allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[211]螢火
 知られざる傑作と言っていい。noir fleak2018-11-28
 
二時間を越す長尺ながら決して長いと感じない。すべてのシーンがさまになっている。何とも言えないセット?とロケのすばらしさと、淡島、若尾、森美樹(夭折が本当に惜しい)、・・・
続きを読む
二時間を越す長尺ながら決して長いと感じない。すべてのシーンがさまになっている。何とも言えないセット?とロケのすばらしさと、淡島、若尾、森美樹(夭折が本当に惜しい)、沢村、三井、それに伴淳!! 伴淳が出てくる場面は全て最高だ。「飢餓海峡」だけが称賛されるが、彼は昔から名優だったのだ。 あの幕末の寺田屋事件で有名な寺田屋の女将が主人公で坂本竜馬をサポートするという設定も魅力的。まあ、女性から見た幕末物というところだが、凡百の男性幕末物よりはるかに優れている。 淡島千景。まさに名女優であることが本作でもよく分かる。そして今はあまり話題にならない五所平之助という監督もまず凡作がない名監督だ。
隠す
  
 
[212]TAKE DOWN/テイクダウン
 ダメガキの逆襲bond2018-11-28
 
安直な展開だけど、そこそこ楽しめる。
  
 
[213]惑星大戦争
 お粗末bond2018-11-28
 
子供向けテレビドラマレベル。見所は浅野ゆう子のコスプレのみ。
  
 
[214]キル・ユア・ダーリン
 青春、プレイバックパターンnamurisu2018-11-28
 
金髪くんのまわりには、悪ガキがいっぱい。一人殺して捕まって。大人になって回想録。この映画を撮る目的は? -1★
  
 
[215]ローン・サバイバー
 タリバンがいれば反タリバンもいるnamurisu2018-11-28
 
ただの山岳アクション。「ブラックホーク・ダウン」をやろうとして失敗。この監督は毎回リアリティがない。
  
 
[216]ワン・フロム・ザ・ハート
 キュートなナスターシャ・キンスキーMcQueeeeeN (Mail)2018-11-28
 
トム・ウェイツが好きだった私は当時、サントラ盤だけ早々と買って聴いていたにもかかわらず、映画を見たのはずっと後になってからだった...。 ジャケットを見て、ナスターシャ・・・
続きを読む
トム・ウェイツが好きだった私は当時、サントラ盤だけ早々と買って聴いていたにもかかわらず、映画を見たのはずっと後になってからだった...。 ジャケットを見て、ナスターシャ・キンスキーが主役だとばかり思っていたが、フレデリック・フォレストとテリー・ガーがくたびれたカップルを倦怠感たっぷりに演じる。 N・キンスキーは旅をして回るサーカス娘として登場。実にキュートであった。 これがあのコッポラの作品...!?と首を傾げたくなるが、オールセットで撮影したりなど、斬新な試みは面白い。 けど、作品的には大コケして大失敗作品という不名誉な映画でもあるのだとか...。
隠す
  
 
[217]メカニック:ワールドミッション
 ミッションそれぞれに考え工夫があるローランド2018-11-28
 
  世間の目を逃れて隠遁生活を送っているにしては安易に他人のいざこざに介入するなど所々に大雑把感はあるものの、三つのミッションそれぞれに考え工夫がありその細工の密度・・・
続きを読む
  世間の目を逃れて隠遁生活を送っているにしては安易に他人のいざこざに介入するなど所々に大雑把感はあるものの、三つのミッションそれぞれに考え工夫がありその細工の密度は007なんかよりは余程上回っているのではないかというくらいでして、それにこの髭面タフガイの派手なアクションも堂に入るものだしと、時間も短いし手軽く楽しむに向いているとレンタルしてきて期待度が高くなかったこともあってか、短時間ながらかなり出来の良い作品と面白く観賞させてもらいました。     気温が40度あったら暑くてたまらんのに風呂に入っての40度の湯がぬるいのはなぜなんだろって考えたことは?。  これは風呂に入っている時には皮膚も湯に温められているからってことで、つまり皮膚温との差が体感温度となるみたい。  えーと、何を言いたいかというと、映画もあまり熱く期待を込めていないで観賞するといいのかなって。 ・・・ちょっとこじつけに無理があるか・・・ 笑。  ということで星の数は少々オマケ気味かもしれません。
隠す
  
 
[218]機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER
 唐突に新興宗教団ちゃぷりん2018-11-28
 
前作もOVAシリーズを纏めた物だったけど、あっちは面白かった。本作は総集編みたいで、展開が意味不明。BGMも酷い。
  
 
[219]イット・カムズ・アット・ナイト
 だめだジャポニカ学習帳2018-11-28
 
Nothing comes at night に題を変えるべきだ、予告動画詐欺
  
 
[220]ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ
 スレスレmototencho2018-11-28
 
公開スレスレ作を観られた満腹感。そういえば昨今マフィア映画をご無沙汰。カルテルVSアメリカ政府、まさに仁義なき戦いそのもの。
  
 
[221]ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出
 ロンドンの夜は楽しい!nabeさん2018-11-28
 
エリザベス女王をモデルにしたラブロマンスである。 欧州大戦終結記念日の夜にお忍びでロンドン市内に外出した、エリザベスとマーガレット姉妹の顛末を描いている。もの凄い人・・・
続きを読む
エリザベス女王をモデルにしたラブロマンスである。 欧州大戦終結記念日の夜にお忍びでロンドン市内に外出した、エリザベスとマーガレット姉妹の顛末を描いている。もの凄い人混みの中お互いに見知らぬ男性に連れられて右往左往する場面は、結構ハラハラドキドキで楽しい。間一髪で大事にならずに済むのはお約束だが、そこの制限があるために地味なラブストーリーになってしまったのは仕方ないだろう。 国王役のルパート・エヴェレットと女王役のエミリー・ワトソンが高貴な役柄を好演している。サラ・ガドンのエリザベスはイメージ通りだが、ベル・パウリーのマーガレットは普通の女の子過ぎて違和感があるのが残念だ。
隠す
  
 
[222]特捜隊長エバース
 ラロシフリン最高!炙り明太子2018-11-27
 
オープニングのロバートスタックの射撃訓練シーンはダーティーハリー2の影響だね。 たった3人の特捜隊って・・・と思いながらも当時面白く観てました^^ 是非DVD化して再・・・
続きを読む
オープニングのロバートスタックの射撃訓練シーンはダーティーハリー2の影響だね。 たった3人の特捜隊って・・・と思いながらも当時面白く観てました^^ 是非DVD化して再見したいな〜 ちなみにラロシフリンのアルバム「タワーリングトッカータ」収録の「お尋ね者のテーマ」は本作テーマ曲を再演したもの。
隠す
  
 
[223]アルコール先生海水浴の巻
 (無題)単なる映画好き (Mail)2018-11-27
 
チャップリンがバナナの皮で滑って転ぶというギャグがある作品。今じゃ、誰も使わないだろうけど、以前はこういうのは良く観たように思う。 二組の夫婦との騒動を起こすチャー・・・
続きを読む
チャップリンがバナナの皮で滑って転ぶというギャグがある作品。今じゃ、誰も使わないだろうけど、以前はこういうのは良く観たように思う。 二組の夫婦との騒動を起こすチャーリー。他のサイレント喜劇同様にドタバタがあれば、ストーリーはないのと同じという作品。こういう喜劇の作り方に反発して、彼はストーリー性の強いドラマづくりを目指すのだが、ここではドタバタで終始している。
隠す
  
 
[224]霊視
 キーファーがくたびれた中年単なる映画好き (Mail)2018-11-27
 
犯罪サスペンスに霊視が出来る主人公というのは捻ったアイディアだけど、これの融合がうまくいったとは思えない。 少しずつ明らかになるからくりが明らかになる過程で、霊視で・・・
続きを読む
犯罪サスペンスに霊視が出来る主人公というのは捻ったアイディアだけど、これの融合がうまくいったとは思えない。 少しずつ明らかになるからくりが明らかになる過程で、霊視で犯罪現場を知るというのをしていては緊張感を削ぐことになってしまう。霊視が出来る男を刑事にしないで、他の職業の男なら、もう少しハラハラさせたのかも。 10年前の事件と今の事件が交差して話がややこしくなり、真犯人の動機も良く判らない。  がキーファーは好演しており、彼がみどころということか。
隠す
  
 
[225]結婚協奏曲
 ジンジャーロジャースルーテツ2018-11-27
 
50年代の20世紀フォックスのB級コメディ マリリン・モンローがチョイ役出ているのでわりとソフト化されている 本作は『グランドホテル』のグールディング監督による群集劇だ・・・
続きを読む
50年代の20世紀フォックスのB級コメディ マリリン・モンローがチョイ役出ているのでわりとソフト化されている 本作は『グランドホテル』のグールディング監督による群集劇だが、それぞれのエピソードに繋がりはなく、単なるオムニバス映画 5組のカップルが終盤一つのストーリーになることを期待していたが・・・ ジンジャー・ロジャースをはじめわりと豪華キャスト ただいずれも出番は少ない エピソードもそれほど面白くないなかで、最後のエディ・ブラッケンとミッチー・ゲイナー(若い!)のお話は良かった ”実は手違いで結婚していませんでした”というプロットは、思い出せないけどどこかで見覚えがある 何かのリメイクなのかな
隠す
  
 
[226]恐怖の報酬【オリジナル完全版】
 ラストダンスFFF2018-11-27
 
昔映画館で観てその後レンビデで完全版鑑賞。本日スクリーンで再見。 今さらながらよくこんな映像撮影出来たなと驚く。この緊張感。編集の間も絶妙。 選ばれた男の末路に酔うべし。
  
 
[227]A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー
 肌触りKatsumi_Egi (Mail)2018-11-26
 
 矢張り、この人は一筋縄ではいかない作家性のある監督だ。ディズニーのファミリー向け映画の後に、こんなとんでもない問題作をぶっこんで来る。まずは前半の3つの長回しは、・・・
続きを読む
 矢張り、この人は一筋縄ではいかない作家性のある監督だ。ディズニーのファミリー向け映画の後に、こんなとんでもない問題作をぶっこんで来る。まずは前半の3つの長回しは、かなり挑戦的な姿勢じゃないか。3つとは、家屋全景のロングショットで、ルーニー・マーラが画面奥の家の扉と、画面手前のゴミ捨て場を往復するカット、夜中のベッドの二人(マーラとケイシー・アフレック)の俯瞰カット、そして、マーラがキッチンの床に座ってパイを食べるカットを指している。これらは、文字通りの長回しであって、普通の感覚で云うと無意味に長い。つまり、プロットを経済的に運ぶということを拒否しているのだ。  さて、本作はオフスクリーンで発生する唐突な音の設計がとても良く出来ている。幽霊譚なのだから、当たり前、というレベルを超えた豊かさがある。例えば夜中に響くピアノの音。クラクション。巨大なブルドーザ。マーラが窓を叩く音。先住民の襲撃の音。  そして、本作はシーツの映画である。と云うと、これも至極当たり前な物言いの感じがするが、冒頭、夜中に上半身裸でリビングを見に行くアフレックの、その後ろを恐る恐る付いて行くマーラもまた、白いシーツを体に巻いているである。この場面に続く、ベッドに戻って、愛撫し合う俯瞰のカットは、上にも書きましたが、これが異様に長いのだが、こゝはとても触覚(手や唇の肌触り)を意識させるカットになっており、この後の、触れることのできない切なさを大きくすることに繋がっているだろう。本作中、この次に強烈に触覚を喚起するカットは、壁の隙間の手紙を取り出そうする場面であり、いずれにしても、触覚はマーラに触れるという意味で成し遂げられる(成就する)のだ。
隠す
  
 
[228]ピートと秘密の友達
 抱擁Katsumi_Egi (Mail)2018-11-26
 
 冒頭、走行中の自動車の前に鹿が飛び出してくることで物語が始まる導入部はとてもいい。あと、ピートが病院から脱走し、街中や通学バスを絡めて描かれる逃走シーンも良い調子・・・
続きを読む
 冒頭、走行中の自動車の前に鹿が飛び出してくることで物語が始まる導入部はとてもいい。あと、ピートが病院から脱走し、街中や通学バスを絡めて描かれる逃走シーンも良い調子だ。クライマックスも自動車での追跡劇及び橋からの落下、ということで、自動車を使った演出が良く出来ている映画だと云えるだろう。  中途半端というか、予想を下回る、弱い造型についても指摘すべきと思うので、書きます。第一に、ドラゴン、エリオットのキャラクターが大人し過ぎる。そのデザインがディズニーらしい漫画っぽいものであることは、まあ良いとしても、優しいキャラ造型がシーンをつまらなくする。例えば、エリオットがダラス・ハワードの家の中にピートを見つけたにもかからわず引き返してく、というシーンがあるが、これ(この忖度)なんかは、やり過ぎじゃないかと思う。クレバー過ぎるというか、ファンタジーに過ぎる。あるいは、ピートの、文明生活とのギャップの描き込みも足りない。足りないことが嘘くさい、と云っているのではない。ギャップをもっと面白いシーンとして活かして欲しいのだ。 #本作の抱擁シーン。クライマックスの後、エリオットがピートを抱きしめる。そしてその後、ダラス・ハワードがピートを抱きしめる。
隠す
  
 
[229]セインツ -約束の果て-
 抱きしめられるKatsumi_Egi (Mail)2018-11-26
 
 これは傑作だ。将来、2010年代畢竟の傑作と位置づけられるのではないか。テレンス・マリックを意識させずにはおかない佇まいを持ちながら、しかし、マリックなんかよりも断然・・・
続きを読む
 これは傑作だ。将来、2010年代畢竟の傑作と位置づけられるのではないか。テレンス・マリックを意識させずにはおかない佇まいを持ちながら、しかし、マリックなんかよりも断然映画の演出の手触りがある。マジックアワー、斜光や逆光、手持ちカメラの多用と共に、人と人が抱きしめ合う所作の反復が切なさを増幅する。  ルーニー・マーラとケイシー・アフレック、或いはマーラとその娘は勿論のこと、マーラとベン・フォスター、フォスターとマーラの娘、そしてアフレックはキース・キャラダインにも不意に、かつ暴力的に抱きしめられるのだ。アフレックはマーラにもキャラダインにも、横臥した状態で頭を抱えられる。彼らの描き方は静謐な基調で統一されるが、同時に圧倒的な切ない緊張感で支配されている。手拍子を効果的に使った音楽の使い方も素晴らしく、大いに興奮させられる。
隠す
  
 
[230]白毛女
 北風吹(ベイ フォン チュイ)はこまる2018-11-26
 
中国人なら誰でも知っている有名な映画だそうだが、不勉強ながらまったく知りませんでした。 今回、本作が撮影された長春映画撮影所(旧満州映画撮影所)博物館を訪ね、本作が大・・・
続きを読む
中国人なら誰でも知っている有名な映画だそうだが、不勉強ながらまったく知りませんでした。 今回、本作が撮影された長春映画撮影所(旧満州映画撮影所)博物館を訪ね、本作が大々的に展示されていたので興味を持ち観賞してみました。 ストーリーは共産主義そのものみたいな内容で、貧しい農民の娘が悪徳地主親子に酷い目にあわされ、山に逃げて鬼婆化、八路軍の英雄となったかつての恋人に救い出され、村の人々と決起して地主を倒す、というものです。 中国が建国されまだ日も浅い時期に作られ、イデオロギー的な純度がまだ高く、満映や旧ソビエト映画の技術力を模範にして制作されているため、映画の持つエネルギーが力強い生命力となって泥臭い瑞々しさを失っていません。
隠す
  
 
[231]夜の配当
 テンポが実によく、しかもnoir fleak2018-11-26
 
俳優陣もすばらしい。ここのクレジットに山茶花究が出てないとはひどい。 梶山季之の原作がいいから、こんな面白いストーリーになったのだろう。見て損なし! しかし、ここでも・・・
続きを読む
俳優陣もすばらしい。ここのクレジットに山茶花究が出てないとはひどい。 梶山季之の原作がいいから、こんな面白いストーリーになったのだろう。見て損なし! しかし、ここでもビルの屋上シーンがあるうが、当時の東京の空はスモッグがひどかった! 今の冬の北京並みだ。どの映画もそうである。
隠す
  
 
[232]ラストエンペラー
 偽満皇宮博物館はこまる2018-11-26
 
『ラストエンペラー』は一番好きな映画の一つ。先週、念願だった本作の舞台にもなった中国東北部、吉林省の省都である長春(旧満州)を訪ねたばかりだったので、巨匠の訃報を聞き・・・
続きを読む
『ラストエンペラー』は一番好きな映画の一つ。先週、念願だった本作の舞台にもなった中国東北部、吉林省の省都である長春(旧満州)を訪ねたばかりだったので、巨匠の訃報を聞き感慨深いものがある。 本作での第二部の始まりを告げる舞踏会のシーンその他に使われる皇宮は「偽満皇宮博物館」と呼ばれ、現在も保存されており、紫禁城を追われた溥儀が、関東軍の傀儡皇帝を経て、毛沢東思想の模範を示す平民となるまでの人生が多彩な資料とともに展示されています(本作のファンは必見です)。 皇帝や帝国が滅んでゆく物語はたくさんありますが、生きたまま再洗脳を受けて、善良な一市民として平凡な死を迎えるというのは歴史上そう多くはないでしょう。博物館もそこをかなり強調した作りになっていました。 現地でガイドをしてくれた中国人の張さんは、12歳の時に毛沢東の文化大革命の洗礼を受け、16歳で紅衛兵として地方の農村に赴き、食糧生産と毛沢東主義の青春に明け暮れ、才能を見込まれ大学で日本語を学んだという方でした。 偽満皇宮博物館の後に訪ねた長春映画撮影所(旧満州映画協会撮影所)で張さんが教えてくれましたが、以前、初老の日本人の女性が一人でここを訪れ、彼がガイドをしたそうです。その女性は戦時中、甘粕満映理事長の秘書をされており、満州国が崩壊していく中、夢潰えた甘粕が自決(映画の坂本龍一は拳銃自殺してたが、実際は服毒自殺)する時に、預かっていた毒を彼に手渡したそうです。 黄色。赤。紫。灰色。人生とコオロギ。ストラーロと坂本龍一。そしてジョン・ローン。齢を重ねて見るたびに深みを増していく真の名作だと思う。
隠す
  
 
[233]シェイプ・オブ・ウォーター
 寂しい女が選んだ恋人bond2018-11-26
 
大人のファンタジーで、面白いけど、オスカー取る程かなー。優しい変態。
  
 
[234]幸福の黄色いハンカチ
 山田洋次と松竹のバカさ加減Stingr@y2018-11-26
 
何と言っても、ピート・ハミルを原作者として認めてしまった山田洋次と松竹のバカさ加減が燦然と光る。 本作が直接インスパイアされた作品はドーンが1973年にリリースした「幸・・・
続きを読む
何と言っても、ピート・ハミルを原作者として認めてしまった山田洋次と松竹のバカさ加減が燦然と光る。 本作が直接インスパイアされた作品はドーンが1973年にリリースした「幸せの黄色いリボン」なのだが、同曲がビルボード誌で年間ランキング1位を獲得すると、ハミルは、この曲の歌詞は、自分が1971年に伝承をまとめて執筆したコラム「Going Home」によるものだとして提訴した。しかし、ハミル以前に同様伝承をまとめた文献があることが示され、訴訟は取り下げられた。明らかに金銭目的の提訴だったのだ。こんな奴を原作者として認めるとは!? 本作の元ネタはアメリカの伝承なので、この作品を以(も)って日本の家族云々を言う人の気が知れない。確かに、日本風の人情が描かれ、日本人の家族が出てくるが、あくまでもアメリカ文化の焼き直しだ。こんな作品見るよりも、ドーンの「幸せの黄色いリボン」を聞いている方がいい。または、ジョン・ウェイン主演の「黄色いリボン (1949)」の主題歌でもいいかも。
隠す
  
 
[235]ハード・トゥ・キル
 骨折りアクションちゃぷりん2018-11-26
 
悪役でお馴染みのウィリアム・サドラーは、本作では上院議員役。
  
 
[236]ダークタワー
 塔を救う救世主HABBY2018-11-26
 【ネタバレ注意】
キング自ら「ライフワーク」と語る壮大な物語の映像化。よくぞ2時間弱(90分台)にまとめたものだと感心する。原作未読なのでこのアレンジがうまくいってるのかどうかが判断し・・・
続きを読む
キング自ら「ライフワーク」と語る壮大な物語の映像化。よくぞ2時間弱(90分台)にまとめたものだと感心する。原作未読なのでこのアレンジがうまくいってるのかどうかが判断しかねるが、本作を見る限り傑作未満、凡作以上(つまりは及第点な内容)のSFファンタジー作品であるように感じた。原作読みたいが、おっさんだし時間が無い。
隠す
  
 
[237]しあわせな人生の選択
 終わり良ければすべて良しHABBY2018-11-26
 【ネタバレ注意】
『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』や『最高の人生の見つけ方』、『私の中のあなた』、『死ぬまでにしたい10のこと』などに連なるテーマ。余命僅かと分かった時に何を優先し・・・
続きを読む
『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』や『最高の人生の見つけ方』、『私の中のあなた』、『死ぬまでにしたい10のこと』などに連なるテーマ。余命僅かと分かった時に何を優先し、生き切るか。本作の場合は主人公が飼う愛犬の存在がアクセントになっている。もし自分が同じ立場に置かれたら、、さて、人生の最終幕をどのように考え、行動するだろうか。深いテーマなだけに色々と考えさせられた。
隠す
  
 
[238]この世界の片隅に
 (無題)映画を見て物を言う2018-11-26
 【ネタバレ注意】
この映画については、観ている時はネガティブな意見を含めて色々と思うところがあったんだけど、最後の子供を連れて帰るシーンを見たら悪口を言う気が一切なくなってしまったの・・・
続きを読む
この映画については、観ている時はネガティブな意見を含めて色々と思うところがあったんだけど、最後の子供を連れて帰るシーンを見たら悪口を言う気が一切なくなってしまったので、いい映画だったねーで、終わらせたいと思います。 あと一番最後のクラウドファンディングに関する字幕の時に表示されてる絵、これって何の絵なんだろうと思ってみていたら、これはあの座敷童の女の子の物語なんだね。シーンを見たときにそうだろうとは思ったけど、この子はあの遊女の子でもあるんだね。この話も、心を捉える物語ではありますよね。 ところで昔、本屋で漫画雑誌を立ち読みしていたら、この映画の原作者の短編が掲載されていて、広島に関する、おそらく著名な漫画賞も受賞した漫画だったと思うんだけど、非常に心を打つ魅力的な物語で、ああいい話を読んだなーって思ってしばらく気持ちが満たされて高揚していた。 そのちょっと後で、これもまた本屋で、小林よしのり編集の漫画雑誌があって、この原作者の漫画も掲載されていたので読んでみたんだけど、今度は全く共感せず、面白いと思わなかった。 ちょっと具体的に批判文を書いてみるけど、主人公の兄貴が引きこもりだそうだけど、その兄貴が何でそんな状態に至ったのかを想像したり考えたりすることもなく、ただ自分の境遇と世を冷めた目で嘆いている様子が、読んでいてただただ馬鹿々々しいなー、と、当時思ったものだった。 ただこの雑誌の場合は、漫画家の責任だけではなく、編纂者が描き手におかしな考えを吹き込んで、物事が分かったつもりの気取った漫画を描くように誘導したという要素はあると思う。そういえば、同時に掲載されていたしりあがり寿の漫画も、それでいいの?って言いたくなるようなすかした偉そ振りなマンガだった。 あとこの映画の話に戻るけど、この監督って、名探偵ホームズの脚本も書いているから、宮崎門下と言っていいかもしれませんね。だとしたら、宮崎門下で一番成功した人かもしれませんね…。
隠す
  
 
[239]クリスマス・クロニクル
 カート・ラッセルsaint_etienne_heaven2018-11-26
 【ネタバレ注意】
ホーホーホーはフェイクニュース
  
 
[240]パトリオット・デイ
 意気込みばかりが強すぎてローランド2018-11-26
 
  社会に与える影響を考えたら事件がテロによるものと決めつけるのには慎重にならざるをえないと躊躇するが、そうと断定してからはテキパキと捜査態勢を整えて動き出し、監視・・・
続きを読む
  社会に与える影響を考えたら事件がテロによるものと決めつけるのには慎重にならざるをえないと躊躇するが、そうと断定してからはテキパキと捜査態勢を整えて動き出し、監視カメラの映像を分析して犯人をあぶり出して行く辺りでは観ているこっちもアメリカ愛国者になりそうなくらいにかなり引き込まれて観賞していたのだけど、でもそれも中盤まで。     何台ものパトカーに包囲された二人の犯人との銃撃戦は勇敢に立ち向かう警官など英雄を仕立て上げるためってことなんだろうけど、犯人が手強く奮戦してしかも一人が逃げてしまうということで、むしろあれだけの警官が居ながらなにをモタモタしておるのだとの思いがしたし、それにトミーに人間愛を語らせるのにも臭い立つものがあるし、どうも後半に入ってからは意気込みばかりが強すぎて空回りしてしまっている。     最後に犠牲者はじめ関係した人々を長々と紹介するのは制作者側にはそれだけの思い入れがあったということなんだろうけど、その犠牲者や関係者には失礼なことだけどどうも感動を押し付けられているような気がしてしまうし、愛国者の日に起きた事件を愛国的高揚心に満ちた作品にしようとのことだったのだろうがこういうことは思い入れが強くなり過ぎると失敗することが多いという轍を踏んでいて、クリント・イーストウッドなんかが監督をしたなら良いものが出来たのではなかろうか?。    星の数は6個以上7個未満です。
隠す
  
 
前へ 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION