allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「アルデニーロ」さんのコメント一覧 登録数(3件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]七人の侍
 CGなしでこの迫力!アルデニーロ2003-09-07
 
最後一時間の戦闘シーンは本当に凄いし、面白かった。特にどしゃぶりの中での決戦のシーンとかは。まだCGとかの映像技術が発達していない1954年にこんなにも迫力ある映像を作り・・・
続きを読む
最後一時間の戦闘シーンは本当に凄いし、面白かった。特にどしゃぶりの中での決戦のシーンとかは。まだCGとかの映像技術が発達していない1954年にこんなにも迫力ある映像を作り上げた黒沢監督はやっぱりすごいと思う。
隠す
  
 
[002]HERO
 ほぼ完璧!アルデニーロ (Mail)2003-09-07
 【ネタバレ注意】
この映画は本当にすばらしかった。ストーリー、映像、音響、どれを取っても非の打ち所のないほどの出来栄え。ストーリーについて言えば、途中「あれっ!?」と思うところがあっ・・・
続きを読む
この映画は本当にすばらしかった。ストーリー、映像、音響、どれを取っても非の打ち所のないほどの出来栄え。ストーリーについて言えば、途中「あれっ!?」と思うところがあったが、最後にはうまくまとまっていた。というか、まとまり過ぎと言う位。見終わってすぐ考えたのが「真のヒーローはだれか?」ということ。僕的にはやはり「無名」か「残剣」だろうなぁと思っていた。残剣は一番最初に始皇帝を殺すべきではないと感じ、平和を望んでいたし、何よりも寛大な心を持っていたからだ。無名も最終的には始皇帝を殺さずに平和を選んだ。しかし、このことが無名自身の死を意味していることだ。なぜなら、もし無名が無事に逃げてしまえば、始皇帝の命が狙われやすくなるからだ。無名は自分の死を犠牲にしてまで平和な世の中を望んだのだと思う。まぁ、どちらも真のHEROであることには間違いはないと思う。ストーリーを引き立てたのがすばらしい映像美だった。特に、最初の長空との戦いのシーン、赤い衣を身にまとった女二人が黄色いイチョウの葉が舞う中決闘するシーン、数千本もの矢を剣だけで振り払うシーン、水上で戦うシーンなどが圧巻だったし、数千人の兵士たちにも圧倒された。今回もワイヤーアクションが目立ったが、あの衝撃的だったマトリックスとは一味違った面白さが味わえた。長々と書いたけど、最後まで読んでくれた人はありがとう。また違う意見があったらお待ちしています!
隠す
  
 
[003]摩天楼を夢みて
 ザッツ、エンターテーメントアルデニーロ (Mail)2003-09-06
 【ネタバレ注意】
第一印象は息つく暇もなく喋り通したという感じでした。でも、最後には爽快感が残り、楽しく見ることができました。内容は実力主義の世界で苦悩するサラリーマンの姿が描かれて・・・
続きを読む
第一印象は息つく暇もなく喋り通したという感じでした。でも、最後には爽快感が残り、楽しく見ることができました。内容は実力主義の世界で苦悩するサラリーマンの姿が描かれていました。サラリーマンってたいへんなんだなーって感じです。やはり僕の目を引いたのはアルパチーノ。あの重みある声、黒い髪、濃い眉、ぎょろっとした大きな目とアルパチーノが画面出るとやっぱしひきつけられますよね。
隠す
  
 
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION