allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[241]リゾーリ&アイルズ7 ザ・ファイナル
 ハッピーフィナーレHABBY2017-09-02
 【ネタバレ注意】
全13話。肩肘張らず淡々と進行していく最終話。このドラマの特質が凝縮されているような気がした。足掛け7年で全国7シーズンを観てきたわけだが、愛嬌のある登場人物にもう会・・・
続きを読む
全13話。肩肘張らず淡々と進行していく最終話。このドラマの特質が凝縮されているような気がした。足掛け7年で全国7シーズンを観てきたわけだが、愛嬌のある登場人物にもう会えないとなると寂しさが募ってくる。ボストンという町、いつか訪れる機会があれば現地住民とこのドラマについて語り合ってみることにしよう。
隠す
  
 
[242]ベイビー・ドライバー
 新種mototencho2017-09-02
 
ベイビー!こいつはイケる。カーチェイス・ミュージカルとは新種の誕生だ。i-podを幼い頃から身に着けているGenZ(GenerationZ)ならでは、こうじゃなきゃね。
  
 
[243]マンチェスター・バイ・ザ・シー
 こだまするmototencho2017-09-02
 
文句なくケイシー・アフレックの代表作、主人公と化した彼のセリフがこだまする。映画は我々に寄り添うことができるのだ。
  
 
[244]キンダガートン・コップ2
 え?水ヒラ2017-09-02
 
かるーく見る分には結構おもしろい
  
 
[245]シンプル・プラン
 全員悪党realfiction2017-09-02
 
後味の悪い映画だった。
  
 
[246]フロム・ダスク・ティル・ドーン ザ・シリーズ3
 話し広げ過ぎbond2017-09-02
 
ここまでくると、惰性感あり。
  
 
[247]ザ・ウォード/監禁病棟
 (無題)kopi2017-09-02
 
映画を多く見ている人にありがちな「この監督はどうだこうだ・・・」コメント。有象無象の輩でも監督の評価をすると映画通っぽくなるとでも思っているのだろうか 内容はくそつ・・・
続きを読む
映画を多く見ている人にありがちな「この監督はどうだこうだ・・・」コメント。有象無象の輩でも監督の評価をすると映画通っぽくなるとでも思っているのだろうか 内容はくそつまらん。放火して精神病院へ送られるが、その精神病院が少女数人がいる学生寮みたいなところ。エロ要素ゼロ。 つまらない映画を通ぶって評価しているコメントに要注意www
隠す
  
 
[248]シークレット・オブ・モンスター
 大恐怖の大音楽namurisu2017-09-02
 
史実に基づく物語、だと思っていたら、ただの謎解きの創作だった。-5★。
  
 
[249]アナーキスト 愛と革命の時代
 殉ずるHABBY2017-09-02
 【ネタバレ注意】
アデル・エグザルコプロス。
  
 
[250]ストライクウィッチーズ Operation Victory Arrow Vol.3 アルンヘムの橋
 三部作が限界ちゃぷりん2017-09-02
 
だったんだろうけど、エイラとサーニャ主役で、もう一本作って欲しかった。
  
 
[251]日本のいちばん長い夏
 懐古、回顧HABBY2017-09-02
 【ネタバレ注意】
当時何があったかを語り継ぐ上で重要な座談会であったことは論を俟たないが、それとは別に、もうそろそろ"平和憲法"に対する過剰な幻想を捨て、今にフィットした自前・・・
続きを読む
当時何があったかを語り継ぐ上で重要な座談会であったことは論を俟たないが、それとは別に、もうそろそろ"平和憲法"に対する過剰な幻想を捨て、今にフィットした自前の憲法を我々自身で編むべき時に来ていると個人的には感じる。 本作に出演する田原、鳥越、松平、島田らの(私から見て左がかった)御仁らは多分この意見に賛同してくれないだろうけど。そういう意味では、彼らの世代の政治思想というか、ある種の想念が詰まった作品であるとも感じた。
隠す
  
 
[252]太陽
 なんだこりゃedix2017-09-02
 
この作品の主旨、主題がわからない。エンターテイメントでもないし、犯罪をおかした男が戻ってきた時の騒動に対する演出にも納得がいかない。 ダラダラと長いのが更に気にかか・・・
続きを読む
この作品の主旨、主題がわからない。エンターテイメントでもないし、犯罪をおかした男が戻ってきた時の騒動に対する演出にも納得がいかない。 ダラダラと長いのが更に気にかかる。鑑賞した分の時間がもったいなかった感が半端なかった。残念!! 邦画全般についてだが、エンドクレジットで役名と役者名を表記している作品が少な過ぎる。というか、ほとんどない。これでは新人が頑張っても認知する事ができない。ハリウッド映画を参考にしてもらいたい。
隠す
  
 
[253]イレイザーヘッド
 デキ婚男の悪夢リベルタド!!2017-09-02
 【ネタバレ注意】
二十歳くらいに初めて観た時、その“難解さ”全く意味わからなかった。 だけど、ちょっと背伸びしたというか、観たってことにちょっと優越感を感じてた。 そして、20年以上過ぎて・・・
続きを読む
二十歳くらいに初めて観た時、その“難解さ”全く意味わからなかった。 だけど、ちょっと背伸びしたというか、観たってことにちょっと優越感を感じてた。 そして、20年以上過ぎて久しぶりに観てみると・・・ 意外とベタな“非モテ男子”の“あるある”話だったみたい。急な妊娠でウオサオしたり、嫁の実家で折り合いの悪い感じとか、赤ちゃんはマジでモンスターだったり。 夫婦喧嘩したり、ちょっと浮気したり。 ラブコメでありがちなエピソード、デビッド・リンチが監督するとこんなグロテスクになっちゃうんだな。
隠す
  
 
[254]第七天国
 ジャネットゲイナールーテツ2017-09-02
 【ネタバレ注意】
純愛物の名作 ということで、細かいことにいちいち突っ込むのは映画の心の無いお方 ソフトによって訳が違うが"remarkable fellow"のいちばんしっくりくる訳は「でき・・・
続きを読む
純愛物の名作 ということで、細かいことにいちいち突っ込むのは映画の心の無いお方 ソフトによって訳が違うが"remarkable fellow"のいちばんしっくりくる訳は「できる男」だと思う 昔の映画だけど、映像が綺麗で、とくに何度も出てくる7階へと続く螺旋階段の画が美しい 『上を向いて歩こう』の元ネタとなったのは良く知られているが、アレがあるから「星の数を数えながら歩くんだ」が、より一層効いてくる 個人的には後半の戦争のシーンは蛇足に感じて、何度か観返しているが、実はラストまでちゃんと観たのは3回くらい いつも前半の1時間で満足してしまう まあアレが無いとラストの名セリフにつながらないんだけど 突っ込むなと言いつつ、ひとつだけ ディアンヌが姉を撃退するとき、鞭ちょっと叩きすぎ
隠す
  
 
[255]HiGH&LOW THE MOVIE
 聖者or愚者の行進HABBY2017-09-02
 【ネタバレ注意】
TAKAHIROと武井咲の出来婚が発表された日にたまたま鑑賞(笑)。ハイアンドローってこういう作風だったのか。エグザイルメンバーが出てることも含めてまったく予備知識無しで観・・・
続きを読む
TAKAHIROと武井咲の出来婚が発表された日にたまたま鑑賞(笑)。ハイアンドローってこういう作風だったのか。エグザイルメンバーが出てることも含めてまったく予備知識無しで観始めたが、エグザイル自体にあまり興味ないし、お話自体も若者向けで浅いように感じられたので早送りでぱぱっとチェックしただけで終了。海外のエグザイルファンとの話のツマミくらいにはなるかな。
隠す
  
 
[256]ラスト・キング 王家の血を守りし勇者たち
 王国定番物bond2017-09-01
 
だが、雪上アクションが珍しい。赤ちゃん王子可愛い。
  
 
[257]ひつじ村の兄弟
 切っても切れない関係性HABBY2017-09-01
 【ネタバレ注意】
ラストシーンを含めいかにもカンヌっぽい薫りが漂う一作。血の繋がった兄弟は、(赤の他人である伴侶とは比較にならないほどの)濃密な何かをお互い携えているってわけだね。自・・・
続きを読む
ラストシーンを含めいかにもカンヌっぽい薫りが漂う一作。血の繋がった兄弟は、(赤の他人である伴侶とは比較にならないほどの)濃密な何かをお互い携えているってわけだね。自分と弟の関係を本作の兄弟と比較しつつ鑑賞。
隠す
  
 
[258]孤独のススメ
 色是是空HABBY2017-09-01
 【ネタバレ注意】
神学的、哲学的。解釈の仕方は様々かな。無の境地に至った時、そこに何が見えるのか。
  
 
[259]この国の空
 最後はあれでいいのかMcQueeeeeN (Mail)2017-09-01
 
ひょっとしたらそうなんじゃないかと思ったけど、母親役は工藤夕貴だったのが驚き。 今までの工藤夕貴をすっかり消し去っていたのでエンドクレジットを見るまで疑心暗鬼だった・・・
続きを読む
ひょっとしたらそうなんじゃないかと思ったけど、母親役は工藤夕貴だったのが驚き。 今までの工藤夕貴をすっかり消し去っていたのでエンドクレジットを見るまで疑心暗鬼だった。 物語の終わりはあれで良かったのかね。 でも全体的に良かったと思うほうが勝っていたので気にしないでおこうか..。
隠す
  
 
[260]ミス・シェパードをお手本に
 最高の題材bond2017-09-01
 
訳あり不幸な老女の人生は、最高の題材。
  
 
[261]マーズ 火星移住計画
 極めて難題HABBY2017-09-01
 【ネタバレ注意】
全5話。ナショジオらしくリアルで堅物な構成。やっぱり火星移住は無理なんじゃないかと思った。地球民が一致団結できるならともかく、イスラム国やら北朝鮮やら人種間の摩擦や・・・
続きを読む
全5話。ナショジオらしくリアルで堅物な構成。やっぱり火星移住は無理なんじゃないかと思った。地球民が一致団結できるならともかく、イスラム国やら北朝鮮やら人種間の摩擦やらに手を割かざるをえない今の環境だと無理っしょ。
隠す
  
 
[262]やさしくなあに 〜奈緒ちゃんと家族の35年〜
 生きる実感黒美君彦2017-09-01
 【ネタバレ注意】
重いてんかんと知的障害があり、長くは生きられないだろうと医師に告げられた西村奈緒さんを、叔父である伊勢真一監督は1983年、彼女が9歳の時からずっと撮影し続けてきた。 ・・・
続きを読む
重いてんかんと知的障害があり、長くは生きられないだろうと医師に告げられた西村奈緒さんを、叔父である伊勢真一監督は1983年、彼女が9歳の時からずっと撮影し続けてきた。 当初はプライベートフィルムのつもりで始めた撮影だったが、その映像は1995年、ドキュメンタリー映画『奈緒ちゃん』としてまとめられ、大きな反響を呼んだ。 その後も伊勢監督は『ぴぐれっと』(2002年)『ありがとう〜「奈緒ちゃん」自立への25年』(2006年)と、奈緒ちゃんを中心にした家族や作業所、地域をドキュメンタリー作品として発表してきた。 そしてこの作品。奈緒ちゃんも40代になり、弟の記一さんも30代後半に。父大乗さんは定年後株投資に夢中になり、母信子さんは少し退いた場所から奈緒ちゃんを見守っている。 一時は大乗さんと信子さんの関係もかなり険悪になるが、大乗さんが再就職してからは若干関係も修復されたよう。 「やさしくなあに」というタイトルは、夫婦喧嘩の仲裁に入るときの奈緒ちゃんの口癖「ケンカしちゃいけないよ。やさしくなあに…って言わなくちゃ」という言葉からつけられたという。攻撃的な言葉を投げつけ合っても物事は好転しない、やさしく「なあに」といえばほっこりとした空間が生まれる。 西村家はそうして幾つもの危機を乗り越えてきたかのようだ。 この作品の背景には、2016年7月に神奈川県相模原市で発生した重度障がい者19人を殺害した事件も影を落とす。 長年奈緒ちゃんを育て、作業所の活動などを率先してきた信子さんは、「奈緒ちゃんや障がい者を嫌っている人が大勢いることを思い知らされた」と語る。これは「生産しない者には生きる価値がないという社会の本音が反映した事件だったのではないか」と。 だとすると、この社会は一向に「個人の価値」を重視する姿勢を欠いているということになる。 他人を愚弄し嘲笑することで自らの価値を高める、そんな社会の傾向をこの作品は断固として否定している。 苦難を切り拓きながら見つかる“生きる実感”がこの作品にはあるのだ。
隠す
  
 
[263]ワンダーウーマン
 ヒロイン黒美君彦2017-09-01
 【ネタバレ注意】
1941年にアメコミとして登場した『ワンダーウーマン』については、全く知らず。 全世界でぶっちぎりのオープニング成績を上げたそうで、3Dで拝見。 正直上映時間が長く感じた・・・
続きを読む
1941年にアメコミとして登場した『ワンダーウーマン』については、全く知らず。 全世界でぶっちぎりのオープニング成績を上げたそうで、3Dで拝見。 正直上映時間が長く感じた。中盤でダレた感も。個人的にヒロイン役のガル・ガドットにあまり魅力を感じないから、ということもあるんだろうけど。彼女がカッコいい、という友人もいたので、そこは好みの差も大きそう。 ラストは愛の力でやっつけちゃう、というのもなあ。戦の神アレスに対して、早々とダイアナ(ガル・ガドット)が実は「ゴッド・キラー」そのものであることが明かされるけど、それならアレスが戦ったってダイアナに負けちゃうのは当たり前じゃん。違うのかな?? しつらえはどんどん大きくなるけれど、アメコミのファンタジーは基本的にバイオレンスとアクションがメイン。戦争中のドイツであればいくらでも叩いていい、みたいなのも何だかイヤな感じが残った。 もうこの手のアメコミ系実写映画はいいかな…と思ってしまったというのが率直な感想。ま、実際最近の作品はあまり観ていないんだけど。
隠す
  
 
[264]スパイダーマン:ホームカミング
 白人だけじゃない黒美君彦2017-09-01
 【ネタバレ注意】
さんざんこれまでに実写化されてきた『スパイダーマン』。ただ今回は他の「マーベル・コミック」との融合を図ったワンエピソードとして描かれているところが過去の実写化作品と・・・
続きを読む
さんざんこれまでに実写化されてきた『スパイダーマン』。ただ今回は他の「マーベル・コミック」との融合を図ったワンエピソードとして描かれているところが過去の実写化作品と大きく異なる。 スパイダーマンになる経緯は大胆に割愛し、アベンジャーズの一員になるべく奮闘するピーター・パーカー(トム・ホランド)の活躍が活き活きと、時にコミカルに描かれる。 この作品で特徴的なのは、ハリウッド映画で度々批判される白人優先主義に対抗するかのように、アフリカ系やアジア系が多数登場するところだ。ピーターが好きになるリズ・アラン(ローラ・ハリアー)はアフリカ系とのハーフだし、学校の校長は日系のモリタ先生(ケネス・チョイ)。親友の肥満児ネッド・リーズ(ジェイコブ・バタロン)はフィリピン系…といった具合。 正直いうとアクション部分がやや単調な印象があった。CGがメインになればなるほど、動きが人間離れしてアニメを観ているような気がしてくるのだ。 もうひとつは登場人物が誰も死なないようにみえることへの違和感。基本的に子ども向けなのだからそれでいいのだといえばいいんだけれど、どんな極端な打撃を受けても平気、というのは、逆に人間の脆さを隠す結果になりはしないか。人間は簡単に死んでしまう、本当はそんな生き物なのだけど。 マイケル・キートンはもちろん、マリサ・トメイといったベテラン勢はさすがの存在感。 ま、マーベルっぽい作品には違いないんだけど、個人的には上映時間が長く感じてしまったのはなぜだろう。年齢のせいにしたくはないのだけど…。
隠す
  
 
[265]ボブという名の猫 幸せのハイタッチ
 名優ボブ黒美君彦2017-09-01
 【ネタバレ注意】
久しぶりに心が温まる映画に出逢った。薬物依存症のストリート・ミュージシャンのジェームズ(ルーク・トレッダウェイ)が一匹の猫に出逢って、救われる話。しかも実話だという・・・
続きを読む
久しぶりに心が温まる映画に出逢った。薬物依存症のストリート・ミュージシャンのジェームズ(ルーク・トレッダウェイ)が一匹の猫に出逢って、救われる話。しかも実話だというからびっくり。 物語はきわめてわかりやすいけれど、主人公の茶トラ猫ボブは、自らの役をほとんど演じたというからこれまた驚き。何せ猫は臆病だから、大勢の人間の前ではパニクるのが普通だし、自転車の前籠に入れていたら必ず出ようとするし、とにかく気ままなので言うことを聞かないのが普通なのだ。 この映画のためにもカナダのバンクーバーから7匹の訓練された猫を連れてきたそうだけど、ボブとともに来日したジェームズ曰く「(他の猫は)スタントはできてもボブらしい振る舞いを演じることはできなくて。その時にやっぱりボブは世界に1匹しかいないんだなってみんな改めて実感した」のだとか。 とはいえ、ところどころこれは別の猫だな、と感じるシーンが幾つかあったけれどね(ことほど左様に猫は一匹一匹表情が違う)。 英国では薬物に対する許容度が日本よりはるかに低い(一応犯罪ではあるんだけど)ので(だから『トレインスポッティング』(1996)といった名作も生まれる)、こうした薬物依存の若者は決して例外的ではない。 実際ジェームズ本人も相当苦しい思いをして薬物を手を切ったのだとか。 そこにボブという名の猫がいたから、というのは確かだ。猫を飼う、ということは、擬人化するまでもなくその命に責任を負う、ということだ。そのためにはまず自らの足で立たなくてはならない。その時に無条件に頼り、愛情を示してくれるボブのような存在がどれほど大きな役割を果たすことか。 ルーク・トレッダウェイは、気の弱い若者を巧演。ベティ(ルタ・ゲドミンタス)もケバいけど、心根の優しい隣人役にはまっていた。 テンポのいい展開も好感度大。 ジェームズが書いたノンフィクション『ボブという名のストリート・キャット』は2012年に出版され、販売部数は世界中で500万部、続編2冊を合わせると計1000万部を越える大ベストセラーになったのだとか。ジェームズとボブは大英帝国勲章も貰い、国会の上院にも行ったそうだ。 問題提起型もいいけど、時にはこんなハートウォーミングな作品もいいよね。
隠す
  
 
[266]人気家族パートリッジ
 The Partridge Familyカール犬2017-09-01
 
ドラマの内容も歌も何ひとつおぼえてないけど、 ゆるいファミリードラマ。歌あり。 このドラマで長男キース・パートリッジは一躍トップアイドルに。 そのデヴィッド・キャシ・・・
続きを読む
ドラマの内容も歌も何ひとつおぼえてないけど、 ゆるいファミリードラマ。歌あり。 このドラマで長男キース・パートリッジは一躍トップアイドルに。 そのデヴィッド・キャシディが認知症?もうそんな?って感じだけど、、 やはり楽屋で飲んでたとか若い頃からのアルコール依存とかよくないね。 それこそ芸能一家キャシディファミリーでいるというのも ドラマとは違い(父親ジャックとの関係とか)大変だったのかも。 スーザン・デイの拒食症とか、 デヴィッドの当時の人気ぶり考えるとそりゃ惚れちまうよね。 次男・ダニー・パートリッジの暴れん坊ぶりとか 大人になってから知る楽屋裏話はドラマのイメージと比較すると感慨深い。 実際にデヴィッドのステップマザーであるシャーリー・ジョーンズは 後年のインタで気がつかなかったわ。ってそれもどうなのかと。 でもドラマは他愛のないファミリーもの。 人気ファミリーバンドというふれ込みでドサ回りか営業のような舞台 観客エキストラも驚くほど少ない予算節約型ドラマ。
隠す
  
 
[267]ストライクウィッチーズ 劇場版
 眼帯なしの少佐ちゃぷりん2017-09-01
 
宮藤がランボー化する所から面白くなって来たが、結局イベント・ムービー。
  
 
[268]パーフェクトマン 完全犯罪
 完全犯罪、お見事なりHABBY2017-09-01
 【ネタバレ注意】
起承転結バランスの整った、隠れた名作。主演二人ももっとも脂が乗っている時期だし、きっとウン10年後に振り返っても思い出深い逸品として語り継がれているのではないかと思料・・・
続きを読む
起承転結バランスの整った、隠れた名作。主演二人ももっとも脂が乗っている時期だし、きっとウン10年後に振り返っても思い出深い逸品として語り継がれているのではないかと思料。ラストシーン(赤ん坊を抱きながら誰もいない窓を振り返る)がまたいいんだなあ。完全犯罪、お見事なり。
隠す
  
 
[269]THE FORGER 天才贋作画家 最後のミッション
 まんまと成功HABBY2017-09-01
 【ネタバレ注意】
家族愛と美術品贋作詐欺の生業とをミックスさせたなかなかの佳品、小品。トラヴォルタ、相変わらずマメに働くなあ。
  
 
[270]ダーク・グラビティ
 パラレルワールドbond2017-09-01
 
なんか、ありきたり。
  
 
前へ 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION