allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「ゆんず」さんのコメント一覧 登録数(26件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]AKIRA
 サビ頭ゆんず2007-02-19
 
オープニングの暴走場面で、喧噪の中で鉄男がコーナリングでコケた後、バイクを押しがけするときの静寂がいい。 バイクのテールランプの残像が美しい。さらに「マッドマックス・・・
続きを読む
オープニングの暴走場面で、喧噪の中で鉄男がコーナリングでコケた後、バイクを押しがけするときの静寂がいい。 バイクのテールランプの残像が美しい。さらに「マッドマックス」ばりにニトロスイッチをONすると、強烈なホイールスピンでその残像がギザギザになるところとかたまんない。 その素晴らしい暴走場面が、ストーリー的に賑やかし以外にほとんど何の役にも立ってなかったのがちょっと残念でしたが。
隠す
  
 
[002]ダ・ヴィンチ・コード
 超細かいツッコミゆんず2006-07-23
 
イギリスの教会の地下に「聖杯」を求めて階段を下りていくカットで、ソフィーがすねに負ってたはずの傷が消えてた。 これがこの映画最大のミステリーw
  
 
[003]ポカホンタス
 トリップゆんず2006-04-11
 
花びらが舞うと幻想が現れる場面って、現実じゃきっと、ジョンとポカホンタスの二人は、変なキノコでも一緒に食って気持ちよくなってるんだろうなぁと、汚い大人の視点で観てし・・・
続きを読む
花びらが舞うと幻想が現れる場面って、現実じゃきっと、ジョンとポカホンタスの二人は、変なキノコでも一緒に食って気持ちよくなってるんだろうなぁと、汚い大人の視点で観てしまいました (^^;)
隠す
  
 
[004]キング・コング
 モンスターを鏡にした人類の自画像ゆんず2006-01-12
 【ネタバレ注意】
「一人のときは弱々しくまた友好的だが、集団になると途端に獰猛になる」という人類の本質を教えてもらった気分。 髑髏島でアン・ダロウがたった一人でコングに捕まったとき、・・・
続きを読む
「一人のときは弱々しくまた友好的だが、集団になると途端に獰猛になる」という人類の本質を教えてもらった気分。 髑髏島でアン・ダロウがたった一人でコングに捕まったとき、コングは彼女を人形のおもちゃのように弄んで楽しむけど、アンは助かりたいがために必死に踊ったり芸を見せたりして、ついにコングと心を通わせる。 翻って、ニューヨークに連れられたコングが見世物にされるところまでは、立場が逆になっただけでアンが捕まったときと同じだが、そこから先が「群衆としての人類」の獰猛さによって、髑髏島とは違った結末を呼び込むことになる。 人間の醜い面を、モンスターを鏡として使って見事に表現した監督に脱帽。 まだ誰もツッコんでないツッコミどころ: ・原住民はあの後どこに消えたんだ? ・池の氷、コングが乗った時点で割れるだろ。 ・クライマックスでのアンの衣装、あれじゃコングが死ぬ前に凍死するよ。
隠す
  
 
[005]妖怪大戦争
 あずきは体にええ!ゆんず2005-08-29
 【ネタバレ注意】
今夏は「戦争(War)」がタイトルに入る超大作が3本も出ましたが(あとは「宇宙戦争」と「スターウォーズ」ね)、「妖怪大戦争」がダントツ一番楽しめました。特に主演の神木君・・・
続きを読む
今夏は「戦争(War)」がタイトルに入る超大作が3本も出ましたが(あとは「宇宙戦争」と「スターウォーズ」ね)、「妖怪大戦争」がダントツ一番楽しめました。特に主演の神木君、彼の非の打ち所のない見事な演技がなければ、ここまでのものには仕上がらなかったでしょう。 「真っ白な嘘」が子供から大人になるキーワードと来ましたか。なるほどねぇ。日本映画によくある(あった)行き当たりばったりな脚本じゃなく、そこらへんのひねりもよかったですよ。 いまだに戦争だらけの現代で、戦争体験のある水木しげるの言葉が、実感がこもっていてかなり効きました。 だから、これからは、あずきをよく味わって食べるようにします(笑) 細かいツッコミ: ・タダシ君のお姉ちゃんは大丈夫だったの? ・さらわれた大天狗はどうなった(どう使われた)の?
隠す
  
 
[006]約三十の嘘
 この映画で学んだことゆんず2005-03-22
 
その1 「孤独な勝利は空しい」 その2 「とんだおっぱいくわせもの」
  
 
[007]リング2
 看護師さんはいい人ゆんず2005-02-21
 
1作目と同じくらい恐かったです(「らせん」のことはもう忘れてあげましょう)。 特に、プールの底の棺桶にビビりました。 細かいツッコミ: 精神科医の最後の笑顔は、ちょっ・・・
続きを読む
1作目と同じくらい恐かったです(「らせん」のことはもう忘れてあげましょう)。 特に、プールの底の棺桶にビビりました。 細かいツッコミ: 精神科医の最後の笑顔は、ちょっとありきたりだったというか。 そのお医者さん付きのセリフのない看護師さんが、その場のみんなに付き合って一緒に死んでたのがちょっと笑えた。
隠す
  
 
[008]リング0 バースデイ
 踏んだり蹴ったりシアターゆんず2005-02-21
 【ネタバレ注意】
思わず悲鳴を上げそうになってしまった。 オノレの好奇心を満たすためだけにセミプロ劇団の公演を台無しにする無神経さに。 あの劇団、貞子を抱え込んだが運の尽き。様々なトラ・・・
続きを読む
思わず悲鳴を上げそうになってしまった。 オノレの好奇心を満たすためだけにセミプロ劇団の公演を台無しにする無神経さに。 あの劇団、貞子を抱え込んだが運の尽き。様々なトラブルに遭遇しながらもけなげに芝居の準備を続けてようやく開演にこぎ着けたのもつかの間、田中好子の好奇心大暴走でトドメ差されてちゃって、もう再起不能→自然消滅しかないだろうなぁ。 (劇団に)合掌。
隠す
  
 
[009]パラサイト・イヴ
 医学部建築科ゆんず2005-02-21
 
クライマックスは涙なくして観られなかった。 涙もいろいろあるけれど、純粋にアクビの涙。あり得ないほど単調な編集で。 商用映画なんだから、商品として最低限の品質くらいは・・・
続きを読む
クライマックスは涙なくして観られなかった。 涙もいろいろあるけれど、純粋にアクビの涙。あり得ないほど単調な編集で。 商用映画なんだから、商品として最低限の品質くらいは保ってほしかった。 もひとつ思い出した。 お医者さんて学科でハイテクビルの操作も習うの?
隠す
  
 
[010]ジャンヌ・ダルク
 生きているうちに辿り着くことゆんず2005-02-21
 
「嫌な映画だ」と、観た友達は吐き捨てるように言ってこの作品をまるっきり否定してたけど、僕は特に嫌悪感を覚えなかったです。ジャンヌ・ダルクが火あぶりになることは歴史的・・・
続きを読む
「嫌な映画だ」と、観た友達は吐き捨てるように言ってこの作品をまるっきり否定してたけど、僕は特に嫌悪感を覚えなかったです。ジャンヌ・ダルクが火あぶりになることは歴史的事実で、観る前から分かっていたので。友達も分かってたはずなんですが、それでも許せなかったようです。 僕は、火刑直前のジャンヌの葛藤と、その結果もたらされた悟りに注目したいです。彼女が生きているうちに、自力でその高みに辿り着けて本当に良かったと、なんだか嬉しくさえなりました。 自分の行動理念の始まりを、ただの思い込みだったと認めることで、ついに彼女は常人よりずっと上の精神的ステージに登った、と解釈できそうです。 処刑場に赴くジャンヌの落ち着きと、本来ならより高いステージにいるはずの、刑を執行する聖職者の不様な動揺の対称が、その解釈の裏付になるかと。 「その意図でこの作品は作られた」と僕は思っているんですが、自分の心の分身として、架空の別人格を出してまで葛藤の説明に力を入れるんなら、作品の意図自体をもうちょっと分かりやすく出してほしかったです。 僕の解釈もハズレかもしれませんね。まぁそれでも自分なりの解釈を持てて満足なのですが、上述の友達なんか「カネ返せ」と言わんばかりでしたし。
隠す
  
 
[011]エイリアン4
 どう見てもそう見えるゆんず2005-01-11
 
この映画において最も印象深かった発見: シガニー・ウィーバーの DNA + エイリアンの DNA = マイケル・ジャクソン
  
 
[012]オーバードライヴ
 音と映像の、耐え難いギャップゆんず2005-01-11
 
「夢の祭り」から四半世紀ぶりのジョンカラバトル映画。なぜか津軽三味線の音は映画と合うようですね。 大石君の Smoke on the Water のアレンジ、キマッてました。 そして、弦・・・
続きを読む
「夢の祭り」から四半世紀ぶりのジョンカラバトル映画。なぜか津軽三味線の音は映画と合うようですね。 大石君の Smoke on the Water のアレンジ、キマッてました。 そして、弦による決勝戦の演奏にはほんとシビレました。 サウンドは良かったですが、あの話の内容で127分は長過ぎ。100分で充分。「スチーム・ボーイ」もそうだったなぁ。 もしかして日本映画には「2時間を越えないといけない」という決まりでもあるんでしょうか。 演出も編集も、気が抜け過ぎてダラダラ長くなってしまったという感じ。中盤あたりで退屈で死にそうだったんで、よっぽど途中で帰ろうかと思いましたが、クライマックスでの演奏聴きたさに必死にこらえました。 客に何かを強いるというのは、娯楽作品としていただけない姿勢だと思います。 役者では、ミッキー・カーチス、小倉一郎、石橋蓮、良かったです。 ヒロイン役の若手女優さんは、少なくとも相手役の柏原収史くらいの芝居が出来るようになってから銀幕に登場していただきたかったです。まだ早すぎましたね。 じいちゃんに代わって弦を鍛える場面は、監督さんも女優さんもどうしていいか分からずに、サジ投げちゃったのがモロ分かりでした。 洞窟のハリボテ臭さと照明のセット臭さにかなりの手抜きを感じました。 日本映画はいまだ経済状況が苦しいのは存じていますが、並みいる世界の強豪たちと並んで劇場公開をするのなら、努力と工夫でそれに見合った程度の仕事をしてほしいです。 「TAXI NY」の直後に観たせいもあってか、日本人として悲しくなりました。
隠す
  
 
[013]荒野の用心棒
 それでもオリジナリティが光るゆんず2004-12-15
 
「用心棒」だと、悪役軍団は最後にあっさりやられてたけど、こっちの悪役ラモンのやられっぷりは、それはそれは見事なもんじゃった。自分が負けたことが信じられない焦りと絶望・・・
続きを読む
「用心棒」だと、悪役軍団は最後にあっさりやられてたけど、こっちの悪役ラモンのやられっぷりは、それはそれは見事なもんじゃった。自分が負けたことが信じられない焦りと絶望を、太陽を含めた主観ショットでよく表してた。 あと、「荒野の…」中でのあのオリジナルアイディアがなければ「バック・トゥ・ザ・フューチャー2, 3」でのあの展開もなかったわけで。 パクりの汚名はずっと付いて回るだろうけど、それはそれとして、この作品独自のセンスは認められていいと思う。もう認められてるからここまで有名なのか。 「Weak men weep...」の主題歌もカッコよかったな〜。「必殺仕事人シリーズ」の音楽に影響を与えたのでは? あのシルエットアニメのダサさは言わない約束(苦笑)
隠す
  
 
[014]ホーホケキョ となりの山田くん
 スクリーンの向こうからの叫びゆんず2004-08-31
 
一見、何がしたいのかよく分からない作品だけど、「鬱病映画」と解釈するとスッキリ解決。 鬱病の、言葉にできない苦しみ様を、アニメ映画で表現してみましたみたいな。 「俺の・・・
続きを読む
一見、何がしたいのかよく分からない作品だけど、「鬱病映画」と解釈するとスッキリ解決。 鬱病の、言葉にできない苦しみ様を、アニメ映画で表現してみましたみたいな。 「俺のこの苦しみなんて普通の人たちに分かってもらえないだろうけど、ともかく俺は今、死んだ方がましなほど苦しいんだ。誰か助けてくれぇぇぇぇぇ! ここから引っ張り上げてくれぇぇぇぇ!」 との悲痛な叫びが、画面の裏側から聞こえてくるような。 観ながらそういう印象を持ってしまったせいか、最後の、全員が満面の笑みで、傘を持って空を飛びながら「ケセラセラ」を歌い出すという、常に不気味さが漂う作品中で最も不気味な演出をされた日にゃ、 「頼む。誰でもいいから、もう助けてくれなくていいから、今すぐ俺を殺してくれぇぇぇぇ!」 と叫ばれてるように思えたりして。 勝手な解釈ながら、大変に迷惑な気分になりました。 「ケセラセラ」の歌詞は監督自らのものだそうで。 恐れながら監督に申し上げますと、きちんと通院されるのがよろしいかと。
隠す
  
 
[015]影武者
 邪道鑑賞法ゆんず2004-07-06
 【ネタバレ注意】
そのままの淡い色合いもいいですが、テレビの「彩度」をいじって白黒画像にして観ると、それはそれですごくきれいですよ。 作品の意図から外れた邪道な楽しみ方ですが、ご興味・・・
続きを読む
そのままの淡い色合いもいいですが、テレビの「彩度」をいじって白黒画像にして観ると、それはそれですごくきれいですよ。 作品の意図から外れた邪道な楽しみ方ですが、ご興味のある方は一度お試しあれ。 東宝の国内配給版より、20世紀FOXの世界配給版の方が、短く刈り込まれたぶんだけ全体が引き締まって、出来が良くなっているように思います。 細かいツッコミ:正体のバレた影武者を追い払う武田の郎党、石の投げ方が野球っぽい。
隠す
  
 
[016]CASSHERN
 細かいツッコミ:筋肉は?ゆんず2004-05-24
 
皮膚が破れてしまうほど異常に筋肉が発達してしまったら、超人ハルク級のムキムキマッチョになるはずなんだが、その筋肉を押さえつけてるはずのボディスーツも少しダブつくほど・・・
続きを読む
皮膚が破れてしまうほど異常に筋肉が発達してしまったら、超人ハルク級のムキムキマッチョになるはずなんだが、その筋肉を押さえつけてるはずのボディスーツも少しダブつくほどの針金体形。
隠す
  
 
[017]遊星からの物体X
 顔文字作りましたゆんず2004-05-17
 
...彡ミ( ̄◇ ̄)彡ミ     カサカサカサ…
  
 
[018]阿修羅の伝説 死闘篇
 地元ロケゆんず2004-03-05
 
ロケ地が我が地元・八戸だったんで、野次馬に3回くらい行ったのが一番の思い出だな〜。 良かった所:石丸謙二郎の剣さばきが見事。 ツッコミ:クライマックスの格闘場面はホ・・・
続きを読む
ロケ地が我が地元・八戸だったんで、野次馬に3回くらい行ったのが一番の思い出だな〜。 良かった所:石丸謙二郎の剣さばきが見事。 ツッコミ:クライマックスの格闘場面はホテルのボイラー室なんだけど、そこの床、なんで都合良く体育マットが敷き詰めてあるんだ? ダイイングメッセージに意味があるんだけど、いまわの際の人がそんな凝った言葉遊びするか?
隠す
  
 
[019]シティーハンター
 編集という作業の重大さゆんず2004-03-05
 
この作品で、映画にとって編集という行程がどれほど作品の生死を左右するのかよく分かった。ここまでひどい編集、他に知らない(笑) 特に、ガラガラヘビの歌をストーリー進行・・・
続きを読む
この作品で、映画にとって編集という行程がどれほど作品の生死を左右するのかよく分かった。ここまでひどい編集、他に知らない(笑) 特に、ガラガラヘビの歌をストーリー進行を完全に止めてまでフルコーラス見せて聴かせる必要性について、そうすることに決めた人に尋問したい気分だ。あの時間は最高に退屈だった。
隠す
  
 
[020]稲村ジェーン
 いろんなダサさゆんず2004-03-05
 
既にいろいろ言い尽くされてるとは思うけど、僕がなんとなく許せなかったのが、主役・ヒロインのキスシーン演出。カメラが二人にグーッと駆け寄って、BGM はティンパニーで始ま・・・
続きを読む
既にいろいろ言い尽くされてるとは思うけど、僕がなんとなく許せなかったのが、主役・ヒロインのキスシーン演出。カメラが二人にグーッと駆け寄って、BGM はティンパニーで始まる「ドロロロロロロジャジャーン!」 ……圧倒的にダサい。 クライマックスでの妖怪の振り付けも、往年の「東宝創作ダンス」そのもので笑える。「隠し砦の三悪人」とゴジラシリーズのどれか(「ゴジラ対キングコング」だったか「モスラ」系の古い作品だったか)でそっくりな踊りを見たことがある。 良い所といったら、画面の全体的な色使いが当時の東宝が得意としていた「派手だけど下品じゃない」スタイルで、そこは気に入った。 細かいツッコミ:サーフボードにあの竜の絵はないだろ。
隠す
  
 
[021]ゴールデン・チャイルド
 我がクラスのゴールデンチャイルドゆんず (Mail)2004-02-02
 
同時上映で先に観た「スター・トレック4」が捕鯨反対自己満足キャンペーン映画で大変ムカついたんで(スポックもすごい変な格好してたし)、相対的にこっちの方が面白く感じら・・・
続きを読む
同時上映で先に観た「スター・トレック4」が捕鯨反対自己満足キャンペーン映画で大変ムカついたんで(スポックもすごい変な格好してたし)、相対的にこっちの方が面白く感じられたという記憶があります。 あとでテレビで見たらそのテレビは古くて性能が悪く、夜戦うところでエディ・マーフィが暗い背景にすっかり溶け込んでしまって、何がなんだか分からないものを延々と見せつけられた感じでした。意味不明な画像はいくらアクションでもつまらないものなんですね。いや、テレビが悪かったというだけですけど。 他にこの映画に関して思い出深いのは、封切り当時うちのクラスに金子君というやつがいて、この映画の公開中は「おれがゴールデンチャイルドだ」と得意になっていたというくらいですかね。 どうでもいい話ばかりですみません (^_^;)
隠す
  
 
[022]鉄道員(ぽっぽや)
 泣かせ技のカタログゆんず (Mail)2004-01-29
 
役者の演技に助けられた感じで、東映のオハコのお涙ちょうだい路線がやっぱり鼻につきました。しかもその集大成みたいな感じで、演出に新しい試みも独自の味わいも別段ない代わ・・・
続きを読む
役者の演技に助けられた感じで、東映のオハコのお涙ちょうだい路線がやっぱり鼻につきました。しかもその集大成みたいな感じで、演出に新しい試みも独自の味わいも別段ない代わり、過去の様々な映画で開発されてきた泣き分け・泣かせ分けを、カタログを見るように楽しめます。 この「役者を泣かせて客にもらい泣きさせる」という、意図ミエミエで寿命の終わった手口をいつまでもメインで使い続けるのは、私は邪道だと思います。ムービーメーカーとしての志が低いという意味で。 鉄道員がぽっぽやとしての誇りを持つ映画なのですから、この映画を製作された皆さんには、カツドウヤとして誇りを持てるほどの独創性を盛り込んで欲しかったです。 とか何とか偉そうなことを言いつつ、実際に観たときは、泣かせ所ごとにけっこう泣いてしまいました (^^;) 総合評価:あざとくはめられたみたいで、気持ちいいけど腹立たしい。
隠す
  
 
[023]バック・トゥ・ザ・フューチャー
 感涙ゆんず2003-09-25
 
封切り公開時、あまりにも、あまりにも面白くて、最高に痛快なフィニッシュと同時に気持ちがコントロールできなくなり、泣いてしまいました。 ああ、思い出したらまた……(感涙)
  
 
[024]サーカス
 彼らは知らないゆんず (Mail)2003-09-25
 【ネタバレ注意】
繰り返し鑑賞したら、超一級のギャグでがっちり固められた厚い壁は次第に消え、この物語のテーマが少しずつ顔を出してきました。 あのラストがこうまで心を打つのは、もうやる・・・
続きを読む
繰り返し鑑賞したら、超一級のギャグでがっちり固められた厚い壁は次第に消え、この物語のテーマが少しずつ顔を出してきました。 あのラストがこうまで心を打つのは、もうやる意味のないかのような綱渡りを彼が最後まで演じきったことにあると思います。実際、チャーリーが本当に綱を渡り始めたときは「この映画はそこまでやるのか」と驚きました。 彼はどうして綱渡りを強行したのか。レックスに対抗し彼女の気を引くために始めた訓練は無駄になり、挙げ句に彼女からさえ「無謀だ」と止められる始末なのに。 ひとつここは、「彼は自分がここに存在することを自分に証明する必要があった」と取りたいです。 「本人にはそんな意識などなくただの自暴自棄で、結果的に自己存在の証明になっただけ」でもいいです。 そうであればこそ、その儀式を成し遂げたからこそ、去っていく彼があんなにも気高く見えるのでしょう。 登場人物の誰も、恐らく本人さえその真実に気付いていません。そのことを知っているのは私たち観客だけ。 これからも彼らには内緒ということでひとつ(笑) ツッコミ: ・顔を拭うチャーリー、メイクが崩れないようタオルを寸止めにしているのが分かってしまいました(笑) ・何の理由もなくレックスが失踪して、事が済んでから何の理由もなく復帰しても誰も気にしないのはご都合主義。
隠す
  
 
[025]座頭市
 超微細ツッコミゆんず (Mail)2003-09-24
 【ネタバレ注意】
すごい細かいツッコミ: ・血しぶき、天井に刺さって落ちる刀、斬られてふっ飛ぶ腕。気持ち程度 CG 臭くなかった? ・新吉のギャグ、しょうもないのにやたら笑わされてしまって・・・
続きを読む
すごい細かいツッコミ: ・血しぶき、天井に刺さって落ちる刀、斬られてふっ飛ぶ腕。気持ち程度 CG 臭くなかった? ・新吉のギャグ、しょうもないのにやたら笑わされてしまって、なんか口惜しい(笑) ・芸者姉妹、クライマックス手前でようやく仇に対面したのにいいとこなし。おいしいところは市っつぁん独り占め。ちょっとずるい。せめて姉妹に雑魚を3人ほど斬らせるくらいの花を持たせてから市が登場しても良かったんじゃ…。 ・最後のダンス、おきぬちゃんだけ笑顔がなかった。少女時代の子役は笑顔だったのに。振り付けこなすのに必死だったのかな? ・同じく最後のダンス、服部夫妻も幽霊としてでも出てほしかった。せっかく浮き世の憂さとしがらみから切れたんだから、弾けんばかりの笑顔で手を取り合って、思いきり踊り狂ってほしかった。でも幽霊じゃ足がないからタップは無理か。
隠す
  
 
[026]愚か者 傷だらけの天使
 なんだかよく分からんゆんず2003-09-24
 
うちの地元でロケした作品。 公開時、当時の市長が期待に胸を膨らませて観に行ったら、 特に田舎臭い場所しか出てなくて激怒したらしい(笑) それは地方だからしょうがないと・・・
続きを読む
うちの地元でロケした作品。 公開時、当時の市長が期待に胸を膨らませて観に行ったら、 特に田舎臭い場所しか出てなくて激怒したらしい(笑) それは地方だからしょうがないとして(カネかけてわざわざ 東北の果てまで撮りに来るんだもん、狙いはその線でしょ)、 作品的には、冗長さばかり印象に残って、何が言いたいのか 何が見どころなのか、さっぱり分からんかった。 冗長じゃない阪本映画というのもなかなかなさそうだけど。 観た後に似たような印象を持った洋画は、 「スリップストリーム/風の惑星」。
隠す
  
 
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION