allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[241]ガメラ3 邪神<イリス>覚醒
 改装後の白鳥座レッド・キング2019-01-06
 
白鳥座にて見た最後の映画です。 ゴジラのチャンピオン祭りを子供の頃何度も見にいった 映画館、その最後に見にいった映画が「ガメラ3」になるとは 思いませんでした。 前作・・・
続きを読む
白鳥座にて見た最後の映画です。 ゴジラのチャンピオン祭りを子供の頃何度も見にいった 映画館、その最後に見にいった映画が「ガメラ3」になるとは 思いませんでした。 前作「G2」が傑作でしたから、かなり期待して見に行きました。 正直「G2」は越えられませんでしたが、よくできた作品だと思います。 特に前半の見どころ、ギャオスとの渋谷での死闘は怪獣バトルの傑作 と私は思います。大満足でした。 ちなみに劇場内で、ガメラがピンチになると泣き出す子がいました。 「ガメラ大丈夫だよね?負けないよね?」と泣く男の子がいて とてもかわいく思いました。
隠す
  
 
[242]ゲット スマート
 お気楽spqc2y292019-01-06
 
前半ややだれましたが、後半盛り上がります。 それにしても出演者も以外に豪華
  
 
[243]ウルトラマン 空想特撮シリーズ
 夏休みの思い出、デパートの催し物会場にてレッド・キング2019-01-06
 
今は無き、駅前の〇央デパート催し物会場にて 夏休みの期間中「ウルトラマン上映会」を開催していました 一日6作品を週替わりで全作品、1話〜最終話まで 1作品毎に入れ替え・・・
続きを読む
今は無き、駅前の〇央デパート催し物会場にて 夏休みの期間中「ウルトラマン上映会」を開催していました 一日6作品を週替わりで全作品、1話〜最終話まで 1作品毎に入れ替え制で、1本200円でした 小さな会場でしたが、毎回超満員で立ち見が出てました。 祖父から毎日200円をもらい見に行ってましたが、さすがに 毎日ついてくる友達はいませんでした。 毎回友達を誘ってみましたが、やはり人気の怪獣の時だけ 友達は集まってきました・・バルタン星人、レッド・キング、アントラー等 特に怪獣の多数出る「怪獣無法地帯」や「怪彗星ツイフォン」は沢山集まり 「怪彗星・・」は友達が10人ほど集まる人気でした。 レッド・キングの出る回は人気がありましたね。 他にも「悪魔はふたたび」やゼットンの出る最終回も友達とみました。 夏休み、第一期怪獣ブームの良い思い出の一つです
隠す
  
 
[244]ワイルド・スピード ICE BREAK
 はげO発spqc2y292019-01-06
 
げーはー三人衆の大活躍。 筋肉が世界を救う。突っ込みどころ満載だけど、面白い
  
 
[245]ベイウォッチ
 ザロックspqc2y292019-01-06
 
評判悪そうだけど、十二分におもしろかった。 こじんまりした内容だけどね
  
 
[246]母、帰る〜AIの遺言〜
 中途半端黒美君彦2019-01-06
 
<あらすじ>野田直人(柳楽優弥)は継父・誠二(奥田瑛二)を許せなかった。母・ゆり(岸本加世子)の最期の時に酒屋にいたからだ。ところが実家に帰ると、AIに母の記憶を移・・・
続きを読む
<あらすじ>野田直人(柳楽優弥)は継父・誠二(奥田瑛二)を許せなかった。母・ゆり(岸本加世子)の最期の時に酒屋にいたからだ。ところが実家に帰ると、AIに母の記憶を移植し、あたかも生きているかのように話すスマホのアプリがありびっくり。養子関係を解消しようと考えていた直人だったが、AIと楽しそうに話す継父に戸惑い、やがてAIは直人の実父は誠二だと言い始める…。 AIがモチーフなのはわかるけれど、舞台は富山の田舎。脳のシノプス関係をAIに移植したアプリなので、考え方や声も同じ…なんていくら何でも荒唐無稽が過ぎる。そんなことが簡単に出来るようになったら、肉体なんて不要ってことにならないか? 岸本加世子演じるAIがリアルであればあるほど、正直個人的には不気味にしか思えなくて、テーマであるはずの家族(父子)の再生に意識が集中できなかった。あそこまでリアルに再現されたら、永遠にAIを伴侶として生きてしまいそうだ。 SFと考えると中途半端、父子ものとしても中途半端、そんな印象が拭えないドラマだった。柳楽優弥は悪くなかったんだけどね。 家族ってほんとに難しい。
隠す
  
 
[247]はじまりのみち
 なかなかの佳作黒美君彦2019-01-06
 【ネタバレ注意】
数多くの作品を世に送り出してきた木下恵介監督。その全てを観たわけではないが、彼の生誕百年を記念して作られたこの作品は、戦時中のあるエピソードを通じて彼の転換期を描い・・・
続きを読む
数多くの作品を世に送り出してきた木下恵介監督。その全てを観たわけではないが、彼の生誕百年を記念して作られたこの作品は、戦時中のあるエピソードを通じて彼の転換期を描いたともいえるストーリーに仕上がっていて、なかなかの出来だった。 アニメ監督として知られる原恵一監督の初の実写作品としても話題になったけれど、今まで観ていなかったのが悔やまれるくらい。 静かな、ある意味淡々としたロードムービーのなかで、木下恵介(加瀬亮)がどのように育まれ、どのような大人になったのかが過不足なく描かれている。 加瀬はもちろん、兄敏三役のユースケ・サンタマリアや母たま役の田中裕子が抑えた演技で彼らの関係性を浮かび上がらせる。 そして便利屋の濱田岳。剽軽な彼が木下作品の『陸軍』について語るシーンでは、実際の『陸軍』の傑出したラストシーンをほぼそのまま挿入し、木下恵介が描こうとしたものが何かを見事に語らせている。 木下恵介といえば、家族や人間の情念をつぶさに描いた監督というイメージが強いが、逆にいえば彼は徹頭徹尾そうした“人間”を描くことを追求したともいえるだろう。戦後、映画界からTVに至るまで、そこは揺らがなかった印象がある。 企画協力にいずれも2018年に亡くなった弟の作曲家木下忠治や作家の長部日出雄の名があり、こうした作品を下支えした人々の多くが逝ってしまったのだなあと感慨深くもあった。 リアカーで気賀から気多村勝坂まで母親を運ぶなんて、寧ろ時間がかかって負担じゃないのか、とも思えるが、そうすることがその時の木下恵介には必要だったのだろう。 田中裕子の母が、映画監督に戻れ、というシーンは鼻洟や涎でぐちゃぐちゃになるほどの熱演。やや戦後作品の紹介が長すぎる気もしたが、木下恵介生誕百年を記念した映画なのだから、そこは許容範囲か。 なかなかの佳作でした。
隠す
  
 
[248]サロン・キティ
 淫乱に堕ちた勇者どもbond2019-01-06
 
内容もエロ度も中途半端。ヘルムートも役選べば。
  
 
[249]パンドラIV AI戦争
 非対称ウォーズHABBY2019-01-06
 【ネタバレ注意】
全6話。ちょっとエンタメしすぎてるような気もするが、AI(人工知能)の持つ可能性と危険性とを両天秤にしつつ描いた意欲作だと思う。結局行き着く先は「AIをうまくハンドル出・・・
続きを読む
全6話。ちょっとエンタメしすぎてるような気もするが、AI(人工知能)の持つ可能性と危険性とを両天秤にしつつ描いた意欲作だと思う。結局行き着く先は「AIをうまくハンドル出来ない人間の未熟さ粗暴さ」に行き着くのかもしれない。
隠す
  
 
[250]ベイツ・モーテル 〜最終章〜
 グラウンドゼロHABBY2019-01-06
 【ネタバレ注意】
全10話。お世辞にも後味が良いとは言えない最終シーズン。まあ変態系ホラーサスペンスなのでこれはある意味褒め言葉。しかしイザベル・マクナリーはヴェラ・ファーミガにほんと・・・
続きを読む
全10話。お世辞にも後味が良いとは言えない最終シーズン。まあ変態系ホラーサスペンスなのでこれはある意味褒め言葉。しかしイザベル・マクナリーはヴェラ・ファーミガにほんと良く似てる(似るようにメイキャップを統一してるせいもあるのだろうが)。本シーズンの肝の一つだろう。このドラマはヒッチコックの『サイコ』に敬意を払いつつも過剰に束縛されることなく大胆な翻案を施している。『羊たちの沈黙』におけるサイコパス、ハンニバル・レクターの前日譚を描いたドラマ『HANNIBAL/ハンニバル』の成功ともいい勝負だと感じた。
隠す
  
 
[251]あさひなぐ
 はち切れんばかりのピュアネスHABBY2019-01-05
 【ネタバレ注意】
乃木坂ファン、英勉の描くスポ根作品のファン、あとメガネ女子好きは必見。旭が薙ぐからあさひなぐ。
  
 
[252]リリー
 リリシズムOdd Man2019-01-05
 
ミュージカルに限らず写実映画、文学も優れた芸術は常に幻想譚なんでしょ。
  
 
[253]汚れなき悪戯
 マルセリーノを母のもとへOdd Man2019-01-05
 
この頃までは子供を使って泣かせに掛かるという作為はまだ無かったかもな。 天使はお使いに降りて父なる神のもとに帰るのかもしれないが、マルセリーノは聖母の懐へ行くでしょ。
  
 
[254]不都合な真実2:放置された地球
 地球ヤバいbond2019-01-05
 
ゴアはん頑張ってまんなー。
  
 
[255]パラサイト
 パラサイトされたのは誰だ?Odd Man2019-01-05
 
90年代は結構なSFモンスターホラーの娯楽良作が豊富だったんでは。 ホビット君のイライジャ・ウッドやらコミック的キャラ立ち?も効いてて充分楽しみましたわ。
  
 
[256]ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル
 アップデートHABBY2019-01-05
 【ネタバレ注意】
作品の出来・内容はともかく、なぜ今?というのが気になった。当時に比べ映像のハイテク魔術は圧倒的に上がっているのにワクワク感がそこまででもない、、まあ作る前からある程・・・
続きを読む
作品の出来・内容はともかく、なぜ今?というのが気になった。当時に比べ映像のハイテク魔術は圧倒的に上がっているのにワクワク感がそこまででもない、、まあ作る前からある程度わかっていただろう。ファミコンの名作の続編をプレステで出しても意外につまらないのはアルアルなわけで。とは言えカレン・ギランの可憐で勇壮なファイターぶりが観られたので良しとする。エンディング曲のガンズ“ウェルカム・トゥ・ジャングル”には素直に座布団。
隠す
  
 
[257]たそがれの女心
 美人女優とはOdd Man2019-01-05
 
戦後邦画よりは洋画好きだった亡父曰く一番の美人女優はダニエル・ダリューという事で拝見、癖の無さがその美人の所以だとは思う。 にしてもマックス・オフュルス、男だろうに・・・
続きを読む
戦後邦画よりは洋画好きだった亡父曰く一番の美人女優はダニエル・ダリューという事で拝見、癖の無さがその美人の所以だとは思う。 にしてもマックス・オフュルス、男だろうによくメロ・ドラマの壷を心得、女心が判るもんだなと。
隠す
  
 
[258]昭和残侠伝 死んで貰います
 仁にして侠Odd Man2019-01-05
 
高倉健は中村錦之助の華も池部良のモダニティにも無縁な大根役者なのかもしれないが何せ無比。日本人、否、東洋否どころか印欧語族にさえもempathyは得られると思うんだよね。
  
 
[259]ビリディアナ
 破戒と再生Odd Man2019-01-05
 
そりゃドヌーブ昼顔よりオリジナリティは優るしな。 浮浪者らの放蕩無頼な祝祭は主人公の救済なんでしょか。
  
 
[260]市民ケーン
 スノウドームの薔薇のつぼみと言われてもOdd Man2019-01-05
 
映画作家オーソン・ウェルズの高名だけは死ぬまで判りそうもないのは辛いというか、仕様がないわな。
  
 
[261]散り行く花
 散り行くアーリー・アメリカンOdd Man2019-01-05
 
リリアン・ギッシュのようなか弱い美少女然が米国の主役キャラクターだったのが興味深すぎて。20世紀早々まではまだロマンティシズムの残り香が漂っていたのかな。
  
 
[262]イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密
 無題nedved2019-01-05
 
ベネディクト・カンバーバッチ
  
 
[263]ザ・キング・オブ・ザ・ストリート
 凡庸bond2019-01-05
 
話しもアクションもありきたり。
  
 
[264]アメリカン・ハッスル
 無題nedved2019-01-05
 
クリスチャン・ベイル
  
 
[265]gifted/ギフテッド
 無題nedved2019-01-05
 
クリス・エヴァンス
  
 
[266]それでも夜は明ける
 無題nedved2019-01-05
 
キウェテル・イジョフォー/マイケル・ファスベンダー
  
 
[267]ゴーストバスターズ
 教え子という設定は採用しなかったの?ちゃぷりん2019-01-05
 
クライマックスだけ観た。やっぱりNYが戦場になると「ゴーストバスターズ」を観た気になる。オリジナル版の3人を出すネタは微妙。
  
 
[268]ハクソー・リッジ
 無題nedved2019-01-05
 
アンドリュー・ガーフィールド
  
 
[269]ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜
 無題nedved2019-01-05
 
エマ・ストーン/ヴィオラ・デイヴィス
  
 
[270]ひまわり
 向日葵ローレンOdd Man2019-01-05
 
浮気なイタリア男でなくても美しすぎるロシア娘サベリエーワに留まるのは判るがソフィア・ローレンの情愛には報いんのか、と駄目は出すわな。
  
 
前へ 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION