allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「こうき」さんのコメント一覧 登録数(2件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]スター・ウォーズ/最後のジェダイ
 キャリー・フィッシャー追悼こうき2017-12-17
 【ネタバレ注意】
新機軸のスター・ウォーズ。話は半歩進んだ。 アメリカのテレビドラマで笑い声が入るようなシーンがやたら多い。 ギャグと化したハグス将軍。ハッスル中のマズ・カナタ。ユー・・・
続きを読む
新機軸のスター・ウォーズ。話は半歩進んだ。 アメリカのテレビドラマで笑い声が入るようなシーンがやたら多い。 ギャグと化したハグス将軍。ハッスル中のマズ・カナタ。ユーモアあふれる隠遁したジェダイ他。 場にそぐわない描写が多すぎて悲壮感や絶望感は感じられない。軽い。 マトリックスばりの上体そらしを披露するルークの姿は、ドゥークー戦のヨーダのような痛々しさを感じた。 砲火にさらされて肩のほこりを無意味にはらう仕草も嫌悪感すら覚えた。 新シリーズは、新世代の監督がそれぞれの見せ方でスター・ウォーズの魅力を見せてくれたらそれでいいと思っているので、今作もこれまでに無いものを見せてくれたのは嬉しかったが、驚きより戸惑いの方が格段に大きい。 と言いつつ、主要キャラ3人が自分の立ち位置を確立していく過程はとても魅力的だし、チューイの頼もしさと愛らしさは前作に続きハンパない。 ファルコン号の戦闘シーンについても、あの曲は反則だし、スター・ウォーズらしさはしっかりと残している。 これまであり得なかったラストシーンも素晴らしいと思う。 ただ今作は、求めているスター・ウォーズとは違った。残念。 ・・・スノークって何だったの? (あとアクバー提督を返せ) 追記。2回目の鑑賞を終えて。 強引でもEP7から数年経過させるべきだった気がする。 ルークに威厳はないし、レイは自己完結してるし… この世のすべてを許す気持ちで見ないと、複数回の鑑賞には耐えない。
隠す
  
 
[002]ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
 夢を救ってくれこうき (Mail)2016-12-21
 【ネタバレ注意】
「ラスト2分を見れば全て許せる」 この一言に尽きます。 あれを見るために初日から3日連続で映画館に行ってしまいました。圧巻です。 ただ、残念ながら不満は多いです。 ・・・
続きを読む
「ラスト2分を見れば全て許せる」 この一言に尽きます。 あれを見るために初日から3日連続で映画館に行ってしまいました。圧巻です。 ただ、残念ながら不満は多いです。 プライベート・ライアンのアパム枠であろうボーディは見せ場が多く「フヌケ」感が薄い。 フォレスト・ウィテカーの演技はすごくいいのに、もったいない。 え、またグレネード? カイバークリスタルを話の軸にしたらいいのに。 始終だらだら、ぐだぐだ。 後半の音楽の使い方が雑。 等々。 ファンほど悔しい思いが募る作品ではないでしょうか。 あと1年製作期間が長ければ…と考えてしまいます。 でも、そんなことはラストシーンを見ればどうだっていいんです。 最後の最後でスター・ウォーズらしさとも言えるライトセーバーを登場させることで、正史への誘導を完璧なものにしたうえ、作中最大の存在感を残すベイダー卿の勇姿は、これまでのシリーズにはない高揚感を与えてくれました。 もちろん、ローグ・ワンから反乱軍兵士へと受け渡されていく「希望」の結末を知っているがゆえですが。 音楽も、スター・ウォーズのメインテーマと導入は同じなのに違う展開をする「Hope Suite」(かな?)という曲はスピンオフらしさが際立っていて好きです。 ジョン・ウィリアムズの偉大さを感じる瞬間は多々あります。それは仕方ないです。 総じて、ファンとしても驚きの仕掛け(技術)が多くて楽しめる、だけどストーリーが物足りない、だけど最後は本当に最高。だけど…だけど…というような印象です。 長年たくさんの人達が妄想してきた、旧作世界の奥行きを映像化した作品としては、十分役割を果たしたんじゃないでしょうか。
隠す
  
 
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION