allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「シネマ野郎」さんのコメント一覧 登録数(87件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]プロデューサーズ
 映画ではないシネマ野郎2006-04-12
 
良くも悪くも、舞台をそのまんま映画にした印象。 場面の展開も舞台っぽいし、キャラクターの設定も舞台とほぼ同じ。 新鮮味のない展開に、もっと映画では工夫してほしかった。
  
 
[002]ウォーク・ザ・ライン/君につづく道
 演技満点!内容4点シネマ野郎2006-02-19
 
まず始めに驚いた事は、外見は全く似てないが、ホアキンにジョニー・キャッシュ本人その者が乗り移ったかの様な演技に、あの歌唱力、そしてリースも素晴らしい歌を披露してくれ・・・
続きを読む
まず始めに驚いた事は、外見は全く似てないが、ホアキンにジョニー・キャッシュ本人その者が乗り移ったかの様な演技に、あの歌唱力、そしてリースも素晴らしい歌を披露してくれている。 この点に関して言えば、ある意味、昨年の「Ray」で外見はレイ・チャールズ本人にそっくりだったが、歌は吹き替えたジェイミー・フォックスよりパワーを持っていて、妙に説得力がある。 ただ肝心の内容に関して率直に言えば、「Ray」以下だと言わざるを得ない。 どちらも貧しい生活をしてきて、幼い時に兄弟を失い、歌で成功して家族を持ち、酒やドラッグに溺れそして克服する。大まかに見れば非常に共通点が多いこの2人。 「Ray」はその点を、ドラマチックで感動的に描いたが、本作は2人のラブ・ストーリーを重点に置きすぎてしまった事が内容の希薄に繋がっていると思われる。 監督の演出・編集にも問題点が多い、2人の強烈で熱烈なパフォーマンスで十分にその部分は補っているが、話のテンポが悪く、無駄に長く、そして面白みのない演出。2人の演技が素晴らしく輝けば輝くほど、この小さな綻びは、どんどん大きくなっていってしまっている。 本国アメリカでは「Ray」以上の興行成績で、遂には1億ドルをも超えた要因は、一般大衆ウケしやすい様にラブ・ストーリー仕立てにした事だが、肝心のアカデミー賞にノミネートされなかったのもこの点があたる。 ハリウッドの金儲け主義が良くも悪くもになってしまったが、名作になり得る題材だっただけに、そこの所が個人的には悔やまれる。
隠す
  
 
[003]ジャーヘッド
 現代の本当の戦争映画シネマ野郎2006-02-16
 
噂通り普通の戦争映画とは異なった作品。 監督の演出、脚本、出演者達の演技、撮影など、全てにおいて水準以上のレベルだが、物議を起こさないようになのか?、それとも兵士た・・・
続きを読む
噂通り普通の戦争映画とは異なった作品。 監督の演出、脚本、出演者達の演技、撮影など、全てにおいて水準以上のレベルだが、物議を起こさないようになのか?、それとも兵士たちに対しての敬意なのか?無難な作りで、これといって絶賛点はない。 ただ本当の戦争をリアルに描かれているので勉強になった。
隠す
  
 
[004]ミュンヘン
 天才スピルバーグの傑作シネマ野郎2006-02-16
 
冒頭から張り詰めた緊張感が途切れる事無くテンポ良くラストまで続き、6月にクランクインしてから12月公開と言う早いテンポでの撮影にも一切の迷いがないスピルバーグの卓越・・・
続きを読む
冒頭から張り詰めた緊張感が途切れる事無くテンポ良くラストまで続き、6月にクランクインしてから12月公開と言う早いテンポでの撮影にも一切の迷いがないスピルバーグの卓越された演出力。 そして見事な脚本と共に、ジョン・ウィリアムズが奏でる印象的な音楽が見事に作品に一体化していて、完璧な作品に仕上がっている。 これだけ見応えのある作品はそう滅多にお目にかかれない。
隠す
  
 
[005]ヒストリー・オブ・バイオレンス
 悪夢の様な破壊力を持った演技シネマ野郎2006-02-16
 
↑と言う風に全米の批評家に、絶賛されていたウィリアム・ハートの演技。少ない出演時間ながら非常にインパクトある演技でした。オスカーノミネートおめでとう。
  
 
[006]ハウルの動く城
 絶賛できない傑作シネマ野郎2006-02-09
 
常に新しいテーマでメッセージ性の強いモノを生み出す、宮崎監督の手腕は素晴らしいが、今回の作品ほど微妙な感情になったのは初めてだ。 これまでの宮崎アニメの作品は、個人・・・
続きを読む
常に新しいテーマでメッセージ性の強いモノを生み出す、宮崎監督の手腕は素晴らしいが、今回の作品ほど微妙な感情になったのは初めてだ。 これまでの宮崎アニメの作品は、個人的に全てエンディングの曲が流れ出すと、寂しくなりもっと続いて欲しいと願う思いがあったが、本作はそういった感情が出てこなかった。 相変わらずのビジュアルセンスと、久石譲が奏でる切ない音楽は、素晴らしく、作品の出来としては申し分ないが、個人的には絶賛できない。
隠す
  
 
[007]イーオン・フラックス
 観ないほうがいいシネマ野郎2006-02-08
 
ヒドイ。内容も陳腐で、シャーリーズ・セロン観たさで興味があるなら予告編だけで十分だと思う。全編まで観るなんて時間の無駄。それならもっと良い作品を観ましょう。
  
 
[008]フライトプラン
 万人ウケの作品シネマ野郎2006-02-07
 
ジョディ・フォスターの3年ぶりの主演映画とあって期待はそれなりにあった。 誰もがご指摘な通り、無理な部分があるし、怪しいと思っていた奴が犯人そのままという設定には減・・・
続きを読む
ジョディ・フォスターの3年ぶりの主演映画とあって期待はそれなりにあった。 誰もがご指摘な通り、無理な部分があるし、怪しいと思っていた奴が犯人そのままという設定には減点だが、前半のジョディの熱演でどっちが正しいのか?と言う緊張感は良かったと思う。 逆に言えば、主演がジョディじゃなかったら、相当酷いものになっていたかもしれない。ただ、設定に素直に頷けないので、ジョディの熱演ばかり浮いて空回りの様にも見えるのも残念だ。
隠す
  
 
[009]レジェンド・オブ・ゾロ
 無難な続編シネマ野郎2006-02-07
 
前作から7年も経ってからの続編だが、可もなく不可もない出来栄え。 この空白の7年の意味はわからないが、アクションシーンは前作以上に見せ場があるので、ある程度劇場で楽・・・
続きを読む
前作から7年も経ってからの続編だが、可もなく不可もない出来栄え。 この空白の7年の意味はわからないが、アクションシーンは前作以上に見せ場があるので、ある程度劇場で楽しめる様には作ってある。ただ過度の期待は禁物だが・・・。
隠す
  
 
[010]クラッシュ
 想像以上のパワーを持った作品シネマ野郎2006-02-02
 
全米で2004年から、2005年へと公開が変更され、しかも大作が上映されるサマーシーズンの初めに公開され、不利な状況ながら批評家に絶賛され、大衆にもウケ興行的にも成・・・
続きを読む
全米で2004年から、2005年へと公開が変更され、しかも大作が上映されるサマーシーズンの初めに公開され、不利な状況ながら批評家に絶賛され、大衆にもウケ興行的にも成功したが、賞レースシーズンには過大評価されていると言うウワサもチラホラ聞いていたが、そんな不安もぶっ飛ばすパワーが本作にはあった。 人種差別をテーマに、登場人物の誰もがわがままで自分勝手だが、ラストでは何故か何処かに共感する部分がある。そんな色んなエピソードがラストに向け徐々に一本につながる様に進めていく脚本がまず素晴らしい。 出演者たちの演技は、どれも観るものの心揺さぶる一級品の演技で、監督のポール・ハギスの演出も見事としか言い様がない。見事なアンサンブル劇。
隠す
  
 
[011]プルーフ・オブ・マイ・ライフ
 インパクトの弱い作品シネマ野郎2006-01-29
 
必ず映画の宣伝文句で「アカデミー最有力」と言われるが、ある程度の知識があればそんな宣伝文句に振り回される事はない。 最近のハリウッド映画はリメイクやら、舞台を映画版・・・
続きを読む
必ず映画の宣伝文句で「アカデミー最有力」と言われるが、ある程度の知識があればそんな宣伝文句に振り回される事はない。 最近のハリウッド映画はリメイクやら、舞台を映画版にするなど、オリジナリティが少し欠如している様に感じる。本作も舞台で絶賛されたものを主役そのままで映画にしたが、少し無理があった様に思う。 主な登場人物を演じた4人(グウィネス、ホプキンス、ジェイク、デイビス)はもうこの程度の役柄の演技なら楽勝で、絶賛すべき点はない。 肝心の内容も、ある証明が見つかるまでの展開、それ以降の展開とメリハリがなく、結果「あっそうなの?」と言う感じ。 舞台版で絶賛されたモノが、必ずしも映画版で絶賛されるわけではない。
隠す
  
 
[012]輪廻
 怖さのないホラー映画シネマ野郎2006-01-28
 
ひどい・・・あまりにも酷すぎる・・・。 優香の熱演も空回りで、作品と同様ヒドイものだった。
  
 
[013]プライドと偏見
 良作。シネマ野郎2006-01-22
 
ドロドロした感じは一切なく、爽快感を味わえる恋愛映画。2人の微妙な距離や心情をを、カメラワークや、出演者たちの演技で上手く描き、複雑でもなく、かと言って単純でもない・・・
続きを読む
ドロドロした感じは一切なく、爽快感を味わえる恋愛映画。2人の微妙な距離や心情をを、カメラワークや、出演者たちの演技で上手く描き、複雑でもなく、かと言って単純でもない作りになっている。 最大の功労者のキーラ・ナイトレイ。決して絶世の美女とまではいかない彼女だが、本作での演技は輝いていて魅力が十分に発揮されていた。 そして、何と言ってもドナルド・サザーランド。ラストに魅せる最高級の演技は必見。脇を固める演者人達とのアンサンブルも素晴らしく、観て損のない作品だった。
隠す
  
 
[014]オリバー・ツイスト
 味のない食べ物シネマ野郎2006-01-20
 
驚きの展開のない事が、本作の一番の驚きだった。 とてもじゃないが、かの名作「チャイナタウン」「戦場のピアニスト」の監督のものとは思えない作品。
  
 
[015]ホテル・ルワンダ
 言葉を失った・・・シネマ野郎2006-01-19
 
多くの署名によって、ようやく日本でも公開された本作。多くの署名をしてくれたたくさんの人達に「ありがとう」と心から言いたい。 こんなに素晴らしい作品を、あの大画面の劇・・・
続きを読む
多くの署名によって、ようやく日本でも公開された本作。多くの署名をしてくれたたくさんの人達に「ありがとう」と心から言いたい。 こんなに素晴らしい作品を、あの大画面の劇場で観れた事を誇りに思います。 とにかく演出、編集が絶妙。リアリティがあって、前半からたたみかける様に張り詰めた緊張感の連続もあり、出演者の演技も一品。言うまでもないが、特にドン・チードルの演技は素晴らしい。 実際に起こった事なので、多くの映画ファンに観て欲しい。 感動とはまた違った感情がこみ上げてきます。 あの絶望的な状況の中で、愛する家族と1200人の命を救った、ポール・ルセサバギナ本人に敬意を評したい。
隠す
  
 
[016]スタンドアップ
 教科書通りの作品シネマ野郎2006-01-15
 
内容に関して言えば、前半のセクハラ描写は、観ていて同じ人間とは思えない様な行動やら言葉の連続で、リアリティがあって良かったが、主人公が訴えようと決意してからの後半か・・・
続きを読む
内容に関して言えば、前半のセクハラ描写は、観ていて同じ人間とは思えない様な行動やら言葉の連続で、リアリティがあって良かったが、主人公が訴えようと決意してからの後半からラストまでの展開が妙にあっさりし過ぎていて物足りなさはあった。 実際はもっと裁判シーンや主人公の苦悩のシーンはあったかもしれないが、それをカットしたか?元々無かったのか?どっちにしろ前半が良かっただけにそこが悔やまれる。その事に関して演者陣には全く責任はなく、監督のニキ・カーロの演出の問題だと思う。 個人的にはもっと時間が長くなっても良いから、主人公が裁判に挑む事によっての苦悩や圧力、人物描写をもっと描いて欲しかった。 深刻なテーマだからこそ真面目に作ったのはわかるが、何か工夫が足りなく、基本に忠実だが、応用がない作品だった。
隠す
  
 
[017]アンディ・サーキス
 ゴラムとコングシネマ野郎2006-01-09
 
ピーター・ジャクソンを一躍スターダムに押し上げた「ロード・オブ・ザ・リング」と渾身の一作「キング・コング」で、ゴラムとコングを演じている人。 特にコングの演技では、・・・
続きを読む
ピーター・ジャクソンを一躍スターダムに押し上げた「ロード・オブ・ザ・リング」と渾身の一作「キング・コング」で、ゴラムとコングを演じている人。 特にコングの演技では、この役柄では珍しく、批評家の賞にも選ばれたり、功労賞的なものも授与されたみたいです。
隠す
  
 
[018]ショーン・ペン
 現代最高の俳優シネマ野郎2006-01-09
 
映画監督であれば、誰もが一度は演出してみたい俳優癸院 好き嫌いはあると思うが、同業者(俳優、製作者、監督など)からは絶大な信頼を得ている。そして若手俳優からも一目・・・
続きを読む
映画監督であれば、誰もが一度は演出してみたい俳優癸院 好き嫌いはあると思うが、同業者(俳優、製作者、監督など)からは絶大な信頼を得ている。そして若手俳優からも一目を置かれる存在。 最近は、政治的要素の含んだ題材の作品に出過ぎているほど、政治に対しても強い関心があって、ブッシュ政策の批判もしている。(他にもたくさん批判している俳優もいるが・・・) 2006年には過去のアカデミー受賞作「オール・ザ・キングス・メン」のリメイク作品に主演をしている。
隠す
  
 
[019]アウトサイダー
 切ない青春群像劇シネマ野郎2006-01-07
 
改めて観ると、とにかく豪華な出演者達。「クラッシュ」での演技で、2005のオスカー候補も確実なマット・ディロンの存在感ある演技もいいし、内容もしっかりしていて見応え・・・
続きを読む
改めて観ると、とにかく豪華な出演者達。「クラッシュ」での演技で、2005のオスカー候補も確実なマット・ディロンの存在感ある演技もいいし、内容もしっかりしていて見応え十分。素直に入り込めて、感動できた。
隠す
  
 
[020]ペイ・フォワード 可能の王国
 現実離れした作品シネマ野郎2006-01-06
 
普通はなかなか、担当教師を自分の母親とくっつけようとするのはしないと思う。自分の感性では考えられない。 出演者達に責任はなく、主演のスペイシー、ハント、オスメントは・・・
続きを読む
普通はなかなか、担当教師を自分の母親とくっつけようとするのはしないと思う。自分の感性では考えられない。 出演者達に責任はなく、主演のスペイシー、ハント、オスメントは安定した演技だが、脚本や製作人、監督の演出の問題だと思う。 でも出演者がしっかりしている分、妙な説得力があるので、批判するほどのものではない。
隠す
  
 
[021]フレンチ・キス
 ラブコメ製作の難しさシネマ野郎2006-01-05
 
これまでアメリカでも相当な量のラブコメが製作されてきて、新しいラブコメを作るのは難しく、確かに本作に真新しさはないが、メグ・ライアンの魅力は十分に光っていると思う。
  
 
[022]ザ・コア
 ツッコミの必要なしシネマ野郎2006-01-03
 
いちいちこう言った地球滅亡をテーマした作品にあれこれツッコム必要は無いと思う。どんなに良く作ってもB級なんだから、どこかの批評家みたいに深く考えず、普通に観れば良い・・・
続きを読む
いちいちこう言った地球滅亡をテーマした作品にあれこれツッコム必要は無いと思う。どんなに良く作ってもB級なんだから、どこかの批評家みたいに深く考えず、普通に観れば良いと思う。 だから個人的には結構良かった。
隠す
  
 
[023]砲艦サンパブロ
 あくまで主役は米シネマ野郎2005-12-31
 
素直に良かったと言えるものではないし、3時間近くにまで及ぶ上映時間は少々キツかったけど、出演俳優達の演技は素晴らしかった。
  
 
[024]Mr.&Mrs. スミス
 バカ夫婦シネマ野郎2005-12-31
 
深く考えず単純に観るべし。
  
 
[025]ハリー・ポッターと炎のゴブレット
 シリーズ最高ではないが・・・シネマ野郎2005-12-28
 
これまでのシリーズで最もダークに作られているのは誰の目から見ても明らか。 その要因はボルデモート卿の復活だが、今回の原作を2時間30分に収めるのが土台無理な話だと思・・・
続きを読む
これまでのシリーズで最もダークに作られているのは誰の目から見ても明らか。 その要因はボルデモート卿の復活だが、今回の原作を2時間30分に収めるのが土台無理な話だと思う。これまでの原作の倍以上のページで書かれた今回の原作を、ここまで上手くまとめた監督はよくやったと思う。 ただ単純に楽しむ気持ちのハリーポッターは終わった。これからはどんどんダークに描いていってほしい。
隠す
  
 
[026]キング・コング
 監督の熱過ぎる情熱シネマ野郎2005-12-24
 
とにかく監督ピーター・ジャクソンの本作に対する思い入れが半端じゃない。コングの一つ一つの微妙な表情から仕草、動きと一切手を抜かずこだわっている。3時間にも及ぶ長さを・・・
続きを読む
とにかく監督ピーター・ジャクソンの本作に対する思い入れが半端じゃない。コングの一つ一つの微妙な表情から仕草、動きと一切手を抜かずこだわっている。3時間にも及ぶ長さを飽きさせない為の演出も一品。 元々「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズでそのビジュアルセンスは実証済みのジャクソンだったが、本作でもそのリアルかつ繊細な素晴らしさは実感できる。 何より本作での功労者はコングなのだが、それ以上に賞賛したいのは、ナオミ・ワッツだ。 彼女がスクリーン一杯に映るその美しさと卓越した演技力は、彼女が名女優である証拠。 大ヒットした1933年の「キングコング」。1976年のリメイクでは散々な結果に終わったが、この2005年度版のキングコングは正真正銘の素晴らしい作品に仕上がっている。
隠す
  
 
[027]SAYURI
 全編ほぼ英語・・・シネマ野郎2005-12-13
 
英語での会話は、正直最初は違和感ありまくりだったが、徐々に慣れてくる。ただ時折、日本語を使う(「乾杯」「こんにちわ」)など、中途半端に日本語を使うなら、全編英語にし・・・
続きを読む
英語での会話は、正直最初は違和感ありまくりだったが、徐々に慣れてくる。ただ時折、日本語を使う(「乾杯」「こんにちわ」)など、中途半端に日本語を使うなら、全編英語にした方が良かったと思う。 肝心の内容は、自分が鑑賞する前から試写での賛否があったのを知っていたし、ある程度覚悟はしていたが、実際に鑑賞してみるとそれほどヒドイものではなかった。 今さらハリウッドが描く、勘違いニッポンにいちいち目くじら立てる必要はないし、美術や衣装などは豪華絢爛で、それらしく作ってあるし、ロブ・マーシャル監督が演出する人間模様(女性主体の物語)は、憎しみや嫉妬など上手く描けている。 でもやっぱり手放しで絶賛できるものではない。ある程度覚悟がいる。
隠す
  
 
[028]ロッキー2
 ★★★★☆シネマ野郎2005-11-13
 
ロッキーは2まで。3、4、5は完全に娯楽映画と化していて感動も共感もできない。最近発表された、「ロッキー6」の製作にはかなり不安がある。
  
 
[029]ニュー・シネマ・パラダイス
 ★★★★★シネマ野郎2005-11-07
 
映画らしい本当の映画。主人公の少年期、青年期、そして中年期を軸に素晴らしくまとめられていて、ラストの余韻も逸品。 友達とも恩師とも言える人が、何故?「この町から出て・・・
続きを読む
映画らしい本当の映画。主人公の少年期、青年期、そして中年期を軸に素晴らしくまとめられていて、ラストの余韻も逸品。 友達とも恩師とも言える人が、何故?「この町から出て行け」と強く言い続けたのかもよく描かれているし、何より少年期を演じた子役のサルヴァトーレ・カシオの愛嬌のある演技は見ていて本当に可愛らしくて印象深い。 全ての映画人に捧げる作品と言っても過言ではない。
隠す
  
 
[030]コラテラル
 ★★★☆☆シネマ野郎2005-11-06
 
前半の展開は、かの名作「タクシードライバー」の様なダークな感じの良い雰囲気で期待が膨らんだが、中盤あたりからの内容に、監督の狙いと配給会社の狙いのズレを感じさせた。・・・
続きを読む
前半の展開は、かの名作「タクシードライバー」の様なダークな感じの良い雰囲気で期待が膨らんだが、中盤あたりからの内容に、監督の狙いと配給会社の狙いのズレを感じさせた。 マイケル・マンの手腕はすでに「インサイダー」で実証済みで、本作でもその路線を生かそうとしている手腕は所々見れるのだが、大スタートム・クルーズを初の悪役に抜擢した事で、配給会社はある程度元は取れると思ったのか、肝心の脚本にそれほど力を入れていなく感じ、正直アカデミー賞を狙う様なもっと時間をかけてこだわりのモノを製作してほしかった。 トムの演技は本作で、新たな一面を見せる素晴らしい演技で、ジェイミー・フォックスの演技も一般人にしては、賢いのか?賢くないのか?疑問に感じる行動があったが、演技に関してはトムの存在によってよりクローズ・アップされる形になっている。 前半の展開と主演の2人の演技によって、名作になるだけの可能性を持っていた作品だけに、ハリウッドの金儲け主義の映画制作に走ってしまった事は残念である。
隠す
  
 
 1 2 3次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION