allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[241]麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜
 キャストの絢爛豪華ぶりHABBY2019-02-01
 【ネタバレ注意】
東野圭吾作品らしいボリューム感とエンタメ感に溢れた刑事物語。オープニングで2つの大きな謎(ある男の死と、それに関連すると思われる別の男の自動車事故)が矢継ぎ早に提示・・・
続きを読む
東野圭吾作品らしいボリューム感とエンタメ感に溢れた刑事物語。オープニングで2つの大きな謎(ある男の死と、それに関連すると思われる別の男の自動車事故)が矢継ぎ早に提示され、時間をかけて真相にたどり着く構成。謎解きの過程が多少冗長に思えなくもないが、1つ1つのエピソードにそれなりのリアリティ・整合性もあり、及第点だろう。ラノベの対極にある本格ミステリーといった質感である。キャストの絢爛豪華さは特筆もの。新垣結衣と黒木メイサが同時に観られたのは至福のひとときであった。続編の『祈りの幕が下りる時』も合わせて鑑賞の予定。
隠す
  
 
[242]暗殺者たちの流儀
 老スナイパーの葛藤HABBY2019-02-01
 【ネタバレ注意】
ストーリーのほうはありがちなクライムアクションだが、ポーランドワルシャワの美しい街並みや娼婦役の女優の美貌などは見て損はない感じ。この手の作品が得意なのはフランスだ・・・
続きを読む
ストーリーのほうはありがちなクライムアクションだが、ポーランドワルシャワの美しい街並みや娼婦役の女優の美貌などは見て損はない感じ。この手の作品が得意なのはフランスだと思うが、比較してみるのも一興だろう。
隠す
  
 
[243]ザ・ヤクザ
 燃えよ!ヤクザリベルタド!!2019-02-01
 
「燃えよ!ドラゴン」が大ヒットしたもので、ワーナーブラザーズが仕掛けたオリエンタル・アクション第2弾!だったらしい。確かにストイックな高倉健は、ブルース・リーに通じ・・・
続きを読む
「燃えよ!ドラゴン」が大ヒットしたもので、ワーナーブラザーズが仕掛けたオリエンタル・アクション第2弾!だったらしい。確かにストイックな高倉健は、ブルース・リーに通じるものがある。剣道場で弟子に「考えるな」って言ってたし。 後に「MISHIMA」を発表するポール・シュレイダーの脚本、“日本愛”というかマニアックさが出ていて、日本人として嬉しい。テーマ曲が、もちっと派手だったら印象変わるのに。
隠す
  
 
[244]ジュリエット・ビノシュ in ラヴァーズ・ダイアリー
 滲む孤独感が堪らん!!注目の女流才人いまそのとき2019-02-01
 
☆☆☆★★
  
 
[245]恋するトマト
 結局オジサンのファンタジーちゃぷりん2019-02-01
 【ネタバレ注意】
タイトルとエンディングが微妙だった。野田は売春斡旋にまで手を染めたんだから、あの終わり方はあり得ないと思う。
  
 
[246]40歳の童貞男
 「君を待っていた」にゃんにゃん2019-02-01
 
いかにもアメリカ的な笑いだが、童貞ネタは世界共通の面白さがあって楽しめる。 スティーブ・カレルの良い人感が憎めなくて最後まで好感をもって見られる。 妙な演出もあった・・・
続きを読む
いかにもアメリカ的な笑いだが、童貞ネタは世界共通の面白さがあって楽しめる。 スティーブ・カレルの良い人感が憎めなくて最後まで好感をもって見られる。 妙な演出もあったりするが、クライマックスの「君を待っていた」というセリフで全て帳消し。 なかなか面白かった。
隠す
  
 
[247]キング・オブ・ハーレー
 闇の狭間bond2019-01-31
 
実話なのか。潜入しすぎて、自分を見失いかけるチャーリーの鬼気迫る演技が秀逸。中々の佳作。
  
 
[248]SHUT/OUT シャット/アウト
 頑張ったけどbond2019-01-31
 
掴みは良かったが、やや中弛み。犯人の動機も不明瞭。
  
 
[249]ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!
 精鋭兵士たちの鬼ごっこHABBY2019-01-31
 【ネタバレ注意】
リュック・ベッソン、タクシーの次は戦車ってか。おかげで本作にはなんとなく重厚感、重量級の雰囲気が立ち込めてる。それでも十分に軽快だけど。シルヴィア・フークスのファン・・・
続きを読む
リュック・ベッソン、タクシーの次は戦車ってか。おかげで本作にはなんとなく重厚感、重量級の雰囲気が立ち込めてる。それでも十分に軽快だけど。シルヴィア・フークスのファンなので彼女の一挙手一投足に刮目。
隠す
  
 
[250]パワーレンジャー
 挙党体制HABBY2019-01-31
 【ネタバレ注意】
ストーリーは想定内、かな。やはり映像魔術の方を堪能すべきだろう。5人中2人が女性キャラなのが今風というか、欧米目線だとこうなるのかなあと。僕がかつてハマっていた頃の・・・
続きを読む
ストーリーは想定内、かな。やはり映像魔術の方を堪能すべきだろう。5人中2人が女性キャラなのが今風というか、欧米目線だとこうなるのかなあと。僕がかつてハマっていた頃の戦隊モノといえば「男4、女1」がデフォルトだったので。
隠す
  
 
[251]ハンガー・ゲーム2
 憎きスノー!!世界観とジェニファーに!!いまそのとき2019-01-31
 
☆☆☆★
  
 
[252]地下に潜む怪人
 “作り”が悪いMcQueeeeeN (Mail)2019-01-31
 
POVのモキュメンタリーってのは、よほど巧妙に精巧に作らないと、訳がわかない映画になるっていう一例のような映画。 途中、何人か行方不明になるのに、いつの間にか合流してい・・・
続きを読む
POVのモキュメンタリーってのは、よほど巧妙に精巧に作らないと、訳がわかない映画になるっていう一例のような映画。 途中、何人か行方不明になるのに、いつの間にか合流しているし、説明不足の場面が多数。 ジコチューのヒロインに腹立たしく、少しは悪びれろよ!! と思いながら鑑賞。 全体的に“作り”が悪い。
隠す
  
 
[253]ショーシャンクの空に
 淡々としているのがいいここちち2019-01-31
 【ネタバレ注意】
二度目か三度目の鑑賞。 傑作すぎて特に言うことない。 みんな大好きショーシャンク。 余計なことはしゃべらず、男は黙って実行あるのみ。 モーガン・フリーマンは若い頃に ・・・
続きを読む
二度目か三度目の鑑賞。 傑作すぎて特に言うことない。 みんな大好きショーシャンク。 余計なことはしゃべらず、男は黙って実行あるのみ。 モーガン・フリーマンは若い頃に 「ブルベイカー」でも囚人やってたんだよね。 何年かしたら、また観るだろうな。 何度観ても、いい映画。
隠す
  
 
[254]マルクス・エンゲルス
 2人は最強のバディpumpkin2019-01-31
 
生真面目な映画ではないかとの予想をさらに上回る生真面目一辺倒の作品です。勉強にはなりますが、映画としての妙味には乏しいです。つまり、産業革命がマルクス主義という思想・・・
続きを読む
生真面目な映画ではないかとの予想をさらに上回る生真面目一辺倒の作品です。勉強にはなりますが、映画としての妙味には乏しいです。つまり、産業革命がマルクス主義という思想を生んだことはよくわかりました(されば、同じく人間性を無視するIT革命はどんな思想を生むのか)。 さて、どう見たら面白くなるかと考えたら、マルクスとエンゲルスの友情と闘いをバディものとして見るといいのだと思いつきました。バディばんざい。
隠す
  
 
[255]レディ・プレイヤー1
 アバターを超えたbond2019-01-30
 
映画ファンにむけた、正に現代の宝島、CGだけに頼らず、ワクワクする内容もあって、皆楽しめる。シャイニングのシーンもよかった。
  
 
[256]ピンクリボン
 エロは強い!リベルタド!!2019-01-30
 
かれこれ15年前のドキュメンタリーなので、2019年現在とはテクノロジーも環境も違う。だけど、エロが全ての原動力になっている事は変わってないような気がする。故・若松孝二監・・・
続きを読む
かれこれ15年前のドキュメンタリーなので、2019年現在とはテクノロジーも環境も違う。だけど、エロが全ての原動力になっている事は変わってないような気がする。故・若松孝二監督をはじめ、日本映画界を支えてきた巨匠や、関係者のインタビューはとても興味深かった。
隠す
  
 
[257]機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星
 鑑定家マ・クベちゃぷりん2019-01-30
 
オリジンシリーズでは3作目と1作目の次に好き。サブタイトルは「レビルの演説」だと思うけど、全然引きにならないな。 鬼太郎の新作を毎週観てると、カイがねずみ男に見えて来・・・
続きを読む
オリジンシリーズでは3作目と1作目の次に好き。サブタイトルは「レビルの演説」だと思うけど、全然引きにならないな。 鬼太郎の新作を毎週観てると、カイがねずみ男に見えて来る(笑)。
隠す
  
 
[258]ブロンドの恋
 貞操観念Odd Man2019-01-30
 
戦後生まれの娘らを主役にしつつも当時の若い男女と周囲大人や家族との関係は日本と大差なかったろう。日本で封切られていたらどうだったろう、仏ヌーベルバーグの象徴的な若者・・・
続きを読む
戦後生まれの娘らを主役にしつつも当時の若い男女と周囲大人や家族との関係は日本と大差なかったろう。日本で封切られていたらどうだったろう、仏ヌーベルバーグの象徴的な若者像ではないドキュメント調語り口に身につまされたかもな。ハリウッドに渡って後「カッコー・・」「ヘアー」「アマデウス」とは巨匠だな。
隠す
  
 
[259]チルソクの夏
 誰にも拙く初々しい時があるいまそのとき2019-01-30
 
☆☆☆
  
 
[260]エビデンス -全滅-
 POVを駆使した「スクリーム」リベルタド!!2019-01-30
 【ネタバレ注意】
砂漠で起きた虐殺事件の真相を追うミステリー。 グロいシーンもあるけれど“犯人探し”が主題。なんだか「スクリーム」シリーズを思い出す。 発見された映像、つまりは決定的な証・・・
続きを読む
砂漠で起きた虐殺事件の真相を追うミステリー。 グロいシーンもあるけれど“犯人探し”が主題。なんだか「スクリーム」シリーズを思い出す。 発見された映像、つまりは決定的な証拠が、必ずしも真実とは限らないとは。まるで「ユージュアルサスペクツ」のホラ話みたい。残念ながら読めなかった。 ゆえに、面白かった!
隠す
  
 
[261]姫君と海賊
 ヴァージニアメイヨルーテツ2019-01-30
 
コレが面白いんだな! 何度観たかわからない ゴールドウィン製のお気楽コメディ ボブ・ホープ主演 ヒロインのヴァージニア・メイヨは映画デビュー直後 何とも綺麗で色っぽくて・・・
続きを読む
コレが面白いんだな! 何度観たかわからない ゴールドウィン製のお気楽コメディ ボブ・ホープ主演 ヒロインのヴァージニア・メイヨは映画デビュー直後 何とも綺麗で色っぽくてかわいらしい 助演陣はヴィクター・マクラグレン、ウォルター・ブレナン、ウォルター・スレザックの芸達者たち 肩の力を抜いて嬉々としてバカやっているオジサマ達は最強だよ ラストのオチは当時の観客たちの気持ちになって笑うところだ 嫌なことがあったとき、暗い気分のとき それでなくても単に90分時間が空いてしまったとき、におすすめの1本 現代の映画ファンにも、もっと知ってもらいたい 映画ってこういうのでいいんだよ
隠す
  
 
[262]パニック・トレイン
 低予算だけど兎に角突っ走ったね・・いまそのとき2019-01-30
 
☆☆☆★
  
 
[263]ナチス第三の男
 雑な印象黒美君彦2019-01-30
 【ネタバレ注意】
ひとつの作品としては少々雑な印象がぬぐえなかった。 前半では「金髪の野獣」「死刑執行人」と呼ばれるようになるラインハルト・ハイドリヒ(ジェイソン・クラーク)が、妻に・・・
続きを読む
ひとつの作品としては少々雑な印象がぬぐえなかった。 前半では「金髪の野獣」「死刑執行人」と呼ばれるようになるラインハルト・ハイドリヒ(ジェイソン・クラーク)が、妻になる貴族階級出身のリナ・フォン・オステン(ロザムンド・パイク)に影響を受け、女性問題で海軍を不名誉除隊になった恨みも重なってナチス党内で権力をもって国家保安本部長官、保護領(チェコ)の副総督になるまでを描く。 彼は600万人にのぼるユダヤ人虐殺をめぐり「ユダヤ人問題の最終的解決」を提唱した人物でもあるが、この作品では少々頭の悪い冷酷な男として描かれるばかりで、彼の内側の挫折感や激しい嫉妬、ヒトラーとの共通点等はさほど浮き彫りになっていない。 そして後半、突然カメラはハイドリヒ暗殺を企てるチェコの地下組織に切り替わる。 英国政府とチェコスロバキア亡命政府は、英国に亡命したチェコスロバキア軍人ヤン・クビシュ(ジャック・オコンネル)、ヨゼフ・ガブチーク(ジャック・レイナー)を送り込む。ヤンは協力者の女性アンナ・ノヴァーク(ミア・ワシコウスカ)と恋に落ちるが、暗殺計画実行の日1942年5月27日が近づいてくる…。 この後半だけを切り取った作品が、キリアン・マーフィらが出演した2016年のショーン・エリス監督『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』(チェコ、英、仏)だ。しかしながらS・エリス監督作品が、7人の若者がハイドリヒ暗殺に挑んだ史実に基づき、教会で700人を相手に6時間篭城したという実話を中心にしているのに対して、この作品ではその辺が弱いといわざるを得ない。ナチスはハイドリヒ暗殺の報復として、市民5000人を虐殺したということも伝わらない(暗殺者の出身の村が殲滅されたエピソードは出てくるが)。 この映画の原作、ローラン・ビネの小説『HHhH プラハ、1942年』の出版が2010年だから、S・エリス監督も恐らく参考にしたと考えられるのだけど。、 ハイドリヒと、レジスタンスの若者たちが対比されながら描かれるならともかく、前半と後半が完全に分断されているので、余計雑な印象が残るのだ。 30代でナチス党幹部に昇りつめたラインハルト・ハイドリヒ(1904〜42)とは何者だったのか。単に軽薄で冷酷な出世欲の塊だったのか。それ以上はこの作品からは何も伝わってこなかったが、異常な男として描くばかりではナチスの本質に迫れないのではないだろうか。 (ちなみに原作の「HHhH」は「Himmlers Hirn heiβt Heydrich (ヒムラーの頭脳はハイドリヒと呼ばれる)」の頭文字だそうだ)
隠す
  
 
[264]ジュリアン
 "C'est fini"黒美君彦2019-01-30
 【ネタバレ注意】
ヴェネチア国際映画祭で最優秀監督賞にあたる銀獅子賞も受賞したということで期待したのだが、これがフランス映画の現在なのか、という印象。 父親アントワーヌ・ベッソン(ド・・・
続きを読む
ヴェネチア国際映画祭で最優秀監督賞にあたる銀獅子賞も受賞したということで期待したのだが、これがフランス映画の現在なのか、という印象。 父親アントワーヌ・ベッソン(ドゥニ・メノーシェ)の家庭内暴力が原因で離婚したものの、裁判所が共同親権の判断を下したため、週末、母親のミリアム(レア・ドリュッケール)と姉ジョセフィーヌ(マチルド・オヌヴー)のもとから父親のもとへ行かなくてはならない11歳の少年ジュリアン(トマ・ジオリア)。会うたびアントワーヌは母親の住まいを聞き出そうとするが、ジュリアンは必死で嘘をつくが…という物語。 世の東西を問わず、こうした暴力的な男は必ずいる。DVが問題になって久しいが、大柄ですぐに激昂する父親役を演じたドゥニ・メノーシェが巧い。少年役のトマ・ジオリアの涙は演技じゃないんじゃないかと思ってしまうほど。 だけど、サスペンス映画としてはそこそこだとしても、それ以上の深みのある作品であるとは思えない。 確かにエレベーターの微かな移動音などを巧みに使い、アントワーヌが近づいてくる恐怖を描いているのは巧いが、無駄なカットや長回しが退屈。 クライマックスは監督が参考にしたという通り、あたかもS・キューブリック監督の『シャイニング』(1980年)。これはあまりに露骨な演出。 向かいの女性の通報で警察がアントワーヌを逮捕し、めでたしめでたし、となりそうなところだが、ミリアムは女性警官の“C'est fini”(終わりました)という言葉を自分に言い聞かすように繰り返すしかない。 DVは終わらない。アントワーヌはさほど長い間収監されるとは思えない。自分が(自分だけが)正しい、と妄信しているアントワーヌは、釈放されればストーカーとなって執拗にミリアムを狙うのは火を見るより明らかだ。DVの怖さはそこにある。彼の暴力は相手を殺すまで続く可能性があるのだ。その意味ではアントワーヌの矯正こそが重要なカギとなるのだが…。 その辺がぼんやり宙づり感だ。
隠す
  
 
[265]キー・ラーゴ
 ローレンバコールルーテツ2019-01-30
 
密室劇 ラストのドンパチ以外はほとんどホテル内が舞台 ただ一流の演者たちの競演がピリッとした雰囲気で飽きさせない 珍しくボギーが目つきの鋭すぎる小市民を演じる しかし・・・
続きを読む
密室劇 ラストのドンパチ以外はほとんどホテル内が舞台 ただ一流の演者たちの競演がピリッとした雰囲気で飽きさせない 珍しくボギーが目つきの鋭すぎる小市民を演じる しかし何でもできる人だ 悪党のボスにエドワード・G・ロビンソンで、嵐に怯える演技がかわいい ヒロインは大味であまり好みではないローレン・バコール 本作でオスカーを受賞したクレア・トレヴァーが好演も、もう少し出番が欲しかった スタジオ撮影が主だったというが、フロリダのハリケーンをリアルに再現した演出はお見事 外観のミニチュアはお約束
隠す
  
 
[266]ローリング・サンダー
 壊れた男の復讐bond2019-01-30
 
ベトナムの暗い影が漂う70年代の傑作ニューシネマ。長い捕虜生活で感情が壊れた男達が生き生きできるのは、戦場だった。暗いながらもラストでスカッと。
  
 
[267]ダンケルク
 邦題に違和感ちゃぷりん2019-01-29
 
監督が「ヘッドライト」の人だった。社会派や反戦の匂いはあまりしない、フランスらしい戦争映画。
  
 
[268]籠の中の乙女
 ヨルゴス・ランティモスNormandie2019-01-29
 
撮った映画は三作でも私を魅了し続ける旬な監督 最新作『女王陛下のお気に入り』でついにアカデミー監督賞候補に。 これはある意味ファンタジー 毒気の多い長女のラストは曖昧・・・
続きを読む
撮った映画は三作でも私を魅了し続ける旬な監督 最新作『女王陛下のお気に入り』でついにアカデミー監督賞候補に。 これはある意味ファンタジー 毒気の多い長女のラストは曖昧なままだがこれもよし。 キャストが皆とんがってた。
隠す
  
 
[269]切り裂き魔ゴーレム
 中盤で犯人判っちゃうbond2019-01-29
 
よくあるパターン。クックはミスキャストでないの?
  
 
[270]忍びの者 新・霧隠才蔵
 伊賀vs風魔nabeさん2019-01-29
 
忍者シリーズ第7作である。 今回は前回の甲賀一族に代わり、風魔一族との忍者同士の戦いを描いている。敵方風魔を操っているのは徳川家康なので、霧隠才蔵の恨み骨髄は頂点に・・・
続きを読む
忍者シリーズ第7作である。 今回は前回の甲賀一族に代わり、風魔一族との忍者同士の戦いを描いている。敵方風魔を操っているのは徳川家康なので、霧隠才蔵の恨み骨髄は頂点に達するという定番のストーリーだ。 才蔵が家康のいる駿府城に忍び込む際に用いる忍術の数々が興味深い。当時の材料を駆使して工夫した武器などは、まさに忍者の博物館のようだ。 藤村志保が才蔵を慕うくノ一を健気に演じている。楠侑子の艶っぽさも印象的だ。
隠す
  
 
前へ 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION