allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「パゾリーニ」さんのコメント一覧 登録数(38件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]あの胸にもういちど
 上映方式についてパゾリーニ2018-07-24
 
2018/7/23(月)の昨夜、渋谷の映画館で「デジタル・リマスター版DCP上映」(と謳っていた)を観たのですが、お皿(Blu-ray?)の上映だったのでは? というのは最後にチラッと「メニュ・・・
続きを読む
2018/7/23(月)の昨夜、渋谷の映画館で「デジタル・リマスター版DCP上映」(と謳っていた)を観たのですが、お皿(Blu-ray?)の上映だったのでは? というのは最後にチラッと「メニュー画面」が出てましたから。サイトを見ると初日の21日にデータ事故があり、途中で中止になり、22日は復旧しました、とある。綺麗な画質で映画を観たかったのでとても残念でした。(内容は取りあえず置いときます) 出来れば35ミリのニュープリントで観られれば最高ですが、それは今時贅沢過ぎるとは思っています。面白い映画を、良い画質で、映画館で観るのが(膨大にあるのに)段々と出来なくなって来て寂しい限りです。 本当のところはどうなのでしょう?? DCP上映なら、(お皿によくある)メニュー画面は無いですよね?
隠す
  
 
[002]ある映画監督の生涯 溝口健二の記録
 素晴らしい演出力パゾリーニ2018-07-09
 
ほとんどインタビューだけで、溝口健二という人物像を浮かび上がらせた演出力、構成力の素晴らしさに感嘆しました。と同時に、同じ空気を吸った人間にして出来ない作品だと強く・・・
続きを読む
ほとんどインタビューだけで、溝口健二という人物像を浮かび上がらせた演出力、構成力の素晴らしさに感嘆しました。と同時に、同じ空気を吸った人間にして出来ない作品だと強く思いました。溝口映画をまた一から見直す楽しみが出来ました。ありがとうございます。
隠す
  
 
[003]ゲゲゲの女房
 まったり感が良いパゾリーニ2018-06-01
 
水木しげるのまったり感が、観ていて気持ち良い。この世界観がなかなか面白い。そして底にある意地も垣間見えて、面白い作品になっている。ただ、途中出て来る妖怪との絡みが少・・・
続きを読む
水木しげるのまったり感が、観ていて気持ち良い。この世界観がなかなか面白い。そして底にある意地も垣間見えて、面白い作品になっている。ただ、途中出て来る妖怪との絡みが少しミスマッチの感あり。出し方にもうひと工夫あれば良かったと思うので惜しい。
隠す
  
 
[004]ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
 時代が下った民主主義パゾリーニ2018-04-10
 
あからさまに語られる時代になってしまった現在、誰のための、誰にとっての民主主義か? の問いに答えられなくなってしまった現代、かなり苦しい映画であると思いました。それを・・・
続きを読む
あからさまに語られる時代になってしまった現在、誰のための、誰にとっての民主主義か? の問いに答えられなくなってしまった現代、かなり苦しい映画であると思いました。それを除けば「面白い」映画ですが、そうは簡単に言える映画ではないので。「オヤジ、後ろは川だよ」(寺山修司が、黒澤が「どですかでん」を創った時に評論した文章のタイトル。これがはまる気がします。
隠す
  
 
[005]
 後悔は共感するパゾリーニ2018-04-02
 
ああ〜、ああしておけば〜、何てっこった!ということが多くの共感を呼んだんですね。
  
 
[006]イージー・ライダー
 チョッパーパゾリーニ2017-12-08
 
この映画の後、日本中のオートバイのハンドルが、8割はチョッパーハンドルになったと思います。「ビートルズ後のロングヘア」「燃えよドラゴン後のカンフーシューズ」……、ぼく・・・
続きを読む
この映画の後、日本中のオートバイのハンドルが、8割はチョッパーハンドルになったと思います。「ビートルズ後のロングヘア」「燃えよドラゴン後のカンフーシューズ」……、ぼくの人生の「三大カルチャーショック」です。(なんか、ちと寂しいかな?) 映画の内容は、ここでは書き切れないので置いときます。
隠す
  
 
[007]流れる
 おそれ入谷の鬼子母神パゾリーニ2017-09-29
 
大きな事件が起きるでもなし(怖いおじさんの因縁くらい)、スケールの大きい風景が現れるでもなし、ハラハラドキドキのスリル、ミステリーでもなし、楽しい音楽が鳴り響くでもな・・・
続きを読む
大きな事件が起きるでもなし(怖いおじさんの因縁くらい)、スケールの大きい風景が現れるでもなし、ハラハラドキドキのスリル、ミステリーでもなし、楽しい音楽が鳴り響くでもなし……けれど2時間、始めから終わりまで目が離せず、何だか胸が熱くなり、人がいとおしくなる。これはいったい何なんでしょう?! 成瀬巳喜男の力量に驚嘆するしかない。もちろん、俳優陣、そしてスタッフの総合力に、ただただおそれ入谷の鬼子母神です。
隠す
  
 
[008]真夜中のカーボーイ
 アイラブbinbowパゾリーニ2017-03-18
 
ある日突然また観たくなった、貧乏を確認したかったのである。観て、ジョーなる人物をもっと知りたくて小説を読んだ。こりゃ映画と小説のセットが良い、そう思った。出来は決し・・・
続きを読む
ある日突然また観たくなった、貧乏を確認したかったのである。観て、ジョーなる人物をもっと知りたくて小説を読んだ。こりゃ映画と小説のセットが良い、そう思った。出来は決して良い映画だとは思いませんが、大好きな世界です。
隠す
  
 
[009]愛の嵐
 究極の人間パゾリーニ2016-08-25
 
ビデオで何回も観てますが、観るたびに傑作度上がってます。マックスは、歪んではいますが、彼自身が言っている様に彼にとってルチアは「天使」であることに嘘はないのでしょう・・・
続きを読む
ビデオで何回も観てますが、観るたびに傑作度上がってます。マックスは、歪んではいますが、彼自身が言っている様に彼にとってルチアは「天使」であることに嘘はないのでしょう。彼女にしてみても、殺されて当たり前の立場で、運命他人任せの時に、マックスだけが微かな頼りの時に、歪んでますが、愛されているという実感は、命の悲しい完全燃焼だったのではないでしょうか。極限状態が二人の異様な愛を溢れさせたとはいえ、この運命は、人間の凄まじさ、悲しさ、そして何よりも複雑さを思い知らされます。人間とは、本当に不可思議な生き物ですね。ボガード52歳、シャーロット27歳の時の作品ですか……。 それと、ギャラリーの写真の左の人物はボガードではありませんね。
隠す
  
 
[010]聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-
 現代へのメッセージパゾリーニ2016-05-13
 
現代へのメッセージ性の強い“人間ドラマ”で、とても共感できました。原発問題なんかも図式は同じですね。…しかし、人間はやりたいことが出来ずに、やりたくないことをしてしま・・・
続きを読む
現代へのメッセージ性の強い“人間ドラマ”で、とても共感できました。原発問題なんかも図式は同じですね。…しかし、人間はやりたいことが出来ずに、やりたくないことをしてしまうものだと、平川克美が何処かに書いてましたが、確かに、ですね。役所五十六は堂々としていてカッコ良過ぎです。それと香川照之、いやらしくて、これもなかなか良い。この二人でかなりもってますね。…しかし人間は進歩してませんね。この目先のことから抜け切れない幼児性って、ホモサピエンスの壁なんでしょうね。果たして数万年後には進化してるのでしょうか(人口は減っても完全には滅びないらしいので)。アーサー・C・クラークが「幼年期の終わり」で書いたことは、こういう進化のことだったんですかね? 今度もう一度読み直してみます。
隠す
  
 
[011]燃えよドラゴン
 身体が震えた!パゾリーニ2016-03-14
 
思わず「カンフーシューズ」を買ってしまった。そしてみんながそうだった。ビートルズが流行った時、長髪にした。そしてあの時も皆がそうした。「イージー・ライダー」がヒット・・・
続きを読む
思わず「カンフーシューズ」を買ってしまった。そしてみんながそうだった。ビートルズが流行った時、長髪にした。そしてあの時も皆がそうした。「イージー・ライダー」がヒットした時、皆チョッパーハンドルにした。この3回くらいかな。映画を見て興奮した後、彼がもういないということをプログラムで知った時、もの凄く悲しい気分に襲われたことをしっかりと覚えている。
隠す
  
 
[012]スイミング・プール
 良かったあ〜っ!!パゾリーニ2015-10-22
 
ここのところ、岸田秀にはまり、精神分析、フロイト、ダ・ヴィンチ、諏訪哲二(教育者)、ニーチェ、ウディ・アレン、精神神経症、分裂病の様相等他を徘徊してみて、この作品の面・・・
続きを読む
ここのところ、岸田秀にはまり、精神分析、フロイト、ダ・ヴィンチ、諏訪哲二(教育者)、ニーチェ、ウディ・アレン、精神神経症、分裂病の様相等他を徘徊してみて、この作品の面白さが見えた。ロンドンを離れた主人公の抑圧されていた性欲が爆発し、本当の自己から湧き上がる作品を書き上げられた。生き生きとした精神が生み出した作品、だから主人公は自分で最高傑作と言い切れた。もちろんすべては幻想である。しかし、この今の我々の現実も幻想ではないか、と岸田秀は言う(70年代にですが)。
隠す
  
 
[013]アニー・ホール
 混沌!パゾリーニ2015-08-07
 
やはりこの人の頭は混とんとしていて一種の過包括で統合失調症的? としてみると一人の人間観察的に非常に面白かった。しかしこの多弁ほとんどドーパミン、アドレナリンホルモン・・・
続きを読む
やはりこの人の頭は混とんとしていて一種の過包括で統合失調症的? としてみると一人の人間観察的に非常に面白かった。しかしこの多弁ほとんどドーパミン、アドレナリンホルモンで過ぎでほとんど病的、日常生活周りの人は疲れるだろうなあ。ダイアンキートンとカメラのゴードンウィリスは5年前のゴッドファーザーで一緒だが、明らかにレベルダウンしているのが不思議。ダイアンキートンなんて好き放題にやってる感じで野放し過ぎる。ゴードンウィリスにしては全くコンセプトも何もない感じで、ほとんど仕事してる感無し、笑っちゃうくらい。5年経ってるのに??!! いろいろ裏があるんでしょうね。時々あるんだよねハリウッド映画って、こういうの。
隠す
  
 
[014]トレマーズ
 ネバダ!!パゾリーニ2015-07-09
 
ネバダの地下!! あり得る?! 広瀬隆の「ジョン・ウェインはなぜ死んだか」がパッと浮かんだ、怖い!!
  
 
[015]エレファント
 サラリとそしてドンッと感じた宇宙感パゾリーニ2015-06-09
 
10年前見た時は何だこの変な感じは? 程度だったものが今回はドンッと宇宙的規模で僕の魂に来た、ということは、僕の脳はこの10年で明らかに違うフェーズに「UP」したと自画自賛・・・
続きを読む
10年前見た時は何だこの変な感じは? 程度だったものが今回はドンッと宇宙的規模で僕の魂に来た、ということは、僕の脳はこの10年で明らかに違うフェーズに「UP」したと自画自賛したい。この10年で人間社会宇宙哲学他いろいろかじったおかげだと思います。 「この私」誰にも有る絶対隣人の居ない孤独的なもの(哲学者鷲田清一の表現です)が、この独特の表現からピシっと迫って来て怖いくらいだった。そして外に対して自分が見せる社会・世間的な姿「近代の個人」、誰でも多少は妥協して社会・世間ライン上でなんとか我慢したりちらっと「この私」を出しながらやっていると思いますが、それが度々繰り返される「各人カメラアングルリピート」(勝手に命名)でも巧みに表現されているのが素晴らしいテクニックだと思った。その音響・音楽の使用も巧みでゾクゾクしました。そしてトータルで迫って来る「個」と「社会」が絡む宇宙の(この場合は学校と家庭)多様性、不平等に「閉じこもる」ことによって負けてしまい爆発してしまう怖さがデリケートにしかも鋭く表現されており、かなりハイレベルな作品に上がっていて楽しめた(内容的にふさわしくない言い方かもしれませんが)映画でした。 こういう映画を見るとついつい映画制作をしたくなりますね。
隠す
  
 
[016]ゴーストワールド
 個人と自己パゾリーニ2015-04-27
 
おもろかった。ソーラ・バーチ傑作。少年少女の「自己」(私だけの私)は誰にでもあるけど決して他者と同居出来ない、でも成長することによって、社会、世間上で「個人」を獲得し・・・
続きを読む
おもろかった。ソーラ・バーチ傑作。少年少女の「自己」(私だけの私)は誰にでもあるけど決して他者と同居出来ない、でも成長することによって、社会、世間上で「個人」を獲得していく。そこで初めて人は生きることが出来る。それは「(自己を一時潜伏させて)我慢して生きること」「世の中思い通りにはいかないもの」を認識することであるけど、今のイーニドはまだそれが出来ないから「社会上」で生きて行くことが出来ず「ゴーストワールド」をさまよい続ける。早く「個人と自己」をコントロール出来るようになってこの世界で生きてほしいですね。ブシェミ役の男は、やっとこさこの世界でぶら下がってやってるけど、イーニドと同じタイプですね。
隠す
  
 
[017]かぐや姫の物語
 驚きましたパゾリーニ2015-03-16
 
マイナスコメントはしない主義なのですが、これが弱小プロダクションの作品であれば無視するのですが、ビッグなジブリ作品なのであえて言わせていただくと、「脚本」、もう少し・・・
続きを読む
マイナスコメントはしない主義なのですが、これが弱小プロダクションの作品であれば無視するのですが、ビッグなジブリ作品なのであえて言わせていただくと、「脚本」、もう少し手を入れられなかったのでしょうか。五人の求婚者のくだり、結果はほぼ見えているにもかかわらず、内容も引かれるものでなし、あまりに冗長で、薄すぎる。姫の心も伝わって来ず、それで2時間超の作品とはあまりにも常軌を逸しているとしか思えません。う〜ん、いったい何があったのか? 外の人間にはわかりませんが、きっと何かがあったのでしょう。
隠す
  
 
[018]幸せの教室
 元気いただきましたパゾリーニ2015-02-15
 
元気と勇気とちょっとした知恵をいただきました。 レンタルDVDで、最初は何とも言えないライトな乗りの感覚に嫌気がさしましたが、何か不思議と魅かれるものがあり…これはやはり・・・
続きを読む
元気と勇気とちょっとした知恵をいただきました。 レンタルDVDで、最初は何とも言えないライトな乗りの感覚に嫌気がさしましたが、何か不思議と魅かれるものがあり…これはやはり、明るい再生の物語だからか、それで時間がある時ちょこちょこと見て、都合数回は見てしまいました。 トム・ハンクスはやはり良いですね、庶民のスターですね。全編を通して、良い感じで伝わって来るものに共感出来ました。(ただ、あの亭主はいただけなかった)
隠す
  
 
[019]旅の重さ
 作家力パゾリーニ2015-01-08
 
「津軽じょんがら節」をレンタルDVDで観て、流れで観たくなり、たぶん再見だったと思いますが(遠い過去なのでどうも記憶にない)、良かったなあ〜。原作の力が感じられる映画で・・・
続きを読む
「津軽じょんがら節」をレンタルDVDで観て、流れで観たくなり、たぶん再見だったと思いますが(遠い過去なのでどうも記憶にない)、良かったなあ〜。原作の力が感じられる映画でした。この若い人の「人間問題」の、しがらみ、思い、苦しみ、この場合は母と娘ですが、これは誰にでもあり、歳を重ねると溶解して行くことが多いのですが、若者にとっては一大事、このテーマを真正面から捉えようとしている物語ですが、これは永遠、普遍的なものに仕上がっていると思いました。テーマとして古びることはないと思います。(タッチは別ですが) 三国連太郎が、うつ向いているところをあおって撮っているカット、佐藤浩市と瓜二つなのでびっくり、親子でも似過ぎ、まるで佐藤でした(髪の垂れ下がり方までっ!!)。 秋吉久美子のミドルショットのカットイン編集。18才の彼女のオーラ、斎藤監督感じたんで、この編集にしたのでは? それとも編集者が? ドキッと来ました。寅さんの映画に出た「カンベちゃん」の登場シーンを思い出しました。(松竹流?)あのカンベちゃんの登場はホントに驚き、感動しました。凄かったあ〜ッ!!
隠す
  
 
[020]紅の豚
 ロマンチシズムパゾリーニ2014-12-12
 
こてこて「ロマンチシズム」が溢れ過ぎて最高ッ!! 好きなものに徹底的に入れ込む幸せ感もひしひしと伝わって来て最高ッ!! 映画(アニメだけど)の世界に許される人生、ホント癒さ・・・
続きを読む
こてこて「ロマンチシズム」が溢れ過ぎて最高ッ!! 好きなものに徹底的に入れ込む幸せ感もひしひしと伝わって来て最高ッ!! 映画(アニメだけど)の世界に許される人生、ホント癒されます。「ファシストの手先になるより豚の方が良い」「フィオを見てると人間も捨てたもんじゃない」のセリフも効いてる。ジブリ作品では一番好き。1時間30分という時間も良いし、シンプルなストーリーと、エンジン音、飛翔感、風、振動が最高です。アニメならではの軽さも良いし、フィオとジーナも可愛い。俺の「JA11」も「紅の豚カラー」にしようかしらん? 「イタリアンレッド」に、下の方は「アドリアオレンジ」(そんにのあんのかよ)にすれば良いのかな? ミヤさん。又この手のアニメ作ってよ、1時間25分で良いからさ、今度は「ティガー戦車」ベースで。最前線で一週間かけてしこしこ戦車の修理する整備士の話、泣けてくるよネ。
隠す
  
 
[021]真夜中の虹
 骨髄まで沁みて来たパゾリーニ2014-11-21
 
独立してから10年、波はあったけど、アルバイトで生活費稼がなけりゃならない状況に追い込まれて来た。そんな時にレンタルVHSで観て、骨髄の髄の中の中まで沁みて来て、癒され・・・
続きを読む
独立してから10年、波はあったけど、アルバイトで生活費稼がなけりゃならない状況に追い込まれて来た。そんな時にレンタルVHSで観て、骨髄の髄の中の中まで沁みて来て、癒されて、少し元気が出て来た。さて、また明日から仕事探しに歩き回るとするか。
隠す
  
 
[022]ラジオ・フライヤー
 怖くて切ない!パゾリーニ2014-11-12
 
映画「イル・ポスティーノ」で「世界は比喩で満ちている」みたいなことを云っていたが、この二人の子供の現実は(特に弟)、「逃げ出したい」、ただそれだけだったんだよね、だって・・・
続きを読む
映画「イル・ポスティーノ」で「世界は比喩で満ちている」みたいなことを云っていたが、この二人の子供の現実は(特に弟)、「逃げ出したい」、ただそれだけだったんだよね、だって殴られるのなんか痛くて嫌だもの、「ラジオ・フライヤー」はその「気持ち」が形になった、ひとつの比喩なんだと思ってみてたら、この子供たちがかわいそうで泣けて仕様が無かった。現実に今このような子供たちが、この日本にどれだけ沢山いるだろう。そんな子供たちは、誰も助けてくれなかったら「ラジオ・フライヤー」で遠いところへ飛んで逃げるしかないもの。でも現実は……だよね。
隠す
  
 
[023]インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌
 なるようになるパゾリーニ2014-08-27
 【ネタバレ注意】
人間て成るように成るよね、「業」ってやつ? もうどうしようもないよね、何か観てて自虐的で、暗くて、やりきれない感じがして来た、でもこういうの好きなんだよね。 ただ、途・・・
続きを読む
人間て成るように成るよね、「業」ってやつ? もうどうしようもないよね、何か観てて自虐的で、暗くて、やりきれない感じがして来た、でもこういうの好きなんだよね。 ただ、途中の車で長距離行くシーン、「破調」になってないか? 和音が狂ってるというか、これ意識的ですか? 監督、ちょっと良く無かったな。 横のJ&Bで今日観て来たんだけど、画質綺麗過ぎ、DCP上映だったけど、てっきり、ALEXAとかREDで撮ってるのかと思ったら、35だった、もう少し弄って、60年代の空気出してくれればもうひとつ違った感じで楽しめたのでは。数カット出て来たストリートのクラシックカーの陳列は壮観だった。映画は金が掛かるねえ〜。
隠す
  
 
[024]赤い砂漠
 神経症的人間パゾリーニ2014-08-21
 
一見不可解なこの手の映画や舞台は、若い時のこの時期に随分と見せられたような気がする。あまり率直にものを言わない時代だったのか、あるいはそれが創作という仕事だ、という・・・
続きを読む
一見不可解なこの手の映画や舞台は、若い時のこの時期に随分と見せられたような気がする。あまり率直にものを言わない時代だったのか、あるいはそれが創作という仕事だ、ということだったのか。 20世紀をフルに生きたこの監督がいつも見ていたものは、どこか神経症的人間のまなざしを感じる。コミュニケーション不足、本人の体質(ホルモン)の問題、環境、友人、家族等々から来る苦しみ続ける人。このような人たちは21世紀に入ってますます増え続けているようだ。 この映画の時代は、水俣病の時代と重なり、狂気の世界の中にいた彼女こそ普通であり、周りの一件まともな人たちが最悪の狂人か思考を止めた鈍感人間ではないのか。それは益々今もなお如実に激しくなって来ている気がする。 今も、いや今だからこそなお意味のある映画ではないかと思う。
隠す
  
 
[025]太陽は傷だらけ
 不幸な出来事パゾリーニ2013-12-22
 
今日、2013年12月22日、包丁を投げつけて夫を殺した主婦のニュースが出ていた。その主婦の証言、「殺すつもりはなかった〜」、これは信じられる。この映画のロベールオッセンか、「・・・
続きを読む
今日、2013年12月22日、包丁を投げつけて夫を殺した主婦のニュースが出ていた。その主婦の証言、「殺すつもりはなかった〜」、これは信じられる。この映画のロベールオッセンか、「荒野の七人」のジェームズコバーンでない限り、刃物を投げて殺そうなんて考えるのは、この21世紀の日本ではまず考えられない。しかし……だ。
隠す
  
 
[026]風立ちぬ
 メタファーパゾリーニ2013-08-06
 
難しい映画だったが、メタファーが散りばめられている、と感じることは出来た。そして、それは素晴らしくて貴重なものである、ということも。「世界は隠喩である」(「イル・ポ・・・
続きを読む
難しい映画だったが、メタファーが散りばめられている、と感じることは出来た。そして、それは素晴らしくて貴重なものである、ということも。「世界は隠喩である」(「イル・ポスティーニョ」から) つまり、この映画は、世界を描いているということなんですか? (制作者さんたちよ)
隠す
  
 
[027]冷たい熱帯魚
 怪物マシンパゾリーニ (Mail)2012-07-20
 
これは、V8、7,000ccの純然たる怪物マシン。ただ、ハンドルとブレーキが壊れているので、近付いて来たと感じたら、気を付けた方が良い。
  
 
[028]津軽じょんがら節
 これって映画だよねパゾリーニ2010-07-31
 
望遠レンズの風景、色彩のショック、台詞の聞かせどころ、役者の科、ロマンチックな映画だよねえ。こういう映画又観たいねえ。
  
 
[029]ピーター・ヘッジズ
 良いネこの脚本家パゾリーニ2010-06-05
 
今はあまりいないけど、少し前まではハリウッドにも、良いネこの脚本家っていう人がかなりいたよね。この人も「ギルバート〜」と「アバウト〜」の二本で、なかなか良い感じだよ・・・
続きを読む
今はあまりいないけど、少し前まではハリウッドにも、良いネこの脚本家っていう人がかなりいたよね。この人も「ギルバート〜」と「アバウト〜」の二本で、なかなか良い感じだよね。でも「アバウト〜」は監督のチェックもかなり入って良くなったのかな?昔、アルヴィン・サージェントっていう脚本家がいて、「ペーパー・ムーン」と「ボビー・デアフィールド」の二本で好きになったなあ。その後は、スゴイのも書いてるけど。こういう脚本家がいなくなったからハリウッドもつまらないネ。
隠す
  
 
[030]チャーリーとチョコレート工場
 悪ガキパゾリーニ2010-06-02
 【ネタバレ注意】
悪ガキをやっつける連続が最高に面白かった。子供は親の鏡だから、大人をやっつけてるということだと思うが。その辺り、ロアルド・ダールに救われてるのかな。これに尽きる。後・・・
続きを読む
悪ガキをやっつける連続が最高に面白かった。子供は親の鏡だから、大人をやっつけてるということだと思うが。その辺り、ロアルド・ダールに救われてるのかな。これに尽きる。後はありきたりの物語だから、まあどうでも良いか、という感じ。
隠す
  
 
 1 2次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION