allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[241]君の名前で僕を呼んで
 イタリアの夏あーぼう2018-05-08
 
ジェームズ・アイヴォリーの監督作と勘違いして映画館へ。常々映画はテンポだと思っているが、テンポが悪いどころかテンポを無視した作品で、主人公と一緒に「恋」以外は特別な・・・
続きを読む
ジェームズ・アイヴォリーの監督作と勘違いして映画館へ。常々映画はテンポだと思っているが、テンポが悪いどころかテンポを無視した作品で、主人公と一緒に「恋」以外は特別なことが起きないひと夏のバカンスをゆっくりと体験することができる。近年稀なそのテンポに身をゆだねることができるのは素晴らしい映像と音響のおかげ。
隠す
  
 
[242]グッド・ネイバー
 ホラーではないspqc2y292018-05-08
 【ネタバレ注意】
後味の悪さはある意味ホラーだけど、、、
  
 
[243]スクールガール・コンプレックス〜放送部篇〜
 リアル女生徒asama2018-05-08
 
「櫻の園」(1990年 中原俊監督)から20数年、新しい時代の女子高生物語が生まれた。
  
 
[244]プレイス・イン・ザ・ハート
 母ちゃん頑張ったbond2018-05-08
 
ハートウォーミング バッチリ。マルコヴィッチとグローバーが正に助演でいい味出してる。
  
 
[245]彼が二度愛したS
 大人の妖艶さが...McQueeeeeN (Mail)2018-05-08
 
映画をたくさん見ている人なら、容易にたどり着く内容。 そういう意味では、ビギナー向きの作品。 かなり前に見た『スパニッシュ・プリズナー』におどろくほど良く似ている。 ・・・
続きを読む
映画をたくさん見ている人なら、容易にたどり着く内容。 そういう意味では、ビギナー向きの作品。 かなり前に見た『スパニッシュ・プリズナー』におどろくほど良く似ている。 特筆すべきは、 シャーロット・ランプリングの娼婦役は衝撃的であり、これはこれで“あり”かと思わせる大人の妖艶さが魅力。
隠す
  
 
[246]アウトランダー (シーズン1)
 恋多き女勇者HABBY2018-05-07
 【ネタバレ注意】
全16話。英国現代史の要素がありーの、恋愛(三角関係もの)・タイムトラベル、医療の要素がありーの、様々なエキスがぎゅっと詰まった傑作ドラマ。どちらかと言うと女性向けの・・・
続きを読む
全16話。英国現代史の要素がありーの、恋愛(三角関係もの)・タイムトラベル、医療の要素がありーの、様々なエキスがぎゅっと詰まった傑作ドラマ。どちらかと言うと女性向けのシリーズだと思うのだが、男性の自分でも満足できたのは脚本の素晴らしさと、それから主人公カトリーナ・バルフの脱ぎっぷりの良さがあるからか。女性だと筋骨隆々なサム・ヒューアンの誠実で一途な人柄に惚れるんでしょう。随所に挿入されるエロ描写は上品でありつつも想像力を喚起するものが多く、下手なAVよりも興奮度は上。こういう役を演じきれるカトリーナの女優魂を感じた。次シーズン以降も波乱万丈なストーリーが続きそうで、時代を分け隔てて三角関係を演じる3人の生き様の行く末を楽しみに観ていきたい。
隠す
  
 
[247]コール・オブ・ヒーローズ/武勇伝
 荒野の7人bond2018-05-07
 
鉄板悪党成敗もの。理屈なしで楽しめばいい。
  
 
[248]アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
 新婚初夜ビデオはsaint_etienne_heaven2018-05-07
 【ネタバレ注意】
流石にオミット。 マーゴット・ロビー初めて良いと思った。
  
 
[249]ザッツ・エンタテインメント
 ジュディガーランドルーテツ2018-05-07
 
ミュージカル映画ファンのバイブル 映画好きになってわりと初期にこの作品と出会い、作中で断片だけ観られる作品を回収してゆく作業がワタシの映画史でもある それでも未だ日・・・
続きを読む
ミュージカル映画ファンのバイブル 映画好きになってわりと初期にこの作品と出会い、作中で断片だけ観られる作品を回収してゆく作業がワタシの映画史でもある それでも未だ日本でビデオ化・DVD化されていない作品も多い ガーランド&ルーニーの短編物や、ジェーン・パウエルの作品がもっと観たい
隠す
  
 
[250]最後のマイ・ウェイ
 「いつものように」黒美君彦2018-05-07
 【ネタバレ注意】
39歳にして不慮の事故で亡くなったクロクロことクロード・フランソワ(1939〜78)。 浅学にして彼のことをほとんど知らなかったので(!)、へええと思いながらも冒頭の凄まじい・・・
続きを読む
39歳にして不慮の事故で亡くなったクロクロことクロード・フランソワ(1939〜78)。 浅学にして彼のことをほとんど知らなかったので(!)、へええと思いながらも冒頭の凄まじいハイテンポな展開を眺めていた。 大スターにありがちな不遜なまでの自信、自己肯定感には辟易とするが、やはり才能には恵まれた人だったのだろう。ポール・アンカ、フランク・シナトラのスタンダードナンバーとして知られる「マイ・ウェイ」が、彼の手で作曲されたというのは知らなかった(原曲名は「いつものように」)。 彼がフランス・ギャルとつきあっていたことも初めて知る。彼女の代表曲「夢見るシャンソン人形」は私でも知っているフレンチポップだし、当時の彼女はとても愛らしい(彼女も2018年に70歳で他界したが…)。 父親に認められなかった彼は、人一倍承認欲求が強い自我の持ち主だったのだろう。女性遍歴もその表れだとみれば納得できる。 彼と同時代を生きた観客からはいろいろ言いたいこともあるだろうが、私は個人的にはそれなりに楽しめる作品だった。クロクロを演じたジェレミー・レニエは、容貌と若さにこだわり続けたクロクロを巧演。母・ショウファを演じたモニカ・スカッティーニも巧い。彼女は2015年に59歳で亡くなっているが…。 「マイ・ウェイ」の英詩が、図らずもクロクロの一生を語っているようで、そこに皮肉すら感じた。 アクション映画を撮り続けたフローラン・エミリオ・シリの監督作品と知って、少し意外な感じもした。 それにしてもトップにはなるものではない。なるのは簡単だけど、それを続けるのは並大抵のことではない。日本の大スターを思い浮かべながら、そんなことを感じた。
隠す
  
 
[251]地球が燃えつきる日
 核攻撃より怖いnabeさん2018-05-07
 
カナダ制作のSFパニックTVムービーである。 ある日突然宇宙から飛来した中性子星のかけらが地球を貫通したことにより、磁場が狂い地球が自転を停止する、というダイナミッ・・・
続きを読む
カナダ制作のSFパニックTVムービーである。 ある日突然宇宙から飛来した中性子星のかけらが地球を貫通したことにより、磁場が狂い地球が自転を停止する、というダイナミックな発想に基づくストーリーには真実味があり、結構緊迫感もある。その解決策がすでに用意されているところは娯楽映画らしい点だが、阻止しようと邪魔をする連中との息詰まる戦いは、サスペンス作品としても及第点だ。 磁場が荒れ狂う中で、携帯や衛星との電波のやり取りが普通にできるところがやや残念。ハッカー役のキャメロン・ブライトがフレッシュで印象的だ。
隠す
  
 
[252]戦場のアリア
 スコットランド人はなぜドイツ人を憎むのかpumpkin2018-05-07
 
一番感動的なミサのシーン。よく考えるとなかなか複雑です。フランスとスコットランドはカトリックですが、ドイツはプロテスタント。ドイツ兵にとってミサは目慣れないものだっ・・・
続きを読む
一番感動的なミサのシーン。よく考えるとなかなか複雑です。フランスとスコットランドはカトリックですが、ドイツはプロテスタント。ドイツ兵にとってミサは目慣れないものだったでしょう。さらにドイツ兵の指揮官はなんとユダヤ人。自分で言っていましたが、ユダヤ教徒はクリスマスは祝いません(イエスは偽預言者だから)。 ラストに司教がドイツ人を皆殺しにしろというところで出てくるのが、例のマタイ書第10章第34節。イエスの「わたしは平和をもたらすために来たのではない。剣をもたらすために来たのだ」の言葉。 本作品は決して単なる美談ではありません。
隠す
  
 
[253]刑事モース 〜オックスフォード事件簿〜
 全体的に暗いけれど黒美君彦2018-05-07
 【ネタバレ注意】
<あらすじ>1960年代半ば、オックスフォード大学ロンズデール・カレッジを中退したエンデバー・モース(ショーン・エヴァンス)は、陸軍除隊後に退学し、カーシャル・ニュート・・・
続きを読む
<あらすじ>1960年代半ば、オックスフォード大学ロンズデール・カレッジを中退したエンデバー・モース(ショーン・エヴァンス)は、陸軍除隊後に退学し、カーシャル・ニュートン警察に入った。犯罪捜査課に異動してきたモースは早々に辞表をしたためたが、15歳の少女の行方不明事件の捜査に協力するため、オックスフォード市警カウリー署へ送られる。オックスフォード大学で学んだモースは、上司のベテラン捜査官フレッド・サーズデイ警部(ロジャー・アラム)に見込まれ、様々な事件に取り組むことになる…。 もととなった長期シリーズ「主任警部モース」は未見なので、シリーズドラマを観る順番としては正しい?見方なのかも。 NHKで放送されたパイロット版を含めた第2シーズン終わりの第9話までを観た。線の細いインテリ刑事モースだが、このドラマシリーズは彼の人間的な成長もひとつの見どころとなっている。上司のサーズデイ警部は特にいい。 事件は毎回複雑で、意外な人物が真犯人、というケースが多いが(しかも意外に女性が多い)、事件が解決しても一向に気分が晴れない鬱々とした感じ、決して嫌いではない。 当時の風俗や時代背景がちらちら見えてくるのも面白いけれど、隣人のアフリカ系女性であるモニカ・ヒックス(シュヴォルン・マークス)と恋仲になるところがモースの人間性を反映しているようだ。 個人的には面白く観た。
隠す
  
 
[254]グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状
 富の陳列棚HABBY2018-05-07
 【ネタバレ注意】
豪勢な美術品がこれでもかこれでもかと紹介されるが、その裏には昔の貴族たちの強欲ぶり、搾取体質、権謀術数を駆使した盗み合い、非情なる奴隷の使役などが横たわっている。ヨ・・・
続きを読む
豪勢な美術品がこれでもかこれでもかと紹介されるが、その裏には昔の貴族たちの強欲ぶり、搾取体質、権謀術数を駆使した盗み合い、非情なる奴隷の使役などが横たわっている。ヨーロッパの貴族たちって今も昔もそんなに高貴な聖人君子ではないはずで、キラキラと輝く宝物の輝きや匂いからは、古の平民たちの血と汗と涙と尸とがブレンドされてエキスとして滲み出ているような気がした。さはさりながら、こうした勿体ある宝物群を一堂に集めて次世代に伝承していく意義はあるのだろう。戦闘が続くイスラム圏ではテロリストたちが重要な美術品を惜しげもなく破壊する様子などが散発的に漏れ伝わってくるが、自らのアイデンティティを喪失するようで実に浅はか、不幸なことだと思う。この美術館で働く人間たちの真摯な息遣いを感じとりながら、我々人類は何の為に生き、どこに向かっているのかを改めて真摯に黙考したい。
隠す
  
 
[255]レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮
 知の巨人の横顔に迫るルポHABBY2018-05-06
 【ネタバレ注意】
「モナ・リザ」などの絵画をはじめ、建築、彫刻、数学、物理、天文学など、あらゆる分野にマルチな才能を発揮した、イタリアのルネサンスを代表する知の巨人ダ・ヴィンチ。その・・・
続きを読む
「モナ・リザ」などの絵画をはじめ、建築、彫刻、数学、物理、天文学など、あらゆる分野にマルチな才能を発揮した、イタリアのルネサンスを代表する知の巨人ダ・ヴィンチ。その偉大な業績と、いまだに多くの謎に包まれたその実像を、ダ・ヴィンチ研究の第一人者たちの解説と再現ドラマを織り交ぜながら幅広く紹介。 鉱脈を掘れば掘るほど、新たな神秘が生まれてくる。そういう意味ではエジプットのピラミッドとも良い勝負。
隠す
  
 
[256]エアポート2017
 飛んだ災難HABBY2018-05-06
 【ネタバレ注意】
「高度500フィートを下回ると機体が爆発する」という設定。『スピード』の航空機バージョンかな。キャビンアテンダントは綺麗というよりもケバい。上空でドタバタする妻役のミ・・・
続きを読む
「高度500フィートを下回ると機体が爆発する」という設定。『スピード』の航空機バージョンかな。キャビンアテンダントは綺麗というよりもケバい。上空でドタバタする妻役のミミ・ダヴィラはなかなかのエキゾチック美人。ブルガリア人とのこと。
隠す
  
 
[257]乳泉村の子
 人生の教科書のような作品初代黒龍2018-05-06
 
  生まれて以来こんなに泣いたことはない、と思える位感動して、映画館でずっと泣きながら観ていた。   ある老婦人が何気なくTVを観ていると、中国から仏教の交流団が来・・・
続きを読む
  生まれて以来こんなに泣いたことはない、と思える位感動して、映画館でずっと泣きながら観ていた。   ある老婦人が何気なくTVを観ていると、中国から仏教の交流団が来日したニュースが流れていた。画面に映った僧侶一行の一人を見て、彼女は驚き、凍りついたように彼を凝視している。話はいきなり時代をさかのぼって、第二次大戦終戦時の中国の寒村に変わる。敗戦で撤退する日本人を嘲笑いながら、村人達は彼らが残していった家具などを物色し始める。この村に住む老婦人が大きな籠を拾って持ち帰るが、中身は何と赤ん坊!所謂中国残留日本人孤児である。彼女には、体は大きいが耳が不自由な息子と、家事を手伝う働き者の娘がいる。面倒なので娘に子供を捨てるよう命じるが、なんだかんだで上手くいかず、これも何かの縁だと、結局彼らの弟となってしまう。少年は、日本人の子だと差別されながらも元気に育つ。その後息子が高収入の仕事を求めて地方に行くが、落盤事故の為に死んでしまう。逃げろ、という声が聞こえなかったためだ。娘に縁談が来るが、あまり良い話でない。だが娘は、結納金を老いた母と幼い弟の当面の生活費にするため承諾する。納得しかねる母に娘は言う。「どう生きても一生よ」。残された弟は、老母の勧めで寺に入り僧侶となる。冒頭の日本の老婦人がTVで見た青年僧は、何とこの少年の成長した姿であり、そして彼女こそ実の母であった。こうして数十年の時を経て、捨てられたと思っていた息子は、ようやく再会した母に初めて『親孝行』をする。     「無償の愛」というもの、その勇気・決断・行動をこれほど力強く描ききった作品を他に知らない。第二次大戦中多くの中国人を殺した日本人は、今では実の子を虐待したあげくに殺すこともやり、原発事故で避難して来た子供達には、学校では激励するどころかイジメの対象にする、いつからどうしてこんな愚かな国民に成り下がってしまったのか。はるか昔に中国から文化や思想を取り入れたように、現代を生きる日本人がこの映画から学ぶべきことは数多いのではないか。     人生の教科書のような作品だ。
隠す
  
 
[258]闇の伴走者〜編集長の条件
 漫画業界bond2018-05-06
 
編集者って大変だねー。
  
 
[259]アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
 八百長もあるのか。hayate92018-05-06
 【ネタバレ注意】
マーゴット・ロビーは好きだけど、トーニャ・ハーディングはあんまり・・・。スケーティングも今見ても優雅じゃないし。 なので映画を観終わっても信じていいのやら。でも、あ・・・
続きを読む
マーゴット・ロビーは好きだけど、トーニャ・ハーディングはあんまり・・・。スケーティングも今見ても優雅じゃないし。 なので映画を観終わっても信じていいのやら。でも、あの環境で育ったんじゃ性格が歪んでも仕方がない。 事件をリアルタイムで知っている人の方が面白く感じるかも。
隠す
  
 
[260]素晴らしきかな、人生
 心に染みるbond2018-05-06
 
ナイスアイデアな人生立ち直り映画。心が疲れた方に。
  
 
[261]エアポート2012
 文明の利器も時には人に逆らうHABBY2018-05-06
 【ネタバレ注意】
ドタバタ航空パニックもの。キャビンアテンダントは若い頃のダイアン・レイン似、グラマラス金髪美人。そこくらいしか注目点がない。
  
 
[262]サラエヴォの銃声
 それぞれの道、それぞれの人生HABBY2018-05-06
 【ネタバレ注意】
旧ユーゴスラビアを形容する際に使われる「七つの国境、六つの共和国、五つの民族、四つの言語、三つの宗教、二つの文字、一つの国家」という標語を思い出しつつ鑑賞。ナチスド・・・
続きを読む
旧ユーゴスラビアを形容する際に使われる「七つの国境、六つの共和国、五つの民族、四つの言語、三つの宗教、二つの文字、一つの国家」という標語を思い出しつつ鑑賞。ナチスドイツとの絡みは初めて知った。日本人にはちょっと想像しづらい過酷で高摩擦の環境。それぞれが、己のアイデンティティや愛国心を保全発展しようとハイテンションな争いを続けている(いた)んだなあ。欧州の映画祭が本作のような存在を評価するのは理解できる。なんとか妥協点、和解の道を探ってもらいたいものだ。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「7つの国境」とはイタリア、オーストリア、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア、ギリシャ、アルバニア。 「6つの共和国」とはスロベニア、セルビア、モンテネグロ、マケドニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ。 「5つの民族」とはセルビア人、クロアチア人、スロベニア人、モンテネグロ人、マケドニア人。 「4つの言語」とはセルビア語、クロアチア語、スロベニア語、マケドニア語。 「3つの宗教」とはカトリック、正教、イスラム教。 「2つの文字」はラテン文字とキリル文字のこと。 そして「1つの国家」とはユーゴスラビア。
隠す
  
 
[263]ザ・スクエア 思いやりの聖域
 前作然りロッテンクロッチ2018-05-06
 
無駄なシーンが多すぎる。
  
 
[264]サバービコン 仮面を被った街
 途中からロッテンクロッチ2018-05-06
 
オスカー・アイザックが出てくる所から面白くなる。
  
 
[265]ブラッドレイン 血塗られた第三帝国
 ヌードをほどほどドク説法 (Mail)2018-05-06
 
映画を観るようになって、もう何十年にもなる。 ナチスが出てくる映画はシリアスなのからオフザケ調まで いろいろ観てきた。だからこんなのがあってもいいかな。 この監督をテ・・・
続きを読む
映画を観るようになって、もう何十年にもなる。 ナチスが出てくる映画はシリアスなのからオフザケ調まで いろいろ観てきた。だからこんなのがあってもいいかな。 この監督をテッテイ的に嫌う人が多い。それも頭に入れて... 前作までから見当をつけた、この映画への予想はこうだ。 「エロチック・コメディ・タッチで描いた戦争アクション」 観終えてみると、だいたいそんな感じから外れていない。 ただし、大文字で「低・予・算・の」と付け加えなくては。 要するにチャチなんだ。 救いは、といってもワシら男性層向きだが、マルテの ヌードをほどほどサービス。おっと、全裸のレズ場面も あったぜ。その気のある女性層もどうぞ... なんてね。 ビデオ鑑賞でした。(ストリームのほうがよかったかも)
隠す
  
 
[266]プラダを着た悪魔
 大多数のカタルシス遊乃舞寧夢2018-05-06
 
 ファッション業界という特殊な世界を描いているようでいて、 メリル・ストリープ演じる編集長が部下に命ずる様々の無理難題は世の中そのもの の不合理や厳しさを象徴している・・・
続きを読む
 ファッション業界という特殊な世界を描いているようでいて、 メリル・ストリープ演じる編集長が部下に命ずる様々の無理難題は世の中そのもの の不合理や厳しさを象徴しているかのようです。  少なくとも、”プロの世界”はどんなジャンルであれ似たり寄ったりであって これに耐えられる人間は少なくて・・・ちょっと意地の悪い観方をすると、この 映画の結末(原作とは違うらしい)には、そういう大多数の人たちを喜ばせよう という商業的意図の匂いも感じてしまいました(アメリカの映画産業はアンケート 調査の”データ”に基づいてストーリーを作ってるとか)。  もちろん、ハサウェイ演じる助手が自分の出世や保身のために人を裏切れない、 という純真さは美しく、人としてあるべき姿を描いているのですけど。  これが現実なら、パリ行きに抜擢されて、その地でバリバリのリッチな業界人の 男に求愛されたら・・・ほとんどの女性なら”渡りに船”!とばかりに、ダサい元彼 ”になりかかっている”男のことなど、サッパリ忘れてしまうだろうに。  が、しかし、そうして出世していくことが、本当に幸せなことなのか? それは華やかなようでいて、ある意味、地獄のような世界に生きることなのでは ないのか?この華やかな業界のトップに君臨する編集長の姿が、決して幸せには 描かれていないあたり、多分にこれは真実の匂いも感じるのでした。  いつも強気の編集長がうなだれて離婚話をするエピソード、演じるメリル・ ストリープはほとんどノーメイクのような風貌ですが、こういうところに役者魂 感じます。  先輩助手を好演のエミリー・ブラントは、やくざなねぇちゃんから英国女王まで 演じるかと思えばアクションもこなし、最新作ではあのメリー・ポピンズ!に扮す るということで、実に懐の深い女優のようですね。  福笑いのような顔立ちのアン・ハサウェイはコメディをやってるのが一番魅力 的かと。
隠す
  
 
[267]機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦
 ドズルの「芝居」やめてちゃぷりん2018-05-06
 【ネタバレ注意】
ルウム戦役が始まって終わった。
  
 
[268]レジデント
 感染増殖HABBY2018-05-06
 【ネタバレ注意】
デンマーク産ホラー。一風毛色の変わった導入部だったが、最後はありきたりのゾンビものになってしまったのが惜しい。まあでも青年と少女の恋模様とか、見せ方はなかなか好き。
  
 
[269]ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
 いつまで経ってもmototencho2018-05-06
 
この手のジャーナリスト映画が、いつまで経ってもタイムリーなのはなぜ?かの人物はホワイトハウスから締め出したから、トドメを刺されちゃったんだね。
  
 
[270]永遠のジャンゴ
 触れたことがないmototencho2018-05-06
 
未だ触れたことのない音楽が新鮮。スイングジャズを聴くのにダンス禁止とは、ナチはつくづく・・・。ユダヤ人だけでなく、ジプシーも浄化対象だった。
  
 
前へ 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION