allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[211]DESTINY 鎌倉ものがたり
 奇をてらいすぎbond2018-10-08
 
原作どおりにした方が良かったんじゃない。オチはジャバザハット的。まあ!ほのぼのできるけど。
  
 
[212]団地
 空回りbond2018-10-08
 
顔 には全然及ばない。漢方は全生物tに有効。
  
 
[213]ドリーム
 総力戦HABBY2018-10-08
 【ネタバレ注意】
オバマの築いた遺産(ポリティカルコレクトネス)に連なる作品。本国アメリカでは『ララランド』を超える興収を記録したとの事。昨今はやりの#ME TOOムーブメントもうまく活か・・・
続きを読む
オバマの築いた遺産(ポリティカルコレクトネス)に連なる作品。本国アメリカでは『ララランド』を超える興収を記録したとの事。昨今はやりの#ME TOOムーブメントもうまく活かしたか。アメリカは人種のるつぼであり、優秀な移民を中心とした総合力で成り立っていて、「反共」がDNAとして根底に流れている再認識させられる。反面、こういう作品ばかり見せられたらそりゃ白人も気疲れするわなあ(そう言えば『ライトスタッフ』は白人アピールの濃い作品だったと今にして気づかされる)。タラジ・ヘンソンとキルスティン・ダンストがこういう形で対峙するとはね。どちらも好きな女優なので感涙。原題“Hidden Figures”の味を噛み締めたい。日本語にするなら「縁の下の力持ち」かな。
隠す
  
 
[214]シャークトパス VS 狼鯨
 5段階評価の1・5さとせ2018-10-08
 
ドミニカ共和国のある海上で船に乗っていたレイたちがシャークトパスに襲われる。 責任を問われ留置所に入れられたレイだが相棒のパブロとタイニーから金を借りた代償としてシ・・・
続きを読む
ドミニカ共和国のある海上で船に乗っていたレイたちがシャークトパスに襲われる。 責任を問われ留置所に入れられたレイだが相棒のパブロとタイニーから金を借りた代償としてシャークトパスの心臓を入手しようとするのだが・・・。 未見だが「シャークトパス」の第3作らしい。 主演のレイ役を「スターシップトゥルーパーズ」のC・V・ディーンが演じて いるのにビックリするしヒロインのアカリ・エンドウが可愛いのは嬉しい。 シャークトパスと狼鯨はもろCGで最近の映画では仕方ないのだがバカ映画として見れば楽しめること請け合い。 DVDは一応5.1ch収録されておりそこは偉い。
隠す
  
 
[215]海辺の生と死
 荒波に揉まれつつも気丈に生きるHABBY2018-10-08
 【ネタバレ注意】
満島ひかりの本作にかける意気込みが画面の端々から伝わってきた。祖国愛が備わっている点や自己主張・自己プロデュースが出来ているも含めて大した女性だと思う(フォルダー5・・・
続きを読む
満島ひかりの本作にかける意気込みが画面の端々から伝わってきた。祖国愛が備わっている点や自己主張・自己プロデュースが出来ているも含めて大した女性だと思う(フォルダー5時代の彼女からは、ここまで存在感のある大物女優になるとは想像できなかった。安室奈美恵と活躍のベクトルは違えど、どちらも自分のアイデンティティを大事にしながら生きているという点では同じだろう)。本作製作の背景や満島の生い立ちをググっていて気づいたのだが、彼女の祖父はイタリア系アメリカ人(第二次大戦を語る上では微妙な生い立ちの人間)なのだな。本作から過剰で一方的な「鬼畜米英」の質感が伺えないのは、(原作の方向性、描き方という側面が大きいにせよ)そういう複雑な事情も水面下で影響したのかも。この辺りについても、いつか言論誌や文芸雑誌等で語ってもらいたいものだ。
隠す
  
 
[216]バトル・オブ・ザ・セクシーズ
 加えてmototencho2018-10-08
 
スポ根の爽快感に加えて、差別に抗する人々の勝利。この相乗効果が感動を倍加させる。実話とは言えそりゃ盛ってるでしょう。でも、主演の激似ぶりに驚き、気にもならない。
  
 
[217]ブレードランナー ファイナル・カット
 5段階評価の3さとせ2018-10-08
 
デッカードは退職後気ままな生活を送っていたが、逃亡したレプリカントを追って処刑する事を命令される。 渋々引き受けるデッカードだが、テストで美形のレーチェルもレプリカ・・・
続きを読む
デッカードは退職後気ままな生活を送っていたが、逃亡したレプリカントを追って処刑する事を命令される。 渋々引き受けるデッカードだが、テストで美形のレーチェルもレプリカントと見抜く。 レーチェルの処刑は後回しにし他の4人を探すデッカードだが・・・。 ファイナルカットも鑑賞するが、R・スコットが監修した版だけあり1番と言いたいところなのだがラストの逃避シーンがあるかないかで好みが分かれるところ。 ファイナルカットがリリースされたお陰で名著「メイキング・オブ・ブレードランナー ファイナルカット」(ポール・M.サモン・ヴィレッジブックス・評価4)が再出版されたのは嬉しい限り。 高価だが・・・。
隠す
  
 
[218]スター・ウォーズ/最後のジェダイ
 面白くなかったnumo (Mail)2018-10-08
 
映画って、もう一度みたくなるかどうかっていうのが、いい作品かどうかの分かれ道になっていることが多いような気がする。 そういう意味では、この作品はもう一度みたいと思わ・・・
続きを読む
映画って、もう一度みたくなるかどうかっていうのが、いい作品かどうかの分かれ道になっていることが多いような気がする。 そういう意味では、この作品はもう一度みたいと思わせる魅力が、全然なかった。 エピ4〜6、エピ1〜3、どの作品も何回も見た作品だった。 エピ4が封切られたときは映画館に4回通って10回見た。それくらい感動したし、日常生活を忘れさせてくれた作品だった。 でも、このエピ8には何か決定的なものがないような気がする。確かにSWならではの要素がてんこ盛りにぶち込まれてはいる。 しかし、画龍点睛を欠くというか・・・・・ 最後のエピ9が、大逆転ホームランとならんことを祈るばかりだ・・・・・
隠す
  
 
[219]ボブという名の猫 幸せのハイタッチ
 ハイタッチする猫が欲しいちゃぷりん2018-10-08
 
主役が挨拶回りを始める所からの描写に☆1つ追加。
  
 
[220]サンズ・オブ・ザ・デッド
 5段階評価の2・5さとせ2018-10-08
 
ドライブする男女ニックとモリーだが停車した場所が悪くタイヤが埋もれてしまう。 遠くから歩いて来る男が居て車中へ逃げ込み諦めるのを待つが夜になっても居なくならない。 隙・・・
続きを読む
ドライブする男女ニックとモリーだが停車した場所が悪くタイヤが埋もれてしまう。 遠くから歩いて来る男が居て車中へ逃げ込み諦めるのを待つが夜になっても居なくならない。 隙を見て落とした携帯を探しに行くが男がゾンビに喰われてしまう。 モリーは携帯で助けを呼ぶがどうにもならず砂漠を歩いて移動する事にするが、ゾンビが執拗に追って来て・・・。 一風変わったゾンビ映画。 ゾンビの造形は良いが大量に出て来るわけでなくモリーと一部のゾンビで展開する。 どちらかと言えばストーリー性が高く只のパニックにしてないところが異色のゾンビ映画で劇場公開しても良かったレヴェル。 DVDは広大なシネスコと5.1chで収録されておりモリー役の女優が美形ならなお良かった。
隠す
  
 
[221]オデッサ・ファイル
 原作spqc2y292018-10-08
 
原作を読んでから見たら、 収容所の描き方、潜入するまで、そしてラストと違いも含め面白かった。
  
 
[222]かごの中の瞳
 視覚mototencho2018-10-08
 
視覚が安定しないことで、観客はスクリーンを注視せざろうえなくなる 。スペンスか?ヒューマンドラマか?それはお客さん次第。
  
 
[223]クーパーの花婿物語
 テレサライトルーテツ2018-10-08
 
B級映画丸出しの邦題はご愛嬌 サム・ウッド監督による、当時流行りのスクリューボール・コメディ風の作品 ただしプレストン・スタージェス作品のようなドタバタはなく、ハワー・・・
続きを読む
B級映画丸出しの邦題はご愛嬌 サム・ウッド監督による、当時流行りのスクリューボール・コメディ風の作品 ただしプレストン・スタージェス作品のようなドタバタはなく、ハワード・ホークス作品のようなキレもない 主演がおっとりしたゲイリー・クーパー、ヒロインがコメディ向きとは思えないテレサ・ライトだからある程度は仕方ない むしろ彼らの魅力で、誰も傷つけないのんびりとしたコメディに仕上がっている 1944年公開というが、そんな時代によくこんな能天気な作品を撮ったものだ 助演はフランク・モーガン、アニタ・ルイーズほか ライトの風変わりな母役でパトリシア・コリンジが顔を出すのが『疑惑の影』と一緒で面白い
隠す
  
 
[224]マドモアゼル
 欲求不満の戯れ行動bond2018-10-07
 
欲求不満女のたち悪い憂さ晴らし、そして不満解消の戯れ行動。悲惨な余所者親子。
  
 
[225]キリング・グラウンド
 闇。病み。HABBY2018-10-07
 【ネタバレ注意】
全体的に荒っぽくチープな仕上がり。安直な人間狩り作品。女優の容姿は75〜80点くらい。エンディング曲が“サウンド・オブ・サイレンス”なのは「現代文明に毒され、病んだ人間」・・・
続きを読む
全体的に荒っぽくチープな仕上がり。安直な人間狩り作品。女優の容姿は75〜80点くらい。エンディング曲が“サウンド・オブ・サイレンス”なのは「現代文明に毒され、病んだ人間」を強調したいのか?
隠す
  
 
[226]LBJ ケネディの意志を継いだ男
 政治家の言葉ノリック007 (Mail)2018-10-07
 
原題「LBJ」より、邦題の「LBJ ケネディの意志を継いだ男」 の方が映画の内容を良く表しています。 難しい映画です。 登場人物は多く、政治用語が多く、説明はなく、日・・・
続きを読む
原題「LBJ」より、邦題の「LBJ ケネディの意志を継いだ男」 の方が映画の内容を良く表しています。 難しい映画です。 登場人物は多く、政治用語が多く、説明はなく、日本とは全く 異なる政治なので、理解することも感情移入することも共感する こともできないでしょう。 「日本が全て」と思っている人には、理解できませんし、得るもの もありません。 1960年代の日本とは異なる米国の政治に興味があり、知識も ある人だけが楽しめる映画です。 この映画は、日本と異なる米国の政治に触れてみるのには良い きっかけとなると思います。 米国では、党首もいなければ、派閥もなく、自由投票で、政党によって、 法案に賛成するか、反対するかを決められることはありません。 政治家は、言葉を使い、ありとあらゆる手段を駆使して政治家を説得し、 多数派工作を行うから政治が面白いということです。 米国の三権分立は、機能していて、立法のトップは、大統領ではなく、 与野党の院内総務です。 日本は政党に所属する国会議員は、党首と派閥の長とで、秘室で決められた 政党の決議によって、法案に賛成するか、反対するかは決まっています。 日本では、法案を巡り、多数派工作や票数を読むことはありません。 日本では、与党の提出した法案は議論もされず、委員会で強行採決され、 本会議で可決され、成立し、施行され、行政は法案を実行し、裁判所は、 法により判断します。 日本の三権分立は、曖昧であるだけでなく、機能していません。 LBJは言葉を使い、政治家を説得するシーンとセリフと演説するシーンと セリフに注目すると良いです。 1865年、リンカーン大統領は、米国憲法修正第13条を追加し、 黒人奴隷解放をしましたが、黒人差別は残りました。 1937年、LBJは、テキサス州下院議員に当選しました。 1948年、LBJは、テキサス州上院議員に当選しました。 1953年、LBJは、民主党の上院院内総務になりました。 1960年、LBJは、民主党大会でジョン・F・ケネディに負けて、 民主党の大統領候補にはなれませんでした。 LBJは、ジョン・F・ケネディ大統領候補の副大統領候補として、 大統領選挙に勝利しました。 1961年、ジョン・F・ケネディは大統領に、LBJは副大統領に なりました。 1963年、ジョン・F・ケネディ大統領は暗殺され、LBJは大統領に なりました。 1964年、LBJは、議会で可決された公民権法に署名し、黒人差別を 無くしました。 ジョン・F・ケネディは、民主党の米国大統領です。 ロバート・F・ケネディは、民主党の司法長官です。 リチャード・ラッセルは、1933年に初当選した、実力者の民主党の ジョージア州上院議員です。 ラルフ・ヤーボローは、1958年に初当選した、新人の民主党の テキサス州上院議員です。 リチャード・ラッセルもラルフ・ヤーボローも南部の州を代表する 上院議員で、同じ民主党ですが、政治姿勢は全く異なります。
隠す
  
 
[227]ヒルコ 妖怪ハンター
 遊星からの物体Xbond2018-10-07
 
原作とイメージ違いすぎ。なんでジュリー?
  
 
[228]キックボクサー ザ・リベンジ
 弱肉強食HABBY2018-10-07
 【ネタバレ注意】
マイクタイソンのファンなので、分厚い胸板&太い二の腕が拝めて嬉しい。いろんなマッチョ俳優が出てくるけど喧嘩したら多分彼が一番強いはず。タイソン&ロナウジーニョ・・・
続きを読む
マイクタイソンのファンなので、分厚い胸板&太い二の腕が拝めて嬉しい。いろんなマッチョ俳優が出てくるけど喧嘩したら多分彼が一番強いはず。タイソン&ロナウジーニョの2ショットにはわろた。
隠す
  
 
[229]RAW 少女のめざめ
 オチに失笑ghost-fox2018-10-07
 【ネタバレ注意】
あと覚醒するなら、もっと若い方がイイ
  
 
[230]ブルーム・オブ・イエスタディ
 先祖の因縁bond2018-10-07
 
ラブコメ要素が強く、イマイチ。肝心のホロコーストが響かない。
  
 
[231]トラック野郎 爆走一番星
 ボルサリーノ2spqc2y292018-10-07
 【ネタバレ注意】
田中邦衛いいね! いつもの展開ながら、除夜の鐘までの父の約束には ジーンとくる。
  
 
[232]ZMフォース ゾンビ虐殺部隊
 ゾンビ映画の寄せ集め!?リベルタド!!2018-10-07
 
このゾンビ、ロメロ系ではなく、バイオハザード系。軍が開発した細菌兵器が原因。なので、感染者系で走る系。特に脳を破壊しなくても倒せるみたい。 「死霊のえじき」「28日後・・・
続きを読む
このゾンビ、ロメロ系ではなく、バイオハザード系。軍が開発した細菌兵器が原因。なので、感染者系で走る系。特に脳を破壊しなくても倒せるみたい。 「死霊のえじき」「28日後」「バイオハザード」「バタリアン」などで、観たことあるようなシーンがチョイチョイ。
隠す
  
 
[233]キングコングの逆襲
 北極よりも東京タワーnabeさん2018-10-07
 
東宝版キングコング映画第二作である。 南海の孤島に棲むキングコングを、今回はなんと北極に連れて行ってしまう。その目的が、核物質の原料となる鉱石を採掘するためというの・・・
続きを読む
東宝版キングコング映画第二作である。 南海の孤島に棲むキングコングを、今回はなんと北極に連れて行ってしまう。その目的が、核物質の原料となる鉱石を採掘するためというのだから、恐らく現代の感覚からするとコメディのようだ。 キングコングに似せて造形したロボットのメカニコングが秀逸。両者が東京タワーによじ登って戦うリアリティさは、まさに映画史に残る名場面だ。 女スパイ役の浜美枝が本来の魅力を出せていなくて残念。ヒロインのリンダ・ミラーは素人っぽいが、むしろそれがマッチしていて好感が持てる。
隠す
  
 
[234]オリエント急行殺人事件
 merciringoringo2018-10-07
 【ネタバレ注意】
ケネス・ブラナーとミッシェル・ファイファーの台詞回しは素敵ですね… エンドロールのミッシェルの歌声もセクシー!
  
 
[235]シェイプ・オブ・ウォーター
 日陰に生きるマイノリティが手をとりあってローランド2018-10-07
 
  「ノートルダム・ド・パリ」みたいな物語なのかもしれないとの期待が少しあったのだけど、そのような面白さは全くなくて、子供向けおとぎ話絵本のような単純な物語を大人向・・・
続きを読む
  「ノートルダム・ド・パリ」みたいな物語なのかもしれないとの期待が少しあったのだけど、そのような面白さは全くなくて、子供向けおとぎ話絵本のような単純な物語を大人向けに味付けした作品で、始めに出てくる牋Δ帆喙困諒語瓩箸慮斥佞發海犬弔欝ぬに思えるくらいです。  でもそれでつまらなかったということではなくてそこそこ楽しく観終えたのでありますが、これは主役のサリー・ホーキンスの無言の演技とマイケル・シャノン悪役ぶりが際立っていて退屈感の入り込む隙がなかったということで、物語的にはあまり期待はしない方が良かろうかと。      声帯を損傷して発声できない女とぐうたら亭主の愚痴を口にしながらも行動的でどこか気の良い女、それにゲイの絵描きとソビエトのスパイという、この四人が半魚人の理解者というか味方になってくれるわけで、これを日陰に生きるマイノリティが手をとりあって・・・という解釈でアカデミー賞選考委員の共感を得たのかなって気がするけど、個人的にはこの年の作品賞なら「スリー・ビルボード」の方が、そして美術賞なら「ダンケルク」の方が上ではないかと思う。      爐覆鵑燭辰毒が好きなのよ瓠´爐修Δ、オレは犬が好きだな瓠,箸硫駭辰鮓鬚錣甲暴がいる。  そこに、はい、お待ち遠さま、猫の唐揚げに犬のステーキです。   ・・・いや、ペットブームの今の時勢にこんな小話を出したら叱られそうだと分かっていたけど、叱りたくなった人はこの映画を観ないほうがよかろうということです。 猫が・・・ 以下省略。
隠す
  
 
[236]この首一万石
 ソフト化されてないのが不思議ちゃぷりん2018-10-07
 
「切腹」を思い出す強烈な作劇と描写が印象に残ったが、こういう作品が一部欠損したプリントしか残ってないのが残念。この時の大川橋蔵は大和田獏に似てるな。
  
 
[237]ヒルコ 妖怪ハンター
 妖怪版インディ・ジョーンズリベルタド!!2018-10-07
 
もしくは「ダヴィンチ・コード」!? ってくらい実は壮大な物語。 しかしながら、主要な舞台が“学校”だったりするので、「学校の怪談」シリーズをグロくした感じにも思われがち・・・
続きを読む
もしくは「ダヴィンチ・コード」!? ってくらい実は壮大な物語。 しかしながら、主要な舞台が“学校”だったりするので、「学校の怪談」シリーズをグロくした感じにも思われがち。 “物体X”みたいな、頭部から足がはえたモンスターが、わなわな出てくるのもグロテスク。 一方で、ひと夏の“ノスタルジー感”溢れる青春ホラーな一面も忘れられない。 その後、主人公“稗田礼二郎”はジュリーから、阿部寛にバトンタッチして「奇談」へとその世界を広げてゆく。 塚本晋也監督も独特の世界観を持った素晴らしいクリエイターだが、今回は原作者の諸星大二郎の存在感の方が勝ったかな。
隠す
  
 
[238]バーフバリ 王の凱旋
 タマンナーHABBY2018-10-07
 【ネタバレ注意】
前編に続き、タマンナーの美貌を堪能。全体を覆うこの重厚感、『スパルタカス』っぽいかも。
  
 
[239]バーフバリ 伝説誕生
 タマンナーHABBY2018-10-07
 【ネタバレ注意】
タマンナーの妖艶な色気に悩殺KO。ファンタジー映画とインドのノリが化学反応を起こすと独特のエキゾチックな薫りが漂ってくるんだな。
  
 
[240]終の信託
 人柱HABBY2018-10-07
 【ネタバレ注意】
重い。痛い。苦しい。切ない。患者に深入りしすぎてもダメだし、かと言ってぞんざいに扱うのはもっとダメ。距離感が本当に難しい。この女医は私生活で負ったダメージも影響して・・・
続きを読む
重い。痛い。苦しい。切ない。患者に深入りしすぎてもダメだし、かと言ってぞんざいに扱うのはもっとダメ。距離感が本当に難しい。この女医は私生活で負ったダメージも影響してか、この患者に「接近」しすぎたのが諸悪の根源、かな。とは言え、その想いは十分に理解できる。安楽死の是非、簡単には結論が出ないのだろうが、高齢化社会の日本、何がしかの道しるべを作ることも必要なのかもしれない。
隠す
  
 
前へ 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION