allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「のど飴」さんのコメント一覧 登録数(111件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]アウトランダー
 北欧!SF!のど飴2010-08-20
 
主人公、文明の進んだ惑星から来たわりに中世の生活に馴染みすぎな気がする。それに言語を覚える機械、つかったら鼻血とか出てて結構痛そう。あんなアブナイ機械でいいのかw ・・・
続きを読む
主人公、文明の進んだ惑星から来たわりに中世の生活に馴染みすぎな気がする。それに言語を覚える機械、つかったら鼻血とか出てて結構痛そう。あんなアブナイ機械でいいのかw そして最初に話す地球語がF**K! 合間に挿入される主人公が住んでた惑星の映像がいかにもSFって感じで素敵。惑星の幻想的な光景と北欧の荒々しい自然の風景が綺麗だった。雰囲気的にハヤカワSF文庫にありそうな感じのSFなんだけど映画自体よくあるヒーローものにしてるからなぁ。これもうちょっとうまいことやったらゲージツ的なSF映画になってたんじゃないのか。
隠す
  
 
[002]ウェディング・ベルを鳴らせ!
 テキトーに生きたいね。のど飴2010-08-19
 
途中で「タクシードライバー」の一場面が挿入される。トラヴィスがキレてポン引きやらをバンバン撃ち殺す場面。それを主人公と恋人がテレビで観ながら「ひええ」みたいな感じで・・・
続きを読む
途中で「タクシードライバー」の一場面が挿入される。トラヴィスがキレてポン引きやらをバンバン撃ち殺す場面。それを主人公と恋人がテレビで観ながら「ひええ」みたいな感じでポカーンとしてる。この場面にこの映画の言いたいことが凝縮されてるんじゃないか。 トラヴィスみたいな資本主義社会で真剣に悩んで苦悩してる人間を嘲笑うかのようなユルユルドタバタ劇が展開される。マシンガンやバクダンで散々ドンパチやりあうのに死傷者ゼロ。延々と飛び続ける人間大砲マンに空気を入れると風船みたいに膨らむ人。世の真剣さを徹底してコケにしてる素晴らしい映画でした。「婚活」映画とか言ってるけどそういう資本主義に統制された恋愛とかけ離れたラブストーリーだし、そういったものに反発する映画だと思うんだけどなぁ。 というわけで真剣に生きてる人にはオススメしません。
隠す
  
 
[003]ディスクロージャー
 どっちかっていうとなんじゃこりゃ映画のど飴2010-08-09
 
男が女上司にセクハラされまくるエロエロ映画かと思いきや、訴訟ゲームに人事の陰謀がメイン。おまけにSFちっくになっちゃったりして(CG使いたかっただけだろw)、なかなかお・・・
続きを読む
男が女上司にセクハラされまくるエロエロ映画かと思いきや、訴訟ゲームに人事の陰謀がメイン。おまけにSFちっくになっちゃったりして(CG使いたかっただけだろw)、なかなかおかしな映画でした。 マイケル・ダグラスってゴリゴリでほとんどおっさんだからセクハラする対象としてどうなのかな〜って思ってたけど、家庭持ちでしかもセクハラする上司が元恋人っていう設定なら自然だし、ごついアクションスターがセクハラに遭うというギャップが良いのかもしれんね。 しかしオシャレな職場だなぁ〜。
隠す
  
 
[004]ほぼ300 <スリーハンドレッド>
 THIS! IS!! アメリカ!!!のど飴2010-08-07
 
これアメリカに住んでないとわからんギャグばっかりw たいていモノマネなんだけど肝心の本人を知らないから似てるかどうかわからない。ふ〜ん、こういう人がいてはるんや〜・・・・・
続きを読む
これアメリカに住んでないとわからんギャグばっかりw たいていモノマネなんだけど肝心の本人を知らないから似てるかどうかわからない。ふ〜ん、こういう人がいてはるんや〜・・・としか言いようがないよ。 それに芸能ネタTVネタが主なのでますます日本人にはわからない。もしこれを日本で作るとしたら、のりピーとかエリカ様とかヘキサゴンとか出てくるんだろうか。 ギャグの一つ一つがいちいちモッサリ進行するからちょっと退屈だよ。もっとテンポよくパンパンパーンと行けばわからなくてもノリで笑えるんだろうけど。日本で放送するときはわかりやすく笑い声とか入れといて欲しいなー。 まあ、アメリカではこんなゴシップがあったんだー、とかアメリカではこういうコメディが劇場公開されてるんだーっていうお勉強程度に観たらいいかも。
隠す
  
 
[005]マルセイユの決着(おとしまえ)
 (無題)のど飴2010-08-02
 
映像は美しいのだけれど、ストーリーが会話を中心に展開するし、その会話も計画を話し合うだけの大して面白みのないものなので注意力散漫な自分はけっこう退屈でした。 2時間半・・・
続きを読む
映像は美しいのだけれど、ストーリーが会話を中心に展開するし、その会話も計画を話し合うだけの大して面白みのないものなので注意力散漫な自分はけっこう退屈でした。 2時間半もかけてやる話じゃないような気がするけどなぁ。 夜のマフィアの時間が終わって昼の子供たちの日常の世界が戻ってくるというエンドロールは良かった。
隠す
  
 
[006]真夜中のピアニスト
 (無題)のど飴2010-07-30
 
ビデオ屋でアクションバイオレンスの棚に置いてあったけど、ドラマの棚に置かなきゃダメでしょ。 今の仕事がイヤで音楽に身を捧げようとするけど、そっちもうまくいかない閉塞・・・
続きを読む
ビデオ屋でアクションバイオレンスの棚に置いてあったけど、ドラマの棚に置かなきゃダメでしょ。 今の仕事がイヤで音楽に身を捧げようとするけど、そっちもうまくいかない閉塞感。というのは判るけどイマイチ入り込めなかった。 ハーヴェイ・カイテルが主演したオリジナル版は過激で面白そうなのでそっちも観てみたいけどDVD化されてないのね。
隠す
  
 
[007]ザ・スピリット
 これでいいのだ!のど飴2010-07-28
 
セリフとか間のとり方とか、何から何まで完全にアニメのノリなのに実写で生身の人間がやってるからそこがすごく気持ち悪いなって思ってたけど、途中辺りからこの映画はこれでい・・・
続きを読む
セリフとか間のとり方とか、何から何まで完全にアニメのノリなのに実写で生身の人間がやってるからそこがすごく気持ち悪いなって思ってたけど、途中辺りからこの映画はこれでいいのかなって思い始めてきた。知らず知らずのうちに無理やりノらされた感じ?(矛盾!) 映像はシン・シティよりもちょっとだけレベルアップしてる。要するにミラー先生が自分の好きなマンガを自分流の画にして映画化したオナニー映画なわけだけだから、完全に自己満足の世界で客のことなんか二の次だよね。 でも人のオナニー観るのは結構楽しかったりする。シコシコやってる時の脳内に入っていく感じで。ただ超個人の趣味のオナニーだからこそ面白いのであって、テレビ邦画みたいな青春ばんざい!スポーツばんざい!の共同妄想によってなされる集団オナニー見せつけられるとヘドが出る!
隠す
  
 
[008]ファンボーイズ
 童貞と共にあらんことをのど飴2010-07-20
 
オタクのなんたるかがよくわかってるね。電車男とは大違い。 ケンカシーンも女々しくて可愛らしい。全体的にすごく可愛らしい映画でしたよ。キモいと感じる人もいるだろうけど・・・
続きを読む
オタクのなんたるかがよくわかってるね。電車男とは大違い。 ケンカシーンも女々しくて可愛らしい。全体的にすごく可愛らしい映画でしたよ。キモいと感じる人もいるだろうけど。 個人的にジャージャーの刺青のネタが一番おもしろかった。あと問答試験の場面での質問も。
隠す
  
 
[009]デイ・ゼロ
 もしも徴兵制が復活したらのど飴2010-07-11
 
チビで童顔のイライジャ・ウッドがどんどん壊れていく様は観ていて痛々しい。主役の3人がそれぞれのキャラにピッタリな顔つきをしてたのが良かった。 実際に赤紙が来たらそれ・・・
続きを読む
チビで童顔のイライジャ・ウッドがどんどん壊れていく様は観ていて痛々しい。主役の3人がそれぞれのキャラにピッタリな顔つきをしてたのが良かった。 実際に赤紙が来たらそれまでにやりたい事やっておこうってポジティブになるどころか生きた心地がしなくなるのは当然だよね。 おそらく数千万人に一人ぐらいしかいないウブな心を持った人の貴重な純粋性を破壊してしまう徴兵制は嫌だな。
隠す
  
 
[010]グリーン・デイ
 映画史に名を残せるかのど飴2010-07-01
 
アメリカンイディオットがついにミュージカル化されましたが、念願だった映画化まで漕ぎつけることができるでしょうか。 イラク戦争真っ只中の時はどう考えても映画化ムリな内・・・
続きを読む
アメリカンイディオットがついにミュージカル化されましたが、念願だった映画化まで漕ぎつけることができるでしょうか。 イラク戦争真っ只中の時はどう考えても映画化ムリな内容だけど、今なら・・・。 しかし、こんな国にケンカ売るような曲を書いて、それがちゃんと評価されるという点ではアメリカって国が羨ましい。それに対して日本は・・・
隠す
  
 
[011]ストレンジャー・コール
 イラつく!のど飴2010-06-21
 
この映画、客を怖がらせることよりもイラつかせることにチカラを入れてるだろ。怖いというより「何なのよ、もうっ!」っていうイラつくシーンの連続でした。イタズラ電話のうっ・・・
続きを読む
この映画、客を怖がらせることよりもイラつかせることにチカラを入れてるだろ。怖いというより「何なのよ、もうっ!」っていうイラつくシーンの連続でした。イタズラ電話のうっとうしさがイヤというほど解った。製作者側に被害にあった人がいるのかな??? 侵入者かと思いきや実は友達でしたー、猫でしたーというフェイントや肩すかしもホントにイライラするw ただ、これだけイラつかせてるんだから最後に女の子にブチキレてほしかった。「ええ加減にせぇよカス、コラ!この家趣味悪いんじゃボケ!」って。 猫がカナリアをムシャムシャ食べるシーンは地味だが生々しかった。
隠す
  
 
[012]チャプター27
 悲しみや苦しみは・・・のど飴2010-06-18
 
「ジョン・レノンを殺した男」を読んでから観ました。 これを読んでもチャプマンがなぜレノン殺害にまで及んだかという経緯とそこに至るまでの心理は複雑すぎて結局よく解らな・・・
続きを読む
「ジョン・レノンを殺した男」を読んでから観ました。 これを読んでもチャプマンがなぜレノン殺害にまで及んだかという経緯とそこに至るまでの心理は複雑すぎて結局よく解らなかったが、彼が深い悲しみと苦しみに押しつぶされそうになってるというのはよく解った。 とくに、ハワイである男が笑いながらニワトリを惨殺するという光景を見て「こんな残酷な事をする人間という存在に生きる価値はあるのか」と激しく苦悩したという話は印象的だった。 この映画のチャプマンの行動はかなり本に忠実に描かれていたけどチャプマンの悲しみや苦しみまでには踏み込んでなくて、「俺たちの愛したスーパースターを殺しやがった極悪変態キモ男」としか描かれていなかったのが残念だった。ただホテルでコールガールを呼んで〜の一連のシーンはブキミで印象的だったが・・・ ビートルズのメンバー2名も存命中だし、ジョン・レノンの人気は衰えないからこの事件を客観的に描くにはまだまだ早いのかなと思う。
隠す
  
 
[013]ラ・ジュテ
 ちょっとした恐怖のど飴2010-06-06
 
廃墟のパリの地下壕のおどろおどろしさは静止画ならではという感じでゾクゾクとする怖さがあった。小学校の授業で戦争の話聞かされてる時のあの感覚を思い出した。 しかし、未・・・
続きを読む
廃墟のパリの地下壕のおどろおどろしさは静止画ならではという感じでゾクゾクとする怖さがあった。小学校の授業で戦争の話聞かされてる時のあの感覚を思い出した。 しかし、未来人が出てくるところはどうしてもビートルズを連想してしまう(笑) オチは途中で読めてしまったが・・・
隠す
  
 
[014]ウルフマン
 インスタント狼男はもういらん!のど飴2010-05-19
 
最近の映画の狼男はいつでも好きな時に変身できて変身中でも自我を保つことができるインスタント狼男ばかり。古典ホラーの遺物として飼い慣らされた感がある。そんな中で狼男の・・・
続きを読む
最近の映画の狼男はいつでも好きな時に変身できて変身中でも自我を保つことができるインスタント狼男ばかり。古典ホラーの遺物として飼い慣らされた感がある。そんな中で狼男の原点に戻った映画。 何年か前にこの映画の狼男に変身したデルトロの写真を見て、「これは観に行かな!」と思った。デルトロが狼男ヲタというのは前から耳にしていたからやってくれると思ってました。 グロシーンも割と品のある悪趣味さで、オフザケ感が感じられてよかった。最近の映画のグロ描写は見てられないものが多くて・・・ 期待していたヒューゴさんは、いちいちカッコつける割に結構オマヌケ警部なのが逆に良かったかも。絶対ないと思うけどヒューゴさん主演で続編期待してます。
隠す
  
 
[015]ミラーズ
 みがかぬかがみのど飴2010-05-03
 
スプラッターありエクソシストありといろいろ盛り沢山だった。ただスプラッターシーンがグロすぎるな。インパクトはあるけど。これが昔みたいな安心して観れるスプラッターなら・・・
続きを読む
スプラッターありエクソシストありといろいろ盛り沢山だった。ただスプラッターシーンがグロすぎるな。インパクトはあるけど。これが昔みたいな安心して観れるスプラッターならほどよいB級映画だっかもしれない。 最近のホラーはグロシーンがリアルすぎてオフザケ感が無いのが残念。
隠す
  
 
[016]スーパーストームXXX(トリプルエックス)
 暗黒物質をオモチャにしてはいけませんのど飴2010-05-02
 
タイトルから災害パニック映画かと思いきや、フタを開けてみればびっくり超能力ヒーローものでした。ボールドウィン弟がずんぐりむっくりな体形でかめはめ波かましたりするとこ・・・
続きを読む
タイトルから災害パニック映画かと思いきや、フタを開けてみればびっくり超能力ヒーローものでした。ボールドウィン弟がずんぐりむっくりな体形でかめはめ波かましたりするところはなんか和む。 色調が抑えられた映像は味があるけど、展開が淡々としてて結構退屈する。
隠す
  
 
[017]ベオウルフ
 喪男ベオウルフのど飴2010-04-12
 
先にゼメキス版を観ましたけど、ベオウルフの話は要するにどんな英雄でも男はアホだから同じ過ちを延々と繰り返し続けるのだという話みたいね。 うっかり魔物(女)に心を許し・・・
続きを読む
先にゼメキス版を観ましたけど、ベオウルフの話は要するにどんな英雄でも男はアホだから同じ過ちを延々と繰り返し続けるのだという話みたいね。 うっかり魔物(女)に心を許してうっかり子供なんか作ってしまうとその時点で人生の墓場突入というのは中世の人も悟ってたんだね。男という生き物はそういう呪われた運命を背負っているという話だ。 でもこのベオウルフは魔物(女)の誘惑をキッパリ断って倒してしまうからオリジナルの伝えたかったことをまるっきり無視してしまっててただのかっこいいヒーローものになっとるやんけオイオイと思ってしまったけど、よく考えると舞台が近未来なだけあって「中世とは違うぞ!もう男は同じ過ちを繰り返さんぞ!女はいらん!子供もいらん!」というリベラル喪男思想を肯定してくれているようでメッチャいい映画やん! 「完璧にやる必要はない。要点だけ押えればいい」という台詞もよかった。
隠す
  
 
[018]ティム・バートンのコープスブライド
 死への欲望のど飴2010-04-11
 
コープスブライドは主人公の自殺願望を具現化したものと解釈できるな。 「ビートルジュース」では現世も来世も大して変わりはないという世界観だったけど、「コープスブライド・・・
続きを読む
コープスブライドは主人公の自殺願望を具現化したものと解釈できるな。 「ビートルジュース」では現世も来世も大して変わりはないという世界観だったけど、「コープスブライド」は正者の世界が思いっきり陰鬱なのに、死者の世界がすごく楽しそうなところ。 生きるのが嫌になった人間にとって死後の世界は輝いて見えるけど、そんなファンタジーに囚われてないでシケた現世でも幸せ見つけながら生きていきましょうって話ですね。
隠す
  
 
[019]ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー
 匠のこだわりのど飴2010-04-05
 
クリーチャーの造形とか、小道具のギミックとかすごく凝っててこだわりを感じるなあ。最初の人形劇から歯の妖精、森の精、ヘルボーイとエイブのデュエット、最後の歯車の上での・・・
続きを読む
クリーチャーの造形とか、小道具のギミックとかすごく凝っててこだわりを感じるなあ。最初の人形劇から歯の妖精、森の精、ヘルボーイとエイブのデュエット、最後の歯車の上でのバトルまで楽しい映像のオンパレードでした。 キャラクターもすごく魅力のあるひとばかりで今作ではヨハン・クラウスというナイスな新キャラが登場しました。前作のラストで見事にフられたマイヤーズが出てこなかったのは可哀想ですが。前作もそうでしたが普通のアメコミ映画だったらキャーキャー言って逃げるだけの一般人のなかにも面白いキャラの人がいるというのも好感が持てます。通りがかりにヘルボーイに「ブサイクだな」と言い放つ酔っ払いが素敵。 あと、王冠がカチャカチャって連結していくところも地味だけど感動した。
隠す
  
 
[020]わが教え子、ヒトラー
 ユダヤ人の恨み節のど飴2010-03-29
 
ナチス、ヒトラーを笑い飛ばせというコンセプトの映画では「プロデューサーズ」があるけどあちらは我々日本人が見てもなんのこっちゃわからん高度なギャグばっかりなのに対して・・・
続きを読む
ナチス、ヒトラーを笑い飛ばせというコンセプトの映画では「プロデューサーズ」があるけどあちらは我々日本人が見てもなんのこっちゃわからん高度なギャグばっかりなのに対して、こちらは万人受けするようなわかりやすいギャグが多い分、レベルも低くなってる。特に総統様が実は勃起不全でしたというシーンはいくらなんでもしつこすぎる。 こういう映画が作られたり「イングロリアス・バスターズ」が大ウケするということはユダヤ人は未だにナチに対して攻撃的な感情を持ち続けているということか。もし日本で広島・長崎の被爆者がワシントンに原爆落として仕返しする映画作ってもウケないだろうに。 「プロデューサーズ」からはメル・ブルックスの平和的な感情が伺えるけど、この映画からはユダヤ人のどす黒い感情がにじみ出てる気がする。
隠す
  
 
[021]レジェンド・オブ・ウォーリアー 反逆の勇者
 首スパーーーン!剣グサッ!のど飴2010-03-27
 
ほぼ全編にわたって絶望的な空気が漂う暗めのアクション映画だった。 戦闘シーンはけっこうエグいが虐殺の場面はこれぐらいのエグさが説得力ある。 主人公はとくに活躍するわけ・・・
続きを読む
ほぼ全編にわたって絶望的な空気が漂う暗めのアクション映画だった。 戦闘シーンはけっこうエグいが虐殺の場面はこれぐらいのエグさが説得力ある。 主人公はとくに活躍するわけでもなくひたすら敵にボコボコにされるわ、導師様には説教されるわとヘタレ系な感じで好感が持てた。 海賊の甲冑のデザインがロードオブザリング風のファンタジーなものなので歴史劇の枠にはあんまり当てはまらないかも。
隠す
  
 
[022]ベンジャミン・バトン 数奇な人生
 人生って・・・素敵やん?のど飴2010-02-25
 【ネタバレ注意】
観終わった後なんかほっこりする映画だった。 しかしベンジャミンは良い人たちに巡り合えて幸せだったな。 実際にあんな良い出会いばっかりするかというと・・・というダークな・・・
続きを読む
観終わった後なんかほっこりする映画だった。 しかしベンジャミンは良い人たちに巡り合えて幸せだったな。 実際にあんな良い出会いばっかりするかというと・・・というダークな感情を持ってしまうが。 それと、年とって子供になったベンジャミンが認知症を患ってるのも納得いかんな。外見だけでなくて内臓も若返ってるんだろうから脳ミソもピンピンしてるんじゃないの?でもそうなると受精卵になって死ななければならなくなるか。 というひねくれた観方をしてしまったが、それでも良かったと思える魅力を持った映画でした。
隠す
  
 
[023]わが命つきるとも
 8世、落ち着け。のど飴2010-02-15
 
サー・トマス・モアって死刑にされるときに断頭台で首切り役人に向かって「私の首は短いからキミの腕の見せ所だよ♪」と言ったという逸話があるらしいけど、この映画ではそんな・・・
続きを読む
サー・トマス・モアって死刑にされるときに断頭台で首切り役人に向かって「私の首は短いからキミの腕の見せ所だよ♪」と言ったという逸話があるらしいけど、この映画ではそんなひょうきんなキャラではなかったな。 すごく堅い映画だったけどメチャ笑ったシーンがあった。トマス・モアとヘンリー8世が二人で話してて8世が突然怒り出すという場面があるけどその怒り方がメチャ面白くてツボにハマってしまった。
隠す
  
 
[024]カーマ・スートラ/最終章
 ゆる〜のど飴2010-02-14
 
全体的にゆる〜い空気の漂う映画だった。 凝った演出やストーリーの映画ばっかり観て疲れてる人はリラックスして観るのにいいんじゃないか。ただし金払って観るほどのものでは・・・
続きを読む
全体的にゆる〜い空気の漂う映画だった。 凝った演出やストーリーの映画ばっかり観て疲れてる人はリラックスして観るのにいいんじゃないか。ただし金払って観るほどのものではないけど。 見どころとしては、Hシーンで突然甘い洋楽がかかるという強烈なゆるさがあるし、白人女性がHな彫像の真似をしようとして堂々と誘ってくるとかいう地味にびっくりするようなシーンが結構あった。
隠す
  
 
[025]レクイエム・フォー・ドリーム
 落ち込む映画?のど飴2010-02-09
 
落ち込む映画No.1とのことだが、落ち込むよりも観ててすごく怖かったし終わったらガツンと衝撃を受けてボーッとしてしまうような映画だった。特にオカンに電気ショック療法をや・・・
続きを読む
落ち込む映画No.1とのことだが、落ち込むよりも観ててすごく怖かったし終わったらガツンと衝撃を受けてボーッとしてしまうような映画だった。特にオカンに電気ショック療法をやるシーンなんか心の中で「やめてー!やめてー!」て叫んでた。それから、オカンが薬を飲むときの「どぷん」ていう効果音も毒々しくって嫌だなぁ。 並みのホラー映画より遥かに怖かった。
隠す
  
 
[026]かいじゅうたちのいるところ
 「子供向け」って?のど飴2010-02-09
 
「子供向け」って言われる定義は何だろう?かわいらしくて、わかりやすくて、空想的で、道徳的で、教訓的とか? この映画は空想的でかわいらいいけど、わかりやすくないし教訓・・・
続きを読む
「子供向け」って言われる定義は何だろう?かわいらしくて、わかりやすくて、空想的で、道徳的で、教訓的とか? この映画は空想的でかわいらいいけど、わかりやすくないし教訓的でもないな。だららといって子どもには向いてないわけじゃないと思う。 この主人公の男の子は変にデフォルメも理想化もされてない等身大のガキだし、直面してる問題もすごくリアルなもの。 だから大人が「あー、昔こんなことあった、あった」と思ってみるんじゃなくて現に今問題に直面してる現役の子供に観てもらえばすごく有益なんじゃないだろうか。 原作者のおっちゃんも「子供にディズニーの甘ったるい映画ばっかり見せてたらアホになる一方」って言ってたし。たしかに子供の時に観た教訓的な映画とかアニメも今振り返れば「アホか、ふざけんな。」って思うようなのがいっぱいあるよな。 冒頭の雪遊び雪合戦のシーンは戦争映画ばりに鬼気迫るものがあったし、かいじゅうたちが暴れる場面はトランスフォーマーより迫力あったと思う。
隠す
  
 
[027]ロック・ミー・ハムレット!
 オレノチ・ン○コシャブルカのど飴2010-02-08
 
メチャ面白いじゃん! スクール・オブ・ロックの演劇版といった感じかな。あちらは生徒がみんな優等生だけどこっちはヤンキーばっかりで、優等生には愛想尽かされる(いろんな・・・
続きを読む
メチャ面白いじゃん! スクール・オブ・ロックの演劇版といった感じかな。あちらは生徒がみんな優等生だけどこっちはヤンキーばっかりで、優等生には愛想尽かされる(いろんな意味で!)という違いがあるけど。 主役のセンコーのはじけっぷりも面白いけど奥さんに出て行かれる場面ではしんみりした演技も見せてくれる。あと下半身まで! そのセンコーが劇の脚本を書こうとするけど全く手が付けられずにポカ〜ンとするシーンは笑った。自分も創作をやろうとしたことがあるけど全然手につかなくてまさにあの状態だった。 しかしアメリカって自由の国とか言いながら本当に自由な考え持ってる人はほんの少数で聖書の話になるとほんとヒステリックだよなぁ。頑固な田舎モンの国ですよ。
隠す
  
 
[028]フルスピード
 爆走M1グランプリのど飴2010-02-04
 
やばい、面白い。 人質コンビ、犯人コンビ、刑事コンビの三組がドラマを進めながら漫才をするという、まるでM1の決勝戦。 くだらなくてゆるいストーリーだがそれを真面目にやっ・・・
続きを読む
やばい、面白い。 人質コンビ、犯人コンビ、刑事コンビの三組がドラマを進めながら漫才をするという、まるでM1の決勝戦。 くだらなくてゆるいストーリーだがそれを真面目にやってるのが面白い。笑えるところがいっぱいあった。特に車イスの兄ちゃんがバックトゥーザフューチャーばりにトラックにつかまって移動するところとか日本じゃ絶対ありえないな。 テレビ映画でこんな面白いのをやってるドイツがうらやましすぎるぜ! しかしジャージに緑のマフラーって。
隠す
  
 
[029]アバター
 飛び出さない3Dのど飴2010-02-03
 
3D吹き替えは平日の昼間っから超満員だった。 戦闘シーンが凄かった。 キャメロン監督の3D作品って、これの前にUSJの「T2:3D」があるけどあれもハンターキラーの襲撃を3Dで・・・
続きを読む
3D吹き替えは平日の昼間っから超満員だった。 戦闘シーンが凄かった。 キャメロン監督の3D作品って、これの前にUSJの「T2:3D」があるけどあれもハンターキラーの襲撃を3Dで表現するためにわざわざ自分が作り上げたターミネーターの世界観を捻じ曲げたほどだもん。 T2:3Dは遊園地のアトラクションだから飛び出すことに重点を置いたものだったけど、こっちは3Dであることを利用していかに奥行きを出すかということに重点を置いているから、3Dが遊園地の呼び物から脱却して映画表現の一つになりつつあるんだなと感じた。 そのうち技術的にメガネかけなくても3D映像が見れるようになるだろうから、サイレント→トーキー、白黒→カラーとなってきたように2D→3Dへと移っていくのかな。でも今のところ3Dにするのは娯楽映画とエロ映画だけでいい。今のこの状況だと「3Dだと売れるから、とりあえず3Dで撮っとけ」みたいないい加減な映画がポコポコ出てきそう。特に今の日本映画の惨状を見てると「花より男子3D」とか平気でやりそう。 ストーリーに関しては民族紛争云々というよりも物質世界で生きてた人間がスピリチュアルなものに触れてそこに生きる活力を見出し、それを必死で守ろうとするというシンプルなもの。これを観て鬱になったという話を聞くと現代の若者がいかに自然とか精神的な幸福を求めているかというのがわかる。 とりあえずサム・ワーシントンのかわいらしい顔が3Dで観れてよかった。ブルーマンよりも生身の人間のほうが見応えある。
隠す
  
 
[030]ムーンウォーカー
 寂しすぎるぜ・・・のど飴2010-01-10
 
一時期、マイケルにハマろうとしてた頃があってその時に観たが、たしかに映画としてはつまらなかった。 今回、マイケルが亡くなったことから再び興味が湧き、彼の自伝とか読ん・・・
続きを読む
一時期、マイケルにハマろうとしてた頃があってその時に観たが、たしかに映画としてはつまらなかった。 今回、マイケルが亡くなったことから再び興味が湧き、彼の自伝とか読んだ上でもう一度観てみるといろいろと発見があった。 ・動き出す人形 マイケルが脱ぎ捨てたウサギのぬいぐるみが突然命を吹き込まれて踊りだす場面があるが、マイケルはプライベートで自分の部屋にマネキンを並べて、それと会話して寂しさを紛らわしてたというから、このシーンはマイケルの寂しさ全開。一緒に踊ってたら警察に注意されて人形も突然いなくなるところとか・・・。 ・ショーン・レノン ジョンとヨーコの息子のショーンが出演している。ショーンも幼くして父親を失い不幸な少年時代を送っていることから、マイケルもシンパシーを感じているに違いない。最後にショーンの前でパパの曲「カム・トゥゲザー」を歌ってあげてる。 ポール・マッカートニーと仲が悪くなったのはビートルズの版権を買われたからじゃなくて、ヨーコ一家と親密だったからじゃないかと思う。 ・子供への暴力 悪役のジョー・ぺシが小さな女の子の頭をバシバシ叩く場面がある。これは父親のスパルタ教育に対するトラウマが表れていると思う。結局、現実的な解決策も見つけ出せずロボットに変身して撃退という空想に逃げてしまうところも悲しい。 完全にマイケルの自己満足で成り立ってる映画だが、箱庭療法みたいな感じでマイケルの心象風景が描かれているという意味ではすごく面白い映画だと思う。 しかし、こうしてみるとメチャ切ない映画だな・・・。
隠す
  
 
 1 2 3 4次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION