allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「アリエアー」さんのコメント一覧 登録数(160件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]グランド・ブダペスト・ホテル
 スウィート!アリエアー2014-10-26
 
架空のお国のお菓子みたいな物語。 白銀の世界に浮かび上がるとびきりキュートなブダペスト! 愛すべきホテルマンの魅力により、彼目当てにホテルに泊まる上客のように、ぐいぐ・・・
続きを読む
架空のお国のお菓子みたいな物語。 白銀の世界に浮かび上がるとびきりキュートなブダペスト! 愛すべきホテルマンの魅力により、彼目当てにホテルに泊まる上客のように、ぐいぐい映画に引き寄せられ、自然と笑顔になっている。 カラフルホテルとモノクロプリズンを行き来する、甘辛加減は極上の味わい。
隠す
  
 
[002]空気人形
 空虚アリエアー2011-07-26
 【ネタバレ注意】
タイトルなんか素晴らしいんですけど、中身は良くも悪くもとても空虚。 ARATAとのラブシーンで最高のカタルシスをもたらすかと思いきや、 血糊の唐突さはどうしたことだろう。 ・・・
続きを読む
タイトルなんか素晴らしいんですけど、中身は良くも悪くもとても空虚。 ARATAとのラブシーンで最高のカタルシスをもたらすかと思いきや、 血糊の唐突さはどうしたことだろう。 原作付きといえ、是枝さんの映画はやはり命を吹き込めない、綺麗なままの映画、そうしたことを崩そうとしても、やはり悪あがき良くないと思いました。 オダギリジョーの登場も、なぜここで。という思いがかけめぐる。 孤独の、この薄っぺらい扱い、あえて、なのだろうか。 なんにせよ、つまらず。 それならもっと、ダッチワイフ的側面を淡々と描写した方が胸に迫るかと。 ペ・ドゥナは素晴らしい浮遊感で演じているのだけど、どんより低い声が映画のトーンを重たい空気にさせていて、残念と言わざる終えない・・・。
隠す
  
 
[003]ワーキング・ガール
 爽やか弱肉強食アリエアー2010-01-24
 【ネタバレ注意】
最初の頃、シガーニー・ウィーバーかっこよく仕事の流儀語ってて、テスもそれ見習ってエレガントな服装になったりもしてたんで、最後の落とし前は、仕事も男もとったらそらちょ・・・
続きを読む
最初の頃、シガーニー・ウィーバーかっこよく仕事の流儀語ってて、テスもそれ見習ってエレガントな服装になったりもしてたんで、最後の落とし前は、仕事も男もとったらそらちょっとかわいそうだわと思った。 肩いからせて歩く80’Sワーキングガール攻めの応酬、もまれて輝く肉食女子たち。
隠す
  
 
[004]バベル
 ほんの少しのアリエアー2009-09-14
 【ネタバレ注意】
 それぞれほんの少しの配慮と思いやり、そして知識があれば、ひきとめられたはずの惨事。それぞれに理解できないことではないのだ。妻が生きるか死ぬかの時に息子の結婚式があ・・・
続きを読む
 それぞれほんの少しの配慮と思いやり、そして知識があれば、ひきとめられたはずの惨事。それぞれに理解できないことではないのだ。妻が生きるか死ぬかの時に息子の結婚式がある乳母に無理矢理子守りを頼むのも、乳母が子供を連れて結婚式に行ってその日のうちに帰るために飲酒運転の車に乗ってしまうのも、親切にしてくれたガイドに礼としてぽんと銃をあげちゃうのも、子供がゲーム感覚でバスに向けて引き金を引いてしまうのも。  人間は不完全で愚かです。それだからこそ魂を成長させるためにこの世に生を受け、試練を乗り越えるんだとしか思えないときがある。軽率な行動をした結果苦しんで、後悔し、大切なことに気づく、その過程は胸を打つもので、映画においても永遠の主題であるから。そのように考えると、ブラッドピッドの乳母に対する懺悔と役所広司の銃所持に対する後悔が描かれていない点は不満が残り、不完全なまま終わっていると思った。でも彼らは自分の子供を通して、これから自分のしたことの愚かさを知るのだろう。  聾唖の少女はもし刑事に冷たく拒否されていたらベランダから飛び降りていたかもしれない。ほんの少し、心の痛みをわかってあげただけで救われたかもしれない命。そんなことって数限りないんだろうと思う。
隠す
  
 
[005]バーディ
 愛すべき鳥人間アリエアー2009-09-14
 
重苦しい内容の青春映画だから、あのあっけらかんとしたラストには救われる。 そうか、周りの理解と平和な環境さえ整っていれば、バーディは阿呆な鳥人間てだけで人をほほえま・・・
続きを読む
重苦しい内容の青春映画だから、あのあっけらかんとしたラストには救われる。 そうか、周りの理解と平和な環境さえ整っていれば、バーディは阿呆な鳥人間てだけで人をほほえませることもできるし、のほほんと穏やかに暮らしていくこともできるんじゃないかって思った。周りの理解と平和な環境さえ整っていれば、たいていの深刻な事柄は解決できて、変人も倒錯者もみんな幸せに暮らせるんじゃないかって思う。
隠す
  
 
[006]スクール・オブ・ロック
 ピースフルアリエアー2009-05-03
 
見た目も振る舞いも暑苦しい主人公に、最初はこいつがいるからバンドがうまくいかないのも至極納得、なわけだけど、最後には唯一無二の光り輝く存在になってる。単純なストーリ・・・
続きを読む
見た目も振る舞いも暑苦しい主人公に、最初はこいつがいるからバンドがうまくいかないのも至極納得、なわけだけど、最後には唯一無二の光り輝く存在になってる。単純なストーリーだけど、そここそに映画的カタルシスが詰まっているのです。もちろん、ただの自己中なナルシストだったら生徒の心をつかめるはずもなく、感心させるほどの教育的スキルを持ち合わせていた。一人一人の個性を見抜いて自信をつけさせることのなんとうまいこと。ダメだしするときも変に気を使うことなくさらっと言うからすんなり受け入れられる。豪快でさっぱりしてて面白くって情熱がある。そしてなにより、容姿や人種で差別しない。ロックに対する偏愛がすぎるようにも思えるけれど、怒りを昇華させてピースフルな方向に行けばなにも問題なく、スクール・オブ・ロックからは素晴らしい人材をたくさん輩出できるんだろうなあ。
隠す
  
 
[007]フィアレス
 生の不可思議さアリエアー2009-05-02
 【ネタバレ注意】
死の瞬間、轟音が消え光にあふれた不思議な光景が広がる。 マックスは事故にあって変わってしまったのではなく、最初から半分幽霊のように思えた。 人々が恐怖におののく墜落の・・・
続きを読む
死の瞬間、轟音が消え光にあふれた不思議な光景が広がる。 マックスは事故にあって変わってしまったのではなく、最初から半分幽霊のように思えた。 人々が恐怖におののく墜落の瞬間においてもなお、聖人のように心穏やかでいられるのだから。 どうして彼がそんな風な人間になったのか、最後まで分からない。 それゆえ、この映画には変な浮遊感が常につきまとう。 ある種の嘘っぽさ。嘘みたいに美しい墜落の光景に象徴されるような。 例えば息子を亡くし心に傷を負った女性を命がけで癒すも、その愛に責任の所在はなく、女性に別れを選択させざるを得ない。 痛みを口にする人々、そこにたかる人々、それらを亡霊のように眺めるマックス。 しかしながらこの映画にはひたひたと静かに迫る感動があるのだ。 神の思し召しもへったくれもないように思えるこの狂った世界で、彼はただひたすら、全身で、生きる事の不可思議さを考えているからかもしれない。
隠す
  
 
[008]ネバーランド
 ネバーランド教アリエアー2006-04-30
 【ネタバレ注意】
 『星の王子様』はサン・テグジュペリ。では『ピーター・バン』は・・・  ジェームズ・マシュー・バリ?正直この名前にちっともぴんとこない。バリ、興味深い人生を送ってる・・・
続きを読む
 『星の王子様』はサン・テグジュペリ。では『ピーター・バン』は・・・  ジェームズ・マシュー・バリ?正直この名前にちっともぴんとこない。バリ、興味深い人生を送ってるのに。兄が13才で死に、母の胸に兄が少年のまま生き続けていると感じとった時に“永遠の若さ”のイメージが浮かんだ、とか。作家の実人生と作品がリンクしてるのって、ロマンチックというか、がぜん興味をひく。  さて、このバリ、ものわかりが良すぎるのが気になった。妻が不倫しても怒らない、愛する人が病気になっても嘆かない。シルヴィア亡き後、子供の後継人になるっていうけど、もう再婚する気ないのかな。若くてハンサムなのに覇気がない。性欲もない。  永遠の少年だからね。死を前にした人にとっては、このうえなく心にしみ込んでくるんだろう。死んだらそこに行けるんだよ。安らかで美しいネバーランドへ。このあたりは海賊やら冒険やらの少年世界からちょっと道をそれて、宗教チック。でもネバーランド教なら私も信じてみたい。信じれば必ず行けるんだって、ジョニー・デップにやさしく目を見て言われてみたい。
隠す
  
 
[009]大脱走
 自由をめざしてアリエアー2006-04-30
 
ずいぶんユルイ収容所だ。ホロコーストとは大違い。こんなんだったらわざわざ脱走することなかったのに、と思う。逃げ遅れた奴らはむしろラッキー。それでも美談に仕立て上げる・・・
続きを読む
ずいぶんユルイ収容所だ。ホロコーストとは大違い。こんなんだったらわざわざ脱走することなかったのに、と思う。逃げ遅れた奴らはむしろラッキー。それでも美談に仕立て上げるのが、自由を標榜するアメリカ。 スティーヴ・マックィーンは金網にからまってもかっこいい。屈服せず自由を追い求めてこそ男という感じ。
隠す
  
 
[010]アマデウス ディレクターズ・カット
 断然モーツァルト派アリエアー2006-04-30
 
モーツァルトが大好きになった。馬鹿で下品でチャーミング。そして、天才。 あの憎々しいまでの自信と奔放さは、天才だけに許されるものだろう。それをもっともっと見ていたか・・・
続きを読む
モーツァルトが大好きになった。馬鹿で下品でチャーミング。そして、天才。 あの憎々しいまでの自信と奔放さは、天才だけに許されるものだろう。それをもっともっと見ていたかった。人を小馬鹿にしたような、でも天使みたいに無邪気なあの高笑いを。
隠す
  
 
[011]トニー滝谷
 こんなの好きですアリエアー (Mail)2006-04-30
 
暑くも寒くもないうす曇りの空。そこにほんの少し混じる水色で幸福を表現する上品さ。 生活感のないきれいな家での美しい妻との穏やかな生活は、うらやましくてため息が出た。 ・・・
続きを読む
暑くも寒くもないうす曇りの空。そこにほんの少し混じる水色で幸福を表現する上品さ。 生活感のないきれいな家での美しい妻との穏やかな生活は、うらやましくてため息が出た。 服を買いあさらずにいられない妻の孤独、愛する妻を失った男の孤独は、どろどろしたところがまるでなくて、清潔でクールで淡々と美しい。村上春樹の小説の空気感を再現できているように思った。 悪く言えば、表面をとりつくろっただけの印象を受ける。 でも、風が吹けば消えてしまいそうな美しさが、心をとらえて離さない。
隠す
  
 
[012]家族ゲーム
 80S家族アリエアー2006-03-18
 
反復のうまさが際立った映画。二回目以降、がぜん可笑しい。 テスト悪い順から返してくシーンなんか、サイコー。
  
 
[013]コールド マウンテン
 シャケのようアリエアー2006-03-18
 【ネタバレ注意】
ジュード・ロー好きだけど、この映画ではあまり魅力的じゃなかった。 顔は相変わらずキレイ。でもどうも人間味が感じられない。殺人兵器と化した兵士たちの中で唯一、人の死を・・・
続きを読む
ジュード・ロー好きだけど、この映画ではあまり魅力的じゃなかった。 顔は相変わらずキレイ。でもどうも人間味が感じられない。殺人兵器と化した兵士たちの中で唯一、人の死を悼むことができるって設定にも関わらず。 コールドマウンテンのごとき崇高な心を持っているからかな?ナタリーポートマンと一緒のベッドに寝て何もしないなんて、確かに神がかっている。あそこで楽しんじゃってたら北軍にあっさり殺されてただろう。 幾多の危険や誘惑をかいくぐり、ボロボロになって故郷に戻ってきたら、種付けしてバタリと倒れる。シャケのようだと思った。シャケは崇高な生き物である。
隠す
  
 
[014]ビッグ・フィッシュ
 始まりの死アリエアー2006-03-15
 【ネタバレ注意】
息子がうんざりする気持ちも分かるんである。 回想シーンの父は若く美しく、目は一点の曇りもなくキラキラと輝いているのに、年とった父はまるで違う。 傲慢な感じにでっぷりと・・・
続きを読む
息子がうんざりする気持ちも分かるんである。 回想シーンの父は若く美しく、目は一点の曇りもなくキラキラと輝いているのに、年とった父はまるで違う。 傲慢な感じにでっぷりと太り、過去の栄光を大げさに何度も語る様は痴呆老人のようだ。 それだけに、息子が父にする最初で最後のやさしさに満ちたホラ話に涙が止まらない。 死ぬ間際にようやく和解する、親子関係なんてそんなものだ。死は一種の魔法で、強情なわだかまりをもとかすことができる。 魔法は嘘を本当にし、父を魚にする。ビッグ・フィッシュになって海に帰っていくラストが素晴らしい。死は終わりではなく新たなる出発、死は大いなる魔法なんだという死生観。しめっぽくなくて、荘厳で、なんて素敵なんだろう。
隠す
  
 
[015]死ぬまでにしたい10のこと
 最後のわがままアリエアー2006-03-15
 
不倫という行為に対して拒否感はなかった。それをエゴというには彼女は家族を愛しすぎている。最後の恋は美しかった。23の若さで死んでしまうことを思えば、穏やかな家族愛と燃・・・
続きを読む
不倫という行為に対して拒否感はなかった。それをエゴというには彼女は家族を愛しすぎている。最後の恋は美しかった。23の若さで死んでしまうことを思えば、穏やかな家族愛と燃えるような恋も両方手に入れたい、という最後のわがままを責めることはできない。それに彼女は、自分の死後夫も子供も自分以外の女性を愛することを望んでいる。自分が泡のように消えることを恐れず、後に残された者の幸せを願い、切なく美しいラストダンスで人生の最後を飾る。 潔いと思った。
隠す
  
 
[016]おかあさん
 大好きなおかあさんアリエアー2006-03-15
 
戦後まもない、貧乏でも平和な日本の風景。家族が家族だった頃。 いいなあ、こんなおかあさんだったら慕える。いっぱい甘えたいけど守ってもあげたい。 やさしい小粒な瞳。 年・・・
続きを読む
戦後まもない、貧乏でも平和な日本の風景。家族が家族だった頃。 いいなあ、こんなおかあさんだったら慕える。いっぱい甘えたいけど守ってもあげたい。 やさしい小粒な瞳。 年が経ち家族構成は変わっても、おかあさんいつまでもお元気で。
隠す
  
 
[017]クロエ
 造花アリエアー2006-03-11
 
篠田昇のやたら光あふれる映像は良いとしても、雰囲気に最後までなじめなかった。この映画に出て来る、社会から逸脱した人の苦悩とかに思いをはせる気がおこらない。永瀬正敏に・・・
続きを読む
篠田昇のやたら光あふれる映像は良いとしても、雰囲気に最後までなじめなかった。この映画に出て来る、社会から逸脱した人の苦悩とかに思いをはせる気がおこらない。永瀬正敏にもともさかりえにも感情移入できないし、塚本晋也がどなるシーンは相当げんなり。プラネタリウムとか花とか海辺とか、好きな要素ばかりなのに、どれもウソっぽく、イライラしてしまった。
隠す
  
 
[018]赤い靴
 バレエシーンは素敵アリエアー2006-03-11
 【ネタバレ注意】
特別赤が美しいとは思わなかった。オズの魔法使いでドロシーがはいてた赤い靴の方が魅惑的。 それから、赤い靴のラストはキコリに足を切られ命だけは助かるものと記憶していた・・・
続きを読む
特別赤が美しいとは思わなかった。オズの魔法使いでドロシーがはいてた赤い靴の方が魅惑的。 それから、赤い靴のラストはキコリに足を切られ命だけは助かるものと記憶していたけど、死んでしまったね。怖さは全然なくて、そこが不満。
隠す
  
 
[019]ローラーとバイオリン
 45分間のやさしい幻想アリエアー2006-03-11
 
タルコフスキーの映画はどれも難解で眠くなるけど、これは実にわかりやすい。素直に感動できる。 サーシャ少年がかわいくて、頭をなでまわしたくなった。ちょっと気弱そうな面・・・
続きを読む
タルコフスキーの映画はどれも難解で眠くなるけど、これは実にわかりやすい。素直に感動できる。 サーシャ少年がかわいくて、頭をなでまわしたくなった。ちょっと気弱そうな面持ちなのに、バイオリンを持つと急に生き生きしだす。そういう表情を見ると心が洗われるような気持ちになる。 得意げに音の共鳴について語ったかと思うと、凛と奏でるメロディ。静かに見守る青年。水の反射した光が少年を彩り、えも言われぬ美しい時が、ささやかに流れる。 子供ができたらバイオリン習わすんだ、と思った。ハーフサイズのかわいらしいバイオリン。それであのブルーのセーターを着せたい。
隠す
  
 
[020]ウィッカーマン
 ランチキ騒ぎの末アリエアー2006-03-11
 
閉鎖的な村の因習は興味深いテーマ。 性や宗教などのとっぴな観念によそ者はあっと驚くけれど、本人達は実にあっけらかんとしているもんだ。 お堅い主人公も最後には彼らの仲間・・・
続きを読む
閉鎖的な村の因習は興味深いテーマ。 性や宗教などのとっぴな観念によそ者はあっと驚くけれど、本人達は実にあっけらかんとしているもんだ。 お堅い主人公も最後には彼らの仲間になっちゃうのかと予想したが、現実はもっと残酷だね。皆でやればこわくないって感じで。 いやーキレイな光景だと思ってしまった私は、すでに彼らに感化されているのかもしれない。
隠す
  
 
[021]彗星に乗って
 恐竜がでてくるよアリエアー2006-03-11
 
なんていうか、もうちょっとファンタスティックな感じにしたらいいとおもいました。 キラキラと。
  
 
[022]ホンジークとマジェンカ
 最後の魔法アリエアー2006-03-11
 
最後を飾るのにふさわしい、美しい愛の物語。 音楽が魔法のように、心の奥にしみこんでくる。
  
 
[023]アラン
 アランの白い波アリエアー2006-03-11
 
戦前の孤島ドキュメンタリー。 岩にぶつかりはじける白い波がきれいだった。 本格的な冬の自然海って、どす黒くておっそろしーイメージなんだけど、ここアランの海は、ものすご・・・
続きを読む
戦前の孤島ドキュメンタリー。 岩にぶつかりはじける白い波がきれいだった。 本格的な冬の自然海って、どす黒くておっそろしーイメージなんだけど、ここアランの海は、ものすごく荒れ狂ってるにもかかわらず、白くてキレイだなぁって。 ファンタジーを見ているかのような錯覚に陥る瞬間がラストにおとずれる。 死と隣り合わせの過酷な状況であることを忘れそうになった。
隠す
  
 
[024]アルザック・ラプソディ
 東洋人アリエアー2006-03-11
 
フランス語をしゃべる主人公アルザックは細い目に低い鼻、凹凸のない顔はまるで東洋人。松本大洋風。 デジタルな色使いがなえるが、アルザックを攻略しようとするワルい一味の・・・
続きを読む
フランス語をしゃべる主人公アルザックは細い目に低い鼻、凹凸のない顔はまるで東洋人。松本大洋風。 デジタルな色使いがなえるが、アルザックを攻略しようとするワルい一味の造形が気に入った。
隠す
  
 
[025]いつも心に太陽を
 熱血ではなく物静かアリエアー2006-03-11
 【ネタバレ注意】
あたたかいタイトル。やっぱり卒業の季節は春がいい。イギリスは夏卒業なのかな?でも春っぽい陽気。 60年代、突っぱるのもかわいいもんです。現代っ子はこんな簡単にはいかな・・・
続きを読む
あたたかいタイトル。やっぱり卒業の季節は春がいい。イギリスは夏卒業なのかな?でも春っぽい陽気。 60年代、突っぱるのもかわいいもんです。現代っ子はこんな簡単にはいかない。 自分に憧れる女生徒をやんわり拒む先生だったが、卒業の日に精一杯のおしゃれをした彼女に対して「すごくかわいいよ」とほめてあげるところが好き。おしゃれといっても金をかけたわけでなくやや子供っぽいのだけど、それまでの黒い小悪魔路線から一転、白い服が純真さを表していて、ほんとにかわいく見えた。
隠す
  
 
[026]恋愛寫眞 Collage of Our Life
 うすっぺらいアリエアー2005-12-11
 
よく言えばスタイリッシュ?まさか。結局は壮大なギャグ映画なのだ。最後に松田龍平とヒロスエが正面きって見つめ合うとこだけが、ちょっとぐっときた。といってもそれも表面を・・・
続きを読む
よく言えばスタイリッシュ?まさか。結局は壮大なギャグ映画なのだ。最後に松田龍平とヒロスエが正面きって見つめ合うとこだけが、ちょっとぐっときた。といってもそれも表面をなぜただけなのだが。
隠す
  
 
[027]何かが道をやってくる
 こないアリエアー2005-12-11
 
期待してたけどつまらなかった。 移動遊園地とかメリーゴーランドとか図書館とか、好きな要素だけど。 こぎれいなものより、すこし不安にさせるような幽玄な映像をつくってほし・・・
続きを読む
期待してたけどつまらなかった。 移動遊園地とかメリーゴーランドとか図書館とか、好きな要素だけど。 こぎれいなものより、すこし不安にさせるような幽玄な映像をつくってほしかった。
隠す
  
 
[028]イジィ・バルタ 闇と光のラビリンス
 「最後の盗み」アリエアー2005-12-04
 
吸血鬼一族の耽美的雰囲気がたまらなくいい。 グラスにつがれたドリンクが七色にうつり変わったりと、 白黒フィルムに浮かび上がる幻想的な色彩に陶酔。
  
 
[029]愛は霧のかなたに
 けっこうひどい話アリエアー2005-12-04
 【ネタバレ注意】
野生動物との心温まる交流を描くのかと思いきや・・・。 愛人に捨てられ、ゴリラ殺され、怒りまくるシガーニー。 タイトルどうりではある。 生活の糧にゴリラを殺す貧民にとっ・・・
続きを読む
野生動物との心温まる交流を描くのかと思いきや・・・。 愛人に捨てられ、ゴリラ殺され、怒りまくるシガーニー。 タイトルどうりではある。 生活の糧にゴリラを殺す貧民にとっては、自然保護を訴える金持ち白人どもが鼻持ちならない邪魔者でしかないらしい。
隠す
  
 
[030]クルシメさん
 社会不適応アリエアー2005-11-25
 
レズつ気あふれる生々しい映像が手持ちカメラによってつくられていて、興味をそそられる。 そもそも、うら若い女の子が公園で清掃の仕事をしているというところからして、うさ・・・
続きを読む
レズつ気あふれる生々しい映像が手持ちカメラによってつくられていて、興味をそそられる。 そもそも、うら若い女の子が公園で清掃の仕事をしているというところからして、うさん臭くてよい。 清掃服を着た役所広司似の男が二枚目とか、おそろいのプリントTシャツとか、笑える。 しかしオチにがっかり。
隠す
  
 
 1 2 3 4 5 6次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION