allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「カール犬」さんのコメント一覧 登録数(566件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]ボヘミアン・ラプソディ
 華やかな孤独カール犬2018-11-13
 
全編「Queen」ヒット曲メドレー。 とっても幸せ。 ライヴエイド・ウェンブリー・スタジアムでの 観客と一体化したかのようなQueenのパフォーマンスの再現映像は 圧倒的だし素・・・
続きを読む
全編「Queen」ヒット曲メドレー。 とっても幸せ。 ライヴエイド・ウェンブリー・スタジアムでの 観客と一体化したかのようなQueenのパフォーマンスの再現映像は 圧倒的だし素晴らしい。 フレディの生き様やバンドとしての紆余曲折の経緯を描いたからこそ 最後の見せ場であるライブの選曲も歌詞も感慨深く響くのねという構成。 全盛期のフレディ・マーキュリーを愛していたし いまも愛している自分には彼の抱えていた孤独は哀しく切ない。 輝かしさと翳りを纏い70年代〜80年代を駆け抜けていったフレディ。  The Show Must Go On
隠す
  
 
[002]チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛
 狂乱の愚行カール犬2018-10-25
 【ネタバレ注意】
欧州三大バブル。オランダのチューリップ投機の狂乱ぶり。 それがどんなものだったのかを観たかったんだけど、 人妻の不倫恋模様の方が狂い咲きしてた。 ここまでやるとは人と・・・
続きを読む
欧州三大バブル。オランダのチューリップ投機の狂乱ぶり。 それがどんなものだったのかを観たかったんだけど、 人妻の不倫恋模様の方が狂い咲きしてた。 ここまでやるとは人としてどうなんだか。 修道院育ちの清楚なヒロインが裕福な年上の商人に娶られ跡継ぎを望まれる。 でも肖像画のために若い貧乏画家が家に来た瞬間 恋の花咲くこともあるよね。 その後のヒロインのその場しのぎのような倫理感の欠如ぶりは 無謀な投機に熱中するチューリップギャンブラーと同じように危険な状態 、、ってことなんだろうけど はっきり言ってチューリップの先物取引より無茶苦茶だな。 襞襟の衣装が素敵なクリストフ・ヴァルツこれが案外優しい旦那なんだよね。 商人としての仕事もちゃんとやっている。 チューリップ投機は破綻すると見極める目も持っている。 先妻の死やヒロインをお金と引き替えに修道院から引き取ったことに 良心の呵責も感じている。跡継ぎも欲しいから老体に鞭打って頑張ってるよ。 なのに若い男に恋もした不妊のプレッシャーにも耐えかねたって嫁さんから こんな仕打ちをされる謂れはないよ。 チューリップ栽培で儲ける修道院とか運河沿いの港町の賑わいとか、 そういうセットは良かったし当時の風俗も良く出来ていたと思うけど、 ストーリーは脇であるメイドの恋とかそちらの一途さの方に安定感があった。 そしてやはり美しいチューリップをたくさん見たかったな。 富の証明でもあるヒロインの持つオレンジのチューリップ、 修道院の白とちょっとブレイクしたのでは足りない感じ。 でも取引されるのは球根だし、しかも先物だから実態なし(笑) 当時の高額な球根食べちゃいましたってネタはやはり鉄板なんだろうけど 人生の大事な詰めをこんなのに任せるとか大アホ・・ で、映画の帰りにチューリップの球根買って植えてみましたとさ。 そのくらいチューリップが足りてない気持ちだったので、、自分で補填。
隠す
  
 
[003]クワイエット・プレイス
 踏むなよ〜踏むなよ〜カール犬2018-10-20
 【ネタバレ注意】
こんなところに釘なんて。絶対痛いパターンやん。 「音を立てたら、即死」の映画に異様に静まり返った映画館で、 まさかツレがこんなダチョウ倶楽部な展開に耐えきれずに 「Wo・・・
続きを読む
こんなところに釘なんて。絶対痛いパターンやん。 「音を立てたら、即死」の映画に異様に静まり返った映画館で、 まさかツレがこんなダチョウ倶楽部な展開に耐えきれずに 「Wow〜〜!」って声を出すとは思わなかった。 エミリー・ブラントが足の痛みと、待ったなしの陣痛の苦しみと、 思わず立ててしまった音への恐怖と、外にいる家族への配慮と、 家に侵入してきた「何か」に怯える演技の上にまさかの水攻めとは、、 もうこうなると何重苦かわからないw でもここの一人演技は女優としては見せどころだよね。 セリフもなくパフォーマンスだけでこうも緊張感を持続させられるとは、、 このシーンを観られただけで自分は満足。 映画としてはやはり低予算な家庭内サバイバルだし、 「何か」が何なのか謎は解けないまま テレビドラマのシーズンエンドのような引きで終了。 ラストシーンはもう一押し欲しかったなー それに音なしで生き延びるにも限界があるよね。 外の小動物の立てる音でも一瞬でペチャンコなのなら、 生きていればクシャミだって出るだろうしオナラだって出るだろうになー なんて余計なこと考えたらきっとダメ。 監督で父親役のジョン・クラシンスキーはエミリー・ブラントのhusband。 こんなの(←失礼)が好みなのか〜 と、こっちの嫉妬もとまらないけど 髭を剃ったらハンサムなんだろうし才能あふれる人なんだろうなきっと。 自分だったら滝の近くにテントを張って マイナスイオンを浴びながら釣りなどして暮らしたい。
隠す
  
 
[004]オーシャンズ8
 「目がバンビ」カール犬2018-08-19
 【ネタバレ注意】
誰と誰が、、とかは言わないけどちょっと見ない間に顔変わってない? でもさすがに女優が揃うと何とも言えない華やかさはあるよね。 しかも舞台はVOGUEのアナ・ウィンター主・・・
続きを読む
誰と誰が、、とかは言わないけどちょっと見ない間に顔変わってない? でもさすがに女優が揃うと何とも言えない華やかさはあるよね。 しかも舞台はVOGUEのアナ・ウィンター主催セレブの祭典メットガラ。 通りすがりのモブにもきっちりとドレスアップした本物セレブをカメオ配置。 とってもゴ〜ジャス!(笑) サンドラ・ブロッグが刑務所の中で数年がかりでたてたという計画は さしたる支障もなくあれよあれよと上手くいって犯罪完了。 なんてこった、、 って思っていたらジェームズ・コーデン登場。ありがとう。 クマのぬいぐるみみたいなボディに和んで自分ちょっとだけ持ち直したよ。 オーシャンズ設定で何故に女性版?などと思っていたけれど、 考えてみればダニー・オーシャンにドレスを着せるのも至難の業だろう。 内容はかな〜〜り軽いけれど 過去のオーシャンズだって出演者の顔ぶれとご都合主義の上に成り立ってるし これはこれ女優競演&キラキラのカルティエも含め目の保養にはなったかな。
隠す
  
 
[005]ミッション:インポッシブル/フォールアウト
 「イーサンはイーサンだ」カール犬2018-08-05
 【ネタバレ注意】
ストーリー的に前作ローグ・ネイション観ていた方がすんなりいくかも。 今回はアクション色が強め。 その分イーサンと愉快な仲間たちとのお笑いは控えめ。 このメンツで裏切・・・
続きを読む
ストーリー的に前作ローグ・ネイション観ていた方がすんなりいくかも。 今回はアクション色が強め。 その分イーサンと愉快な仲間たちとのお笑いは控えめ。 このメンツで裏切り者は誰か? 考えるまでもありませんな。 トム・クルーズとスーパーマンのヘンリー・カヴィルが並ぶと その身長差とガタイの差にビビディバビディブー 誰か早く魔法の杖を。せめてシークレットブーツを。と思っていたら なんだかんだを乗り越えてここまでスターを張ってきた男だトム・クルーズ。 飛びます!飛びます! ノーヘルでバイクぶっ飛ばしはお約束。 ビルから飛んで骨折だ。ヘリコプターで宙吊りだ。 もう頑張り屋さんなんだから〜〜 って見守る域に達してるわこっちも。 自分としてはもう少し息抜き的に笑えるところがあっても良かったけどね。 世界の危機にそれどころじゃねーだろと言われればそれまでなのだ。
隠す
  
 
[006]マンマ・ミーア!
 ジュークボックスミュージカルカール犬2018-07-17
 
明るく歌って踊るメリル・ストリープ。 さすがなんでもできる人だね。 でも歌ってはしゃぐオバさんたちを見るって拷問でしかないというのも事実。 もうここまで来たらピアー・・・
続きを読む
明るく歌って踊るメリル・ストリープ。 さすがなんでもできる人だね。 でも歌ってはしゃぐオバさんたちを見るって拷問でしかないというのも事実。 もうここまで来たらピアース・ブロスナンとコリン・ファースの 歌も聴いてしまえ〜 というヤケクソな気分も味わえる。 そして聴いたが最後 別の新たなる責め苦が追加される感じ。
隠す
  
 
[007]万引き家族
 疑似家族カール犬2018-07-17
 【ネタバレ注意】
一人一人がなんらかの過去や事情があるのを匂わせる家族で、 こちらもその辺りをお察ししながら観るという形態。 静かにでも確実にひび割れ崩壊している社会や家庭。 普段人が・・・
続きを読む
一人一人がなんらかの過去や事情があるのを匂わせる家族で、 こちらもその辺りをお察ししながら観るという形態。 静かにでも確実にひび割れ崩壊している社会や家庭。 普段人が見ようともしないその暗い淀みの中にひっそりと生きている姿が 案外幸せそうで、でもそれが世間に暴かれ道理という陽光に晒されたら 非常識の極みのようなスキャンダルで犯罪でしかない。 でも見えもしない花火の音だけに庭先に集まり空を見上げる、 ささやかなことに寄り添う姿はやはりファンタジー。 これは俳優の技量にかなり比重が掛かっているというか、 配役に失敗していたら成り立たなかったかもしれないな。とも思えた作品。 そしてエアコンもないボロ家でお素麺食べながら発情してコトが済んだ後で テラテラした裸で照れ合ってエヘエヘ。 性的な反応に戸惑う子どもにそんなの当たり前なんだぞ〜ってアハアハ。 こういうの絶対好きだろうな〜欧州人。 なので狙いが適格だな。とも思った。
隠す
  
 
[008]ジュラシック・ワールド/炎の王国
 恐竜解放カール犬2018-07-15
 【ネタバレ注意】
「ようこそ ジュラシックワールドへ」 ついに「島」というカテゴリーを出る。ノンストップで新展開突入。 イスラ・ヌブラル島での『炎の王国』パートはあっという間に終わり・・・
続きを読む
「ようこそ ジュラシックワールドへ」 ついに「島」というカテゴリーを出る。ノンストップで新展開突入。 イスラ・ヌブラル島での『炎の王国』パートはあっという間に終わり、 後は広大な地下室を持つロックウッド邸でのミッドナイトオークション。 新型恐竜(試作品)インドラプトルもこれまたあっという間に登場。 第一作目からのイアン・マルコム博士(ジェフ・ゴールドブラム) もう走りません。というか立ちもしません。(これは楽だ) ジェームズ・クロムウェル、ジェラルディン・チャップリンという 一癖ありげなベテラン勢を出しながらも何もせず退場。(ある意味贅沢) その分、ここでブルーだな。と思うシーンで飛び出してくる 「ブルー参上!」率100%。 そうだねー恐竜観に来たんだものねー。子ブルー映像も可愛いよねー。 どういう形で生み出された命であろうと存在し生きていく権利はある。 ということで、ボタン押すためだけに配置されていたのかこのクローン娘は。 だってヒーロー&ヒロインには押せないのである。 (敵役にズバズバ指摘された通りの経緯を自覚しているから) そんな庇護者に「安全な場所へ」と言われても自由を選ぶブルー。 相変わらず清々しいほど男前だな(雌らしいけど) アメリカ人を捕食しながらたくましく生きていってほしい。以下次号だ。
隠す
  
 
[009]フルメタル・ジャケット
 ファミコンウォーズカール犬2018-07-14
 
前半の微笑みデブ編が強烈で「後は忘れた」にも等しい映画。
  
 
[010]ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
 山師ばかりの生存競争カール犬2018-07-01
 
4DXで視聴。 最高値に座席がグラインドするシーンもあったけど この作品で4DXはお勧めしない。 画面が暗いのに眼鏡をかけるともっと暗い。3Dもスカタン。 若きハン・ソロは・・・
続きを読む
4DXで視聴。 最高値に座席がグラインドするシーンもあったけど この作品で4DXはお勧めしない。 画面が暗いのに眼鏡をかけるともっと暗い。3Dもスカタン。 若きハン・ソロは誰が演じたって難しいと思うけれど、 それなら周りがもっと引き立て支えなくてはいけない。 脚本とか脚本とか脚本とかでね。 ファンが小ネタにすがるレベルで楽しめるデキなのかもしれないけど、、 スターウォーズ作品の初見でこんなにあくびが出たのは初めてかも。 座席に肩甲骨を容赦なくどつかれ霧吹きの水を浴びその後風をあてられて (寒いじゃねーかと覚醒) おかげで寝落ちせずになんとか観終える。 そういう意味では4DXで正解?だったのかもしれない自分は。
隠す
  
 
[011]ピーターラビット
 ブラウン&ブラウンカール犬2018-05-26
 【ネタバレ注意】
実際ピーターラビットを読んだことないし、 映画を観たからって3姉妹の名前も覚えきれない。 それでも世に知れ渡っている図柄のイメージで ハートウォームな田園穏やかコメデ・・・
続きを読む
実際ピーターラビットを読んだことないし、 映画を観たからって3姉妹の名前も覚えきれない。 それでも世に知れ渡っている図柄のイメージで ハートウォームな田園穏やかコメディかと思っていたけど、 (↑予告編観たらそんなわけあるかいって感じだけど) 戦いはかなりアグレッシブで攻めに(殺しに)かかっていて テイストはコメディというよりギャグ寄り。 それでもきれいなCGウサギを挿絵の構図にあてはめてみたり、 ビアトリクス・ポターのイラストを動かすところとかもあって 一応は原作ファンの心を(一縷)キープしつつも、 いい感じに(かなり手ひどく)裏切ってもくれているんじゃないかな。 原作を持ち出してケチをつけはじめたらキリがないだろうし、 そういう縛りがない人の方が気楽に楽しめるのかもしれないけどね。 でも人間都合で言うところの「害獣」ってなんだろう。 畑の作物食べられたり家庭菜園荒らされたり 物音に振り向いたら家の中にクマがいたなんて経験もないからわからないや。 繊細で端正な顔立ちのドーナル・グリーソンは どんな役柄を演じてもどこかユーモラスな雰囲気を醸し出すけど、 コメディとなるとまるで野に放たれたかのよう(笑) CGウサギ相手にバトルする姿も可愛らしい。 そして決して品は落とさない。(←大事) ハロッズのクマをボコボコに殴るとこなんてきゃー素敵よハックス将軍。 ☆はかな〜り甘めかな。でも結構笑えたのでおまけ。笑える映画は大好き。 エンディングの後にウサギLOVEメッセージあり。 こんなMYラビット写真キャンペーンしてたことも知らなかったけど、 映画会社だって攻められるところは攻めて当然。 応募してくださったウサギ愛の方どうぞいらっしゃいませ。 溺愛しているウサちゃんがスクリーンに映っているかもしれないよ戦法。
隠す
  
 
[012]アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
 Nancy Kerrigan attackカール犬2018-05-09
 【ネタバレ注意】
リレハンメル女子フィギュアの金メダリストが誰だったとか、 銀メダルのナンシー・ケリガンの演技とかまったく記憶にないけど、 演技を突然中断し足を持ち上げスケート靴の紐が・・・
続きを読む
リレハンメル女子フィギュアの金メダリストが誰だったとか、 銀メダルのナンシー・ケリガンの演技とかまったく記憶にないけど、 演技を突然中断し足を持ち上げスケート靴の紐が切れたアピールをしていた トーニャ・ハーディングの不細工な泣き顔は忘れない。 それでも嘘泣きとか太々しいとか悪し様に言われ、 本当に当時の彼女の嫌われメーターの針は振り切れてたね。 まさに映画でも表現されていた通り トーニャがケリガンを直にボコ殴りしたようなイメージが先行し、 報道がセンセーショナルに過熱していった印象だけど、 犯行そのものは実にチープでショボくて愚かさ丸出し。 でもそれによって全米一のヒール扱いとなり人生が一変。 映画は当時の映像、衣装、当事者たちのインタビューを 見事に完コピしていている部分とか面白いと思うところもあるんだけれど、 最後にリンクを滑るトーニャ・ハーディング本人の トリプルアクセルを決めた瞬間の喜びや、 活力にあふれいきいきとした表情を見てしまうと、、 「スケートができなくなるなら終身刑と同じ」 若く愚かしかったのかもしれない。でも襲撃の真実がどうであったにせよ、 こんな馬鹿げたことの引き替えに見合わないほどの汚名をかぶせられ、 ひとりの女性の人生という代償が支払われてしまったことに なんというか、、ふと哀しい気持ちにもなれてしまった。 (DWTSとか見ちゃうと相変わらずタフだなーなんて思っちゃうんだけどね)
隠す
  
 
[013]ブルージャスミン
 金の蛾カール犬2018-04-11
 
ここまでくると寄りかかっている土台の堅固さもすごいな〜 などと思ったりもしたのだけれど、 ケイト・ブランシェットの演技は境界線のようにあやうく愚かで時に美しい。 狂気・・・
続きを読む
ここまでくると寄りかかっている土台の堅固さもすごいな〜 などと思ったりもしたのだけれど、 ケイト・ブランシェットの演技は境界線のようにあやうく愚かで時に美しい。 狂気という別世界に逃げて行ってしまった過去のブランチ達と違い、 この突き放し方、、車で去るように自分の存在から去るわけにはいかない確かに。
隠す
  
 
[014]欲望という名の電車
 白い蛾カール犬2018-04-10
 
ヴィヴィアン・リーがあやうく哀れでそして恐ろしい。 彼女の演技の持つ張り詰めた糸のような緊張感の正体ってなんだろう。 マーロン・ブランドの演技もこんなアプローチでこ・・・
続きを読む
ヴィヴィアン・リーがあやうく哀れでそして恐ろしい。 彼女の演技の持つ張り詰めた糸のような緊張感の正体ってなんだろう。 マーロン・ブランドの演技もこんなアプローチでこられたらすくみ上るなあ、、 得体の知れないぬめぬめ感のある欲望の塊のような生き物で恐ろしい。
隠す
  
 
[015]欲望という名の電車
 白い蛾カール犬2018-04-10
 
叫ぶアン=マーグレットが生々しい。どこかしら肉感的。 トリート・ウィリアムズのゲスな様もいい感じにセクシー。 なんともいえないセクシャルな雰囲気。
  
 
[016]欲望という名の電車
 白い蛾カール犬2018-04-10
 
ジェシカ・ラングが美しい。 アレック・ボールドウィンも若い。 でも破れたランニング姿で「Stella〜〜〜」のシーンは 野性的とか粗野とかいうよりどこかギャートルズ。
  
 
[017]ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
 そしてウォーターゲートへカール犬2018-04-09
 【ネタバレ注意】
ベトナム戦争を抱えた70年代アメリカ社会の混沌とか スクープを追うブンヤのえげつなさとか足りてない感じ。 でもそういう当時のリアルを描きたかったわけではなくて、 矛先・・・
続きを読む
ベトナム戦争を抱えた70年代アメリカ社会の混沌とか スクープを追うブンヤのえげつなさとか足りてない感じ。 でもそういう当時のリアルを描きたかったわけではなくて、 矛先は意に沿わない報道すべてを「フェイクニュース」と発信する 今のトランプ政権に向いているんだろう。 なので政府の情報隠蔽の闇や不正をえぐり出すより、 守られるべき報道の自由&台頭してきているフェミニズム。 それらをわかりやすく・観やすく・きれいにまとめてある。 まさにタイムリーだし、実在の人物がゾロゾロ出てくるんだから 誰も悪くは描かない=描けないだろうけど、、ちょっときれい事すぎる印象。 メリル・ストリープは育ちの良いセレブリティ階級のお嬢様主婦だったのが 頼りだった夫に先立たれ、思いもかけず地方新聞社の社主になって 古株の側近や男社会に囲まれてその意見に翻弄されながら戸惑いつつも 徐々に自分の判断や決断を下すようになる女性像を明確に表現。 でも裁判所の階段を降りていくシーンで彼女を取り囲むのがすべて女性とか こういういかにもミエミエの演出って苦手だなあ、、、 実にスピルバーグらしいや、、 好みだったところ↓ 活版印刷の細かい植字作業とか巨大な輪転機が回りだすところとか、 輪転機の揺れで印刷が始まったことを知る記者とかこういうところは好き。 レモネード売りで大儲けしたトム・ハンクスの子どもが 稼いだお金を親にちゃんと預けていて、 まだ家庭の秩序がきちんとしていたというところも好ましい。 公衆電話でコインをバラまいてしまうところとかも懐かしいね。 文書報道に勝ち目がないと延々と反対していた新聞社の顧問弁護士が 裁判ではシレっと肯定発言しているところもワンカットだけどなんか好き。 あとニクソンの頬っぺ。たるんたるん。
隠す
  
 
[018]リメンバー・ミー
 ウン・ポコ・ロコカール犬2018-03-17
 【ネタバレ注意】
なぜか舞台はメキシコだし、 死者の日の習慣もルールもよく知らないし、 どうせ、絆だなんだの家族愛ものなんだろうし、 賞を取ったという主題歌もなんか一本調子じゃない? ・・・
続きを読む
なぜか舞台はメキシコだし、 死者の日の習慣もルールもよく知らないし、 どうせ、絆だなんだの家族愛ものなんだろうし、 賞を取ったという主題歌もなんか一本調子じゃない? なんて舐めてかかっていたら、、 泣けた!(笑) こんなホラーマンみたいなガイコツばっかりが出てくる画面なのに泣けた〜 死者の日の出来事として家族のもめごとあり、 死者の国へ迷い込んでコンサートで優勝しなくちゃあり、 実は悪い奴だった、実は家族だった、実は殺人だった、etc... と、けっこうスピーディーで盛り沢山な展開の中、 国民的スター・デラクルスが華やかな舞台で歌うリメンバー・ミー♪ ヘクターが幼い娘に毎日歌って聞かせたというリメンバー・ミー♪ そして主人公の少年ミゲルが曽祖母ココに聞かせるリメンバー・ミー♪ すべてニュアンスが違う。 ここはすごい。 (+アップテンポなエンディング♪もね) 同じ楽曲なのに歌唱の持つ力や、場面に合わせた編曲の妙というのが どういうものなのか、ここまで鮮烈に伝わる映画は初めてかも。 ☆8はRemember Meに。 原題は『Coco』確かに物語のすべてが曽祖母ちゃんにかかっていた。 いなくなってしまった愛する者をいつまでも忘れないという記憶の大切さ、、 自分はどうも人間にベクトルが向いていない残念なタチなんだけれど、 そんな自分を心の底から愛してくれていた優しいワンコを わたしは決して決して決して忘れないよ。 同時上映は『アナと雪の女王/家族の思い出』 花粉症まさに真っ最中の季節にクリスマスネタというのは、、 アメリカとの公開時の差ということなのだろうけど、、シュ〜ル。
隠す
  
 
[019]キングスマン:ゴールデン・サークル
 ポピーランドカール犬2018-01-13
 【ネタバレ注意】
「善良なドラッグ使用者」ってなんだよ? って思ってしまったらその後の展開に結構な齟齬が生じる。 この世から薬物使用者を一掃できるという 千載一遇のビッグチャンスが、、・・・
続きを読む
「善良なドラッグ使用者」ってなんだよ? って思ってしまったらその後の展開に結構な齟齬が生じる。 この世から薬物使用者を一掃できるという 千載一遇のビッグチャンスが、、、あ〜あ、、 (という根底が大統領寄りの人間だったのよ自分) なので薬物依存者への嫌悪感や排他意識があると、 ウィスキーがあそこまでひどいスケキヨの刑にあうのって たぶん釈然としないだろうな。 彼の明かす哀しい過去なんて一顧だにされる間もなく 殺戮アクションにはい突入。 きっとドラッグなんて全部合法化してもいいじゃんね。 って思っているのは、 ジュリアン・ムーア演じるポピーじゃなくて、 善良なるイカれた監督マシュー・ヴォーン。 映像はね もういちいちキレイだよ。 タロン・エガートンの フォーマルとカジュアぶりの落差見せも相変わらずいい感じ。 そしてそれは到底チャニング・テイタムに真似できる芸当ではないらしく、 カウボーイ姿から続編ありきのスーツ姿まで、 一貫したイモ感が別の意味ですごい。冷凍保存中の股間のもっこりもね。 そして荒ぶるエルトン・ジョンはどう見てもカラフルなビッグバードだった。
隠す
  
 
[020]シュガー・ラッシュ
 仕事はチームカール犬2018-01-03
 
同じ仕事に飽き飽き。 もっと評価されるキャラになりたい。 (根拠はないけどそうする価値はあるはず) そんなどす黒いものを抱え転職を試みて元サヤに戻る。
  
 
[021]ピクセル
 プレジデントチューイカール犬2018-01-01
 【ネタバレ注意】
「JFKが先に撃ったんだ」「ラドローお前か」 正直笑えたのここだけ。 でも巨大パックマンが街を破壊していくバカバカしさにwみたいな 肩の凝らないユルめの映画なんだからこ・・・
続きを読む
「JFKが先に撃ったんだ」「ラドローお前か」 正直笑えたのここだけ。 でも巨大パックマンが街を破壊していくバカバカしさにwみたいな 肩の凝らないユルめの映画なんだからこんなんで全然いいと思う。 オバマの次に好きな大統領って45代大統領設定?チューイすごいわー エンドロールも素敵でポイントup
隠す
  
 
[022]スター・ウォーズ/最後のジェダイ
 「システムのバグめ」カール犬2017-12-16
 【ネタバレ注意】
それを言うなら映画自体がなんらかのバグかも。 キャリー・フィッシャー・オーガナ将軍、、、それが出来るんなら ルークに頼らなくても結構大丈夫なんじゃないかと、、 (でも・・・
続きを読む
それを言うなら映画自体がなんらかのバグかも。 キャリー・フィッシャー・オーガナ将軍、、、それが出来るんなら ルークに頼らなくても結構大丈夫なんじゃないかと、、 (でもありがとう。そしてお疲れさまでした) 今作は望み通りではない展開の上に立ってなお女の腹の据わりっぷりが顕著で なんか自己を拗らせている男性勢の太刀打ちできる範疇にはないらしい。 悩んだり迷ったり逃げ出したり焦って右往左往したり その辺の成長途上の未熟さ加減や感情のアップダウンって どうも男の役割りらしいけど。今のハリウッドってこんなのばっか。 そして万能感にあふれる偉そうな能書き垂れる支配者たる悪の親玉は、 失敗した干し柿のような常に醜い爺。うーん、、 なんて退屈な造形なんだろう。 フォースの覚醒ではBB-8のデザイン動きが あざといなーと思ったけれど。今回はポーグがあざと可愛い。 チューバッカに呵責を与えるうるうる目や適応力の高さ。 出しすぎないというのもある意味のあざとさで別に本筋に関係もないけど 将来見据えて子どもが喜ぶ展開とかも入れとかないとね。 ってほんとわかりやすいディズニーSW長期商戦。
隠す
  
 
[023]オリエント急行殺人事件
 オリエント急行ぷちアクション版カール犬2017-12-10
 【ネタバレ注意】
さすがケネス・ブラナー。 こだわりの映像がきれい。 衣装やセット、小道具までも手抜かりのあろうはずもなく 細部まで行き届いていて美しい。 デジタル映像でバッチリ出る ・・・
続きを読む
さすがケネス・ブラナー。 こだわりの映像がきれい。 衣装やセット、小道具までも手抜かりのあろうはずもなく 細部まで行き届いていて美しい。 デジタル映像でバッチリ出る ミシェル・ファイファー、ジュディ・デンチ(これはもう当然だけど)、 ウィレム・デフォーら出演者のシワにもキュン転がれる。 まさかウン〇を踏むとは、、 まさか外套もマフラーもなしに雪の中出歩くとは、、 まさか列車の上まで歩くとは、、 まさか拳銃持って×××なことするとは、、 みたいな。 ディケンズ読んで楽しそうに笑っている ある意味驚きのポアロ像だけど 発音はきっと完璧なんであろう。 (シドニー・ルメット版よりお髭の保護マスクも格段に進化している笑) そして内容はまぎれもなくオリエント急行殺人事件。 この作品では犯罪被害者家族や、 その関わり合いのあった人たちの抱えるPTSDに比重を置いている。 その心の傷の深さ、癒えることのない苦悩や喪失感。 最後の晩餐のような構図で並ぶ乗客。 この犯罪を本当にジャッジできるのは神様以外いないのかもしれない。 登場人物たちが積年の復讐を遂げ、 その後すっきり幸せに暮らしましたとさ。みたいな事はないのだろう。 デイジーが死んだとき私も死んだ。ミシェル・ファイファーのセリフは重い。 原作を読み解き色んな解釈が可能なオリエント急行はやはり素敵だ。 そしてやはりナイルにもお供せねばなるまい。
隠す
  
 
[024]ダンサー・イン・ザ・ダーク
 白鳥ドレスカール犬2017-12-04
 
アカデミー賞でのビョークの 瀕死の白鳥が首に巻き付いたようなドレスを見たとき、 もしかしたらこの作品には笑え得る要素もあったのに 自分は見逃したのではないか?と妙な不・・・
続きを読む
アカデミー賞でのビョークの 瀕死の白鳥が首に巻き付いたようなドレスを見たとき、 もしかしたらこの作品には笑え得る要素もあったのに 自分は見逃したのではないか?と妙な不安にも駆られもした。 故ジョーン・リバーズの間髪入れぬぶった斬りぶりも見事なお手並みだった。 #MeTooの流れでセクハラ告白して、 今ごろdisりあうビョークvsデンマーク人映画監督という図式も 映画より恐ろしい絵巻かも。
隠す
  
 
[025]モンスター
 モンスターは誰なのかカール犬2017-12-04
 
2002年処刑で映画は2003年に公開。 アイリーンの生前から 彼女のインタビューやドキュメンタリーや映画化権も含め 利権が蠢いていたということなのだろうけど。すごいアメリカ・・・
続きを読む
2002年処刑で映画は2003年に公開。 アイリーンの生前から 彼女のインタビューやドキュメンタリーや映画化権も含め 利権が蠢いていたということなのだろうけど。すごいアメリカ的。 でも胸くそ悪い。 親に捨てられ、性的な虐待を受け、10代で妊娠、家を追い出され売春、 貧困やその境遇から抜け出す支援も教育も受けず人間関係を築く術も学ばず、 そりゃ真っ当な人間に育つ方が不思議な状況なのだろうけど 事件起こさなくても末路は野垂れ死にだったかもしれないけど、 でもセンセーショナルな事件への根掘り葉掘りの報道とか注目度とか 最後までこういう形で搾取というか利用され続けたら もう誰が本当のモンスターかわかりゃしない。 シャーリーズ・セロンがその美しさをかなぐり捨ててブスになって また白鳥のような姿に戻ってアカデミー賞とったけどさ。 観終わった後、ちょっと暗澹たる気持ちになっても 気分転換にコメディでも観るかーってなっちゃう自分も 墓の上で踊る亡者たちとさして変わらないのかもな。
隠す
  
 
[026]宇宙人王(ワン)さんとの遭遇
 王(ワン)さん斥候として優秀カール犬2017-11-11
 【ネタバレ注意】
チープで安っぽくて、 演出も展開も手際が悪くてモタモタ。 インディ作品らしいといえばらしい。 でも一見ギリシャ語通訳を思わせるような展開の中国語通訳でありながら、 あ・・・
続きを読む
チープで安っぽくて、 演出も展開も手際が悪くてモタモタ。 インディ作品らしいといえばらしい。 でも一見ギリシャ語通訳を思わせるような展開の中国語通訳でありながら、 あざといミスリード、酷なラスト。 現実と照らし合わせてみてたら何か思い当たるフシがあるだろう? というこのメッセージは捨てがたいと思う。 礼儀正しく黒目がちな瞳の宇宙人王(ワン)さんは、 EUや世界の抱える諸問題のあれこれに当てはまるナイスな侵略者だった。 メインだけ追って、細かいところは切り捨てっぱなしだけど、 お金かけてきちんと脚本練って2時間くらいの整合性のあるSF作品に、、 ってなると、この粗削りだからこそ鈍痛を伴うトゲのような持ち味が きっと消えてしまうんだろうなあ。
隠す
  
 
[027]ブレードランナー 2049
 SONYカール犬2017-11-04
 【ネタバレ注意】
ブレードランナーは世界観が大事。(たぶん) なのでデザインや映像は最重要、かな。 そしてどうとでも読み解ける謎を散らしておくのも大事。 これは電気羊信者長期飼育用撒き餌・・・
続きを読む
ブレードランナーは世界観が大事。(たぶん) なのでデザインや映像は最重要、かな。 そしてどうとでも読み解ける謎を散らしておくのも大事。 これは電気羊信者長期飼育用撒き餌。 前作の感想「・・普通?」(疑問形だし)なんの思い入れもないけど、 ブレードランナーの続編としての条件はクリアしてると思った。 上演時間は長いけど飽きさせないつくりで(疲れるけど)映像もきれい。 ライアン・ゴスリングのレプリカントな演技もこの作品に妙にマッチ。 自分など放射能の濃い場所って言われたら とっさにあそことあそこしか浮かばなかったけれど、、 デッカードが犬と一緒にラスベガスでエルビスのショーを見ながら 酒飲んで過ごしてたって素敵なことだなと。 SONYには是非2049までにジョイをつくってほしいなー その前にとりあえずaiboERS-1000がほしい(欲)
隠す
  
 
[028]グリース
 ハイスクールミュージカルカール犬2017-10-23
 
そういえばオリヴィア・ニュートン=ジョンってアイドル扱いでもあったね。 ジョン・トラヴォルタは愛嬌のある大型の駄犬みたいでアホ可愛い。 内容はほんと毒にも薬にもなら・・・
続きを読む
そういえばオリヴィア・ニュートン=ジョンってアイドル扱いでもあったね。 ジョン・トラヴォルタは愛嬌のある大型の駄犬みたいでアホ可愛い。 内容はほんと毒にも薬にもならない、たわいない青春学園ラブコメディ。 でも楽曲ともども映画はヒット。 どーもいまいちだなーと思いながらもこの妙なユルさが好きな自分もいる。 野口五郎と桜田淳子の吹き替えの破壊力もなかなかだった。
隠す
  
 
[029]バリー・シール/アメリカをはめた男
 副業+トムのプリケツ+捨て駒カール犬2017-10-21
 【ネタバレ注意】
TWA CIA ATF DEA FBI JB コカインの取り引きをバリバリやって 超大儲けしてウハウハ〜そして転落〜 みたいな展開の映画は何度も観た気がする。 イラン・コントラの流れのanot・・・
続きを読む
TWA CIA ATF DEA FBI JB コカインの取り引きをバリバリやって 超大儲けしてウハウハ〜そして転落〜 みたいな展開の映画は何度も観た気がする。 イラン・コントラの流れのanotherものとして観ても まあロクな輩はいないよねやっぱり。 前髪垂らして若見せしているけど、 がむしゃらに働くし奥さんは大事にしてるようだし、 ちょっと捕まってもなんか爽やかだし、 カルテルの標的にされても周りに被害が及ばないよう気を遣う。 う〜ん、ベースがコメディとはいえ 麻薬の運び屋としてのモラルの崩れた感じや 胡散臭いオーラを出さない(出せない)トム・クルーズ。 その代わりプリティな疑惑のおケツを出したとしても 作品はボテボテの凡打。 でもまあ主演がトム・クルーズじゃなかったら駄作かな。
隠す
  
 
[030]猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)
 エイプ 力合わせる 強いカール犬2017-10-14
 【ネタバレ注意】
なぜか字幕が黄色。 雪のシーンも多いので これはこれで見やすいのかな。。? そういえば昔はあったなー白い画面に平気で白い字幕かぶせた洋画(←昭和) CGは素晴らしく、おさ・・・
続きを読む
なぜか字幕が黄色。 雪のシーンも多いので これはこれで見やすいのかな。。? そういえば昔はあったなー白い画面に平気で白い字幕かぶせた洋画(←昭和) CGは素晴らしく、おさる好き・毛モジャ好きには垂涎の毛並み。 そして毛皮があっても丸裸。ニホンザルの北限だって下北半島なのに、 エイプの耐寒性は驚異的。飲まず食わずで重労働。 ウディ・ハレルソンのセリフ拾って グレート・ウォーってタイトルにした気持ちはわからないでもないけど、、 思っていたのとは大違い。 エイプはエイプを殺さないけど(いや殺したけど) 人間は人間を殺すってか? 絶滅危惧種同士でなにをやってるんだか。 殺戮は悲しみと憎しみの連鎖しか生まないし、 生存をかけた殺し合いに正解なんかたぶんないんだろうけど、 次世代へ種を繋いだものが勝者ということなんだろうな。 悩めるリーダーのシーザーは終始エモーショナル。 音楽もこれでもかと哀愁のメロディをかぶせてくる。 なまじ人格や器量が優れていたばっかりにシーザー苦労のし通しだよ。 それでも無垢な少女ノヴァとエイプとの関係に なにかしら未来への希望を残すのは良かったと思う。
隠す
  
 
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION