allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[181]グレースフィールド・インシデント
 ブレアウィッチエイリアンbond2018-06-04
 
お化け屋敷的ビックリ。右往左往するエイリアン。そして意外なオチ。
  
 
[182]プリンセス トヨトミ
 典型的なアイデア先行映画流氷一滴2018-06-04
 【ネタバレ注意】
ジャンルとしてはSF、いやファンタジーかな。 内容はトヨトミの末裔の王女をその家来?がずっと守っているというお話。東京の会計鑑査員の連中は秘密に気づくのですが、結局見・・・
続きを読む
ジャンルとしてはSF、いやファンタジーかな。 内容はトヨトミの末裔の王女をその家来?がずっと守っているというお話。東京の会計鑑査員の連中は秘密に気づくのですが、結局見なかったことにして一件落着となります。 リアリティーを求める話ではありません。原始的な連絡手段で大阪市民が一人残らず地上から消えるなんてありえません。東京から出張できている人はどうなる?とか、神戸市民は敵か見方か?などのツッコミを入れても無意味です。エーコロかげんなところがこの映画のよいところ。 アイデアは斬新だが、確かに詰めの甘い映画。1回見れば十分でしょう。
隠す
  
 
[183]パトリオット・デイ
 ボストン万歳bond2018-06-04
 
緊迫感が持続する実話感動サスペンス。最初に見つけた捜査官偉い‼
  
 
[184]ゾンゲリア
 死んでそして埋められてspqc2y292018-06-04
 
ゲーリーシャーマンはザモンスターといい傑作が多い
  
 
[185]ジュラシック・パーク III
 良作spqc2y292018-06-04
 【ネタバレ注意】
シリーズ中1番影が薄い作品だけど、アクションに徹していて個人的のは一番です「
  
 
[186]ひまわり
 よくある話と思わせるほど自然な男女の姿初代黒龍2018-06-04
 【ネタバレ注意】
若い頃、欧州映画を意識的に避けていた。ハリウッドのような金をかけた派手な超大作が殆ど無いし、会話が中心で重く難解というイメージがあったし、特にアラン・ドロンがそうだ・・・
続きを読む
若い頃、欧州映画を意識的に避けていた。ハリウッドのような金をかけた派手な超大作が殆ど無いし、会話が中心で重く難解というイメージがあったし、特にアラン・ドロンがそうだが俳優がどことなく冷たい感じがする、ということを当時思っていた。今となっては単なる偏見に過ぎないが、思春期の当時「エマニエル夫人」でさえ興味が湧かず観なかった。(ここまで書いて、よく考えたら一昔前なら「カトマンズの男」「新・黄金の七人=7×7」「007ロシアより愛をこめて」、比較的最近なら「フランスの思い出」「ニュー・シネマ・パラダイス」「美しき諍い女」と、好きな欧州映画は何本もあった)     さて、題名だけ知っていて観る機会も無かった本作だが、最近CSで放送されたので何気なく録画して、かなり経ってから観た。感想はと言うと、実に面白かった。一言で言えば戦争で引き裂かれた男女の悲劇だが、余分なシーンやセリフを削り落としたような描写が意外に引き込まれる(例えば、ヒロインの部屋の中を俯瞰するシーンだけで彼女の職業が仕立屋であることが分かり、ロシアは四方数キロ雪しか見えないという彼のセリフだけでもロシア戦線の悲惨さは伝わってくる)。     卵を24個も使ったオムレツ、徴兵逃れの為の精神病者の小芝居、といったコミカルなエピソードを入れた前半と、どんな言葉を使っても気持ちが伝わらないことが分かっていて2人が話し合おうとする重苦しい後半の対照的な描写は強烈だ。全体的によくある話のように思えて、こういう映画は他に何作も作られているのでは?とも思えるが、特に思い出せないということは、よくある話と思わせるほど自然な男女の姿に観せた監督の実力ということか(渥美清の初期の主演作「父子草」で、復員して来たら妻が別の男と再婚していた、というのが小さなエピソードとして描かれていて、「マイ・ブラザー」は戦死と思われていた兄の帰還による、その妻と弟との葛藤が描かれているが、それくらいしか思い浮かばない)。彼女が別の男との間にできた子供は彼と同じアントニオという名だが、僕と同じ名を?と言う彼に、聖アントニオの名よ、と言い放つ(聖アントニオは恋愛の神だから、凄い皮肉)。ソフィア・ローレンのあの大きく鋭い目つきで言われると余計に冷たく感じるが、行方不明の彼の生存を信じ続けていた頃の彼女の目は大きく強い意志が伝わってくるし、ラストの別れ(彼は列車でロシアの家族の元に去るが、この駅のホームは彼の出征を見送った場所でもある)のシーンで号泣する彼女には思わずもらい泣きしてしまう。目だけでこれだけの演技が出来るのだから凄い女優だ。     Wikipediaによると、ひまわりの花言葉は「私はあなただけを見つめる」。
隠す
  
 
[187]キートンの探偵学入門
 一体どうやって初代黒龍2018-06-04
 
「カイロの紫のバラ」でジェフ・ダニエルズが映画の中から現実の世界に飛び出してくる特撮、「プロジェクトA2/史上最大の標的」でジャッキー・チェンが倒れてくる壁の下敷き・・・
続きを読む
「カイロの紫のバラ」でジェフ・ダニエルズが映画の中から現実の世界に飛び出してくる特撮、「プロジェクトA2/史上最大の標的」でジャッキー・チェンが倒れてくる壁の下敷きになるかと思いきや1ヶ所だけ空いている所があって助かるシーン、「プロポーズ」でクリス・オドネルが遺産相続の条件が結婚であるために大慌てで花嫁を探すシチュエーション、全部どこかで観た気がしたが、バスター・キートンが無声映画時代にやっていたものだ。ちなみに「プロポーズ」は「キートンのセブン・チャンス」のリメイク、倒れてくる壁の窓が開いていたのは「キートンの蒸気船」の暴風シーン、映画のスクリーンと現実の融合は「キートンの探偵学入門」で既に実現している。つまり60年以上の時を経ても、まだ後進に影響を与え続けているわけだから、正に喜劇王、ホントに凄い人だ。     CGはおろか特撮という言葉さえ無かった映画草創期に、一体どうやって撮ったんだろうと驚かされ、関心させられ、笑わせてくれるのがキートン作品の魅力だが、「キートンの探偵学入門」はその意味では魅力満載で、個人的にも何度も観ている大好きな作品だ。例の映画の中に入り込むシーンは、スクリーンの形にくり抜いた壁をヒョイとまたぐという実にアナログな手法だが、主人公の立ち位置は変わらないが背景がどんどん変わっていくシーンはどうやって繋げたのだろう(諸説あるらしい)。他の見せ場にしても、ビリヤードで爆薬を仕掛けたボール(13番というオチもついている)だけを外したブレイクショット、敵のアジトからの脱出で縦にたたんだ女性のドレスに飛び込んで一瞬で女装する(TVの「欽ドン」で西山浩司が同じネタを演ったことがあった)、そしてオートバイのハンドルに座った状態で疾走し続けるとか、トリック無しだろうがここまで見事にやられると、一体どうやって撮ったんだろうと何度観ても思う。     チャップリンが笑いにペーソスを加えたのに対し、キートンは笑いにスピードとアクションを加えた。その分動きも大きくなるわけだが、一方で小ネタも多用していて、別の作品だが、ドアノブに瓶の栓が付いていて鍵を開けるのに栓抜きを使うとか、新聞を読んでいてページをめくっていたら新聞紙が段々大きくなって終には1枚の大きな紙になったとか、漂流している船上から別の船を発見して救助してもらおうと一番派手な旗を振って合図を送ったら疫病発生を伝える旗だったので船が逃げてしまったとか、一体どうやってこれだけのアイディアが思いつくのだろう。     僕は趣味で漫画を描いていて、たまに4コマのネタを思いついて、描いたものを友人に見せると、誰の影響を受けている?と、よく聞かれる。自分が考えたようでも、どこかで見たような気がする、と言われるようではまだまだか。先人が考え実行したことは、それ自体が偉業に思える。一体どうやって…。
隠す
  
 
[188]ブルー・スカイ
 ジョーンコールフィールドルーテツ2018-06-04
 
クロスビー&アステア&バーリンのトリプル役満 そのわりにそれぞれのフィルモグラフィ上ではイマイチ地味作扱いの映画 理由は、雑なストーリー、演出にあるだろう ミュージカ・・・
続きを読む
クロスビー&アステア&バーリンのトリプル役満 そのわりにそれぞれのフィルモグラフィ上ではイマイチ地味作扱いの映画 理由は、雑なストーリー、演出にあるだろう ミュージカル映画でストーリーは二の次なのはわかるが、あまりに雑な展開、おかげで登場人物の心理描写も浅く、はっきり言うとクロスビーとアステアがただのバカにしか見えない ラストの取ってつけたような大団円もズッコケ とは言ってもこれだけのスターが集まれば見どころは多い クロスビーの歌、アステアのダンス、バーリンの曲はもちろん 助演のビリー・デ・ウルフの芸達者ぶり、お人形さんみたいなオルガ・サン・ファンの歌やダンスもかわいらしい 主演の2人と三角関係になるジョーン・コールフィールドにイマイチの魅力しか感じなかったのが残念だ
隠す
  
 
[189]夜に生きる
 ハイリスクハイリターンな稼業HABBY2018-06-04
 【ネタバレ注意】
『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』を彷彿とするギャング劇。女・カネ・どんぱち、、時代考証が結構しっかりしてるように見えるし売れ線要素が揃ってて面白い。
  
 
[190]ライド ライド ライド
 自転車ロードレース黒美君彦2018-06-04
 【ネタバレ注意】
<あらすじ>栃木県北部の那須町に「全国初の観光地密着型・プロ自転車ロードレース・チーム」として誕生した「那須ベンガーズ」。経営再建のためにマネージャーとして送り込ま・・・
続きを読む
<あらすじ>栃木県北部の那須町に「全国初の観光地密着型・プロ自転車ロードレース・チーム」として誕生した「那須ベンガーズ」。経営再建のためにマネージャーとして送り込まれた那須信用金庫の融資課職員・平井守(瀬戸康史)。経営を2か月で立て直すミッションを託され、守は恋人の佐野美弥子(臼井あさ美)との結婚、信用金庫復帰を目指し、早速リストラに着手。アシストでキャプテンの遠山一成(袴田吉彦)、エースの中村悠里(石黒英雄)らと衝突しながら、守は「那須ロードレース」の開催に動き出す…。 2014年に放送されたNHK宇都宮放送開局70周年記念の栃木発地域ドラマ。 ひと言で言ってしまうと可もなく不可もなく…という印象。2012年、実際に設立された「那須ブラーゼン」をモデルにしているのだとか。 しかもドラマ収録後、2014年の全日本自転車競技選手権大会では、那須ブラーゼンの選手が日本一になったのだとか。 自転車競技は欧米に比べると日本ではまだまだメジャーとはいえないし、プロになっても食べていけない。大変なスポーツだ。 個人的には自転車は大好きだし、毎年ツール・ド・フランスの番組はつい観てしまうんだけど…。 かつて融資で顧客を信じたばかりに大損失を出し、その後融資から逃げるようになった信用金庫の職員、というのはややリアルではあるけれど、レースチームのメンバーの個性や特色を十分生かしきれなかった気がする。まあ、一時間ドラマなんだから仕方がないけど。 那須連山の山並みは綺麗でした、けどね。 まあ、こんなもんかなあ。
隠す
  
 
[191]ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
 金ヅルディズニーの、癌細胞namurisu2018-06-04
 
おなじことをやっているのだから、興行収益墜落は、あたりまえ。
  
 
[192]万引き家族
 「棄てたんじゃなくて」黒美君彦2018-06-04
 【ネタバレ注意】
是枝裕和監督が、ぐるりとまわって原点に戻ってきた…と感じさせた。擬似家族や親子の問題をずっと問い続けている是枝監督らしい作品だ。 だから、この作品にはこれまでの彼の作・・・
続きを読む
是枝裕和監督が、ぐるりとまわって原点に戻ってきた…と感じさせた。擬似家族や親子の問題をずっと問い続けている是枝監督らしい作品だ。 だから、この作品にはこれまでの彼の作品に似通ったシークエンスが随所に登場する。 親に棄てられた兄妹の話『誰も知らない』(2004)はもちろん、樹木希林と安藤サクラが台所で雑談しているのは『歩いても歩いても』での樹木希林とYOUのやりとりを髣髴とさせるし、リリー・フランキーと城桧吏の関係は『そして父になる』に。血縁関係にない姉妹は『海街diary』の姉妹を思い起こさせるし、取調べを受ける安藤サクラのひとり語りは、『三度目の殺人』での拘置所でのシーンに重なる。 けれど、それぞれしっかりと独自性を維持しているのは、安藤サクラをはじめ、俳優たちがしっかり地に足のついた演技をしているからだ。 多くの是枝作品に共通しているのは、「本当の家族とは何か」あるいは「“本当の家族”とは幻想に過ぎないのではないか」という問いだ。 俳優陣はみな達者だが、安藤サクラがとにかく素晴らしい。5歳のりん(佐々木みゆ)の火傷の痕を愛しそうに撫でる風呂のシーンや、縁側で彼女を抱きながら「好きだから叩く、なんてウソだからね」というシーンは思わず胸が詰まった。 チームワークで万引きを繰り返す男と少年、男は父になりたいと思うが、父として伝えるべき言葉を持っていないリリー・フランキーは結局父にはなれないし、安藤サクラも自分のことは「何者なんでしょうね」と涙する。 住んでいた高齢女性の遺体を敷地に埋めて、5歳の他人の娘と一緒に住んでいれば、客観的には何という犯罪的な一味だ、と非難されるだろう。けれど、もし背景にこんな日常があったとしたら。家の軒の間から、見えもしない花火の音に表情を輝かせる“擬似家族”が何と幸福そうに見えることか。 是枝ワールドの集大成ともいえるこの作品だが、ふと山田洋次監督『男はつらいよ』シリーズへの思いが重なった。どちらも擬似家族の物語である。車寅次郎はコミカルにポジティブに生きるが、擬似家族のなかに居場所を見つけきれないまま大人になる。その物語のネガが、この『万引き家族』ではないかと。 その意味で、家族をめぐる物語は、国境や時代を超えて永遠につきまとい続けるのだろう。 「棄てたんじゃなく、拾った」の意味。 棄てたのは誰か。棄てた痛みも知らず、踏みつけ続けるのは誰か。 いろいろな思いに囚われる作品だった。
隠す
  
 
[193]名もなき野良犬の輪舞(ロンド)
 野良犬黒美君彦2018-06-04
 【ネタバレ注意】
コリアン・ノワール、とでも呼べばいいか、韓国映画のなかで存在感を放つヤクザ映画の一本。 人を信じず闇社会で上りつめるジェホ(ソン・ギョルグ)と、潜入捜査を命じられた・・・
続きを読む
コリアン・ノワール、とでも呼べばいいか、韓国映画のなかで存在感を放つヤクザ映画の一本。 人を信じず闇社会で上りつめるジェホ(ソン・ギョルグ)と、潜入捜査を命じられた刑事ヒョンス(イム・シワン)。 潜入捜査モノは2002年の『インファナル・アフェア』以降数多く作られているが、この作品では比較的早くヒョンスの正体がジェホにバレてしまう。さらにはジェホを信頼していたヒョンスにとって、許されざる事実もやがてヒョンスの知るところになり…。 結局互いに信じきることができないまま、ラストへと突き進むのだが、マフィアと警察の間で弄ばれるかのようなヒョンスが何とも哀れ。 ドラマ『未生・ミセン』で、きょとんとした表情が印象的だったイム・シワンだが、この作品では男っぽさやその暴力性をいかんなく発揮し、別人のような表情を見せる。 こうした作品を観ると、ソル・ギョングのような役者の存在感によって若手がひきたつ、ということが韓国映画では多いなと思う。逆にいえば日本では中年以降の役者がどうも弱いのだが…。 イム・シワン演じるヒョンスはこのあとどこへ向かうのか。彼は警察には戻れず、恐らく闇社会で生きることになるのだと思わせて物語の幕は閉じるのだが、その先にあるのは結局悲劇でしかない。野良犬は人に懐いても、育つと育ての親に噛みつくことがあるのだ。 個人的にはしんどいけれど面白く観た。
隠す
  
 
[194]いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち
 大丈夫かイタリア(笑)黒美君彦2018-06-04
 【ネタバレ注意】
シドニー・シビリア監督が2014年に手がけたという初監督作品『いつだってやめられる 7人の危ない教授たち』は未見。 この作品は、その続編として制作されているので、全く予備・・・
続きを読む
シドニー・シビリア監督が2014年に手がけたという初監督作品『いつだってやめられる 7人の危ない教授たち』は未見。 この作品は、その続編として制作されているので、全く予備知識ゼロで観た私には、最初は設定がもうひとつよくわからなかったが、次第に事態が飲み込めてくるとそのバカバカしさに結構笑えた。 その背景にあるのは、イタリアの政情不安と欧州危機。そうでなくてもギリシャに端を発してEU圏の経済が右下がりなのに、イタリアでは2018年に入っても総選挙後、なかなか政権が成立せず、やっとできた政権も「EU離脱派」と右派の連立。大丈夫か。 そんなイタリアでは高学歴であっても職を得られず、頭脳の国外流出が止まらないのだとか。 そうした現実をバックに「研究者ギャング」を結成した神経生物学者ピエトロ・ズィンニ(エドアルド・レオ)とその同僚たちは、超絶合法ドラッグを製造した挙句、ズィンニたちは捕らえられる。ここまでが前作。 ところがパオラ・コレッティ警部(グレタ・スカラーノ)が、服役中のズィンニに、メンバーを再結集させて、スマートドラッグ蔓延を防ぐミッションを、前科の抹消を交換条件に依頼する。 ここで集まったのが古典・考古学者アルトゥーロ・フランティーニ(パオロ・カラブレージ)、化学者バルトロメオ・ボネッリ(リベロ・デ・リエンツォ)、計算化学者アルベルト・ペトレッリ(ステファノ・フレージ)、ラテン碑銘学者ジョルジョ・シローニ(ロレンツォ・ラヴィア)、文化人類学者アンドレア・デ・サンクティス(ピエトロ・セルモンティ)、理論解剖学者ジュリオ・ボッレ(マルコ・ボニーニ)、教会法学者ヴィットリオ(ロザリオ・リスマ)、メカトロニクス・エンジニアリングのルーチョ・ナポリ(ジャンパオロ・モレッリ)、工業化学者ヴァルテル・メルクリオ(ルイジ・ロ・カーショ)、記号学者マッティア・アルジェリ(ヴァレリオ・アプレア)。 みんな頭はいいけれど、どこかおかしい。 単なる変人グループにも見えるけれど、ちゃんとスマートドラッグの解析を進めていくからバカバカしい。 さてさて最後に残ったドラッグ“ソポックス”は、次回作に持ち越し(笑)。 コミカルな犯罪映画、なんだけど、合法ドラッグならどうして警察が捜査するのか?(笑) それは日本同様イタリアでも、法律上はリストに載った薬物しか摘発できないから。つまり、ズィンニたちは、ドラッグを入手して、その成分を分析することによって、蔓延するドラッグを禁止しようとしているワケ。 ファシズム時代のサイドカーで颯爽と走る教授たちはどうかとも思うけれど、楽しく観られた。
隠す
  
 
[195]奴が嘲笑う
 軽さがよいあーぼう2018-06-04
 
重そうな邦題と違って軽妙なテンポのコメディ要素もあるサスペンス。主役弁護士のイ・ソンギュンは「ソニはご機嫌ななめ」ぐらいしか見たことないが、飄々とした演技。キム・ゴ・・・
続きを読む
重そうな邦題と違って軽妙なテンポのコメディ要素もあるサスペンス。主役弁護士のイ・ソンギュンは「ソニはご機嫌ななめ」ぐらいしか見たことないが、飄々とした演技。キム・ゴウンは検事にみえない幼さが可愛い。事務長役のイム・ウォニもいい味を出しており、続編も作れそうな2時間ドラマのようなノリ。
隠す
  
 
[196]クィーン
 総本山o.o2018-06-04
 
期待していたほど面白くはありませんでした。何より映画的スケールというものがまったく感じられず、途中、あれひょっとしてこれテレビ映画だったかなと本気で疑ってしまったほ・・・
続きを読む
期待していたほど面白くはありませんでした。何より映画的スケールというものがまったく感じられず、途中、あれひょっとしてこれテレビ映画だったかなと本気で疑ってしまったほどです。また、ダイアナ元皇太子妃の事故死を巡り、哀悼の意を表明することを拒む王室と、そんな王室に対して日に日に高まる大衆の怒りを懸念する政府が綱引きをするという話なのですが、その駆け引きも特にスリリングという訳ではありません。そもそも題材となるダイアナ事件が、それによって国際情勢が変わるような話ではなく、どうも英国人の内輪話という感じがしていまひとつ乗れませんでした。全体的に冷め切ったピザみたいな印象を受けたというのが正直なところです。 ただ、外国人としては、普段は見れないイギリス王室のあれこれをのぞき見できたのはよかったです。首相就任式で、新首相が女王の前に膝まづいて手にキスをするなんて、まだやってるんですな。また、あんな広大な土地を使った鹿狩りなどを未だにやってるとは。ジープが故障して 1 人取り残されたエリザベスの前に、大きな鹿が現れてその美しさに息を呑み、その後、頸を切られて吊るされているその鹿を見てショックを受けるというのが、この映画で一番印象に残ったエピソードです。なお、これがエリザベスの考えを変える 1 つのきっかけとなります。 王室のエリザベス女王に対して、政府側のカウンター パートがトニー・ブレア首相となるのですが、すごく好人物として描かれています。ブレアなんてぜんぜん印象に残っていないのですが、20 世紀における最年少の英国首相(43 歳)で、当時は新しい英国を象徴する存在としてすごく期待されていたんですな。エリザベスとブレアが親し気に言葉を交わしながら歩くシーンで終わりますが、これは、これからは旧いイギリスと新しいイギリスが共に協力し合って歩んでいくのだというメッセージであると思われます。 映画では、ダイアナのスキャンダルは品格を尊ぶ英国王室としては異例のことであり、これも時代の変化だということになっている訳ですが、でも歴史を素直に振り返れば、裏切り、陰謀、暗殺と、王室なんてもともとは「スキャンダルの総本山」みたいな場所ではなかったでしょうか。で、そのダイアナの息子ヘンリー王子とメーガン・マークルの例のロイヤル ウェディングです。今からスキャンダルが期待される訳ですが、むしろスキャンダルこそが王室への興味を掻き立て、最終的には王室を活性化させることにつながるだろうと予告しておきます。ダイアナの時がそうであったように。
隠す
  
 
[197]荒野の渡世人
 ごちゃ混ぜ邦画ウェスタンbond2018-06-03
 
吹き替えで観賞。怒りの荒野をベースにいろんなウェスタン混じってる。東映というよりは日活っぽい。ちょっと滑稽。
  
 
[198]ビジター 征服
 つまんねbond2018-06-03
 
チープでゴチャゴチャ。
  
 
[199]バニー・レークは行方不明
 Remember youFFF2018-06-03
 
町山氏が勧めるので鑑賞。タイトルでゾンビーズと出たのでびっくり。そういやサントラに提供してたって読んだ事ある。なるほどイギリスらしいですな。 淡島神社みたいな人形屋・・・
続きを読む
町山氏が勧めるので鑑賞。タイトルでゾンビーズと出たのでびっくり。そういやサントラに提供してたって読んだ事ある。なるほどイギリスらしいですな。 淡島神社みたいな人形屋さんが不気味。お兄さんがデイジーって歌うかと思いました。情緒不安定のキャロルリンレーが美しい。ロストガールものとしてはウィッカーマンには及ばず。
隠す
  
 
[200]ワンダーウーマン
 クールビューティーbond2018-06-03
 
内容は、リンダカーターと違って、エライ壮大だけど凡庸。ガル女史の魅力イッパイ。
  
 
[201]パッセンジャー
 面白かったぞービリジョ2018-06-03
 【ネタバレ注意】
 すげー面白かったっす。こりゃ面白い。  ブスとハンサム、あるいは美女とブ男だったらどうなったのかってのは無し。ははは。ってゆう設定のがブラッドベリの火星年代記にあ・・・
続きを読む
 すげー面白かったっす。こりゃ面白い。  ブスとハンサム、あるいは美女とブ男だったらどうなったのかってのは無し。ははは。ってゆう設定のがブラッドベリの火星年代記にありましたね。  バーテンダーさんがいいですね。シェーカー振って欲しかったですね。  ラスト、ああなるんじゃないかなってのが外れたというか、まあそれはやめとこ、ってことになったんですかね。  冬眠中はヒゲとか伸びないのかな。
隠す
  
 
[202]ラスト・シフト/最期の夜勤
 5段階評価の2・5さとせ2018-06-03
 
旧庁舎での最後の宿直となったローレン巡査。 不気味な電話がかかったり、室内で小便する浮浪者を追い出したり幽霊が出現したりと最悪な1日を過ごすのだが・・・。 タイトル・・・
続きを読む
旧庁舎での最後の宿直となったローレン巡査。 不気味な電話がかかったり、室内で小便する浮浪者を追い出したり幽霊が出現したりと最悪な1日を過ごすのだが・・・。 タイトルだけで凄く見たくなってしまう1作。 しかも主演のローレンが美形で体当たり演技を見せてくれるのも嬉しい。 皮肉なラストも冴えていてエンディングとの繋がりも良し。 DVDはちゃんと5.1ch収録されているのがよろしい。
隠す
  
 
[203]アイアムアヒーロー
 ライフルあっての・・・nightwing2018-06-03
 
未曾有の恐怖が突如として起こっているのに何故かしら危機感 が感じられないのは噛まれる前からもうゾンビみたいな演技だから? ・・・・・とやや冷ややかに観始めてしまったが・・・
続きを読む
未曾有の恐怖が突如として起こっているのに何故かしら危機感 が感じられないのは噛まれる前からもうゾンビみたいな演技だから? ・・・・・とやや冷ややかに観始めてしまったが 過去の有名ゾンビ映画の各シーンを頂戴した事は許すとして やや中だるみはあるものの結構頑張っていたのではないでしょうか。 CGの腕も上がってかゴアシーンも結構力はいっているし・・・。 でもマンガはどうあれ有村のキャラが中途半端で意味不明すぎる・・・
隠す
  
 
[204]フランス特殊部隊 RAID
 元気が一番HABBY2018-06-03
 【ネタバレ注意】
コミカルなガーリーアクション作品。主演女優アリス・ポルのキャラに合ってると思う。今から40年ほど前のシリーズ『エロチカ・ポリス』を不意に思い出したが、この女優にあそこ・・・
続きを読む
コミカルなガーリーアクション作品。主演女優アリス・ポルのキャラに合ってると思う。今から40年ほど前のシリーズ『エロチカ・ポリス』を不意に思い出したが、この女優にあそこ(エドウィジュ・フェネシュ)までのセクシーさはないか。
隠す
  
 
[205]女神の見えざる手
 盗聴ゴキブリ!!?マジャール2018-06-03
 【ネタバレ注意】
いやぁ〜面白かったですね! ワシントンDCを舞台にした痛快娯楽作品!   特異なキャラの主人公(ヒロイン?ヒーロー?!)を設定しながらも、物語の背骨はあくまでオーソドッ・・・
続きを読む
いやぁ〜面白かったですね! ワシントンDCを舞台にした痛快娯楽作品!   特異なキャラの主人公(ヒロイン?ヒーロー?!)を設定しながらも、物語の背骨はあくまでオーソドックスな作劇で、敵方と観客の両方に仕組まれたドンデン返しの切れも冴える。痛快、痛快、いや、これでいいんですよ、娯楽作品なんですからね。 (ある意味、七人の侍、用心棒、パターンのお話か?いや、Vマドンナ大戦争か!!? それにしてもこの脚本は冴えてますね) 主役の女優さんをはじめ脇のひとも皆んな不自然さを感じさせないリアルな演技で迫力がありました。(ラストのうろたえぶりも堂々の貫禄のJ・リスゴー!)銃ロビーの親玉なんて、まるでエド・ビンズ二世か、21世紀のマーレイ・ハミルトンか(?)ってくらいの保守(右派)オヤジっぷりがきまってた。他の出演者の演技も素晴らしかったですね。 (唯一、州矯正施設(刑務所?)で面会に応じる主人公がポケットに手を入れて出てくるところは、作ったっぽい感じがしましたけど・・・) 正直、去年観た『否定と肯定』や先月観た『ゲティ家ーー』よりも格段に面白かった。 洋画だって、アメリカ映画だってまだまだ、やればできるじゃん! とりあえずミステリーサスペンス・ファンは必見かな。 (2011年の作品ですが、DVD借りて観た『ドラゴン・タトゥーの女』も面白かったです) (本作は池袋の新文芸座にて鑑賞) それにしてもいつになったら、日本の社会派エンターテイメントも本作みたいな痛快さを発揮してくれるんでしょうかねえ? 馳だの東野だの(その他・・)の小説読んでも、出だしこそ社会派っぽいのに最後は男女のもつれた話にころがってっちゃって、面白くもなんともない。 おまえら物語作家なんだから読者が読みたいようなはなしを、あたま使って考えろよ!って言いたくなる。 表現者の側で自主規制してどうすんだろうね! 日本の社会派エンタメに、もっと“激震”を!!! (3点か5点か・・・迷うとこだけど、とりあえず、3点で)
隠す
  
 
[206]ピーチガール
 ザッツ青春ロードHABBY2018-06-03
 【ネタバレ注意】
三角関係がテーマの学園もの。学園少女マンガ原作の作品ってどれも妄想がきっつい。ひとまず主演女優山本美月の顔と名を覚えるべく努力してみよう。
  
 
[207]エベレスト 3D
 素人登山隊nabeさん2018-06-03
 
実話に基づいた、山岳遭難ドラマである。 1996年におきたエベレスト公募隊の大量遭難を、史実に忠実に描いている。CGのおかげで、まるで一緒にエベレストに登っているか・・・
続きを読む
実話に基づいた、山岳遭難ドラマである。 1996年におきたエベレスト公募隊の大量遭難を、史実に忠実に描いている。CGのおかげで、まるで一緒にエベレストに登っているかのような臨場感があり、特に山頂付近のリアリティは凄い! 公募隊ならではの弱点と不幸が重なったことで、いかに遭難が発生し人が死んだかを理解することができるが、むしろ留守家族の悲しさを前面に出したことがドラマとして成功している所以だろう。 ジェイク・ギレンホールが、冴えないリーダーを淡々と演じている。奇跡の生還を果たしたジョシュ・ブローリンが、唯一の救いとなっていて印象深い。
隠す
  
 
[208]ラスト/ナイト
 5段階評価の2・5さとせ2018-06-03
 
女が気が付くと車の中で拘束されていた。 どうにか外へ出るが死体があった為、車中へ戻るが助手席にも女が乗っていてあんたの所為でみんな死ぬはめになったと言われる。 何の事・・・
続きを読む
女が気が付くと車の中で拘束されていた。 どうにか外へ出るが死体があった為、車中へ戻るが助手席にも女が乗っていてあんたの所為でみんな死ぬはめになったと言われる。 何の事か分からない女は携帯で警察へ電話するが、自分はホープという名前で記憶喪失になっていたのだった。 外へ出るとゾンビが襲って来て又もや車中へ逃げ込むのだが・・・。 オープニングで海辺で佇ぬ笑顔のホープが凄く綺麗で見入ってしまうが、直ぐに車中のシーンへ移動してしまうのが少し残念。 車中でのシーンが殆どで演出力が無いと退屈になってしまうのだがそれを感じさせないのが良い。 久々のイタリア映画だが全く感じさせずスラッシャーと思いきやゾンビだったのに少し驚き。 DVDは広大なシネスコなのは嬉しいが、残念だったのはホープの美貌をもっと見たかった。
隠す
  
 
[209]レディ・バード
 あるあるhayate92018-06-03
 
多くの女の子(だった人も)、あるある映画かも。 母子映画としてのくくりだったら、「アイ,トーニャ」よりこちらの方が好き。 ティモシー・シャラメより、兄ミゲルの方がかっ・・・
続きを読む
多くの女の子(だった人も)、あるある映画かも。 母子映画としてのくくりだったら、「アイ,トーニャ」よりこちらの方が好き。 ティモシー・シャラメより、兄ミゲルの方がかっこいいと思う。
隠す
  
 
[210]ナイトウォッチメン
 5段階評価の2さとせ2018-06-03
 
ブリンポ氏率いる人気のサーカス団が全員死亡する。 ブリンポ氏の遺体の入った棺が送られてきてそれを見つけた主任は商売になると大喜びするも、やはりブリンポが復活し襲われ・・・
続きを読む
ブリンポ氏率いる人気のサーカス団が全員死亡する。 ブリンポ氏の遺体の入った棺が送られてきてそれを見つけた主任は商売になると大喜びするも、やはりブリンポが復活し襲われた者たちが吸血鬼へと変貌しパニックに・・・。 タイトルだけで余り見る気を起こさせなかったが、見てみると意外に面白くちゃんとした邦題を付ければな〜と思いもしたが此れが原題とは・・・。 アメリカ作品らしくどんなに危険な目に遭っても明るく敵に対処するのが日本と違う。 79分のランタイムも良くDVDはちゃんと5.1ch収録されているのが偉い。
隠す
  
 
前へ 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION