allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「ドミニク」さんのコメント一覧 登録数(45件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]木村拓哉
 ハーポ・マルクスドミニク2008-08-16
 
最近のキムタク、まさに日本のハーポ・マルクスだね。この意味、分かってほしいけど、分かんないだろうな。
  
 
[002]イヴェット・ミミュー
 イベット・ミメオだよドミニク2008-07-31
 
この人、全盛期の60年代はMGM(日本の)映画がイベット・ミメオとして売り出していたのに、近代映画者が「イベット・ミミュー」とか難癖つけたのを皮切りに、色んな発音が出てい・・・
続きを読む
この人、全盛期の60年代はMGM(日本の)映画がイベット・ミメオとして売り出していたのに、近代映画者が「イベット・ミミュー」とか難癖つけたのを皮切りに、色んな発音が出ていて、そのおかげで検索が難しく、日本人にはまったく人気がなくなってしまったけのだけど、昔のアメリカの予告編とかはしっかりミメオと紹介しているよ。ちなみに、アメリカでミミューといっても通じなくて、ミメオ、ミミアと発音したら、通じます。何か、ミミューだといいたいね。
隠す
  
 
[003]ノストラダムスの大予言
 変な映画ドミニク2007-06-03
 
ソフト化が難しいとのことで一部で妙な評価をされている映画だけど、そんな価値があるのかいな。とにかく変な映画で、馬鹿げている。問題になっているミュータントの場面は大し・・・
続きを読む
ソフト化が難しいとのことで一部で妙な評価をされている映画だけど、そんな価値があるのかいな。とにかく変な映画で、馬鹿げている。問題になっているミュータントの場面は大したことないのだが、ニューギニアでヒルとかに襲われた探検隊が洞窟で生きていたり、未来に希望を持てない若者たちがサイケな衣装で死の航海に出たりする、ミョーな場面の連続。バカの作った映画として公開した方がむしろいいと思う。株主優待券で従兄弟たちを連れて劇場に行ったのだけど、今でも彼らに笑われています。例のニューギニアの探検隊もシーンも、何でコケが生えているのなんて言われたものだけど、子供の方が利口だったと思う。
隠す
  
 
[004]白蛇伝
 リミックスを望むドミニク2007-06-02
 
名作だと思うし、絵的にも好きだが、森繁と宮城の声だけでは、今の感覚では稚拙なイメージがあるし、音楽の臨場感もない。DVDとかビデオで観ていて、今の世代じゃきついと思う・・・
続きを読む
名作だと思うし、絵的にも好きだが、森繁と宮城の声だけでは、今の感覚では稚拙なイメージがあるし、音楽の臨場感もない。DVDとかビデオで観ていて、今の世代じゃきついと思う。これこそ、新しい声優を使って、音楽とかリミックスする価値があるのではないか。東映はこの映画をお宝と思っていないようだが、ディズニー的な再活性の価値のある作品だと思うよ。
隠す
  
 
[005]リユニオン-再会-
 もうすぐ20年かドミニク2007-05-07
 
偶然この作品のチラシが出てきて、ジェーソン・ロバーツの回顧ほど大袈裟じゃないけど、公開時の感動が蘇えった。ナチスを背景に描いた映画には傑作が多いけど、この作品もその・・・
続きを読む
偶然この作品のチラシが出てきて、ジェーソン・ロバーツの回顧ほど大袈裟じゃないけど、公開時の感動が蘇えった。ナチスを背景に描いた映画には傑作が多いけど、この作品もその一つ。二人の若者の数奇な運命がバックグラウンドにしっかり描かれて、最後は本当に泣いてしまった。当時流行っていた英国○美青年(こういう言葉って、本当に恥ずかしいよね)ものの傾倒に入るけど、入れて語られないのは、この映画がもっとシリアスだったかも。同性愛の映画じゃないけど、それになる前の微妙な若者の気持ちも清々しかった。アンホルトとウェストは、しっかりキャリアを積んでいると思うし、多分、ロンドンのステージで頑張っていることだろう。先に書いたお二方の気持ち、分かります。もう一度観てみたい。
隠す
  
 
[006]犬神家の一族
 音楽の効果ドミニク2007-04-30
 
大野雄二の音楽の素晴らしさは異論ないし、大作だと思うし、角川映画が日本のメディア・ミックスの流れを作ったターニング・ポイントの作品と言えるが、あえて力説すれば、市川・・・
続きを読む
大野雄二の音楽の素晴らしさは異論ないし、大作だと思うし、角川映画が日本のメディア・ミックスの流れを作ったターニング・ポイントの作品と言えるが、あえて力説すれば、市川監督の作品では中クラス。ミステリとしては意外性もないし。不思議なのは、公開当時かなり批判されていたのに、リメイクされてから名作になってしまった点だ。
隠す
  
 
[007]SHINOBI
 飛行機で観たが・・・ドミニク2007-04-30
 
飛行機で観たが、あまりにも辛くで15分ほどで止めた。降りた後、同行の友人たちも同じことを言っていた。俳優とかいい人を使っていて、こんな出鱈目な脚本で映画を作ったことに驚く。
続きを読む
飛行機で観たが、あまりにも辛くで15分ほどで止めた。降りた後、同行の友人たちも同じことを言っていた。俳優とかいい人を使っていて、こんな出鱈目な脚本で映画を作ったことに驚く。
隠す
  
 
[008]RED SHADOW 赤影
 ごめんなさいドミニク2007-04-30
 
自分で金払った映画は、無理しても最後まで観る主義だが、この映画は辛くてついに劇場から退場した。観る前に買ったパンフとか、もったいなくて一週間ほど損した気分だった。別・・・
続きを読む
自分で金払った映画は、無理しても最後まで観る主義だが、この映画は辛くてついに劇場から退場した。観る前に買ったパンフとか、もったいなくて一週間ほど損した気分だった。別にテレビ版のファンじゃないけど、東映はお宝を捨てたようなもの。安藤の映画はいい作品が多いが、これは例外だよな。ちなみに、彼が「ごめんなさい」と無意味に言った後に退場したので、その後よくなったという人は教えてほしい。お友だちの多い監督のようだが、カツゼツの悪い前の海とか、本当にがっかりする映画だった。
隠す
  
 
[009]雅子
 貞子より怖いドミニク2007-04-22
 
やはり「リング」の1&2の強烈な印象がすごい。役柄のせいもあるが、昔の白石加代子のようなあぶない生理感覚を持っていると思う。例えば、テレビでもパロディにしたら受けるあ・・・
続きを読む
やはり「リング」の1&2の強烈な印象がすごい。役柄のせいもあるが、昔の白石加代子のようなあぶない生理感覚を持っていると思う。例えば、テレビでもパロディにしたら受けるあのキャラで売り出せば、結構売れたのに。何かもったいないな。ただし、ご本人はそういうブームに乗るタイプではないのだろう。着実なフィルモグラフィーもあるしね。
隠す
  
 
[010]大帝の剣
 教えて下さいドミニク2007-04-10
 
原作のファン向けなのか。主役の阿部さんを想定したのだろうか。どんな理由にせよ、すごいよ。マーケティングしているのかいな。決して、阿部さん、嫌いではないのだが、彼の主・・・
続きを読む
原作のファン向けなのか。主役の阿部さんを想定したのだろうか。どんな理由にせよ、すごいよ。マーケティングしているのかいな。決して、阿部さん、嫌いではないのだが、彼の主役でこういう映画が受けると思う映画人がいることがすごい。作品というより、興行成績の行方の方が気になる。
隠す
  
 
[011]怪談
 国宝ですドミニク2007-04-09
 
何度観てもすごい映画。画家の名画の如くすべてが絵画のような素晴らしさだ。日本映画黄金期の名優から武満の音楽、戸田重昌の美術まで、すべてがアート。プロダクションがつぶ・・・
続きを読む
何度観てもすごい映画。画家の名画の如くすべてが絵画のような素晴らしさだ。日本映画黄金期の名優から武満の音楽、戸田重昌の美術まで、すべてがアート。プロダクションがつぶれるほど贅沢な作品だけに、これからこの作品を越える映画は作れまい。確かリバイバル時は短縮版だったが、オリジナルがDVD化されているのは嬉しい。こりゃ、国宝です。
隠す
  
 
[012]悪魔の手毬唄
 永野友紀子ドミニク2007-04-05
 
市川監督の横溝ものでは一番好き。ミステリ的な部分では唖然とするけど、メロ・ドラマとしてはいい。寒々とした村の雰囲気もよく出ているし。ただ、気張る北が他の役者だったら・・・
続きを読む
市川監督の横溝ものでは一番好き。ミステリ的な部分では唖然とするけど、メロ・ドラマとしてはいい。寒々とした村の雰囲気もよく出ているし。ただ、気張る北が他の役者だったらなぁ、DVD買ったかも知れない。東宝の市川監督の横溝シリーズは、話より殺される女が綺麗に演出されていることだけど、印象に残った女優ほど大成していないんだな。パッケージとかやたら出てくるこの映画の永野裕紀子は本当にステキ(樽の中で死んでいるだけなんだけど)だが、その後語られないのが気の毒だ。「獄門等」の浅野を除く2人もステキだったのに。
隠す
  
 
[013]モーリス
 未公開シーンドミニク2007-04-03
 【ネタバレ注意】
製作されてからもう20年経つんだ。同性愛がタブー視(今でも変わらないのだろうが)されていた時代の話だから、出てくる男も女も本当の愛を貫けなくて滅入ってしまうが、ラストは・・・
続きを読む
製作されてからもう20年経つんだ。同性愛がタブー視(今でも変わらないのだろうが)されていた時代の話だから、出てくる男も女も本当の愛を貫けなくて滅入ってしまうが、ラストは泣けるなぁ。二つの道を選ぶ男たちと、彼らに関わる人たちの人生が凝縮されているような気がした。海外で出ているDVDには未公開場面がかなり収録されているけど、本編以上にモーリスのホモセクシュアルの部分が描かれている。それを加えたら、もっと違う印象の映画になっただろう。つまり、最終的 にゲイ映画というより文芸映画に落ち着いたわけ。だから、日本の女性に受けたんだね。
隠す
  
 
[014]悪魔のいけにえ2
 バカさ加減ドミニク2007-03-25
 
バカさ加減でいえば、ベストの映画でしょう。オープニングのダンスしているようなハード・コア・シーンから、伝説のバトルまで、これほど笑えるホラーはないっす。
  
 
[015]あらかじめ失われた恋人たちよ
 桃井かおりのヘアードミニク2007-03-25
 
60年代の不条理を語る上で欠かせない清水が残した名作。あえて「朝まで…」のあの人の作品とはいいたくない。テンメイはどうでもいいが、桃井の脱ぎっぷりはあっぱれだった。DVD・・・
続きを読む
60年代の不条理を語る上で欠かせない清水が残した名作。あえて「朝まで…」のあの人の作品とはいいたくない。テンメイはどうでもいいが、桃井の脱ぎっぷりはあっぱれだった。DVD化の際は、ヘアーを公開したほしい。誰も喜ばなくても、彼女の開放感は素晴らしい。
隠す
  
 
[016]誰も知らない
 立派だドミニク2007-03-25
 
こういうテーマの映画に情熱を注ぐ人たちがいることに敬意を表したい。笑っているのか、苦しんでいるのか、分からないような柳楽の不思議な演技を引き出した是枝監督のねばり強・・・
続きを読む
こういうテーマの映画に情熱を注ぐ人たちがいることに敬意を表したい。笑っているのか、苦しんでいるのか、分からないような柳楽の不思議な演技を引き出した是枝監督のねばり強さがミラクルを生んだと思う。
隠す
  
 
[017]黄金の7人・1+6/エロチカ大作戦
 イタリアの美女ドミニク2007-03-25
 
定説になっているように下品な映画だが、目玉クリクリであの最中に死ぬ女性とか、イタリアならではの美女はステキです。フェリーニの世界に通じると言ったら笑われるかな。
  
 
[018]宇宙大怪獣ドゴラ
 夏木さんのコメンタリードミニク2007-03-25
 
特撮ファンの評価をリスペクトした上で、やっぱりスケールが小さい。九州を舞台にした点など、どうしてもローカルだし。でもスキなんだ。若林映子って、本当に悪女にふさわしい・・・
続きを読む
特撮ファンの評価をリスペクトした上で、やっぱりスケールが小さい。九州を舞台にした点など、どうしてもローカルだし。でもスキなんだ。若林映子って、本当に悪女にふさわしいキャラ。ボンド・ムービーでカリン・ドールの役とかやってほしかったね。DVDで面白いのは、夏木さんのコメンタリー。まったくこの映画の記憶がないようだけど、この人、ファンキーだよ。
隠す
  
 
[019]昆虫大戦争
 ドキュメンタリー版ドミニク2007-03-25
 
すいません。川津さんに敬意を表して書き込んだつもりが、ドキュメンタリー版に間違えてしまいました。あっちも「昆虫大戦争」だっとは不覚でした。ちなみに、そっちは飯田橋の・・・
続きを読む
すいません。川津さんに敬意を表して書き込んだつもりが、ドキュメンタリー版に間違えてしまいました。あっちも「昆虫大戦争」だっとは不覚でした。ちなみに、そっちは飯田橋の名画座で観たのですが、再見したいとは思わないなぁ。
隠す
  
 
[020]大自然の闘争/驚異の昆虫世界
 川津さんのインタビュードミニク2007-03-25
 
「ゴケミドロ」的松竹ホラーを期待するとトホホもいいところの珍品。カルト・ムービーとして勝手な楽しみが可能かというと、それほど価値もないし。DVDでインタビューに応じた・・・
続きを読む
「ゴケミドロ」的松竹ホラーを期待するとトホホもいいところの珍品。カルト・ムービーとして勝手な楽しみが可能かというと、それほど価値もないし。DVDでインタビューに応じた川津さんの真面目な発言に驚く。この人のファンなもので。
隠す
  
 
[021]バトル・ロワイアル
 美しい景色をバックにドミニク2007-03-25
 
必至に逃げる人々のバックに美しい嶋の風景が。誰にも見つからないように逃亡するはずなのに、スキのあるシーンの連続が続く。映画だから独特の世界があってもいいはずだが、ス・・・
続きを読む
必至に逃げる人々のバックに美しい嶋の風景が。誰にも見つからないように逃亡するはずなのに、スキのあるシーンの連続が続く。映画だから独特の世界があってもいいはずだが、ストーリーのバックグラウンド無視の演出を評価していいものか。バイタリティを感じだけに、残念な気がした。
隠す
  
 
[022]バトル・ロワイアル II〜鎮魂歌(レクイエム)〜
 オヤジの弔いドミニク2007-03-25
 
「ゲド戦記」もそうだが、二世もので映画が出来てしまうことに驚く。前作自体映画的セオリーを無視している妙な作品だったが、さらに困った映画だ。こういう作品にお金を払うの・・・
続きを読む
「ゲド戦記」もそうだが、二世もので映画が出来てしまうことに驚く。前作自体映画的セオリーを無視している妙な作品だったが、さらに困った映画だ。こういう作品にお金を払うのはキツいので、当日返却のレンタルで観たけど、やっぱり自分勝手な映画の域を出ていない。この先入観を覆す作品だったらよかったのだが。
隠す
  
 
[023]フラガール
 常磐ハワイセンタードミニク2007-03-20
 
こういう映画を作る人の良心って、ステキだと思う。出てくる人たちの人間模様がしっかり描かれているし、先が分かっても不快じゃないし。ただ、トヨエツのケツは余分だよな。多・・・
続きを読む
こういう映画を作る人の良心って、ステキだと思う。出てくる人たちの人間模様がしっかり描かれているし、先が分かっても不快じゃないし。ただ、トヨエツのケツは余分だよな。多分、吹き替えなんだろうが、あのシーンだけカットが不自然で、吹き替えしている人の恥ずかしさが伝わってきちゃう。それから、常磐ハワイアンセンターって、山本陽一の青春映画(「パンツの穴」か「ヤッチャン」だったか)を思い出します。
隠す
  
 
[024]スウィングガールズ
 好きだなあドミニク2007-03-20
 
DVD持っているけど、TVとかで放映されたらついつい観ちゃうんです。練りに練った脚本とか、さわやかな俳優とか、親しみのある方言とか、いいな、こういうの。日本映画の一つの・・・
続きを読む
DVD持っているけど、TVとかで放映されたらついつい観ちゃうんです。練りに練った脚本とか、さわやかな俳優とか、親しみのある方言とか、いいな、こういうの。日本映画の一つのジャンルだ。
隠す
  
 
[025]もしも昨日が選べたら
 西田敏明の歌みたいドミニク2007-03-20
 
このタイトル付けた人、後々まで書かれそう。センスを疑うよね。映画の内容はアメリカ人の中流階級以上にありがちな家族の絆。クリストファー・ウォーケンの怪演と、ショーン・・・・
続きを読む
このタイトル付けた人、後々まで書かれそう。センスを疑うよね。映画の内容はアメリカ人の中流階級以上にありがちな家族の絆。クリストファー・ウォーケンの怪演と、ショーン・アスティンのビキニなど、随所に変なユーモアがあってよろしい。
隠す
  
 
[026]武士の一分(いちぶん)
 笹野さんドミニク2007-03-19
 
山田監督は才能がある人だが、正直、武田鉄也とか当方が大嫌いなタレントをよく使う。個人のセンスの問題だからとやかく言いたくないけど、木村に媚売るほどのポジションじゃな・・・
続きを読む
山田監督は才能がある人だが、正直、武田鉄也とか当方が大嫌いなタレントをよく使う。個人のセンスの問題だからとやかく言いたくないけど、木村に媚売るほどのポジションじゃないでしょ。プロモのためにやたら持ち上げていたのには閉口したが、色んな賞を笹野が獲ったのは当然。木村を持ち上げた芸能レポーターが笹野を評価したのか。ただ、レポーターに比べてキネ旬とかの映画ジャーナリストはまだ常識があったんだなと思う。木村以外の俳優だったら、どうだったんだろうと思うと、気の毒な映画だと思う。
隠す
  
 
[027]初恋(ファースト・ラブ)
 (無題)ドミニク2007-03-15
 
他のヨーロッパの監督だったら、もっとエロチィックに描いただろうが、マクシミリアンって誠実なんだなぁ。永遠の文芸青年による文芸映画。
  
 
[028]ピーター・グリーナウェイの枕草子
 日本人より日本的ドミニク2007-03-14
 
公共放送の大河ドラマによく出てくる鬘そのものの平安美女より、この映画の吉田日出子の方がリアル。ユアンを筆頭に皆さん(特に男性陣)、よく全裸になれるなぁ。グリーナウェイ・・・
続きを読む
公共放送の大河ドラマによく出てくる鬘そのものの平安美女より、この映画の吉田日出子の方がリアル。ユアンを筆頭に皆さん(特に男性陣)、よく全裸になれるなぁ。グリーナウェイって、そんなにカリスマでしょうか。寺山修司もその傾向があったけど。
隠す
  
 
[029]四谷怪談
 綺麗な映画ドミニク2007-03-14
 
主役のお岩以下、ほとんどの女性が死んでしまうが、死に様が綺麗に描かれている。「四谷怪談」の映画化では評価が低い作品だが、格調の高さでは価値があると思う。ただ、最初に・・・
続きを読む
主役のお岩以下、ほとんどの女性が死んでしまうが、死に様が綺麗に描かれている。「四谷怪談」の映画化では評価が低い作品だが、格調の高さでは価値があると思う。ただ、最初にTV放映された時はカットがひどくてびっくりした。映像のクオリティも低かったし。劇場できちんとした形で観るべき作品だと思う。
隠す
  
 
[030]他人の顔
 武満の音楽ドミニク2007-03-14
 
監督の勅使河原と脚本の公房のコンビの中では、もっとも好きな作品だ。もちろん「砂の女」も素晴らしいが、DVD等で繰り返し観てしまうのはこちら。全編近代絵画を観るようなア・・・
続きを読む
監督の勅使河原と脚本の公房のコンビの中では、もっとも好きな作品だ。もちろん「砂の女」も素晴らしいが、DVD等で繰り返し観てしまうのはこちら。全編近代絵画を観るようなアートの中にドラマが凝縮されている。武満の音楽がこれを見事に盛り上げるんだな。前田美波理の劇中歌は、日本映画が生んだ最高の名曲だ。
隠す
  
 
 1 2次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION