allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「さと」さんのコメント一覧 登録数(46件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]にんじん
 名作ですさと2007-10-08
 
この作品はかなり以前にレンタル屋で借りて見た作品です。 1930年代の作品にして、何かと今話題になっている虐待とかいじめの類の話です。『子供に自殺を考えさせる』事すらも・・・
続きを読む
この作品はかなり以前にレンタル屋で借りて見た作品です。 1930年代の作品にして、何かと今話題になっている虐待とかいじめの類の話です。『子供に自殺を考えさせる』事すらもう既に、周囲の大人は罪深い気がするが、それがこの年代にして既に作品として残っていること自体、いかに普遍性の或る問題かということを教えてくれてる気がする。 っで肝心のストーリーですが、子供の目線からというわけでもなく、かといって父親でもなく、ましてや母親でもない。しいていえば自殺を父に知らせた爺さんのようで、登場人物に共感してのめりこむというより一歩引いて見ている感じがする作品である。よってなぜ母親がにんじんだけをそうも毛嫌いしているのか結局最後までわからなかったが、ただ、ちょっと大人ぶったこましゃっくれたフランソアだけれど、この子がけなげに思い悩む姿には心打たれるものがあります。 子供だけでなく人間にはやはりこの作品のおじさんやお父さんのように自分を理解してくれる人が必要なんだと思いました。うまくレビューできませんでしたが、いろいろ考えさせられるいい作品だと思います。ぜひ一度ご覧ください。
隠す
  
 
[002]巴里祭
 巴里の香りさと2007-09-29
 
巴里の香りを感じさせる映画は本作を初め、「巴里の屋根の下」や「アタラント号」など結構あり、どれも秀作ですが、中ではこれが一番好きです。ロマンティックで主人公の女の子・・・
続きを読む
巴里の香りを感じさせる映画は本作を初め、「巴里の屋根の下」や「アタラント号」など結構あり、どれも秀作ですが、中ではこれが一番好きです。ロマンティックで主人公の女の子が可憐で男がちょっぴりやんちゃで…。恋愛中の人にカップルで見てほしいほんわかした作品です。
隠す
  
 
[003]邂逅(めぐりあい)
 さすがオリジナルさと2007-09-27
 
リメイク版も評判がよいので両方見ました。が、配役のイメージも多分にあると思いますが、やはりこちらのほうがより親しみやすく癒し系で私は好きです。特に子供のキャラに愛情・・・
続きを読む
リメイク版も評判がよいので両方見ました。が、配役のイメージも多分にあると思いますが、やはりこちらのほうがより親しみやすく癒し系で私は好きです。特に子供のキャラに愛情が感じられます。リメイク版は本作を少し都会的にゴージャスにした感じです。
隠す
  
 
[004]愛と哀しみの果て
 好きですさと2007-09-27
 
あんまり受けがよくないようでコメントは控えてたのですが、実は大好きな映画です。孤独と愛と女のしたたかさとアフリカの雄大な自然と大人の生き方と…。と言う具合にエッセン・・・
続きを読む
あんまり受けがよくないようでコメントは控えてたのですが、実は大好きな映画です。孤独と愛と女のしたたかさとアフリカの雄大な自然と大人の生き方と…。と言う具合にエッセンスを沢山含んだ含蓄の或る作品です。特に主人公が周囲(男)に流されるようでいながらも凛として信念をもって生きてるところがいいです。私もこんな風に生きていきたいです。
隠す
  
 
[005]椿姫
 薄幸の美女さと2007-09-23
 
美男美女とはこのことよの〜。また今回の役所の所謂、薄幸の美女はまさにガルボ様のイメージにぴったり。ですがご本人はこの役が一番嫌いだったとか。分からないものであります・・・
続きを読む
美男美女とはこのことよの〜。また今回の役所の所謂、薄幸の美女はまさにガルボ様のイメージにぴったり。ですがご本人はこの役が一番嫌いだったとか。分からないものであります。病で憔悴しきっていくところのガルボ様は目が離せませんぞ。是非ご覧あれ!
隠す
  
 
[006]喜びなき街
 ガルボさと2007-09-23
 
内容はかなりシビアです。イエスタ同様、ガルボ様初期の頃のもので一見すると見過ごしてしまいそうな感じですがちゃんと真ん中におります。下の方がいろいろ詳しく書いてくださ・・・
続きを読む
内容はかなりシビアです。イエスタ同様、ガルボ様初期の頃のもので一見すると見過ごしてしまいそうな感じですがちゃんと真ん中におります。下の方がいろいろ詳しく書いてくださっているので書きませんが機会があったら是非見てみてください。結構いいです。
隠す
  
 
[007]イエスタ・ベルリングの伝説
 (無題)さと2007-09-23
 
一躍スターダムにのし上がるきっかけになった作品です。まだ出だしの頃の垢抜けないガルボ様が見られます。題名のとおり牧師イエスタのはちゃめちゃな人生物語ですが前述のとお・・・
続きを読む
一躍スターダムにのし上がるきっかけになった作品です。まだ出だしの頃の垢抜けないガルボ様が見られます。題名のとおり牧師イエスタのはちゃめちゃな人生物語ですが前述のとおり見る価値はあります。ぜひ機会があったら見てみてください。
隠す
  
 
[008]肉体と悪魔
 面白かったさと2007-09-22
 
サイレントにして、一度も寝ずに見れた作品のうちの一つです。コミカルでもあり一見の価値はあります。お勧め!
  
 
[009]クリスチナ女王
 美しいさと2007-09-22
 
本当にガルボ様綺麗です。ガルボの顔ばかり見てしまいました
  
 
[010]或る夜の出来事
 群抜!さと2007-09-22
 
文句なしによい。DVDに付属の解説まで全部皿のように見たのはこの作品だけです。
  
 
[011]追憶
 好きな作品です。さと2007-09-22
 
不器用なバーブラとハンサムボーイの結婚の行方はなるべくしてなったという感じですが、作品的には好きです。主題歌も最高!ただ最後まで生き方を変えなかった彼女にはちょっと・・・
続きを読む
不器用なバーブラとハンサムボーイの結婚の行方はなるべくしてなったという感じですが、作品的には好きです。主題歌も最高!ただ最後まで生き方を変えなかった彼女にはちょっとがっくり、というか寂しい気がします。
隠す
  
 
[012]靴みがき
 傑作!さと2007-09-22
 
デ・シーカあっぱれ!ネオ・リアリズムの傑作です。この作品はビデオで見ると最悪ですので、是非DVDで見てください。大人に翻弄されていく子供たちが哀れでなりません。未見・・・
続きを読む
デ・シーカあっぱれ!ネオ・リアリズムの傑作です。この作品はビデオで見ると最悪ですので、是非DVDで見てください。大人に翻弄されていく子供たちが哀れでなりません。未見の方お勧めですぞ。
隠す
  
 
[013]ナポリ湾
 ゲイブと子供さと2007-09-22
 
ソフィアローレンとクラークゲイブルの共演です。久々のゲイブ作品でしたが、後年になってからの作品ということもあり、二人とも大人の男女という感じで、見ていても安心感があ・・・
続きを読む
ソフィアローレンとクラークゲイブルの共演です。久々のゲイブ作品でしたが、後年になってからの作品ということもあり、二人とも大人の男女という感じで、見ていても安心感がありました。間に挟まれた子供がキーポイントなんだけど、ゲイブ作品にはめずらしい子供との掛け合いもあり、美しいナポリの風景と旅行気分で最後まで興味を持って見ることができました。クラークゲイブルの作品ではちょっと異色の雰囲気な作品です。また本作のソフィアローレンはかわいいです。ゲイブ相手だからでしょうか…。
隠す
  
 
[014]ああ結婚
 結構いい。さと2007-09-22
 
例によってマルチェロ・マストロヤンニとソフィア・ローレンのコンビ作です。デ・シーカ監督らしく内容はとてもシビアでリアル。で、考えさせられる所謂あとをひく作品です。
  
 
[015]自転車泥棒
 泣けました。さと2007-09-22
 
子供の無垢なあどけなさがいっそう作品を名作たらしめてます。最後の大立ち回りには号泣でした。子供もお父さんも素人さんだそうですが、これには脱帽です。しかしそこまで大切・・・
続きを読む
子供の無垢なあどけなさがいっそう作品を名作たらしめてます。最後の大立ち回りには号泣でした。子供もお父さんも素人さんだそうですが、これには脱帽です。しかしそこまで大切な自転車なら紐で繋いでおくとかしとけよ!と思いますね。それにつけてもデ・シーカは素晴らしいです。彼の作品はすべて好きです。お見逃しなく!
隠す
  
 
[016]ひまわり
 ベスト1さと2007-09-22
 
本作品は私のベスト1シネマです。どこがいいって、最後ジョバンナが元夫をみかぎって生きていくところ。「風と共に去りぬ」のスカーレットみたいに裁けてて強くて気持ちいいです。
  
 
[017]心の青空
 ゲイブファンなら見とけ!さと2005-06-12
 
ゲイブと片田舎の図書館なんてめったにお目にかかれないシュチエーション。思わずこれはジェームズ・スチュワートの映画だったっけ?と思いきや、そこに現れた目の覚めるような・・・
続きを読む
ゲイブと片田舎の図書館なんてめったにお目にかかれないシュチエーション。思わずこれはジェームズ・スチュワートの映画だったっけ?と思いきや、そこに現れた目の覚めるような美女。と、くればすかさず手に入れようと、後に着いていく。狙った獲物は必ず手に入れる、やっぱゲイブの映画だ。でもそんな計算高い男も、美しい女の率直さには敵わない。『落ち着いたら、子供でも作って…』が常套文句として通じちゃうのだ。今後の参考にメモっとこうではないか。 この映画を観るにつけ、どうしても先入観がぬぐえず、伝説のカップルとしてみてしまうが、実はこの映画が製作された時はまだキャロル・ロンバートはウイリアム・パウエルの奥さんだったのよね。お間違いなく。
隠す
  
 
[018]特急二十世紀
 キャロル・ロンバードさと2005-06-12
 
この作品はストーリーどうの、と言う作品ではなくキャロル・ロンバードとジョン・バリモアを観る作品だ。流石にキャロル・ロンバードの代表作と言われるだけあって、彼女が頑張・・・
続きを読む
この作品はストーリーどうの、と言う作品ではなくキャロル・ロンバードとジョン・バリモアを観る作品だ。流石にキャロル・ロンバードの代表作と言われるだけあって、彼女が頑張っている。出番も多いし、アップも多く下隅の大根役者時代から大スターへと見せ場もある、彼女を見たくばやはりこの作品を見るべしといったところか。お相手のバリモアは私には少々オーバーアクト過ぎて感情移入できなかった。でも『赤ちゃん教育』などホークス作品で笑える人にはやはり傑作に違いない。もはや廃盤でなかなかお目にかかれない作品だが、機会があったら是非このスクリューボール・コメディの元祖を一度ご覧になっていただきたい。
隠す
  
 
[019]人生は四十二から
 名優ロートン!さと2005-06-12
 
あの『戦艦バウンティ号の叛乱』のフライ艦長と同年に作られた作品にして、このチャールズ・ロートンは凄い。英国とアメリカの文化の違いを成金主人を通して描写したところは秀・・・
続きを読む
あの『戦艦バウンティ号の叛乱』のフライ艦長と同年に作られた作品にして、このチャールズ・ロートンは凄い。英国とアメリカの文化の違いを成金主人を通して描写したところは秀逸だし、笑わせながらも、レオ・マッケリー監督らしい人情味あふれる温かい作品にしあがっている。心が萎えてる時など優しく癒してくれる作品だ。42歳も捨てたもんじゃないな…。 
隠す
  
 
[020]巴里の女性
 マンジューに惚れた!さと2005-06-05
 
とってもシビアなお話なのに、なぜか途中窓から捨てた首飾りを追っかけていく女に失笑しているマンジューだけが印象に残っている。彼のあの笑い顔に惚れて、10点満点の作品です・・・
続きを読む
とってもシビアなお話なのに、なぜか途中窓から捨てた首飾りを追っかけていく女に失笑しているマンジューだけが印象に残っている。彼のあの笑い顔に惚れて、10点満点の作品です。未見の人、是非観て!ついでにマンジューはあの名作『モロッコ』でも切ない情夫役をやってます。
隠す
  
 
[021]結婚哲学
 ルビッチ!さと2005-06-05
 
とってもルビッチらしい一本。本作と『生活の設計』『極楽特急』あたりが一番ルビッチルビッチしていると思います。ルビッチ同様、チャップリンの『巴里の女性』でアドルフ・マ・・・
続きを読む
とってもルビッチらしい一本。本作と『生活の設計』『極楽特急』あたりが一番ルビッチルビッチしていると思います。ルビッチ同様、チャップリンの『巴里の女性』でアドルフ・マンジューを見初めて以来、わたしも彼が好きになりました。マリー・プレヴォー演ずる小悪魔ミッチとマンジュー夫婦の大人の小競り合いが妙に楽しい。大好きな一本です。
隠す
  
 
[022]あれ
 今見てもかわいい。さと2005-06-05
 
セックスシンボルとか言われ、当時世間の常識ある(?)大人達の眉をひそませた少々飛んだ人だったらしいクララ・ボウだけれど、『つばさ』にせよこの作品にせよ、スクリーンに・・・
続きを読む
セックスシンボルとか言われ、当時世間の常識ある(?)大人達の眉をひそませた少々飛んだ人だったらしいクララ・ボウだけれど、『つばさ』にせよこの作品にせよ、スクリーンにでてくる彼女は今ではセクシーというよりむしろ健康的なお色気、とってもキュートで可愛く、若者のカリスマ的存在になったことが良く分かります。作中ドレスをはさみで大胆に切ってしまうところや、海にダイブするところ、遊園地で回転コースター(?)みたいなもので転げまわる姿など、はらはらと見逃せないシーンも満載。30年代のデパ地下なんてのも興味深く楽しい作品でした。
隠す
  
 
[023]テスト・パイロット
 スペンサ−・トレーシーがいい!さと2005-06-05
 
この作品は航空ファンには見逃せない貴重な一本であると共に、スペンサ−・トレーシーの抑えた演技が光る作品です。感情と言う物は抑えると一層切なさが増して強調されると教え・・・
続きを読む
この作品は航空ファンには見逃せない貴重な一本であると共に、スペンサ−・トレーシーの抑えた演技が光る作品です。感情と言う物は抑えると一層切なさが増して強調されると教えてくれる作品です。機会があったらぜひ見て欲しい。お勧めの一本です。
隠す
  
 
[024]アエリータ
 面白かった!さと2005-05-19
 
衣装を始めとする斬新な火星のシーンは今見ると稚拙(?)ですらあるが、ストーリー展開は充分楽しめるし、やロシアの配給に並びながらも、ブルジョアに憧れる若い奥さんなど多・・・
続きを読む
衣装を始めとする斬新な火星のシーンは今見ると稚拙(?)ですらあるが、ストーリー展開は充分楽しめるし、やロシアの配給に並びながらも、ブルジョアに憧れる若い奥さんなど多少なりとも某国の社会状況が垣間見れて興味深かったです。SFが苦手な人でも面白くみられる肩の凝らない作品です。旧ソ連映画=エイゼンシュテイン、しか知らない人にお勧め。
隠す
  
 
[025]地球を駆ける男
 ゲイブ好きにはたまらない作品です。さと2005-05-11
 
原題は『Too Hot to Handle』。役どころはニュース映画会社のカメラマンで、原題どおり元気一杯!で、男臭くて要領も良く、そのくせ誠実な男といったゲーブルらしい作品です。・・・
続きを読む
原題は『Too Hot to Handle』。役どころはニュース映画会社のカメラマンで、原題どおり元気一杯!で、男臭くて要領も良く、そのくせ誠実な男といったゲーブルらしい作品です。当時の”ニューヨーク・トリビューン紙”が『次から次へと連続活劇のようにわくわくさせるシーンが楽しめる』と絶賛したように、テンポ良く切れのいい演出が見ていて心地いい作品です。
隠す
  
 
[026]ブーム・タウン
 元気になれる。さと2005-04-24
 
『風と共に去りぬ』の翌年に作られた作品。『桑港』『テストパイロット』に続くスペンサー・トレーシーとゲーブルのコンビ作で乗りに乗ってる二人が観られる。このコンビになる・・・
続きを読む
『風と共に去りぬ』の翌年に作られた作品。『桑港』『テストパイロット』に続くスペンサー・トレーシーとゲーブルのコンビ作で乗りに乗ってる二人が観られる。このコンビになると、トレーシーはどうしてもゲーブルの下出に回るちょっと抑えた役回りが多いようだが、本作では無一文になっても更にのし上がっていく強かさが二人の主人公とそれによって培われる友情、にみられ観ている方は元気になれる。『或る夜の出来事』に続きマドンナ役のクローデット・コルベールもゲーブルと息の合った演技をみせてくれてこの作品を昇華せしめている。見所はなんといっても、ニトロをもって油田火災の消化に挑む場面だろう。なかなか見ごたえがあり、ゲイブファンならずとも多くの方に見ていただきたい作品です。
隠す
  
 
[027]一攫千金を夢見る男
 いかにも…。さと2005-04-21
 
どの映画やTVドラマにも言える事だが、いかにも始めから『カッコいい男』的な人物設定とストーリー展開は『有名になると汚れ役はしなくなる』、といった感じで、俳優の自己満・・・
続きを読む
どの映画やTVドラマにも言える事だが、いかにも始めから『カッコいい男』的な人物設定とストーリー展開は『有名になると汚れ役はしなくなる』、といった感じで、俳優の自己満足に陥ってしまう感があって見ている方としては面白くない。この作品はそんな感じだ。”一攫千金”というのを麗しき人妻スーザン・ヘイワーズのことを言っているのだとすればゲーブルの役不足(?)ということになる。だとすると、せっかくの異国情緒あふれる且つスリリングな香港ロケも空回りになってしまって勿体無い気がする。もう少しゲーブル扮するハンクの純情、ダンディズムを分かりやすく表現できていればきっともっと評価が高くなっているだろう。ファンとしては残念な一作である。
隠す
  
 
[028]サラトガ
 馬好きな人にお勧め。さと2005-04-21
 
プラチナの女王’と呼ばれ、30年代ハリウッドのセックス・シンボルとして、その名を轟かせたジーン・ハーローの遺作で、且つクラーク・ゲーブルとのコンビ作品。 多額の借金を・・・
続きを読む
プラチナの女王’と呼ばれ、30年代ハリウッドのセックス・シンボルとして、その名を轟かせたジーン・ハーローの遺作で、且つクラーク・ゲーブルとのコンビ作品。 多額の借金を残したまま亡くなったサラトガの牧場主クレイトン。娘のキャロルは、父の愛馬を競売にかけて借金の返済をしようとするが、貸主の馬券屋、デュークは富豪である彼女の婚約者から大金を巻き上げることを企てる。始めはデュークを憎んでいたキャロルだったが、いつしか彼に愛を抱くようになり…。ジーン・ハーローはこの映画の撮影中、前夫の暴行が元で腎障害を起こし、26歳の若さで亡くなりました。本作は公開を希望するファンの熱い希望によって製作を完了、発表された作品。日本公開1937年。
隠す
  
 
[029]先生のお気に入り
 ドキドキものでした。さと2005-04-21
 
またもやゲーブルの十八番、新聞記者の役でしたが、でもやっぱ期待を裏切らないゲーブルの男臭さがたまらないです。特にドリス・デイとの絡みはドキドキしちゃいました! また・・・
続きを読む
またもやゲーブルの十八番、新聞記者の役でしたが、でもやっぱ期待を裏切らないゲーブルの男臭さがたまらないです。特にドリス・デイとの絡みはドキドキしちゃいました! また本作は若手エリートにこてんぱんにやられちゃったり、息子に大学進学の説得を頼まれたりと、ユーモアと示唆にも富んでなかなかの出来栄えにもなっております。ゲーブルファンならずとも一度はみてほしい作品です。
隠す
  
 
[030]無冠の帝王
 なかなかスリリングでいいです。さと2005-04-21
 【ネタバレ注意】
青雲の志を抱いて新聞社に入社した男が、何も知らないことをいいことに、ギャング組織がはびこる無法地帯の取材を任される。が、いつしか彼はしたたかにも彼らから口止め料をせ・・・
続きを読む
青雲の志を抱いて新聞社に入社した男が、何も知らないことをいいことに、ギャング組織がはびこる無法地帯の取材を任される。が、いつしか彼はしたたかにも彼らから口止め料をせしめる人間に成り下がっていた…。 『無冠の帝王』とはいかなる権力にも屈せず正義を貫きとおす新聞記者、ということで 現実とは裏腹に殉職して英雄と祭り上げられた彼を皮肉った邦題だ。 後年の『オール・ザ・キングスメン』を思わせる展開で、一貫してリチャード・バーセルメスの楚々として少し頼りなげな主人公の青年キャラが一層見る側に緊張感と、不安感を盛り立ててこの作品を引き締めている。最後のおちもいい。恋人の言った「都会が悪いの?」という台詞は悲しくもあり、考えさせられるものがある。もっとみんなに見て欲しい作品です。ゲーブルは助演。
隠す
  
 
 1 2次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION