allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「ちゃき」さんのコメント一覧 登録数(249件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]アジャストメント
 運命に沿うようにアジャストメントちゃき2011-05-15
 
マッド・ディモン最新作。今回彼は政治家です。 決められている運命があり、そこから外れそうになると、 アジャストメント(微調整)が入る、という世界感でのお話です。 ボー・・・
続きを読む
マッド・ディモン最新作。今回彼は政治家です。 決められている運命があり、そこから外れそうになると、 アジャストメント(微調整)が入る、という世界感でのお話です。 ボーン・アイデンティティ以来、国家機密な謎の組織から追われ、 その理由、真の目的を探るべく奔走し、 やつらは一体なんなんだ!俺はいったい何者なのだ!?的な役は 鉄板になったなぁと思うのは私だけでしょうか。
隠す
  
 
[002]パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉
 ロブ・マーシャル!ちゃき2011-05-07
 
今回からは、監督を代え、 雰囲気も一転で新たな世界が再開のようですね。 監督はロブ・マーシャルって言うんだから、新たな世界を期待! 今回は、ニューヒロインとしてペネ・・・
続きを読む
今回からは、監督を代え、 雰囲気も一転で新たな世界が再開のようですね。 監督はロブ・マーシャルって言うんだから、新たな世界を期待! 今回は、ニューヒロインとしてペネロペ・クルスが登場。 スペイン出身の彼女。カリブ系のイメージがあるよね。
隠す
  
 
[003]バーレスク
 パワフル!ちゃき2011-05-04
 
歌のシーンはとってもパワフル! クリスティーナ・アギレラの薄化粧が意外! いつもアイラインを派手に引いているので、 とっても素朴な田舎娘な感じが可愛かった。 対比的に・・・
続きを読む
歌のシーンはとってもパワフル! クリスティーナ・アギレラの薄化粧が意外! いつもアイラインを派手に引いているので、 とっても素朴な田舎娘な感じが可愛かった。 対比的に、舞台登板シーンになって、 舞台用化粧に変わったら一気に目力が(笑)。 やっぱり舞台映えする顔立ちなのね、と実感。 対に、最初のバーレスク紹介シーンと 終盤の「私はまだまだ負けないわ!」と意気込むシーンの シェール姉のパワフルさには感服・・・。 あのオーラに立ち向かうのは、相当至難の業です。 とはいえ、ストーリー全体は一歩間違うと ただのぶっつけ上京&本当の愛とは何かしら?ストーリー。 ひたすらに、クリスティーナとシェールを観るための娯楽映画ですね。
隠す
  
 
[004]ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
 私は大好きなのでちゃき2011-05-04
 
私はとても大好き。 このシリーズ最高峰の出来だと思っています。 自然との調和。さらに成長していく姿。 死の秘宝の解説で使われたアニメの世界など、 感動するポイントは多・・・
続きを読む
私はとても大好き。 このシリーズ最高峰の出来だと思っています。 自然との調和。さらに成長していく姿。 死の秘宝の解説で使われたアニメの世界など、 感動するポイントは多くありました。 過去に私もハマったのですが、過去のストーリーを理解していないまま観ると、十分に楽しめないと思います。子供向けかどうかは別として、ぱっとみて楽しい魔法使い映画だと思って観ると、???となるのは間違いないと思います。 7作も出ている映画なので、ストーリーに厚みと複雑さがあるのは当然。最終作にとっても期待しています。
隠す
  
 
[005]ウォーリー
 CGの良さが全面にちゃき2008-12-14
 
とにかく、Wall-E姿がかわいかった。ロボットなのに?表情がものすごくあって、動きのいじらしさがあって、そして電子的だけどかわいらしい声とあいまって、旧式キャタピラロボ・・・
続きを読む
とにかく、Wall-E姿がかわいかった。ロボットなのに?表情がものすごくあって、動きのいじらしさがあって、そして電子的だけどかわいらしい声とあいまって、旧式キャタピラロボットだからある、たどたどしい雰囲気にとてもくすぐられました。よくよく考えてみると、話全体の8割がた、台詞らしい台詞がない。それでも夢中になれるのはあの映像から来る表情のかわいらしさ、けなげさだと思うのです。 ピクサー映画の多くは人が出てくるけれど、やっぱりCGが発達したとはいえ、やはりCGは電子的なものを、存在しないものを描くのに非常に向いていると思うのです。Wall-Eは実写化できない。あの表情はCGじゃないと描けない。そしてアニメでもうそくさくなりそう。だからこそピクサーがCGでやる意味があると思うのです。だからすごくよかった。 ピクサー、という意味では、いつも対ディズニーで反良い子なストーリーで行くのに、今回はストーリーに意味を持たせたなという変化を感じました。ただ着眼点が新しそうなこと描いていながら、環境問題の中でも古いのは、アメリカが遅れているせいだろうと思います。ようやくごみをむやみに捨てちゃいけない、自分たちの地球だ!的なメッセージの映画が大衆向けに、子供向けに出てきたなというところ。ヨーロッパとか日本にとっては、特に目新しくないんじゃないかな? 他にはお得意の皮肉も少なかったですが、唯一大好きで、劇場で一人でおおはしゃぎだったのは、冒頭で音楽を聴くのがiPodだったことと、Wall-Eの充電終了音がMac音だったというところですね。Wall-Eってマックが入っているの?っていうか近未来ではMacが主流なの?っていう素敵な妄想をかき立てる設定でした。 CGのよさを存分に発揮したよい映画だと思います。私は大好きです。
隠す
  
 
[006]レッドクリフ Part I
 ハリウッドを意識ちゃき2008-12-14
 
私は大好きでした。三国志のお話を知りませんが、予習しない方がいいだろうと思って、全く知らないまま見ましたが、楽しく世界に入っていくことができました。 ジョン・ウーは・・・
続きを読む
私は大好きでした。三国志のお話を知りませんが、予習しない方がいいだろうと思って、全く知らないまま見ましたが、楽しく世界に入っていくことができました。 ジョン・ウーはやっぱりハリウッドを意識しているのだと思う。得意のアクションとか壮大なセットもすごいと思ったけれど、今まで誰も書いてこなかった” オールアジアキャスト”によるアジアの歴史があの規模感で見られるのは今までなかった。アジアの世界をアジアで終わらせずに世界に発信しているのが分かって私は良かったなと。 そういう意味では三国志のもともとのファンとかがどう思うかはさておき、欧米でも受けるでしょう。無駄な世界観がある?と思えるようなシーンもありましたが、それも戦いばかりでは強弱にかけるし、と思って織り込まれているのだろうと思います。やっぱり綺麗な女性とのシーンもなければ(笑)。 それにしても、この手の昔の戦いを見ると、戦略の大事さとか、リーダーシップを取ること、重要人物を的確なプレゼンテーションで押さえる手腕など、現代に通じるところが非常に多いなと思います。ビジネスパーソンでこの手の歴史的な「戦」ストーリーを読むのが好きとか、歴史上のどの人物に似てるとか、あの人は誰タイプとか議論・分類したがる理由もわかる気がしました。 そういう意味では、スーツを着てないにしろ、男の戦いのかっこよさ、これは物理的な戦闘ではなくて、戦う男の姿はかこいいと思う。素直に惚れるなぁ。トニー・レオンはかっこよすぎる。別に顔がハンサムだとは思わないんだけれど、ものをきっちり考えて、それを実行に移せる人は憧れます。それはきっと女性だけではなくて、男性もそういう人になりたいとか、そういう人についていきたいと思うんだろうと思います。 とにかく現代のビジネスの世界との酷似を強く感じた作品でした。もちろんその他の映画としての完成度の高さ、映像・ストーリーの壮大さは、当たり前に良かったです。あとは日本に配慮した解説も助かりました。あとは、昔の中国語はゆっくりはっきりしゃべるので非常に聞き取りやすいですね。中村獅童の中国語も良かったですよ。
隠す
  
 
[007]L change the WorLd
 Lは走らなくてよいわけでちゃき2008-06-22
 
大人気になったデスノート実写版の世界。その中でももともと愛されていたキャラクターでしたが、世界的に話題になったLの世界観をそのまま実写化できたことで一気にブレークし・・・
続きを読む
大人気になったデスノート実写版の世界。その中でももともと愛されていたキャラクターでしたが、世界的に話題になったLの世界観をそのまま実写化できたことで一気にブレークした 松山ケンイチが、帰って来た作品という位置づけでしょうか。 やっぱり似ているよね。目の下にくまがある感じ。猫背。椅子にヤンキー座りで手にスイーツ。裸足。角砂糖。無骨感。といろいろキーワードはあるわけですが、ちゃんと網羅しているところが素敵です。もう少し目にインパクトがあれば完璧ですが、それは要求し過ぎですね。 さて、肝心の映画ですが、動いている彼が観られることが精一杯のいいこと。ストーリーにしろ、動きまくるLにしろ、私は幻滅かな?Lは表に出ずに裏で頭脳を働かせていればいいのであって、飛行機の淵に飛びつかなくても、アクション映画のようにコックピットで操作しなくてもぜんぜん構わないわけですよ。そこを見せてしまうのは原作者の了解は得ているのかな?とそこまで不安になってしまうくらい私はやりすぎだと思いました。 映画としては普通。でも動いているLがまた観れたから良しとしますか。くらいかなぁ。 (2008/02)
隠す
  
 
[008]ウォール街
 お金を転がすということちゃき2008-06-22
 
トレーダーっていうのは、つまるところどういうことなのよ?と思っている人にはとりあえず観たら?と言われている映画のようなので、みせて頂きました。 ちょっとふるい映画な・・・
続きを読む
トレーダーっていうのは、つまるところどういうことなのよ?と思っている人にはとりあえず観たら?と言われている映画のようなので、みせて頂きました。 ちょっとふるい映画なので、情報の集め方とか、トレーディングのやり方が今このようなのかはさておき、お金を転がして増やすことに対する描き方とか、そこに集まる人の思いとか、成り上がろうとする欲望とか、実際に成功している人というのは実際にはゲームのような勝ち負けの感覚のみが残っていて、お金を必要な分だけ貯めるとかそういう概念はとうの昔に消え去ってしまっているところとか、そういう部分がうまく描かれていると思いました。 最近はデイトレーダーとかいらっしゃいますが、そういう人も、うまく行った行かなかったが全てで、お金は貯まるけれど使うところがないとか、自分がいないときに何が起こるか分からないから平日は離れられないとかいろいろ聞きますが、きっとそういう何かに取り憑かれている感が時代、世代、場所を問わず世界中にいるのでしょうね。 映画としては、そういうどこか華やかに見える世界に憧れて入っていく青年が、そういう矛盾とか無機質さ、やり切れなさに絶望して反旗を翻す様子が描かれて行くのですが、やっぱり相手を間違えたね、と。マイケルダグラスにあっさりひねられてしまうわけです。ジャブは入れたけれど、まだまだ。 その一連の流れを観られることと、マイケル・ダグラス、チャーリー・シーンの演技にひかれます。でもこんな世界に興味がないと、中盤からかなり観ていてだるくなってしまうかもしれません。
隠す
  
 
[009]ザ・スナイパー
 モーガンフリーマンちゃき2008-06-22
 
TSUTAYAでDVD借りようかなーと思い、あまりいいものがなかったので、あたり障りのなさそうな感じで、役者びいきで選んだ1本です。結局、名作!というわけではなかったですが、・・・
続きを読む
TSUTAYAでDVD借りようかなーと思い、あまりいいものがなかったので、あたり障りのなさそうな感じで、役者びいきで選んだ1本です。結局、名作!というわけではなかったですが、けっこう楽しめる映画だったと思います。 悪い世の中の消し役、モーガン・フリーマンと正義感溢れるお父さんジョン・キューザックのやりとりが面白かったです。役者の設定とか、結局どうなのか?というところが最後の最後までわからなったのですが、これはドラマの設定かなんかだったのかな?と思ってしまいますが、そういう謎めいたところも面白いところなのかもしれませんね。 それなりのドキドキを見たくて、お金使って宣伝しているような映画にやきもきしている人は見ても面白いかと思います。 (2008/06/14)
隠す
  
 
[010]グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち
 不運な天才少年の話ではないとちゃき2008-02-11
 
もう一回よく見てみたい。マッドデイモンがいい味を出している。 (初) ずっともう一度観てみたくて、それでも近所のお店にはビデオしかなくて、ようやく見つけて観ることが・・・
続きを読む
もう一回よく見てみたい。マッドデイモンがいい味を出している。 (初) ずっともう一度観てみたくて、それでも近所のお店にはビデオしかなくて、ようやく見つけて観ることができた映画。もう少し若い時にもう一度見直したかったと思いました。でも今観ても十分良い映画。 私が泣いた箇所は二つ。「きみは悪くない」とアパートから消えたところ。あれにはやられました。 マッドデイモンが注目された映画であったと思うんだけれど、彼の役どころの難しさと、悩ましさと心を閉ざしてしまっている恐怖とか不安などがしっかり感じられてよかったと思いました。心理学的なところとか、カウンセリングの部分に思う所はあるけれど、わかるわかる!と言うにはおこがましい世界。 最初観た時は、才能を開花させる話だと思っていたけれど、それは大きな間違いで、人が自分の生きて行く世界を選ぶ上で、自分がこれからどうしていきたいのか、という大きな課題に対して、どうやって取り組んで行くのか、そしてどうやって問題に対面してそれを乗り越えて、次の道へ行くのか。その過程が大事でいかに大変かがわかったような気がします。 仲間役のケイシー・アフレック。オーシャンズシリーズに出てるよなぁと思って調べてみたら、ベン・アフレックの弟なんだってさ。ベンとマットデイモンが仲良しなのは知っていたけれど、そういうコネクションがあるとは思わなかった。 (2008/02/10)
隠す
  
 
[011]アメリカン・ギャングスター
 長いけど、よかったと思うちゃき2008-02-03
 
デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウに惹かれてみた映画。実話を元にしたアメリカ70年代の腐敗の時代を描いた作品。あの当時と言えば、ベトナム戦争があって、ピッピーが・・・
続きを読む
デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウに惹かれてみた映画。実話を元にしたアメリカ70年代の腐敗の時代を描いた作品。あの当時と言えば、ベトナム戦争があって、ピッピーがそこら中にいて、みんながピースをさけび、麻薬と警察の汚職で町の秩序というものは、マフィアが管理していたようなもの。フォレスト・ガンプの時代にかぶるところがあります。 それはさておき、さすがにこの二人はきっちりといい役をやってくれました。デンゼル・ワシントンが悪い役というのがめずらしいので、彼の非道さとか、成功のためのきっちりとしたところはともかく、黒人マフィアっぽくなかったかも。ラッセルの方も正義感に溢れる当時稀なりっぱな刑事さんだけれど、家族はうまくいってなかったりして、そういう余談もきっちり入れて来ているので、多少長かったです。 ネタバレはできないので、あまりうまくは言えませんが、ベトナム戦争の軍の輸送で間違いなく純度の高い麻薬の取引があったわけで、それに関わった国内のバイヤーや、それを見逃して中間でお金を取っていた警察は沢山つかまったようですが、それを実際に詰める作業をした米兵がどうなったのか、つまり刑に問われたのかは謎です。描かれていませんが、たぶんあっても軽いでしょう。ベトナム戦争はアメリカにいろんな影や傷を残した戦争だったのでしょうから、そこはそのまま曖昧になっています。 最後の展開には多少驚かされますが、操作に協力すれば刑が軽くなるというアメリカ流は良くもあり、悪くもあるものです。法律も取引の世界ですから、正義とはまた違ったところにあるみたいですね。 実際との整合性ですが、かなりの着色はされているみたいですが、最後の方は事実みたいですよ。 オーバーオールとしては、長かったですが、丁寧に描かれていたし、良かったと思います。
隠す
  
 
[012]ザ・センチネル/陰謀の星条旗
 この系は密度が落ちるとつまらないちゃき2008-02-03
 
マイケル・ダグラス、キーファー・サザーランドの映画では落ち目?の二人が出ていて、サザーランドが出ているあたりで、24系のものだとあたりをつけて観たんですが、やはりそ・・・
続きを読む
マイケル・ダグラス、キーファー・サザーランドの映画では落ち目?の二人が出ていて、サザーランドが出ているあたりで、24系のものだとあたりをつけて観たんですが、やはりそうでした。 24系統が好きな人には多少面白いと思うんですが、本気な24ファンだったら、つまらないと思うはず。あの同時進行の、密度の濃い展開に慣れている人には、ただただ先が読めて、内容もそのままで、いまいち感が否めない。 スキャンダルがあったり、過去の因縁があったりするものの、スリリングな展開という設定はあっても、特にエキサイティングではないし、新人女性の登場も大して生きていなくて、活躍もないし、全てが中途半端な感じでした。 サザーランドの役作りもほぼ24のジャックと同じ。しかも、マイケル・ダグラスの役の名前がジャック。まぎらわしいことこの上ない。 24系が好きなら観てもいいけれど、本当に好きなら幻滅するから観ない方がいい。そして、24は長そうだから観たくないけれど、これなら、と思ってみちゃいけない。24はこんなもんじゃないよ。
隠す
  
 
[013]アイズ ワイド シャット
 We should F**k!ちゃき2008-01-30
 
?だらけのストーリーと?の映像とニコールキッドマンのセクシーさ。夫婦の恥ずかしさはないらしい。撮影中は別居したそうな。四六時中会っていると気が狂うから、らしい。でも・・・
続きを読む
?だらけのストーリーと?の映像とニコールキッドマンのセクシーさ。夫婦の恥ずかしさはないらしい。撮影中は別居したそうな。四六時中会っていると気が狂うから、らしい。でもこんな映画を出して離婚するんだからすてき。 (初) スタンリー・キューブリック氏的にはこの映画は駄作だと言ったらしい。俳優によっていろいろと味付けされてしまい、本来の作品から離れてしまった、というのが理由とか。まあこの二人は大俳優だから演技についていろいろ言いたいこともあったんでしょうが、じゃあスタンリー・キューブリックはどんなんを書きたかったんでしょうか。ほんと、大きく目をつぶらないといけないですね。 (2007/02/09) 彼氏と一緒に観ようと、10年ぶりくらいに観てみました。長い映画でした。でも丁寧に描いているのはよくわかりました。ただ、やはりキューブリックが描きたかったであろう性への欲望や、憧れ、未知なる世界への好奇心、恐怖心、気が狂いそうになるくらいの執着心と、どこまで行っても分からない、知ることのできない、だからこそ永遠の課題であり、謎であり、人生の命題でもある課題に真っ向から取り組んでいる姿勢はさすがなのかなと思います。 ただ、それについて行けるか、理解できるか、共感できるかはまた違う次元であって、私は10年経って、20代後半になってもまだまだそれが理解できる境地には達していないかなと。10代のときは、ただただ驚きばかりでしたが、それよりは深くあるにせよ、まだまだであるなあというのを再確認してしまった映画でした。 それにしても、ニコール・キッドマンは離婚前と離婚後は明らかに役者として、方向転換しているなぁと思いました。ここ最近こういうリアルな雰囲気の女性はないよね。なんかもっと不思議系な役が多いと思う。 「We should Fuck! 」 (2008/01/27)
隠す
  
 
[014]電車男
 オタク論ちゃき2008-01-22
 
2chで話題になったお話。当時、ついに映画化まで来たか!と当時思いました。 最初に見たのは、2005年台湾にて。綺麗にまとめているなぁと思いつつ、最後にはみんなに元気を与・・・
続きを読む
2chで話題になったお話。当時、ついに映画化まで来たか!と当時思いました。 最初に見たのは、2005年台湾にて。綺麗にまとめているなぁと思いつつ、最後にはみんなに元気を与えるような展開になっていて、映画らしくなってるなと思いました。ただ、台湾の劇場ではラストシーンに全員失笑。それがつぼではあるんだけれど、なんであんなに弱い男なのかと。泣いちゃって、みたいなことを言われていまして、ニホンの引き蘢りというかオタク文化みたいなのがまだまだ浸透していないのかと思いました。 とりあえず冷静に話に目を向けると、エルメス役の中谷美紀綺麗過ぎ、やさしすぎ、完璧過ぎ。本当にああいう人だったんじゃないとは思いますが、年下好きの珍しもの好きというか、いわゆるオタクと言われる人のまじめさと、シャイさに惹かれているんだとは思いますが、それにしても綺麗すぎです。 現実な話、実話?だとは言え、エルメスのカップを送るとは、やはり最初から気があったとしか思えませんが。。。まあエルメスさん論は当時ネットでも賛否両論あったので、私が映画感想で言うことではないですね。でもこの映画を見てしまうと、ネット住人があたかもものすごくやさしいかのような錯覚をしてしまいますが、事実とは言え、いろいろ婉曲されているわけであり、みんながみんなそうではないよ!と思ってしまいます。 意外に、電車男を支えるネットの向こうのみんなのサブストーリーにちょっと感動しました。 ただちょっと異論を唱えるとするならば、若干”オタク”をバカにしているところがあるよね。がんばって一般人のようになろう!とか社会に出て行こう!とか、コミュニケーションをとって前に進もう!とか。特に最後のシーン、変わった電車男と、秋葉にいる”オタク”っぽい人たちた対称的に映像に出て来て、「ちょっと前まではそっちの人間だったけど、今はこっち」みたいな感じがしてあんまり良い印象は受けませんでした。
隠す
  
 
[015]佐賀のがばいばあちゃん
 おばあちゃんか。ちゃき2008-01-21
 
偶然みた映画だったけれど、あたたかくなる素敵な昔のよさを感じる映画でした。やっぱり日本は昔はまずしかったんだなと。そしてそれを支えた沢山の人のやさしさと厳しさがある・・・
続きを読む
偶然みた映画だったけれど、あたたかくなる素敵な昔のよさを感じる映画でした。やっぱり日本は昔はまずしかったんだなと。そしてそれを支えた沢山の人のやさしさと厳しさがあるんだなと思いました。 遠足のお弁当を換えに来てくれる先生の話もよかったし、マラソン大会のかあちゃんが見に来てくれた時の先生もよかった。やっぱり人間味に溢れている気がする。地域が、みんながみんなを育てる文化があったんだなというのがわかる気がする。今は何が変われば、昔のよいところだけ抽出できるんだろう?と思ってしまう。 高校前までの話だけれど、それから芸人になったところまでもまた壮大なストーリーがあるんだろうな、と思う。 泉ピン子がやったバージョンとはまた違ってこれはこれでまたいいと思った。
隠す
  
 
[016]パフューム ある人殺しの物語
 原作が見たいちゃき2007-12-28
 
ずっと見てみたくて、ようやく観た映画。原作は読んだことないのですが、フェチといって片付く問題なのかということで、心理学的にも興味深いと思います。 匂いを描くという意・・・
続きを読む
ずっと見てみたくて、ようやく観た映画。原作は読んだことないのですが、フェチといって片付く問題なのかということで、心理学的にも興味深いと思います。 匂いを描くという意味では映像化も難しい中、視聴者に表情で匂いを伝えるという意味ではすごく満足でした。 あまのじゃくなので、良いにも関わらず、ストーリーに疑問をいただくとしたら、人の匂いは容姿に比例するのか?という疑問と、13本のとある匂いを集めたという布石を使っているはずですが、それがその女性でまかないきれるのかという疑問。つまり、世界のすばらしい匂いというのは特定の女性の匂いの集まりなのかということなんですが。 でもそれが、彼の性癖というか、匂いフェチ的な部分で説明可能なのかもしれません。 ラストには度肝を抜かれました。想像もしない結末が。そして人の欲とは何なのか。人の欲を引き出す香りがもたらす結末を思い知らされた気分です。
隠す
  
 
[017]バッドサンタ
 バッダーサンタが見たいね!ちゃき2007-12-25
 
さすが、転んでもただでは起きない。思ったよりも激しくて、それがとてもよかったです。思いがけない方向に話が進んで行って、楽しく見られました。 とにかく、制作会社から文・・・
続きを読む
さすが、転んでもただでは起きない。思ったよりも激しくて、それがとてもよかったです。思いがけない方向に話が進んで行って、楽しく見られました。 とにかく、制作会社から文句が出たというところも納得で、ビリー・ボブ・ソーントンにサンタやらせる時点で何を望んでいたんだ?と思ってしまいますが、ハッピーが当たり前で、みんなのアイドルのサンタを暴力とセックスと酒で満たすあたりが、さすがかと思います。日本人にはわかりにくいネタとか、欧米のクリスマス文化が分かっていないと、理解できない部分、ブラックジョークも多くありますが、ビリー・ボブ・ソーントンもかなり譲歩した形でPG-13 として公開できたみたいですね。最後には良さげに終わるところがまだクリスマスをめちゃくちゃにせずに済んだと思いました。 ただ、これに不満もあるわけで、そんな人には「Bad Santa」ではなく、いわゆるディレクターオリジナルバージョンみたいな「Badder Santa」というのもアメリカでは出ました。日本じゃ出てないみたい。それが悔しい。是非制作者のカットのない、本来の監督とビリー・ボブのバカで下品な熱演を見たいと思っています。
隠す
  
 
[018]恋愛小説家
 大人の恋愛!ちゃき2007-12-25
 
これは久しぶりにヒット!映画です。 ジャック・ニコルソンに釣られてみたのですが、大人の恋愛でした。普通は恋愛、しかもおじさんのなんて興味がないんですが、これは本当に・・・
続きを読む
これは久しぶりにヒット!映画です。 ジャック・ニコルソンに釣られてみたのですが、大人の恋愛でした。普通は恋愛、しかもおじさんのなんて興味がないんですが、これは本当によかったと思います。 恋愛ものが嫌いな人もぜひ見てみてください。 偏屈な小説家とウェイトレスの恋愛もよかったし、本当に温かい気持ちになれました。もう一度見てみたい映画です。犬に心を開いていく彼もかわいい。 (2007/07/20)
隠す
  
 
[019]ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
 ついていけないちゃき2007-12-18
 【ネタバレ注意】
どうも遂に、ハリーポッターも私が分からない世界へと行ってしまった気がします。原作は面白いのだろうけれど、たぶんその面白さと複雑さが十分に映画に反映されていないと思い・・・
続きを読む
どうも遂に、ハリーポッターも私が分からない世界へと行ってしまった気がします。原作は面白いのだろうけれど、たぶんその面白さと複雑さが十分に映画に反映されていないと思います。 魔法省ってなんだ?いったいどこから来たんだ?その確執のわけは?と、とりあえず重要ななぜ?が置いてきぼりにされ、まあハリーの世界ではそういうのがあるんだと、悩むのを置いておいて映画を見るしかなかった。 初っ端から普通の世界で、ハリーの世界らしくないなと思っていたけれど、そこからまずよく分からなくて、学校での孤立も理解できず。そしてCMをよく打っていたハリーの恋愛についても、織り込む必要がどこにあったのかまったくわからず。原作を読んだら分かるのだろうけれど、ハリーがなぜ彼女に惚れるのかもわからないし、キスシーンが出る理由もわからない。ハリーが惚れる理由が分からないのね。あとはチョウを一度は恨んだくせに、彼女のせいじゃないと分かったあとのフォローもなし。小ネタを消化しただけのような気がしました。 シリウスは死んでしまったの?あれは本当に?なんかまた復活するんじゃないかと思わせるあっけなさで、次の展開を待っていたのに何もなく、スターウォーズよろしくな善と悪の戦いへ。ラストでスターウォーズを連想してしまったのは私だけではないはず。あの魔法の力の色といい、その絡み方といいそっくりでした。 とにかく、あの巨人とかケンタウロスなど、消化不良な部分が多すぎて困ってしまいました。原作を見たらもっと面白いのか、原作を見たら、余計に映画のだめなところが見えてくるのか。どちらにしても原作派も、映画派も満足させてないのではないでしょうか。
隠す
  
 
[020]シュレック3
 見劣りしましたちゃき2007-12-17
 
あれだけCMを打っておいて、大騒ぎしたわりにはあんまり面白くなかったというのが正直なところ。シュレックファンじゃなければ、分からないところも多い。私ですらそうなんだか・・・
続きを読む
あれだけCMを打っておいて、大騒ぎしたわりにはあんまり面白くなかったというのが正直なところ。シュレックファンじゃなければ、分からないところも多い。私ですらそうなんだから、あんまりシュレックに興味がない人が見たら、さっぱりつまんないんじゃないかな。 とにかく話が単調。なんかアメリカで売れる鉄板な話をすべて持って来て、切り貼りしただけという印象しかなく、シュレックにあった世間に挑戦的なネタとか、つぼをついておもしろい演出やら小ネタがまったくと行っていい程なかった。 プリンスチャーミングに焦点を当てたのがそもそもの間違いで、それを高校でいじめられている子供に一泡ふかせるという設定がそもそもつまらない。いじめっ子の演説が数回あったけど、はいお疲れさん!という印象しかなく、インパクトゼロ。いつまでシンデレラストーリーというか、弱い子がどこかの王様になる話に興味があるのかと。そういうのはディズニーに任せればいいんだよ。それをしてこなかったからシュレックは人気があったのに、そこがわかってないっていうか、既存のファンがそっぽむくのも当たり前だよなぁと。だからピクサーに任せておけばよかったのに、ドリームワークスもバカだよなと。 まあ、期待を含めた話はこれくらいにして、マイク・マイヤーズをはじめとする声優陣は今回もよかったです。悪くなりようがないんだけれど。で、最後エンドロールを見てビックリ!え?ジャスティン・ティンバーレークが!そして誰?と思ったらあの、弱い子アーサーだった!なんてことでしょうか。前回2のレビューでジャスティンの扱いについて、面白いことがあったんだけれど、ここに来て彼を起用してくるとは!!そしてよくよく考えてみれば、彼とプリンセスフィヨナとのからみはなかったんじゃないの?っていうことは仕事の現場でも、ジャスティンとキャメロンが一緒になった可能性は薄いんじゃない!?とまたまた変な妄想が出ちゃいました。(知らない人のために言っておくと、昔二人は付き合っていたのね)それくらいかね? あとはドンキーとシュレックの子供がかわいかったかな。あとシュレックの子供の悪夢がちょっとトレイン・スポッティングっぽくて、もし狙っていたなら面白いなと。 そんなわけで、2回は見ないです。前のやつは日本語吹き替えで見てみたいと思うけどね。 (2007/12/16)
隠す
  
 
[021]ギャング・オブ・ニューヨーク
 ダニエル・デイ=ルイスいいちゃき2007-12-10
 
アカデミー賞の期待が大いにかかるレオナルド・ディカプリオ、キャメロン・ディアスそしてダニエル・デイ=ルイス主演の映画。NYがまだ今のかたちではなかったころ、まだ多くの・・・
続きを読む
アカデミー賞の期待が大いにかかるレオナルド・ディカプリオ、キャメロン・ディアスそしてダニエル・デイ=ルイス主演の映画。NYがまだ今のかたちではなかったころ、まだ多くの移民が来る南北戦争時代の混沌を描いています。この話がどこまで本当かはさておき、こういう時代がNYにもあったこと、そして、多くの流血のもとにあの大都市が成り立っていることが分かります。 レオナルドとキャメロンのかっこよさ、かわいさは置いておくとして、ダニエル・デイ=ルイスの演技がすばらしい。あの人はアメリカ人ではないはずですが、当時のNYのなまりを忠実に再現しているあたりがさすがです。 個人的にはストーリーが少し飛んだ感があります。え?なんでそうなるの?みたいな。まあそれが当時の生き方、意思の貫き方なのかもしれません。 あとは日本の紹介の「すべては、愛のために。」というもの。あれはどの”愛”のことか。ちゃきにはこの主役たち3人の間に流れる愛のような気がします。こういう形で出会わなければ、という言葉がこれほど身に染みることはあるでしょうか。
隠す
  
 
[022]ゲーム
 ラストがすべてちゃき2007-12-10
 
予想に反するストーリーは飽きさせないが混乱する。そこがいい。最後は???と一瞬思わせ、やられたと思う。私は好きだな。 サスペンスはあまり得意ではないけれど、これは個・・・
続きを読む
予想に反するストーリーは飽きさせないが混乱する。そこがいい。最後は???と一瞬思わせ、やられたと思う。私は好きだな。 サスペンスはあまり得意ではないけれど、これは個人的には一番好き。これはある意味反則だと思うが。
隠す
  
 
[023]ガタカ
 イーサン・ホークとユマ・サーマンちゃき2007-12-10
 
タイトルが遺伝子のGATC文字からできていることに注目。将来ありうる話にかなり共感を覚えた。イーサン・ホークとユマ・サーマンのゴールデンコンビがよかった。サスペンスとい・・・
続きを読む
タイトルが遺伝子のGATC文字からできていることに注目。将来ありうる話にかなり共感を覚えた。イーサン・ホークとユマ・サーマンのゴールデンコンビがよかった。サスペンスというベきか、ドラマというべきかは分からないけれど、パワーをもらえる映画でした。 1997年にこれができたこともかなり注目できるポイントかと思います。 (初) 久しぶりに観てみました。公開当時に分かっていなかったものが分かって来ました。 ジェネの話ではあるけれど、エリートとそうでない人の違いという意味では、今の世の中でも十分学歴という名の下に共通点を観ることができました。ただし、学歴の詐称は簡単ですが、遺伝子はごまかせないので、そういう意味では未来的だとは思いますが、遺伝子情報も可能性の一つと考えるか、絶対と考えるかという意味では当たり前ではあるけれど、希望を見いだすには当たり前であって、不可能はないというのがこんなにも効いてくる状況はないのかなと。 ジュード・ロウのエリートぶりがよかったし、検査のおじさんは24のジョージ・メイスンこと、サンダー・バークレーがやっていたなんて。あんまり変わってない感じにびっくりしました。 (2007/12/30)
隠す
  
 
[024]幸せのちから
 本物の親子をみるちゃき2007-12-10
 
私は個人的にはあんまり好きなタイプの話ではないんですが、ウィルスミスの親子初競演だし、面白そうではあったので、見ました。実話をもとにしているので、内容につっこむこと・・・
続きを読む
私は個人的にはあんまり好きなタイプの話ではないんですが、ウィルスミスの親子初競演だし、面白そうではあったので、見ました。実話をもとにしているので、内容につっこむことはできないんですが、本当の話よりはけっこう着色されているんだろうなとは思いました。すごい話のようですが、実はアメリカではこういう制度、今や普通だと思います。さすがにタダではないですが、安い時給で働きながら勉強している人=インターンシップはけっこう多いですよ。 ちなみに最後はこれから成功するって感じで終わっていますが、この人のモデルさんは本当に大成功して、自分の会社(Gardner Rich & Co社。現在CEO)を持っているまでになっていて、それが周知の事実なので、これ以上映画で書く必要がなかったんでしょうね。その知識がないと、ハッピーエンドは??となって中途半端な気持ちになってしまうかもしれません。 ウィルスミスの子供がかわいかったです。演技がうまくてびっくり。本物の親子が親子役やるってどんな感じなんだろうと思いました。
隠す
  
 
[025]ブラザーズ・グリム
 モニカ・べルリッチちゃき2007-12-10
 
マット・デイモンが面白い役をやるなぁと思っていました。彼が出るくらいだから、グリム童話をサスペンスちっくに現代風にひねって作っているのかな?と思いきや、案外普通。ひ・・・
続きを読む
マット・デイモンが面白い役をやるなぁと思っていました。彼が出るくらいだから、グリム童話をサスペンスちっくに現代風にひねって作っているのかな?と思いきや、案外普通。ひねりがない。 出てるって知らなくて出て来てびっくりしたモニカ・べルリッチの美しさが、グリムのおどろおどろしさと紙一重な感じで、現に美しい以外の部分も見られて、そのギャップがよかったとは思うけれど、それだけかな。 ちょっとわざとらしい部分が多くて、乾いた笑いをする面が多かったかなと思います。
隠す
  
 
[026]ザ・エージェント
 今でも最高の映画ちゃき2007-12-06
 
もうこれは公開当時から私の大好きな映画。これを見ると元気がでます。いつも感動して泣きそうになってしまいます。公開から10年くらい経っていますが、今でも色あせない魅力・・・
続きを読む
もうこれは公開当時から私の大好きな映画。これを見ると元気がでます。いつも感動して泣きそうになってしまいます。公開から10年くらい経っていますが、今でも色あせない魅力は健在。これからも私のFavorite Movieのひとつです。 この映画でレニー・ゼルウィガーを発掘したのはトム・クルーズと当時の奥さんです。これでレニーは大ブレークし、今に至るようになりましたね。洗練されていない雰囲気と、ぽてっとした唇が魅力的です。キューバ・グッディング・Jrもこの映画ではじめて知りました。
隠す
  
 
[027]下妻物語
 出てる人が好きかなちゃき2007-12-06
 
たまたま観た映画だったと思う。邦画ってこういう描き方がうけるんだなと思った。でも田舎でロリータというか今で言う姫ファッションに夢中っていう感じが本当にありそうで面白・・・
続きを読む
たまたま観た映画だったと思う。邦画ってこういう描き方がうけるんだなと思った。でも田舎でロリータというか今で言う姫ファッションに夢中っていう感じが本当にありそうで面白かった。ビビッドな色使いが日本の景色とからしくなくて、新鮮でした。 個人的にはだめだめな宮迫と小池栄子のレディースぶりがつぼでした。岡田義徳もあいかわらずいいな。土屋アンナもヤンキーぶりが最高にはまり役でよかったと思う。
隠す
  
 
[028]嫌われ松子の一生
 ウケはいいんだと思うちゃき2007-12-06
 
間違いなく見たはずなのに、まったく何も思い出せない。 あまりもともと邦画に興味がないこともあるけれど、こんなに内容を覚えていないということは何も残らないような作品な・・・
続きを読む
間違いなく見たはずなのに、まったく何も思い出せない。 あまりもともと邦画に興味がないこともあるけれど、こんなに内容を覚えていないということは何も残らないような作品なのかはたまた。 中谷美紀の意外なはちゃめちゃ顔をする演技はうっすら覚えている。それ以上でも以下でもないのか。ただ、ハッピーではなかったという点では、乾いた感のある映画でそれがウリなのだと思う。 日本映画はこういう方向がうけるんだと改めて思った。
隠す
  
 
[029]ホリデイ
 私は好きだなぁちゃき2007-12-06
 
映画館で一度見て、その後またDVDで鑑賞しました。恋愛映画なのですが、ハリウッド映画でありそうでない海外遠距離恋愛になっています。 失恋や仕事がうまくいかなくてバケー・・・
続きを読む
映画館で一度見て、その後またDVDで鑑賞しました。恋愛映画なのですが、ハリウッド映画でありそうでない海外遠距離恋愛になっています。 失恋や仕事がうまくいかなくてバケーションが必要!どこか遠くに行きたい!そしてそこで起こるかもしれないドキドキのハプニングを楽しみたい!という願望は誰にでもあるはず。それをうまく突いた作りです。 そしてアメリカ人女性ならだれでも憧れるイギリスで、かっこいい英国紳士に出会える偶然。イギリスに限らず誰でも憧れるサンフランシスコのすばらしい環境とリッチな暮らし体験。それをホームエクスチェンジというコンセプトで作っています。本当にこんなんがあるならやってみたいなぁ。 この4人の登場人物がほんと特徴を捉えていてつぼです。個人的にはイギリス人ジュード・ロウにメロメロでとろけそうなんですが、その視聴者感情をきっちり受け止めて、これまた典型的なサンフラン・アメリカ人の悪意のない軽さを最適に表したキャメロン・ディアスが好演。ジュード・ロウがただのかっこいい男でなく子供持ちという設定もイカす。そして出版会社でライターをやっているケイト・ウィンスレット。ただでさえブリティッシュイングリッシュが心地いいのに、彼女がしゃべる英語のなんて綺麗なこと!脚本のおかげでもあるんだけれど言葉の選び方とその文章センスがよくて、それがナレーションだったり、長い台詞だったりに表れて本当に感激してしまいます。対してアメリカ人男のジャック・ブラックは得意の音楽で攻め、見た目はモテない感じだけれど、ナイスで面白くていいやつを好演しています。本当にどの役者も素敵。 さらにイーライ・ウォラックが演じる隣人の老人ストーリーが最高。あれには泣きそうになりました。Hugo Bossのスーツも似合っちゃうし、演説のつかみも台詞も心のなかでガッツポーズ!こういうラブストーリーは気持ちいい。
隠す
  
 
[030]ダイ・ハード4.0
 ジャスティン・ロングが○ちゃき2007-12-06
 
恥ずかしながらダイハードシリーズを見るのは初めてです。 印象としては、なんだか24とかを意識しすぎているのは?と思ったり。打たれ強くて絶対死なない感じと、サイバーテ・・・
続きを読む
恥ずかしながらダイハードシリーズを見るのは初めてです。 印象としては、なんだか24とかを意識しすぎているのは?と思ったり。打たれ強くて絶対死なない感じと、サイバーテロにローテクが挑むという構図ですが、政府がことごとく後手後手に回っているところとか、そんなことはないだろうと思ったり。 でも派手に撃ち合う、ぶつかる、跳ね飛ぶ、壊れる、落ちる、爆発するというローテクな要素は十分網羅されていたし、エンターテイメントとしてはよいのではないでしょうか。 個人的には最近成長株のmacでおなじみのジャスティン・ロングのギークぶりがよかったと思います。技術達者な若者が自分の興味を優先させて、知らず知らずのうちに巨大テロに参加していた、という設定はありがちですが、よかったと思います。最後に勇気をふりしぼって銃を撃ち「お前もやるじゃないか、助けてくれてありがとう」的展開もお約束かと。 でも楽しかったです。みんな厳しいなぁ。歴代シリーズファンには言いたいことがあるかもですね。
隠す
  
 
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION