allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「トラのひげ」さんのコメント一覧 登録数(28件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]デヴィッド・バーク
 Dr.ワトソントラのひげ2017-04-30
 
グラナダTVのドラマ「シャーロック・ホームズの冒険」の初期のワトソン役。 後期の初老のワトソンを演じたエドワード・ハードウィックも良かったが、 この人の方が若くてやはり・・・
続きを読む
グラナダTVのドラマ「シャーロック・ホームズの冒険」の初期のワトソン役。 後期の初老のワトソンを演じたエドワード・ハードウィックも良かったが、 この人の方が若くてやはり原作のワトソンに近い感じがする。 紳士なんだけど、やっぱりどことなく凡庸な感じが、ホームズの鋭さを引き立たせて、いい感じだった。
隠す
  
 
[002]シャーロック・ホームズ全集22〜赤輪党/ボール箱
 ボール箱〜最終章トラのひげ2017-04-19
 
ボール箱〜グラナダ版TVドラマのジェレミー・ブレットが復帰した最終作。 ジェレミー演じるホームズの最後のセリフ「この不幸と暴力と恐怖の輪からどんな結果が出てくるのか?・・・
続きを読む
ボール箱〜グラナダ版TVドラマのジェレミー・ブレットが復帰した最終作。 ジェレミー演じるホームズの最後のセリフ「この不幸と暴力と恐怖の輪からどんな結果が出てくるのか?・・・とワトソンに問いかけて終わるシーン。 このセリフは原作と同じであるにも関わらす、なんとも言えない余韻を残して、このTVシリーズは終わりを迎える。 個人的には「白面の兵士」「黄色い顔」「花婿失踪事件」はドラマで見たかったと思った。
隠す
  
 
[003]シャーロック・ホームズ全集15〜這う男/ショスコム・オールド・プレース
 エロおやじとギャンブルおやじ。トラのひげ2017-04-08
 
「這う人」はなんか、ハマーフィルムみたいなノリの作品。最後、怖いし。 犯人がホームズを食っているような感じの物語でした。 これは、推理というより、オカルトの部類に入る・・・
続きを読む
「這う人」はなんか、ハマーフィルムみたいなノリの作品。最後、怖いし。 犯人がホームズを食っているような感じの物語でした。 これは、推理というより、オカルトの部類に入る感じ。 博士が日本の俳優でいえば吉田剛太郎に似ていた。 「ショスコム荘」は若きジュード・ロウが見習い騎手の役で登場。 この作品も、特に犯人がひどい犯罪を犯しているわけではないので、ドラマ感がちょっと弱い。 だけど、ギャンブルだよな〜。
隠す
  
 
[004]シャーロック・ホームズ全集7〜マズグレーブ家の儀式書/僧房(アベイ)荘園
 あべさんの農園ではないが。トラのひげ2017-04-08
 
DVDには修道院屋敷とあるが、べつに修道院の物語ではない。 新潮文庫版は「アベ農園」安倍さんの農園みたいに聞こえるが、もちろん違う。 というわけで、題名からはちょっと・・・
続きを読む
DVDには修道院屋敷とあるが、べつに修道院の物語ではない。 新潮文庫版は「アベ農園」安倍さんの農園みたいに聞こえるが、もちろん違う。 というわけで、題名からはちょっとマイナーな感じがするこの物語だが、このドラマ版は原作を忠実に再現していると共に、ストーリーが非常にドラマチック。 ホームズ物でも珠玉の部類に入ると思った。 原作ではラストがあっさりしているが、逆にこのドラマでは粋な展開が予定されていて、好感が持てる。 おススメの一作。
隠す
  
 
[005]シャーロック・ホームズ全集20〜独身の貴族
 青髭貴族トラのひげ2017-04-02
 
短編を2時間ドラマに脚色しているので、原作よりも大幅な残酷描写あり。 それはひとつの映画作品としては悪くはないが、やりすぎの感も・・・。 官兵衛ばりの貴婦人も登場して・・・
続きを読む
短編を2時間ドラマに脚色しているので、原作よりも大幅な残酷描写あり。 それはひとつの映画作品としては悪くはないが、やりすぎの感も・・・。 官兵衛ばりの貴婦人も登場してくるし。 ホームズの事件発生順としては割と若いころの作品のはずだが、ホームズの顔に深くしわが刻まれてしまって、ちょっと歳をとりすぎた感じがするのも違和感。 ベーカー街でのちょっと豪華な晩餐のシーンがなかったのもちょっと残念。
隠す
  
 
[006]シャーロック・ホームズ全集19〜サセックスの吸血鬼
 やりすぎ館トラのひげ2017-03-28
 
原作を大幅に脚色して、原作にはいない登場人物がいたり、赤ちゃんを死なせてしまっているのがちょっとやりすぎ。 原作では、ホームズが赤ちゃんをあやすシーンもあるのに。 そ・・・
続きを読む
原作を大幅に脚色して、原作にはいない登場人物がいたり、赤ちゃんを死なせてしまっているのがちょっとやりすぎ。 原作では、ホームズが赤ちゃんをあやすシーンもあるのに。 そして何よりも一番ドラキュラの風貌に近いのは、当のホームズだったりする。
隠す
  
 
[007]シャーロック・ホームズ全集18〜恐喝王ミルヴァートン
 C.A.M DEVILトラのひげ2017-03-23
 
「犯人は二人」は新潮文庫版の題名で、原作の題名は犯人の名前そのまま、 チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン。 上流階級の人々を恐喝する悪人の物語を原作より大幅に脚・・・
続きを読む
「犯人は二人」は新潮文庫版の題名で、原作の題名は犯人の名前そのまま、 チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン。 上流階級の人々を恐喝する悪人の物語を原作より大幅に脚色して、2時間ドラマに仕上げている。 この原作にはない上流階級の人々の内情が詳しく描かれているシーンがちょっとした映画作品みたいで悪くない。 何よりもミルヴァートンを演じた俳優が原作のイメージぴったりなのもいい。 日本の俳優でいえば國村隼さんみたいな感じ。 原作の最後にレストレードから殺されたミルヴァートンの捜査を依頼されて断り、ワトソンが犯人の雰囲気に似ていると自らホームズがばらすシーンがあるのだが、それがこの作品にはなかったのが原作ファンとしてはちょっと物足りなかった。
隠す
  
 
[008]シャーロック・ホームズ全集16〜ボヘミアの醜聞/踊る人形
 ボヘミアの醜聞〜あの女トラのひげ2017-03-11
 
シャーロック・ホームズの短編の中でも特に有名な感じがするこの物語は、実はシャーロック・ホームズの失敗談のひとつでもある。 結局アイリーン・アドラーからは写真を奪うこ・・・
続きを読む
シャーロック・ホームズの短編の中でも特に有名な感じがするこの物語は、実はシャーロック・ホームズの失敗談のひとつでもある。 結局アイリーン・アドラーからは写真を奪うことは出来なかったのだから。 原作に忠実に描かれており、特にホームズ(ジェレミー・ブレット)の変装には舌を巻く。(だけど、結局はアイリーンの勝ちだったが・・・) これは原作がそうだから仕方ないのだが、なぜ、アイリーンが弁護士との結婚を急いだのか、そして、弁護士がいまひとついい男ではないのがちょっと疑問に残るところではあるが。
隠す
  
 
[009]江戸川乱歩「白髪鬼」より 宝石の美女
 出歯亀白髪鬼トラのひげ2017-02-26
 
白髪鬼がなぜか内田裕也みたいに見える。
  
 
[010]八つ墓村
 確かにたたりではあるが。トラのひげ2017-02-12
 
好評のコメントが多いのにはちょっとびっくりするが、 大河ドラマのような重厚な音楽と、戦国時代の落ち武者のシーンが なぜか丁寧に描かれていて、 肝心のミステリーが添え物・・・
続きを読む
好評のコメントが多いのにはちょっとびっくりするが、 大河ドラマのような重厚な音楽と、戦国時代の落ち武者のシーンが なぜか丁寧に描かれていて、 肝心のミステリーが添え物。 いくら松竹の作品だからといって、 金田一耕助ではなく、寅さんが謎解きをしているとしか見えないような 不思議な番外編。 (実際何の推理もしていない)
隠す
  
 
[011]獄門島
 納得いかない脚本トラのひげ2017-02-08
 【ネタバレ注意】
この作品はなぜか原作と犯人を(第二、第三の殺人)変えてしまっているが、 原作ではみっともない顔をした女と表現されている勝野を司葉子が演じている時点で、おかしいなと気・・・
続きを読む
この作品はなぜか原作と犯人を(第二、第三の殺人)変えてしまっているが、 原作ではみっともない顔をした女と表現されている勝野を司葉子が演じている時点で、おかしいなと気づいてしまう。 もしひとしが勝野と嘉右衛門の息子であれば、当然次男として嘉右衛門も遺言を残すはずだから、三人娘を殺してしまわないとならないという論理がおかしくなってしまう。 だからなぜわざわざ犯人を変えたのかはかなり疑問。 磯川警部を登場させていないのにも不満がある。 床屋の主人を演じた三木のり平がこの作品でも謎解きの要になる解説をしてくれるのは小気味がよくてうれしくはなるが。 「わけないね。」と其角の俳句を詠むところがいい。 豆知識 この作品にも三木のり平演じる床屋の主人の女房役で出演している ノンクレジットの沼田カズ子さんは結髪(ヘアメイク)さんということで、 ある意味本職なのだが、主人や娘から腕が悪いのでぼろくそに言われているし、お客さんからも途中で散髪を娘に代わると、 「良かった!」とほっとするシーンがあり、笑わせてくれる。 その後も主人の俳句をくさすお笑いシーンもあり。
隠す
  
 
[012]犬神家の一族
 無理して探してみる。トラのひげ2017-01-22
 
オリジナルと比べて劣りすぎるというのは仕方ない。 それではこの作品が 少しでも良かった点を探してみる。 佐清を演じた尾上菊之助は実際に富司純子の息子なので、再会のシー・・・
続きを読む
オリジナルと比べて劣りすぎるというのは仕方ない。 それではこの作品が 少しでも良かった点を探してみる。 佐清を演じた尾上菊之助は実際に富司純子の息子なので、再会のシーンなどが 本物の親子の雰囲気を醸し出し、哀愁を感じる。 小夜子役の奥菜恵はオリジナルの川口晶よりは役にはまっていたと思う。 原作ではまあまあ美人の設定。 竹子を演じた松坂慶子はきれいすぎてミスキャストだが、梅子を演じた 萬田久子は原作では三姉妹のなかで一番美人とあるので、はまっていたと思う。竹子はもうちょっとがっしりした感じの女優さんが良かったかと。 まぁどうでもいいのだけど。 石坂浩二は・・・。監督が絶対と言っていたそうなので仕方ないか。
隠す
  
 
[013]犬神家の一族
 横溝作品の傑作トラのひげ2017-01-21
 
原作を読むと、島田陽子演じる珠世は絶世の美女中の美女と書かれているが、 その原作の過大な評価にも負けない珠世をきっちりと演じていたと思う。 有名な作品なのでTVシリー・・・
続きを読む
原作を読むと、島田陽子演じる珠世は絶世の美女中の美女と書かれているが、 その原作の過大な評価にも負けない珠世をきっちりと演じていたと思う。 有名な作品なのでTVシリーズなどで映像化されているが、島田陽子を超える珠世はいないと思う。 あと高峰三枝子の存在感はさすが。 戦争という恐ろしい魔物がこの一家を滅ぼしたという観点から見ても 面白いかもしれない。 川口晶は原作からするとミスキャストだが、脇役だからね。 がまガエルはやりすぎで、市川監督の趣味を感じる。
隠す
  
 
[014]悪魔の手毬唄
 横溝作品の傑作トラのひげ2017-01-21
 
そこまでして殺人を犯すか?という原作が多い横溝正史の作品の中でも、 この作品は犯人の動機が理解できる哀愁を感じる作品。 原作とラストはちょっと違っていたが、なかなかよ・・・
続きを読む
そこまでして殺人を犯すか?という原作が多い横溝正史の作品の中でも、 この作品は犯人の動機が理解できる哀愁を感じる作品。 原作とラストはちょっと違っていたが、なかなかよくまとまっていた。 岸恵子、若山富三郎ともに名演。
隠す
  
 
[015]マレフィセント
 真実の愛について考える。トラのひげ2014-07-24
 【ネタバレ注意】
ディズニーらしい解釈といえば解釈だが、マレフィセントの真実の姿を描くのは良いとしても、王をあそこまで貶めるのはいかがなものか? やっぱり悪役は必要だとしても、別にそ・・・
続きを読む
ディズニーらしい解釈といえば解釈だが、マレフィセントの真実の姿を描くのは良いとしても、王をあそこまで貶めるのはいかがなものか? やっぱり悪役は必要だとしても、別にそれが王じゃなくてもいいと思ったし。 (オーロラ姫の実の父親だし・・・) 何かの比喩を描くとしたら、親子愛ってのも入れてほしかった気がする。 ただ映像は素晴らしかった。それは認めます!
隠す
  
 
[016]ペントハウス
 チェックメイト!トラのひげ2014-01-14
 【ネタバレ注意】
ご都合主義な典型的なハリウッドのコメディ映画だけど、 軽く楽しめるのはいいかも。 もう少し心理的なハラハラ感があれば、もう少し点数が上がったのにと思っています。 たと・・・
続きを読む
ご都合主義な典型的なハリウッドのコメディ映画だけど、 軽く楽しめるのはいいかも。 もう少し心理的なハラハラ感があれば、もう少し点数が上がったのにと思っています。 たとえば、あの苦労して開けた金庫にはやはり何かが入っていて、それが さらに大金につながるという設定にした方が良いのにとは思いました。 車が金で出来ているのなら、キレて壊した時に普通気づくはずだしね。 (後でも簡単にわかりすぎ・・・) あとエディ・マーフィーの役柄がちょっと中途半端なのと、真面目な主人公との接点がいま一つわかりにくいというか・・・。 それにしてもエディ・マーフィは老けないよね。そこはスゴイです。
隠す
  
 
[017]サイコ
 本家本元。トラのひげ2013-05-03
 
「ヒッチコック」を見てから本作を見直すと、アルマ・レヴィルの名前がないことに無知を感じる。・・・ 「中盤ではなく、最初の30分で殺すのよ・・・」 アンソニー・パーキ・・・
続きを読む
「ヒッチコック」を見てから本作を見直すと、アルマ・レヴィルの名前がないことに無知を感じる。・・・ 「中盤ではなく、最初の30分で殺すのよ・・・」 アンソニー・パーキンス、ある意味とてつもない悲劇役者になる。役柄でも、実際にも。
隠す
  
 
[018]ヒッチコック
 ちょっと物足りなかったかな。トラのひげ2013-04-11
 
一番の興味はやっぱりアンソニー・ホプキンス演じるヒッチがどれぐらい似てるかという事だったが、やはりどうしてもレクター博士の影があるのか?ちょっとユーモア感に欠ける感・・・
続きを読む
一番の興味はやっぱりアンソニー・ホプキンス演じるヒッチがどれぐらい似てるかという事だったが、やはりどうしてもレクター博士の影があるのか?ちょっとユーモア感に欠ける感じは否めなかった。熱演だけれども。・・・ 妻のアルマは実際はもっと小柄な人だったかもしれないが、やはりさすがのヘレン・ミレン。こちらは素晴らしい演技だったと思う。 脇役もそれぞれいいが、「サイコ」のメイキングのストーリーなのに、アンソニー・パーキンスの扱いがちょっと薄すぎだったと思う。 カラスがヒッチの肩に止まるラストはしゃれているが、夫婦愛を確かめた後に、ティッピ・ヘドレンに目を奪われるヒッチの姿がラストに出てくる演出の方が、もっとヒッチらしくて良かったのになとは思った。
隠す
  
 
[019]アーティスト
 なんだかな。トラのひげ2013-03-09
 
言いたいことはすべてクリモフさんが完璧にコメントしていただいていますが、オスカーをとったので(遅ればせながら)かなり期待して見ましたが、 確かに音楽、雰囲気、役者の・・・
続きを読む
言いたいことはすべてクリモフさんが完璧にコメントしていただいていますが、オスカーをとったので(遅ればせながら)かなり期待して見ましたが、 確かに音楽、雰囲気、役者の演技はよくても、肝心のストーリーに全然感情移入できないので、別にたいして感動もできない。 主人公の二人しかハリウッドにスターはいないのか? あまりにもあざとい。
隠す
  
 
[020]アウトロー
 どんだけ石頭なんだ?トラのひげ2013-02-28
 
冒頭の銃撃シーンと、終盤の銃撃戦はかなり迫力あり。 全体的にストーリーも面白く、集中して見れる。 ただやはりトム・クルーズだからか、あまりにも非常識に強すぎ。 普通あ・・・
続きを読む
冒頭の銃撃シーンと、終盤の銃撃戦はかなり迫力あり。 全体的にストーリーも面白く、集中して見れる。 ただやはりトム・クルーズだからか、あまりにも非常識に強すぎ。 普通あんだけバットで殴られたらアーミーでもかなり怪我するんじゃないのかな〜。車もいつまでも走るし。 だけどトム・クルーズなのでしょうがないのかな。 現代版西部劇なんだね。
隠す
  
 
[021]マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙
 (無題)トラのひげ2012-04-11
 
メリル・ストリープの演技は思った通り、現役の頃も、晩年も素晴らしかったが男社会の英国でなぜ彼女が首相になれたのかという一番肝心なところが 全然伝わってこなかった。 惜・・・
続きを読む
メリル・ストリープの演技は思った通り、現役の頃も、晩年も素晴らしかったが男社会の英国でなぜ彼女が首相になれたのかという一番肝心なところが 全然伝わってこなかった。 惜しい作品であると思う。
隠す
  
 
[022]アルフレッド・ヒッチコック
 スリラーの巨匠トラのひげ2011-01-31
 
1954年はグレース・ケリーの主演作3本。こんなに続けてケリーを出演させていたのですね。 1960年の「サイコ」から1963年の「鳥」までちょっと期間があいているの・・・
続きを読む
1954年はグレース・ケリーの主演作3本。こんなに続けてケリーを出演させていたのですね。 1960年の「サイコ」から1963年の「鳥」までちょっと期間があいているのはヒッチコック劇場が忙しかったから? 好きというよりまた見たい、そんな作品ばかりだと思っています。
隠す
  
 
[023]デス・プルーフ in グラインドハウス
 やっぱ下品、でも面白い。トラのひげ2010-07-11
 
車屋のオッサンの相手をするはめになったリーはどうなったのかな〜 急にTHE・ENDになったのはビックリしたが、古い作品はこんな終わり方も多かったですものね。 ゾーイの・・・
続きを読む
車屋のオッサンの相手をするはめになったリーはどうなったのかな〜 急にTHE・ENDになったのはビックリしたが、古い作品はこんな終わり方も多かったですものね。 ゾーイのスタントシーンは大迫力、スタントマンがスタントウーマンを襲って 返り討ちに合うのがなかなか面白かったです。
隠す
  
 
[024]エクソシスト/ディレクターズ・カット版
 ディレクターズ・カット版トラのひげ2009-02-28
 
いわずと知れたオカルト映画の傑作だが、このディレクターズ・カット版を見直すと、あまり恐怖感を感じることもなく冷静に見ることが出来た。 とにかく今まで印象に残っていた・・・
続きを読む
いわずと知れたオカルト映画の傑作だが、このディレクターズ・カット版を見直すと、あまり恐怖感を感じることもなく冷静に見ることが出来た。 とにかく今まで印象に残っていたのは緑色のゲロとか360度ぐるりと回転する首とか、空中に浮かぶ姿とあのすさまじい顔と声。 見直してみると、もちろんそれらには今でもびっくりさせられるのだが、母親の苦悩、カラス神父の個人的な苦悩など人間ドラマの深さに再度感銘を受けた。 この少女は悪魔に憑依されてしまったのだが、世間には「多重人格」という恐怖も実際にあり、見ているだけで目をそむけたくなる病院での検査を見ると、悪魔払いとはまた違った恐怖感を覚えたのも新しい発見だった。 警部役の名優リー・J・コップがまたいい味を出していて、この恐ろしい作品にちょっとした安堵感を与えている。 さらにメリン神父を演じたマックス・フォン・シドーはこの老神父の苦悩を見事に演じていた。 ラストに近いところで、このディレクターズカット版に追加されたカラス神父とメリン神父の会話の部分があるが、カラス神父が悪魔につけこまれる苦悩をあらわしていて、オリジナルではなぜこんな重要なシーンをカットしてしまったのだろうかと思った。 逆にイロモノとも言えるスパイダーウォークには違和感を覚えたが、ロードショー当時に入れていたらもっと観客の度肝を抜いていた事だろう。 ラストに近いところで、一人リーガンの部屋に入ったメリン神父がさりげなくリーガンにふとんをかけてあげ、震える手で十字架にキスするシーンは哀愁にあふれていた。 作品のポスターの背景にもなっているメリン神父がタクシーから降り立つシーンには格調高いオカルト映画の雰囲気が感じられ、特に好きなシーンでもある。
隠す
  
 
[025]リンダ・ブレア
 リーガントラのひげ2009-02-26
 
スタントや吹き替えを使った役ではあるけど、やっぱり今見ても「エクソシスト」の演技はすごい。メイクだけではない凄みのある目、悪魔のそれでしかなかった。 でもその後は作・・・
続きを読む
スタントや吹き替えを使った役ではあるけど、やっぱり今見ても「エクソシスト」の演技はすごい。メイクだけではない凄みのある目、悪魔のそれでしかなかった。 でもその後は作品にもあまり恵まれず、普通のおばさんになってしまったのだろうか。
隠す
  
 
[026]マックス・フォン・シドー
 老人神父トラのひげ2009-02-25
 
エクソシストを演じていたときに44歳であったことを考えると、今さらならすごい演技だと思う。 冒頭のイラクの場面での歩き方などどう見ても60歳すぎにしか見えない。 あれ・・・
続きを読む
エクソシストを演じていたときに44歳であったことを考えると、今さらならすごい演技だと思う。 冒頭のイラクの場面での歩き方などどう見ても60歳すぎにしか見えない。 あれから30年以上たってハイジのおじいさん役をやってるのだから恐れ入る。
隠す
  
 
[027]レディ・イン・ザ・ウォーター
 理解できず。トラのひげ2006-11-08
 
好意的な意見が多いのにまず驚いています。ガラガラの館内で見ましたが、途中で眠くて眠くて、正直全く面白くなかった。 シックス・センスが観客をドキドキさせる最上の作品だ・・・
続きを読む
好意的な意見が多いのにまず驚いています。ガラガラの館内で見ましたが、途中で眠くて眠くて、正直全く面白くなかった。 シックス・センスが観客をドキドキさせる最上の作品だとしたら、この作品は観客を眠くさせる最上の作品ではないのか? ひとりよがりのおとぎ話を見て楽しむ人間がどれだけいるのか、 ビデオやDVDを見てからどんな感想のコメントが増えていくのかな。・・・
隠す
  
 
[028]野獣死すべし
 スケールが小さいトラのひげ2006-11-07
 
はじめに言うと、この作品は原作をほとんど無視して作られている。共通するのは伊達邦彦という主人公の名前と、銀行強盗の犯罪のみ。ただ、強盗の内容も原作の方が圧倒的にスケ・・・
続きを読む
はじめに言うと、この作品は原作をほとんど無視して作られている。共通するのは伊達邦彦という主人公の名前と、銀行強盗の犯罪のみ。ただ、強盗の内容も原作の方が圧倒的にスケールが大きい。というか、原作をそのまま映画化することは無理だろうけど。 どんどん人を殺していくという描写は原作の方がもっと冷酷だろう、でも大きな違いは主人公は父親と妹の復讐の為に大きな野望を持って犯罪を犯していることだ。 小林麻美が演じる秘書も、鹿賀丈史が演じる真田も原作の人物とは全く違う、秘書も妙に清純な感じの人物に変えてしまっているし、(原作よりはずっといい扱いですよ。)脚本としてもっと面白い作品に出来たはずなのに残念。 松田優作の目の演技のすごさ、リップバンウィンクルのくだりの妙な緊張感など(ディア・ハンターの影響か?)この映画独特の良いところもあるが、原作の方がずっと面白い。 意味もなく長ったらしいクラシック・コンサートのシーンにもうんざりさせられる。 松田優作は役になりきる為に足をけずりたいとまで言っていたそうだが、この脚本ではあまり意味がないのでは・・・天国の優作さんごめんなさい。
隠す
  
 
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION