allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「まりっくりん」さんのコメント一覧 登録数(57件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]龍の歯医者
 つまらんまりっくりん2017-02-27
 
原作がつまらないのだろうが、ちゃんとしたお話になっていないのが致命的。単なる技術の「見本市」のままである。マニアックな和・洋・ファンタジー・ミリタリーの折衷でイケて・・・
続きを読む
原作がつまらないのだろうが、ちゃんとしたお話になっていないのが致命的。単なる技術の「見本市」のままである。マニアックな和・洋・ファンタジー・ミリタリーの折衷でイケてるつもりなのが気持ち悪いし、死生にこだわりすぎる内容、急激に虐殺が始まるところも、子どもが背伸びしているようで格好良くない。 弾があたらない親父が意味不明だし、「姉さん」のキャラ設定から造形まで全てが面白くない。じゃあ技術的に完璧なのかというと、CGを人物に適用したとわかる場面は興ざめである。 エヴァンゲリヲンの新作が不安になる内容だった。
隠す
  
 
[002]スター・ウォーズ/フォースの覚醒
 これ以上を期待できるのかまりっくりん2015-12-24
 【ネタバレ注意】
 観るまでは、どうせグダグダの陳腐な映画だろうと高をくくっていました。  観た後もある意味、その予想のとおりの映画だったともいえます。  しかし...大変意外だったので・・・
続きを読む
 観るまでは、どうせグダグダの陳腐な映画だろうと高をくくっていました。  観た後もある意味、その予想のとおりの映画だったともいえます。  しかし...大変意外だったのですが、ミレニアム・ファルコンが派手に飛び回り、タイ・ファイターとXウィングのドッグファイト、そして相変わらず全く弾が当たらないストームトルーパーを見て苦笑しながら、熱いものがこみ上げてくるのを抑えることができませんでした。  SWをリアルタイムで観たのは帝国の逆襲からで、旧三部作でさえ、決して期待以上の映画ではなかったにも関わらず。これはやはり30年ぶりに、本当の旧三部作の続編が観れたことによる補正なのでしょう。(結局、自分が本当に観たかったのは、アナキンがなんでダースベイダーになったか、ということではなかったことが明らかになった。自分にとってはエピソード1〜3が全くの蛇足だったんだ・・・。)  話がエピソード4を確信犯的になぞるなか、主人公レイの描写は結構成功したように思います。健気で自然で聡明そうな感じは、これまでのスカイウォーカー家の野郎どもには見られない性質です。ライトセイバーをバシっと取ったときなんか感動してしまいました。今後の成長に期待します。  しかし、この困難なプロジェクトに真っ向勝負を挑んだエイブラムス・・・ちょっと見直しました。次回作は監督しないみたいだけど、次からの監督は相当にやりやすくなったと思います。  なお、個人的な希望としては、ライトセイバーによる剣戟は、今回は振り回すだけだったけれど、次回以降は旧三部作のような形(地味だけど神秘的な感じ・・・)でやってほしい。新三部作のカンフーみたいなアクションは嫌いなので。  
隠す
  
 
[003]インターステラー
 果てしなき流れの果てにまりっくりん2014-11-23
 【ネタバレ注意】
モールス信号でメッセージを送り、マコノヒーを導き、ワームホールを作り、さらに娘の本棚の裏に導き、娘に「地平」のデータをモールス信号で送らせ(・・・って何バイトのデー・・・
続きを読む
モールス信号でメッセージを送り、マコノヒーを導き、ワームホールを作り、さらに娘の本棚の裏に導き、娘に「地平」のデータをモールス信号で送らせ(・・・って何バイトのデータなのやら・・・)、さらに娘のいまわの際に回収させる・・・。回りくどい上に主人公の親族周辺でこの巨大なエネルギーを要する大事業が繰り広げられており、・・・他にやるべきことがあるだろうと言わざるを得ない。つまり、矮小な話を宇宙規模でやってる、笑い話か落語みたいな話である。 小松左京のSF小説「果てしなき流れの果てに」のほうが潔くて素晴らしいだろう。
隠す
  
 
[004]クラウド アトラス
 残念で不快まりっくりん2013-03-16
 【ネタバレ注意】
「人生の謎を解く」などとは吹きすぎである。配給会社は(どこでもそうだが)いいかげんにしろと言いたい。 さて、本編であるが、原作アリの物語らしいので、ストーリーの文句・・・
続きを読む
「人生の謎を解く」などとは吹きすぎである。配給会社は(どこでもそうだが)いいかげんにしろと言いたい。 さて、本編であるが、原作アリの物語らしいので、ストーリーの文句を言ってはいけないのだろうが、あえてそれも含めて書かせていただくと、 /佑死にすぎる話である。しかも頭をブチ抜かれ、首をザクザクしすぎで決して気持ちが良くない(悪趣味である)。 韓国人女優が微妙な顔であまりにリアルすぎる。 J製人間がなんで大量にリサイクルされないといけないのか全く分からず、ストーリーのための存在でしかない。複製人間をアジア系に設定しているのは欧米人目線で極めて不快である。しかもそのためにアジア人に欧米人のコスプレをさせ、欧米人・黒人にアジア人のメイクをするという気色悪さ・・・ひたすら気色悪い。 ぅ優ソウルの世界が100万回も見たような未来世界とアクションで甚だしく興ざめである。 ダ侈メジャーが原発事故を起こそうとするなど「あまりにもありえない」くだらない陰謀である。しかもそのために飛行機を落としジャーナリストを殺そうとし、街中で銃撃戦とは?ここがコメディパートなら分かるがあまりにも70年代的妄想ではないか。 ο擦弔諒語を最後にどのような力技でまとめるのか?と思ったが最後は昔話でまとめただけ・・・竜頭蛇尾とはこのことである。 ・・・結局一番見れたのは時代的に昔から数えて2つの弁護士と作曲家の物語だけであった。陶磁器を粉々にするシーンは良かったが、クラウドアトラス六重奏・・・これが未来の2つの物語に絡まなければ面白くない! 結局原作が悪いのか演出がわるいのかよくわからないが、中途半端な映画であった。 「みんなつながってる」のなら「マグノリア」を、「クローン」の話なら「私を離さないで」を見るべきである。
隠す
  
 
[005]リアル・スティール
 ガキに苛立つ大人気ない私まりっくりん2013-02-11
 【ネタバレ注意】
ある意味主人公が使用するロボットが次々と変わるのは80年代アニメ的には斬新な設定である。それはクールな『装甲騎兵ボトムズ』なら必然。しかしこれは本来的はハートウォー・・・
続きを読む
ある意味主人公が使用するロボットが次々と変わるのは80年代アニメ的には斬新な設定である。それはクールな『装甲騎兵ボトムズ』なら必然。しかしこれは本来的はハートウォーミングなスポ根+父子愛の復活の物語のはずであって、これにそぐわない設定である。また、マックスの親父は育児放棄して失踪(そんな人でなし又はその理由が「怖い」だけの軽率でアホな男にはとても見えないぞ!よかったね。)、実母を「世界一最高」と言いながら昔馴染みの女性とよろしくやってる親父とそれを平然と受け入れる息子・・・想像してたより全くドラマがなくてペラペラなんだよ! 従って子供がいくら四角いジャングルで叫ぼうが、リングサイドで観客が一生懸命演技してようが、CGロボットがボロボロになりながら戦ってもイマイチ乗れなかったな。 最後相手が判定で勝ったけど、これも中途半端で何の効果を狙ったのか解りません。『ロッキー』へのオマージュなのか『チャンプ』がそういう結末なのかな?
隠す
  
 
[006]ミスター・ノーバディ
 じじいのシーン多すぎまりっくりん2012-09-09
 【ネタバレ注意】
この人もカメラを動かしすぎる。 「SFです」って言いながらこの話をはじめるのでは、全く台無しじゃないんですか。途中のビックバンとかエントロピーの話も不要(サービス精・・・
続きを読む
この人もカメラを動かしすぎる。 「SFです」って言いながらこの話をはじめるのでは、全く台無しじゃないんですか。途中のビックバンとかエントロピーの話も不要(サービス精神旺盛なのか、説明がないと不安だったのか。)。 せっかく3人女優を使ってるのにジーンだけ「無関心」な扱いでは、主人公に対する共感も失せる。 キエシロフスキのようにもっと堂々とシンプルに撮ったらどうだ、というのは酷だろうが、安っぽい場面が多くて長すぎるので残念作です。
隠す
  
 
[007]悪い奴ほどよく眠る
 やっぱりしゃべりすぎでしょまりっくりん2012-09-02
 
延々と誰かが喋って状況説明してますね。 最初の結婚式のときは記者が。次からはミフネが。最後は加東さんが。 特に地下壕監禁後はずーっとしゃべりっぱなし。「なつかしいなあ・・・
続きを読む
延々と誰かが喋って状況説明してますね。 最初の結婚式のときは記者が。次からはミフネが。最後は加東さんが。 特に地下壕監禁後はずーっとしゃべりっぱなし。「なつかしいなあ」「15年前どーたらこーたら」・・・これじゃ映画じゃなくて舞台劇の録画で、どんどん悪い時の黒澤になって行き、ミフネ謀殺の場面もセリフ説明。最後は「これでいいのか!」という絶叫・・・。えー加減にしてください。 「乱」の「神も仏もないのかー」を思い出した。
隠す
  
 
[008]ダークナイト ライジング
 予告編のほうがいいまりっくりん2012-07-31
 【ネタバレ注意】
「ふーた」さんと同意見です。 アン・ハサウェイはもうちょっと艶やかに撮って欲しかった。でももう一回見たいな。いや、クリスチャン・ベールも好きなんですけどね。 ・・・で・・・
続きを読む
「ふーた」さんと同意見です。 アン・ハサウェイはもうちょっと艶やかに撮って欲しかった。でももう一回見たいな。いや、クリスチャン・ベールも好きなんですけどね。 ・・・で、この映画は普通のアメコミ映画でしょう。 インセプションが良かったし、予告編の不穏な感じも惹かれるものがあったので結構期待して見たんですよね。 最初はベインが何を企んでるか分からなかったし、バットマンと堂々のタイマン勝負!でも何であんなに強いの? しかしそのあとは凄まじい失速です。結局ベインって黒幕の飼い犬で何のポリシーもなかったんだ。私はてっきり前2作とは違うカリスマ的悪の権化だと勝手に期待してて残念の極みである。 「伝説が壮絶に終わる」って何の話? 最後にこれだけは言っておきたいが、ノーランも核兵器を単なる爆弾としか思ってないのが分かって非常に残念だった。
隠す
  
 
[009]ツリー・オブ・ライフ
 コメントが難しいまりっくりん2011-08-14
 
まず最初に言っておきますが、私は同監督の天国の日々こそ史上最も美しい映画のひとつであることを確信し、シン・レッド・ラインこそ私がリアルタイムで経験した最も素晴らしい・・・
続きを読む
まず最初に言っておきますが、私は同監督の天国の日々こそ史上最も美しい映画のひとつであることを確信し、シン・レッド・ラインこそ私がリアルタイムで経験した最も素晴らしい映画経験であったと断言します。 そこで本作であるが、厳格に命ずる一神教の父性的神と世界をあるがままに受け止める母性的神との間で、そのどちらにもなり切れず懊悩する「人間」、命令されれば反発するしかなく、受容と愛を弱さと断定し嫌悪する「人間」の業を描こうとしていると思われます。また、無邪気で至福に満ちた幼児の時期から様々な経験を経て嫉妬や憎しみが芽生え、罪に落ち、楽園を喪失し放浪する物語(これは同監督に一貫するテーマだと思われる)としても読めます。しかしシン・レッド・ラインではいちいち腑に落ちていた監督の意図が、今回はそれほどスムーズに届かず(瀕死のこども恐竜?の頭を踏みつけながらも最後は去っていく肉食恐竜・・・)、つまり監督についていけず、ラストの大円団的至福のイメージに浸ることができませんでした。 ひたすら残念であったが、ファンのノルマとしてもう一度見てみようと思う。 再度見た結果】旧約聖書の知識がないと話が繋がらない。日本人には厳しいと思われるが、各種評価が「金返せ」の大合唱になるのは無性にさびしい。
隠す
  
 
[010]ローマの休日
 意外と硬派まりっくりん2011-02-13
 【ネタバレ注意】
ひたすら乙女チックな映画なのかと思いきや、ラストは「平日」モードに戻らなければいけないお二人の痛切な思いが感じられ、かつ、一切余計な感傷を「あおらない」立派な別れの・・・
続きを読む
ひたすら乙女チックな映画なのかと思いきや、ラストは「平日」モードに戻らなければいけないお二人の痛切な思いが感じられ、かつ、一切余計な感傷を「あおらない」立派な別れのシーンで振り返ったりしないグレゴリー・ペックがカッコいいと思います。
隠す
  
 
[011]パブリック・エネミーズ
 なんなんでしょうかまりっくりん2011-01-23
 
デリンジャーってなんのために銀行強盗するんでしょう。単なる自己満足ナルシスト=深刻ぶったええ格好しいに見えました。それに対して警察が何度も脱獄されてアホ扱い。・・・・・・
続きを読む
デリンジャーってなんのために銀行強盗するんでしょう。単なる自己満足ナルシスト=深刻ぶったええ格好しいに見えました。それに対して警察が何度も脱獄されてアホ扱い。・・・どうもマイケル・マンとは相性が合わないなあ。マイケル・マンって一時期のブライアン・デ・パルマみたいな感じになってないか? あと音楽が一部「シン・レッド・ライン」(ハンス・ジマー)に酷似してたと思ったが・・・自分だけか?
隠す
  
 
[012]インセプション
 意外と親切まりっくりん2010-08-08
 【ネタバレ注意】
ノーランのオリジナル脚本であるが、初心者アリアドネの存在など、お話の仕組みをできるだけわかりやすく説明しようという心意気がよい。個人的には罪悪感が妻の姿として何度も・・・
続きを読む
ノーランのオリジナル脚本であるが、初心者アリアドネの存在など、お話の仕組みをできるだけわかりやすく説明しようという心意気がよい。個人的には罪悪感が妻の姿として何度も再現されるのは「惑星ソラリス」を想起させて大好きな設定だ(ノーランも当然観ていると思う)。まあ、仲間たちが凄く献身的なのが意外だし、インセブション後意図したとおりになるかは保証の限りでないのだが、ラストシーンでちょっと胸が熱くなるし、後味はさわやかなのでお勧めです。
隠す
  
 
[013]必死剣 鳥刺し
 納得いかないまりっくりん2010-07-19
 【ネタバレ注意】
なぜ側妾を刺したのか・・・もさることながら・・・。 愛妻との情を強調しておきながら、なぜその姪と簡単に寝てしまうのか。 しかも友人に縁談の依頼をし、自宅で引き合わせて・・・
続きを読む
なぜ側妾を刺したのか・・・もさることながら・・・。 愛妻との情を強調しておきながら、なぜその姪と簡単に寝てしまうのか。 しかも友人に縁談の依頼をし、自宅で引き合わせておきながら?我慢しろよ! 姪も姪で、伯母を慕っているフリをして、その夫を狙っているとは・・・。とんだメス猫ではないだろうか。ここで一気に興ざめ。大体池脇千鶴みたいな子供女のどこがいいのか(ファンの人ごめんなさい。) ともかく、これで豊川は自業自得気味に死ぬ運命と決まった。 吉川氏との真剣勝負は良かった。しかしその後の立ち回りがそれを越えることはなく尻すぼみ気味。 たそがれ清兵衛の方がよい。
隠す
  
 
[014]アイアンマン2
 スカ嬢のみまりっくりん2010-07-03
 
なんか散漫な感じ。トニーと秘書とのかけあいも面白くない。イワンじゃあアイアンマンに勝てそうな気がしないのがダメだと思う。スカーレット・ヨハンソンは今回も微妙にブスだ・・・
続きを読む
なんか散漫な感じ。トニーと秘書とのかけあいも面白くない。イワンじゃあアイアンマンに勝てそうな気がしないのがダメだと思う。スカーレット・ヨハンソンは今回も微妙にブスだが、このアクションシーンだけが見所です。前作より全然面白くない。
隠す
  
 
[015]インビクタス/負けざる者たち
 普通の映画でしょまりっくりん2010-05-22
 
普通にいい映画だが絶賛するには値せず。 イーストウッドらしくあざとい演出もなく抑制された・淡々とした描写に好感がもてる(自分が主演するとこうはいかないようで)。 しか・・・
続きを読む
普通にいい映画だが絶賛するには値せず。 イーストウッドらしくあざとい演出もなく抑制された・淡々とした描写に好感がもてる(自分が主演するとこうはいかないようで)。 しかし傑作ではない。 あんまり褒めちゃあいかんぜよ。
隠す
  
 
[016]ブラッド・ワーク
 つまらんまりっくりん2010-05-22
 
こんな年でモテ役やって恥というものを知らんのかと思う。 60点レベルで典型的なイーストウッドのアクション映画になっている。 あんまり褒めちゃあいかんぜよ。
  
 
[017]タイタンの戦い
 B級映画にご用心まりっくりん2010-05-05
 【ネタバレ注意】
主役のサム・ワーシントンはいい奴なんだろうが、単なるヤンキー兄ちゃんで魅力なし。ゼウスともいつのまにか和やかな雰囲気になってるし…お人よしやねえ〜。アンドロメダはあ・・・
続きを読む
主役のサム・ワーシントンはいい奴なんだろうが、単なるヤンキー兄ちゃんで魅力なし。ゼウスともいつのまにか和やかな雰囲気になってるし…お人よしやねえ〜。アンドロメダはあんな感じでいいが、イオは時々美人に見える程度…守護天使みたいな役回りだろうから、もっと華奢な感じの女性でもよかったのではないかなあ。ハデスも額の禿げ上がったメイクのレイフ・ファインズではなく、北欧・ドイツ系のカッコいい俳優にしてほしかったなあ。ペガサスも役に立ってるふうには見えずアバターデジャブに襲われる。はあ〜(ため息)。レンタルで十分だと思う。
隠す
  
 
[018]アバター
 おもしろくないまりっくりん2010-01-23
 【ネタバレ注意】
どこかで観たような概視感がある(もののけ姫とかマトリックスとか)。SF的アイデアは全部借り物である上に、異世界といっても価値観等はほとんど人間と同じであったり、万人・・・
続きを読む
どこかで観たような概視感がある(もののけ姫とかマトリックスとか)。SF的アイデアは全部借り物である上に、異世界といっても価値観等はほとんど人間と同じであったり、万人向けを狙うためにあえて徹底せず中途半端に羅列しているように感じた。お話も3時間かけているが、単純すぎて何も感じるところはない。辮髪?の先で接続して動物を「操縦」したりするのは気持ち悪い。そんな便利な動物がいる世界は、逆に自己中心的な世界であると感じた。世界が実態的に神経組織のようなもので繋がっているという即物性や、これを通じて精神を別の肉体に移動すること等は、もっとグロテスクに描けるはずであるがあえてこれを避けている。SF魂のないSF世界のお話でしかなく2度と観る必要はない。
隠す
  
 
[019]スパイダーマン3
 肉体を粗末にするなまりっくりん2010-01-13
 【ネタバレ注意】
相変わらずキルスティン嬢は外見も内面も美人に見えず、ブライス嬢もフツーの容姿で、ピーターにほかに選択肢はないので気の毒。 それはさておき、今回は肉弾戦が連続する。ゴ・・・
続きを読む
相変わらずキルスティン嬢は外見も内面も美人に見えず、ブライス嬢もフツーの容姿で、ピーターにほかに選択肢はないので気の毒。 それはさておき、今回は肉弾戦が連続する。ゴブリンとのビルの間での空中戦・巨大化したサンドマンがスパイダーマンを殴りつけたりするシーンであるが、キャラクターを人間扱いしてないように思って抵抗感があった。 お話的には何にも見るべきところはありません。 まあ自分はスパイダーマンおよび敵キャラに何の思い入れもないので、1から3まで映画館で観てきたが、ここまでが限界ですな。
隠す
  
 
[020]レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―
 ダメダメまりっくりん2010-01-13
 
パートワンよりすさまじく退化している。我慢ができなかった。 見るに堪えない映画とはまさにこの映画のことで、せっかくの国際共同製作でかけたお金がもったいない映画である・・・
続きを読む
パートワンよりすさまじく退化している。我慢ができなかった。 見るに堪えない映画とはまさにこの映画のことで、せっかくの国際共同製作でかけたお金がもったいない映画である。(本気で撮ったとすれば今後ジョン・ウーにも何も期待できない。)女どもの見せ場なんてどうでもいい。三国志演義に忠実なストーリーにしたほう絶対よかった。
隠す
  
 
[021]天使と悪魔
 天使と悪魔は?まりっくりん2009-06-09
 【ネタバレ注意】
全然面白くないどうでもいい映画。 結局、何のためにバタバタしているのか?と白けならがら最後まで見てしまった。 苦笑。
  
 
[022]ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
 力技まりっくりん2009-05-17
 
PTA若いけど、相変わらず剛腕ぶりを見せつける。そこらの若い監督みたいに小手先で勝負しない。あくまで真っ向勝負!ともかく立派な・骨太な映画であった。
  
 
[023]影武者
 無題まりっくりん2009-05-17
 【ネタバレ注意】
討ち死にを覚悟した大滝秀治たちが「風よ」「山よ」(…だったかな?)と言って別れを惜しむ場面がとっても恥ずかしいです。長篠の合戦をショーケンのリアクションだけで表現し・・・
続きを読む
討ち死にを覚悟した大滝秀治たちが「風よ」「山よ」(…だったかな?)と言って別れを惜しむ場面がとっても恥ずかしいです。長篠の合戦をショーケンのリアクションだけで表現しようとする場面はコントのようでもあります。映画館で見ればまた違うかもしれませんが…。これがカンヌのグランプリとは…。
隠す
  
 
[024]ウォッチメン
 ロールシャッハに尽きるまりっくりん2009-05-09
 【ネタバレ注意】
ロールシャッハがDr.マンハッタンに消滅させられるシーンがよかった。
  
 
[025]グラン・トリノ
 微妙まりっくりん2009-05-09
 【ネタバレ注意】
期待しすぎたのがいけなかったのかイマイチだった。 キリストを象徴したような姿が興ざめだった(倒れたとこ)。 考えすぎかもしれないが。 イーストウッドがグラン・トリノを・・・
続きを読む
期待しすぎたのがいけなかったのかイマイチだった。 キリストを象徴したような姿が興ざめだった(倒れたとこ)。 考えすぎかもしれないが。 イーストウッドがグラン・トリノを颯爽と運転するシーンがなくてよかったのかなあ?
隠す
  
 
[026]ニュー・ワールド
 楽園喪失まりっくりん2006-04-30
 【ネタバレ注意】
7年ぶりの新作はアメリカの建国神話を題材にした(またしても)楽園喪失の物語。そして愛することと愛されることのカタチをじっと見つめるような映画でありますが、個人的には・・・
続きを読む
7年ぶりの新作はアメリカの建国神話を題材にした(またしても)楽園喪失の物語。そして愛することと愛されることのカタチをじっと見つめるような映画でありますが、個人的には、期待が大きすぎたのか、もうひとつという感想になります。 今回は、監督としてはこれまでになくひとりの人間に焦点を当てた感がありますが、これが監督の作風に合ってないように思いました。 また、監督の特徴である「ボイス・オーバー」は控えめ・・・というよりあまりに断片的(母へ問いかける部分をもう少し強調しても良かったのでは?)で、また色彩的にも緑基調の淡いトーンに終始。前作「シン・レッド・ライン」でのフラッシュバックの多用や南国の極彩色の風物がお気に入りだったので、ちょっと地味に感じました。 過去の作品のような心に訴える映像がないのがとても残念ではありますが、押し付けの感動を排したサラリとした画風は、凡百のハリウッド映画とは全く異質のマリック節ではありますので、一見の価値ありです。
隠す
  
 
[027]ランド・オブ・プレンティ
 めたふぁあまりっくりん2005-12-06
 【ネタバレ注意】
私としては、ヴェンダースの映画を映画館で鑑賞するのは初めてでした(10ミニッツ・オールダー以外)。あまり期待もしておりませんでしたが、かなりわかりやすい映画であったと思います。説・・・
続きを読む
私としては、ヴェンダースの映画を映画館で鑑賞するのは初めてでした(10ミニッツ・オールダー以外)。あまり期待もしておりませんでしたが、かなりわかりやすい映画であったと思います。説教ぎりぎりになるところを、ぐっとこらえて品がよいと思います。 主人公のポールがアメリカのメタファーであることを隠そうともしないヴェンダースに逆に潔さを感じます。終盤ポールが「俺が今までやってきたことは…」となる場面が意外でもなんでもないのも、狙ってやってるんでしょうね。 対するラナが、国境などを超越した新しい人間として描かれていますが、ラナを守ることがアメリカの新たなる使命ということでしょうか。 最後、グランド・ゼロでのやり取りと、「ランド・オブ・プレンティ」の歌に、ヴェンダースの激しくはないけど強い想いを感じました。アメリカを断罪するのではなく、アメリカに託す希望を描いた映画なのでしょうか…。
隠す
  
 
[028]ミスティック・リバー
 不条理まりっくりん2004-02-08
 【ネタバレ注意】
事前の予想よりは重苦しくなかったです。 それでも十分苦渋に満ちてますけど。 主演三俳優の中では,ベーコンの感情を抑えた演技が良かった。あとフィッシュバーンがいい味出し・・・
続きを読む
事前の予想よりは重苦しくなかったです。 それでも十分苦渋に満ちてますけど。 主演三俳優の中では,ベーコンの感情を抑えた演技が良かった。あとフィッシュバーンがいい味出してました。これだけの俳優を揃えたのだから当然ですが,映画館で見て損はないでしょう。 一番ゾッとするのは,最後のローラ・リニーの論理でしょう。あそこで,娘を殺されたペンに感情移入していた観客が途方にくれてしまいます。 (イーストウッド爺が突きつけたかったのも,ここじゃないのか?) 個人的にイイと思ったのは,ベーコンと妻とがコミュニケーションを回復する場面(3つの夫婦の関係も,興味深いものがあります)と,パレードでのゲイ・ハーデン母子が悲劇的な将来を予感させて,すばらしい場面で,グっときました。 ベーコンとペンのゼスチャーも意味深で,まだ結論が出せません。 こういう砂を噛むようなラストもまたよし。個人的には「オスカーを獲れなかった作品」の一つになって欲しいですね。
隠す
  
 
[029]10ミニッツ・オールダー 人生のメビウス
 ライフラインまりっくりん2004-01-25
 【ネタバレ注意】
イデア・・・のほうより好きな監督が揃っているというので,期待して見ました。しかし残念ながら10分はちょっと短すぎたかもしれない・・・と感じさせなかったのは,ビクトル・・・
続きを読む
イデア・・・のほうより好きな監督が揃っているというので,期待して見ました。しかし残念ながら10分はちょっと短すぎたかもしれない・・・と感じさせなかったのは,ビクトル・エリセの「ライフライン」でしょう。これだけで見る価値がある,とまでは言いませんが,見てよかったと思いました。
隠す
  
 
[030]トリコロール/赤の愛
 祝DVD化まりっくりん2003-12-11
 
大変好きな作品で,これまでDVD化されなかったのが不思議です。 今回改めて青・白・赤及び特典映像など鑑賞しましたが,以前はよく分からなかったことが少し理解できたかな・・・
続きを読む
大変好きな作品で,これまでDVD化されなかったのが不思議です。 今回改めて青・白・赤及び特典映像など鑑賞しましたが,以前はよく分からなかったことが少し理解できたかな? 監督がこの三部作で試みたことは,いろいろ考えられると思いますが,個人的には 青でプレイスネルに,白でポーランドの俳優たちに敬意又は謝意を示しているような気がしました。 で,「赤」では,もうひたすらイレーヌ・ジャコブを美しく撮ることに徹していると感じるのはあまりにも贔屓の引き倒しかもしれませんが(前2作の女優たちはどう思ったか?),それくらい「赤」のジャコブさんはおきれいです。 あんな人が近くにいれば,それこそ「存在するだけでいい」でしょう。
隠す
  
 
 1 2次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION