allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「ET」さんのコメント一覧 登録数(10件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]ターミネーター:新起動/ジェニシス
 無題ET2016-01-24
 
期待してはいなかったのだが、思いのほか良かった。 なるほど、こう作ってきたかと、納得の出来だった。 映画もドラマも、現実ではないのだが、そこにほんのわずかでもリアリテ・・・
続きを読む
期待してはいなかったのだが、思いのほか良かった。 なるほど、こう作ってきたかと、納得の出来だった。 映画もドラマも、現実ではないのだが、そこにほんのわずかでもリアリティな要素を入れてやるだけで、その世界に入り込み楽しむことが出来る。 逆に、そうした要素がまるでないと、どう作られようとも、全く面白くはなくなる。 さて、この作品の重要な点は、老けたT−800をどう説明するか、また、過去の出来事を変えることで、そこから先の未来は多様になるという点。 この二点について、ほんのわずかでも、わかりにくくとも、何らかの説明、解説をつけながら物語を進めることが肝要であり、そうしたツボは抑えてきたと思う。 タイムパラドックス、SFファンならではのテーマに関わりながら作り上げるあたり、これまでのシリーズをないがしろにせず、そしてまた、未来は決まっていないという言葉で締めくくるあたり、SFの世界を心得ている作品づくりと言えよう。 及第点以上のエンターテインメント性に長けた良い出来だったと思う。
隠す
  
 
[002]日本のいちばん長い日
 んーET2016-01-23
 
やはり、まずは約50年前のオリジナルと比較するのだが、リメイクでもあり、別物とも言える。 オリジナルは、モノクロで骨太、大変に見応えがあり、ピリピリとした緊張感が尋・・・
続きを読む
やはり、まずは約50年前のオリジナルと比較するのだが、リメイクでもあり、別物とも言える。 オリジナルは、モノクロで骨太、大変に見応えがあり、ピリピリとした緊張感が尋常ではない。 その大作のリメイクということで、本作の制作に当たっては、プレッシャーもあったろう。 そうした中、よく出来ているほうだと思う。 史実、事実に基づいた、迫力ある作品、一定の評価はしたい。 しかしながら、やはり、役者に頼りすぎている嫌いがある。 役所、本木、山崎、松坂、この当たりのネームバリューと演技力に頼っているわけだが、押し出しが強すぎて、全体像としての迫力というより、オリジナル以上に役柄にフォーカスさせて迫力を出している。 阿南の私生活や、最期の長々しい場面など、狙いは分かるが、そこまでいるのかとも思う 近年、現代の邦画でも、大河ドラマにみるように、昔ほどではなくとも骨のある役者がある程度は揃っているはずなのだが、特定の役者に頼りすぎる、あるいは、特定の役者による役柄にフォーカスしすぎる嫌いがある。 作る側としては、そのほうが観客に伝わりやすく、興業的にもよく、作る際の悩ましさ困難さを緩和させているのだろうが、簡単に考えすぎている、労を惜しんでいる、安易に思える。 そういう意味でも、同じものを描きながらも、作品としては別物という感はする。 このあたり、賛否両論はあるだろうが、50年前のオリジナルに及ばないという点でもあろう。
隠す
  
 
[003]マッドマックス 怒りのデス・ロード
 無題ET2016-01-23
 
初期のマッドマックスをリアルに鑑賞した世代の方々の目に、この作品はどのように映っただろうか。 まず、最も残念なのは、インターセプターがまるで主役ではないこと。 本来、・・・
続きを読む
初期のマッドマックスをリアルに鑑賞した世代の方々の目に、この作品はどのように映っただろうか。 まず、最も残念なのは、インターセプターがまるで主役ではないこと。 本来、主人公の片腕的な愛車、インターセプターの格好よさも魅力であるはずなのだが、この作品では、冒頭のシーン以外では主人公が全く乗れておらず、出番らしい出番がない。 こういうところは、もう、初期の作品の心が完全に無くなってしまっているように感じる。 そして、主役のトム・ハーディ。 その風貌、メル・ギブソンに似ている、似させようとしている点に、あさましさを感じる。 当然ながら、このシリーズは、メル・ギブソンの圧倒的な魅力なくして語れないわけで、本人が演じられるわけがない以上、こういう配役、見せ方になってしまうわけだが、そうしたところが、そういう見せ方が物悲しい。 展開、演出など、ド迫力でジェットコースターなのだが、逆に言えば、ただそれだけの作品である。 娯楽、ただただ娯楽、感傷的なシーンなのに、全く感情移入することなく感動が湧かないというのも、そういう作品だから。 たくさんお金をかけて、てんこ盛りにして、そのくせ、アイデアは稚拙の域を出ず、さぞ、若い世代には受けただろうが、マッドマックスの初期を知る世代からすれば、まるでシラケる、冷める作品である。 第1作目は、本当に残酷で悲しい物語なのだ。 その、1作目での出来事を契機にマックスの人間性は変わるわけだが、そうしたところが脈々と受け継がれるところは微塵もなく、売れた作品のタイトルと派手派手のアクションで興行的に作られていくのは、ただただ残念、悲しい限りである。 唯一、観られて良かったと思うのは、シャーリーズ・セロン。 女優魂の塊のような彼女が、この作品でも体を張った熱い演技をしている、それだけは素晴らしく思われた。
隠す
  
 
[004]エリジウム
 うーんET2014-02-15
 
観せ方としては及第点。 展開は稚拙。 総じて、楽しめるレベル。 このところ、大作級のSF映画が華盛りだが、観ている範囲では、どれもこれも悪くはないものの、しかしなが・・・
続きを読む
観せ方としては及第点。 展開は稚拙。 総じて、楽しめるレベル。 このところ、大作級のSF映画が華盛りだが、観ている範囲では、どれもこれも悪くはないものの、しかしながら及第点レベル。 もう、昔のように観客を驚かすようなもの、例えばエイリアンやブレードランナーのような金字塔的なSF映画は作れないのだろう。 全て出し尽くしてきたというか、アイデアの枯渇か、どこか二番煎じ的な観せ方だが、そこに不満は敢えて言いません。 そう言いながらも、目が肥えている往年のSFファンとしては、贅沢にも少なからず、観れば観るほどに欲求不満も感じています。
隠す
  
 
[005]ザ・エンド
 置き去りET2014-01-28
 【ネタバレ注意】
自分の周りの人間がいなくなったら、自分が誰なのか分からなくなる。 この一言を言うがために、随分と時間をかけたものだ。 結局、謎は謎のまま。 重みも無ければ、盛り上がり・・・
続きを読む
自分の周りの人間がいなくなったら、自分が誰なのか分からなくなる。 この一言を言うがために、随分と時間をかけたものだ。 結局、謎は謎のまま。 重みも無ければ、盛り上がりもなく、まるでサビのない短編小説。 せめて、ちゃんとオチをつけてほしいところ。 観客置き去り、何ともまあ、ひどく消化不良です。
隠す
  
 
[006]ミヒャエル
 上手いET (Mail)2014-01-25
 
よくできた作品。 実にクール&ドライな演出で、題材に沿った描き方をしている。 セリフを通しての説明ぶりを極力抑えることで、展開への想像を掻き立たせる。 全体を通して・・・
続きを読む
よくできた作品。 実にクール&ドライな演出で、題材に沿った描き方をしている。 セリフを通しての説明ぶりを極力抑えることで、展開への想像を掻き立たせる。 全体を通して、センスが滲み出ている。 題材そのものには嫌悪感を覚えるもので敬遠したくもなるが、うーん、サニーが効いている。 そして、エンドクレジットにもサニーを持ってくるあたり、小気味良い、上手い。
隠す
  
 
[007]マン・オブ・スティール
 うーんET2014-01-18
 
出だしからのシリアス路線、創造性豊かで、ダイナミックで、これまでのシリーズでは最も充実。 そして、繰り返される迫力満点の破壊シーン、あまりの繰り返しに食傷、ところど・・・
続きを読む
出だしからのシリアス路線、創造性豊かで、ダイナミックで、これまでのシリーズでは最も充実。 そして、繰り返される迫力満点の破壊シーン、あまりの繰り返しに食傷、ところどころのご都合主義。 出だしのシリアス感、重厚感が、どんどんと迷走していくようなストーリー展開。 もっとよく考えて作りなさいよ。 見応えばかりの商業路線映画、出だしの期待感から中身が薄まるばかりの、終わってみればB級作品。 残念ですね。
隠す
  
 
[008]愛、アムール
 日常の現実ET (Mail)2014-01-11
 
映画を超えた映画、ノンフィクションを超えるフィクション 物語を描く映画は、総じて非日常を描くもの しかしながら、この映画は日常を、現実を描いている 日常を描いては物足・・・
続きを読む
映画を超えた映画、ノンフィクションを超えるフィクション 物語を描く映画は、総じて非日常を描くもの しかしながら、この映画は日常を、現実を描いている 日常を描いては物足りないはずが、誰もが抱える日常にこそ、日々の現実にこそ、辛く、悲しく、愛に溢れた物語がある 観ながら時折、一昨年に亡くなった母を思い出した
隠す
  
 
[009]おくりびと
 一個人としてET (Mail)2009-07-05
 
一映画ファンとして、というよりは、 一個人として、満点の評価をあげたいと思います。
  
 
[010]トランスフォーマー
 漫画ET (Mail)2007-12-28
 
私にはマンガでした。
  
 
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION