allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「いっちーこ」さんのコメント一覧 登録数(87件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]リップヴァンウィンクルの花嫁
 信じるものが真実いっちーこ2017-10-15
 
純粋なものを作り続けるには根源的なパワーがいる。 なにかを信じ貫くには体力がいる。 岩井俊二監督の最新作は監督が心を歪めてしまった過程が見て取れる。 生きていくことは・・・
続きを読む
純粋なものを作り続けるには根源的なパワーがいる。 なにかを信じ貫くには体力がいる。 岩井俊二監督の最新作は監督が心を歪めてしまった過程が見て取れる。 生きていくことは大変だ。 それでも純粋な思いをかたちにしていかなければならない芸術家は大変だと思う。 この映画は監督の歪んだ心とそれでも純粋であり続けたいという心と 性欲と幻想とを詰め込んでいる。 混沌とした日常に潜む現実の中で、案外真実に見えるものが虚構であったり 虚構に見えるものが本人にとって真実であったり。 信じられないものが溢れかえる中で、それでも何かを信じたい、そんな映画。 SNSやネットで人が人とつながる中、 バーチャル、リアルを問わず、だれもが誰かにとって誰でもない時代なのかもしれない。 皆と繋がっていながら誰とも繋がっていない関係に何を見るか。 自分が見るものこそが真実なんだろうな。 刹那的だけど、その刹那を積み重ねて真実を自分で作るしかないんだ。
隠す
  
 
[002]桐島、部活やめるってよ
 現状確認のみいっちーこ2013-03-17
 
高校生活をリアルに描いた。 聴こえはいいが、ただそれだけの映画。 そんなこと知ってるよ!と見終わったあと言ってしまいそうになる。 高校生に限らず、みんな閉鎖された社会・・・
続きを読む
高校生活をリアルに描いた。 聴こえはいいが、ただそれだけの映画。 そんなこと知ってるよ!と見終わったあと言ってしまいそうになる。 高校生に限らず、みんな閉鎖された社会でバランスと居場所を考えて生きてる。 それをただダラダラと提示されてもね。 びっくりするほどつまらなかった。 みんなが知ってる当たり前のことを、まるで独自の切り口のように語るこの映画の浅はかさにバカバカしくなることしきり。
隠す
  
 
[003]ウルフマン
 父親はいらなかったいっちーこ2010-04-29
 【ネタバレ注意】
他に見るものがなくてとりあえず見てみたんだけれど デルトロはなかなか良かったわ。 あの顔でセクシーという、なんというか両立しなそうなイメージを 見事に体現しているのは・・・
続きを読む
他に見るものがなくてとりあえず見てみたんだけれど デルトロはなかなか良かったわ。 あの顔でセクシーという、なんというか両立しなそうなイメージを 見事に体現しているのは彼ならでは、なんでしょうね。 相手役のエミリーブラントはなかなかの芸達者。 こんなぶっ飛んだ映画でもしっかり演技するわね。 でもね、父親役まで狼男にする必要あったかしら・・・。 いや狼男といえばこういうものだと言われればそうなんだけれど イマイチ「ヤッツケ感」があるのよね。 必然性もないし・・・。 デルトロの苦悩をもっと見たかったけれど 最終的には父親との肉弾戦。 まぁ笑うところだろうけれど・・・。 ハリウッドで良くある「結局身内のケンカだった」パターンね。 デルトロがよかっただけに、もっとセクスィーな映画に仕上げられた感じもするのがもったいないわ。
隠す
  
 
[004]ノウイング
 ハリウッドパワーの力技いっちーこ2009-07-18
 
さすがハリウッドね! この脚本にOKだして、大金までつぎ込んじゃうなんて・・・。 見ていて笑えるシーンばかりで、B級の面白さはあったわね。 また、災害シーンの悪趣味な・・・
続きを読む
さすがハリウッドね! この脚本にOKだして、大金までつぎ込んじゃうなんて・・・。 見ていて笑えるシーンばかりで、B級の面白さはあったわね。 また、災害シーンの悪趣味なことと言ったら!! 丁寧に人を殺してきっちり描写していく(笑)ところが、悪趣味の極みといった感じね。 荒唐無稽なサスペンス要素と悪趣味感、よくよく考えると意味不明な展開とトンデモエンディング。 それを観客に感じさせないマネーパワー。 見ていてツッコミいれながら、それなりに楽しませてもらったわ。 すべての偶然には意味がある・・・という展開ながら 良く考えると主人公の行動になんの役目もないどころか 逆に目的を邪魔していたりするんだけれど そういうもはどうでもいいのね、きっと。 ニコラスケイジがまぶしさに目を細めるところが おじいちゃんみたいで、笑ったわ。 笑えるツッコミ映画として見れば、まぁ深夜のテレビ放送で友達とワイワイ楽むにはいいんじゃないかしら。
隠す
  
 
[005]サンシャイン・クリーニング
 何もない映画いっちーこ2009-07-12
 
リトルミスサンシャインが好きだったから見に行ってみたんだけれど これはダメね。 「なんでもないことを映画にすること」 これにはとてつもないセンスが必要なのよ。 この映・・・
続きを読む
リトルミスサンシャインが好きだったから見に行ってみたんだけれど これはダメね。 「なんでもないことを映画にすること」 これにはとてつもないセンスが必要なのよ。 この映画は、なんでもないような心の機微を描こうとして 結局なんにもない映画になってしまったわ。 家族の絆を描くにしては、最初から最後までその絆は揺らいでいないし、ドラマがないのよね。 かといって心理描写がほかの映画より優れているわけでもなく。 結局物語の最初と最後で登場人物の何かが変わったかしら? そこにドラマがあったかしら? 彼らの心境になにか変化があった? 何を描きたかったのかしら。 それをどう見せたかったのかしら。 リトルミスサンシャインと同じプロデューサーということをウリにしているんだから比べられることは仕方ないとして その出来にはあまりに雲泥の差がありすぎて、観て損したわ。
隠す
  
 
[006]それでも恋するバルセロナ
 滑稽なほどの弱さと愚かさいっちーこ2009-07-08
 
 ウッディアレンの映画は、学生時代にいくつか見たが結局相性が合わなかった。 その理由はやはり役者としてのウッディアレン。 ウジウジしたパッとしないおじいちゃんが、なぜ・・・
続きを読む
 ウッディアレンの映画は、学生時代にいくつか見たが結局相性が合わなかった。 その理由はやはり役者としてのウッディアレン。 ウジウジしたパッとしないおじいちゃんが、なぜだか美女に言い寄られる展開。 ここにどうしてもリアリティは感じない上に、ウジウジ感が見ていてイライラしてしまう。 相手役の美女はその時その時の時代を代表する美女なのだから、 もうなんだかエロ監督が自分の好きな女優を相手役に好き放題撮ってる、 ということが作品を見ていてヒシヒシ感じられてしまい、 それ以来すっかりウッディアレンの映画はスルーしてきた。  しかし、今回は他に見る映画がなかったのでとりあえず見てみた。 しかし!おもしろいではないですか。 ウッディが役者として参加してないことが、こんなにも作品の評価を高めてしまうとは(笑)  スペインのバルセロナを舞台に、男1人と女3人の色恋沙汰。 こんな書き方をするとちっとも面白くなさそうなのに、こんなにも生き生きとした映画にしてしまうウッディアレンの監督としての手腕は確かに素晴らしいものだった。 最近ではあまり見られないが、ナレーションをサクサク入れて、物語の進行に加えてなんと登場人物の感情までもサクサク説明していく手法は新鮮。 このお陰でドロドロした物語が小気味良くオシャレに展開していき、ヘビーな話も簡単に笑い飛ばしてくれる。  そしてなによりペネロペクルスの演技が素晴らしいこと。見る前は「この映画でアカデミー賞?」と思っていたけど、映画を見て納得。 情熱的で、アブノーマルで、激情型で、不安定で。 それでも優しいオーラと美しさをもったキャラクターを見事に体現していて、もう完全にノックアウト。 近年、ウッディアレンのミューズとして活躍してきたスカーレットヨハンソンなどは、完全に彼女の影に隠れて霞んでしまった。  物語も、人間の愚かさと弱さをこんなにも軽快に、シャレっけたっぷりに描き出し、まさに熟練の技が光る。    スカーレットヨハンソン演じる女性の「普通と違う人と言われたいけれど、本当は全くもって普通の人。アーティストと付き合うことでその欲求は満たされるけれど、本当に”普通じゃない世界”の人になりそうになると、やっぱりそれを求めていないことを知る」なんて良くいるタイプですよね。 こんなキャクターをあっさりとリアルに描けてしまう脚本も脱帽です。  軽いコメディに見えて、その奥に人間の滑稽なほどの情けなさを軽やかに描き出したこの作品。ブルーレイで出たら購入決定です。
隠す
  
 
[007]市民ケーン
 アメリカ人にとっての名作?いっちーこ2009-05-09
 
私、この映画を今更ながら見たんだけれど 映画史に燦然と輝き続ける誉れ高き名作、という感じは ちょっとなかったわね。 たぶん私が日本人だから、かしら。 この映画は、アメ・・・
続きを読む
私、この映画を今更ながら見たんだけれど 映画史に燦然と輝き続ける誉れ高き名作、という感じは ちょっとなかったわね。 たぶん私が日本人だから、かしら。 この映画は、アメリカで美徳とされた No1になること、権力者になること、成功を収めることを 真っ向から否定し、男の悲哀を描いたことが アメリカ人の心に新鮮であり続けるということなのではないのかしら? もちろん水準以上の作品であることは間違いないと思うけれど 私の胸の中に何かを刻みつけるような感じはなかったわ。 さまざまな映画の基礎となった、といわれればそうなのね、と思うけれど はたして人物描写にしても一人の人生に2時間かけた割には 観客が感情移入できることろまで持って行けてない感じがするのよね。 逆にこの映画の良さを理解されている方に是非教えてほしいわ。 この映画のどこに、今の時代でも尚、永遠に輝き続ける魅力があるのかしら? 素直に読んであらためて見させていただきたいわ。
隠す
  
 
[008]ベンジャミン・バトン 数奇な人生
 生き生きとしたヒロインを描けない脚本家いっちーこ2009-02-25
 
久しぶりに冒頭から引き込まれて観させていただいたわ。 最初の1時間半ぐらいは、いろいろな世界、珍しい人生、 様々な人々、素晴らしい景色を、たっぷりと堪能させてくれる ・・・
続きを読む
久しぶりに冒頭から引き込まれて観させていただいたわ。 最初の1時間半ぐらいは、いろいろな世界、珍しい人生、 様々な人々、素晴らしい景色を、たっぷりと堪能させてくれる まさに”これぞ映画!”と興奮するファンタスティックな時間だったわ! でもね、後半なんとなくその興奮が失われていくの。 それはきっと、ケイトブランジェット演じる女性。 彼女の一体なにが人々の興味をひきつけるの? ケイトブランジェットは素晴らしいのよ。 でもなにか、女性が生き生きしてないの。 多感で奔放なキャラクター。でもそれがどうにもリアルじゃないのよ。 そうなるとなぜ、ブラピとケイトが惹かれあうのか分からないのよ。 もちろん小さい時に、自分の正体を一目で見抜いた女性に心うばわれた、 そのきっかけはいいとして、その力を継続させるほど 女性が魅力的に思えなかったわ。 これって脚本がフォレストガンプと一緒の人、と聞いて少し納得よ。 あの映画とヒロインの描き方がだいたい一緒なんですもの。 生き生きしてなくて、ぐずぐずで、魅力的じゃなかったわ。 この映画だったら、ホテルのロビーで逢瀬を重ねた女性のほうが ずっとずっと魅力的でミステリアス。そして人間的に魅力的に思えたの。 だから、後半ブラピとケイトの絡みばかりが話の中心となってくると 面白さが半減しちゃったと思うのよね。 だから、時間順な女、時間逆転な男の人生の交差、なんていう 文学的なプロット作りにこだわらずに、 ブラピが歩む人生の多彩な彩りを、もっと鮮やかに表現してくれていたら、 私、きっと大好きな映画になったと思うわ!
隠す
  
 
[009]チェ 28歳の革命
 うーんいっちーこ2009-01-12
 
ソダーバーグ監督、私は前からどうにも肌に合わないのよね。 そもそも、いくら有名な人物だからと言って 最初から全くの説明放棄っぷりは何とかしてほしいところだわ。 映画が・・・
続きを読む
ソダーバーグ監督、私は前からどうにも肌に合わないのよね。 そもそも、いくら有名な人物だからと言って 最初から全くの説明放棄っぷりは何とかしてほしいところだわ。 映画が開始してから1時間ぐらいして、やっと物語らしくなるけれど 完全にドキュメンタリー映像(解説なし)を積み重ねたような映画で それが好きか嫌いかは分かれるところだと思うんだけれど そもそもドキュメンタリーでない限り、その映像は現実ではないわけよ。 だったら映画としてきちんと描かないといけないと思うのよね。 いくら本物らしくしたところで、所詮作り物は作り物。 本物の映像の積み重ねなら、まだ説明がなくても意味がある映像だと思うけれど 作り物の映像を積み重ねて、その上説明なしって何の意味があるのかしら。 そこの割り切りが足らないと思うのよね、この監督。 映像の色で時間の前後を区別する手法も相変わらず好きみたいだけれど それが効果的かどうかは別問題ね。 前半1時間を我慢すれば、それなりに物語が動き出すから そこまでぐっと我慢してみれるかどうか、かしら。 一応続編をみて判断するつもりだけれど、 ドキュメンタリーっぽく作った偽物映像の羅列映画、という位置づけから 抜け出せつのかどうか、怪しいところだわ。
隠す
  
 
[010]40歳の童貞男
 テキトー過ぎでは・・いっちーこ2008-04-10
 
アメリカの「予想外のスマッシュヒット」というのは 大体はずれが多いというのは、身を持って体感しているところに、 またしてもつまらない映画につかまってしまったわ。 だっ・・・
続きを読む
アメリカの「予想外のスマッシュヒット」というのは 大体はずれが多いというのは、身を持って体感しているところに、 またしてもつまらない映画につかまってしまったわ。 だってこの映画、あまりにテキトーに脚本作りすぎよ! 主人公が、あんな簡単に彼女ができるなら、 40歳まで童貞だったっていう理由が全くわからないわ。 そのうえ、あんなにオタクなのに、身体を毎日鍛えていて? なんなのかしら、スティーブカレルの高感度UPを狙ったのか、 スティーブカレルがリアルオタクを嫌がったのかしら。 周りの友達も中途半端で、あんなにすぐに仲良くなっちゃうなら 今まで仕事していた長い年月でいくらでも仲良くなれたはずだし、 リアルさを全く感じないのよね。テキトーなのよ。 だからその反動となるはずの、喜びも全く感じられないのよ。 その上ギャグも面白くないし、40歳まで童貞だった悩みなんて 全く感じられないわ。 アメリカンパイで感じた10代の童貞のほうがよっぽど切実だったわよ。 オヤジの青春ムービーの「オヤジ」の部分が全然活かし切れておらず、 もちろん青春ムービー独特の若々しさや初々しさもなく、 「40歳」っていうキーワードが、まるで脚本に絡んでこないのが もうあまりにテキトーすぎよ!
隠す
  
 
[011]メゾン・ド・ヒミコ
 エゴイスティックな生命力いっちーこ2007-06-06
 
『欲望が欲しい、愛なんて意味ないじゃん』というオダギリジョー。 でも愛こそが何よりも強い欲望だから、その渇望感は他のなにをもってしても癒されないのかもしれないわね。 ・・・
続きを読む
『欲望が欲しい、愛なんて意味ないじゃん』というオダギリジョー。 でも愛こそが何よりも強い欲望だから、その渇望感は他のなにをもってしても癒されないのかもしれないわね。 だから自分の周りに少しずつなんとか愛を見つけて生きていく。 そのエゴイスティックな生命力が人間が生きていく強さなのかしら。
隠す
  
 
[012]スカイ・ハイ
 定番でも好き!いっちーこ2007-05-03
 
青春モノが好きな私としては、ものすごい楽しみにしていた本作。 期待通り楽しめたわ。 展開は全て定番なんだけれど、その定番に敬意を表した丁寧な作品の作り方は 青春モノ好・・・
続きを読む
青春モノが好きな私としては、ものすごい楽しみにしていた本作。 期待通り楽しめたわ。 展開は全て定番なんだけれど、その定番に敬意を表した丁寧な作品の作り方は 青春モノ好きにはたまらない展開じゃないかしら。 アクションも思ったより派手で、爽快感も合格点! 同じく子供向けながら楽しませてくれる「エージェントコーディ(ただし1作目のみ)」と同様に 大人が真剣に取り組んだ良質な作品で、密かなFANも多いと思うわ。 ただし人には勧めないわw 分かる人だけが分かる作品。 この「自分だけのお気に入り」感覚を満たしてくれるなかなかの佳作ね。
隠す
  
 
[013]かもめ食堂
 ファンタジーいっちーこ2007-04-15
 
そうね、いいわね、こういう生活、と あくまで観客を物語の中には入り込ませず、 観客席から眺める映画ね。 キャスティングに観客との開きがない3名、 会社に使われず自分の・・・
続きを読む
そうね、いいわね、こういう生活、と あくまで観客を物語の中には入り込ませず、 観客席から眺める映画ね。 キャスティングに観客との開きがない3名、 会社に使われず自分の店を持ち、 ちょっとあこがれるものの漠然としたイメージでしか語れない海外フィンランドに住み、 若いイケメンが慕ってきて、しかも彼には友達がいず店に入り浸り 自分のスタイルは変えず、努力もしないけど周りが自分をどんどん受け入れてくれ 部屋はお洒落でそこそこ広く 自分を褒めてくれて、自分を手伝ってくれて、自分より美人じゃない女友達ができ、 男に悩まされることもなく、お金の心配もなく、なんの悩みもなく毎日を過ごす。 まさにファンタジーね。 でもこの世界にどっぷりつかる女性は多いんじゃないかしら。 まさに夢の世界。 さらりとした空気感も楽しめたしそれなりに良かったわ。 ”この映画を好きって言ってる私ってちょっとおしゃれ” なーんて思っちゃう女性が多そうね。
隠す
  
 
[014]タクシードライバー
 少しのズレが・・・・いっちーこ2007-04-15
 
トラビスが抱える社会とのずれが徐々に広がって行き それを観客が感じ始めて 最終的には彼と観客の間に大きな溝ができる構図ね。 でも、実は彼には観客と共感できる感情があっ・・・
続きを読む
トラビスが抱える社会とのずれが徐々に広がって行き それを観客が感じ始めて 最終的には彼と観客の間に大きな溝ができる構図ね。 でも、実は彼には観客と共感できる感情があって ふと「私もこうなっちゃう可能性がるのかも・・・」と気付いちゃう ある意味ホラーやサスペンス映画な訳だけど。 まあ一番怖い点は、そんな彼の狂気が暴走して初めて 社会との接点が生まれる、という、まさに「矛盾」かしら。 そんな社会が一番怖いわね。 最初から最後まで自己満足のデニーロ。 自分の価値観を他の人々が共有しないことが許せない。 人との繋がりを求めているのに、コミュニケーションが取れない。 理解されないことが怒りに変わる。 自分は強いと思い込む。 そして無駄に体を鍛える。 まさに引きこもりの典型ねw 面白かった?よかった?と聞かれるとうーん。・・・・・。 一番印象に残ったのは実は シビルシャパードってこんなに綺麗だったかしら・・ってことだったりして。
隠す
  
 
[015]誓い
 さすがね!いっちーこ2007-04-08
 
さすがピーターウィーアー監督は地力があるわね! この映画が持つ力強さは、見る人の心をぐいぐいひきつけるわ。 丁寧でオーソドックスな撮り方ながら、それでも他の監督とは ・・・
続きを読む
さすがピーターウィーアー監督は地力があるわね! この映画が持つ力強さは、見る人の心をぐいぐいひきつけるわ。 丁寧でオーソドックスな撮り方ながら、それでも他の監督とは 全く違うこのパワー。 音楽に初期のシンセサイザーを多用していてこれが今聞くと 悲しいことにものすごいちゃちぃんだけれど それさえも乗り越えて普遍的な魅力をもつこの作品。 主役の2人の演技も堂々としつつ、若さに溢れていて、とてもよかったわ。 この監督が作る作品ってどれも名作、というより秀作。 天才というより秀才。 映画を多く見ているひとほど、彼の作品の素晴らしさが よりわかるとおもうわ。
隠す
  
 
[016]リトル・ミス・サンシャイン
 バスのアイディアが秀逸いっちーこ2007-02-09
 【ネタバレ注意】
壊れたバスのアイディアが秀逸だったわ。 それまではどんどん煮詰まっていく空気が観客さえも息苦しさを感じるほどなのに 壊れたバスを押していくシーンから 急に物語が動き始・・・
続きを読む
壊れたバスのアイディアが秀逸だったわ。 それまではどんどん煮詰まっていく空気が観客さえも息苦しさを感じるほどなのに 壊れたバスを押していくシーンから 急に物語が動き始め、突然心が開放されていく感覚。 もちろん俳優陣もよかったんだけれど (特に父親のギリギリ感がたまらないわ。 おじいちゃんが父親の肩を叩いた時泣いてしまったわ。) それ以上に、もう最後のほうになると 壊れたバスを押すシーンだけで気持ちよく泣けてくるのよね。 ストーリーにはいろいろ詰め込みすぎて、そんなに色々ないだろう!? とか思ったりもするけれど 度々訪れるバス押しシーンですべて不満は帳消し。 もう一度見たい映画だわ。
隠す
  
 
[017]エイリアン3
 シリーズで一番好きいっちーこ2007-01-13
 
きゃーやられたわ。 完全版しかみてないけれどシリーズで一番好きだわ! この映像!もうこれだけで見ていてしびれるわ。 2がただのハリウッドのポップコーンムービーだったこ・・・
続きを読む
きゃーやられたわ。 完全版しかみてないけれどシリーズで一番好きだわ! この映像!もうこれだけで見ていてしびれるわ。 2がただのハリウッドのポップコーンムービーだったことを考えると もう映画的には3が一番ね! 登場人物がどうこうとかじゃないのよ。 緻密に作られた世界感と圧倒的なビジュアルだけで もう最初から最後までやられっぱなしだったわ。 はっきり言えばこの映画、ストーリーなんてどうでもいいのよ。 映画って映像作品でしょ? その点でいえば、私の中でこれを超えるエイリアンはないわね。
隠す
  
 
[018]エージェント・コーディ ミッション in LONDON
 夢が見れない大嘘いっちーこ2007-01-09
 
一作目が思いのほか面白くてこれは是非2作目も! と思ったら、もんのすごい駄作になっていたわ。 1作目はまだ夢が見れたのよ。 もしかしたらこんなことが有り得るかも!(い・・・
続きを読む
一作目が思いのほか面白くてこれは是非2作目も! と思ったら、もんのすごい駄作になっていたわ。 1作目はまだ夢が見れたのよ。 もしかしたらこんなことが有り得るかも!(いやないけど) あって欲しいかも!みたいなワクワク感があったのよね。 ミッションも確かに子供にやらせたほうが得だし、 監督役のお姉様もプロだし。 セットやグッズのデザインにもこだわりを感じだわ。 でも今回はもう全部ウソ。大嘘。 冒頭から無数の子供CIA工作員。 ミッションも子供がこなす必要ある? 相棒が全然スパイっぽくないし、とにかく全部大嘘。 これでどう夢見ろっていうのよ。 もしかしたら・・・も打ち砕く適当なウソの数々。 いくら子供でもこんなウソに付き合ってくれる子はいないんじゃないかしら。 まして大人なら。見るだけ時間の無駄だわ。 一作目と監督もちがうのよね。 一作目が面白かっただけに悔やまれるわね。
隠す
  
 
[019]マジェスティック
 悪ってなに?いっちーこ2007-01-03
 【ネタバレ注意】
ラスト間際で、「悪とは信念を持って闘うこと」を主張してるけど その「悪」の定義付けが今のアメリカの問題であるってことに 気付かせないままラストを迎えてしまうのが引っか・・・
続きを読む
ラスト間際で、「悪とは信念を持って闘うこと」を主張してるけど その「悪」の定義付けが今のアメリカの問題であるってことに 気付かせないままラストを迎えてしまうのが引っかかったわ。 映画としてはまぁまぁよかったけど何かあと一歩深みが足らないわね。 どうも全体的に上辺だけ・・って気もしちゃうところが 上映時間中は退屈しなかったことを考慮しても、 最終的な評価はちょっといい凡作程度に落ち着いちゃう所以かしら。
隠す
  
 
[020]ライフ・イズ・ビューティフル
 前半のオヤジがキモイいっちーこ2006-12-09
 
良く出来た脚本と、アイディアだと思うわ。 完全なるファンタジーだけど、見ている人たちを引き込む力があるわ。 監督のメッセージが先行して、それを基に物語を当て込んだ感・・・
続きを読む
良く出来た脚本と、アイディアだと思うわ。 完全なるファンタジーだけど、見ている人たちを引き込む力があるわ。 監督のメッセージが先行して、それを基に物語を当て込んだ感があるわね。 そのため全てのディーディールや登場人物が記号化されている感じもあって 人物描写が若干薄い(ペラい)気もするけれど。 ただね、前半の主人公がキモいのよ!! 顔も言動もキモくて、そんなキモ男の恋愛話は見ていてどんびきだったわ。 もちろん物語が一変してからそんなに気にならなくなるんだけれど、 映画として思い返してみたときに、「主人公がキモい」という大前提があっての感想になっちゃうのが、足を引っ張るわね(汗) それでも良く出来た映画だったわ。 大絶賛はしないけどなかなかの良作じゃないかしら。
隠す
  
 
[021]白い嵐
 そこが浅いいっちーこ2006-11-12
 
リドリースコット監督の映画って どうにも底が浅いのよね。 でも彼はどうしても重厚なドラマを撮りたいらしく そういう風な作品にしよう、しようという意気込みだけは ビシバシ・・・
続きを読む
リドリースコット監督の映画って どうにも底が浅いのよね。 でも彼はどうしても重厚なドラマを撮りたいらしく そういう風な作品にしよう、しようという意気込みだけは ビシバシ伝わってくるんだけど、もうセリフも話も上辺だけ。 頭があんまりよくないんだけど知的な映画が撮りたいってのが良くわかるわ。 だからどうしても中途半端なのよね。 映像で言えばとても良くて見ているこっちが船酔いしそうなリアルさ。 昨今のCG映画には出せない真に迫る迫力が心地いいんだけど 少年たちの結束もシーンシーンで突然出没するし、 素人が考えたみたいなセリフだし、 とりあえずシェイクスピアの詩を入れておけば知的になるみたいなシーンも寒いし、 人物描写がどうにもペラペラで、リアルさをまるで感じないわ。 物語の上辺だけをなぞった映画ね。 リドリースコットはもっと映像をメインにした映画を撮るべきだと思うわ。
隠す
  
 
[022]アバウト・シュミット
 良くも悪くもいっちーこ2006-11-06
 【ネタバレ注意】
良くも悪くも観客の感情を盛り上げすぎず、シリアスにさせすぎず 笑わせすぎず、泣かせすぎず、に徹しているわね。 それを「大人な映画」と製作陣が捕らえていることが良くわ・・・
続きを読む
良くも悪くも観客の感情を盛り上げすぎず、シリアスにさせすぎず 笑わせすぎず、泣かせすぎず、に徹しているわね。 それを「大人な映画」と製作陣が捕らえていることが良くわかる映画だわ。 正解かどうかは別にして。 でも核となる展開は実に単純。 最後の絵も、彼とアフリカの子供が 心も体も遠い距離にあるからこそ成り立つものであって 実際に近くにいる人間と関わっていくには衝突も避けられないはず。 だからあの絵をもって繋がりとするならそれは幻想に過ぎないと思うわ。 確かに彼にとってひと時の、もしくは一生の生きがいになるのはわかるけど。 彼は本当は身近な人間ともっと衝突していく中で 新しい関係を構築していかなくてはいけないはずよ。 それに彼が気付かないままラストを迎えちゃうので どうなのかしら?と思っちゃうわ。 ロードムービーとしての画作りはとてもきれいだったので そういう点では満足よ。
隠す
  
 
[023]ALWAYS 三丁目の夕日
 王道監督いっちーこ2006-10-02
 
この監督はいつも王道の映画を作ることにきっち真正面から取り組める 邦画では数少ない監督さんとして評価できると思うわ。 邦画の監督さんってアーティスティックであったり・・・
続きを読む
この監督はいつも王道の映画を作ることにきっち真正面から取り組める 邦画では数少ない監督さんとして評価できると思うわ。 邦画の監督さんってアーティスティックであったり、おしゃれであったり 一部の人からウケのいい映画は作れるけれど、 王道映画に照れもなく精一杯取り組める人ってどれだけいるかしら。 今回の映画も王道のストーリーと泣かせる音楽、 確かに後半はよかったわ。 でも、前半が微妙ね。「昔は良かった」というただそれだけなんだけれど 前半の人間描写にはかなり嫌悪感があったわ。 見ているほうとしては「それほど良くないんじゃない?」って思ってるのに 映画としては「いいでしょ?いいでしょ?」って来るから 見ている側と映画とにかなりの壁があったわ。 それでも後半が、時代と関係ない普遍的なお話になって また小雪の演技もよかったりして、そこでやっと壁が溶けて 映画の世界に入っていけたわ。 監督の演出も効果的だったし、アイディアも豊富。 変に上映時間も長くせず、120分ちょっとで終わらせるのも気に入ったわ。 映画は全部を見てこそ評価すべきという見地からすれば よかった、ということになるわね。 この監督にはこのまま突き進んで王道を貫いていって欲しいわ。 好き、嫌いとは別にして、邦画監督として貴重な存在だと思うわ。
隠す
  
 
[024]トーク・トゥ・ハー
 孤独の毒いっちーこ2006-09-12
 【ネタバレ注意】
異常を正常に見せたことによる全体に漂う緊迫感がすばらしいわっ! 映画の視点と観客の視点のズレをわざと利用して、 孤独の膿を映画に出し尽くしてるわね。 ベニグノのアリシ・・・
続きを読む
異常を正常に見せたことによる全体に漂う緊迫感がすばらしいわっ! 映画の視点と観客の視点のズレをわざと利用して、 孤独の膿を映画に出し尽くしてるわね。 ベニグノのアリシアへの執着心と マルコのベニグノへの執着心。 全然違うようでいて実はかなり近いわ。 自己犠牲とエゴはかなり近いところにあるんだということがリアルに分かるわね。 最初は常識人にみえたマルコが実は抱える孤独と執着心。 涙もろく、外国人、過去の恋人への長年の想い、フリーライターという仕事。 全てが伏線になり、マルコの膿がやがてベニグノへの執着へと鮮明に描かれていくいく過程がじっくりと描かれているわ。 実は私たちも正常にみえて限りなくベニグノに近い執着心を どこかで持っているのかもしれないわね。マルコがそうだったように。
隠す
  
 
[025]スーパーマン リターンズ
 ブライアンシンガーは変態いっちーこ2006-09-02
 
びっくりしたわ! ブライアンシンガーの変態っぷりが存分に発揮されていて爆笑モノよっ! スーパーマンのストーカーっぷりと マッチョを複数の男がいたぶるSMっぷり! そし・・・
続きを読む
びっくりしたわ! ブライアンシンガーの変態っぷりが存分に発揮されていて爆笑モノよっ! スーパーマンのストーカーっぷりと マッチョを複数の男がいたぶるSMっぷり! そしてその全てをロマンチックな話に繋げる その勘違いっぷり!! これはもう監督の性癖としか思えないわね。 やけに生々しいもの見せてくれちゃって。 そしてまたしても煮え切らない映画を作ってくれちゃったわね。 悪役の目的ってそれだけ!? ウケたわ。 一番ウケたのは 「引き返して!彼が死んでしまう!」 「わかった!」 すごい理解力のある旦那だわ。即答って。。。 こういう大金つかったB級映画ってすごいわね。 ハリウッドも太っ腹だわ。 まぁまったり笑わせてもらったわ。 悪趣味すぎてそれが面白いわ。 ここまでやりとおしたことが逆に評価されるべき。 いろいろな意味でそこそこ面白かったわ。
隠す
  
 
[026]ラブ・アクチュアリー
 もったいないいっちーこ2006-06-10
 【ネタバレ注意】
うーん、なんかこう見終わった後に、もったいないわ〜と思ってしまったわ。 あとこう、なんかもうちょっとどうにかしたら、かなりいい作品になっていたと思うんだけど。 人数・・・
続きを読む
うーん、なんかこう見終わった後に、もったいないわ〜と思ってしまったわ。 あとこう、なんかもうちょっとどうにかしたら、かなりいい作品になっていたと思うんだけど。 人数がとにかく多いので、脚本もシュチュエーションに頼っている感があって シーンで魅せる、みたいな方向に行っちゃってるのよね。 だから物語としてはいらないシーンも、シーン単品で切り取れば面白いから 組み込んじゃいました、みたいな。 だから、前半部分はかなり引き込まれてみるんだけど シュチエーションだけで撮ってるからその後が続かないのよね。 面白いシーンと面白いシーンがつながっているだけ。 人物的な横のつながりもかなりこだわっているんだけれど それは作品には活かせてないし。 観客に「そうだったのね」と思わせることだけ、気づきを与えて テンションを保つことだけの役割しかないの。 かといってつまらないわけじゃないから、これが本当にもったいない! 1本の映画として、もうちょっといらないシーンを省いて 必要なシーンを書き足していれば、かなり傑作になったかも。 で、あのもてない君の話は意味不明だし アトキンソンの出演シーンは必要ないし どちらもまるごとカット必須よ!!
隠す
  
 
[027]クラッシュ
 いいことも悪いこともしない人いっちーこ2006-02-19
 【ネタバレ注意】
この映画では、無意識に『いいこともするし悪いこともする』人が普通の人だという描かれ方をしているけど、 ワタシ実際は無意識に『特別いいことも悪いこともしない』人が普通・・・
続きを読む
この映画では、無意識に『いいこともするし悪いこともする』人が普通の人だという描かれ方をしているけど、 ワタシ実際は無意識に『特別いいことも悪いこともしない』人が普通の人だと思うのよね・・・。 確かにベットの下を覗き込むシーンは最高の映像だったし マットディロンもなかなか良かったわ。 でも「これが人間の真実の姿だ」と言われるとなんか鼻につくというか ひっかかる部分があるわね。 人間をステレオタイプに描かない(キャラクターに善悪をつけない)というのがハリウッドでは珍しいのかもしれないけれど ヨーロッパや日本においてもそういう考え方は小説にしろ映画にしろ むしろそっちの描き方のほうがスタンダードで当たり前なのよね。 だからこんな描き方が新鮮だ!素晴らしい!といわれちゃうと いまさらなに言ってるのよ、って感じちゃうわ。 今は賞レースも手伝って話題になっているけれど 数年後、日本人でこの映画を絶賛している人がどれだけいるかは疑問だわ。 決して悪い映画じゃないけれど、大絶賛する映画でもないわね。
隠す
  
 
[028]フライトプラン
 飛行機には乗らないいっちーこ2006-02-16
 
ワタシは十分楽しめたわ。 まずジョディの演技のおかげで見ているほうがいまいち彼女を信じていいのかわからないってところにもっていってくれたのが良かったわ。 設定がフォ・・・
続きを読む
ワタシは十分楽しめたわ。 まずジョディの演技のおかげで見ているほうがいまいち彼女を信じていいのかわからないってところにもっていってくれたのが良かったわ。 設定がフォーガットンに似ていたため 「あんなトンデモ映画だったらどうしようかしら・・・」 と思ったけど、さすがにジョディはそんな映画に出るほどバカじゃないわね(笑) 中盤までは完璧。ネタばらし後はそれなりに纏まっていて 見ている間はいっそも退屈しなかったわ。 でも最後、ジョディあんたかばんを取ってくれた相手に勝ち誇った笑顔してる場合じゃないのよ、謝りなさいよ! そこは脚本読んだとき気づかなかったのかしら。 やっぱりジョディといえどもアメリカンってその程度??
隠す
  
 
[029]ハウルの動く城
 (無題)いっちーこ2006-01-27
 
私、はやおちゃんブランドって別に思い入れがないのよ。 でも毎回なんだかんだ言われつつも、見ている間は楽しませてくれる 確かな力があると思うわ。 好き嫌いは別の話として・・・
続きを読む
私、はやおちゃんブランドって別に思い入れがないのよ。 でも毎回なんだかんだ言われつつも、見ている間は楽しませてくれる 確かな力があると思うわ。 好き嫌いは別の話として。 今回もなんの期待もせずに見たんだけれど、 終盤まではとてもいい感じ。 でも終盤畳み掛けるような急展開と(まぁこれはイイとして) 怒涛のネタバレ解説で、そこがちょっと残念だったわ。 声に関してはキムタクの静の部分は良かったけど、 髪の毛の件で大騒ぎするところはちょっと痛々しかったかしら。 話の破綻について、「まぁいいか」と思えるとぐっと楽しめるわね。 個人的な好き嫌いは別として。 もうちょっとだけでも軽く説明してくれると少しは?がなくなりそうだけど、 まぁそれが解決されたからといって作品の評価を飛躍的に向上させるかどうかは微妙なとこね。 面白かったわよ。普通に。
隠す
  
 
[030]恋は邪魔者
 ユアンのゆる〜い体いっちーこ2006-01-27
 
意外に嫌いじゃないんだけれど、まぁ人に勧めはしないわね。 見る前の印象は、レニーとユアンが騙し騙され・・・というイメージだったけど ガシガシ騙されていくレニーがとって・・・
続きを読む
意外に嫌いじゃないんだけれど、まぁ人に勧めはしないわね。 見る前の印象は、レニーとユアンが騙し騙され・・・というイメージだったけど ガシガシ騙されていくレニーがとっても(ブスだけど)かわいらしく見えて 「あら、レニー、おいしい役もらったのね。」 と思っていたの。その調子のままいってくれれば良かったんだけれど。 ネタバレを全部一気にセリフで見せるってそりゃあなたあんまりよ。 まぁそのゆる〜い加減が味といえば味かもしれないけど、だったら最後のネタバレで力技オシャレ映画にしようとしてるのがいけないわよね。 あのままゆる〜くいってくれれば良かったのに、終盤の急展開、私は望んでなかったわ。 ゆる〜いと言えばユアンの上半身ヌードもおもったよりゆる〜い体で リアルといえばリアルだけど、ねぇ。 まぁユアンは相変わらず可愛かったわ。 そういう意味ではキャスティングに興味なければスルーしてくださいって映画ね。 まぁロマコメなんてジャンルの場合、キャスティングに興味なければ見ないと思うけれど。 さてこの映画の後に、前々からロックハドソンが気になっていたから 「夜を楽しく」というロックハドソン&ドリスデイの映画を買って見てみたの。 そしたらびっくりしたわ! 「夜を楽しく」へのオマージュが「恋は邪魔者」には満載過ぎるほど満載・・・っていうか演出をまるっきりそのまま持ってきちゃった?って感じだったわ。 やはり、ロックハドソン&ドリスデイの映画を見てこそ、の「恋は邪魔者」だわ。 早速「恋人よ帰れ」と「花は贈らないで!」も買うつもりよ!
隠す
  
 
 1 2 3次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION