allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[181]生活の設計
 ミリアムホプキンスルーテツ2017-11-10
 【ネタバレ注意】
30年代の彼女は『バーバリーコースト』の妖婦役しか知らなかったので、ケラケラ笑いながらコメディエンヌしているのに驚いた こんな感じもできるのか というかこっちが主戦場な・・・
続きを読む
30年代の彼女は『バーバリーコースト』の妖婦役しか知らなかったので、ケラケラ笑いながらコメディエンヌしているのに驚いた こんな感じもできるのか というかこっちが主戦場なのか? キレイというより本作ではかわいかった 冒頭、マーチとクーパーとホプキンスがフランス語で話し始める 一瞬「吹き替え間違えた?」と思った、何とも粋な導入である その後の展開も、上記の三角関係にエドワード・E・ホートンが絡んでくれば面白くないはずがない 残念なのは、後半の「20の扉」というゲーム?遊び?が良くわからずついていけなかったことかな 実際日本語訳ではわからないような言葉遊びがいろいろあるのだろうけど、そこ以外は楽しく観られた ミリアム・ホプキンスの知らなかった魅力に出会えた作品 他の作品も探そう
隠す
  
 
[182]アウトロー 強奪者
 身を呈してのギャンブルHABBY2017-11-10
 【ネタバレ注意】
実話なのでそこそこリアリティあり。兄弟愛、破滅の美学ってか。俺っち度胸ないのでイマイチわからない世界だ。
  
 
[183]テキサスSWAT
 B級エンターテイメントbond2017-11-10
 
マカロニウェスタン調で進むB級アクション。ある意味夢の対決だが、ラストの格闘は殺陣見え見えでお約束パターン。
  
 
[184]キル・コマンド
 我、ヒューマンビーイング也HABBY2017-11-10
 【ネタバレ注意】
紅一点、ヴァネッサ・カービーの存在感。人VSロボットというホットな命題だが、B級作品ゆえさほど深くは掘り下げられず。
  
 
[185]ゴースト・マシーン
 風変わりなホラーHABBY2017-11-09
 【ネタバレ注意】
ロシアン・カルト・ホラー。B級だが唯一無二の奇天烈さがあり、なんとも言えぬ後味が残る。カーアクション、ファンタジー、ロマンス、オカルトの要素がごった煮にされててお互・・・
続きを読む
ロシアン・カルト・ホラー。B級だが唯一無二の奇天烈さがあり、なんとも言えぬ後味が残る。カーアクション、ファンタジー、ロマンス、オカルトの要素がごった煮にされててお互いがお互いを弱めあってるのが勿体無い(笑)。しゃべる猫の意味合いとかよくわからず。主演女優はガタイがちょっとごついがまずまずの美形。脇の女優(坊主でない方)が個人的には好みかな。
隠す
  
 
[186]ソーセージ・パーティー
 アダルトトイストーリーbond2017-11-09
 
下ネタ満載、ラストは乱行。
  
 
[187]東京湾炎上
 イマイチな仕上がりbond2017-11-09
 
テロリストが安っぽい、日活ロマンポルノっぽいラブシーン、見応え薄いが、藤岡弘、は熱かった。
  
 
[188]ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
 無題nedved2017-11-09
 
エディ・レッドメイン/ダン・フォグラー
  
 
[189]ミュージアム
 救いのない闇HABBY2017-11-09
 【ネタバレ注意】
エンタメ性を重視した猟奇ホラーとしてみるならまずまず。精緻なリアルさを求める警官小説としてみるならやや粗がある(ビルの屋上で犯人を撮り逃すシーンや、カエルの覆面姿に・・・
続きを読む
エンタメ性を重視した猟奇ホラーとしてみるならまずまず。精緻なリアルさを求める警官小説としてみるならやや粗がある(ビルの屋上で犯人を撮り逃すシーンや、カエルの覆面姿に扮する犯人は太陽光に弱いと唐突に推理が行き着くあたり)。良くも悪くも漫画チックな作品。 邦画の中では割とグロさを追求した方だと思う。『SAW』や『セブン』の饐えた匂いを彷彿。 妻夫木聡はよくこの配役を受けたなあ。今はどんな作品に出ても楽しい充実期なのかな、とこのグロい犯人の素顔を見ながら想像。あと、小栗旬の滑舌はあまり良くないね。その辺に居る一般人と変わらないレヴェルだ。彼に限らず、今の役者には発音(アクセント)の訓練を十分受けていないと思われる役者が散見される。一流の役者を目指すのであれば改善してほしい。 エンディング曲はワンオクの“Taking Off”。へえ、そう来たか。ポジティブなイメージで売っている彼らがこんな作品に楽曲提供するとはちょっと意外。
隠す
  
 
[190]バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
 やりすぎもよくないdbma2017-11-09
 
イニャリトゥ+キートン目当てで鑑賞。 ワンカット撮影って知らなかったので「すげー」と思って最初見ていたが 金魚のフンみたいに演者に付いてまわる「お前」誰なんだよ! っ・・・
続きを読む
イニャリトゥ+キートン目当てで鑑賞。 ワンカット撮影って知らなかったので「すげー」と思って最初見ていたが 金魚のフンみたいに演者に付いてまわる「お前」誰なんだよ! って我に返ってしまって脱落。
隠す
  
 
[191]地方記者・立花陽介(2) 伊賀上野通信局
 くいな笛黒美君彦2017-11-09
 【ネタバレ注意】
<あらすじ>東洋新聞記者・立花陽介(水谷豊)は三重県の伊賀上野通信局に異動。その直後、妻・久美(森口)が呉服会社社長・手島俊道(深江章喜)の他殺体を発見する。そばには陶製・・・
続きを読む
<あらすじ>東洋新聞記者・立花陽介(水谷豊)は三重県の伊賀上野通信局に異動。その直後、妻・久美(森口)が呉服会社社長・手島俊道(深江章喜)の他殺体を発見する。そばには陶製のくいな笛が落ちていた。手島は桜華女子大の理事長で、学長再選派だったが、久美に組紐を教える足立よしみ(姿晴香)の夫一郎(菅貫太郎)は奈良文理大から学長に立候補していた。一方、手島と親しかった京友禅の下絵画家小村和平(大和田獏)は、事件翌日、「俳聖伝」で康子(左時枝)と再会していた…。 伊賀上野といえば松尾芭蕉の生地で、組紐、水鶏(くいな)笛で知られる。そうした由緒や特産品を巧く織り込んだミステリー。ネタバレしてしまうと、大和田獏と姿晴香は23年前、1970年9月5日に万博会場で落ち合い、駆け落ちするつもりだったが、間をとりもちつつ大和田に横恋慕していた左時枝が日をずらして姿に伝えたため、姿は大学教員の菅と結婚。一方若い時の暴行致死事件をネタに深江に従わされていた大和田は、学長候補の菅をスキャンダルで追い落とすため妻の姿を大和田にくいな笛で呼び出させ、二人の写真を撮る。やめさせようとした姿が深江を殺害。さらに左時枝は高校時代からの恨みを姿にぶつけて無心を続けていたが、万博での別れを仕組んだことを知った大和田が、彼女を上野城の堀に突き落として殺害…という展開。 過去の悪縁が現代の殺人事件につながる…というのは、この立花陽介シリーズの定番だが、伊賀上野から万博公園に舞台が飛ぶとは思わなかった(笑)。田舎警察署の末吉刑事(奥村公延)が「殺人なんて初めてだから」というシーンはなかなか笑える。当時40代の大和田と姿が、焼けぼっくいに火がつく中年男女役なのだけど、結局大和田は幼い娘の存在に後ろ髪を引かれて心中を思いとどまる。 左時枝がかわいそうな役柄だなあ。憎まれ役はさすが巧いけど。 それにしても凶器の石灯籠、あんなに軽くないぞ(笑)。
隠す
  
 
[192]シング・ストリート 未来へのうた
 未来派の音HABBY2017-11-09
 【ネタバレ注意】
“音符は、生きる糧”パート2。『はじまりのうた』に続いて、音楽をテーマにした良い作品を作ってくれたジョン・カーニー監督に感謝。よっぽど好きなんだな。ヒロインのラフィー・・・
続きを読む
“音符は、生きる糧”パート2。『はじまりのうた』に続いて、音楽をテーマにした良い作品を作ってくれたジョン・カーニー監督に感謝。よっぽど好きなんだな。ヒロインのラフィーナを演じたルーシー・ボーイントンが美人でおしゃれで良い味。即席のバンドで即席の作曲、デビュー作がこの水準って天才すぎるだろ、と一応突っ込んどく(やっぱりいろんなコードを覚えないとミュージシャンにはなれないんだなぁ、笑)。黒人のメンバーにどういう意味が込められてるのか、意味があるのかないのか、ちょっとググって勉強してみよう。 デヴィッド・ボウイ、デュラン・デュラン、ジェネシス、ザ・キュアー、a-ha、スターシップなどジャンルを作ってきたバンドの音が随所に登場。この手の音楽ファンは感涙必至。自分はもう少し後の年代のもう少しハードな音が好みのためどストライクと言うほどではなかったものの、この機会に音楽の歴史を今一度勉強したいと思いました。この世界、先人の叡智は実に偉大ですので。 (モーツァルトとサリエリの逸話がさらりと出てきたところは面白かった) (監督とアダム・レヴィーン、よっぽど意気投合してるんだな)
隠す
  
 
[193]女神の見えざる手
 サイコパスKatsumi_Egi (Mail)2017-11-09
 
 歩く人の映画。また、強い顔の映画。そして卓越したカッティングの映画である。ロング、フルからミディアムへのカッティング。はたまた真俯瞰、俯瞰、仰角の使い方。見応えが・・・
続きを読む
 歩く人の映画。また、強い顔の映画。そして卓越したカッティングの映画である。ロング、フルからミディアムへのカッティング。はたまた真俯瞰、俯瞰、仰角の使い方。見応えがある。例えば、一日目の聴聞後、エレベーター前での弁護士とのやりとりのカッティングの冴えに唸る。或いは、オフィスの盗聴器(疑惑)を避けるために、戸外にメンバーを集めるシーンだとか。  ホテルで会うエスコートサービスの男フォード−ジェイク・レイシーのエンディング近くの扱いに快哉を上げる観客も多いだろうが、私はこゝはワザとらしく感じる。単純に、彼とのホテルのシーンの淫靡なプロットは良いアクセントとなっており、好ましいと思う。また、エズメ−ググ・ンバータ=ローが銃を向けられるシーンからの一連の流れも、この展開はちょっと臭い。  しかし何と云っても、ジェシカ・チャステインの造型の複雑さが本作の面白さを押し上げているということで、大方の観客は異論がないだろう。ある意味、レクター博士レベルのサイコパスなのだ。そんな複雑なキャラではあるにも関わらず、ヒーローとして描き切っている、というところがエライと思うのだ。
隠す
  
 
[194]ザ・ラストシップ (シーズン2)
 黙示録的、米英艦隊戦HABBY2017-11-09
 【ネタバレ注意】
全13話。突如発生した新型ウイルスが蔓延して荒廃した世界において、その難を逃れた1隻のアメリカ海軍駆逐艦の乗員たちと彼らに協力するウイルス学者たちが繰り広げる、世界を・・・
続きを読む
全13話。突如発生した新型ウイルスが蔓延して荒廃した世界において、その難を逃れた1隻のアメリカ海軍駆逐艦の乗員たちと彼らに協力するウイルス学者たちが繰り広げる、世界を救うための戦いを描いた作品。 前シーズン(および今シーズンの序盤)ではロシアが仮想敵国として描かれてたが、このシーズンでは自分たちが神から選ばれしものだと考える英国の元海軍兵士が荒ぶり激しく激突。さながら米英戦争のごとき趣を醸し出しているのが面白い趣向だと思った。 アメリカ大統領の位置付け、継承順位(万が一大統領が死亡した場合副大統領が大統領職を受け継ぐ。その次は下院議長、上院仮議長、国務長官、財務長官、国防長官、、の順番に大統領継承権を有する)について意識させてくれたのも収穫。本ドラマの場合はウイルスでアメリカのトップが次々に死亡、継承順位なんと13位の住宅都市開発長官が大統領職に上り詰めることになったのがリアルというかドラマティック。ケヴィン・スペイシーの醜聞で今話題の『ハウス・オブ・カーズ』もそうだが、ドラマを通じて現実の世界、政治の一端を学べるのはある意味すごく贅沢なことだと思う。 マイケル・ベイ効果もあってか本国アメリカでも人気のある本ドラマ、シーズン5まで継続することが決まっているそうだ。現実政治が今リアルにドラスティックに動く兆しを見せているが、本作品においてもそうした潮流がどの程度デフォルメされて反映されてくるのか観るのも面白そうです。
隠す
  
 
[195]新幹線大爆破
 浪花節パニックサスペンスbond2017-11-08
 
元祖スピード。脚本、役者、全てが上手く噛み合って中々の仕上がり。傑作といえるでしょう。
  
 
[196]銀河英雄伝説外伝/螺旋迷宮
 ミステリー物が多いちゃぷりん2017-11-08
 
CSで放送された外伝も今日で終了。本伝も含めて長い旅だった?
  
 
[197]パターソン
 映画館でないと、イドの怪物2017-11-08
 
この映画は淡々としすぎていて映画館でないと最後までみること無理だったと思う。ただ最後までみると実に印象深い映画でもある。平板な日常でささやかな起伏があって最後にまた・・・
続きを読む
この映画は淡々としすぎていて映画館でないと最後までみること無理だったと思う。ただ最後までみると実に印象深い映画でもある。平板な日常でささやかな起伏があって最後にまた力強く平板な日常が続く。 何とも不思議な映画である、この映画は「間」を楽しむ物かも知れない。 映画館で観て良かったとしみじみ思う。
隠す
  
 
[198]君の名は。
 映像は素晴らしいがアリョーシャ2017-11-08
 【ネタバレ注意】
映画館での視聴を逃しましたが、WOWOWで放映されたのを観ました。映像の美しさは特筆もので、その点では確かに映画館で観たら、さぞかし素晴らしかっただろうなと思います・・・
続きを読む
映画館での視聴を逃しましたが、WOWOWで放映されたのを観ました。映像の美しさは特筆もので、その点では確かに映画館で観たら、さぞかし素晴らしかっただろうなと思います。 ただ、ストーリーの方はタイムパラドックスに陥っていて、いまひとつモヤっとしますね。その点を最後には主人公二人の記憶が一部消えている、ということでカバーしているようですが、そうであれば、二人だけでなく全ての人間の記憶が消えている(置き換わっている)ということを分かるようにしないといけないと思います。その辺の描きこみが足りないなと思いました。
隠す
  
 
[199]ブレードランナー 2049
 寝た真壁 六郎太2017-11-08
 【ネタバレ注意】
私的には寝てしまった以上失敗作ですね。聖書の引用とかしちゃった時点で、テーマを見つけられないまま見切り発車で脚本を書いたなーという感じですかね。何の話なのか全く分か・・・
続きを読む
私的には寝てしまった以上失敗作ですね。聖書の引用とかしちゃった時点で、テーマを見つけられないまま見切り発車で脚本を書いたなーという感じですかね。何の話なのか全く分からないままラストシーンを迎えてしまいました。一番なんだかなーと思ったのが、デッカードの前で○○さんを一発で殺しちゃったでしょ。レプリカントといえども一つの生き物だよというのが前作のテーマだったはず。そこは踏襲しないで生命を軽く扱いすぎるのが物凄く気になった。オマージュだらけで中身のない作品だった。余談だが、Kとサッパーの配役は逆の方が良かった。
隠す
  
 
[200]ブレードランナー 2049
 壮大な失敗作。Tom2017-11-08
 
旧約聖書の引用とか話しを膨らましすぎ。 今回は脚本家がまずかったな。 ハリソンもオーラがないよ。何本シリーズものに 出たら気がすむんだよ。
  
 
[201]逃走迷路
 プリシラレインルーテツ2017-11-08
 【ネタバレ注意】
自由の女神像ってあそこまで登れるの?と知った作品 後年の『北北西に進路を取れ』と同じプロットで、『北北西ー』の方が評価は高いようだが、個人的には本作の方が好き ヒッチ・・・
続きを読む
自由の女神像ってあそこまで登れるの?と知った作品 後年の『北北西に進路を取れ』と同じプロットで、『北北西ー』の方が評価は高いようだが、個人的には本作の方が好き ヒッチコックの作品の中でも回数を多く観ている方の作品である ノーマン・ロイドの印象が極めて強い作品だが、実は最初と最後にちょっとしか出てこない 特徴的な顔の役者で、ヒッチコックの人選が良かったのだろう 調べると2017年時点で100歳を超えてご健在のようだ 主演のロバート・カミングスは若き逃亡者を熱演 プリシラ・レインはヒッチコックはあまり評価していないようだが、泣き顔で小っちゃくてかわいいので、巻き込まれ型のヒロインにはぴったりだと思う 彼女の他の作品があまり見られないのが残念 その他もオットー・クルーガー、盲目の老人役のボウハン・グレイザー、トラックの運転手マレイ・アルパー、サーカスの団員たちなど脇も役者ぞろい 盲目の老人とのシーンは妙にドラマチックで異質に感じるが、そこだけ脚本家が別だったそうだ 何といってもクライマックスの特撮シーン 今観ればさほど驚きもしないが、当時の観客は度肝を抜かれたに違いない 映画は脚本だけでなく、音楽だけでもなく「魅せる」ということ こういう「映画の心」みたいなものに触れると痺れる
隠す
  
 
[202]ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン
 生身の人間TNO2017-11-08
 
クリステン・ウィグが主役だけでなく、脚本までモノしていると知り、たどり着いた作品。成熟した女の欲望を正面から描いて、クリステン・ウィグを生身の人間として感じさせてく・・・
続きを読む
クリステン・ウィグが主役だけでなく、脚本までモノしていると知り、たどり着いた作品。成熟した女の欲望を正面から描いて、クリステン・ウィグを生身の人間として感じさせてくれた。 IMDBによると、母親役ジル・クレイバーグ(見終わるまで、気付きませんでした)の遺作のようですね。
隠す
  
 
[203]フォーリング スカイズ4
 人VSエイリアンズVSハイブリッドVS機械HABBY2017-11-08
 【ネタバレ注意】
全12話。前シーズンの最後で生まれた人間と宇宙人の合いの子(ハイブリッド)が高速で成長し大人の女性となり、今シーズンの主役的ポジションとなる(彼女を演じるのは『ハリ・・・・
続きを読む
全12話。前シーズンの最後で生まれた人間と宇宙人の合いの子(ハイブリッド)が高速で成長し大人の女性となり、今シーズンの主役的ポジションとなる(彼女を演じるのは『ハリ・ポタ』シリーズにも出演した英女優スカーレット・バーンズ)。基本的に人VSエイリアンという構図を通してファミリーの共闘、成長を描くヒューマンドラマだが、スピルバーグらしい宇宙人描写が随所に見られるのが本作品の肝かな。最終話のエンディングで主人公の男がまた別の種族のエイリアンに救出され、最終第5シーズンはさらなる波乱と人情ドラマに包まれることとなりそうだ。
隠す
  
 
[204]恐怖の魔力/メドゥーサ・タッチ
 オカルトとディザスターのいいとこ取りリベルタド!!2017-11-08
 【ネタバレ注意】
1970年代には「オーメン」「キャリー」といったオカルトブームがあった。 一方で「タワーリング・インフェルノ」「大空港」「ポセイドンアドベンチャー」といったパニック映画・・・
続きを読む
1970年代には「オーメン」「キャリー」といったオカルトブームがあった。 一方で「タワーリング・インフェルノ」「大空港」「ポセイドンアドベンチャー」といったパニック映画、今で言うところのディザスタームービーも超大作として量産されていた。この作品は、そんな二大要素を完璧に融合した傑作! しかも!さらに、犯人探しといったミステリー要素も組み込まれ、面白さは3倍に! 「LOST」的なフラッシュバックな編集も、先取り感がある。隠れた名作!
隠す
  
 
[205]ゴッホ 最期の手紙
 一見の価値はある黒美君彦2017-11-08
 【ネタバレ注意】
天才画家フィンセント・ファン・ゴッホ(1853〜90)は、最愛の弟テオに向けて「われわれは自分たちの絵に語らせることしかできないのだ」と手紙で書いている。ならばゴッホの絵・・・
続きを読む
天才画家フィンセント・ファン・ゴッホ(1853〜90)は、最愛の弟テオに向けて「われわれは自分たちの絵に語らせることしかできないのだ」と手紙で書いている。ならばゴッホの絵に語らせようと、この映画は作られたというが、それにしてもとんでもないことを考えついたものだ。 まず、ゴッホ作品の肖像画に似た俳優たちの演技を撮影。セットや合成CGもゴッホの絵画作品に似せた。そしてその映像を特殊な装置でキャンバスに投影し、ゴッホの筆致を学んだ画家たちが一枚一枚油絵にしていったのだという。 関わった画家は125人。公募され5千人が名乗りを上げたという。日本からも兵庫県の古賀陽子氏が参加したのだとか。1秒12コマで撮影した油絵の総数は、実に62,450枚に達するという。 物語は、銃で自らの腹部を撃って自殺したとされるゴッホの死の真相に迫る。郵便配達員の父ジョゼフ・ルーラン(クリス・オダウド/声:イッセー尾形)からゴッホ(ロベルト・グラチーク/声:三宅健太)の最期の手紙を託されたアルマン(ダグラス・ブース/声:山田孝之)が、画材商のタンギー爺さん(ジョン・セッションズ/声:鈴木清信)や宿屋のアドリアーヌ・ラヴー/声:冬馬由美)、医師のポール・ガシェ(ジェローム・フリン/声:村治学)らからゴッホの実像に迫っていくという展開。 正直油絵アニメの質感、ゴッホの筆致になかなか目が慣れず、圧倒的な迫力は感じられるもののそのせいでドラマの流れからは置いてきぼりにされてしまった感がある。さらにモノクロで描かれる回想シーンは明らかにゴッホの筆致ではない(もっとも色彩に特徴のあるゴッホにモノクロはあり得ないともいえるが)。 このシーンは、ゴッホのあの作品だな、とか、そちらに気持ちが走ってしまうと、物語はどうでも良くなってしまうのかも知れない。その意味ではヘンに物語などを設定せず、作品世界にもっとどっぷり浸れるような構成もあり得たのではないかと思ってしまうのだ。 油絵アニメの驚きも、3D映画の驚きに似ているかも知れない、初めはとにかく圧倒されるが、やがて慣れてしまう。人間の感覚は鈍麻を前提にしている。 「世界初、前編が動く油絵」という惹句もうーん、どう? というのもハンガリーのアニメ作家ヨゼフ・ギーメシュの『英・雄・時・代』(1984)も確か全編油絵による作品だったと記憶しているからだ。 いずれにせよ大変な労力がかけられたアニメ作品であることは間違いない。一見の価値は十分ある。
隠す
  
 
[206]タイガー・ハウス
 なかなかの、でたらめ脚本namurisu2017-11-08
 
ベッドの下、バスタブの上、天井の裏、階段の手すり、瓦屋根の上、の美人カヤちゃんに、1☆。
  
 
[207]Ryuichi Sakamoto: CODA
 津波ピアノ黒美君彦2017-11-08
 【ネタバレ注意】
かつて坂本龍一はサブカルの旗手であり、羨望とある種の嫉妬の眼差しの対象であった。そんな彼のこれまでと現在を追ったドキュメンタリー映画。 冒頭彼は、名取市で津波に呑ま・・・
続きを読む
かつて坂本龍一はサブカルの旗手であり、羨望とある種の嫉妬の眼差しの対象であった。そんな彼のこれまでと現在を追ったドキュメンタリー映画。 冒頭彼は、名取市で津波に呑まれたピアノと向き合う。調律も狂ってしまったピアノを愛しそうに奏でる坂本龍一。 テクノポップの台頭とともに世界的にその名を知らしめたYMO時代の「尖った」坂本も紹介される。「何十年も苦労して練習しなくても、プログラムすれば幾らでも速いピアノ演奏が可能だ」といった坂本の言葉は、いかにも若者らしい不遜さと傲岸さに満ち満ちている。 役者としても出演した『戦場のメリークリスマス』、『ラストエンペラー』『シェルタリングスカイ』といったベルトリッチ作品での映画音楽を手がけ、作曲家としての地位を不動のものとした90年代。 しかしその後NYで9.11を目の当たりにし、東日本大震災を目撃し、さらに自身も中咽頭がんが見つかって休養を余儀なくされる。 テクノポップで売り出した彼が、今は、北極圏やケニアを訪ね、「原初の音」を探し求める。 津波に呑まれたいわゆる「津波ピアノ」の音に、彼は“大自然に呑まれた人工的な楽器”の音色を聴く。 若い頃の彼は尖っていたが、今はもう尖る理由もないとでもいうように、電子音ではなく、ゆらぐ音を目を細めて聴く。 環境問題や政治問題にもコミットし始めた彼は、最早失うものはない、と意識しているかのようだ。 文明の意味を考え、人類という「種」の意味を考え、彼はこれまで紡がれてきた数々の音楽に尊敬の眼差しを向け、自らの音を探す。 闘病を経て、有限な時間を意識した坂本龍一の新たなステージか幕を開けつつある…そんなことを感じさせるドキュメンタリー作品となっている。 見応えがあった。
隠す
  
 
[208]チョーズン:選択の行方 (シーズン3)
 やらねばやられるHABBY2017-11-08
 【ネタバレ注意】
全6話。基本的な世界観は前2シーズンとも同じ。やるかやられるか、互いの拳銃を使っての壮絶な生き残り戦。ある意味今の銃社会アメリカの闇を浮き上がらせる作品だと思う。最・・・
続きを読む
全6話。基本的な世界観は前2シーズンとも同じ。やるかやられるか、互いの拳銃を使っての壮絶な生き残り戦。ある意味今の銃社会アメリカの闇を浮き上がらせる作品だと思う。最後、少女を取るか目の前の美女を取るか、究極の二者択一で幕。まあ美しいと言えば美しい閉じ方だ。本来第4シーズンに繋がるはずが、大人の事情でシーズン継続ならずとなったようで、結果的に尻切れとんぼ気味になったのはもったいない。このドラマを見ながら倫理学・哲学の1テーマである「トロッコ問題」のことが頭をよぎった。
隠す
  
 
[209]シャークネード カテゴリー2
 おバカ映画mudadoll2017-11-08
 
元がTV用なので、合成が目立つのはしょうがない。 むしろ後半、人間側の反撃シーンがバカバカし過ぎて、かえって楽しめた。
  
 
[210]鐘の鳴る丘 第三篇 クロの巻
 どうしようもない大人たちnabeさん2017-11-08
 
人気ラジオドラマの劇場版第3作である。 修平の孤児院もなんとか軌道に乗り、孤児たちも問題を起こさずに仲良く生活している。またリーダーの隆太が母のもとへ去り、新たにク・・・
続きを読む
人気ラジオドラマの劇場版第3作である。 修平の孤児院もなんとか軌道に乗り、孤児たちも問題を起こさずに仲良く生活している。またリーダーの隆太が母のもとへ去り、新たにクロというひねくれた孤児が加わるが、彼も次第に心を開きリーダーになってゆく。このあたりの展開は、ストーリーが読めてはいてもやはり泣かせるシーンの連続だ。それに対して、せっかく頑張っている孤児院を地元のゴロツキが嫌がらせをして邪魔したり、隆太をだまして食い扶持に引き取る母親が登場したりと、悪役はすべて大人たちであるのが悲しい。 先生役の並木路子が美しい歌声を披露している。テーマ曲の「とんがり帽子」もイイ感じだ。
隠す
  
 
前へ 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION