allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[181]耳をすませば
  なんでそのメガネ選んだ?ここちち2019-01-13
 【ネタバレ注意】
主人公のクラスメイトの女の子が 丸メガネをかけてるんだけど、 そんなメガネかけてる女子中学生がいるかよw ま、ジブリおなじみの丸メガネキャラだけどね。 金ローで観たん・・・
続きを読む
主人公のクラスメイトの女の子が 丸メガネをかけてるんだけど、 そんなメガネかけてる女子中学生がいるかよw ま、ジブリおなじみの丸メガネキャラだけどね。 金ローで観たんだが、 天沢聖司の最初のセリフの字幕で (天沢聖司)「セリフ」と表示して、軽くネタバレ。 「(男の子)」とかの表示でいいでしょ。 ジブリ作品は同じ映画を何度も観るたびに 前とは違う感想を抱くが、これも同じ。 素晴らしい作品だと思います。
隠す
  
 
[182]ソウル・サバイバー
 生存者症候群やすのり2019-01-13
 
大事故から奇跡の生還を果たした主人公を“死”そのものがつけ狙うという「恐怖の足跡」系の作品。でも、より即物的でストレート。 ゾンビを使用した「ファイナル・デスティネー・・・
続きを読む
大事故から奇跡の生還を果たした主人公を“死”そのものがつけ狙うという「恐怖の足跡」系の作品。でも、より即物的でストレート。 ゾンビを使用した「ファイナル・デスティネーション」と言った方が適切かもしれない。 活躍してくれそうだった予知能力を持ってる女優さんを話に全く生かせてなかったり、事故や主人公と無関係な人間ばかり殺害されたりと脚本と展開に粗が目立ちますが、重くて暗い雰囲気と手堅い演出で地味ながらもそれなりには評価することのできる作品に仕上がっています。 マイナーな低予算B級ですし、まあ及第点ではないでしょうか。
隠す
  
 
[183]ヒドゥン・チャイルド 埋もれた真実
 あり得ない?may23sk (Mail)2019-01-13
 【ネタバレ注意】
60年以上前の殺人事件を隠蔽するために新たな殺人事件を起こすという設定に無理がある。
  
 
[184]デルタフォース2
 ビリードラゴspqc2y292019-01-13
 【ネタバレ注意】
テーマ曲が使えなかったの?あれが良かったのに。 確かに予算は少なくなったし、話のスケールも小さいけど、 曲が一緒だったらもっと盛り上がりそうです。
  
 
[185]復讐者に憐れみを
 世界的名監督Normandie2019-01-13
 
になったパクチャヌクの復讐三部作 とのこと 彼のザラついて乾いた映像に惹かれること多し 三部作の中では親切なクムジャさん,これ,オールドボーイの順で好きです でもオール・・・
続きを読む
になったパクチャヌクの復讐三部作 とのこと 彼のザラついて乾いた映像に惹かれること多し 三部作の中では親切なクムジャさん,これ,オールドボーイの順で好きです でもオールドボーイは今でも好きじゃないが ま日本人には絶対作れん映画です。
隠す
  
 
[186]グレートウォール
 13ウォーリアーズbond2019-01-12
 
いろんな映画のごちゃ混ぜ。CGアクション頑張ってる。
  
 
[187]白銀は招くよ!/ザイラーと十二人の娘
 スノーボードじゃ無理だなOdd Man2019-01-12
 
父親に連れられて映画を観たんだろうけど、その後口ずさみながらだとご機嫌に滑れた思い出のテーマ曲。当時5、6歳の雪国の少年はゴム長靴に山スキー、自衛隊スキー風の歩ける・・・
続きを読む
父親に連れられて映画を観たんだろうけど、その後口ずさみながらだとご機嫌に滑れた思い出のテーマ曲。当時5、6歳の雪国の少年はゴム長靴に山スキー、自衛隊スキー風の歩けるスキー。それで友達らと暗くなるまで遊び倒していたとはさすがに子供はトニー・ザイラー顔負けの元気だったんだな。ザイラーは短い柔らかい靴でアルプス急斜面を自由自在、人を担いで片足でもスイスイとは今見ても'50sの明朗快活さと共に感動もの。
隠す
  
 
[188]グレイテスト・ショーマン
 デヴィッド・リンチが撮ったら…ちゃぷりん2019-01-12
 
如何にもハリウッド的な綺麗に纏めたミュージカルで、ディズニーの実写映画にも向いてる題材。
  
 
[189]ブラックパンサー
 次はもっと!未知なる展開を期待♪Hoppy!2019-01-12
 
野生動物、ネコ科動物への愛着をもつ俺には もう、このマーベルキャラはね。是非とも、活躍シーンがとても楽しみな映画作品だったわけで。 すっかり、公開は観そびれたのだけ・・・
続きを読む
野生動物、ネコ科動物への愛着をもつ俺には もう、このマーベルキャラはね。是非とも、活躍シーンがとても楽しみな映画作品だったわけで。 すっかり、公開は観そびれたのだけどw 期待するほど、観忘れますわー。ジュラシックワールドもそうだけど。 まいっか。 そんなわけで、かなりワクワクしながら観てたわけですが。。。 なんだかスケールが小さい。。。。お家騒動かよ。。。。。。 後継者争い。。。。って、ちょっと日本の時代劇っぽくて。 素材が違えど、人間は愚かなのか。。。 なに、この世継ぎ問題は!武士時代か!っていう残念さと、 案外、ブラックパンサーがもっと超人かと思いきや、 そうでもなくて。 えええええええ、うそおおおおお。みたいな。 とはいえ、ファッションやアクションシーンは、快活でよかったんですけどね。 インフィニティウォーでは、どのくらい活躍してるんだろう?ブラックパンサー。 また、続編はあるのかな。 まぁ、ありがちな作品には、キャラクター設定もありがちなわけで。 主演の人は、もう、好青年なわけですよ。どっからみても。に比べて、座を奪おうとする人は 野心家 ならではの顔で。ハリウッド俳優だから、逆転しても、両者ともすごく上手に演じるとは思うけど、 代々の王家の人は、優男なんだよなぁ。どこの国も同じなんや、はぁ。って思ったりしました。 マイケルBジョーダンはちょうど、大坂なおみちゃんが日本でFeverしてる最中 憧れの人ってことで、エレンの部屋で、ちょっと対面みたいなのがあって。 それからすぐ、この作品をみたから、おお。こう演じたんだ!っていうのが良く分かったw まさにタイムリーな観劇でしたよ。 音楽は、さほど興味がなかったんだけど、BladeシリーズのようにもっとHipHopでもよかったのに。 なにげに、キャスト陣が!!!見たことある人いっぱいで、楽しかったな。 もう、それがメイン!w The walking deadのミショーン!!! This is usのランダル!! 9-1-1のアシーナ!!American horror storyも。 ズリ役の人は、あちこちの映画でみるね。 Road of the ringのゴラム!!!! なかなか、皆さん、名演です。 マーベルはディズニー傘下なので、ありがちな話で楽しむのがいいんだけど、 案外、アニメのほうが脚本は斬新だよね。 そういう意味で、実写映画は、内容的に斬新なものにしてもらえると、 もっと!よくなるw 黒豹出てきてほしい。
隠す
  
 
[190]ブラックパンサー
 (無題)Normandie2019-01-12
 
ハリウッド映画は映画館で見る方がいいと気づいた アンジェラバセット始め女性陣がカッコよく次回にも期待する
  
 
[191]長靴をはいた猫
 カラバさまカール犬2019-01-12
 
動きやキャラクターに のちの宮崎駿らの片鱗を垣間見るのはいいとしても 脚本が古臭い。まぁ古い作品なんだけど。 それにしたって「こせがれ」なんて遜った言葉を自分で言う? ・・・
続きを読む
動きやキャラクターに のちの宮崎駿らの片鱗を垣間見るのはいいとしても 脚本が古臭い。まぁ古い作品なんだけど。 それにしたって「こせがれ」なんて遜った言葉を自分で言う? 通りすがりのお姫様見て一目惚れみたいなのも、 知らない男にいきなりバルコニー下から口説かれて「まぁ...」 っていうのも久しぶり。顔か。 ってほどでもない平面画で、観る側のイマジネーションも大事って時代だな。
隠す
  
 
[192]ヒンデンブルグ
 地味なパニック映画と侮るなかれ北村もとい2019-01-12
 
パニック大作とのふれこみの割に地味なサスペンス調展開と最後の爆発シーンは実写フィルムを使用と一見ダメそうな感じがするが、さすがロバート・ワイズ監督というか、安易な当・・・
続きを読む
パニック大作とのふれこみの割に地味なサスペンス調展開と最後の爆発シーンは実写フィルムを使用と一見ダメそうな感じがするが、さすがロバート・ワイズ監督というか、安易な当時のパニック映画的な作りにしなかった真摯な姿勢が今見てもよく伝わり、確かに地味な作品なのだが、見応えはあり。 飛行船の模型による特撮シーンが非常に良く出来ている。 ジョージ・C・スコットをはじめとする地味ながら演技派を揃えたキャストも良い。 早過ぎたタイタニックと言えないこともない。
隠す
  
 
[193]ミッドウェイ
 実写と借用映像をサンプリングリミックス!北村もとい2019-01-12
 
アメリカ建国200周年記念超大作という触れ込みだったが、往年のオールスターキャストだけで、肝心の戦闘シーンは貴重な実写フィルムを使ったと前置きしておきながら、トラト・・・
続きを読む
アメリカ建国200周年記念超大作という触れ込みだったが、往年のオールスターキャストだけで、肝心の戦闘シーンは貴重な実写フィルムを使ったと前置きしておきながら、トラトラトラのちょっと前の有名作やら日本の円谷特撮映像からの借用で全て済ますという似非超大作作品・・・ではあるが、そこそこ楽しめる出来には仕上がっている。 最後はチャールトンヘストンが着艦に失敗して爆発炎上して死亡するという何とも間抜けな最期に違和感を覚えるが、実写映像であった着艦失敗映像を使いたかったためだけのような気がする・・・。
隠す
  
 
[194]バーニング
 あなたはまだ本当の二番煎じ映画を知らない北村もとい2019-01-12
 
セクハラプロデューサーのハーヴェイ・ワインスタインが後にアカデミー作品賞を連発して一時代を築いたミラマックスの初期の頃の作品。ハリウッドの大物プロデューサーも最初は・・・
続きを読む
セクハラプロデューサーのハーヴェイ・ワインスタインが後にアカデミー作品賞を連発して一時代を築いたミラマックスの初期の頃の作品。ハリウッドの大物プロデューサーも最初はこんな13金の亜流低予算スプラッターホラーから始めたのかと感慨深くなる一作。 内容は完全に13金そのままで、当時13金の亜流作品は多く作られたが、ここまで同じような展開はこれだけだろう。 トム・サヴィーニによる特殊メイクはそれなりに健闘しているが、ただキャンプに来たティーンが順番に殺害されていく代わり映えしない展開に、犯人自体もただの焼けただれたオッサンだけとかなりつまらない出来だ。 最後に犯人と対決する青年達が過去に悪戯で大やけどを負わせた青年だったという落ちもサプライズというよりは後味が悪いだけである。 音楽は元YESのリック・ウェイクマンがどういう訳か担当しているが、このチープさでは誰にやらしても出来に差がなかったのではと思わせる情けないスコアだ。 当時、アルジェント作品にキースエマーソンが音楽やったりとホラーにプログレ人脈のロックアーティストが結びつくよく分からないブームがあったが・・・。
隠す
  
 
[195]MEG ザ・モンスター
 詰め合わせnamurisu2019-01-12
 
リー・ビンビン、海底へ。リー・ビンビンの注射針。リー・ビンビンの水中戦。リー・ビンビンのミサイル。リー・ビンビン、エロいホラーへGO。
  
 
[196]ザ・プレデター
 シリーズ No.1の、セコさnamurisu2019-01-12
 
下馬評通り、子供も食わないガラクタムービー。次は、ジョン・マクレーンと戦え。-5★
  
 
[197]バス停留所
 マリリンモンロールーテツ2019-01-12
 
田舎者と踊り子のロマンス ロデオのシーンは迫力があるが、登場人物のキャラクターで魅せる群像劇 主演は演技派開眼中のマリリン・モンロー 相変わらずムチムチだが、他のキャ・・・
続きを読む
田舎者と踊り子のロマンス ロデオのシーンは迫力があるが、登場人物のキャラクターで魅せる群像劇 主演は演技派開眼中のマリリン・モンロー 相変わらずムチムチだが、他のキャストと比較しても病的に肌が青白くてちょっと心配になる 一方のドン・マレーは、バカだけど悪いやつじゃない直情型の男を好演 オスカー助演賞にノミネートされたが、どう見ても主演では・・・? 主演、助演はやっぱ俳優の格とかで決まるのかね その他アーサー・オコンネル、アイリーン・ヘッカートら助演陣も良い その中で、あまりなじみのないロバート・ブレイという人が、下心丸出しでカッコつけたりと面白かった
隠す
  
 
[198]エレナの惑い
 巨大な煙突Katsumi_Egi (Mail)2019-01-12
 
 本作もファーストカットとラストカットは円環のように同じ場所、同じカメラポジションのカットだ。しかし、被写体は違う。なんというアイロニー。まさか、こゝに連れてこられ・・・
続きを読む
 本作もファーストカットとラストカットは円環のように同じ場所、同じカメラポジションのカットだ。しかし、被写体は違う。なんというアイロニー。まさか、こゝに連れてこられようとは。    タイトルロールのエレナは元看護士。病院で知り合い結婚した富裕な夫と高級マンションで暮らしている。お互い再婚同士でそれぞれ子供が独立しているのだが、エレナは夫の娘と折り合いが悪く、夫はエレナの息子の家族が頼ってくることを良く思っていない。このような関係の中で、エレナが決然と行動する様が描かれる。複雑な感情は伝わるのだが、邦題のような「惑う」感覚は殆ど受けない。  前二作(『父、帰る』『ヴェラの祈り』)と異なり、モスクワを舞台とするので、随分と都会的な雰囲気のシーンが多いのだが、エレナの息子家族は郊外に住んでおり、巨大な煙突のあるだだっ広い風景が巧く取り入れられている。ラスト近く、エレナの孫サーシャが仲間達と喧嘩に向かう手持ちのシーケンスショット、未整備の空き地での乱闘場面は突出した強度で特筆すべきだろう。これがあるから、エピローグの複雑な感興が増すわけだが、いや単純にこの場面の演出に瞠目する。  あと、スポーツジムのプールのシーン等で使われるヒッチコック風(バーナード・ハーマン風)の劇伴が耳に残る。
隠す
  
 
[199]ヴェラの祈り
 電話の映画Katsumi_Egi (Mail)2019-01-12
 
 ファーストカットが既に西部劇的風景だ。始めに書いておくが、同じロケーションがラストシーンでも使われるのだが、このエンディングの演出だけは、なんともあざといというか・・・
続きを読む
 ファーストカットが既に西部劇的風景だ。始めに書いておくが、同じロケーションがラストシーンでも使われるのだが、このエンディングの演出だけは、なんともあざといというか、ワザとらしくてダメ。しかし、ラストのラスト迄、全く完璧な映画じゃないか、と思いながら見ていた。  丘陵地。田舎の家。家の中に光を入れていく場面の屋内前進移動。このあたりは音・ノイズが氾濫する。モノを置く音、引っ張る音。暖炉。暖炉の前の、たらいのお風呂。家の中の青い壁が絵画のように美しい。  家の前には洗濯物。白いシーツが干してある。クルミの木。風の音。ポーチ。西部劇的風景。そして中盤になって、家のすぐ側に谷があり、橋が架かっている、というロケーションを唐突に見せる。この小出しの見せ方・驚かせ方にも唸る。同じような、切り取り方の妙で云うと、斜面の墓地と教会の見せ方も、なんてクレバーなんだろう。  そして本作の最も重要な道具立ては電話であり、本作は電話の映画、ということもできるだろう。登場人物は相互に何度も電話をするシーンがあるが、中でも終盤で、過去に溯るカット繋ぎの際、時空をすり替える装置として、電話が使われる演出は特筆すべきだ。さらに、過去から現在への転換(戻り)をワンカット内で(カットを換えずに)さらりと表現するアンゲロプロスばりの(というかアンゲロプロスを軽やかにしたような)演出にもしびれる。という訳で、この演出に瞠目しているうちに、簡潔に終わっていれば最高だったのに。なおさら、エンディングの付け足し(乾草作業をする女性達への演出)が蛇足に感じてしまう。
隠す
  
 
[200]サンダーバード
 Thunderbirds Are Goカール犬2019-01-12
 
夢の秘密基地を具現化したようなトレーシーアイランド。 1号機2号機の発進シーンのクオリティは今見ても顔が緩む。 60年代にここまで先取り感のあるセンスには脱帽。 そして・・・
続きを読む
夢の秘密基地を具現化したようなトレーシーアイランド。 1号機2号機の発進シーンのクオリティは今見ても顔が緩む。 60年代にここまで先取り感のあるセンスには脱帽。 そしてそれを後押しするメインテーマの鼓舞感もすごいわ。 ストーリーは、、残念ながらというかやっぱ人形劇の域なんだよね、、 でも細部にまでこだわってつくってくれてありがとうイギリスの人って思うよ。
隠す
  
 
[201]デルタフォース2
 痛快アクションbond2019-01-11
 
結構しっかりした作り。悪玉親分がモロ悪。A級言ってもいい出来映え。
  
 
[202]オン・ザ・ミルキー・ロード
 日常が非日常HABBY2019-01-11
 【ネタバレ注意】
モニカ・ベルッチとスロボダ・ミチャロヴィッチは逆でも良かったんじゃないかなあ、なんて。それくらいスロボダさんお美しい。
  
 
[203]ヒドゥン・チャイルド 埋もれた真実
 凡庸bond2019-01-11
 
大したオチでもなく、イマイチ。
  
 
[204]目撃者 闇の中の瞳
 藪から棒HABBY2019-01-11
 【ネタバレ注意】
松本清張とか内田泰夫とか、昭和時代の作家が書きそうな本格サスペンス。なかなか歯ごたえあり。台湾映画はあまり観る機会がないが、今後贔屓にしていきたい(本作のヒロインで・・・
続きを読む
松本清張とか内田泰夫とか、昭和時代の作家が書きそうな本格サスペンス。なかなか歯ごたえあり。台湾映画はあまり観る機会がないが、今後贔屓にしていきたい(本作のヒロインであるティファニー・シューの作品あたりから手始めに)。
隠す
  
 
[205]エタニティ 永遠の花たちへ
 イデアルHABBY2019-01-11
 【ネタバレ注意】
オドレイ・トトゥ、メラニー・ロラン、ベレニス・ベジョ。美しき三輪の花。どちらかというと女性が好きそうな家族愛のストーリー。
  
 
[206]ミサイル珍道中
 ドロシーラムーアルーテツ2019-01-11
 
アラ還おじいちゃんたち、頑張る 間が空いて久々の珍道中 さすがに寄る年波は感じるが、歌もダンスも小芝居も相変わらずのクオリティで楽しめる 不満を言えば、ドロシー・ラム・・・
続きを読む
アラ還おじいちゃんたち、頑張る 間が空いて久々の珍道中 さすがに寄る年波は感じるが、歌もダンスも小芝居も相変わらずのクオリティで楽しめる 不満を言えば、ドロシー・ラムーアの出番が少なすぎること 本人の意向なのかはわからないが、なぜかゲスト出演的な扱い 色っぽさは健在で、歌も聴かせてくれるから良いのだけれど、ジョーン・コリンズがやった役ではダメだったのかな コリンズも悪くないけど、やっぱラムーアだよね お話は冷戦をちょっと皮肉った感じもありつつ、肩の力を抜いて楽しめる 大物のカメオ出演も豪華 ただ、珍道中シリーズが好きな人でないと着いてこられないところもあるかな 本作を単体で観ても本当の面白さは伝わらないだろう
隠す
  
 
[207]ザ・リング/リバース
 回転。転回。HABBY2019-01-11
 【ネタバレ注意】
鈴木さんのところに印税いくら入るんだろう。凡庸な脚本なので、女優(マチルダ・ルッツ)の美貌を中心に鑑賞。
  
 
[208]帝一の國
 実弾は使うなちゃぷりん2019-01-11
 
国の政争を生徒会長選に置き換えた快作。あの飛び降りも少しゾッとした。
  
 
[209]嘘をつく男
 虚実黒美君彦2019-01-11
 【ネタバレ注意】
<あらすじ>第二次大戦末期のスロバキア共和国。小さな村に、レジスタンスの英雄ジャン・ロバンだとも、ジャンの親友ボリス・ヴァリサだとも名乗る男(ジャン=ルイ・トランテ・・・
続きを読む
<あらすじ>第二次大戦末期のスロバキア共和国。小さな村に、レジスタンスの英雄ジャン・ロバンだとも、ジャンの親友ボリス・ヴァリサだとも名乗る男(ジャン=ルイ・トランティニャン)が現れる。彼はジャンの生還を待ち続ける彼の妻ローラ(ズザナ・コクリコヴァー)や妹シルビア(シルヴィエ・トゥルボヴァー)、家政婦のマリア(シルヴィエ・ブレール)を誘惑しつつ、ジャン・ロバン(イヴァン・ミストリーク)に関して矛盾に満ちた話を繰り返す…。 「アラン・ロブ=グリエ レトロスペクティヴ」で日本初公開となったアラン・ロブ=グリエの監督第三作。 やはり体調が悪い時にロブ=グリエの作品を観るものではないと痛感した。時系列を無視した展開、そこに嘘や夢が加わって観る者は無意識のうちに振り回される。 アイルランド独立運動の英雄が、実は仲間を売った裏切り者であったというボルヘスの短編「裏切り者と英雄のテーマ」(『伝奇集』)をベースに虚々実々のやりとりが展開される。 この作品は当時のチェコスラヴァキアの映画製作会社チェコスロヴェンスキー・フィルムの出資で製作されたということで、スロヴァキア俳優らも多数起用されたらしい。何が真実で何が嘘なのか。そもそもこのボリスと名乗る男は本当は何者なのか、何が目的なのか…。 しかもジャン・ロバンの声はジャン・ルイ=トランティニャンの吹き替えだという。 裏切り者と英雄は紙一重だ、とでもいうように。 いずれにせよ、体調不良の頭の中には茫漠とした曖昧なモノクロの映像が若干刻み込まれただけで、さらなる分析など出来ようはずもない。にもかかわらず、その時代に引きずられたナチスの幻影が追ってくる…その感覚だけは鮮やかに残っている。
隠す
  
 
[210]クリード 炎の宿敵
 ドラゴsaint_etienne_heaven2019-01-11
 【ネタバレ注意】
アドニス・クリードは好きになれないのでドラゴ親子目線で鑑賞。
  
 
前へ 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION