allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「おしゃべりチャック」さんのコメント一覧 登録数(127件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]青天の霹靂
 大泉洋が良いおしゃべりチャック2014-05-21
 【ネタバレ注意】
96分の短い作品なんですが、全く中だるみはありませんでした。また、タイムスリップものはよく有り勝ちなネタですが、こんなに面白いのは久しぶりです。 タイムスリップに関わ・・・
続きを読む
96分の短い作品なんですが、全く中だるみはありませんでした。また、タイムスリップものはよく有り勝ちなネタですが、こんなに面白いのは久しぶりです。 タイムスリップに関わらず、誰もが認める(と思う)面白い作品です。 ストーリーは親子、子供の出生に関わる真面目な話なんですが、シリアスになり過ぎず、よく笑わせ涙ぐませる。 大泉洋さん、柴崎コウさん、劇団ひとりさん、各々良かったですが、大泉さんと柴崎さんの演技は迫真でした。 大泉さんは、「探偵はBAR」にいるも観てますが、この方が出演されるだけで映画に期待が持てます。 大泉さん、雰囲気も特有ですが、非常にプロポーションが良い。劇中で仮装しますが、何着ても似合います。 マジックの部分ですが、CGなのか分りませんが、まるで、大泉さんが本当にやっている様に観えます。素晴らしい。 タイムスリップもので、懐かしい昭和の光景が観られ、そこでの寄席の雰囲気も良かったです。もちろん、若い人でも楽しめる作品だと思います。 タイトルの「青天の霹靂」はありふれた感もありますが、まあ、そう言う展開です。 心が弱っている時や疲れている時、観るとパワーをもらえる作品だと思いました。一般受けすると思うし、是非お勧めです。軽い気持ちで観れ、観やすく分りやすい作品でもあります。グイグイ引き込まれます。退屈しません。
隠す
  
 
[002]神様のカルテ2
 穏やかな作品おしゃべりチャック2014-03-13
 
1の方は観てないのですが、途中まで観て、桜井翔が出演している事に意義がある作品かと思えましたが、最後に落としどころがありました。もちろん、桜井ファンなら、十分満足出・・・
続きを読む
1の方は観てないのですが、途中まで観て、桜井翔が出演している事に意義がある作品かと思えましたが、最後に落としどころがありました。もちろん、桜井ファンなら、十分満足出来る作品だと思います。医師の役どころも似合ってました。映画はドラマの様な作品なんですが、終始穏やかな感じで、何人かの登場人物のエピソードが交差します。最後の30分は長く感じますが、この部分はこの映画のタイトルにつながる部分です。桜井以外に柄本明さん、体に針をさされる時の顔の表情が上手く、本当に刺さったかの様に痛そう。作品の展開がスローテンポで、分りやすい映画でもありました。
隠す
  
 
[003]僕の彼女はサイボーグ
 何人かの方が書いておられますがおしゃべりチャック2014-01-03
 【ネタバレ注意】
3/4位までは非常に退屈な作品です。 このままの展開なら☆6つですが、最後が良くホロリと来ました。 綾瀬はるかの魅力を最大限に引き出した作品で、彼女は月並みな言葉ですが・・・
続きを読む
3/4位までは非常に退屈な作品です。 このままの展開なら☆6つですが、最後が良くホロリと来ました。 綾瀬はるかの魅力を最大限に引き出した作品で、彼女は月並みな言葉ですが「ナイスバディ」で引き付けられます。 サイボーグの上半身がちぎれた綾瀬はるかのシーンと、老人になった主人公と歳を取らないサイボーグ(綾瀬はるか)のシーンが印象的です。
隠す
  
 
[004]永遠の0
 期待しすぎたおしゃべりチャック2013-12-11
 
2時間20分位あり、非常に長かった。戦争関連で、終始重苦しい展開だったと言うのも長く感じた要因だと思います。原作が累計発行部数350万部を超える国民的ベストセラー小説・・・
続きを読む
2時間20分位あり、非常に長かった。戦争関連で、終始重苦しい展開だったと言うのも長く感じた要因だと思います。原作が累計発行部数350万部を超える国民的ベストセラー小説と言う事なので、かなり期待しましたが、自分的には、よくある反戦ドラマとそんなに変わらない様な気がしました。(感じ方は各自様々です)最初の方は分りにくかったが、結局は謎解きもので、チラシのあらすじと合わせるとバッチリ分ります。また、話は急展開する訳でないので、最後の方以外はトイレで外しても十分分かると思います。アダルトな部分は無いですが、重苦しい部分を含めても大人向き。でも、昨今、戦争に召集された世代の高齢化により、戦争体験が風化されつつあるので、戦争とはいかに過酷で理不尽かを伝えるために、若い人にも是非観てもらいたい作品でもあります。実際の祖父・宮部久蔵(岡田准一)にまつわる情報を集めるため、佐伯健太郎(三浦春馬)が様々な人に出会い、回想する。現代から過去にタイムスリップします。いつも戦争もので思うのですが、昔の人は若くてもしっかりしていたと。祖父・宮部久蔵はお爺ちゃんとよばれているが(実際おじいちゃんだが)実際は享年26歳の青年だった。全体的に何度も出て来るゼロ戦の戦闘シーンは目を見張りました。その迫力はまさに映画館で観るべきもの。見ごたえがありました。細かい話は書きませんが、最後が意外な展開でした。また、最後の祖父・宮部久蔵(岡田准一)が零戦に乗って飛び立つシーンが一際印象的でした。話はありますが、割と同じ調子で暗く、観終わってスッキリする様なタイプでもありません。タイトルの「永遠の0」とは零戦の事なのかよく分かりませんでした。
隠す
  
 
[005]かぐや姫の物語
 かなり泣けたおしゃべりチャック2013-11-22
 
タイトルは「竹取物語」ではなく「かぐや姫の物語」なんですが、まさにかぐや姫を主軸に据えた作品です。ストーリーは童話でお馴染みのストーリー。アニメなので短いのかと思っ・・・
続きを読む
タイトルは「竹取物語」ではなく「かぐや姫の物語」なんですが、まさにかぐや姫を主軸に据えた作品です。ストーリーは童話でお馴染みのストーリー。アニメなので短いのかと思ってましたが2時間17分と長く。県内2ヶ所で試写された作品ですから、ハズレは無いと思ってましたが、「大当たり」でした。しかも、自分的には近年稀に見る。最後の方はずっと涙をすすってました。スタジオジブリ、「風立ちぬ」に続きいい作品を作りました。「風立ぬ」に続き斬新だったのは、「いい話」の上に「恋愛」の要素を取り入れた部分です。でも、いつものジブリ作品とは違ったのは、ジブリ作品ですが、タッチはぼんやりした感じで、まるで水彩画の様だと言う事。でも、お転婆な女性が登場するのはいつものジブリのパターンかも。私的には、かぐや姫と言うと、実写版の沢口靖子さんのイメージが強いのですが(かなり古い?!)活発なかぐや姫です。お決まりな様に5人の男性が求婚するのですが、この撃沈劇がかなり面白い。この場面は2時間17分の半分位から始まります。それまでは急成長する姫と仲間たちの話が軸で、ちょっと中だるみして長く感じる部分もありますが、後に行くほど面白くなる。姫の「恋愛(=純愛)」の部分もあるが、私的には、この部分はそれ程力を要れなくてもいいと思う。また、映像がリアルじゃないので、そんなにエロく感じない部分もあるが、この作品は全般的に際どいシーンはそんななく、「風立ぬ」同様大人向きに作られているが、全く子供でも十分OK。物語は最終にクライマックスを迎えます。お決まりの「月に帰る」のシーンなんですが、仏様を含むお迎えさんがやっ来るシーンは音響効果も含めじんわり来る。私はここにやられました。ただ、純愛とか宮廷の圧力とかあった割には、そのシーンは尾を引かず、なんとなくあっさりしてると思いました。でもいい話です。人間臭いかぐや姫(実は宇宙人なんですよね)かぐや姫の声の朝倉あきさんの歌声も良かったです。でも、前振りの姫の月で犯した罪は分からなかったです。
隠す
  
 
[006]ステキな金縛り
 西田敏行おしゃべりチャック2013-11-10
 
よく時代劇に出てるので、落ち武者の役は適役でした。 とても分かりやすい映画で、頭にすーっと入ります。
  
 
[007]少年H
 【力作】見ごたえありおしゃべりチャック2013-08-06
 
さすが、累計340万部を誇るベストセラー小説だけあって、見ごたえがありました。2時間位の作品でしたが、全く中だるみはありませんでした。と言っても、原作は読んでないのです・・・
続きを読む
さすが、累計340万部を誇るベストセラー小説だけあって、見ごたえがありました。2時間位の作品でしたが、全く中だるみはありませんでした。と言っても、原作は読んでないのですが、多分、期待外れとなる事も無いだろうと勝手に想像してます。さて、以上の事を書きましたが、ベストセラー云々と言うのは、家に置いてあったパンフレットを家に帰って確認してから知りました。パンフレットはさっと見て行ったのですが、その時の印象は、パンフレットの漢字にルビがふってあったので子供向け、しかも戦争絡みの妹尾河童さんの自叙伝。それと、水谷豊・伊藤蘭夫妻の夫婦出演。水谷豊さんは、イケメンと言う風では無いですが(と言って、容姿が悪いと言う事では無いですが)昔のドラマ「熱中時代」や「相棒」などでご存じの通り、何か「持っている」人です。夫婦共演や、水谷さんの持ち味だけを何となく生かした作品だと思ってましたが、間違い。ストーリーも配役も適切。非常によく出来た作品でした。あの時代(戦前・戦中・戦後)に水谷夫妻は適役でした。また仕立て屋の仕事も板についている。また、一見この時代に不似合や小栗旬さんや早乙女太一さんも適役で、出番は少ないですが、涙をそそります。舞台(映画の背景)が神戸なのもいいです。水谷さんの関西弁「あんた、〜してくれへんか」と言う言葉使いは上品で、まるで桂文枝(三枝)さんを彷彿してしまう。水谷色は強くなく、映画に非常にマッチしてました。戦争絡みの映画なので、爆撃のシーンがありますが、これはやはり大画面が見どころ。全体的に分りやすく、時代物ですが、お子さんにも是非お勧めしたい作品です。ただ、主人公はHですが、それ以上にHの家族と言う気がします。
隠す
  
 
[008]風立ちぬ
 年配向けおしゃべりチャック2013-07-21
 【ネタバレ注意】
ジブリ映画と言えば子供向きと言うイメージを抱きがちですが、この作品に限っては、60代以上の方が、過去を振り返り懐かしく感じる作品ではないかと思われました。この作品には・・・
続きを読む
ジブリ映画と言えば子供向きと言うイメージを抱きがちですが、この作品に限っては、60代以上の方が、過去を振り返り懐かしく感じる作品ではないかと思われました。この作品にはサブタイトルがあり、「堀越二郎と掘達夫に敬意を込めて。生きねば。」と言う事なんですが、アニメでも分りにくい作品で、それは主人公に堀越二郎と掘達夫の2人の人生を織り込んで、しかも時折、夢の世界までワープする点でもあると思います。全く、観流す場面がなく、トイレなどで数分中座すると分からなくなってしまうかも。それ程中身が充実していたのかも知れません。全126分ですが、それ程長くも感じませんでした。この映画の感想で一番最初に浮かんだのは、CMでも繰り返し流れるメロディフレーズ。ウクレレだったり、トランペットだったりしますが、心にジーンと響くシーンに使われ、哀愁を帯びます。これが1つのキーかも。それと、映像がしなやかと言うか、当たり前ですが、アニメとは思えない程動きが自然でソフト。あの動きを描くのに、さぞかし多くの原画が使われた事でしょう。タイトルの1文字「風」が特にそう思えました。それと、先ほども書きましたが、2人の人生を描いた作品なので、私的にはある時点をおいて2つのストーリーをくっつけたと言う思いが否めません。大人の恋愛ですが、ジブリの大人の恋愛はソフトでさすが際どいシーンはないです。そう言う基準ではお子さんもOKです。感じ方は色々でしょうが、丁寧に作られた作品と言うのは、皆思う所だと思います。
隠す
  
 
[009]奇跡のリンゴ
 実話おしゃべりチャック2013-05-30
 
試写会「奇跡のリンゴ」を観て来ました。タイトルやパンフであらかじめ内容を確認して行ったので、話の内容は分りやすかったです。でも、特にあらすじを把握してなくても分る作・・・
続きを読む
試写会「奇跡のリンゴ」を観て来ました。タイトルやパンフであらかじめ内容を確認して行ったので、話の内容は分りやすかったです。でも、特にあらすじを把握してなくても分る作品だと思います。主人公の木村秋則さん役に阿部サダヲさん。今まで観た作品では「舞妓 Haaaan!!!」が余りにも印象的過ぎて、コミカルなイメージが強かったのですが、シリアスで朴とつな役柄は新鮮でした。夫人役の菅野美穂さんはいい結婚をしてるので、そのオーラが出まくって映画全体がいい雰囲気でした。何せ、2006年にNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で紹介された物の映画版なんですがら、実話なので、その分重みがあります。アダルトなシーンや暴力的なシーンもなく、とてもいい話なので、子供にもお勧めです)映画は二人の子供時代から始まりますが、菅野さんの方は全く違和感なかったです。(阿部サダヲさんと山崎努さんが親子と言う方が難しいと思います。余り顔が似ていないので)それから結婚し打掛を着るシーンがありますが、菅野さん「大奥」やその他時代物に出てるのもありますが、とても良く似合っています。無農薬リンゴを作る方法が意外でしたが、無農薬のために作られたリストやそれにかけられた年月や苦労は人知れず。上手く結実した時は拍手を惜しみなく送りたい気分でした。129分の時間は丁度か。もう少し短くてもいいかなと思いました。でもそんなに中だるみはなく、割と平坦で、BGMもそんなにない地味な作品でしたが、その飾り気がない分、とてもいい作品だと思いました。
隠す
  
 
[010]綱引いちゃった!
 大分と井上真央おしゃべりチャック2012-11-22
 
タイトルだけを聞いて、運動会の学園物を想像しましたが、学生と言うより社会人、大人向けの作品だと思いました。 でも、学生さんでも楽しめます。綱引きに関する取り組みは全・・・
続きを読む
タイトルだけを聞いて、運動会の学園物を想像しましたが、学生と言うより社会人、大人向けの作品だと思いました。 でも、学生さんでも楽しめます。綱引きに関する取り組みは全体的に感じられますが、それ以上に大分を舞台にした映画、井上真央主演の映画だと言うのが印象です。 本当に大分の色々な所が出て来ますし、全身を映した井上真央のスタイルの良さが際立ちます。 内容的には非常に分りやすく、110分は丁度。ただ、私的には中だるみを感じました。 スポ根物だけど重くなく、全体的には軽いです。 主題歌はドリカムの「愛して笑ってうれしくて涙して」ですが、映画の中でこの曲が流れたのは1回だけですが、映画を一番盛り上げる場面で使われました。この曲が流れると明るくなりますね。 それと大分が舞台なので、登場人物は大分弁を使いますが、そんなにきつくなかったです。 それと、綱引きのメンバーに井上真央が加わりますが、余りに細いので、綱引きをやっても弱そうに見えました。 暗い気持ちの時明るくなれる作品だと思いました。
隠す
  
 
[011]終の信託
 第3部が良かったおしゃべりチャック2012-09-21
 【ネタバレ注意】
試写会「終の信託」を観て来ました。 この映画は大きく3部から構成され、1部は医師折井綾乃(草刈民代)と同僚医師高井(浅野忠信)との不倫。2部は不倫に破れた綾乃と喘息・・・
続きを読む
試写会「終の信託」を観て来ました。 この映画は大きく3部から構成され、1部は医師折井綾乃(草刈民代)と同僚医師高井(浅野忠信)との不倫。2部は不倫に破れた綾乃と喘息を患い入退院している江木泰三(役所広司)との医師と患者としての絆の深まりと決断。3部は検察官・塚原透(大沢たかお)の激しい追及と有罪。 正直、1部2部まではちょっと退屈に感じてましたが、第3部は非常に良くぐいぐいと引き込まれ、悪役塚原を演じる大沢さんは上手に演じているなと感心しました。1部と2部は3部に至るまでの導入部で、監督が最も言いたかった事は第3部だと思うし、タイトルの「終の信託」も第3部に大きく関わると思います。 周防監督は前作で、「それでもボクはやっていない」を作りましたが、今回も映画を観終わった後やりきれない思いで一杯でした。 この作品の映画化は富山の射水の延命中止事件(元・射水市民病院外科部長の伊東雅之氏)の一件も絡めて作られたのか。 タイトルは「終の信託」なので、明るい話ではないと思ったが、配役は「Shall we ダンス?」の草刈民代と役所広司の16年ぶりのコンビ。これだけでも十分に話題性はあると思います。 登場人物は少なく、大がかりなロケとかも無く地味な展開。映画は淡々として終始重く暗いです。草刈民代さん、さすがヌードに挑戦しただけあって、今回の濡れ場も大胆。大画面で時間的にも比較的長かったのですが、鍛えられた鋼(はがね)の様な体型のせいか露出しても余りいやらしく感じませんでした。 しかし、周防監督、幾ら役柄とは言え、奥さんと役者さんの濃い濡れ場のシーンをよく撮影したと。気持ちとしてはいかがなものか。やはり心の中も終始監督なのか。 草刈さんは濡れ場に限らず体当たり演技でした。最初に舞台挨拶があり15分あり、周防監督がスペシャルゲストでしたが、思ったよりも若かったです。
隠す
  
 
[012]あなたへ
 思った以上にいい作品おしゃべりチャック2012-08-27
 【ネタバレ注意】
出演陣は豪華だけど年配者向き。高倉健さんが出るから尚更と言う先入観がありましたが、年配者じゃなくても楽しめる作品だと思いました。確かに試写会の会場には年配者が多かっ・・・
続きを読む
出演陣は豪華だけど年配者向き。高倉健さんが出るから尚更と言う先入観がありましたが、年配者じゃなくても楽しめる作品だと思いました。確かに試写会の会場には年配者が多かったですが、年代によって思いつく感想は違うと思います。 主人公倉島英二(高倉健)は富山から奥さんの故郷の長崎まで散骨の旅に出かけます。その先々で出会う人々が人情味にあふれ、その場面がシャッフルされてます。それが杉野輝夫のビートたけしだったり、田宮裕司の草なぎ剛だったり、死んだ奥さんだったり色々。 マスコミでは富山の作品と言う取り上げ方もされてますが、富山に関するのは一部だけで(風景も出ますが)、普通一般の作品と同じ様に観た方がいいです。 出演陣はちょい役でも豪華。ビートたけしさんが犯罪者役だったり、草なぎくんが調子のいいあんちゃんだったり。浅野忠信さんもワンシーンだけです。 内容的にはいい話です。散骨と言うとイメージしか持ってませんでしたが、具体的に分ります。 その海が太陽が綺麗で、とても綺麗な物に感じられました。またこの映画には印象に残るシーンと言葉がいくつかありました。亡くなった奥さんが風鈴を取り外す時の言葉、杉野輝夫(ビートたけし)の「旅」と「放浪」の違いは、目的があるかないか。また、旅は帰る所がある場合使う言葉だと。 とても安心して観られるいい話なんですが、だと言って時間的にも長い訳ではなく、中だるみはありませんでした。 携帯も茶髪もありの現代映画でしたが、途中、テレビの野球(阪神)のシーンがあり、「後1人」、「後1球」のコールで、勝手に藤川だと想像してました。この件に関しては残念でしたが、答えは観れませんでした。
隠す
  
 
[013]愛と誠
 臭いおしゃべりチャック2012-06-16
 
幼い頃、このタイトルを聞いた事があるので、興味はありました。 タイトルは「愛と誠」ですが、それ以外にも登場人物は多く、「愛と誠とそれを取り巻く人達」と言う感じでした・・・
続きを読む
幼い頃、このタイトルを聞いた事があるので、興味はありました。 タイトルは「愛と誠」ですが、それ以外にも登場人物は多く、「愛と誠とそれを取り巻く人達」と言う感じでした。 話は、昭和のドラマに有り勝ちな「お嬢様が不良に恋をする」なんですが、私はキャンディキャンディでもテリーじゃなくアンソニー派だったので、余り共感出来ませんでした。 暴力的なシーンが多く、内容も一部アダルトでしたが、昭和の作品だけあって、まだ節制があり、昭和のレベルではあの程度で不良なのだなと感じる場面もありました。スカートが長いのやスカジャンは(スカジャンは今も?)当時の不良のスタイルで、懐かしく感じました。 全体的に画面の色が特有で、終始暴力的なので、途中疲れてしましましたが、134分はそんなに長く感じず、何故か退屈はしませんでした。話は非常に分りやすいです。 不良映画ですが、映画の中にミュージカルな要素も散りばめられています。ダンスも臭いと思う位。古い歌も沢山聴けます。 学園物ですが、対象は学生よりも、ずっと上の世代をターゲットにしている様に思えます。懐かしき昭和と言う感じですかね。愛の髪型も最近見掛けないお姫様カット。写真が出て来る場面もありましたが、これもモノクロでした。電化製品も昔の物でした。 しかし、誠の喋りは今風で、キムタクの話し方に非常に似てました。 妻夫木くんは髪型で随分印象が違い、カッコいいけどこの人だれやろと最初思ってました。 他、登場人物で、座王権太役の井原剛志さんも学生なんですよね。ちょっと無理があるように思えるのと、井原さん、いいオーラが出てるので(いいと言っても正義感と言う意味ではなく、いい男のオーラ)私はこちらの方に惚れちゃいました。 全体を通して、大げさで不良がモテた時代の絶対ありえない話、しかもコミカルと言った感じですね。それと、愛、時折イラーっと来ました。
隠す
  
 
[014]テルマエ・ロマエ
 阿部の演技力が光るおしゃべりチャック2012-05-03
 
公衆浴場を始めお風呂と言う馴染の深いテーマのもと108分。全体的に分りやすい話で、中だるみしそうな所で持ち直し、エンディングを迎えました。話は単調になり勝ちながらも・・・
続きを読む
公衆浴場を始めお風呂と言う馴染の深いテーマのもと108分。全体的に分りやすい話で、中だるみしそうな所で持ち直し、エンディングを迎えました。話は単調になり勝ちながらもよく考えられてました。 古代ローマと昭和と現代の日本との時代のワープの中、その時おり登場人物がワープする。 また、日本のお風呂文化の長所が沢山引き出されてました。この映画で、日本のお風呂文化もなかなか捨てた物ではないと再認識しました。 お風呂の話題(主に公衆浴場)がメインですが、男女の話も多少あり、味付け程度でそんなに濃くない。この程度で丁度と思える程度でした。でも、この漫画家志望の女性の作品(漫画)とこの映画とは切っても切れない深いつながりがあるんですよね。 主人公の阿部寛さん、話が話なのでほとんどフルヌードでしたが、ガッチリしていい体格でした。 それと、阿部さん、古代ローマ人役なんですが、違和感なく古代ローマ人に見えます。顔の彫りが深いからでしょうか?その他、何人かの日本の俳優さんが古代ローマ人役をされてますが、皆さんそれなりに観られるというか、そつがないです。 阿部さんについては、演技力の絶大さを感じました。本当に演じておられました。 それと、古代ローマと現代日本のワープですので、洋画風になったり邦画風になったり忙しかったです。最後のエンドロールも日本名や外国語が織り交じり中和的でした。 音楽はクラシックばかりでしたが、それも映画を盛り上げる一要因になったと思います。
隠す
  
 
[015]宇宙兄弟
 男の子と小栗旬のファン向きおしゃべりチャック2012-05-03
 
男の子か小栗旬さんのファン向きの映画だと思いました。特に小栗旬さんのファンにはたまらないでしょう。彼の後ろ姿のフルヌードも観れます。この作品では彼は結構脱いでます。・・・
続きを読む
男の子か小栗旬さんのファン向きの映画だと思いました。特に小栗旬さんのファンにはたまらないでしょう。彼の後ろ姿のフルヌードも観れます。この作品では彼は結構脱いでます。体型はとてもいいです。 話は変わり、現代から子供時代に何度もふり返りますが、子役も上手に選んであり、全く違和感はありませんでした。ちなみに弟のヒビトの子役も茶髪でした。 ストーリーは非常に分りやすい。ただ、子供も対象の作品としては、賞味130分は長く感じました。途中、私的には結構中だるみがありました。 ムッタ(兄)の宇宙飛行士の選抜のシーンをもう少し手短にすればいいのにと感じました。話の内容も優等生的な内容なので、子供にも安心して観せれます。 宇宙飛行士の選抜のシーンに時間的に長く取ってありましたが、その反面、以降の話は日付けを設けて短時間に流しています。 これ以上長いのも困りますが、最後の方はちょっと粗雑じゃないかなあと感じました。
隠す
  
 
[016]ロボジー
 思った以上にいい作品おしゃべりチャック2012-01-12
 
話は二転三転と展開します。 最後は納得の行く終わり方で、私的にはこれは当たりだったと思いました。 CMなどでは軽い印象でしたが、内容は奥深く、これは子供から大人まで楽・・・
続きを読む
話は二転三転と展開します。 最後は納得の行く終わり方で、私的にはこれは当たりだったと思いました。 CMなどでは軽い印象でしたが、内容は奥深く、これは子供から大人まで楽しめる作品です。 また、軽いタッチでも、アダルトチックな部分はありません。親子で行って語り合い、絆を深めるのにいい作品かも知れません。 登場人物も役柄か皆コミカルで、しかも人数は少ないんです。 大がかりな仕掛けとかも無いのにいい話で、引き込まれ、上手く作ったと思われました。 この映画を観ると元気がない時にはパワーを頂きます。しかも内容は難しくなく、そんなに予備知識がなくても十二分に楽しめます。時間的に111分も丁度で、テンポのいい展開なので、中だるみはそんなになかった様に思います。 ロボットの名前もニュー潮風ですが、全体的な好感度も高いです。 大体、ストーリー自体ロボットにおじさんを入れる発想がいいですね。イケメンでもなく、子供でもなくおじいさんと言うのがいいのです。また、おじいさん(鈴木重光)役の五十嵐信次郎さん、いい味だしてますね。 この作品が奥深いのは、機械の専門用語が飛び交うシーンがあるのもあります。ロボット工学などと言う言葉も専門的ですよね。 もう1つこの映画を盛り上げているのは、ニュー潮風の動く時に発するモーターの音だと思います。この効果音はいいですね。 この作品は2回目の試写会でしたが、こう言う、繰り返し試写される作品は当たりが多いですね。
隠す
  
 
[017]DOG×POLICE 純白の絆
 思った通りの展開おしゃべりチャック2011-09-27
 
警察犬でなく警備犬ですが、タイトル通り警察官と犬の話で分かりやすかったです。 犬(シロ)との出会い・事件と幾つかの場面で構成され、はらはらさせられますが、大体思った・・・
続きを読む
警察犬でなく警備犬ですが、タイトル通り警察官と犬の話で分かりやすかったです。 犬(シロ)との出会い・事件と幾つかの場面で構成され、はらはらさせられますが、大体思った通りの結論でした。子供でも安心して観せられる映画ではないかと思います。 出演者は最近ドラマを観てないせいかほとんど分りませんでしたが、イケメンが結構いました。 実行犯はえっと思う出で立ちで登場しますが、男性ながら素晴らしいボディ。マスクの方も甘く期待を裏切りませんでした。(藤原達也風?) 主人公の犬のシロの子供の頃可愛かったです。上手く撮ったと思いました。
隠す
  
 
[018]探偵はBARにいる
 思ったよりも面白かったおしゃべりチャック2011-08-23
 
何となく、軽ーいノリの若者向け映画かと思ってましたが、予想よりもずっと面白かったです。2時間退屈する事もなく観れました。 ただ暴力的やアダルトなシーンが多く、子供に・・・
続きを読む
何となく、軽ーいノリの若者向け映画かと思ってましたが、予想よりもずっと面白かったです。2時間退屈する事もなく観れました。 ただ暴力的やアダルトなシーンが多く、子供には見せたくないなと言う作品です。上映時にはR指定が付くのでしょうか。全般的に若い男性向けでした。 チラシを見ると豪華キャストと謳(うた)われてますが、やはり目玉はスタイルのいい大泉洋さんと小雪さん。この2人を観るだけでも退屈しません。 特に小雪さんは松山ケンイチさんと結婚されたのもあって注目の人。幸せオーラも大女優のオーラも出てました。 本当に小雪さんは美しい。何を着ても似合う。彼女のファッションも見せ所。 主な舞台はススキノ。この時期に冬のススキノを舞台にするのは多少違和感がありましたが、画面を観て涼しく感じました。画面で札幌の色々な観光地を観られたのも良かったです。 ただ、映画は幾つかの場面からなり、最初何を言っているのか分りませんでした。でも最後の数十分でつながりが分りました。ちょっと分りにくい作りです。 とにかく血のシーンが多い。自分からは選んで行かないジャンルです。 この映画から、ススキノは危ない街と言うイメージが付きました。札幌の持っていたイメージが多少変わりました。 映画は笑い所が満載で、笑い声が絶えませんでした。でも、最後はしんみりとする方向に持って行きます。 普段行かない飲み屋街が観れたのも良かったです。見せ場が何ケ所かありました。(生け花をバックにした男性を銃で撃つシーンなど) タイトルは「探偵はBARにいる」なんですね。色々な事が起こりますが、やはりこれが落ちつくのでしょうか。
隠す
  
 
[019]コクリコ坂から
 子供よりも年配者向けおしゃべりチャック2011-07-12
 【ネタバレ注意】
タイトルを聞いて何か聞いた事のある名前だと思ったら、女性コミック誌「なかよし」に掲載されていた作品でした。 この作品は学生対象の試写会など行われてますが、昔の「なか・・・
続きを読む
タイトルを聞いて何か聞いた事のある名前だと思ったら、女性コミック誌「なかよし」に掲載されていた作品でした。 この作品は学生対象の試写会など行われてますが、昔の「なかよし」に掲載されていた時代よりも更に古い時代を描いてます。 テレビにしても洗濯機にしてもガリ版印刷にしても古く、挿入歌「上を向いて歩こう」や学生運動も、観ている子達には分らないだろうなと思いながら観てました。そうそう、髪も三つ編みにしてました。 子供よりも「なかよし」を生で見ていた年代から上の方が対象と言うのが適切かも知れません。 内容は、百恵・友和の「赤い」シリーズや韓国ドラマによく有り勝ちな展開。この話のキーになりますが、誰と誰がどう言う関係なのかがちょっと複雑です。 時間的にはそんなに長くなく、一般的なお子様向けアニメ同様95分は適切でした。映像も綺麗でした。 ただ、パンチがなく何となく観て終わった印象を受けました。
隠す
  
 
[020]岳 -ガク-
 迫力満点おしゃべりチャック2011-04-27
 
命の危険と隣り合わせの山岳救助ボランティアの活躍を描いた作品なんですが、迫力のある雪山を映し出したこの作品は、まさに映画館で観るべき作品だと思いました。 雪山を観る・・・
続きを読む
命の危険と隣り合わせの山岳救助ボランティアの活躍を描いた作品なんですが、迫力のある雪山を映し出したこの作品は、まさに映画館で観るべき作品だと思いました。 雪山を観るだけでも十二分に観るに値します。山が迫って来る感じ。私の様な山好きは終始気分が良かったです。もちろん、山は荒々しい一面もありますが。 また、小栗旬の魅力を十二分に引き出す作品でもありました。がっちりしてスタイルのいい彼の体。上半身ヌードのサービスシーンもあります。ファン必見。島崎三歩役の小栗旬カッコ良すぎます。小栗旬の存在感とオーラはすごい。 話の展開が何となく予想が付く作品でしたが、深く考えずに理解出来る作品でもありました。 この作品を通じて(冬山)登山の怖さ、また単に登山言っても常に死と隣合せだと言う事、落下の危険、ハードなロッククライミングなど自然の驚異を感じました。 女性山岳救助ボランティア(椎名久美:長澤まさみ)が男性遭難者を救助するシーンも見ごたえがありました。 目を覆いたくなるシーンもありますが、究極の部分は想像力に任せ、それがまた心に突き刺さります。 転落者で既に死んでいた場合の処理の仕方など、一部驚くべき事実もありますが、救助の現実を垣間見る事が出来ました。 山岳救助ボランティアが、「人の死に慣れ過ぎ」と言う言葉も重かったです。また、「山に捨てちゃダメ、ごみと命」と言う言葉も印象に残りました。 撮影場所は長野だったんですね。富山と岐阜と言う言葉もでました。よく出来た作品でした。
隠す
  
 
[021]TAKAMINE 〜アメリカに桜を咲かせた男〜
 地元の偉人の偉業を描いた作品おしゃべりチャック2011-04-16
 
去年、高峰譲吉さんの生涯を描いた伝記「さくら、さくら」も観ているのですが、内容は忘れていて、映画のチラシで確認しました。 で、何となく思い出したので内容は分りやすか・・・
続きを読む
去年、高峰譲吉さんの生涯を描いた伝記「さくら、さくら」も観ているのですが、内容は忘れていて、映画のチラシで確認しました。 で、何となく思い出したので内容は分りやすかったです。でも、前作を観てなくても、十分楽しめる作品だと思いますし、地元出身の偉人なので、是非多くの方に観てもらいたいと思いました。 まず、この映画を観て、お恥ずかしいながら、長谷川初範さんがよく分からず、どの方が高峰さんなのか理解するのに時間がかかりました。 途中で、高峰さんと呼びかけられてやっと理解しました。 前作の「さくら、さくら」では加藤雅也さんだったんですが、長谷川初範さんといい加藤雅也さんといい、高峰さんの子役といい、高峰譲吉さんご本人はかなりイケメンな方だったのだと勝手に想像しました。 石川県出身の田中美里さんも出てました。 邦画ですが、英語のシーンが多く、字幕が頻繁に出ます。なので、視力の悪い方は字幕を拾える位置に座席を取った方がいいです。 英語が飛び交う場面が多いですが、日本の俳優・女優さんが話す英語は、やはりジャパニーズイングリッシュに聴こえてしまいました。 高峰さんの奥さん役のキャロラインさん役は「さくら、さくら」と同じくナオミ・グレイスさんでした。 侍が出て来たりして、映画の舞台背景がよく分かりました。石川の卯辰山も何度か出ました。 高峰さんは高岡で生まれて石川で育ち、消火酵素タカジアスターゼを発見された方ですが、お名前は案外知られていません。 今回の話はタイトルの通り、ワシントンのポトマック湖畔とニューヨークのハドソン河に自費で日本から桜の苗を取り寄せて植樹する事が話のメインとなっています。 俳優陣では、長谷川初範さん以外に植木職人の村井六郎さん役の六平直政さんがいい味を出してました。
隠す
  
 
[022]樺太1945年夏 氷雪の門
 歴史的真実を観て欲しいおしゃべりチャック2011-04-10
 【ネタバレ注意】
この映画は36年前にソ連の圧力によって封印された幻の名作で、1945年8月20日樺太で失われた9人の電話交換手の命、これは時代に圧殺された真実の物語です。 来ているのは年配の・・・
続きを読む
この映画は36年前にソ連の圧力によって封印された幻の名作で、1945年8月20日樺太で失われた9人の電話交換手の命、これは時代に圧殺された真実の物語です。 来ているのは年配の方が多かったです。2時間の作品でしたが、分りやすく、2時間は、あっと言う間に過ぎました。 第二次大戦の頃の時代を扱っていますが、36年前の映画なので、画像はモノクロに色がついた様な感じでした。それが益々古い作品だと思える由縁でした。電話交換(機)や旧式のレコードのシーンも古く感じました。 出演陣も今や年配と言う世代になった方ばかりです。メンツは今となっては豪華。 印象に残ったのは、二人の息子を空襲で一瞬に失った母の映像。ショックで気が変になったシーンでした。結局亡くなられますが哀れで涙を誘いました。 また、北海道の時計台の鳴っている音も初めて聞きました。 最後の青酸カリの集団自決も印象に残りました。 ロシアと言うと、スケートのプルシェンコ位しか思い浮かびませんが、歴史的にこの様な事実があった事を封印してはいけないと思いました。この事実を多くの方に観てもらいたいです。
隠す
  
 
[023]インビクタス/負けざる者たち
 話の内容も純粋に良かったおしゃべりチャック2011-02-14
 【ネタバレ注意】
伝記なので、話は淡々と進み特殊撮影なども無かったですが、純粋にいい話だと思いました。 原作を読んだり、映画に関する予備知識があったらもっと分かり良い映画だったのかも・・・
続きを読む
伝記なので、話は淡々と進み特殊撮影なども無かったですが、純粋にいい話だと思いました。 原作を読んだり、映画に関する予備知識があったらもっと分かり良い映画だったのかも知れませんが、かと言って理解しにくい映画の類ではありません。 ただ、ネルソン・マンデラがアパルトヘイトに反対し27年間も投獄されていた。この部分を数分で描くのはちょっと伝わり辛かった様に思います。 ネルソン・マンデラの、自らを投獄した白人を恨まず、白人を配慮しながら黒人と1つになって行くと言う姿勢は素晴らしい。並みの人間には真似出来ない事です。 このネルソン・マンデラを演じるモーガン・フリーマン、いい味を出してました。 試合のシーンは圧巻でした。6万3千人もの人が集まったスタジアムはすごい熱気。 サッカーでよく使われる応援歌が歌われたので「えっ!」とも思いましたが、白人も黒人も一緒に盛り上がり勝利するのは感動しました。 後、南アの国旗が目に付き印象的でした。
隠す
  
 
[024]GANTZ
 ???おしゃべりチャック2011-01-28
 【ネタバレ注意】
導入部までは分かりやすいのですが、以降は非常に理解し難く、居眠りをしたりトイレに行ったりして見逃した部分もあるのでしょうが、この映画はそんなに長くない(130分)にも・・・
続きを読む
導入部までは分かりやすいのですが、以降は非常に理解し難く、居眠りをしたりトイレに行ったりして見逃した部分もあるのでしょうが、この映画はそんなに長くない(130分)にも関わらずトイレに行かれた方が沢山いました。 内容は全く有り得ない話で、二宮君や松山ケンイチ君のファンの方にはいい映画だと思います。 暴力的なシーンも多く、子供向けでは無い。若者(男性?)向きかとも思われました。 最初、地下鉄のシーンから始まりますが、ワープした後のフルヌードの女性(夏菜)はドキッとしました。 短髪なので、男性だろうと勝手に推測してましたが思いも反して女性でした。すごい勇気です。 タイトルのGANTZは球体で、雑音の多いラジオ体操のテーマ曲をBGMに、よく分からないタイマーや広告を切り抜いた様な文字に変な口調(まるでヤッターマンのドクロベエ)、仕舞いには点数まで出て来る。 トランジスタラジオやお坊さん、巨大仏像、千手観音が出て来て訳の分からない事を言って暴れだす。 結局、テーマが何なのか、何を言いたいのか全く不明でした。 試写会じゃないと行かないジャンルですが、たまにはこう言う作品もいいかなと思いました。 全体的に画面が暗い映画でした。また実際の時間よりも長く感じました。CG満載でした
隠す
  
 
[025]僕と妻の1778の物語
 草?君が好演おしゃべりチャック2011-01-12
 【ネタバレ注意】
2時間20分のちょっと長めの作品ですが、全く中だるみはありませんでした。 SF作家・眉村卓さんの実体験を基に作られた映画ですが、実話だと聞いて、改めて闘病中の約5年間で・・・
続きを読む
2時間20分のちょっと長めの作品ですが、全く中だるみはありませんでした。 SF作家・眉村卓さんの実体験を基に作られた映画ですが、実話だと聞いて、改めて闘病中の約5年間で、よく毎日、合計1778もの短編小説を書き上げ、妻にささげたものだと感心しました。 この献身的な役所(旦那役)に草?剛君は最適(適役)でした。 最近、草?君は映画やドラマの中で旦那役を好演してますが、プライベートでも充実した日々を送られる事を祈ります。 竹内結子さんは癌におかされる妻役で、ダイエットされ、以前よりもずっと綺麗になられた様な気がしました。 また後日の癌におかされる日々は演技力と特殊メイクで見事に演じてました。 闘病記と言うと、大体粗筋は決っているものの、終始心温まり、また運命の日は来るのですが、途中、部分部分にSFファンタジーのエッセンスも散りばめられ、悲しいだけの作品に終わってはいませんでした。クスクス笑えるコミカルな部分もありました。 また主人公朔太郎が書き上げる原稿の綺麗な青いインク文字が印象的でした。 時代は遡り、原稿はパソコンでは無く手書き、携帯ではなく公衆電話(BOX)、車はクラシックカーと時代背景がよく分かります。(昭和の時代です) 所々に出て来る谷原章介さんの役所も良かったです。
隠す
  
 
[026]武士の家計簿
 銀行の特典でもらった健全な作品おしゃべりチャック2010-12-07
 
大手地銀(H陸銀行)の預金特典でもらったチケットなんですが、そこの銀行が預金特典で出す位なんだからちゃんとした内容だろうと思いましたが、お子さんにもお勧めな健全な作・・・
続きを読む
大手地銀(H陸銀行)の預金特典でもらったチケットなんですが、そこの銀行が預金特典で出す位なんだからちゃんとした内容だろうと思いましたが、お子さんにもお勧めな健全な作品でした。 また、舞台が石川県金沢市で、スポンサーに石川のH国新聞、富山のT山新聞がスポンサーなのも理解出来ました。 話の流れは穏やかで、そんなに多岐に渡った内容では無いですが、予備知識はあった方がいいと思います。 金沢城、浅野川、犀川など出て来ます。 ただ、時間129分はちょっと長いなぁと。最期の方が特にそう感じられました。 主演の猪山直之(堺雅人)と駒(仲間由紀恵)の老後が今一で、上手く老けれなかった様に思います。 また、今まで余り馴染みの無い分野の作品でした。
隠す
  
 
[027]怪盗グルーの月泥棒 3D
 完成度高い親子楽しめる作品おしゃべりチャック2010-10-13
 
最初なかなかストーリーが掴めず、映像や3Dが売りの映画かと思いきや、中盤まで来て、遊園地のシーンからグイグイ引き込まれ、話の流れが分かって来ました。 最期まで観ると内・・・
続きを読む
最初なかなかストーリーが掴めず、映像や3Dが売りの映画かと思いきや、中盤まで来て、遊園地のシーンからグイグイ引き込まれ、話の流れが分かって来ました。 最期まで観ると内容は理解出来ましたが、出来れば簡単な粗筋を押さえて観た方がいいです。 アニメですが、大人向けか子供向けかとちょっと考えましたが(子供が3人登場する映画なので、子供向けですが)、子供は勿論大人が観ても楽しめる作品だと思いました。 余り期待して行きませんでしたが、画像的にもストーリー的にも優れた完成度の高い素晴らしい作品だと思いました。大当たりでした。 タイトルはストーリーそのもの。内容は見せ場あり、笑いのスポットあり、落としどころありと95分で短いですが、全く退屈しません。 主人公を含め登場人物2人の声が大阪弁だったのも良かったです。
隠す
  
 
[028]特攻野郎Aチーム THE MOVIE
 何と無く観れてしまう作品おしゃべりチャック2010-08-03
 
アメリカの同名テレビシリーズを映画化した作品らしいですが、予備知識無しでは理解し難い部分もありました。 でも、予備知識があっても、反面、アクション主体の映画なので、・・・
続きを読む
アメリカの同名テレビシリーズを映画化した作品らしいですが、予備知識無しでは理解し難い部分もありました。 でも、予備知識があっても、反面、アクション主体の映画なので、変わらないかなと言う気もします。 深みのある話とか、そう言う話の展開ではないです。アクションのシーンが次から次へと続きます。目を覆いたくなるシーンもあります。その点では男性向きの作品です。 ノリも軽く、何となく観て終わってしまう作品でもあります。 アメリカらしいと言えばそれまででしょうが。 登場人物の腕の刺青が印象的でした。
隠す
  
 
[029]マイケル・ジャクソン THIS IS IT
 マイケル最高!!おしゃべりチャック2010-07-02
 
幻となったロンドン公演のリハーサルのシーンが主ですが、私はこの映画はライブとして受け止めました。 大画面で音響が良く、これこそ劇場で観る映画。ライブとしては完成度が・・・
続きを読む
幻となったロンドン公演のリハーサルのシーンが主ですが、私はこの映画はライブとして受け止めました。 大画面で音響が良く、これこそ劇場で観る映画。ライブとしては完成度が高く、マイケルの歌声・ダンス共にvery good。 マイケル・ジャクソンと言うと上の世代なんですが、若者にも全然受けると思いました。 往年の名曲も網羅(もうら)されて、歌・ダンスを始め、観所沢山のステージ。 マイケル・ジャクソンと言う財産を失った事を非常に残念に思いました。 生でライブを観てなくて非常に残念でした。 111分はドキュメンタリーとしては長めですが、全然長く感じませんでした。 深く考えず、力を抜いて観られる映画です。 売店で売られていたマイケルグッズも気になります。特に絵葉書15枚組で1,000円。
隠す
  
 
[030]FLOWERS フラワーズ
 命の絆おしゃべりチャック2010-06-11
 
第一印象は女優陣が豪華。資生堂「TSUBAKI」の顔ぶれでしょうか?(蒼井優さん、田中麗奈さん、竹内結子さん、仲間由紀恵さん、鈴木京香さん、広末涼子さん) これらの方々が3・・・
続きを読む
第一印象は女優陣が豪華。資生堂「TSUBAKI」の顔ぶれでしょうか?(蒼井優さん、田中麗奈さん、竹内結子さん、仲間由紀恵さん、鈴木京香さん、広末涼子さん) これらの方々が3世代の親子関係で各々のストーリーを紡(つむ)ぎ出し、時代がシャッフルします。 各々素敵な女優さんなんですが、1つ1つの逸話は彼女達の魅力を十二分に引き出しています。 また、各々の撮影シーンも1人1人のチャームポイントを十二分に引き出し綺麗です。絵になります。(水しぶきを背景に撮った竹内結子さんなど) 仲間由紀恵さんは、今まで観た事の無い髪形で、あの髪型も可愛いなと感じました。 広末涼子さんは、どの作品を観てもヒロスエに観えてしまいますが、今回の母親役は実際お子さんがいるので、当たり役(自然体)だなと感じました。 また、子守唄のシーンは流石CDリリースしただけあって、耳に心地良く聴き易く感じました。 話が幾つかに分かれているのはちょっと分かりにくく、そんなに起伏の跳んだ内容ではないのですが、それでもモノクロのオープニングから続くシーン(昭和初期の時代)が最期に全体をまとめてくれます。 タイトルの「FLOWERS フラワーズ」は6人の女性の主人公の各々の生涯と言う事でしょうか? 蒼井優さんの凜があの時、あの選択を取らなかったら、この物語はなかったでしょう。命の連鎖を感じ、結婚もいいなあと感じました。ちょっとうるっと来ました。 昭和初期は今と違い、結婚相手の自由もままならない時代でしたが、塩見三省さん演じる昭和初期の頑固親父はいい味を出してました。 全体的に落ち着いて、どちらかと言えば女性向けの作品でした。いい話でした。 でも、1つ1つの逸話が平坦なので、途中で中だるみを感じました。 エンドロールに工夫があり、登場人物の写真と名前が一致していたのが良かったです。
隠す
  
 
 1 2 3 4 5次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION