allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[211]エクス・マキナ
 あるいは天才、あるいはマッチョpumpkin2018-04-09
 
社長のネイサンが天才だけれども知性が乏しいように描かれているのは、アメリカのベンチャー企業の成功者と共通しているような気がします。天才だけど頭が悪いと言うべきか。
  
 
[212]ヤング・アダルト・ニューヨーク
 ヒップホップダンス普及委員会ローランド2018-04-09
 
  冒頭にあるイプセンの小説からの引用 犲禺圓凌入を怖がり閉じこもるよりも、こっちからドアを開けて招き入れたら彼らは静かに入ってくる瓩箸いΔ里法∪ぢ經屬粒亮垢藩始臓ΑΑ
続きを読む
  冒頭にあるイプセンの小説からの引用 犲禺圓凌入を怖がり閉じこもるよりも、こっちからドアを開けて招き入れたら彼らは静かに入ってくる瓩箸いΔ里法∪ぢ經屬粒亮垢藩始造竜“を描いた深い味わいのある物語との期待を持って観進んで行くのだけど、中年のカップルと若者のカップルが一緒に会食しての支払いを相手に任せて当然のことのようにしている若者に何か胡散臭い感じがしてそれが二度まであるってことで、これはもしかしたら?と思ったらやはりそういうことかという、あまり深くもなく捻りもない物語でエンディングを迎えてしまう。  金持ちぶっていい顔をしたいような爺どもが相手ならまだしも、気のいい人間をせいぜい利用してやれという下劣さは観ていて良い気持ちはしないのだが、でもこれくらいのあつかましさのある人間のほうが出世するのだろうなぁって気も少々・・・ 。      アメリカではそういったスクールがあるのか若くもない連中がヒップホップダンスをやっていて、これはトレーニングジムで汗をかくよりも苦労なく楽しみながら運動ができるとても良いことだし我が国でもと思ったけど、日本の中高年はこのような音楽には苦手意識があって普及はしないかな。   こういうのはリズムに乗れさえすればあとはどうでも格好がつくのであって イッチニ・・・ ではなくて イィチッニィ・・・ とワンテンポ爛織甅瓩鮗茲襪里リズムに乗るコツで・・・ と、200メートルのランニングでくたばる軟弱人間の私くしめが得々と述べているくらいで、体力の使い方の加減ができるのがいいです。
隠す
  
 
[213]ミスミソウ
 ミスミソウZOMBIE2018-04-09
 
ミスミソウは大好きな作品なので つい書き込んでしまいました いろんな人の感想とか聞いてみたいので よければ サイトにコメントとかあればうれしいです! たぶん好きすぎて・・・
続きを読む
ミスミソウは大好きな作品なので つい書き込んでしまいました いろんな人の感想とか聞いてみたいので よければ サイトにコメントとかあればうれしいです! たぶん好きすぎて書き込んだので これ以外はここに書き込むことは無いかもしれません・・・ http://tavemaria.blog.fc2.com/blog-entry-6.html
隠す
  
 
[214]クリムゾン・リバー
 この映画だけでは事件の全貌はわからない流氷一滴2018-04-09
 【ネタバレ注意】
原作小説はフランスでベストセラーだから、おそらく緻密に作られたミステリーなのだろう(日本語訳は文庫本で500ページ弱の長編)。では映画はどうかと言うと、2時間弱という・・・
続きを読む
原作小説はフランスでベストセラーだから、おそらく緻密に作られたミステリーなのだろう(日本語訳は文庫本で500ページ弱の長編)。では映画はどうかと言うと、2時間弱という短い時間のため、すべての情報が開示されてないと思う。 以下、映画の内容とたまたま知った原作のエッセンス(真偽のほどは定かではない)を元に、私が推定した「事件のからくり」は以下のとおりである。 大学がやっていた「恐ろしいこと」とは大学教員の新生児に「遺伝性の疾患=ここでは先天性の眼の病気」が発見された場合、同時期に生まれた村民の新生児と取り替えていたということ。では、村民が双子を生んだ場合はどうするか。一人だけ取り替えて、もう一人は返しただろう。まずここで疑問点が出てくる。大学教員のこどもはどうしたか。 さて、普通ならこの「恐ろしいこと」はばれない。ところが、双子(一卵双生児)の場合は、顔がそっくりだから、ある程度成長した段階で「おかしい」ということがわかる。大学は村民に返したこども(女の子)の抹殺を図るだろう。もし、母親が気づいたら、自分のこどもを守るため、誰かを犠牲にして「交通事故で娘は死んだ」という細工をしてもおかしくない。そうして、自分のこどもを取り上げたうえに、残された方の抹殺を図ろうとした大学に復讐するだろう。体力的に自分はできないから、娘を「暗殺者」に仕立て上げる。 娘(便宜上姉とする)は何らかの手段で大学教員の娘(便宜上妹とする)と接触し、「洗脳」して復讐の協力者とする。 ターゲットは「大学の図書館の席を決めていた職員」。通常は職員のこども同士をカップルに仕立て上げるため、向かい合わせの席に座るように席順を「この職員」が決めていたから。 それに加えてこの企てに重要な役割を果たした「眼科医」と「産婦人科医」の三人である。 ここまでは読めたが、わからないことが残る。なぜ、「姉」の墓は大学より遠く離れた場所にあるのか。考えられるのは「姉」の抹殺計画に気づいたとき、母親はいっしょに逃げたのか。 なぜ、「姉」の墓は荒らされたのか。考えられるのは、大学が本当に交通事故で死んだのか確かめにいったのか。しかし遺体はとっくに骨になっているから、外観だけではわからないだろう。 いかにして、「姉」は「妹」を「洗脳」したのか。顔が瓜二つだから「妹」には信用してもらえるが、「暗殺に協力する」のは別の話。 それ以前に「姉」はどこに身を隠していたのか。母親との連絡はどうしていたのか。 原作を読んで、「一から勉強して来い」ということなのだろう。
隠す
  
 
[215]ドリーム
 トイレぐらい作れビリジョ2018-04-08
 【ネタバレ注意】
 もちろん人種差別の映画だ。女性差別の話でもある。さほど重い作りではないがかなりズシンと来る1本であった。  キルステン・ダンスト(老けましたね)の硬い演技が良かっ・・・
続きを読む
 もちろん人種差別の映画だ。女性差別の話でもある。さほど重い作りではないがかなりズシンと来る1本であった。  キルステン・ダンスト(老けましたね)の硬い演技が良かった。ケビン・コスナーが過度に正義漢でないのも良かった。  部屋を去るとき、白人の男たちは彼女を一顧だにしない。みんな科学のエリートたちなのだろうけど、見えているのに見ていないものがある。彼らが見ていなかったものに光を当てた映画だ。  アメリカの栄光、の物語でもある。アメリカの栄光を称える人にも白ける人にも、人種差別はだめなのだ。人種差別はだめだよ。何でそんなことが分からねえのかなあんたらは。  ところでワシは高1までは数学は比較的得意だったが高2の数僑造罵遒舛海椶譴拭もう一回勉強したいな、かなうのならば。
隠す
  
 
[216]X-DAY 黙示録
 悪魔の総攻撃HABBY2018-04-08
 【ネタバレ注意】
才能にあまり恵まれない新人監督が『デビルマン』をハリウッドで実写化したらこういう風な感じになるのかもしれない。
  
 
[217]CUB/カブ戦慄のサマーキャンプ
 恐怖のサバイバルHABBY2018-04-08
 【ネタバレ注意】
「学校の怪談」ならぬ「キャンプの怪談」的なノリ。課外活動でキャンプする世代(少年少女)が観るとリアルにガクブル出来るのではないか。紅一点、エヴェリン・ボスマンスの存・・・
続きを読む
「学校の怪談」ならぬ「キャンプの怪談」的なノリ。課外活動でキャンプする世代(少年少女)が観るとリアルにガクブル出来るのではないか。紅一点、エヴェリン・ボスマンスの存在に感謝。野郎ばかりだとやっぱし絵面に華やかさが出ないから。
隠す
  
 
[218]22年目の告白-私が殺人犯です-
 リメイクはキャスティングが命bond2018-04-08
 
オリジナルが傑作なので、リメイクも面白い。ハリウッドでなく日本でリメイクするとは意外。
  
 
[219]タイタン
 ドクターゴードンの島saint_etienne_heaven2018-04-08
 【ネタバレ注意】
個人的には「ノウイング」ラストや「プロメテウス」冒頭を彷彿させるムードで気味悪いものがあった。
  
 
[220]勲章
 立派な作品だ。だがしかし、noir fleak2018-04-08
 
小沢栄演じる元中将があまりにもバカ老人なので、「日本軍のトップクラスにこんな人間がなるわけがない。」と思ってしまう。ここは、もっと小沢をいやらしく、冷酷、狡猾、いか・・・
続きを読む
小沢栄演じる元中将があまりにもバカ老人なので、「日本軍のトップクラスにこんな人間がなるわけがない。」と思ってしまう。ここは、もっと小沢をいやらしく、冷酷、狡猾、いかにも役人根性丸出しの人間に描くべきだった。子どもたちとの関係も全く現実味に乏しい。 一番すごいのは何といっても杉村春子。なぜ彼女が名優なのか、これを見ればすぐわかる。 エンディングは、映画のブラックユーモア感をこわした。まあ、ひとつの戦後プロパガンダ映画とも言える。
隠す
  
 
[221]ドクトル・ジバゴ
 主人公たちが知らぬ間に消えていく。noir fleak2018-04-08
 
義父のラルフ」リチャードソン、妻のGチャプリン、ついにはジュリークリスティーまでもが、ただ「どこかで死んだ」と言われるだけ! こういうアンチドラマチックな演出にデビ・・・
続きを読む
義父のラルフ」リチャードソン、妻のGチャプリン、ついにはジュリークリスティーまでもが、ただ「どこかで死んだ」と言われるだけ! こういうアンチドラマチックな演出にデビッドリーンの真骨頂を見る。そしてそれが素晴らしい効果を表す。つまり、物語を物語と感じさせない、リアリティ感覚だ。 悠長な流れも全く退屈させない。なぜなからそれがいかにも現実と思えるからだ。 公開当時、ラーラのテーマはよくラジオから流れていたのが懐かしい。 傑作の名に恥じない。
隠す
  
 
[222]スリー・ビルボード
 行動から始まるそれぞれの変化ちょいQK (Mail)2018-04-08
 【ネタバレ注意】
 娘をレイプされて殺されたミルドレッド(フランシス・マクドーマンド)が、7か月たっても犯人が判らないことに業を煮やし、道路脇の3枚の巨大広告板に警察署長ウィロビー(ウ・・・
続きを読む
 娘をレイプされて殺されたミルドレッド(フランシス・マクドーマンド)が、7か月たっても犯人が判らないことに業を煮やし、道路脇の3枚の巨大広告板に警察署長ウィロビー(ウディ・ハレルソン)を難詰する広告を掲げたことから、南部の田舎町に起こる波紋を描いたもの。  ウィロビーの言うように警察も決して怠けているわけではなく、手がかりもなく行き詰っているのであるが、ミルドレッドはそれを承知の上で自分の怒りをぶつけているのであり、その頑なな態度に、町の人々も人格者ウィロビーの方に同情的である。ましてウィロビーは末期癌で余命わずかと分かっているのだから。周りの忠告に耳を貸さず思った通りに突き進むタフな女は、観客にも反感を抱かせるかもしれないところを、マクドーマンドが好演していることで、まず惹きつける。  そういうミルドレッドに対し、ウィロビーの部下ディクソン巡査(サム・ロックウェル)は特に強い反感を抱く。もともと人種差別主義的で粗暴な行動に出ることの多いディクソンは、どうしようもなく厭な奴だと思えるが、状況によってはすぐに暴力に訴えたり、助けてくれた小男に対する差別的な態度などの点ではミルドレッドも表裏一体である。人間の善悪が単純なものではなく多面性を持っているということが、この映画の底流にある主張であろう。ウィロビーの死で逆上したディクソンは、看板の広告業者に暴行し、やがて看板に放火するなど徹底的な敵役と見えて、警察を馘になった後の終盤に犯人探しに情熱を傾ける様が意表を突く展開で、根っからの悪い奴でもないのかなと思わせるのだが、その変化を全く違和感なく描いているところが素晴らしい。ロックウェルの好演も大いに貢献している。  正義は必ずしも勝たず、自分の主張は強く表明しなければ通らず、ある意味やった者勝ち、声高に叫ぶ者勝ち、という面があり、何が正しいのか定かならぬ南部田舎町の社会を描く中で、一つの規範となるのがウィルソンであろう。それぞれ彼の死後に届くミルドレッド宛とディクソン宛の手紙に、望まれる心の在り方が示されている。次月の看板の広告代を自分が負担するという遺言もその一端を表し、なかなかしゃれている。その関連として、ディクソンに暴行されて入院中の広告業者の隣のベッドに、警察署への放火で大やけどを負ったディクソンが運ばれた時のシーンがある。包帯だらけでディクソンと分からず広告業者がジュースを勧めたり親切にするのだが、ディクソンが暴行のことを詫びて相手が誰だかわかり怒りが再燃するが、一息ついた後で黙ってジュースを差し出すのが印象的である。  看板を出すというミルドレッドの行動から始まり、周りの何かが変わったように、ミルドレッドとディクソンは、持っていき場のない怒りを、新たに見つけ出した標的にぶつけるために、彼を殺すという思い切った行動を起こすことにする。しかし彼らは、本当にそれで良いのかと自問しつつであるところが、彼ら自身の変化なのであろう。ある意味での本作のテーマとも結びついた秀逸なエンディングとなっている。殺人目的や警察署への放火などミルドレッドの意表を突く行動は、面白くても余りに強引すぎて不自然でいくら何でも、と思えるが、やはり傑作である。
隠す
  
 
[223]人魚姫
 姫の涙HABBY2018-04-08
 【ネタバレ注意】
中国発の他愛ないおバカコメディー(おバカっぷりは日本の同系統の作品ともいい勝負)だが、海洋環境破壊への警鐘を鳴らすなど社会派メッセージも散見。日本からすると計画性の・・・
続きを読む
中国発の他愛ないおバカコメディー(おバカっぷりは日本の同系統の作品ともいい勝負)だが、海洋環境破壊への警鐘を鳴らすなど社会派メッセージも散見。日本からすると計画性のない水産資源乱獲をしまくる中国の漁業の方こそ心配だが…。 「中国を含むアジアを中心とする全世界の合計興行収入が5億5000万ドルを突破した」らしく、その影響力は侮れない。 人魚役のジェリー・リンは可愛いが、個人的にはキティ・チャンの美貌、色気の方にも目がいった。日中合作映画『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』にも出ているようなので拝見するのが今から楽しみ。
隠す
  
 
[224]アブセンシア 〜FBIの疑心〜
 まぁまぁ面白かった。hayate92018-04-08
 【ネタバレ注意】
Dlifeで放送中の「キャッスル」から続けて観たら、どちらのドラマも競技用ボートで死体発見!だったので、一瞬頭が「?」状態に。 面白かったけれど、話が暗くてちょっと辛かっ・・・
続きを読む
Dlifeで放送中の「キャッスル」から続けて観たら、どちらのドラマも競技用ボートで死体発見!だったので、一瞬頭が「?」状態に。 面白かったけれど、話が暗くてちょっと辛かった。 画面も後半が暗くて観難かったです。
隠す
  
 
[225]スノーデン
 面白かったのは認めるビリジョ2018-04-08
 【ネタバレ注意】
 ワシはオリバー・ストーンという監督を必ずしも支持しない。ワシは映画は映画それ自体が目的であるべきだと思っておるのだが、この人はしばしば映画を手段にする。そこが鼻白・・・
続きを読む
 ワシはオリバー・ストーンという監督を必ずしも支持しない。ワシは映画は映画それ自体が目的であるべきだと思っておるのだが、この人はしばしば映画を手段にする。そこが鼻白むのだ。  とはいえ、この人の存在は計り知れないほど重要である。オリバー・ストーンが居るアメリカとオリバー・ストーンが居ないアメリカは、違うアメリカになると思う。それぐらいこの人の挑戦的な態度は凄まじい。スノーデンのような、どう考えても賛否分かれる人間をあえて題材にし、アメリカの暗部を描き出す手法は脱帽だ。映画を観た人は、スノーデンという人間もさることながら、アメリカは果たしてどんな国なんだああ怖い恐ろしい気味悪い嫌だうっとうしいと深く考えざるを得ないのだ。  アメリカにはオリバー・ストーンが居る。それは多分、良いことなのだろう。あと、マイケル・ムーアも。  ニコラス・ケイジは何だろうな。何を示すためにご出演? 太ってるし。
隠す
  
 
[226]ブラックパンサー
 世の中の変化SECOND_STAGE_LENSMEN2018-04-08
 
ライアン・クーグラー監督は、「責任」と「アイデンティティ」が本作の中心的テーマであると語ったそうな。その言葉どおりの見事な映画だ。 黒人キャストばかりの映画はなかな・・・
続きを読む
ライアン・クーグラー監督は、「責任」と「アイデンティティ」が本作の中心的テーマであると語ったそうな。その言葉どおりの見事な映画だ。 黒人キャストばかりの映画はなかなか作れないし、ジョージ・ルーカスのように作っても惨敗していた映画史を考えれば、本作をつくったこと、ヒットしたことはエポックメイキングであろう。 作り手ばかりでなく、受け手側の成熟(いろんな意味で)もあるのだろう。
隠す
  
 
[227]ならず者
 地味なギャングたちnabeさん2018-04-08
 
香港を舞台にしたギャング映画である。 高倉健が一匹狼の殺し屋に扮し、香港に巣食う売春組織の首領を追いつめてゆく。その間に出会うギャング、刑事、売春婦、怪しげな女たち・・・
続きを読む
香港を舞台にしたギャング映画である。 高倉健が一匹狼の殺し屋に扮し、香港に巣食う売春組織の首領を追いつめてゆく。その間に出会うギャング、刑事、売春婦、怪しげな女たちと、高倉健とのやり取りが見どころのひとつになっているのだろうが、ストーリーがとにかく地味なので終始盛り上がりに欠けるのだ。特にヒロインの三原葉子の芝居が固いので、ギャング映画に不可欠な華がなく、せっかくの高倉健の魅力も引き出せていないのが残念だ。 香港の場末のホテル支配人の老婆を、赤木春恵が熱演している。チョイ役の加賀まりこがキュートだ。
隠す
  
 
[228]はじまりへの旅
 ヒッピー文化回想録的ロードムービーHABBY2018-04-08
 【ネタバレ注意】
子供にとって学校(義務教育)は必要か?子は親を選べない。一歩間違えれば児童虐待と受け取られかねない危うさを感じたが、この奇特な教育論(ヒッピー文化リスペクト?)を持・・・
続きを読む
子供にとって学校(義務教育)は必要か?子は親を選べない。一歩間違えれば児童虐待と受け取られかねない危うさを感じたが、この奇特な教育論(ヒッピー文化リスペクト?)を持つ父の下で育った息子・娘たちが真に人生の楽しさと生きる知恵とを実際に授かっていれば良いのだけど。。ノーム・チョムスキーの名が出てきたり量子物理学の難解な専門用語が唐突に飛び交ったり、ナボコフの『ロリータ』を読んだ感想を思春期の娘に求めたり、バッハのゴールドベルク変奏曲(グレン・グールド版)の優秀性を息子に訥々と論じさせたり、最後の部分で“哲学”としての仏教(火葬文化)とキリスト教(土葬文化)を競わせたり、この監督はかなり知的探究心に溢れた(いい意味で変わり者の)人間と見た。こういうアヴァンギャルドな作風に目がないので、星9点を献上。
隠す
  
 
[229]マザー!
 先入観なしでみた方がよい流氷一滴2018-04-08
 【ネタバレ注意】
パラマウント社は結構「自信タップリ」だったようだが、全米公開で苦情が殺到して日本公開をあきらめたことをネットニュースで知った。 DVD(レンタル)をみたら、「そりゃ・・・
続きを読む
パラマウント社は結構「自信タップリ」だったようだが、全米公開で苦情が殺到して日本公開をあきらめたことをネットニュースで知った。 DVD(レンタル)をみたら、「そりゃそうだ」と思った。 ひとつの原因はパラマウント社が認めているように「ミステリーだと思った観客が全然ミステリーでないので怒った」こと。もう一つはもっと重要で「いったい何を言いたいのか」アメリカ人でさえ理解できなかったこと。 私の解釈は簡単で、一言で言うと「ブラック・スワン」と同じ。ヒロインの体験したことは、最初は「事実」。ただ、あまりに唐突なことが続くことと、夫がヒロインの「当たり前の要求」を全く聞き入れないことから、ヒロインの精神はしだいに崩壊し、最後に家を燃やすという暴挙に出る。おそらく実際に家は燃えていないし誰も死んでいない。次の朝、まったく同じように一日が始まる。 この映画の言いたいことは「究極の芸術は狂気と紙一重」。まあ、過激すぎることは否定しないが、ブーイングの嵐になるとは思えない。 後日わかった監督の説明はこういう解釈ではなく、「聖書に書かれていること」を現したもので、テーマは「地球環境」ということらしい。詳しい説明はネットに多数載っている。 ただ、監督の「釈明」を見ても「気分がよくなるわけでもない」から、先入観なしでみた方がよい。賛否は置いておいて、十人見れば十通りの解釈ができる映画であるのは確かだから。
隠す
  
 
[230]ペイド・バック
 We can’t go back.dadada2018-04-08
 【ネタバレ注意】
「女神の見えざる手」が面白かったので、同じ監督・主演のコレを休日の友に選択。「女神」のスカっとを期待すると肩透かし。コッチは、人生を変える重たいウソの話。クライマッ・・・
続きを読む
「女神の見えざる手」が面白かったので、同じ監督・主演のコレを休日の友に選択。「女神」のスカっとを期待すると肩透かし。コッチは、人生を変える重たいウソの話。クライマックスの対決は、「ブラジルから来た少年」を観直したくさせる...かな? ともあれ、チャステインは、やっぱカッコ良いね。
隠す
  
 
[231]CUB/カブ戦慄のサマーキャンプ
 殺人DIY?mudadoll2018-04-08
 【ネタバレ注意】
妙にこだわった手作りトラップによる殺人、というのが珍しい。 ただ、そこから深読みすると、その加工技術はボーイスカウトから学んだ? この殺人鬼もかっては… と思える。 ・・・
続きを読む
妙にこだわった手作りトラップによる殺人、というのが珍しい。 ただ、そこから深読みすると、その加工技術はボーイスカウトから学んだ? この殺人鬼もかっては… と思える。 そして、殺人鬼はサムを連れて帰り、新たな殺人鬼として教育するのだろう。 さらに狼少年として都市伝説化し、後世へ連鎖していく。 かなり恐ろしい話。
隠す
  
 
[232]マネー・ショート 華麗なる大逆転
 たぶん、他山の石は棄てられる。本読み2018-04-08
 
経済ジャンルの知的エンターテイメントとしては、いや最高に面白かった。 リーマン・ショック関連本をある程度読んでると楽しめると思います。 ここで取り上げられている人たち・・・
続きを読む
経済ジャンルの知的エンターテイメントとしては、いや最高に面白かった。 リーマン・ショック関連本をある程度読んでると楽しめると思います。 ここで取り上げられている人たち以外にも、例えば世界的ショックの直接的な引き金となった破綻する当のリーマン・ブラザーズ内にも正確な分析と予測をしていた人たちはいて、警鐘を大きく鳴らしていた。社内的にはかなり大きく知られていたが上層部はそもそも取り上げる気はない。 理由はかんたん、この映画でも取り上げられているように調べもしないで目先の金に引きずられている人たちが大多数だからだ。 でも、人間は大抵の場合、愚かだから、これを見ても反芻して考えると言うことはしないでしょう。
隠す
  
 
[233]エンカウンター 地球外侵略者
 (無題)spqc2y292018-04-08
 
典型的な途中から失速
  
 
[234]トレイン・ミッション
 どう突破するのか?ノリック007 (Mail)2018-04-08
 
原題は「The Commuter(通勤客)」で、鑑賞後に納得できるので、 原題のほうが良いです。 「なぜ、そうなるのか」ということを考えて鑑賞すると、楽しめない 映画です。 主人・・・
続きを読む
原題は「The Commuter(通勤客)」で、鑑賞後に納得できるので、 原題のほうが良いです。 「なぜ、そうなるのか」ということを考えて鑑賞すると、楽しめない 映画です。 主人公と一緒になって「どう突破するのか?」ということを考えて 鑑賞すると、楽しめる映画です。 リーアム・ニーソンのファンを裏切る映画ではないので、安心して、 主人公と一緒になって「どう突破するのか?」ということを考えて、 映画を楽しんでください。 ニューヨークの電車の改札システムを予め知っておいた方が良いと 思います。 通勤客は定期券で通勤しますが、通勤客以外の乗客は車掌にお金を 支払い車掌は行き先までの切符に穴を開けて、座席に差すという システムです。 グランドセントラル駅からコールドスプリング駅までは1時間ちょっと なので通勤電車という閉鎖空間の中でリアルタイムに進行するミステリー、 アクション映画です。 ミステリー映画なので、謎解きを楽しむストーリーで、ストーリーの中に 謎解きの鍵あり、クライマックスへと近づくにつれ、「そうだったのか」 となる展開の映画です。 全ての謎解きをしてしまうと続編が製作できなくなることへの配慮からか、 全てが明らかにされないのがおしいところです。 リーアム・ニーソンが演じる主人公が、帰宅するためにグランドセントラル駅 からハドソンラインという通勤電車に乗り、謎の女性から 「コールドスプリング駅で下車する通勤客以外の乗客の中からプリン という名前の人のバックにGPS発信機を取り付けるという」という依頼を 10万ドル(1000万円)で行うというトーリーです。
隠す
  
 
[235]マン・ダウン 戦士の約束
 理性と狂気の狭間でHABBY2018-04-08
 【ネタバレ注意】
従軍後の精神の疲弊(PTSD)をドラマチックに、ある意味幻想的に描いた作品。中盤まで何がどうなっているのかよくわからない構成であったが、終盤になってこの兵士が妄想を見て・・・
続きを読む
従軍後の精神の疲弊(PTSD)をドラマチックに、ある意味幻想的に描いた作品。中盤まで何がどうなっているのかよくわからない構成であったが、終盤になってこの兵士が妄想を見ているのだとようやく把握。トンデモな展開だが、それだけに戦争の悲惨さを力技で表現しているような気がする。けいと・マーラ好きなので星一点加点。
隠す
  
 
[236]泳ぐひと
 海パン一丁男優bond2018-04-08
 
序盤は不思議な始まりだが、徐々に主役の立場、環境が解ってくる。斬新な映画。
  
 
[237]ソルジャーズ・アイランド
 生きるか死ぬかHABBY2018-04-07
 【ネタバレ注意】
極めて凡庸な脚本だが役者陣の重厚感で見せる。本作とは何の関係もないが、原題からDeep PurpleとLoudnessの名曲を思い出した。
  
 
[238]誰のせいでもない
 七転び八起きHABBY2018-04-07
 【ネタバレ注意】
冒頭からヘヴィなお話だが、原題から想像するに「終わり良ければすべて良し」、「明けない夜はない」的ポジティブシンキングの意義を説いた寓話だと受け止めました。難しい解釈・・・
続きを読む
冒頭からヘヴィなお話だが、原題から想像するに「終わり良ければすべて良し」、「明けない夜はない」的ポジティブシンキングの意義を説いた寓話だと受け止めました。難しい解釈はさておき、ヴェンダース監督の新作が拝めたことに感謝。独特の映像美、間(ま)は本作でも健在。シャルロット・ゲンズブール、マリ=ジョゼ・クローズ、レイチェル・マクアダムスと良い女優が同時に拝めるのも良い。監督の過去の傑作群には及ばないものの、ファンは必見でしょう。
隠す
  
 
[239]溺殺魔 セバスチャン・ドナー
 ミラーマンみたいbond2018-04-07
 
アイディアはいいし、出だしもいいけど、後は単調。
  
 
[240]ナイスガイズ!
 向かう所敵なしHABBY2018-04-07
 【ネタバレ注意】
なかなかやんちゃなバディもの。かなり情熱を込めて世界観を練り上げているのが伝わってくるので評価したい。ゴズリング&クロウの凸凹コンビに加えてキュートなアンガーリ・・・
続きを読む
なかなかやんちゃなバディもの。かなり情熱を込めて世界観を練り上げているのが伝わってくるので評価したい。ゴズリング&クロウの凸凹コンビに加えてキュートなアンガーリー・ライスの存在感が良い味。『レオン』でマチルダを演じたナタリー・ポートマンを彷彿させる将来性を感じさせてくれる。
隠す
  
 
前へ 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION