allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[271]アニマル・ハウス
 ベルーシ全開bond2018-11-24
 
やっぱりベルーシの存在がキモだろうな。梯子で覗くシーン最高。
  
 
[272]阿修羅城の瞳
 舞台と映画は違う北村もとい2018-11-24
 
劇団☆新感線の舞台劇をシネマ・アイこと宮島秀司プロデュースにより映画化したアクション時代劇。 酷評されていたようだが、滝田洋二郎監督だけにそれなりに退屈しない程度には・・・
続きを読む
劇団☆新感線の舞台劇をシネマ・アイこと宮島秀司プロデュースにより映画化したアクション時代劇。 酷評されていたようだが、滝田洋二郎監督だけにそれなりに退屈しない程度にはまとまっている。まあ、成功作とは決して言えないが・・・。 舞台劇としては面白いのであろうが、根本的に映画化に向いている作品には思えない。 市川染五郎と宮沢りえの役柄が観客によく分からないまま進行しており、舞台ならそれでも気にならないが、映画だと感情移入ができなくて最後までどうでも良くなってしまうのだな。 エンディングテーマのスティングの曲も最高に合ってない。何でスティングのジャジーな曲を聴いて終わらないといけないんだ。
隠す
  
 
[273]謝罪の王様
 観客に謝罪しろ北村もとい2018-11-24
 
何を評価されているのかさっぱり分からない大嫌いな宮藤官九郎脚本によるコメディもの。 宮藤官九郎関連作品としては構成がテレビ的コントに徹している分、他の宮藤官九郎脚本・・・
続きを読む
何を評価されているのかさっぱり分からない大嫌いな宮藤官九郎脚本によるコメディもの。 宮藤官九郎関連作品としては構成がテレビ的コントに徹している分、他の宮藤官九郎脚本作品と比べるとストレートに楽しめるだけ幾分ましと言えるが、謝罪のプロという設定の奇抜さだけの勢いだけの展開は相変わらずで、これまた宮藤官九郎脚本のいつものうんざりさせる最後は何かいい事言ってみました風の感動テイストのスベり具合と、大落ちが腋毛ボーボー、自由の女神〜!というフレーズ自体の面白さも皆無のネタで終わりという客を舐めた展開には激怒必至。 観客に謝れ!
隠す
  
 
[274]戦略大作戦
 無謀大作戦北村もとい2018-11-24
 
イーストウッドのアメリカ凱旋後のまだタフガイイメージが確立する前の模索期の代表作。 邦題は同じMGMの似た雰囲気の特攻大作戦を意識していると思われるが、ちょうどテリ・・・
続きを読む
イーストウッドのアメリカ凱旋後のまだタフガイイメージが確立する前の模索期の代表作。 邦題は同じMGMの似た雰囲気の特攻大作戦を意識していると思われるが、ちょうどテリー・サヴァラスとドナルド・サザーランドもキャストが被っていますしな。 メンバーのキャラがいまいち立っていないのと、イーストウッドも個性発揮とはまでは行かない薄い存在感でテリー・サヴァラスとドナルド・サザーランドに完全に負けているのが明らかなように、もう少しアルドリッチばりに各キャラも印象的に描かれていればもっと傑作に仕上がっただろう。 まあ、145分という長尺を飽きさせずに見せてくれて、戦争娯楽大作アクションとしては名作と言えるだろう。
隠す
  
 
[275]ナバロンの嵐
 ナバロンの肩すかし北村もとい2018-11-24
 
名作のナバロンの要塞の続編で、監督は007シリーズなどでその大雑把かつのんびりした大味大作感には定評のあるガイハミルトンが手掛けており、本作も英国映画らしいのんびり・・・
続きを読む
名作のナバロンの要塞の続編で、監督は007シリーズなどでその大雑把かつのんびりした大味大作感には定評のあるガイハミルトンが手掛けており、本作も英国映画らしいのんびりまったり感が漂い、緊張感はほとんどないが、ラストのダム崩壊の特撮シーンなど娯楽作としては標準を少し上回る出来で悪くはない。 しかし橋は爆破できないが、ダムなら爆破できるってのは納得できないな。
隠す
  
 
[276]ボヘミアン・ラプソディ
 一緒に口ずさんでしまう映画幸宗重 (Mail)2018-11-24
 【ネタバレ注意】
上映中なんだかずぅ〜っと恥ずかしさを感じながら観てました。何でだろぅ(笑) みんな似てはいるけどビミョーに違う感がツボでした。ボブ・ゲルドフを含めて。ロジャー・テイラー・・・
続きを読む
上映中なんだかずぅ〜っと恥ずかしさを感じながら観てました。何でだろぅ(笑) みんな似てはいるけどビミョーに違う感がツボでした。ボブ・ゲルドフを含めて。ロジャー・テイラーを除いて(笑) 話がトントン拍子過ぎてジョン・ディーコンの加入が雑になってて(^^; 「ボヘミアン・ラプソディ」の曲を作り上げていく過程が面白く、ここに焦点を絞っても映画1本作れそうな感じがします。 ずっとマイク・マイヤーズがどこに出ているのかを探してたんですが判りませんでした。何故注視してたかと謂うと、映画の中で「ボヘミアン・ラプソディ」を聴いたプロデューサーが「ドライブしながら頭を振られる曲じゃないと売れない」旨の発言をしますがマイク・マイヤーズは自身主演の映画『ウェインズ・ワールド』の中で「ボヘミアン・ラプソディ」を聴きながらドライブして皆んなでヘッドバンキングしてるんです。是非、併せて観ていただきたい(笑) ライブ・エイドのシーンで隣の人は涙を拭ってました!!私もウルッときましたが.......私的にはそれまでの話の流れからよりも、スタジアム級のコンサート会場に居る感動(?)のウルッでした(^^;ライブでの音程を変えての歌い方などもしっかり演じていて素晴らしいですよ♪でも、実際のライブ・エイドを観てもここまでの感動は感じないんだけど(^^; 話そのものの流れは若い頃のトム・クルーズの作品(『トップガン』『カクテル』『デイズ・オブ・サンダー』等)に似た感じでした。 この『ボヘミアン・ラプソディ』を仲間と観た後にカラオケへ雪崩れ込んだらメチャクチャ盛り上がるんじゃないかなぁ〜 だって観てる間中ずっと一緒に口ずさんでしまってたから\(^^)/
隠す
  
 
[277]ボヘミアン・ラプソディ
 音響設備で感動が大きく変わりますTHX2018-11-24
 
観るまでは、Queenって昔は人気あったなとか、沢山の有名な 曲をだしてたけどフレディがエイズで亡くなったな 程度にしか知りませんでしたし、そこまでファンでは無かった・・・
続きを読む
観るまでは、Queenって昔は人気あったなとか、沢山の有名な 曲をだしてたけどフレディがエイズで亡くなったな 程度にしか知りませんでしたし、そこまでファンでは無かったです しかし、どうせ観るなら音楽の映画だしドルビーアトモスかTHX が音響設備としては最高なので絶対条件としてました。 残念ながらIMAXやULTIRAは画面が大きく詳細ですが 単独だと他の映画の時に音がダメでした。 「ボヘミアン・ラプソディ」を観るなら絶対にDOLBY ATMOSが絶対条件です これが近くに無いか時間が合わないならTHXです。 これにIMAX機能があるなら最高の環境です 座席はいつもよりも前が最高の臨場感を楽しめます もちろん、観た後で感激しましたしまるで本当にライブに参加してた 気分で映画としても本当に見て良かったです。 普通のシアターでもストーリーは同じでも感動の大きさが違ってきます ぜひ、観る時はDOLBY ATMOSかTHXで見て下さい
隠す
  
 
[278]初恋物語
 恋人たちの月ファルド2018-11-24
 
ジャック(M・ディロン)とジニー(S・フィッシャー)が付き合う事に、ジニーの父(C・コネリー)が何故あれほど反対するのか不思議だったが、そういうことか(後でビデオの・・・
続きを読む
ジャック(M・ディロン)とジニー(S・フィッシャー)が付き合う事に、ジニーの父(C・コネリー)が何故あれほど反対するのか不思議だったが、そういうことか(後でビデオの裏ジャケットを見たら、ネタバレしてあった)。ジニーの妊娠が分かった後、ストーリーは急展開し、それなりにハラハラした。映画自体の雰囲気はまあまあ良かった。 あと、エロ系映画に多く出ているアニー・ベルとドーン・ダンラップが出演しているようなので、観てみた。A・ベルは冒頭のセピア・カラー時の看護婦ナンシー役のようだが、太めの中年のオバサンのように見えた。D・ダンラップは、どこに出ていたのか分からなかった。
隠す
  
 
[279]ハードコア
  これは、すごい映画だここちち2018-11-24
 【ネタバレ注意】
FPSゲームのような 主人公の一人称視点のみで作られた ハードSFバイオレンス。 ロック様が出演していた『DOOM』のように 一人称視点で描いた映画自体は、 これまでに・・・
続きを読む
FPSゲームのような 主人公の一人称視点のみで作られた ハードSFバイオレンス。 ロック様が出演していた『DOOM』のように 一人称視点で描いた映画自体は、 これまでにも存在した(「DOOM」はそもそもFPSだし) しかし、これは完成度がめっちゃ高い。 「一人称視点のみ」ということで 状況がわかりにくい場面や 観ていて目が疲れる、のも事実だが この凄まじい一人称ハードアクションは、 通常では感じられない映像体験だ。 主人公は死にかけているところを サイボーグとして生まれ変わった男で 声を出す装置を作ってもらう前に 敵に襲撃された、という設定のため、 一人称視点という特殊な設定にくわえて ・主人公がいっさい喋らない。  セリフどころか声すら出ない ・主人公の顔すらわからない  (最後に反射してうっすらと見える程度) ・そのため、主人公の感情はわからない ・主人公の視点以外の映像はゼロ という非常に特殊な映画になっている。 まさに主人公=観客なのだ。 一人称視点のみというアイデア自体は 新しいものでもないが、この映画は ストーリー設定をうまく取り入れたこともあり 完成度が高い。 面白いし、とにかくアクションがすごい。 主人公のアタマにGO PROみたいなのを 取り付けて撮影しているとしか思えないが、 メイキング映像だけでも 1本の映画として成立するんじゃないかと 思うほど興味深い(メイキング映像を観てないが)。 走行中の車から、敵の車に跳び移り、 手りゅう弾で敵の車を爆破して、 走行中の味方のバイクに跳び戻る。 アクションとしては、よくあるが、 これが一人称視点となると、 アドレナリンが沸騰する興奮映像体験となる。 兵士や通行人は多数出てくるが、 登場人物は ・主人公のヘンリー ・ヘンリーの妻(正体はエイカンの妻) ・サイボーグ兵士を大量に作り出そうとしている  悪のサイコキネシス男、エイカン ・ヘンリーの協力者ジミー の4人だけだ。 で、このジミーは、車椅子の科学者で 自分では歩けないのだが、多数の自分のクローン? を作り出しており、自分の意識を瞬時に 任意のクローンに切り替えることで、 自由自在に動き回れる、という 素晴らしい設定のキャラクターとなっている。 一部、話や設定はよくわからなかったが。 ・エイカンはヘンリーに何をさせたかったの? ・エイカンはなんでサイコキネシス使えるの? ・そもそもエイカンは普通の人間なの? ・子供のころに近所のいじめられっこにオモチャを  壊されても反撃できず、父親に弱虫とののしられた、  というのがヘンリーの唯一の正しい記憶? これ、VRになったらやばいでしょ。 ゲームとアダルトビデオで VRのすごさは立証ずみ。 なぜもっと普及しないのか理解に苦しむほど すごい映像体験が味わえる。 間違いなく、映画も近いうちに VR用のものが登場するだろう。 これまでの普通の映画とは、 臨場感、没入感が別次元。 3D映画なんかとはくらべものにならないほど凄い。 それはともかく、この映画は傑作。
隠す
  
 
[280]いつか どこかで
 計画書ファルド2018-11-24
 
リゾート開発を巡り、橘建設と新日本計画が競合していた。橘建設の正木(時任三郎)は、開発現場を訪れた時、冬子(藤原礼実)を見かけ、一目惚れするが、彼女は新日本計画の開・・・
続きを読む
リゾート開発を巡り、橘建設と新日本計画が競合していた。橘建設の正木(時任三郎)は、開発現場を訪れた時、冬子(藤原礼実)を見かけ、一目惚れするが、彼女は新日本計画の開発コンペのチーフだった。しかし、彼女を諦めきれない正木は、必死にアプローチするが、彼女はなかなか心を開かなかった。その後、二人はお互いの会社のスパイ合戦に巻き込まれてしまうが…。 心に鍵をかけた冷淡なキャリアウーマンの冬子。ゲーム感覚でナンパするタイプのキャラじゃない正木が、あんな態度の彼女を口説こうとする気持ちが分からなかった。 序盤、正木と北沢(津川雅彦)のオーバーアクト気味の言い争いや正木と佐藤(宅麻伸)のしょうもない会話に辟易したが、その後は落ち着き、全体的には悪くなかった。ただ、冷淡で嫌味な女という役柄なので抜擢されたのかも知れないが、主演女優に華が無さすぎな感じでした。
隠す
  
 
[281]嘘を愛する女
 ゼロの焦点pumpkin2018-11-24
 
松本清張の「ゼロの焦点」を思わせるストーリーです。昔さんざん清張を読んだ世代としては面白く見ましたが、いささか冗長な展開でした。それと、一部の人物に過度の味付けをして・・・
続きを読む
松本清張の「ゼロの焦点」を思わせるストーリーです。昔さんざん清張を読んだ世代としては面白く見ましたが、いささか冗長な展開でした。それと、一部の人物に過度の味付けをしている点が気になりました。わたし的には、清張風に徹してもらいたかったのですが、それでは目新しくないと言うことなのでしょう。しかし、過度の味付けは鈴木清順を見ればわかるように、決して目新しいものではありません。
隠す
  
 
[282]ドッグ・ソルジャー
 線路ファルド2018-11-24
 
レイ(N・ノルティ)がマージ(T・ウェルド)の家にコカインを届けに行った時、2人組が襲ってくるが、その時の攻防はそれなりに面白かった。メキシコ山中での撃ち合い等は普・・・
続きを読む
レイ(N・ノルティ)がマージ(T・ウェルド)の家にコカインを届けに行った時、2人組が襲ってくるが、その時の攻防はそれなりに面白かった。メキシコ山中での撃ち合い等は普通だったが、その時に音楽を流すというアイデアは、個人的にはイマイチな感じでした。 ちなみに、解説に「ハード・ロックを大音量で」と書いてあるが、ハード・ロックではなく、カントリー・ロックだった。 映画内では、CCR(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)の曲等が使用されています。
隠す
  
 
[283]地獄のヒーロー
 ノリス節全開spqc2y292018-11-24
 
チャックノリスの名を日本に知らしめた作品(ドラゴンへの道は除いて)。 今見るとなんか間延びした作風ですが、どこか憎めないノリスがいい感じです。 キャノングループとノリ・・・
続きを読む
チャックノリスの名を日本に知らしめた作品(ドラゴンへの道は除いて)。 今見るとなんか間延びした作風ですが、どこか憎めないノリスがいい感じです。 キャノングループとノリスの組み合わせは、この頃はドル箱でしたね。
隠す
  
 
[284]パージ:大統領令
 B級に撤退spqc2y292018-11-24
 
冒頭はつまらなそうで、最後までこの調子だったらと思いましたが、 中盤からのB級臭全開の展開によかったです。
  
 
[285]スプリット
 続く・・・spqc2y292018-11-24
 
本編は大した事無かったけど、 最後のオチで、次回作へ期待が広がりました。
  
 
[286]カウボーイビバップ
 作り込んでるちゃぷりん2018-11-24
 
「オネアミスの翼」みたいに、話より設定、デザイン、演出の上手さが光っていた作品。メインキャラはルパンが元ネタだろうけど、ビシャスは敵になった五ェ門みたいだな。このシ・・・
続きを読む
「オネアミスの翼」みたいに、話より設定、デザイン、演出の上手さが光っていた作品。メインキャラはルパンが元ネタだろうけど、ビシャスは敵になった五ェ門みたいだな。このシリーズを観てると、「ブライガー」は早過ぎた作品だと思うようになった。
隠す
  
 
[287]幸福城市
 19th FILMeX コンペ作品Longisland2018-11-24
 
近未来を舞台にヘンテコSF風にスタート、かなり偏屈な老人の人生を遡る3部(4部?)構成。 2部目から古さを感じさせる、黄色味の強い画像になんか上手いデジタル処理してんなー ・・・
続きを読む
近未来を舞台にヘンテコSF風にスタート、かなり偏屈な老人の人生を遡る3部(4部?)構成。 2部目から古さを感じさせる、黄色味の強い画像になんか上手いデジタル処理してんなー と思ってたら、今どき(この規模作品で)全編35mmフィルムで撮ってんだとか(驚愕 本命は真ん中の青年刑事編。 盛りだくさんの一夜の出来事、盛りすぎで万引姉ちゃんのトコだけ独立させても、というか独立してね? ここだけでお腹いっぱい。 3部目は… なんか既視感あるストーリー、ステロタイプの人物で軽い。台湾での事実にあったコトにインスパイアされたらしいけど…ちょっとね〜 上映後Q&Aで監督登壇 Q:なんで今どきフィルム撮影なんですか? 監督:俺、フィルム撮り上手いから(笑笑 ↑マジにカッコいい! フィルム入手の経緯から、現在のデジタル撮影への不満? 英題の付け方等々 実に面白い話が続々と… 映画祭ならでは、映画祭でしか聞けない話が面白かった。
隠す
  
 
[288]轢き殺された羊
 19th FILMeX コンペ作品Longisland2018-11-24
 
いかにもフィルメックスって作品。 凝った映像と音楽、意味深そうに見えるがたいした事ないストーリー。まぁ、雰囲気だけで引っ張っちゃうてカーウァイ(本作プロデュース)ぽい・・・
続きを読む
いかにもフィルメックスって作品。 凝った映像と音楽、意味深そうに見えるがたいした事ないストーリー。まぁ、雰囲気だけで引っ張っちゃうてカーウァイ(本作プロデュース)ぽいといえばそうなんだろうが… 中盤の居酒屋シーンは良かった。 流れ者に露骨に色目使う女主人がいい味だしてて西部劇だとジョン・クロフォードあたりか(笑 スタンダード(ワイド両端潰したなんちゃって)の使い方もなんだかなぁ〜、なんか最近多いけど。 追記) 11/24 19th FILMeX 審査員特別賞(準グランプリ) まぁ、フィルメックスらしい…(繰り返し
隠す
  
 
[289]マンタレイ
 19th FILMeX コンペ作品Longisland2018-11-24
 
タイというか東アジアのジャングルで幻想的というか? ムービージェネック?な映像の垂れ流し… アピチャートポンの、何とかおじさんもそうだったけどアジアの森って欧米映画人・・・
続きを読む
タイというか東アジアのジャングルで幻想的というか? ムービージェネック?な映像の垂れ流し… アピチャートポンの、何とかおじさんもそうだったけどアジアの森って欧米映画人、欧州映画祭でのウケが良いのは何故??? ロヒンギャが何だかんだと映画祭解説にありましたけど、本編ではほとんど触れられてません、というか不勉強な私には何処がロヒンギャよ状態。 妊婦や埋まってる胎児、LEDライトや電飾男、マンタレイ(巨大エイ!)などなど各シーンに色々暗喩や意味付けがあるんでしょうが唐突でテンポが悪く退屈にしか感じられず。 金髪男が瀕死男拾って手当してたら情が移り… ヤバイ仕事してた金髪が… 金髪不在時に金髪好きの元カノ登場! 拾われ男といい仲… ゲイカップルと元カノの三角関係?感情葛藤モノ? と、お馬鹿な私には全くわからん作品だったのですが、映像と音が妙に心地よく最後まで(面白くはなかったけど)意識途切れる事なく見てしまいました。 こんな変テコ作品に出会えるのも映画祭の楽しみ。
隠す
  
 
[290]幻土(げんど)
 19th FILMeX コンペ作品Longisland2018-11-24
 
閉塞的環境、色々事情がありそうな人物、回想に夜の雨等々 フィルムノワールの定義を守りつつ、現在のシンガポール社会をドキュメンタリー風にも描いてる秀作。 マジにいいん・・・
続きを読む
閉塞的環境、色々事情がありそうな人物、回想に夜の雨等々 フィルムノワールの定義を守りつつ、現在のシンガポール社会をドキュメンタリー風にも描いてる秀作。 マジにいいんだこの作品! なんて例えればいいんだろう、ウォン・カーウェイの「恋する惑星」初見時の衝撃に匹敵。スタイリッシュな映像と音楽なんだけど、亜細亜的土着感がいい感じでハズしてるズレがたまらんのよ(なんじゃこの表現 笑)。 ストーリーも音楽も映像もセリフもライティングも街並みもなにもかも良いのだが… 特に特に役者が良い。 くたびれたゲーリー・オールドマンみたいな刑事(ピーター・ユウ)、若い頃の緒方拳似?出稼ぎ中国人労働者(リュウ・シャオイー)、そんでもってフィルムノワールといえば、ファムファタールがどんだけ魅力的かカギ。若い頃のミッシェル・ヨーをとんがらせた感じのPC房女(ルナ・クォク)がもう最高にクール! 敢えて難を言えばストーリーの辻褄があちこちに破綻してる事ぐらい。まぁ、それもフィルムノワールらしいですけど(笑 先鋭的で個性重視のロカルノ映画祭で金豹賞(グランプリ)は納得。 映画祭上映後に登壇した監督があまにも若いんで驚愕! この監督は大化けしそうな予感。
隠す
  
 
[291]アイカ(原題)
 19th FILMeX コンペ作品Longisland2018-11-24
 
「トルパン」からもう10年も経ったんだねー、あの時はまだ渋谷でもTIFFやってたんだ。そんな事思い出すセルゲイ監督の久々の新作。今年のカンヌで女優賞サマール・イェスリャー・・・
続きを読む
「トルパン」からもう10年も経ったんだねー、あの時はまだ渋谷でもTIFFやってたんだ。そんな事思い出すセルゲイ監督の久々の新作。今年のカンヌで女優賞サマール・イェスリャーモワと気になってた作品。 トルパンとはうって変わり、都市モスクワが舞台。極端に少ないカット割り、音楽無し、手持ちの長回しにこれでもかってアップ多用、フィルム(スーパー16mm)とデジタル併用、かなり凝った作りなんだがそんな事忘れて作品にのめり込む。 一見無造作に撮影されてるように見えるが、隅々まで計算し尽くされた構図カメラの動きは見事。ポーランド女性キャメラマンのジョランタ・ダイルースカが凄いのかセルゲイ監督の演出が凄いのか?だが本当に見事見事見事! ここ数年(映画祭)出会うカザフスタン映画はどれも秀逸、もちろん本作もその例にもれず素晴らしい!キノフィルでの配給が決まってるんだとか。 追記 11/24 19th FILMeX 最優秀作品賞! 今年のコンペ(半分しか見てないが)では図抜けて素晴らしかった。 カザフスタン映画おそるべし!
隠す
  
 
[292]ジョン・ウィック:チャプター2
 北斗有情拳か..!!McQueeeeeN (Mail)2018-11-23
 
前作に比べると、ちょっとテイストが変わってしまったが、これはこれで良きかな。 殺し屋軍団のキャラが大渋滞。 中でも、手話で会話するアレス役のルビー・ローズは今後ちょっ・・・
続きを読む
前作に比べると、ちょっとテイストが変わってしまったが、これはこれで良きかな。 殺し屋軍団のキャラが大渋滞。 中でも、手話で会話するアレス役のルビー・ローズは今後ちょっと注目かも。 電車内での対決で、相手に痛みを感じさせず、安らかな死を与えるようにゆっくり動脈にナイフを差し込んでいくジョンが「北斗の拳」の奥義、北斗有情拳の使い手ようであった。
隠す
  
 
[293]セル
 赤いフード野郎リベルタド!!2018-11-23
 【ネタバレ注意】
キングの作品では、主人公が作家のパターンが多いのだけど、今回は作家は作家でも、グラフィックノベル作家っていうのが今っぽい! ざっくりジャンル分けすると、“ゾンビ系”に・・・
続きを読む
キングの作品では、主人公が作家のパターンが多いのだけど、今回は作家は作家でも、グラフィックノベル作家っていうのが今っぽい! ざっくりジャンル分けすると、“ゾンビ系”に分類されるかも知れないが、真意をとらえると“ボディスナッチャー系”かな。また「ウォーキングデッド」では、3、4シーズンまたいで描くようなストーリーを、100分に押し込んだ力業は評価する!それゆえに粗はあるが、やむなし!?
隠す
  
 
[294]目撃者 闇の中の瞳
 脛に傷ある者だらけbond2018-11-23
 
訳あり同士の事故。二転三転する展開で面白い。
  
 
[295]華氏451(2018)
 19th FILMeX アミール・ナデリ特集Longisland2018-11-23
 
まぁ、小難しい風だけどそこはペイTV用映画なんで雰囲気先行?というか雰囲気だけで内容は…。どうしてもトリュフォー作品と比較や関連が気になるも設定(原作)だけで旧作への想・・・
続きを読む
まぁ、小難しい風だけどそこはペイTV用映画なんで雰囲気先行?というか雰囲気だけで内容は…。どうしてもトリュフォー作品と比較や関連が気になるも設定(原作)だけで旧作への想いはあんま感じられず。 いつもの事だけど映画祭上映後Q&Aはナデリ氏(本作脚本)が喋り倒し。 先ずは当初企画段階、制作の米国TV(HBOフィルム)から全く信頼されなかった、本当に完成すんの?大丈夫あんた達?状態だったんだとか。 まぁ、いくらTVMとはいえそこは米国、バジェットは半端ないでしょうし、ご心配わかります。なんか米国のあんま触れて欲しくない題材を撮るバーラ二監督と作家性強いナデリが脚本、おまけに二人とも米国にとって鬼門?イラン人ってなればねー。 ちなみに、ナデリさんはこの作品の報酬で 「マジック・ランタン」 ←ジャクリーン・ビセットだよ‼‼ を撮ったんだって。 なんかこれからスターチャンネルで放送されるそうですが…… 劇場で観るような作品ではありません。
隠す
  
 
[296]妖刀物語 花の吉原百人斬り
 薹が立ってるけどちゃぷりん2018-11-23
 【ネタバレ注意】
大立ち回りをやるには、千恵蔵の貫録がまだ必要だったのかな。ラストの「出て来い!」は、手塚治虫の「シュマリ」に引用されてたな。水谷良重は微妙。
  
 
[297]15時17分、パリ行き
 監督元気やなディラン2018-11-23
 
実話を実際の当事者が本人役で演ずるという前代未聞の映画である 演技の安定さより、当事者に再現させた方がリアリティーが増すという判断もあっただろうが、 普通の人がいか・・・
続きを読む
実話を実際の当事者が本人役で演ずるという前代未聞の映画である 演技の安定さより、当事者に再現させた方がリアリティーが増すという判断もあっただろうが、 普通の人がいかにしてヒーローになったのか、また誰でもがなって欲しいとのイーストウッドの熱い思いが反映されたものだろう 事件そのものより、ヒーローの実像描写に重点をおいた脚本からもその事は伝わってくる 素人である主役3人の演技や存在感などに、違和感を覚えることは不思議と無い 素人の演出について、雰囲気造りに重点を置いたとのことであるが、これが巨匠の巨匠たるゆえんか あっさりめの尺も好感ポイント
隠す
  
 
[298]ザ・トライブ
 嗚呼、ウクライナディラン2018-11-23
 
ろうあ者をろうあ者が演ずるという実験的な映画 セリフ無しはもちろん、手話訳もなく、ストーリーは視聴者の勝手な解釈に委ねられる その突き放し方やR-18指定などから観る人・・・
続きを読む
ろうあ者をろうあ者が演ずるという実験的な映画 セリフ無しはもちろん、手話訳もなく、ストーリーは視聴者の勝手な解釈に委ねられる その突き放し方やR-18指定などから観る人を選ぶ映画といえる 時代背景がよく分からないが、ウクライナの決して豊かではなかろう情勢がスクリーンからうかがい知れ、登場者の荒んだキャラがやるせない ハリウッド発「爽快なリベンジ」とは言い難いラストの主人公のぶち切れ方が凄まじく、何とも知れない虚無感が後味として付き纏う
隠す
  
 
[299]レッド・スパロー
 超人ではないスパイディラン2018-11-23
 
ジャニファー・ローレンスの肢体鑑賞もしくは、ロシア=”悪”の啓蒙映画 ジェニファーの裸体が惜しげもなく披露されるが、艶やかなシーンでないのがなんとも勿体ない ジェニフ・・・
続きを読む
ジャニファー・ローレンスの肢体鑑賞もしくは、ロシア=”悪”の啓蒙映画 ジェニファーの裸体が惜しげもなく披露されるが、艶やかなシーンでないのがなんとも勿体ない ジェニファーの豊満なプリマドンナ役や、あまり能力の高くないと言えるスパイ達(かえってリアルともいえる)等突っ込みどころ満載だが、前述の通り観るべきところはそこではない 「美人局」虎の穴はロシアに実在するとの噂があり、あの通りであればおぞましいが、しかるに本作の一番の見どころである
隠す
  
 
[300]ボヘミアン・ラプソディ
 ボウイいた?ディラン2018-11-23
 
若干史実を離れご都合主義に陥るところもあるが、それを補っても余りある圧倒的な楽曲の凄さ コンプリートではないが、ほぼ完璧と言えるライブエイドの再現に驚嘆し、そして涙・・・
続きを読む
若干史実を離れご都合主義に陥るところもあるが、それを補っても余りある圧倒的な楽曲の凄さ コンプリートではないが、ほぼ完璧と言えるライブエイドの再現に驚嘆し、そして涙してしまう 大音響でロックしたい人は劇場参戦必至。映画館の音響+大画面でこそこの映画の真の価値を体験できる 言わずもがなだが、ロジャー・テイラー以外はかなり似ていると思う
隠す
  
 
前へ 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION