allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[271]友罪
 暗い 重いbond2019-05-08
 
更正とは、贖罪とは、赦すとは  なんぞや
  
 
[272]オーケストラの少女
 ディアナダービンルーテツ2019-05-08
 
おとぎ話のような映画 ディアナ・ダービンの愛らしさでギリセーフだが、社会のルールや相手の迷惑を無視して不法侵入を繰り返す姿はちょっと辟易した まあ、作り話なので・・・・・・
続きを読む
おとぎ話のような映画 ディアナ・ダービンの愛らしさでギリセーフだが、社会のルールや相手の迷惑を無視して不法侵入を繰り返す姿はちょっと辟易した まあ、作り話なので・・・ということで ダービンを一躍スターにした作品 音楽のことは良く知らないので歌が”上手い”以上の感想は出てこなくて申し訳ない レオポルド・ストコフスキーの価値は良く知らないけど、有名な音楽家が出演する音楽映画が当時多く作られていた 作品にも箔がつくし、音楽家もPRになるのでwinwinなのだろう 助演はアドルフ・マンジュー、ユージン・ポレットなど アリス・ブラディは結局何がしたかったのかのかわからないまま映画が終わる
隠す
  
 
[273]宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第七章 新星篇
 宇宙とは、生命とは、愛とはHABBY2019-05-08
 【ネタバレ注意】
命を賭してでも、護るべきものがある。そんな有り難い存在。ヤマトの新シリーズは実に哲学的な命題を投げかけるのであった。1970年台に放送された旧シリーズに比べてのグラフィ・・・
続きを読む
命を賭してでも、護るべきものがある。そんな有り難い存在。ヤマトの新シリーズは実に哲学的な命題を投げかけるのであった。1970年台に放送された旧シリーズに比べてのグラフィックの進化発展は圧倒的で、現代技術の粋が此処に集まっている感じ。こういう作品を多感な少年少女時代に堪能できれば、その後の人生に何がしかの影響を及ぼすこと必定であろう。あえて政治的なマターと強引にこじつけるならば、人種や移民の問題にもトレース出来るんだと思う。人類が今後真剣に模索しなければならない宇宙進出(月や火星への先遣隊派遣)に向けての覚悟をも問われるというか、ヤマト制作陣とナショジオがコラボしてくれればまた何か新しいものが産み出せるのかも。『スターウォーズ』ほどの規模とは言わずとも、ヤマトの人気が今以上に世界に拡散してくれる事を祈りたいなぁ。
隠す
  
 
[274]父の祈りを
 デイ・ルイスの変容とちゃぷりん2019-05-08
 
ポスルスウェイトの衰弱して行く演技はオスカー級。評判通りの力作。
  
 
[275]ニコライとアレクサンドラ
 あまりに悲しいラストKawauso10 (Mail)2019-05-08
 【ネタバレ注意】
末娘のアナスタシアが助けられることもなく、悲しいラストでした。でもこれが史実なのだから仕方ない。ニコライは暴君のイメージはないですね。
  
 
[276]魔界都市 〈新宿〉
 バブル崩壊寸前で傾いている新宿namurisu2019-05-08
 
ナルシストな木刀男とカワイイけど脱がない女。妖獣都市の圧勝。-1★
  
 
[277]ルートヴィヒ/[復元完全版]
 徽宗かルートヴィヒかOdd Man2019-05-08
 
王朝は軍事伴う政治経済の力学で発生した後には文化を残し没落するもの、とすればルートヴィヒの生涯も立派だな。王朝文化に縁あるヴィスコンティの有徴はこれが代表作とされて・・・
続きを読む
王朝は軍事伴う政治経済の力学で発生した後には文化を残し没落するもの、とすればルートヴィヒの生涯も立派だな。王朝文化に縁あるヴィスコンティの有徴はこれが代表作とされて良いのでは。
隠す
  
 
[278]エル・シド
 多様出自の民族を分けるのは宗教Odd Man2019-05-08
 
ストーリーに難はあっても、雄大なロケ撮影と歴史の一端を知るだけでも充分だな。ゲルマン、アラブ後のイベリア半島はベルベル人のイスラム諸王国の割拠が続いた時代であり、こ・・・
続きを読む
ストーリーに難はあっても、雄大なロケ撮影と歴史の一端を知るだけでも充分だな。ゲルマン、アラブ後のイベリア半島はベルベル人のイスラム諸王国の割拠が続いた時代であり、この後もキリスト教徒側の国土回復は一気には進まず、南部アルハンブラ宮殿が最後まで残ったイスラム王国だった等々。エル・シドはスペイン最古の叙事詩に詠われる英雄ということで、時代的に義経でラストは弁慶かな。
隠す
  
 
[279]ストレンジャー・ザン・パラダイス
 競馬は名前で決めるノブ (Mail)2019-05-08
 
運と男女のすれ違い、Cecilia stark。80年代のアメリカインディーズフィルムの最高傑作!!あ film by jim jarmusch
  
 
[280]マンチェスター・バイ・ザ・シー
 guardianringoringo2019-05-08
 【ネタバレ注意】
アンクル・リ−の悲しい過去で、どうしても故郷の町に住めないという事をセリフを少なく、フラッシュバックする映像で、だんだんと分かってくるのが良かった。(それにしても、・・・
続きを読む
アンクル・リ−の悲しい過去で、どうしても故郷の町に住めないという事をセリフを少なく、フラッシュバックする映像で、だんだんと分かってくるのが良かった。(それにしても、自分のミスで子供三人も失うなんて・・・そりゃあ、自殺したくなるよね・・・) そのアンンクル・リ−の虚無感みたいなのをケ−シ−・アフレックが素晴らしすぎる演技で見せてくれる! ところで、マンチェスタ− バイ ザ シ−というフルネ−ムで町の名前なんですね・・・
隠す
  
 
[281]イースター・パレード
 アメリカ人の大衆芸術Odd Man2019-05-07
 
ミュージカルだけは映画を離れても存在できるアメリカ特有の文化と再認識。 歌や踊りの肉体表現はストーリーや演技論も無用に、俳優も楽しんでるんでしょうね。
  
 
[282]宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第六章 回生篇
 ヤマト号の仇は銀河号でHABBY2019-05-07
 【ネタバレ注意】
地球市民は、諦めない。真の友情を育みながら。
  
 
[283]宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第五章 煉獄篇
 一難去ってまた一難HABBY2019-05-07
 【ネタバレ注意】
敵は外だけでなく内にも有り。ヤマト、煉獄の灼熱に包まれ、撃沈。
  
 
[284]ヴェノム
 まぁいいでしょう・・いまそのとき2019-05-07
 
☆☆★★★ シネコンで見るほどじゃないけど・・
  
 
[285]
 仮面象徴劇にしても「秘すれば花」と見えずOdd Man2019-05-07
 
同じジェークスピアに材を取り「蜘蛛巣城」のカラー大作化を図ったような二番煎じに見え、コスチューム・ムービーの誹りはやむを得ないんじゃないだろか。
  
 
[286]バスケットケース3
 偏見や差別への宣戦布告!?リベルタド!!2019-05-07
 
前作の完全直後から始まるカルトムービーの3作目。 オリジナルの陰鬱な雰囲気どこ行った?ほとんどドタバタコメディ。 だけれど、あらゆるマイノリティの人権が守られはじめ、・・・
続きを読む
前作の完全直後から始まるカルトムービーの3作目。 オリジナルの陰鬱な雰囲気どこ行った?ほとんどドタバタコメディ。 だけれど、あらゆるマイノリティの人権が守られはじめ、うわべだけでも平等な(?)世の中になりつつある昨今。“フリークス”が堂々と生きることを声高く宣言するクライマックスが、時代を先取りしているような。してないような。
隠す
  
 
[287]天国への階段
 米題はレッド・ツェッペリンヒット曲へ?Odd Man2019-05-07
 
同じ臨死体験でも軽妙と機知のファンタジーは三途の川や閻魔様の東洋との文化的相違なんだろうかな。
  
 
[288]我は海の子
 アウトドアでサバイバルOdd Man2019-05-07
 
原作者はスカウト運動にも関わったらしいのが、トレーシーと子役の関係となったかな。イギリス軍人が始めたという青少年教育運動のボーイスカウトは最近は見ない気もするがまだ・・・
続きを読む
原作者はスカウト運動にも関わったらしいのが、トレーシーと子役の関係となったかな。イギリス軍人が始めたという青少年教育運動のボーイスカウトは最近は見ない気もするがまだ盛んなんだろうかな。
隠す
  
 
[289]王将
 大阪王将Odd Man2019-05-07
 
勝負師や棋士の人情の機微を突く語り物なら、主人公はどうしても素人上がり坂田三吉、無頼升田幸三や近年なら伝記も出た賭け将棋の「真剣師」小池重明であって、大山、羽生名人・・・
続きを読む
勝負師や棋士の人情の機微を突く語り物なら、主人公はどうしても素人上がり坂田三吉、無頼升田幸三や近年なら伝記も出た賭け将棋の「真剣師」小池重明であって、大山、羽生名人や応援しても藤井君は相手役になるのは致し方ない。
隠す
  
 
[290]失われた地平線
 神智学Odd Man2019-05-07
 
シャングリラがエキゾチックな理想郷の同義語になるほどでも、絵的には原作にも影響を与えたらしいロシア象徴画家レーリヒのヒマラヤ風景画の方が優るかも。
  
 
[291]イギリスから来た男
 肩透かしbond2019-05-07
 
渋いけど、スタイリッシュな映像がうざい。間延びする。肝心のメインの復讐が成されない。
  
 
[292]七人の無頼漢
 初老保安官と青い眼ヒロインの淡い恋Odd Man2019-05-07
 
フランスの著名批評家が賛辞というので観たが、確かに特徴も灰汁も無いのに70分強に寸足らずや物足りなさは全く感じず。ジョン・ウェインが予定していたらしい初老主人公が憂・・・
続きを読む
フランスの著名批評家が賛辞というので観たが、確かに特徴も灰汁も無いのに70分強に寸足らずや物足りなさは全く感じず。ジョン・ウェインが予定していたらしい初老主人公が憂いの青い眼が印象的なヒロインと惹かれ合う筋書きは、観客の受けも良かったのかな。
隠す
  
 
[293]幻の光
 幻の日本pumpkin2019-05-07
 
実は是枝監督はやや苦手なのです。それがなぜなのかがわからなかったのですが、このデビュー作を見て少しわかりました。これはいつの話なのでしょうか。すくなくとも、製作され・・・
続きを読む
実は是枝監督はやや苦手なのです。それがなぜなのかがわからなかったのですが、このデビュー作を見て少しわかりました。これはいつの話なのでしょうか。すくなくとも、製作された90年代半ばではありません。それより20年、あるいはそれ以上以前です。そう思って見ていたら、是枝作品は、時代意識が乏しいことに気づきました。そして、それが海外で評価が高い原因ではないかと思うようになりました。つまり、外国の人が思う架空の日本が描かれているからなのではないかと。
隠す
  
 
[294]宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第四章 天命篇
 デスラーは生きていたHABBY2019-05-07
 【ネタバレ注意】
死闘、再び。引っ張るねえ。手に汗握りつつ応援。
  
 
[295]エロマンガ先生
 ムラマサ推しちゃぷりん2019-05-07
 
最終話はOVAみたいな非道い回だった。
  
 
[296]12か月の未来図
 悪くない黒美君彦2019-05-07
 
フランスの教育をめぐる現状は余程深刻なのだ、と思わせる。というのもこの映画を観ながら、やはり実話ベースである『奇跡の教室〜受け継ぐ者たちへ』(マリー=カスティーユ・・・・
続きを読む
フランスの教育をめぐる現状は余程深刻なのだ、と思わせる。というのもこの映画を観ながら、やはり実話ベースである『奇跡の教室〜受け継ぐ者たちへ』(マリー=カスティーユ・マンシヨン=シャール監督 2014年)を思い浮かべていたからだ。 『奇跡の教室』は高校が舞台で、この作品は中学校だといった設定こそ異なるが、貧しい移民が増えたパリ郊外の中学校での教育格差の問題がここでは主要なテーマとなる。ひょんなことから名門高校から12か月の期限付きで赴任したベテラン教師フランソワ(ドゥニ・ポダリダス)。子どもたちにどうすれば学習意欲を持ってもらうか、彼の試行錯誤に果たして生徒たちが本当についてくるのかは大いなる疑問ではあるが、少なくとも「切り捨てる」ことを前提とした教育の在り方に一石を投じようとする姿勢は共通する。 もうひとつ共通点があるとすれば、子どもたち自身に考えさせることこそが重要だとしている点だ。 『奇跡の教室』では、歴史の授業でホロコーストについて調べさせ、サバイバーの話を実際に聴き、まとめ上げて発表するという経過を通じて変化していく生徒たちを描いた。 この作品でもユーゴーの『レ・ミゼラブル』を通じて、現代国語や背景にある歴史等を総合的に学ばせようとフランソワは考える。 ここにあるのは画一的な教育システムではなく、各人に合わせた教育の方法論だ。 稼ぐ国民を育てる(つまり納税する国民を育成する)というのが教育だと考えている輩には到底納得できないかも知れない。何故なら個別事情に合わせた教育には、時間とコストが必要になるからだ。ましてや自分一人で道を拓いてきたと勘違いしているエリート連中には、「学習できない辛さ」などわかろうはずがない。 しかしながら大多数の子どもが寧ろ後者だと考えれば、彼らのレベルを引き上げてこそ国全体が機能し、豊かになるのだということでもある。 反抗的でお調子者のセドゥ(アブドゥライエ・ディアロ)がこの作品では問題児として描かれるが、まだ幼さを残した彼はまだマシな方だろう。その意味ではこの作品はまだ甘い気がしないではない。 だが、どの先進国でも同じ悩みを抱えている現代だからこそ、モデルとすべき教育を扱った映画が作られる意味はあるはずだろう。 作品としては『奇跡の教室』の方が遥かに優れているが、同じ悩みを抱える教育関係者には是非観て欲しい作品た。
隠す
  
 
[297]宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第三章 純愛篇
 伝家の宝刀を抜けないヤマトHABBY2019-05-07
 【ネタバレ注意】
耐え忍ぶヤマト乗員。波動砲を使うとあまりにも衝撃が大きい。何か秘策は見つかるのか。
  
 
[298]デビルズ・ノット
 誰かがやらないと誰もやらない黒美君彦2019-05-07
 【ネタバレ注意】
さすがアトム・エゴヤン監督…と思わせる作品だった。 1993年5月5日。米国アーカンソー州ウェスト・メンフィスで実際に起きた3人の男児の不明事件。やがて3人は残虐な手口で殺・・・
続きを読む
さすがアトム・エゴヤン監督…と思わせる作品だった。 1993年5月5日。米国アーカンソー州ウェスト・メンフィスで実際に起きた3人の男児の不明事件。やがて3人は残虐な手口で殺害された遺体で見つかる。容疑者として逮捕された3人のティーンエイジャーは「ウエスト・メンフィス3」と呼ばれる…。 この作品では、弁護士を支援する調査員ロン・ラックス(コリン・ファース)の視点で描かれるが、そこには集団ヒステリー的な「悪魔崇拝」への嫌悪と、オカルトとヘヴィメタに対する嫌悪が混在した冤罪の構図が浮かび上がってくる。 この映画のあとに制作されたアレハンドロ・アメナーバル監督『リグレッション』(2015年)を思い浮かべながら観ると、80年代から90年代にかけて全米を席捲した「悪魔崇拝儀式」事件とそこから生まれた冤罪の数々を意識せざるを得なかった。 とはいえ、この作品では警察に対する視点もきわめて冷静だ。 彼らは彼らなりの正義で事実を積み重ねていこうとした。ただそれが「自白に依拠したお粗末な捜査」だった、だけなのだ。 こうした捜査手法は米国に限った話ではない。 凶悪な事件であればあるほど、メディアも地域住民も犯人検挙を急ぐよう警察に圧力をかける。そこに「目撃者」と登場すれば、それに飛びつくのは当然のことだ。 とはいえ、この事件では物証が乏しかったこともあってさまざまな追跡が試みられた。 有罪判決から2年後の1996年、この裁判を追ったドキュメンタリー映画『パラダイス・ロスト』(ジョー・バーリンジャーとブルース・シノフスキー共同監督 未見)が公開されるなど、少なくとも4本のドキュメンタリー映画が製作され、冤罪との見方が強まることになった。しかしながら、現段階でも3人の容疑者が有罪だと考える人は決して少なくないのだという。 結局この事件では真犯人が不明のまま現在に至るわけだが、それこそがこの映画の最も怖いところかもしれない。 怪しい継父、血まみれの黒人男性、さまざまなパーツはあるものの、ひとつの絵にならない。そうなった時「彼らならやりかねない」程度の疑惑がいつしか確信になることは容易に想像できる。ましてやインターネットやSNSを通じて断罪されると、恐らく逃げ場もないだろう。 コリン・ファース演じる調査員が何故この事件にこだわったのかが今ひとつよくわからなかったが、元妻に「(調査を)あなたがやらないで誰がやるの?」と問われるシーンはなかなか良かった。誰かがやらないと誰もやらない。 そのことの意味を噛みしめてみる。 リース・ウィザースプーンも好演。どうしてテリー・ホッブス(アレッサンドロ・ニヴォラ)みたいな男と一緒になるのかは謎だけど。 逮捕された少年たちが死刑に処せられなかっただけでも良かった、と思わざるを得ない事件だった。
隠す
  
 
[299]関ヶ原
 早口台詞黒美君彦2019-05-07
 【ネタバレ注意】
時代劇、それもこれだけ大勢出てきて、尚且つ合戦シーンもあるとなれば随分金がかかっていることは容易に想像できる。それでも合戦シーンが物足りないという声もあるようだけれ・・・
続きを読む
時代劇、それもこれだけ大勢出てきて、尚且つ合戦シーンもあるとなれば随分金がかかっていることは容易に想像できる。それでも合戦シーンが物足りないという声もあるようだけれど、それはちょいと厳しすぎはしないかなあ。 大作であることは認めた上で、面白かったかといえばうーん。あちこちで評されているように、まるで『シン・ゴジラ』のような早口の台詞の応酬。も少しゆったり話しそうなものなのに、何を皆生き急いでいるのじゃ。 石田三成(岡田准一)が後生大事にする「義」とは何ぞや。結局最後までよくわからないまま。くのいちの初芽(有村架純)への純愛こそが「義」か(笑)。 せっかく岡田准一が演じているのに、彼のキャラがもうひとつはっきりしなかったのが惜しまれる。秀吉(滝藤賢一)や家康(役所広司)の方がその点はっきりしていたし、島左近(平岳大)もキャラ立ちしているのに、だ。 一説には細川ガラシャの哀れな最期で一気に三成は支持を失ったとも言われているが、「そんなつもりはなかった」と言い訳させて終わり、というのもなあ。 そもそも戦国時代の大名同士の争いに興味が抱けないので、いずれにせよ深い見方はできないのだけれど、最後まで観られたので面白くないことはないのだろう。ただひたすら長口舌の早口言葉だけは勘弁して欲しかった(しかも聞き取りにくい)。 しかし、くのいちに有村架純は似合わないよなあ。やる気は買うが、映画作品としては今ひとつ、といったところか。
隠す
  
 
[300]刑事フォイル (シーズン7)
 東西冷戦を背景に黒美君彦2019-05-07
 【ネタバレ注意】
第23話(シーズン7#1)「新たなる戦い」/ The Eternity Ring <あらすじ>1945年7月。物理学者フレイザー教授(スティーヴン・ボクサー)らは米国ニューメキシコ州のロス・・・・
続きを読む
第23話(シーズン7#1)「新たなる戦い」/ The Eternity Ring <あらすじ>1945年7月。物理学者フレイザー教授(スティーヴン・ボクサー)らは米国ニューメキシコ州のロス・アラモスで人類初の核実験を目撃。一年後、フォイル(マイケル・キッチン)は米国から英国に戻ってくるが、そこに待っていたのはアーサー・バレンタイン(ティム・マクミュラン)で、フォイルはMI5幹部のヒルダ・ピアース(エリー・ハデントン)に再会。東西冷戦を象徴する核技術のスパイを見つけて欲しいと依頼される…。 こうなるともう「刑事」ではなく「諜報員」なのだけど。ヒルダの上司チェインバース卿(ニコラス・ジョーンズ)によると、ロシア人亡命者の情報で「エタニティ・リング」と呼ばれるスパイグループが、核技術をソ連に流出させようとしているとか。たまたまフレイザー教授のもとで働いていたサマンサ・スチュアート(ハニーサックス・ウィークス)までがスパイの疑いにかけられ、結局彼女はフォイルの元に戻ってくる。実は「エタニティ・リング」とは二重スパイを炙り出すための作戦だった…。相変わらず複雑なプロットだけど、国家間の水面下の争いの中でフォイルの戦争は終わらない…そんなことを思わせる佳作。 第24話(シーズン7#2)「エヴリン・グリーン」/ The Cage <あらすじ>3人のロシアからの亡命高官が隠れ家で殺された。時を同じくして傷だらけの身元不明のロシア人が病院で死亡する。フォイルは、病院近くの元捕虜収容所バートン・ホールに事件を解明する鍵があると睨む。一方、サムの夫アダム・ウェインライト(ダニエル・ウェイマン)は選挙に立候補。運動中に、娘が行方不明になったと女性に泣きつかれる。娘はスパイ容疑の外務省の女と同じ名だった…。 モスクワに脱出したエヴリン・グリーンを助けるために、軍の秘密機関にいたマクドナルド(トム・ベアード)が偽りの住所で同姓同名のエヴリンを拉致させていた、という二重三重のどんでん返し。観ているときはなるほど、と思って観ているのだが、観終わると見事にすべて忘れていくのが悲しい。どこまで史実に忠実なのかはわからないが、東西冷戦当初は社会主義への幻想もあり、思想戦も激しかった。国家の中枢までシンパが潜在していた恐怖が、共産主義者への恐怖や憎悪に変わっていったのは容易に想像できる。 第25話(シーズン7#3)「ひまわり」/ Sunflower <あらすじ>フォイルはオランダ人の美術史教授ファン・ハーレン(ラース・アイディンガー)の保護を命じられるが、彼は実は元ナチス親衛隊少将シュトラッサーで、MI5の貴重な情報源だった。彼を狙っているのはトミー・ネルソン(チャールズ・エイトキン)。彼は1944年8月の仏北部モルタンでの作戦「ひまわり」(独名:ゾンネンブルーメ)で26名の米兵捕虜が処刑された戦争犯罪の唯一の生き残りだった。アメリカからの身柄引き渡し要求をMI5は拒否。その矢先ファン・ハーレンの乗った車が爆破され…。 比較的わかりやすい物語。元ナチス幹部をめぐる英米の駆け引きと同時に、戦争犯罪被害者のPTSDが重なっていく。 一方夫アダムが労働党の国会議員になったサムは、MI5にいることを利用して強制収用された農地が戦後倍額になったカラクリを調べる(それはあかんやろ)。戦後、米ソが元ナチをスパイとして奪い合ったのは事実で、うやむやにされた戦争犯罪も少なくなかっただろう。このエピソードは、そうした戦後の一断面を鋭く抉った名作だ。フォイルの推理もキレがいい。
隠す
  
 
前へ 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION