allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「ブロッケン鈴木」さんのコメント一覧 登録数(375件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]キング・ボクサー/大逆転
 残酷じゃないぞブロッケン鈴木2012-05-13
 
 宣伝コピーが凄いので、もしかしたら若山富三郎の「子連れ狼」シリーズぐらいのスプラッター度の高いカンフーアクション・シーンが観れるのではと期待したが、ぜんぜん凄くな・・・
続きを読む
 宣伝コピーが凄いので、もしかしたら若山富三郎の「子連れ狼」シリーズぐらいのスプラッター度の高いカンフーアクション・シーンが観れるのではと期待したが、ぜんぜん凄くなかった。  ストーリーは大真面目。肝心のカンフー・シーンも観ていてアクビが出てきそうになるくらいの単調さだ。  勝手にハチャメチャな作品を期待していた自分が悪いのだが。
隠す
  
 
[002]エグザイル/絆
 無人の街ブロッケン鈴木2012-02-05
 
 街のど真ん中であれだけ拳銃を撃ちまくっているのに、近所の住人が誰ひとり驚いて家から飛び出して来ないし騒ぎにもならない。街を歩いている通行人も見当たらない。ギャング・・・
続きを読む
 街のど真ん中であれだけ拳銃を撃ちまくっているのに、近所の住人が誰ひとり驚いて家から飛び出して来ないし騒ぎにもならない。街を歩いている通行人も見当たらない。ギャング達が大銃撃戦を繰り広げて派手な殺し合いをしているのに、警察隊がいっこうに現れもしない。映画の登場人物以外は存在しない無人の街なのか? そこらへんが気になってちょっとモヤモヤ。  スタイリュシュ・アクション映画って、そこまで余計なものを排しちゃうのか。  銃声音が妙に重たく、どんなシチュエーションで撃っても誰が撃っても全部同じ発砲音に聞こえたけど。  
隠す
  
 
[003]イグジステンズ
 最後にやられたブロッケン鈴木2011-05-04
 
 自分はかつてクローネンバーグ信者だったので、彼の初期短編映画2作もビデオを借りて鑑賞した経験あり。難解な実験映画風な作風だったので、短編なのに随分と忍耐のいる作業・・・
続きを読む
 自分はかつてクローネンバーグ信者だったので、彼の初期短編映画2作もビデオを借りて鑑賞した経験あり。難解な実験映画風な作風だったので、短編なのに随分と忍耐のいる作業であった。「イグジステンズ」が公開された時、クローネンバーグもかつてのホラー映画作家のスタンスに近いところへ遂に戻ってきてくれたかと喜んでいた自分であったが、結局は観に行かなかった。  今回鑑賞した訳だが、ストーリー展開にあまり面白味がかんじられなかった。しかし、最後のどんでん返しの鮮やかさにはビックリ!  面白い! これって低予算のB級SF映画(それも70年代のTVムービー)のようなオチみたい。  
隠す
  
 
[004]トルク
 Y2Kブロッケン鈴木2009-05-04
 【ネタバレ注意】
 主人公が最後に乗るY2Kというのは実在するバイクで、アメリカで本当に市販しているというから驚きだ。ガスタービン・エンジンを搭載した320馬力のまさにモンスター・バ・・・
続きを読む
 主人公が最後に乗るY2Kというのは実在するバイクで、アメリカで本当に市販しているというから驚きだ。ガスタービン・エンジンを搭載した320馬力のまさにモンスター・バイク! 重量2トンもする6人乗りヘリコプターのジェット・エンジンを、230キロの重量しかないバイクで使っている。普通のバイクのエンジン音とは大きく違い、キーンというまさにジェット・エンジン音が走行時にするのらしい。  だから最後のバイク・アクションのクライマックス。公道をジェット機で突っ走っているようなものだから、運転手の視界は本当にあんな感じになるかもしれない。あの究極のフル・スロットル描写もまんざら嘘とは言えないかもしれない。
隠す
  
 
[005]メカゴジラの逆襲
 スーパー・ヒーローとしてのゴジラブロッケン鈴木2008-12-30
 【ネタバレ注意】
 正義の味方ゴジラ・シリーズの最終作となる本作。原点回帰した平成ゴジラ・シリーズが延々と悪役ゴジラ像を確立していった今となっては、逆に正義の味方ゴジラ作品の方が稀少・・・
続きを読む
 正義の味方ゴジラ・シリーズの最終作となる本作。原点回帰した平成ゴジラ・シリーズが延々と悪役ゴジラ像を確立していった今となっては、逆に正義の味方ゴジラ作品の方が稀少価値が生まれてきた気もするのだが。とにかく堂々とゴジラを応援できるのが観ていて気持ちがいい。  子供が悪役怪獣に踏み潰されようそうになり「ゴジラ、助けて!」と悲鳴と上げた瞬間。一瞬の内に現われて悪役怪獣にタックルするゴジラ。その素早さはまるで神の奇跡を見るようだ。バーサス・シーンの最後、口から吐く炎で相手の止めを刺すなんて、まるでウルトラマンが最後に放つスペシウム光線のような使い方じゃないか。  メカゴジラの出番が意外に少ないのがちょっと残念。ゴジラとのリターン・マッチだが、前回とまったく同じようなファイト・シーンを繰り返す。メカゴジラの武器機能フル稼働のあの迫力ある場面が再び観られるからたまらない! そして、またしてもゴジラに首をもがれるメカゴジラ。しかし、今度は首をもがれても機能が停止しない強化改造になっているという仕掛け。    
隠す
  
 
[006]仮面ライダー THE FIRST
 アクション・シーンは良いブロッケン鈴木2008-07-06
 【ネタバレ注意】
 最初は悪役として登場したホッパー(ショッカーが名付けた怪人名)が、突然に降り出した雪を見て一瞬にして人間の心を取り戻す。原作のプロローグにあったショッカー基地から・・・
続きを読む
 最初は悪役として登場したホッパー(ショッカーが名付けた怪人名)が、突然に降り出した雪を見て一瞬にして人間の心を取り戻す。原作のプロローグにあったショッカー基地からの脱走エピソードを潔く省略した前半部のテンポの良さには感心したが、その後の展開が少々ゆるくなってしまうのが残念。  仮面ライダーと戦闘員との最初のバトルが、バイク・アクションというのが意外で面白かった。変身シーンは、マスク着用という描写を入れてリアルさを重視。原作コミックでも衝撃的だったコブラ男とその妻の皮肉な最後を描いたエピソードをアレンジして物語に入れている。ライダー・キックもちゃんと出てくるし、変身ポーズも決めポーズという解釈で登場。まさに仮面ライダー・ワールドとして細かい配慮がされている。初代ライダーのフォームはシンプルでなかなか。アクション・シーンも迫力ある。  しかし、老若男女三人が幹部としてモニターで登場するショッカーという悪の組織が意味不明? 
隠す
  
 
[007]沈黙の追撃
 後半、ド迫力!ブロッケン鈴木2008-04-20
 【ネタバレ注意】
 「ザ・リング」の呪いのビデオ映像のようなサブリミナルなシーンで始まるという掟破りなオープニング。えっ! なに? 展開が速過ぎてストーリーがつかみづらい・・・って言・・・
続きを読む
 「ザ・リング」の呪いのビデオ映像のようなサブリミナルなシーンで始まるという掟破りなオープニング。えっ! なに? 展開が速過ぎてストーリーがつかみづらい・・・って言うか、編集が雑すぎてシーンの意味が把握できんぞー。全編でも省略したのか所々でシーンが抜けているな気がする。その為、この登場人物って誰? いつの間に出てきたの? えっ、こいつ生き残ったの? というような混乱してしまった。  最後はまさに怒涛のクライマックスでかなりのド迫力。見せ場の連続。それもガン・アクションが延々と続くという様なワン・パターンではなく、ガン・ファイト有り、カー・アクション有り、そしてお約束のセーガル流合気道という親父アクションで締めてくれます。  離陸直前のヘリコプターに平然と車で突っ込んでいく我らがオヤジ。「おおっ!」と唸りました。なかなか面白かったです。
隠す
  
 
[008]ファイナル・デッドコースター
 オーメンをリスペクトブロッケン鈴木2008-04-19
 【ネタバレ注意】
 そうか。やっぱり「オーメン」が元ネタみたいなものなんだな。写真に写っている人物に死を予告する影などが一緒に写り込んでいるというネタは、完全に「オーメン」からのパク・・・
続きを読む
 そうか。やっぱり「オーメン」が元ネタみたいなものなんだな。写真に写っている人物に死を予告する影などが一緒に写り込んでいるというネタは、完全に「オーメン」からのパクリというか引用だし、考えてみたら道具や機械のスイッチが勝手に動いて人が死ぬ惨事が起きるというシーンの連続も既に「オーメン」がやっていた事じゃないか。  闘うべき相手の実体がないというのがこのファイナル・デスティネーション・シリーズの面白くて新味(実はオーメンの引用なんだけどね)なところ。自分ももっと観たいのでシリーズを続けたてほしいのだけどね。毎回、主役も含めて生存者皆無というのも実に面白い!   最後の地下鉄のシーン。「あれっ、あんたも居たの?」という恐怖の再会シーンが面白かった。
隠す
  
 
[009]ジャン=クロード・ヴァン・ダム ザ・コマンダー
 お寒いヴァン・ダム映画ブロッケン鈴木2008-04-19
 
 つまり米国大使館がアラモ砦になるという話。政情不安で揺れる東欧の某国で軍事クーデターが発生。近代的な装飾が何も無い東欧の街並みが何とも言えない冷たい感じで、そこで・・・
続きを読む
 つまり米国大使館がアラモ砦になるという話。政情不安で揺れる東欧の某国で軍事クーデターが発生。近代的な装飾が何も無い東欧の街並みが何とも言えない冷たい感じで、そこで繰り広げられるアクション・シーンもそれに反映したのか冷たく地味な感じに見える。作戦指揮を任される軍司令官役のヴァン・ダムの始終むっつりした顔の演技や、かつての派手さを無くした格闘アクションも寒々しい。その格闘場面もチラ見せ程度でなんともスカッとしない仕上がりのアクション映画。さらにヒロイン役の女優もまるで印象に残らない十人並みの容姿。  ストーリー展開はリアルな作風で、市民暴動のシーンは一瞬ドキュメンタリーか?と錯覚する程。
隠す
  
 
[010]DOOM ドゥーム
 お下劣ブロッケン鈴木2008-02-03
 
 えっ! 主役はザ・ロックじゃなくカール・アーバンなの?  地味だ。あまりにも地味すぎる。  シュワルツェネッガーの後継者となるべく肉体派アクション・スターを目指すザ・・・
続きを読む
 えっ! 主役はザ・ロックじゃなくカール・アーバンなの?  地味だ。あまりにも地味すぎる。  シュワルツェネッガーの後継者となるべく肉体派アクション・スターを目指すザ・ロック版の「プレデター」だろうと思って観ていた自分がちょっと哀しい。  海兵隊特殊部隊のメンバーのひとりに、ある意味怪物よりも恐い人がいましたよね。性格も見た目の顔もお下劣極まりない奴。オメーの顔の方がよっぽど恐えーよ。そいつが怪物とタイマン勝負する場所がトイレの中というのもお下劣キャラに実に相応しい。 
隠す
  
 
[011]ザ・クラウン 炎のリベンジャー
 恐るべし!ブロッケン鈴木2008-02-03
 
 ジャーマン・アクション映画は凄いと言う噂は、前々から知っていたけど、あまり観る機会は無かった。今回、TVの木曜映画劇場で観ることが出来たけど・・・ 確かに、凄い!・・・
続きを読む
 ジャーマン・アクション映画は凄いと言う噂は、前々から知っていたけど、あまり観る機会は無かった。今回、TVの木曜映画劇場で観ることが出来たけど・・・ 確かに、凄い! 何と言ってもCG合成無しの生身のアクション・シーンが嬉しい。もう有り得ないくらいの超ド派手なカー・スタントのシーンには呆れるくらいに吃驚する。  これでTVムービーだと言うから、ドイツ製アクション映画恐るべし!
隠す
  
 
[012]デス・レース2000年
 カルト?ブロッケン鈴木2008-01-27
 
 「ロッキー」が日本で公開された1977年、シルベスター・スタローンの人気が爆発。彼が無名時代に脇役出演した作品が急遽公開された。この作品もそういった理由でロードシ・・・
続きを読む
 「ロッキー」が日本で公開された1977年、シルベスター・スタローンの人気が爆発。彼が無名時代に脇役出演した作品が急遽公開された。この作品もそういった理由でロードショー公開されたのだと思う。その他にはアル・カポネの半生を描いたギャング映画「ビック・ボス」もスタローンが脇役で出演していた事を売りに公開された。あれっ? どちらもロジャー・コーマンが製作だね。  西暦2000年、人を轢き殺すと得点がアップするという殺人レースがアメリカ政府公認で毎年主催されている近未来をブラックなユーモアで包んで描いている。実にあっけらかんとしたストーリー展開が人を食っている。チープなデザインの改造レースカーがユニークで、そのバタバタとした(?)走り方がスピーディで面白い。  リメイクされるのだから、本国アメリカではカルトな人気がある作品なのかもしれない。
隠す
  
 
[013]ソウ3
 脚本頑張ってますブロッケン鈴木2008-01-12
 
 あんなに大掛かりでオリジナリティ溢れる殺人用拷問装置の数々。一体誰が作ってるの? どうやって搬入するの? 製作資金の調達は? ターゲットになる人物の個人情報の収集・・・
続きを読む
 あんなに大掛かりでオリジナリティ溢れる殺人用拷問装置の数々。一体誰が作ってるの? どうやって搬入するの? 製作資金の調達は? ターゲットになる人物の個人情報の収集方法は? 病身の老人と若い女性の二人だけのチームでは絶対に不可能なはずだ。ジグソウは頭脳優勝だから拷問器具のアイデアや設計を自分で出来たとしても、装置の製作は会社にでも発注しているのだろうか? だとしたら、明らかに殺人を意図した拷問装置を製作しても秘密厳守してくれる会社(組織?)があるという事になる。ジグソウのバックには彼のゲームを支援してくれるパトロンみたいな存在があったのだろうか? (ジグソウがあの人形の顔をチマチマと彩色するシーンがあったけど、それだけで全てが彼のハンドメイドですってもしかしたら説明しているの? そんなの信じられるか!)  この現実的な疑問は、ソウ・シリーズに対するツッコミにもなるし、もしかしたら作品世界への謎としてのキーワードにも成り得る。バックアップする影の人物か組織があったとしたら、もっともっとディープな作品世界観の広がりの可能性があるではないか。でも、その前にこのソウ・シリーズのパターンを観客が飽き始めてしまったらお終いだが。それにしても、一年に一本作品を製作するというのは凄いシリーズだなあ。  ジグソウの存在感はなかなか良いと思う。演じる俳優が本当に死にそうに見える程に病弱さをよく表現できているから感心する。1作目で真犯人がわかった時の衝撃さや、2作目でいきなり冒頭であっさり警察に捕まっちゃうジグソウ。このシリーズの意表を突いた脚本は、けっこう評価に値すると思う。  
隠す
  
 
[014]戦争プロフェッショナル
 バトルトレインブロッケン鈴木2008-01-02
 
 内乱が続く中央アフリカのコンゴが舞台。列車を戦闘用に改造して、人質救出に向かう戦闘プロたち(傭兵)。  列車を戦闘用車両に改造していくシーンがカッコ良く、改造後に・・・
続きを読む
 内乱が続く中央アフリカのコンゴが舞台。列車を戦闘用に改造して、人質救出に向かう戦闘プロたち(傭兵)。  列車を戦闘用車両に改造していくシーンがカッコ良く、改造後に浮かび上がってくる車両のシルエットにアクション映画ファン魂に火がつく。  主演のロッド・テイラーの熱の入った男っぽい演技が光る。
隠す
  
 
[015]16ブロック
 B・ウィリスはどこ?ブロッケン鈴木2008-01-02
 
 今作の脚本家は執筆の途中に思わなかったのだろうか? 「あっ、オレが今書いているホンは『ガントレット』になっちゃっている!」と。バスジャックのシークエンス辺りで。し・・・
続きを読む
 今作の脚本家は執筆の途中に思わなかったのだろうか? 「あっ、オレが今書いているホンは『ガントレット』になっちゃっている!」と。バスジャックのシークエンス辺りで。しかし、後半の展開がひねってあるので多少オリジナル色は出てはいるが。  ブルース・ウィリス主演の刑事アクションだが、その落ちぶれた刑事役の彼の徹底したアプローチ演技で、まるで別人の役者に見えてしまう。  銃撃戦がアクション・シーンのメインなのだが、互いに刑事同士が射ち合っているのでどうにも中途半端な感じだった。  
隠す
  
 
[016]サイレントノイズ
 題材には興味ありブロッケン鈴木2008-01-02
 
失った愛する人の霊界からのメッセージを受信(?)する事が出来るとしたら? この切実なるテーマをホラー調で描いた作品。  主演のマイケル・キートンの涙目演技(充血眼も・・・
続きを読む
失った愛する人の霊界からのメッセージを受信(?)する事が出来るとしたら? この切実なるテーマをホラー調で描いた作品。  主演のマイケル・キートンの涙目演技(充血眼も含む)が胸を打つ。製作側は、観客を恐がらせてなお且つ感動させようと意図したのかもしれないが、物語後半からのかなり強引なストーリー展開や、結局はエンターティメント・サスペンスにしてしまったクライマックスの盛り上げ方が性急過ぎて、ストーリーはややムチャクチャになって訳判らん状態に。説明不足の謎も残っている気がするのだが、観終わってしまえばもう別にいいや。  題材は良かったので、もうちょっと真面目なアプローチで作ってもらいたかった。
隠す
  
 
[017]サン★ロレンツォの夜
 愛すべき小品ブロッケン鈴木2007-12-29
 
 俳優は二人だけで、それ以外は実際のトスカーナ地方の人々が家族ぐるみで出演しているという。ユーモアがありそして残酷な射殺シーンもある独特の演出法で、戦争の悲劇を力む・・・
続きを読む
 俳優は二人だけで、それ以外は実際のトスカーナ地方の人々が家族ぐるみで出演しているという。ユーモアがありそして残酷な射殺シーンもある独特の演出法で、戦争の悲劇を力むことなく訴えている。ハッピー・エンドが嬉しい。
隠す
  
 
[018]ジャッカー
 ロイ・シェイダーの悪役ブロッケン鈴木2007-12-29
 
 公開当時、「ジョーズ」のロイ・シャイダーが非情な悪役をやっていたので驚いた。(今は珍しくないけどね)  オープニングの緊迫感はかなり凄い! 衝撃的なサスペンス映画・・・
続きを読む
 公開当時、「ジョーズ」のロイ・シャイダーが非情な悪役をやっていたので驚いた。(今は珍しくないけどね)  オープニングの緊迫感はかなり凄い! 衝撃的なサスペンス映画。殺し屋二人と誘拐された少年のたった三人だけの登場人物。その三人の乗る車の中だけでストーリーがずっと展開していく。両親を殺され自分自身も誘拐されてしまった少年が、なんとか殺し屋の手から逃げようと頭を絞り反逆のチャンスを窺うのだが・・・。エリック・レッド監督が書いた緊迫感溢れる脚本がとってもスリリング。壮絶な闘いを繰り広げるラストまで、息もつかせない85分。
隠す
  
 
[019]スーパーコップ90
 刑事役ブロッケン鈴木2007-12-29
 
 なかなかのカッコ良い刑事像を見せるピーター・ウェラー。同僚と恋人を殺されて復讐の鬼となり、怒りにまかせて捜査する刑事の姿をストレートに演じている。ストーリーは複雑・・・
続きを読む
 なかなかのカッコ良い刑事像を見せるピーター・ウェラー。同僚と恋人を殺されて復讐の鬼となり、怒りにまかせて捜査する刑事の姿をストレートに演じている。ストーリーは複雑でそれ程面白くないのだが、ウェラーの演技だけで全編見通してしまう。音楽はタンジェリン・ドリームが担当。
隠す
  
 
[020]ハウリング II
 亜流ブロッケン鈴木2007-12-29
 
 まったく馬鹿馬鹿しい低級ホラーだが、ついつい最後まで観てしまうという面白さはあるにはある。ヒットした第一作の雰囲気を全く受け継がず、製作国も変わった。  狼人間が・・・
続きを読む
 まったく馬鹿馬鹿しい低級ホラーだが、ついつい最後まで観てしまうという面白さはあるにはある。ヒットした第一作の雰囲気を全く受け継がず、製作国も変わった。  狼人間がやたらとゾロゾロ出てくる。こんなもんでシリーズ6作目まで作ってしまうからエライ。亜流の典型。
隠す
  
 
[021]ファイナル・エクソシスト/悪魔の封印
 B級ホラーブロッケン鈴木2007-12-29
 
 ストーリーは大真面目。しかし、いかにもB級らしい作り方で観ていてちょっとシラける。老優トレーバー・ハワードを引っ張り出して頑張って作っているんだけど。  最後の悪・・・
続きを読む
 ストーリーは大真面目。しかし、いかにもB級らしい作り方で観ていてちょっとシラける。老優トレーバー・ハワードを引っ張り出して頑張って作っているんだけど。  最後の悪魔との壮絶な決戦シーンはけっこうエログロなのに、観ていてちょっと笑ってしまった。主役のベン・クロスは名作「炎のランナー」で主役だった人。その後、B級ホラー映画の専門俳優になってしまった。オカルト映画であるが、主役の神父がなんとなくハードボイルドっぽい。
隠す
  
 
[022]3人のゴースト
 ワンマン・ショーブロッケン鈴木2007-12-29
 
 アメリカTV界の内幕を徹底的にパロディしていて抱腹絶倒ものだ。実名で登場する俳優やタレントも何名かいる。最愛の人にプレゼントを贈るクリスマスの日をテーマに愛の意義・・・
続きを読む
 アメリカTV界の内幕を徹底的にパロディしていて抱腹絶倒ものだ。実名で登場する俳優やタレントも何名かいる。最愛の人にプレゼントを贈るクリスマスの日をテーマに愛の意義について考えるという、単なるコメディに終わらず深い内容を持っている。  ラスト、ビル・マーレーよるワンマン・ショーの大団円がとっても楽しい!
隠す
  
 
[023]ドミノ
 痛快!ブロッケン鈴木2007-12-24
 【ネタバレ注意】
 いつにも増して炸裂した映像のトニー・スコット節。映像を巻き戻すという荒業も。特にオープニング・クレジットのカッコ良さは必見だ。映像の洪水。あまりにもトリッキー過ぎ・・・
続きを読む
 いつにも増して炸裂した映像のトニー・スコット節。映像を巻き戻すという荒業も。特にオープニング・クレジットのカッコ良さは必見だ。映像の洪水。あまりにもトリッキー過ぎる編集。こんなにも斬新な映像(狂ったビジュアル?)を提供してくれるハリウッドの映画監督は、もはやスコット弟ぐらいなものだ。しかも売れっ子。  クライマックスの決着の付け方は、これで3度目? 「トュルー・ロマンス」、「エネミー・オブ・アメリカ」と全く同じパターンじゃないか。本当にドタバタ大銃撃戦が好きなんですね、監督。うん、よろしい。  実在した女バウンティ・ハンターのドミノを演じるキーラ・ナイトレイが、あまりにもカッコ良過ぎてちょっと現実感から浮いているような気がしたけど。それとも賞金稼ぎチームの男達が体臭が臭ってきそうなくらい人間味がある中での紅一点の違和感からなのだろうか? まあ、モデル出身という女性の話だからこれでもいいのか。  なにもそんなにカッコ良く煙草を吸わなくたって。でも、両手で持ったライフル銃をフルオートで撃ちまくるバイオレンス・シーンには正直痺れました。  登場するキャラは皆立ってます。それぞれキレているのが面白い。全然目立たなかったドライバー役。何故にアフガニスタン系なの? それが、まさか最後に。えっー! ムチャクチャな伏線じゃないですか!? あんた何者? ドミノの話だったはずなのに、あんたが最後にひとりでぶち壊しちゃったじゃないか! アッハハ・・。  原野に当然登場する預言者トム・ウェイツなんていうシーンにも唖然としました。  いやはや、本当に痛快です。この痛快さで、ラストは虚無感でしんみりと締め括るなんて。トニー・スコット監督、あんたは天才です。  でも、人間には三種類あるというフレーズが二回も出てくるけど、全然本編の話と結びついていない気がするんだけど。
隠す
  
 
[024]キラーフィッシュ
 満腹感ありブロッケン鈴木2007-12-23
 
 安っぽいオカズばっかりでもたくさんの種類があれば食べてもお腹一杯になりますよね。それと同じような感覚が味わえるC級ムービー。TV放映時のタイトルは「恐怖の人喰い魚・・・
続きを読む
 安っぽいオカズばっかりでもたくさんの種類があれば食べてもお腹一杯になりますよね。それと同じような感覚が味わえるC級ムービー。TV放映時のタイトルは「恐怖の人喰い魚群」。まさに動物スリラーファンの期待を誘います。確かにそう、誰もが察する通り襲いかかるピラニアの恐怖を描いているんだけど、そっちよりもサイドストーリーの方があまりにも盛りだくさんで見どころ満載。はっきり言って動物パニックの恐怖シーンの描写はあまりにもお粗末な演出で恐怖感ゼロなので、期待しないように。  冒頭の爆破シーンやダム決壊シーンなど、特撮シーンが出てくるんだけど、なかなかの迫力。なんでこんな作品で精巧なミニチュア特撮撮影までやっているんだろうと疑問に思ってしまったけど、もしかして他の作品の特撮シーンを流用しているのだろうか?   そんな期待さえしなければ、けっこう楽しめる娯楽ムービー。役者陣は割り合いに豪華。リー・メジャースとフランシスカスが本当にガチンコ対決するなんて結構夢の対決じゃないかと思うんだけど。その他、カレン・ブラックのビキニ姿が見られます。もちろん若いピチピチの頃です。  
隠す
  
 
[025]マイアミ・バイス
 面白れー!ブロッケン鈴木2007-12-08
 
 自分はTV版「マイアミ・バイス」に思いっきりハマったクチ。この映画化作品はとても気に入ってます。TVシリーズの製作総指揮マイケル・マンが自ら映画化したからこそ、こ・・・
続きを読む
 自分はTV版「マイアミ・バイス」に思いっきりハマったクチ。この映画化作品はとても気に入ってます。TVシリーズの製作総指揮マイケル・マンが自ら映画化したからこそ、こういう雰囲気の作品になったと思います。マン監督。本当に力量のある監督になったんだなと実感しました。  うーん、ますます彼のシャープな演出に磨きがかかった。  オープニング・シーンの唐突な話の始め方には意表を突かれました。  マン監督にとっては「マイアミ・バイス」はもう既に世界観が出来上がっているので、主役刑事の二人を紹介するような説明シーンは一切省いてます。(役者が替わったというのに!) もちろん他の同僚刑事も説明しません。役名が同じだからそれで判るでしょという感じ。ジート刑事役をジャスティン・セローがやっていたんですね。(キャスト名を見て後で気付きました。「マルホランド・ドライブ」の監督役や「チャーリーズ・エンジェル・フルスロットル」での悪役のあの人です)最後のクライマックスのアクション・シーンでの彼の捨て身の活躍は見物です!  本当は物凄い派手なアクション・シーンなのに、マン監督はワザと抑えて演出してますね。まるで地味になるくらいに。この地味になるくらいの渇いたアクション演出がマン監督が昔から持っている個性なのです。こういうシャープな匙加減のアクション・シーンがたまらない魅力です。  クライマックスの銃撃シーン。マン監督のアクション演出法が到達すべき境地にまでに完成された完璧さでした。  
隠す
  
 
[026]グエムル -漢江の怪物-
 報われないなんてブロッケン鈴木2007-12-08
 【ネタバレ注意】
 最初に怪獣が登場し暴れまわるシーンには正直息を呑んだ。  家族連れで賑わう公園。なにやら判別不可能な生き物を見た人々の反応がリアルで面白い。あれ、何だろう? えー・・・
続きを読む
 最初に怪獣が登場し暴れまわるシーンには正直息を呑んだ。  家族連れで賑わう公園。なにやら判別不可能な生き物を見た人々の反応がリアルで面白い。あれ、何だろう? えーい、石をぶつけちゃえ! そうそう、もし本当に怪獣が現れたら人って実際にこんな感じの反応になるんじゃない。そして理解できない獣が猛然とこっちに向って来ても、一瞬身体が固まってしまうっていうのも理解できる。  とにかくこの一連の怪獣襲撃パニック・シーンのリアルさは、平成版「ガメラ3」冒頭の渋谷壊滅シーンに匹敵する程の衝撃さだ。  しかし、怪獣VS家族という構成で怪獣映画を撮るなんてあまりにも異色な展開だな。予定調和をずらした展開。当然、娘は助けられると思うじゃないか。
隠す
  
 
[027]イノセンス
 実に映画的ブロッケン鈴木2007-12-08
 【ネタバレ注意】
 久しぶりに映画らしい映画を観た気がした。何と言えば良いのか・・・例えばオーソン・ウェルズの作品の様に全て計算された演出方法による画面を観ているような感覚。カメラが・・・
続きを読む
 久しぶりに映画らしい映画を観た気がした。何と言えば良いのか・・・例えばオーソン・ウェルズの作品の様に全て計算された演出方法による画面を観ているような感覚。カメラが揺れて撮っている映像なども平気で使う最近の映画(実写)作品群。確かにそういうものも観ていてリアルな臨場感があるだろうが、全てのシーンを常に計算した構図や演出で完成させた映画作品こそに観客は映画的興奮を味わえるというものでないだろうか?  アニメを観て映画というものを実感するというのもちょっと不思議な気がしたが、考えてみたら全ての画(絵)を一から作る必要があるアニメだからこそ作品としての完成には並々ならぬ労力が必要だろうし、その結果としての作品のクオリティの高さはある意味必然だろう。  今作での主役はバトーで一見するとSF新世紀ハードボイルド調だが、いわゆる男のカッコ良さをを描いたハードボイルドではなく、男のカッコ悪さを描いたハードボイルドだと思う。  草薙素子不在はやはり大きい!   バトーでさえ明らかに役不足かもしれないのに押井監督はバトーを主役に使った。よく考えてみたらバトーはあまりにもカッコ悪く見えないか? 仕事を終えて疲れて帰って来て部屋で過ごす時のあの独り身のあまりの侘しさ。中盤のヤクザ事務所襲撃シーンは、ヒーローの活躍シーンというよりは只の大量殺戮シーンに見える。一緒にいた同僚刑事には文句を言われるし。  大の男が裸の少女たちに追い掛け回されるとも見えるクライマックス。結局最後は素子がクールに決めてくれる。押井監督は確信犯的にバトーの無骨さカッコ悪さを徹底的に描いているのじゃないのか。  バドーのアップで終わるラストもどうにも間が悪いのはワザとやっているから?
隠す
  
 
[028]SPL/狼よ静かに死ね
 残虐カンフー・バトル!ブロッケン鈴木2007-12-03
 
ドニー・イェン主演の作品は初めて観たが、やはり地味顔だな〜。ジャッキー・チェン、ジェット・リーに続いて彼がアメリカ進出での主演作が作られないのはこの地味顔のせい?・・・
続きを読む
ドニー・イェン主演の作品は初めて観たが、やはり地味顔だな〜。ジャッキー・チェン、ジェット・リーに続いて彼がアメリカ進出での主演作が作られないのはこの地味顔のせい? しかし、彼のそのカンフー・アクションは誰もが認める高レベルの実力。  この作品でのドニーは主演なのだがかなり微妙なポジションである。最初から登場するリーダー役刑事が一見すると主役に見えてしまうからだ。しかし、ドニーの方が役としては断然一番おいしいポジション。なのに、なんか目立たないだな。精悍な顔つきしてるけど、なんか華が足りような気がする。いつもの脇役をやっているような感じに見えてしまうんだよな。  だけど刑事メンバー側では唯一のカンフー使いで、その全てのカンフー・バトル・シーンの見せ場を彼一人が全て引き受ける。時々、見得を張った構えを見せるところなんか偉大なるブルース・リーを彷彿させて嬉しくなる。  そのバトル・シーンだけど、血飛沫が飛び骨が軋む程のリアル・カンフー・バトル。残虐と言っても良いくらい。凄い迫力あります。  サモ・ハンが悪役やっているけど、どの程度の犯罪を犯しているのか? その悪役ボスである彼に、どうしてあんな清楚な奥さんがいるのか? そしてハリウッド製のアクション映画では考えられないような掟破りのオチ。香港アクション映画には脚本は存在しないの? 撮りながらその場その場で脚本のストーリー変えてるのかな、やっぱり。ホント吃驚しますよ!
隠す
  
 
[029]輪廻
 物語としてのホラーブロッケン鈴木2007-12-02
 【ネタバレ注意】
 おっ、なかなか恐そうで面白そうだぞ・・・という期待をさせる物語のプロローグ。主演の優香が登場してからもジワリジワリと物語が展開していく。でも同じようなシーンの連続・・・
続きを読む
 おっ、なかなか恐そうで面白そうだぞ・・・という期待をさせる物語のプロローグ。主演の優香が登場してからもジワリジワリと物語が展開していく。でも同じようなシーンの連続に少々まどろっこしくなってきそうになる。シーンごとにビクビク恐がる優香の演技がただ繰り返されるだけ。清水監督、こんなにじっくりやらなくちゃいけない訳? もっとテンポよく出来ない? 常に時間軸と空間をずらした話の展開はそれなりに面白いんだけど、さっきから同じ描写の繰り返しだよ。  こりゃ、そんな面白い作品じゃないなと薄々感じ始めてきたからの終盤になって「おおっ!」「そうだったのか!」と怒涛のクライマックス。  訂正、訂正・・・けっこう面白いよ、これ。このクライマックスを見せたい為にこのペースで物語を展開させてきたのかと納得。  だけど、優香だけで終わるラスト。他の人たちはどうなったのか?(特に監督は?) それを一切説明しないのはちょっとなー。いい脚本だけど逃げが入っている気も。    
隠す
  
 
[030]テキサス・チェーンソー ビギニング
 つらいブロッケン鈴木2007-12-02
 
 つらいなー。ホント、観ていてつらいよ。だって、ビギニング版だからあのガイキチ一家の誰一人も倒せないのを判っていて観なきゃなんないだぜ。 不条理に拉致された若者たち・・・
続きを読む
 つらいなー。ホント、観ていてつらいよ。だって、ビギニング版だからあのガイキチ一家の誰一人も倒せないのを判っていて観なきゃなんないだぜ。 不条理に拉致された若者たちはあの一家から拷問を受けたり逃げ惑いながらも最後には一発逆転で相手を倒す(もしくは逃げ切る)という展開が出来ないなんて。それと、オリジナルや前作のリメイク版とストーリー展開がほとんど同じというのも、観ていてつらいなー。えっ、また同じ話を見せられるの? 少々うんざりしてきた。  外見的な醜さを持った人を悪として描くというのも問題有りな気がする。 特にオープニングの描写や設定はやってはいけないはずだ。    
隠す
  
 
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION