allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「ぷくにゃん」さんのコメント一覧 登録数(6件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]RUBBER
 予告編はいいぷくにゃん2009-03-15
 
予告編は最高でした。これも是非、DVD化を。
  
 
[002]Pinocchio964
 塚本晋也になれそうでなれないぷくにゃん2009-03-15
 
ラバーズ・ラバーはリアルタイムで見ており、この映画も漸く見たのだがラバーズ同様にとても惜しく感じる。 この人はストーリーコンセプトとか映像テクニック的には斬新でとて・・・
続きを読む
ラバーズ・ラバーはリアルタイムで見ており、この映画も漸く見たのだがラバーズ同様にとても惜しく感じる。 この人はストーリーコンセプトとか映像テクニック的には斬新でとてもいいものがあるが、編集がだらだらしており、本編より予告編の方が良く感じます。 ピノキオ√964の内容も人さまの解説がなければ正直、よくわからないかな? 終盤の敵との戦いと融合や、都市での暴走等、塚本晋也との共通項も多く、そこら辺へのオマージュが作品を無意味に長く中途半端な印象にしているような気もする。 テレビドラマ等の枠や制約がある条件で作成した方が面白いものが作れるのではないでしょうか? 是非、テレビ局の方、起用してあげて下さい(…内容的に無理かな)。
隠す
  
 
[003]ストロベリーショートケイクス
 ぜんぜんちがうぷくにゃん2007-10-28
 【ネタバレ注意】
原作のエピソードを使っているものの、全然違います。 里子なんか180度逆のキャラだし、秋代が棺桶で寝てるって。。。 ていうか原作は3つのストーリーのオムニバスだし。 最悪・・・
  
 
[004]ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ
 うむむ...。ぷくにゃん2006-04-04
 
下の方も書いていますが、序盤にデ・ニーロが「お前以外に誰がいるんだ!」と言っちゃうので ああ、消去法で行けばデ・ニーロ=チャーリーだな、と。 トラウマ的に同じ時刻に起・・・
続きを読む
下の方も書いていますが、序盤にデ・ニーロが「お前以外に誰がいるんだ!」と言っちゃうので ああ、消去法で行けばデ・ニーロ=チャーリーだな、と。 トラウマ的に同じ時刻に起きたときに何かが起こっているのもデ・ニーロペースなので。 でもダコタが当初共犯者ちっくなのが一番イカンと思いますね。
隠す
  
 
[005]乱れる
 大人の映画ぷくにゃん2006-02-01
 【ネタバレ注意】
二十代でも何本か成瀬映画は見ていたのですが、良く良さが判りませんでした。 でも四十も近い年頃になってみる成瀬映画は非常に魅力的に見えます。 この人間関係の描かれ方、ど・・・
続きを読む
二十代でも何本か成瀬映画は見ていたのですが、良く良さが判りませんでした。 でも四十も近い年頃になってみる成瀬映画は非常に魅力的に見えます。 この人間関係の描かれ方、どうにもならなささが二十代ではぐだぐだしたものに感じられて理解 できなかったのが、今では、成瀬映画の魅力であり、また人生の魅力のように思えてきたのです。 この映画では、前半はタッチがいつもと違うようで加山の演技も場違いに底が浅く感じられますが 加山が自分の気持ちを表すにつれ、まるでそんな事は気にならなくなります。 感情の微妙なふれあいとずれが、演出と映像で非常にうまく描かれています。 さらに終盤での高峰の演技。この演技には惚れます。 まさに白眉。眉の動きで演じています。すごい。 下の方も書いてますが、電話のシーンは泣けます。二度あるから更に泣けるのでしょう。 この結びつけないどうしようもなさを、「乱れ雲」では距離が離れる事で表現しまだ先の可能性を含んでいるのに対して、 「乱れる」では拒否した事により(それが直接原因ではないとしても)可能性をさえ否定してしまいます。 このまだまだ物語が続くのかと思わされた直後の突き放し。 加山の指に優しく指輪を巻いてやる高峰の優しい表情や、夜道を酔ってふらふらと歩く加山の姿が ことさら悲しく感じます。 傑作です。
隠す
  
 
[006]ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方
 監督と俳優の関係ぷくにゃん2006-02-01
 【ネタバレ注意】
WOWOWで見ましたが、いやぁ、これは傑作ですね。 構成や主演のジェフリー・ラッシュもすごく良く、感情移入させられます。 前半はやや太って感じましたが、どうやら若い時は実・・・
続きを読む
WOWOWで見ましたが、いやぁ、これは傑作ですね。 構成や主演のジェフリー・ラッシュもすごく良く、感情移入させられます。 前半はやや太って感じましたが、どうやら若い時は実際太っていたようですね。 イメージでは仕事を楽しんでいる人かと思っていたので、現場やプライベートがあんなに緊迫していたとは想像付きませんでした。 ブレイク・エドワーズとの関係も想像を絶しますね。 「キンスキー、我が最愛の敵」を見た時も思ったのですが、たくさん共作しているからといって いかにも仲良しこよしなのかと思ったらこれまたびっくり。 ピーター・セラーズ、今まで普通に好きでしたが、人間臭くて凄く好きになりました。 関連映画、全部見直したくなりますね!
隠す
  
 
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION