allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[241]サラ・ムーンのミシシッピー・ワン
 拳銃ファルド2018-06-01
 
精神を病んでいる孤独な男デヴィッド(D・ロウ)と8歳の少女アレックス(A・カピュアノ)の車での逃避行。アレックスに恋心が芽生えて行くのを、繊細に描いていた。暗めの音・・・
続きを読む
精神を病んでいる孤独な男デヴィッド(D・ロウ)と8歳の少女アレックス(A・カピュアノ)の車での逃避行。アレックスに恋心が芽生えて行くのを、繊細に描いていた。暗めの音楽も悪くなかった。 ただ、個人的な印象として、A・カピュアノのルックスに可愛げがあまり感じられなかったのが残念。 劇中でも問いかけられるが、何故デヴィッドはアレックスを選んで誘拐したのか?は理由が有るので、変わり者が起こした事ではないし、シチュエーションなども違うけど、「シベールの日曜日」にインスパイアされているような印象を受けた。 ちなみに、この映画は、モノクロのような、セピアカラーの作品です。
隠す
  
 
[242]プレイメイト殺人事件 天国へいかせて
 セクシーと知性ファルド2018-06-01
 
イングリッシュ・センターを経営する中沢(鹿内孝)は、ニューヨークのパーティで知り合ったステファニー(C・J・ヘルムカンプ)を英会話の講師として来日させる。そして、彼・・・
続きを読む
イングリッシュ・センターを経営する中沢(鹿内孝)は、ニューヨークのパーティで知り合ったステファニー(C・J・ヘルムカンプ)を英会話の講師として来日させる。そして、彼女をモデルとして売り出し、スターにしようと画策するが、彼女は忙しさに嫌気が差してしまう。 そんなある日、ステファニーはスポーツクラブで知り合った田村(山本陽一)と恋に落ち、彼の家に身を隠してしまう…。 ステファニーを取り戻そうとする中沢が田村の家に押しかけてきたり、彼女を守ろうとする田村がサイコ化してきたりするのだが、緊張感がなく、かったるい展開の作品でした。エロ的には、C・J・ヘルムカンプのヌードシーンが少しあるもののエロさは感じなかった。 ちなみに、彼女は元プレイメイトらしい。
隠す
  
 
[243]フォーリン・エンジェル/最後の24時間
 光線ファルド2018-06-01
 
手術不可能な脳腫瘍のため、余命わずかと医者から診断されたマフィアの殺し屋ブルーノ(J・レマー)は、組織の金400万ドルを持ち逃げする。そして、ある目的のため、運転手・・・
続きを読む
手術不可能な脳腫瘍のため、余命わずかと医者から診断されたマフィアの殺し屋ブルーノ(J・レマー)は、組織の金400万ドルを持ち逃げする。そして、ある目的のため、運転手として雇ったチャーリー(M・ライト)、道中に知り合ったコリーナ(E・ロングストレス)と共に、アトランティック・シティからラスベガスへ向かうが、組織の追手が迫ってくる…。 その道中に起きるエピソードを交えながら描いたロードムービー。 無慈悲に人を殺してきた冷酷な殺し屋が、近づく死への恐怖に怯え、オロオロし、天国へ行きたいため、知り合いや神父に懺悔しまくる辺りはちょっと可笑しかった。 気弱な一面を曝け出す殺し屋を演じたJ・レマーがいい味を出していた。
隠す
  
 
[244]君の名前で僕を呼んで
 (無題)敦煌2018-06-01
 
なぜいくつものシーンに蠅がうごめいているのかが気になって 気になって…。 そんなもの退治してから撮影すればいいし、 入っちゃったのならNGにするべきだし、 どちらも無理・・・
続きを読む
なぜいくつものシーンに蠅がうごめいているのかが気になって 気になって…。 そんなもの退治してから撮影すればいいし、 入っちゃったのならNGにするべきだし、 どちらも無理だったのならポスプロで消せば済むことでしょ。 あまりに不自然なので(本当に存在する物をそのまま撮れば 自然な映像になるかというと、実はそれほど単純ではない。 映画は高度な作り物だ)、逆に何らかの意図に基づき 本来いなかった蠅をCGで描きこんだのかと思うほど。 気にする私がきれい好きなだけ?
隠す
  
 
[245]赤ちゃん教育
 キャサリンヘップバーンルーテツ2018-06-01
 
ハワード・ホークス監督の、どうやって撮影したんだ?動物シリーズの1本 もう1本は『モンキービジネス』 面白いのはわかるのだが、何度観ても途中でクタクタになってしまう 面・・・
続きを読む
ハワード・ホークス監督の、どうやって撮影したんだ?動物シリーズの1本 もう1本は『モンキービジネス』 面白いのはわかるのだが、何度観ても途中でクタクタになってしまう 面白いのはわかるのだが、ちゃんと伝わってこない感じのストレスがひどい 英語が理解できないせいもあり、本当の面白さは半分も伝わっていないのではないだろうか、という感想がぬぐえない だから何度も観てしまう のループ ハワード・ホークス監督の、名作の評価のわりには観るのが苦しい作品シリーズの1本 もう1本は『ヒズガールフライデー』
隠す
  
 
[246]暗黒街の弾痕
 シルヴィアシドニールーテツ2018-06-01
 
ボニーとクライドをモデルに製作されたのは明白だろう 邦題からギャング映画をイメージするが、原題”ただひとつの愛”からわかるように純愛映画である ヘンリー・フォンダとシ・・・
続きを読む
ボニーとクライドをモデルに製作されたのは明白だろう 邦題からギャング映画をイメージするが、原題”ただひとつの愛”からわかるように純愛映画である ヘンリー・フォンダとシルヴィア・シドニーの愛の逃避行 フォンダは所謂前科者、シドニーが彼に惹かれる過程が省略されており、いろいろ感情移入できないところはある どちらかといえば脱獄の際のスリルある描写が印象に残ったかな
隠す
  
 
[247]ゲゲゲの女房
 まったり感が良いパゾリーニ2018-06-01
 
水木しげるのまったり感が、観ていて気持ち良い。この世界観がなかなか面白い。そして底にある意地も垣間見えて、面白い作品になっている。ただ、途中出て来る妖怪との絡みが少・・・
続きを読む
水木しげるのまったり感が、観ていて気持ち良い。この世界観がなかなか面白い。そして底にある意地も垣間見えて、面白い作品になっている。ただ、途中出て来る妖怪との絡みが少しミスマッチの感あり。出し方にもうひと工夫あれば良かったと思うので惜しい。
隠す
  
 
[248]グランド・イリュージョン
 展開早すぎ映画は娯楽だけど2018-06-01
 
頭悪いからついていけない。 モーガンもマイケルケインもメラニーロランも役割が全然理解できないまま終了しました。 だからイリュージョンなのってホント言いたくなっちゃう。
  
 
[249]プレシャス
 努力は人を見るHABBY2018-06-01
 【ネタバレ注意】
(同時期に公開されアカデミー賞を争った)『17歳の肖像』とは位相の異なる実に”重たい”作品。鋭角さは『パリ20区、僕たちのクラス』に近いが、なお強烈。各賞総なめの黒人親子・・・
続きを読む
(同時期に公開されアカデミー賞を争った)『17歳の肖像』とは位相の異なる実に”重たい”作品。鋭角さは『パリ20区、僕たちのクラス』に近いが、なお強烈。各賞総なめの黒人親子の他、ケース・ワーカー役のマライア・キャリー(すっぴんの方が好きだな)、教師役のポーラ・パットンも渋い演技。 以前この作品を観たことを忘れて居て二度目の鑑賞だったのだが、ガボレイ・シディベの俳優人生ってここからスタートしたんだな。言わば、サラブレッド。
隠す
  
 
[250]海を駆ける
 ビミョー黒美君彦2018-06-01
 【ネタバレ注意】
期待が大きすぎたせいか、観終わった印象は…ビミョー。 海辺に倒れていたから「安直」に“ラウ(海)”と名づけられた男(ディーン・フジオカ)。彼が「海」を象徴する存在である・・・
続きを読む
期待が大きすぎたせいか、観終わった印象は…ビミョー。 海辺に倒れていたから「安直」に“ラウ(海)”と名づけられた男(ディーン・フジオカ)。彼が「海」を象徴する存在であることはたやすくわかるけれど、同時に彼はやはり「日本人」に見えてしまう(そのことを映画は否定しないけど)。 でも、インドネシアのスマトラ島に現れる「海」が「日本人」的であることに私はやはり違和感を覚えてしまう。 2004年にスマトラ島沖で発生し、22万人余りが犠牲になった津波の痕跡やその記憶、さらには日本軍とオランダ軍の戦闘の記憶、そうした記憶を挟み込みながら、「ラウ」は静かにそこに佇んでいる。ディーン・フジオカが若々しいのも「海」の象徴にしては「?」と思わせたのかも知れない。まあ年齢不詳にせざるを得ないというのはわかるけど。 アチェに暮らす災害支援のNPO法人の貴子(鶴田真由)と、彼女を訪ねてきた姪のサチコ(阿部純子)という存在も、邦画色が強まってうーん。サチコと現地の青年クリス(アディパティ・ドルケン)の痴話げんかも必要かと問われるとうーん。不要だった気も。 「ラウ」が奇跡を見せるというのも何だかな。 熱中症で倒れていた子どもを救う…いや、海ってそんなことはしないよね。彼らは理不尽な死も厭わないし、その死すら飲み込んでしまうのであって、特定の生き物を救ったりはしないよね、と思ってしまう。 しかも彼は超越した存在なので、彼をめぐる人々の葛藤もないし、距離感も縮まらず。 というわけで、このテイストがいい!という人もいるでしょうけど、個人的には何だか最後まで乗り切れませんでした。 場所はインドネシアだけれど、作りは邦画。ファンタジーかと思いきやそうでもないし、エピソードもさほど活きていないような気もした。 まさか忍びの術、水面走りを最後に見せてくれるとは思わなかったけれど(笑)
隠す
  
 
[251]ロープ/戦場の生命線
 うまくいかない日mototencho2018-06-01
 
うまくいかない日こそが完璧な一日で、トイレの処理に向かうラストにもニヤリとしてしまった。私めの家の近所に下水道はなく、衛生車が今朝来たばかりだったもので。もちろん道・・・
続きを読む
うまくいかない日こそが完璧な一日で、トイレの処理に向かうラストにもニヤリとしてしまった。私めの家の近所に下水道はなく、衛生車が今朝来たばかりだったもので。もちろん道中で合流するニコラ少年のエピソードは戦争そのもので、100ドル札を渡すマンブルドゥのあきらめを刻んだ表情がほろ苦くてたまらなかった。
隠す
  
 
[252]犬ヶ島
 臆することなくmototencho2018-06-01
 
臆することなく描いてしまいましたね。「このまま沈みっぱなしでイイの?」と問われているのかもしれないし、「退屈なグローバル化に晒されつつも、独自路線を歩めるかもよ」と・・・
続きを読む
臆することなく描いてしまいましたね。「このまま沈みっぱなしでイイの?」と問われているのかもしれないし、「退屈なグローバル化に晒されつつも、独自路線を歩めるかもよ」と元気づけられているのかもしれない。ウェス・アンダーソンに感謝ですな。
隠す
  
 
[253]アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
 サノス、ブレてる?ぴっぷ2018-06-01
 【ネタバレ注意】
とにかく大勢のヒーローが出てくるあまり、2時間半の上映時間では各々の描き分けが不足気味。まあそれはある程度予想の範囲内だったが、少々驚いたのはサノスが死んだ部下を悼・・・
続きを読む
とにかく大勢のヒーローが出てくるあまり、2時間半の上映時間では各々の描き分けが不足気味。まあそれはある程度予想の範囲内だったが、少々驚いたのはサノスが死んだ部下を悼んだり、養女のガモーラに彼なりの愛情を持っていたりとけっこう人間的に描かれていた点。 鑑賞後に知ったところではあるが、製作者たちはサノスを新世代のダース・ベイダーにしたいらしい。だがこれまで断片的ながら冷酷さや傲慢さが(ベイダー以上に)前面に押し出されていた上、今のところスター・ウォーズにおける銀河皇帝のような真の巨悪の影もうかがえないため、単にキャラがブレ、強大無比なラスボスという印象が薄まってしまっただけという感がある。 総合的な完成度は最終エピソードを見なければなんとも言えないが、個人的にはサノスは有無を言わせぬザ・ワルであってほしいのだが……。
隠す
  
 
[254]犬ヶ島
 圧倒的な情報量SECOND_STAGE_LENSMEN2018-06-01
 
日本人でさえ忘れかけていた、いや思いつかないような面白い国ニッポンが、実に愉快に描かれる。作り手の日本文化への造詣の深さには舌を巻くばかりだ。 日本映画の影響、とい・・・
続きを読む
日本人でさえ忘れかけていた、いや思いつかないような面白い国ニッポンが、実に愉快に描かれる。作り手の日本文化への造詣の深さには舌を巻くばかりだ。 日本映画の影響、というか仄めかしは至るところにあり、一例を挙げれば、ネオンサインがきらめく街の夜景は小津映画を彷彿とさせる。飲食店が並ぶ裏路地の光景も小津らしい。 往年の名作映画が描いた日本が、ウェス・アンダーソン監督のフィルターを通して再現されているので、懐かしくも新鮮だ。
隠す
  
 
[255]イノセンス
 電脳の電脳による電脳bond2018-06-01
 
元ネタはブレードランナー?オタク向け。
  
 
[256]ガルム・ウォーズ
 我思うゆえに我ありHABBY2018-05-31
 【ネタバレ注意】
「我々は何処からやって来て何処に向かうのか」系。音や映像も含めていかにも押井守の世界観。アジア人の配役でこういうお芝居をやると一気に夢から醒めるというか、現実に揺り・・・
続きを読む
「我々は何処からやって来て何処に向かうのか」系。音や映像も含めていかにも押井守の世界観。アジア人の配役でこういうお芝居をやると一気に夢から醒めるというか、現実に揺り戻されちゃうんだろうな。
隠す
  
 
[257]リベンジ・リスト
 鉄板リベンジものbond2018-05-31
 
ベタな展開だが、理屈無しで楽しめる映画。
  
 
[258]デッドプール2
 ヒルズで鑑賞saint_etienne_heaven2018-05-31
 【ネタバレ注意】
今回も字幕で拾えてないネタが沢山ありそう。
  
 
[259]ヒックとドラゴン2
 無題nedved2018-05-31
 
ジャイモン・フンスー
  
 
[260]ライフ
 無題nedved2018-05-31
 
真田広之
  
 
[261]ムーンライト
 ブラックの生態HABBY2018-05-31
 【ネタバレ注意】
「ムーンライト」の意味するところ(黒人が月光の下で佇んでいると青く光って見える、云々)は物語序盤で明かされる。全編黒人しか登場せず。彼らブラックの今の生き様、生き延・・・
続きを読む
「ムーンライト」の意味するところ(黒人が月光の下で佇んでいると青く光って見える、云々)は物語序盤で明かされる。全編黒人しか登場せず。彼らブラックの今の生き様、生き延びることの難しさ、生活環境の貧しさ過酷さ(ドラッグ、生きるか死ぬかの殴り合いetc)などが丁寧な筆致でダイナミックに描かれる。ここに(対立人種である)白人は登場しないが、それでもホワイトのことをどこかで意識しつつ、彼らブラックの生き様を観ることになる。行間を読めば読むほどに色々なエキスがにじみ出て来そうな、豊かな内容の一作だと思う。
隠す
  
 
[262]ダンケルク
 とても評価しにくい作品いまそのとき2018-05-31
 
即物的な側面だけ見た感想。その面だけでいえばこのドキュメントスタイルは悪くはない。戦時のパニック心理がそのまま映像になっているからだ。現実のニュースをも超えそうなそ・・・
続きを読む
即物的な側面だけ見た感想。その面だけでいえばこのドキュメントスタイルは悪くはない。戦時のパニック心理がそのまま映像になっているからだ。現実のニュースをも超えそうなそんな狙いは確かに成功している。じゃこれが本当に見たい映画かと問われれば話は別だ。ある意味恣意的に感じるのはそのスタイルだ。ドキュメントと創り上げていく映像世界は明らかに違っていて、近年こういった傾向が強くなっているからか、益々見る楽しみが減ってきたように感じる。寓話という昔気質の言葉を使うと多くから疎まれそうだが、どんな映画にあっても、人間の機微、人情の裏表、冷徹さ、深さを描いてもらいたいなと思うからだ。
隠す
  
 
[263]わたしは、ダニエル・ブレイク
 良作だけどいまそのとき2018-05-31
 
あえて言うなら、これが2017年度キネマ旬報ベスト作だということにいささかの異議あり。ケン・ローチの過去の社会派作品と比べてもそう際立っているとは思えないからだ。作品の・・・
続きを読む
あえて言うなら、これが2017年度キネマ旬報ベスト作だということにいささかの異議あり。ケン・ローチの過去の社会派作品と比べてもそう際立っているとは思えないからだ。作品の内容は、役所のたらいまわし的な冷酷な扱いにひとりの市民ダニエル爺がおかしいぞ、お前たちは!!と訴える騒動。移民で底辺に喘ぐ若い女性家族との交流。と内容はとても分かりやすい。初期からずっと弱者への視点は変わらずやさしいのだが、今この作品がということになるとね。以前から一部の人たちには熱狂的なファンがいたし、変わらぬ社会派路線はいいのですが、これは少し甘口ではなかったでしょうか。1969年のケスを見ればよくわかるんだけど、目線が益々やさしくなった分、突き放す冷徹さというリアルな側面がなくなったなって思う。
隠す
  
 
[264]マンチェスター・バイ・ザ・シー
 パトリックとリーの物語いまそのとき2018-05-31
 
鎮魂歌。逃れられない苦悩、絶望、喪失、孤独の物語。少年だった頃のパトリックとリー。そして今16歳父を失ったパトリックとリー。重すぎるテーマは辛すぎた。そう簡単には出口・・・
続きを読む
鎮魂歌。逃れられない苦悩、絶望、喪失、孤独の物語。少年だった頃のパトリックとリー。そして今16歳父を失ったパトリックとリー。重すぎるテーマは辛すぎた。そう簡単には出口は見つからないとわかっているからだ。寄り添う男たちのキャッチング。沈鬱で暗い小さな港町の海辺。演技の深さが問われる難しい人間ドラマで見どころ多いのだが、あえて望むなら救済への道のりかもしれない。過去をある意味吹っ切れた女たちの生き方も時間が与えたこれもそれぞれの人生だ。誰も手を差し伸べられない苦悩の闇に堕ちた男たちにもかすかに光が射しこんでほしいと願うばかりだ。これは無骨で粗野だが心波打つまさに男の物語。
隠す
  
 
[265]フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ
 兄弟喧嘩nabeさん2018-05-31
 
日本映画史に残る傑作SF怪獣映画である。 前作では外見がフランケンシュタインそのものだったが、続編となる本作では怪獣らしく醜悪にデフォルメして、実に新鮮な怪獣を創作・・・
続きを読む
日本映画史に残る傑作SF怪獣映画である。 前作では外見がフランケンシュタインそのものだったが、続編となる本作では怪獣らしく醜悪にデフォルメして、実に新鮮な怪獣を創作している。また爬虫類の怪獣を登場させずに、あくまでもクローン同士の兄弟喧嘩に徹したところが、大人の鑑賞に十分耐えうる世界観となっており秀逸だ。 特撮レベルは、数ある東宝怪獣映画の中でも最高のクオリティを誇っている。ガイラが羽田空港に上陸するシーンや、山中を逃げ回るサンダとガイラを自衛隊がメーザー砲で執拗に攻撃するシーンなど、何度見てもその臨場感に圧倒されるが、特にガイラの食人シーンに至っては、現在だったら決して一般公開は許されないほどリアル で、恐怖感満点である。 博士役のラス・タンブリンが、吹き替えだが違和感なくいい味を出している。助手役の水野久美が実にエレガントだ。
隠す
  
 
[266]ジェーン・ドウの解剖
 ジョン・ドウMarcel2018-05-31
 
このサイトの解説が言葉足らずで、「女性の」身元不明者がジェーン・ドウ。 男性の場合はジョン・ドウ。 解剖の場合も、メスを入れるのじゃなくてオスを入れる。
  
 
[267]無限の住人
 ハイランダーかウルヴァリン?bond2018-05-30
 
弱い、切られ過ぎ。不死身なだけじゃん。
  
 
[268]追撃者
 「砂漠の追跡者」のリメイクJerry2018-05-30
 
日本でもテレビ放映された1974年のテレビ・ムービー「砂漠の追跡者」(Savages)のリメイクです。
  
 
[269]結婚の夜
 アンナステンルーテツ2018-05-30
 
ゲイリー・クーパー主演の軽いコメディ…かと思わせておいて、ラスト数分で突如毛色が変わる そもそも不貞ありきのお話で、なんかもやもやがある中でのあのラストだから、後味は・・・
続きを読む
ゲイリー・クーパー主演の軽いコメディ…かと思わせておいて、ラスト数分で突如毛色が変わる そもそも不貞ありきのお話で、なんかもやもやがある中でのあのラストだから、後味はあまりよろしくない クーパーのお相手がアンナ・ステン 『女優ナナ』で拝見した時は冷たい美人という印象しかなかったが、本作では農家の移民の娘役を表情豊かに演じている 作品に恵まれず女優としては不遇だったというが、ハリウッドにはない欧風の美しさは極めて貴重だ その他助演はラルフ・ベラミー、ウォルター・ブレナンなど チョイ役で謎の日本人”タカ”が登場するが、クレジットには名前が無く、英語のサイト等で調べてもわからない 本物の日本人である証拠の、ぶつぶつ独り言を日本語で話すシーンは必見
隠す
  
 
[270]LOGAN/ローガン
 泥臭く奮闘すHABBY2018-05-30
 【ネタバレ注意】
この3部作にあまり思い入れがない身ゆえ、尺が長いなあと言う印象がまずは出てくる。あとは少女の奮闘(某傑作フランス映画におけるシチュエーションとも印象が重なる)。シリ・・・
続きを読む
この3部作にあまり思い入れがない身ゆえ、尺が長いなあと言う印象がまずは出てくる。あとは少女の奮闘(某傑作フランス映画におけるシチュエーションとも印象が重なる)。シリーズに愛着がある人間が見ればまた評価は違ってくるのだろうが、個人的には平均的なSFアクションという感じ。
隠す
  
 
前へ 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION