではないか、つまり彼もまたレプリカントではないのかという前提で観ればロイ・バッティ(ルトガー・ハウアー)がデッカードを最後に助けるところも説明可能だ。ただ「そうかもしれない」という「ゆらぎ」こそが、この作品の狙いのようにも思える。 完全無比な美女レイチェル(ショーン・ヤング)の悲しみ、ロイの怒り、人間とは何か、人間もどきと何が異なるのか、そんなことを繰り返し問いかけてくる作品である。
隠す
  
 
[205]博士と彼女のセオリー
 宇宙とは?夫婦とは?の謎namurisu2017-11-06
 
境界なき全て、美しい時間。不運な人生にも、やれることはある。
  
 
[206]ダーケストアワー 消滅
 テレビドラマコーナーに置けnamurisu2017-11-06
 
空っぽの街をぶらぶら歩くだけでいいのに。
  
 
[207]ハウルの動く城
 HDによって、さらに美しい世界namurisu2017-11-06
 
ややこしい家族の、日常。
  
 
[208]星を追う子ども
 星になったあの人を想いつつ今を生きるべしHABBY2017-11-06
 【ネタバレ注意】
新海監督がある程度自覚してジブリ・リスペクトした作品。宮崎駿の世界観と比較すると…という声があるようだが、これはこれで命の灯火の美しさ有難さを伝える優れたファンタジ・・・
続きを読む
新海監督がある程度自覚してジブリ・リスペクトした作品。宮崎駿の世界観と比較すると…という声があるようだが、これはこれで命の灯火の美しさ有難さを伝える優れたファンタジー世界だと思う。少年少女向け、情操教育用作品と言ったところか。 実写とアニメという違いこそあれ、話の奥行きとしては少なくとも『インディージョーンズ』や『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』、『ダ・ヴィンチ・コード』と言ったハリウッド系のSF作品と同レヴェルの厚みは携えているように感じた。 物語の核心部分をもう少し丁寧に、抑揚をつけて描いても良かったかな。夷族(イゾク)との関係(出逢いと別れ)や生死の門でのラストシーンなど淡々と描かれ過ぎていて、初見だと(予備知識無しだと)全貌を理解できないまま通過してしまいそう。自分はウィキであらすじを追いながら観たため理解できましたが。
隠す
  
 
[209]秒速5センチメートル
 見定められぬ互いの距離HABBY2017-11-06
 【ネタバレ注意】
3話構成の物語。実質的な主人公である遠野 貴樹という恋愛に奥手で受動的な少年(青年)は新海監督の自己投影なのかそうでないのか、妙に気になった。3話目にて都会で何かに・・・
続きを読む
3話構成の物語。実質的な主人公である遠野 貴樹という恋愛に奥手で受動的な少年(青年)は新海監督の自己投影なのかそうでないのか、妙に気になった。3話目にて都会で何かに追われるように盲目的に働くサラリーマンの描写があるので、なんとなく(私小説ならぬ)私アニメという風に受け取ったが(違ってたらめんご)。 1話1話の物語は成就しきれない恋愛というテーマで通底していてなんだか切ない。1話目と3話目(の登場人物)が繋がっているところが面白い。特段目を見張るミラクルが起こるわけではないが、この手のプラトニックな恋模様が好きな方にはアピールするかも。いちばん印象的だったのは1話目の接吻場面かな。個人的には映像美の方に惹かれました。デジタルアニメってすごいんだな。 1話目、2話目で「秒速5センチ(桜の花びらが舞い落ちる速度)」、「時速5キロ(ロケットを種子島宇宙センターまで慎重に輸送する速度」と印象に残る記述がそれぞれあるんだから、3話目にも似たエピソードを散りばめればよかったのに。いや、「互いの心の距離は1センチも縮まりませんでした」という部分がそれなのかな。だとしたらなんとも切ない。 互いが望み合うように通じ合うのって難しいんだな。理論物理好きの新海監督は、この作品の着想をハイゼンベルクの不確定性原理から獲得したのではないかな、などという妄想。
隠す
  
 
[210]シー・サバイバー
 ロシア特殊部隊bond2017-11-06
 
ロシア版、テロリスト海賊退治。まあまあ観れる。
  
 
前へ 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION