allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[181]ROMA/ローマ
 私はイエスがわからない笠勝利2019-03-15
 
製作・脚本・撮影・編集も兼ねてアルフォンソ・キュアロン監督がかつての家政婦リボリアに捧げた贖罪の映画。モノクロームの映像と日常生活の音で1970年から翌年までの自伝的な・・・
続きを読む
製作・脚本・撮影・編集も兼ねてアルフォンソ・キュアロン監督がかつての家政婦リボリアに捧げた贖罪の映画。モノクロームの映像と日常生活の音で1970年から翌年までの自伝的な物語を綴る。繰り返される恐ろしいほどの長廻しに耐えて応えた先住民族のヒロインが素晴らしい。支配され、差別され、虐げられたその姿は半世紀近く昔のことだと簡単には片づけられない世界を静かに鋭く映し出している。「リトル・プリンセス」「トゥモロー・ワールド」「ゼロ・グラビティ」とそれぞれ異なる印象で強く心に刻まれたキュアロン作品。どれも好きだが、本作はその白眉かもしれない。 劇中に登場する「宇宙からの脱出」で久しぶりにジーン・ハックマンを見た。元気なのだろうか。
隠す
  
 
[182]デッドプール2
 ウェイド=ライアンリベルタド!!2019-03-15
 【ネタバレ注意】
実は「ウルヴァリン」1作目のラスボス的ヴィランが、デッドプールだったことって意外と知られていないのかも。演じているのもライアン・レイノルズで同じ。 だから今回エンドロ・・・
続きを読む
実は「ウルヴァリン」1作目のラスボス的ヴィランが、デッドプールだったことって意外と知られていないのかも。演じているのもライアン・レイノルズで同じ。 だから今回エンドロールのオマケ映像で、セルフカバーしているのが面白かった。 あと「グリーンランタン」の脚本を手にしたライアン・レイノルズが頭撃ち抜かれるギャグも笑えた。 だけど、グリーンランタンのおかげで、ブレイク・ライヴリーと結婚できたんだから御の字でしょ。
隠す
  
 
[183]ハケン占い師アタル
 占い…じゃないだろ黒美君彦2019-03-15
 【ネタバレ注意】
<あらすじ>イベント企画会社「シンシアイベンツ」に派遣社員として入った的場中(杉咲花)は、神田和実(志田未来)の下で働くことに。ところが代々木匠部長(及川光博)が、・・・
続きを読む
<あらすじ>イベント企画会社「シンシアイベンツ」に派遣社員として入った的場中(杉咲花)は、神田和実(志田未来)の下で働くことに。ところが代々木匠部長(及川光博)が、中のいるDチームに次々とんでもない指示を出してくる。Dチームのリーダー大崎結課長(板谷由夏)のもと、昔の栄光が忘れられない上野誠治(小澤征悦)、お坊ちゃま社員の目黒円(間宮祥太郎)、不満だらけの品川一真(志尊淳)、唯我独尊の田端友代(野波麻帆)らは一向にまとまらない。中は、封印していた「占い」の能力を出すことに…。 これは占いか?読心術と予言じゃないのか?などと思いながらぼーっと見ていた。 杉咲花演じるアタルが、社員ひとりひとりにするのは、どとらかというとカウンセリング。現在の性格がいつどのように形成されたかを突きとめて、アドヴァイスをする、というのだから。話を聞いてもらった方々はみな、とても素直な方ばかりのようで(笑) まあ、当人が気づいていない弱点を克服できれば、自ずと道は開けて来るよね、確かに。 説教も杉咲花からだったら素直に聞けるのか…よくわからん。 遊川和彦のドラマは基本生理的に合わないものが多いが、いずれにせよも少し自分で考える癖をつけようよ…と思ってしまった。 ボーっと生きてんじゃねーよ!とチコちゃんに怒られたい…みたいな風潮が広がってるんだろうか。 怒ったらパワハラと責められ、怒らなかったらみんな自分で思考停止に陥る。いったいどうしたらいいんだろ。
隠す
  
 
[184]LUCIFER/ルシファー (シーズン2)
 神々のお家騒動HABBY2019-03-15
 【ネタバレ注意】
全18話。神や悪魔、天使、堕天使など豪華なキャラが大挙して全軍躍動、壮大なファンタジー(ホラ話)がさらに大きなスケールで描かれる。もはや刑事物語という当初の世界観は雲・・・
続きを読む
全18話。神や悪魔、天使、堕天使など豪華なキャラが大挙して全軍躍動、壮大なファンタジー(ホラ話)がさらに大きなスケールで描かれる。もはや刑事物語という当初の世界観は雲散霧消しているが(苦笑)、個人的には『ヴァンパイアダイアリーズ』に近い質感として楽しんでいる。 主人公の一人、女刑事役クロエの出生の影に神の力が働いていたことが分かるのが本シーズンの肝の一つ。次シーズン以降この要素がどう味付けされ、さらに破天荒な神話物語として昇華していくかが楽しみ。
隠す
  
 
[185]絹の靴下
 ニノチカ・ダンス版Odd Man2019-03-15
 
この時期のスターシテムのミュージカルバレエ、ダンスは空前絶後なんで世界文化遺産で良いんじゃないかな。
  
 
[186]夢千代日記
 不幸な人ばかりちゃぷりん2019-03-15
 
「あ・うん」の時も感じたが、4回や5回は短か過ぎる。10回シリーズで観たかった。
  
 
[187]不安の種
 怪異の町リベルタド!!2019-03-15
 
登場人物の過去が絡みあうようなストーリー。“町”全体が怪異の対象になっているのは、スティーブン・キング的かも。原作が読みたくなった。
  
 
[188]運び屋
 元気で気骨ある老人像が爽やかちょいQK (Mail)2019-03-15
 
 主演は「グラン・トリノ」で終わりだと思っていたクリント・イーストウッドの主演新作なので早速見た。園芸業で成功していたがネット販売に押されて行き詰り、自宅も差し押さ・・・
続きを読む
 主演は「グラン・トリノ」で終わりだと思っていたクリント・イーストウッドの主演新作なので早速見た。園芸業で成功していたがネット販売に押されて行き詰り、自宅も差し押さえられた90歳の老人アール・ストーン(クリント・イーストウッド)がうまい話に乗って麻薬の運び屋となる。最初は麻薬と知らずに受けたアールだが、途中でそれに気づいた後も平然とこなし、稼いだ大金を断絶していた家族や、退役軍人会の仲間のために使っていくという話。それまで仕事と仲間との交流のみにかまけて、家族を全く顧みなかったことで、妻にも離婚され娘からは縁を切られ拒絶されているが、大いに後悔し、孫娘の結婚を機に何とか修復したいと考えている孤独な老人という設定である。  しかしそれは一面に過ぎず、アールは元気いっぱいである。75歳以上免許返納検討など何のことかという感じで、古い歌を口ずさみながらドライブを楽しんでいる。麻薬組織のボスや指示を押し付ける幹部にも物おじせず、相手の立場による差別をしないので次第に組織の若者たちに溶け込んでいく。麻薬取締捜査官(ブラッドリー・クーパー)にずけずけ意見して「年とった人の言葉には遠慮がなくていい」と言われ、「俺は元から遠慮なんかしない」と我流を強調するが、組織の下っ端にスマホのメールを習うなどの好奇心と柔軟性も持っている。パンクで困っている黒人カップルには手助けを買って出て、「ニグロ」と言って、「今はニグロではなくブラックと言うのよ」とたしなめられ、「そうなのか」と受け入れるのも同様である。組織のボスのパーティではグラマーな娼婦をあてがわれ、積極的な楽しんでいる。年相応によたよたはしているが、特に持病もなく、何の薬も飲んでおらず、介護問題やボケるなど考えられもしないかくしゃくとした老人である。  こういった、誰にでもできることではない老人像は、おそらくイーストウッドそのものであり、彼が理想と考える姿なのであろう。エンドロールに流れる歌の歌詞「老いを受け入れるな」に象徴的に現れている姿勢でもある。それまで自分が積み上げてきたやり方にこだわって生き、法律やモラルにも必ずしも縛られない、しかしその責任はすべて自分が負う、という老人の気骨である。そのことが一貫して表現されているために、十分楽しめて爽快感を与えられる作品である。家族との関係修復というテーマは、どちらかと言うと二次的なものに思えるし、それに真摯に向き合う姿こそが強調されていることのようだ。ストーリーは穴もありそれほど大した出来ではないにも関わらず、最後まで惹きつけられた。  作品宣伝のインタビューなどを見ても、イーストウッドはこの元気さなら、今後の主演作も期待できるのではないかと思えてきた。
隠す
  
 
[189]ROMA/ローマ
 日常を損なわないmototencho2019-03-15
 
日常を損なわないで丁寧に描かれたメキシコの70年代。アルフォンソ・キュアロン少年の目に映った当時はあんな感じだったのかな?劇場で観てもなんら文句なしです。
  
 
[190]運び屋
 恐れ入りましたmototencho2019-03-15
 
実録なのに観ているコチラは目を丸くする。恐れ入りました、人を食っているというかなんというか。一級の娯楽作ではありませんか。
  
 
[191]ファンタズム II
 B級ハリウッドbond2019-03-15
 
前作に比べると、ありがちなゲテモノになってしまった。なんで主役変わったの?
  
 
[192]希望の降る街
 ジーンアーサールーテツ2019-03-15
 
ジーン・アーサーが出ているからか、キャプラ映画っぽいほんわか系のライトコメディ ジーン・アーサー、良い!もうそれ以外の感想は出てこない! ロナルド・コールマンは『心・・・
続きを読む
ジーン・アーサーが出ているからか、キャプラ映画っぽいほんわか系のライトコメディ ジーン・アーサー、良い!もうそれ以外の感想は出てこない! ロナルド・コールマンは『心の旅路』でしか知らなくて、なんとなく”サイレントの生き残りオジサマ”というイメージがあったが、アゴ髭も生やして軽いコメディ演技が新鮮だった 一方ケイリー・グラントは柔硬どっちもイケるが、やはり主戦場はコメディだな、と再確認 展開やオチはある程度よめるが、演者たちの魅力もあって楽しめる 個人的にはロナルド・コールマンの印象が変わった作品
隠す
  
 
[193]カメラを止めるな!
 お疲れさんedix2019-03-14
 【ネタバレ注意】
 劇中劇であり、物語の進行の裏側がメイキング的に語られていくという展開。似たような作品はあるし、はじめに見た時の印象が、その解説(理由)によって180度違った意味で・・・
続きを読む
 劇中劇であり、物語の進行の裏側がメイキング的に語られていくという展開。似たような作品はあるし、はじめに見た時の印象が、その解説(理由)によって180度違った意味であったというオチなどの作品もあったと思う。  低予算による映画なのに頑張っているが、それほどヒットするとは驚き!!その理由が理解できない。ほんと、映画って個人の好き嫌いが出るので、これに感銘を受けた人、複数回鑑賞する人もいるんだろうな。  僕は一回でいいけど。
隠す
  
 
[194]ジョニー・ノックスヴィル アクション・ポイント/ゲスの極みオトナの遊園地
 ジャッカス風スタントsaint_etienne_heaven2019-03-14
 【ネタバレ注意】
もフィーチャーしたバカ映画。
  
 
[195]ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
 スネイプの涙ちゃぷりん2019-03-14
 
こういう終わり方でもいいけど、ディズニーやジブリみたいな、明るい魔法学園シリーズを期待した人も多かったと思う。そうなるとヴォルデモートが要らなくなるけど。
  
 
[196]ハッピーエンド
 人生は断片の寄せ集めpumpkin2019-03-14
 
同じ脚本でも、もっとわかりやすく撮ることも出来るのに、殊更わかりにくく撮られています。うがった見方をすれば、人生、物事は認識しがたく、わかるのは目前にある断片ばかり・・・
続きを読む
同じ脚本でも、もっとわかりやすく撮ることも出来るのに、殊更わかりにくく撮られています。うがった見方をすれば、人生、物事は認識しがたく、わかるのは目前にある断片ばかりだと言っているのかもしれません。 それにしても、ラストのジャン=ルイ・トランティニャンには驚きました。
隠す
  
 
[197]アウトロー 咆哮
 学生映画?bond2019-03-14
 
大根すぎる役者達。
  
 
[198]グリーンブック
 ファレリー監督作は・・・hayate92019-03-14
 【ネタバレ注意】
結構好きです。(こちらは兄弟作ではないけど) 劇的な要素を大袈裟に演出していなくて、とても観やすかったです。 ドクター・シャーリーの置かれている状況や孤独はそれでも・・・
続きを読む
結構好きです。(こちらは兄弟作ではないけど) 劇的な要素を大袈裟に演出していなくて、とても観やすかったです。 ドクター・シャーリーの置かれている状況や孤独はそれでも十分に伝わってきたし。 NYに返る途中の2回目のパトカーに止められるくだりは、じわっときました。 なんといってもトニーを演じたヴィゴ・モーテンセンがいい!!
隠す
  
 
[199]ROMA/ローマ
 ROMA AMOR黒美君彦2019-03-14
 【ネタバレ注意】
日常に隠れた哀しみを静謐に描いた、素晴らしいとしかいいようがない作品だった。この映画はやはり劇場の大きなスクリーンで観たい。 舞台は1970〜71年。先住民のクレオ(ヤリ・・・
続きを読む
日常に隠れた哀しみを静謐に描いた、素晴らしいとしかいいようがない作品だった。この映画はやはり劇場の大きなスクリーンで観たい。 舞台は1970〜71年。先住民のクレオ(ヤリッツァ・アパリシオ)は、メキシコシティの中心部コロニア・ローマ(タイトルはこの地名からつけられている)で住み込みのハウスキーパーとして働いてる。雇い主はソフィア(マリーナ・デ・タビラ)と医師の夫アントニオ(フェルナンド・グレディアガ)。4人の子供パコ、トーニョ、ソフィー、ペペと、祖母のテレサ、同じくハウスキーパーのアデラ(ナンシー・ガルシア)と暮らしている…。 この作品の9割は、1961年生まれのアルフォンソ・キュアロン監督自身の記憶をもとにしているという。彼は振り返って「この時代の出来事は私自身に一生続く傷を与えた。それは私自身の個人的な傷であり、この映画に出演してくれた人々の傷でもある。そして同時に、メキシコという国の集合意識に深く刻み込まれた傷でもある」と語る。彼は74歳になった元ハウスキーパー「リボ(リボリア)」にこの作品を捧げている。 主人公はクレオだ。裕福な白人家庭に雇われている彼女は、子どもたちみんなから慕われている。しかし夫婦仲が悪くなると、ソフィアから八つ当たりされたりもする。そんな境遇に対してクレオは不満を零すでもなく、淡々と日々の仕事をこなしている。 そんな彼女がアデラの恋人の従弟だというフェルミン(ホルヘ・アントニオ・ゲレーロ)とベッドをともにする。情事の後フェルミンが全裸で武芸の技を披露するのだが、彼が若い頃の本木雅弘にそっくりと思ったのは私だけ?? 妊娠に気づいてクレオはフェルミンにそのことを告げるが、それ以来フェルミンは姿を消す…。 監督自身によるモノクロの映像には一切隙が無い。カメラは人物から一定の距離を置いている。それは過去に魂が戻ってただ見つめている、という効果を意識したものだという。 冒頭では、床掃除の水たまりに映る空の飛行機が登場する。クレオが妊娠をフェルミンに告げるのは映画館でルイ・ド・フィネス監督『大進撃』(1966年仏)を観ながら。この『大進撃』も飛行機に乗っている場面が展開される。そして、エンディングでも高い空を飛ぶ飛行機…。飛行機は恐らくクレオの気持ちを示している。子どもとふざけて「死んだ真似」をするシーンにつながる冒頭は、小さな水たまりのなかに閉じ込められたクレオであり、妊娠を告げるシーンの飛行機はまさに冒険シーンだ。そしてラストの飛行機は、穏やかな空を安定して飛び、クレオの気持ちを反映している。 クレオが祖母のテレサに連れられ町に出ると、路上では反政府運動の集団と若者が衝突。実はこの政府側の暴力集団は「ロス・アルコネス」(鷹団)と呼ばれ、フェルミンもその一員であったことがわかる。この1971年5月の衝突は「血の木曜日事件」と呼ばれ、少なくとも120人が死亡したとされる。 この時破水したクレオはこの衝突のせいで病院への搬送が遅れ、死産してしまうのだ。 そして後半の信じられないような海辺の長回しのシーン。どうやって撮ったのかと思うほどの迫力。 トーニョとソフィが海に入り、それを見つけたクレオが泳げないのに海へと入っていく。どんどん高くなる波。子どもの頭がちらっと水面に見えては沈んでいく…。こんなに観ながらドキドキしたシーンは最近なかったかも知れない。 この後海辺でソフィアとクレオ、子どもたちが抱き合うシーンは、映画史に残る美しさ。 ここで初めてクレオは、自分の中で溜め込んできた言葉を吐き出す。雇い主と家政婦、大人と子ども、人種の違い、そんなものを超えた人間の絆を感じさせる名シーンだった。 その他にも興味深いシーンは数多くある。傷だらけになる高級車フォードのギャラクシーに込められた夫婦のすれ違い。 さらに特筆したのがそのサウンド。Dolby Atmosを使った音響効果は、私が子どものころ聴いた数々の「ノイズ」を想起させた。 やたら腹を空かせた野良犬がうろうろし、まだ車の量がさほど多くなかった頃、子どもたちの声や風の音、鳥の声や飛行機の爆音、そんな音の向こうで日常は営まれていた。日本とメキシコ、全く違う環境なのに、どこか懐かしさを覚えたのは、そうした「ノイズ」が共通していたせいかもしれない。 大人たちはいろいろな苦難に直面し、ひとつひとつ解決しようと努めていた。そのことを大人になって知ったキュアロン監督が、当時のハウスキーパーのリボや母親たちの苦労を偲ぼうとしたのがこの作品なのだ。 あるサイトを読んで教えられたのだけど、タイトルの「ROMA」を逆に書けば「AMOR」。スペイン語で「愛してる」の意味になる。 それを意図したのだとしたら、何てシャレたタイトルだろう、と思ってしまった。
隠す
  
 
[200]OSIRIS/オシリス
 頑張ってるダークリーママ2019-03-14
 
カメ男にはがっくりするけど、なかなかおもしろい。
  
 
[201]ファースト・キル
 女優さん地味すぎダークリーママ2019-03-14
 
ありきたりな内容。おいしいところはみんなゲシン・アンソニーが持ってった。
  
 
[202]愛人関係
 三角関係ダークリーママ2019-03-14
 
豪邸のインテリア、ダルクのファッション、ドロンの美丈夫ぶりをめでる映画。弁護士って儲かるのね〜。
  
 
[203]ノー・エスケープ 自由への国境
 ワンコ優秀ダークリーママ2019-03-14
 
地味だけど緊張感の途切れない映画。
  
 
[204]ブラジルから来た少年
 ヒッチコック映画出演者McQueeeeeN2019-03-14
 
子供だった頃に見て、よく分からなかったけど、空恐ろしい感じだけは憶えていた。 今見ると、しっかり理解できてとても面白かった。 そして、キャストをよく見ると、グレゴリー・・・
続きを読む
子供だった頃に見て、よく分からなかったけど、空恐ろしい感じだけは憶えていた。 今見ると、しっかり理解できてとても面白かった。 そして、キャストをよく見ると、グレゴリー・ペック、ジェームズ・メイスン、ローレンス・オリビエはヒッチコック映画出演者たちだった。。 若き日の、スティーブ・グッテンバーグも出ていたんだと驚きと喜び。
隠す
  
 
[205]9INE ナイン
 監督はラストでドジを踏んだ流氷一滴2019-03-14
 【ネタバレ注意】
「ナイン」という映画は複数ある。このような「監禁もの」では「NINE-ナイン-未(2005)」といのが「それ」である。 本作「9INEナイン」は2009年制作だから、上記「NI・・・
続きを読む
「ナイン」という映画は複数ある。このような「監禁もの」では「NINE-ナイン-未(2005)」といのが「それ」である。 本作「9INEナイン」は2009年制作だから、上記「NINE-ナイン-未(2005)」のリメークかというと、「監禁もの」である以外に共通点はない。出来は「NINE-ナイン-未(2005)」の方が上である。理由はあっちの方がまがりなりにもストーリーがあるから。 こっちは、まともなストーリーがない。9人が鎖で柱につながれて「自分の罪を認めよ」と言われても、そりゃわからないわ。約束どおり10分ごとに殺される。残り数人になって、やっと「謎」が解けた。 犯人は約束どおり残りを開放したが、ひとりが「自分の行動がばれるのをふせぐため」に皆殺しにした。こんなの「どんでん返し」とは言わない。「監督のドジ」と言う。 あっちはデニス・ホッパー主演だから、それが目印になる。
隠す
  
 
[206]グーニーズ
 無題nedved2019-03-13
 
ジェフ・B・コーエン
  
 
[207]コラテラル
 二回目nedved2019-03-13
 
ジェイミー・フォックス
  
 
[208]インファナル・アフェア
 二回目nedved2019-03-13
 
トニー・レオン
  
 
[209]ファンタズム
 異界への番人bond2019-03-13
 
監督の見た夢を映像化したのだから、意味不明でもいいのだ。トールマンというモンスター徘徊する、独特のホラーを座して体験して楽しむ。OST も雰囲気あっていい感じ。
  
 
[210]ミュータント・クロニクルズ
 サバイバルミッションSFbond2019-03-13
 
期待しないで観たら面白かった。アイディアがいい。バイオハザード的。
  
 
前へ 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION