allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「ジョジョ」さんのコメント一覧 登録数(175件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]エリ・エリ・レマ・サバクタニ
 (無題)ジョジョ2006-02-13
 
なかなか凄い物を見た!という印象。 演出云々がどうとか、話がどうとかではなく、ミュージックビデオクリップや前衛的にもならずに映画として堂々と君臨している。 でもそれが・・・
続きを読む
なかなか凄い物を見た!という印象。 演出云々がどうとか、話がどうとかではなく、ミュージックビデオクリップや前衛的にもならずに映画として堂々と君臨している。 でもそれがなんなのかと問われてもよくわかりません。ただ凄いです。
隠す
  
 
[002]大魔神怒る
 (無題)ジョジョ2006-02-02
 
大魔神が暴れ足りない感はありますが、その仰角カットの収まりがよく、三隅研二の演出ともマッチしている。
  
 
[003]スター・ウォーズ/ジェダイの復讐
 (無題)ジョジョ2005-11-13
 
別に「ジェダイの復讐」から「ジェダイの帰還」に邦題が変わったのはよいのです。ジェダイは復讐しないとは思ってましたから。 でもラストでルークの前にオビ=ワンらと微笑む・・・
続きを読む
別に「ジェダイの復讐」から「ジェダイの帰還」に邦題が変わったのはよいのです。ジェダイは復讐しないとは思ってましたから。 でもラストでルークの前にオビ=ワンらと微笑む時のアナキンが、セバスチャン・ショウからヘイデン・クリステンセンに変わったのはいただけない。 ルーカスによれば、「フォースの姿で現れるのはその人が純粋だった時の姿」とか何とからしいが、徐々に暗黒面に没頭していったヘイデンの時の姿では矛盾が生じてしまうし、あの悪役面に感動はできない。 ようやく暗黒面から開放された最後の姿で、屈託ない笑顔で息子を見守るからあの場面は泣けるのでね。
隠す
  
 
[004]江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間
 (無題)ジョジョ2005-10-30
 
土方巽が海をバックに舞っている場面は素晴らしく恐ろしい。あの背景と人物の間の違和感はスクリーンプロセスかしら?別に違っててもいいけど(ユースフルさん情報ありがとうご・・・
続きを読む
土方巽が海をバックに舞っている場面は素晴らしく恐ろしい。あの背景と人物の間の違和感はスクリーンプロセスかしら?別に違っててもいいけど(ユースフルさん情報ありがとうございます)、その不気味さの直後に吉田輝雄と普通に会話するというつながりが実にいいですね。
隠す
  
 
[005]鶴八鶴次郎
 (無題)ジョジョ2005-10-04
 
素晴らしい画面の構成。 長谷川一夫と山田五十鈴の喜劇的なやり取りの反復が面白くありながら、決して結末をその反復の流れに乗せないところがいい。 長谷川一夫が火鉢に煙草の・・・
続きを読む
素晴らしい画面の構成。 長谷川一夫と山田五十鈴の喜劇的なやり取りの反復が面白くありながら、決して結末をその反復の流れに乗せないところがいい。 長谷川一夫が火鉢に煙草の灰を落とす、あの流れるような手の仕草が、成瀬作品の美しさを役者が体現しているようで、震えが来た。
隠す
  
 
[006]血槍富士
 (無題)ジョジョ2005-09-26
 
これぞ活劇!といった面白さに満ち溢れている。 小津、伊藤、清水といった名匠が、吐夢の帰還を祝福したというだけでも喜ばしい限りですが、何よりもこの作品の面白さこそ喜ばしい。
  
 
[007]桜桃の味
 (無題)ジョジョ2005-09-04
 
男の横顔が映るだけ。 車がダラダラと走っているだけ。 説教が長々と続くだけ。 高台からイランの街を眺めているだけ。 そうそう、鳥が囀っているだけでもあります。 なのに、・・・
続きを読む
男の横顔が映るだけ。 車がダラダラと走っているだけ。 説教が長々と続くだけ。 高台からイランの街を眺めているだけ。 そうそう、鳥が囀っているだけでもあります。 なのに、何故こんなにもこの5つが、緩むことなく見事に一つの画面に納まりきって、一時も休ませることなく人を釘付けにしてしまうのでしょうか?
隠す
  
 
[008]海底軍艦
 (無題)ジョジョ2005-08-28
 
ローマ帝国みたいな世界観のムウ帝国なのに、宙を走る鉄道や、丸ノ内を一瞬で地盤沈下させられるだけの技術力があるというのがちと気になる。 個々の特撮の見事さがあるだけに・・・
続きを読む
ローマ帝国みたいな世界観のムウ帝国なのに、宙を走る鉄道や、丸ノ内を一瞬で地盤沈下させられるだけの技術力があるというのがちと気になる。 個々の特撮の見事さがあるだけに、轟天の活躍も短いなど、脚本が惜しい。
隠す
  
 
[009]機動戦士Zガンダム −星を継ぐ者−
 嬉しい期待ジョジョ2005-06-26
 
なんかGacktのオープニングを聴いただけで嬉しくなってしまう。 でもそれは「星を継ぐ者」だけに期待しているんじゃなくて、それを含めた三部作を前向きに受け止めようと・・・
続きを読む
なんかGacktのオープニングを聴いただけで嬉しくなってしまう。 でもそれは「星を継ぐ者」だけに期待しているんじゃなくて、それを含めた三部作を前向きに受け止めようという期待のあらわれだったのかな。作品を観ているだけで違ってくる。「お尻触られたの」「触ってないぞ」に代表されるような富野独特の台詞回しや、変わってない三枝成彰の音楽などに懐かしさは感じない。テレビ版を観ているから、話の流れも覚えている。だけど、この劇場版にはテレビ版を観て感じた薄暗さが無い。富野由悠季自身が語っているので反復してしまうけれども、本当にあの自虐的で陰鬱な残酷さが無い。僕はそこに震えが来てしまう様な人間だけれども、確かに後の2作品も、物語としての娯楽を追及した作風であるならば、大筋が変わらない、結末も変わらなくても、観ているこっちは絶対に取り残されたような衝撃を受けることも無いんじゃないか。とは思ってしまう。そして、それを象徴するかのような2作目のサブタイトル「恋人たち」。富野らしいと思ったこの2作目では、単なるダイジェストには終わるまい新たなる世界を与えてくれるような気がした。そう考えるととても嬉しくなった。テレビ版後半に非常にマッチした「水の星へ愛をこめて」を聴いて、本当に切なくなって泣いてしまう様な「Z」が待っている事をとても嬉しい気持ちで期待しています。
隠す
  
 
[010]宇宙大戦争
 (無題)ジョジョ2005-06-12
 
実は新文芸坐で観るまで観た事なかった(ぶくろう氏もそうだと思いますが)。 何故にあの音楽が「大戦争マーチ」と呼ばれているか、やっとわかったわけです。
  
 
[011]惑星大戦争 THE WAR IN SPACE
 (無題)ジョジョ2005-06-12
 
まぁ「スターウォーズ」に対する間に合わせと言ってしまえばそれまでですが、音楽を始めとするこのテイスト、グッと来ますね。ショボイし、もう一度見ることもないような作品で・・・
続きを読む
まぁ「スターウォーズ」に対する間に合わせと言ってしまえばそれまでですが、音楽を始めとするこのテイスト、グッと来ますね。ショボイし、もう一度見ることもないような作品ですが、全体としてこちらも快く受け入れようという気になる。そんなノリの作品。 捕らわれた浅野ゆう子の姿はどうなのよ?とも思いますが、成程、暴力にエロスは付き物と押井守も富野由悠季も申しておられます。特撮という暴力の最たる物にあの衣装は必然かと。
隠す
  
 
[012]激動の昭和史 沖縄決戦
 (無題)ジョジョ2005-06-06
 
「沖縄県庁を一発で吹っ飛ばすなんて、流石中野さん。」とか、「匍匐で戦車に突っ込んでいく少年兵はハンター星雲人などやったりもしています。」とか、新文芸坐を爆笑の渦に巻・・・
続きを読む
「沖縄県庁を一発で吹っ飛ばすなんて、流石中野さん。」とか、「匍匐で戦車に突っ込んでいく少年兵はハンター星雲人などやったりもしています。」とか、新文芸坐を爆笑の渦に巻き込んでくださった庵野、樋口両監督には改めて拍手。 それはさておき、こういった戦争をマクロ、ミクロ両方の視点から描こうとする作品は失敗しがちです。御両人のお話だと岡本監督自身も大して気に入っていなかったから、この作品の話をしようとすると話題を逸らされたとか。 でも関係ない。この作品には強烈なワンカットが多い。全体としてまとまってなかったり、戦時中にない戦車が走っていたり、どう見てもロケ地が沖縄じゃなくて富士山あたりでも、爆発音が東宝特撮と同じでも、そこに阿鼻叫喚が確かに伝わるカットがある。こういう和製戦争映画は好きです。
隠す
  
 
[013]大菩薩峠
 (無題)ジョジョ2005-06-02
 
人を斬った後の仲代の笑み。 あんな気持ち悪い表情は千恵蔵も雷蔵も出来ない仲代独特の物でしょうね。
  
 
[014]殺人狂時代
 (無題)ジョジョ2005-05-28
 
一週間でお蔵になったとか、キチ○イ連発の序盤の割には普通。 キ○ガイを殺し屋に育てた割にはドイツもコイツも普通で、クライマックスの仲代の方がよっぽどキれてる。 でも、そ・・・
続きを読む
一週間でお蔵になったとか、キチ○イ連発の序盤の割には普通。 キ○ガイを殺し屋に育てた割にはドイツもコイツも普通で、クライマックスの仲代の方がよっぽどキれてる。 でも、その辺の国産アクションよりはずっとスタイリッシュだし、好きだ。 同じ頃に似たようなアクション映画作って日活を解雇された監督がいましたが、あっちも好きだ。
隠す
  
 
[015]機動戦士ガンダムSEED DESTINY
 (無題)ジョジョ2005-05-19
 
えっ、中越地震のときにそのようなことがあったのですか? 新潟県中越地区出身の僕としては残念です。 僕はガンダムを見ようとして、放送中断して臨時ニュースが入った時に真っ・・・
続きを読む
えっ、中越地震のときにそのようなことがあったのですか? 新潟県中越地区出身の僕としては残念です。 僕はガンダムを見ようとして、放送中断して臨時ニュースが入った時に真っ先に実家に電話しましたけどね。苦情の電話をする人間もいたのですか。それは心無いな。 別に自分の故郷でなくてもそれは同じことです。 作品としては、なんと言いますか、「無闇矢鱈に人を殺していればいいってもんじゃないよ。これじゃあダメだよ・・・」と呟く友人と一緒に見てる事は見てますが、毎回見た後にポカーンとしてる自分がいます。まぁ僕はこういう時は感情的になるので置いときますが、ただこの作品を支持する人とブッシュを支持して戦争始めた国民はさして変わらない気がします。後ろにバンダイって軍産複合体抱えて(「星を継ぐ者」の劇場限定Mk−兇離廛薀皀妊襦勿論買いましたよ)。まぁそれはさておいても「この作品のファンなら無理もない。」と思われてしまう作品にしてしまうことはダメでしょう。
隠す
  
 
[016]太陽の季節
 (無題)ジョジョ2005-05-08
 
長門が親父の腹を本気で殴り、「本気で殴る奴があるか」と弱々しく言う場面がとてもよかったですね。あとはまぁまぁ。 と言いますか、あたかも裕次郎主演のようなDVDの扱い・・・
続きを読む
長門が親父の腹を本気で殴り、「本気で殴る奴があるか」と弱々しく言う場面がとてもよかったですね。あとはまぁまぁ。 と言いますか、あたかも裕次郎主演のようなDVDの扱いに疑問。
隠す
  
 
[017]デビルマン
 (無題)ジョジョ2005-04-11
 
これだけの罵声の中、亡くなられた那須監督。 この映画は確かに酷いですが、それを思うと、悲しくてならない。
  
 
[018]フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)
 (無題)ジョジョ2005-03-28
 
地底怪獣バラゴンの存在は、いかにも怪獣を出せば当たる上層部的発想ですね。最初はガス人間と対決させる予定だったとか。でも上記理由かどうかはわかりませんが流れてしまい、・・・
続きを読む
地底怪獣バラゴンの存在は、いかにも怪獣を出せば当たる上層部的発想ですね。最初はガス人間と対決させる予定だったとか。でも上記理由かどうかはわかりませんが流れてしまい、次にゴジラが対戦相手として選ばれましたがこれも流れ、そして人食怪獣バラゴンとなったわけですが、人食という設定故にフランケンシュタインにすべてその容疑が被さってしまうところが上手く、結果的にバラゴンの存在は、ガス人間やゴジラ以上に、この映画に深みを与えていますね。フランケンシュタインの容疑を否定するボーエン博士たちですが、マスコミの目は冷ややか。怖い。 特撮も秀逸。バラゴンの口の周りに鶏の羽根が舞っていたりするのなんて最高ですが、なんといっても燃え盛る山を背景に闘うシーンはリアリティとしてもビジュアルとしても東宝特撮が頂点に達した瞬間といえます。 そしてラスト。実はこの作品より姉妹作の「サンダ対ガイラ」を先に見ていた僕ですが、ラスト5分でまた新しい怪獣が出てくるのではないかととてもワクワクした覚えがあります。結局思わせぶりに終わった「サンダ対ガイラ」ですが、その後に観たこの作品の海外版は(本当はTV放映が先みたいね)そうではなかった!この辺、「空の大怪獣ラドン」並みの驚きが襲いかかってきます。
隠す
  
 
[019]座頭市物語
 伊福部節ジョジョ2005-02-09
 
天知茂とのやりとりや、木のざわめき、静の中の一瞬の抜刀など、とにかく面白いですが、僕にとってこの映画は伊福部昭氏の音楽につきます。 最初のクレジットを見ていればわか・・・
続きを読む
天知茂とのやりとりや、木のざわめき、静の中の一瞬の抜刀など、とにかく面白いですが、僕にとってこの映画は伊福部昭氏の音楽につきます。 最初のクレジットを見ていればわかることですが、僕はクレジットを見落としてしまい、あの情感溢れる音楽がかつて怪獣映画を見たときに共有した物と一緒、すなわち伊福部氏によるものだとわかったとき、そしてそれが氏のものであるとわかった自分が嬉しかった。
隠す
  
 
[020]
 (無題)ジョジョ2005-01-18
 
僕が子供の頃TSUTAYAで母がこのビデオを手に取り、「子供の頃テレビで見たら物凄く怖かった。」と話した。 ビデオジャケットの表紙はティッピ・ヘドレン(だったと思う・・・
続きを読む
僕が子供の頃TSUTAYAで母がこのビデオを手に取り、「子供の頃テレビで見たら物凄く怖かった。」と話した。 ビデオジャケットの表紙はティッピ・ヘドレン(だったと思う)が鳥に襲われているもので、その表情だけで十分に恐怖が伝わった。毎週TSUTAYAに行く度に「鳥」のビデオジャケットを手に取ったが、見たいなんて絶対思わなかった。そういえばそのジャケットには太り気味のオジサンの横顔もあった。ヒッチコック作品を見始めるのはずっと後のことですけど、僕の中でヒッチコックという人のイメージはすでにあったわけです。 見たのは割と最近。鳥が主人公たちを襲ってくるだけで、話の規模は小さいかと思ったら、街全体で鳥に襲われるという、終末観を前面に押し出した作品だったので、そういう作品が好きな僕にとっては俄然面白い物となった。ラジオなどで作品世界の広さを感じさせるのが秀逸。 街を鳥が襲うシーンは、その後のパニック映画に通じる趣ですが、電話BOXの中のティッピ・ヘドレンの視点で事態が進行してゆく演出は、やはりヒッチコック。事態は主観で体感するから怖いんですね。
隠す
  
 
[021]ゴジラ
 好きな一作ジョジョ2005-01-11
 
この作品は、それまでの「日本沈没」や「地震列島」などの自然災害ものの一つとして、ゴジラを災害として描いている部分がまず特筆すべきことです。よくよく考えると、そうやっ・・・
続きを読む
この作品は、それまでの「日本沈没」や「地震列島」などの自然災害ものの一つとして、ゴジラを災害として描いている部分がまず特筆すべきことです。よくよく考えると、そうやって災害の一つであるという概念で描かれるゴジラはシリーズを通しても少ない気がします。 小林桂樹の首相が主役だったり、米ソ冷戦下にあり、しかもゴジラという脅威を抱えた日本の存在など、人間ドラマの部分ではなかなか見ごたえがあります。 なにより小六氏の音楽が全編を盛り上げ、最終的に三原山噴火口に落ちる場面では泣かせてしまうということまで成し遂げてしまいます。 気になる点としては、第一作のように東京の名所を破壊して回るのではなく、スーパーXとの戦闘で、新宿に留まりすぎ、その結果廃墟と化した新宿に立つゴジラに迫力がなく、セットであることがばれてしまうような気がすることです。これは後のシリーズ(川北作品)でもっと顕著になりますが、でっかくセットを作ってそこで戦っては、やがてセットであることがばれてしまいます。有楽町のセットも見事ですが、なにも高架橋破壊をあんなに映さなくても・・・ ラジー賞もののサイボットゴジラですが、子供のころあのスーツの悪役ヅラにが怖くて耐えられなかった僕は、あの優しげな表情に安堵を覚えたものです。 以前は曖昧なコメントを載せていましたが、編集した今は言います。僕はこの作品が好きです。 何故編集したかというと、監督の橋本幸治氏が1月9日に亡くなり、この作品の事を思い出したからです。黙祷。
隠す
  
 
[022]ゴジラ FINAL WARS
 本論ジョジョ2004-12-04
 【ネタバレ注意】
クライマックスは「やられた〜!」って感じでした。もう前にあった自分のコメントは、「何を言うとんねん!」って感じ。 まぁ2chとかでは囁かれまくってましたが、実際見た・・・
続きを読む
クライマックスは「やられた〜!」って感じでした。もう前にあった自分のコメントは、「何を言うとんねん!」って感じ。 まぁ2chとかでは囁かれまくってましたが、実際見た時の感動といったら。 個人的には廃墟と化した東京のクライマックスだけで十分。それまでの1時間半がどれだけ辟易モンでも、このサイトの、これまでの僕の他の怪獣映画のコメントにある切なる願い(?)を見事に実現してくれただけでこの映画は良いです。まぁ実際はキングではなくてカイザーなので違う怪獣ですが、そんなこと関係ない。 でも、公開前には夢にまで見た(実話)映画だっただけに、全体の出来は無茶苦茶残念。しかも「TOHO SCOPE」にカイル・クーパーのオープニングデザインがかなりハマっただけに余計にその後の展開がね。脚本はもうあって無きようなものなのは周知の通りですが、バトルメインのアクション映画としてもちょっと短い。まず展開が矢継ぎ早なので、気分が乗る前に場面が切り替わるのが痛い。 旧轟天号対ゴジラとか日米ゴジラ対決とかガイガン対ゴジラとか無茶苦茶好カードが揃っててこのザマとは。 しかも明らかに監督は怪獣対決より人間の対決に興味がいってる。こっちとしてはココまで怪獣出しているのだから、「怪獣総進撃」みたいな11対1のリンチじゃない、バトルロイヤル、もしくは怪獣トーナメント的なものこそ我が少年時代の憧れみたいな気分で期待してましたが、ゴジラの勝ち抜き戦に終始しており、しかも先述の通りこのザマに終ってしまったのは残念でならない。まぁゴジラの強さを見せつける映画といえばそれまでですが、世界中で怪獣大発生となればそいつらの闘いこそ見物。例えばレッドキングに翼をもぎ取られるチャンドラー、ドラコ。ウルトラマンは最後の王者的存在で、勝ち進んだレッドキングを輪切りにする存在。むしろそっちの方が強さが伝わる気がします。 特撮もイマイチな部分多し。ただ廃墟・東京はいい。 それまでの、例えばvsシリーズのように、都市を破壊しまくってその瓦礫の上に立つゴジラの何と空しく、迫力なきことか。その瓦礫の山にしてゆく過程で特撮さを感じてしまってしらけましたが今回は一瞬で、建物の形そのままに瓦礫の山と化すことはとてもよかった。しかも逃げ惑う人の死とか一切考えてない映画だから、ちょっとでもそんなこと考えると、エヴァンゲリオンのラストっぽさが漂ってきます。 俳優ではやはり北村一輝がダントツ、良すぎ。完全に主役を食ってマス。 この映画では失笑の他に、わりと狙ったようなユーモアもありますが、それらは大体映画館の雰囲気に飲まれて笑ってしまうわけで、一人で見てたら絶対笑わないシーンだったりしますが、彼の場合は違う。ああいう演技のできる人は貴重です(というかアメリカ版ガッヅィラを倒された時の彼の台詞は東宝の心の叫びですな。ZILLAって名前でGODが抜けてるのもまた然り)。最初に登場した時のサングラスも最高!隣の伊武雅刀も、声を発した時はデスラー再びという感じで、「来た来た」とか思ってましたら、デスラー総統は平和主義者だったのですね。 怪獣ではやはりガイガン(第一形態ね。チェーンソーなんて知らんよ)とモンスターXが良い。その2体が廃墟・東京でゴジラ&モスラと戦うのがまたニクい(あ、でもそのときのガイガンはチェーンソーだ)。ゴジラもスマートになって不安でしたが、無駄の全くないフォルムは、平成ゴジラと02年版メカゴジラの時の物にも匹敵する。GMKのようなフォルムも作風に合っていて好きですが、完成度の高さからいえば本作のゴジラはかなりのもの。劇上限定ソフビ人形はずっと見ていても飽きない(でも結構劇中のスーツとは違う気もしますが)。 何だかんだいって何度か劇場へ赴くことになるでしょう。次回は、短くて5年、せめて7年くらい先であって欲しい。 でもヘドラが一番活躍するのがスタッフロールとはいかがな物か?エビラより出番ないのよ。
隠す
  
 
[023]地下水道
 (無題)ジョジョ2004-11-16
 
個人的には「灰とダイヤモンド」がしっくりこなかった分、こちらにグイグイ引き込まれました。 ラストシーンは衝撃。何というか、あの行動が全てを物語っているような。 ただ極・・・
続きを読む
個人的には「灰とダイヤモンド」がしっくりこなかった分、こちらにグイグイ引き込まれました。 ラストシーンは衝撃。何というか、あの行動が全てを物語っているような。 ただ極限と絶望を臭いに感じられないというのは痛いかもしれません。「第三の男」のように美しくあるならばそれもまたよしですけど、これは決してそうではないでしょうから。 ビデオ、ないんですかねぇ。地元のレンタルビデオショップに普通においてありました。でも店員が間違って「地下水道」パッケージの中に、ベルイマンの「夏の夜は三たび微笑む」を入れていて、借りた後に中身の違いに気づきました(笑)。 翌週、「夏の夜は〜」のパッケージを調べたら、案の定「地下水道」が… どっちも面白かったので得したといえばそうですが。
隠す
  
 
[024]ゴジラ1985
 (無題)ジョジョ2004-09-21
 
なぜか一時期この映画にものすごくハマっていました。オリジナルの「84年版ゴジラ」が当時の僕には肌に合わなかったというのがその理由だったように思います。 今回レイモン・・・
続きを読む
なぜか一時期この映画にものすごくハマっていました。オリジナルの「84年版ゴジラ」が当時の僕には肌に合わなかったというのがその理由だったように思います。 今回レイモンド・バーはいる必要があったのかどうかもわからない傍観者となっていますので、「怪獣王ゴジラ」より中身はぶち壊されてはいません。 無論今の僕は日本版のほうが好きです。 僕はこの映画で日本語字幕の素晴らしさを知った。
隠す
  
 
[025]木更津キャッツアイ
 面白い→楽しいジョジョ2004-09-17
 
友人が「面白い」と言っていたので見てみたら、なんと斬新な構成に詰めるモン詰めるだけ詰めた脚本に、俳優達の底から楽しんでるような演技にと、とにかく楽しい。面白いんじゃ・・・
続きを読む
友人が「面白い」と言っていたので見てみたら、なんと斬新な構成に詰めるモン詰めるだけ詰めた脚本に、俳優達の底から楽しんでるような演技にと、とにかく楽しい。面白いんじゃなくて楽しい。 特にその楽しさが凝縮されている一話があって、その回の演出はクドカンその人でした。
隠す
  
 
[026]戦争のはらわた
 ロシア戦線異状なしジョジョ2004-09-03
 
僕はこの映画を何度も見るほど好きなのですが、この映画の根底にあるものと言いますか、そういったものを掴んではいませんでした。戦場に生きる“男”というそれまでのペキンパー・・・
続きを読む
僕はこの映画を何度も見るほど好きなのですが、この映画の根底にあるものと言いますか、そういったものを掴んではいませんでした。戦場に生きる“男”というそれまでのペキンパー的なものとさして変わりはないのだろうなと思っていました。しかし、「西部戦線異状なし」を見て、やっと何か掴んだような気がしました。 オーソン・ウェルズはこの作品を、「西部〜」以来最良の反戦映画と評した(とDVDに書かれてあった)り、淀川長治氏も、「西部〜」を最も美しく、そしてこの作品を最も醜いと評した(とさだじ氏の師匠のHPに書かれてあった)りするなど、この2作品は切っても切れない物があるようです。 この作品は「西部戦線異状なし」のある部分に焦点を絞り、それをペキンパー的に泥臭く、汚く、醜く、しかし自然の静寂も忘れることはないリメイク、更には「西部〜」の主人公のその後を描くような続編とも言えます。互いが互いを補完しあっている2作品だと言えます。
隠す
  
 
[027]華氏911
 劇場は結構爆笑ジョジョ2004-08-20
 
劇場には外国人の方も多く見られましたが、彼らが日本人とは違う場面で笑っていたことに、文化の違いを感じました。それとも単に字幕の訳し方が下手なのでしょうか? もともと・・・
続きを読む
劇場には外国人の方も多く見られましたが、彼らが日本人とは違う場面で笑っていたことに、文化の違いを感じました。それとも単に字幕の訳し方が下手なのでしょうか? もともとブッシュやイラク戦争批判の作品なので客観性は低いと感じました。正直前半は「ブッシュ、バーカ!」と言っているだけの表面的なもので、掘り下げが少ない気がします。ゴダールの言うように「敵を利するだけ」であったり、「自由の国と改めて教えてくれた」というホワイトハウスのコメントも、まんざら苦し紛れとも思えません。戦争で息子を失った親のインタビューにも心を打たれなかった。 それでも記録映像の繋ぎあわせで、観客を笑わせ、また戦争の映像をクライマックスに持っていくムーアの手腕は確かなもので、タランティーノは単純にこの辺を評価したのだと思います。というか思いたいです。先日見た海洋映画、「ディープブルー」のスタッフは見習って欲しいです。
隠す
  
 
[028]みんな〜やってるか!
 (無題)ジョジョ2004-07-30
 
あまりにくだらなさ過ぎ。 座頭市から特撮モノまであらゆる映画のジャンルをそのくだらない意図的な笑いでぶち壊しにしてくれたという点で、ある意味たけしの集大成。毒舌をそ・・・
続きを読む
あまりにくだらなさ過ぎ。 座頭市から特撮モノまであらゆる映画のジャンルをそのくだらない意図的な笑いでぶち壊しにしてくれたという点で、ある意味たけしの集大成。毒舌をそのまんま映画にしたようなかんじやね。 このあとバイク事故があったという点でも実は北野作品を語る上では避けては通れないのでは?
隠す
  
 
[029]ゲッタウェイ
 夫婦ジョジョ2004-07-22
 
やっぱりこれは在るべき夫婦の映画でしょうか。 A・レッティエリにいいように振り回される夫婦(というか旦那)との対比もあって、序盤はギクシャクしてた夫婦が徐々によりを・・・
続きを読む
やっぱりこれは在るべき夫婦の映画でしょうか。 A・レッティエリにいいように振り回される夫婦(というか旦那)との対比もあって、序盤はギクシャクしてた夫婦が徐々によりを戻していく映画に思えました。 もっとも、この2人の実生活はこの後にうまくいき、そしてギクシャクしていくんですが。
隠す
  
 
[030]ニキータ
 (無題)ジョジョ2004-07-22
 
人体に塩酸をかけたらどうなるか?わかりそうなものですが、あのシーンが頭に焼き付いて・・・ まず訓練で最初に興味を持ったのが化粧なのがよいですね。そして初めて食事に誘・・・
続きを読む
人体に塩酸をかけたらどうなるか?わかりそうなものですが、あのシーンが頭に焼き付いて・・・ まず訓練で最初に興味を持ったのが化粧なのがよいですね。そして初めて食事に誘われて、渡されたプレゼントがデザートイーグル。スーパーマーケットでは先を行く女性を真似て品物を買い、その後の同棲に至るまでの過程も自然で、彼氏にばれないようにライフルを組み立て、狙撃。 実に繊細に描きつつも、ハリウッド流の銃撃戦もしっかりしていて(そのせいで多少ツッコミどころはありますが)、面白いです。 あの時間帯にジャン・レノが出てくるというのが驚きでした。予備知識を入れなくてよかった。
隠す
  
 
 1 2 3 4 5 6次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION