allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「ホ」さんのコメント一覧 登録数(148件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]黄金を抱いて翔べ
 ラストはもっと早朝に2012-11-09
 
先日観た『終の信託』と本作のセックスシーンは、ピンク映画の残滓であるなとニヤリとした。難渋だった原作がこんな話だったかとすっきりした。
  
 
[002]エクスペンダブルズ2
 祭りでなく仕事2012-10-22
 
長い、おそらく百人を越える名前がクレジットされたエンドロールを見ながらああと、溜息をつく。この映画は、暴力と死の映像が繋げられ出来上がっている。このために全員が仕事・・・
続きを読む
長い、おそらく百人を越える名前がクレジットされたエンドロールを見ながらああと、溜息をつく。この映画は、暴力と死の映像が繋げられ出来上がっている。このために全員が仕事をしてギャラを受け取った。仕事である。映画は夢ではない。
隠す
  
 
[003]ボーン・レガシー
 残念でした2012-10-11
 
期待していたが、脚本がよろしくない。山の中とフィリピンのマニラというロケーションも良くない。アクションも定石。残念無念。
  
 
[004]アウトレイジ ビヨンド
 ラストから出来上がり2012-10-10
 
前作『アウトレイジ』は震災の翌日にDVDを借りて見た。あれから1年と7ヶ月、ろくに映画を見ていなかった。コメントを書くのも何年ぶりだろう。さて映画は北野監督の才能全・・・
続きを読む
前作『アウトレイジ』は震災の翌日にDVDを借りて見た。あれから1年と7ヶ月、ろくに映画を見ていなかった。コメントを書くのも何年ぶりだろう。さて映画は北野監督の才能全開で素晴らしい出来。感動した。映画はラスト・シーンから作られている。
隠す
  
 
[005]ヒア アフター
 小津調の名作2011-02-19
 
スピルバーグが参画すると物語の発進エピソードも一大スペクタクルとなる。津波に巻き込まれて臨死体験するニュースキャスターの女性、双子の兄を交通事故で亡くす少年、霊能力・・・
続きを読む
スピルバーグが参画すると物語の発進エピソードも一大スペクタクルとなる。津波に巻き込まれて臨死体験するニュースキャスターの女性、双子の兄を交通事故で亡くす少年、霊能力者であることを捨て工場労働者として働くマット・デイモン。3人の交錯するまでの物語は淡々としていながら一瞬も目が離せない。それぞれにポジティブに思いを果たしていくからだ。彼女が「来世」についての本を執筆する野心、少年は兄と話がしたいと願い、マット・デイモンは人を愛することに貪欲である。彼が唐突に通い始める料理教室の描写のエロチックな事はどうだ。3人は意志の力で自分たちの願いを成し遂げる。イーストウッドのエンディングの曲が「沁みるでしょう」と言っている。
隠す
  
 
[006]アイアンマン2
 スカーレット・ヨハンソンも可哀想2010-06-14
 
せっかくの材料が監督が無能で台無し。 一定レベルのプロダクションのマネジメントという観点では良いのかも知れんが、「監督」の仕事はそれだけじゃないでしょう。 演出も工夫・・・
続きを読む
せっかくの材料が監督が無能で台無し。 一定レベルのプロダクションのマネジメントという観点では良いのかも知れんが、「監督」の仕事はそれだけじゃないでしょう。 演出も工夫もしていない。 ここぞ、というところで類型に堕している。 逃げている。または何もしていない。
隠す
  
 
[007]グリーン・ゾーン
 映画監督でヤリすぎた2010-05-15
 
グリーングラスということで期待が大きかったが、今回から自己模倣の罠に彼も嵌まってしまった。自ら編み出したボーン・スタイルの魅力に抗し難く、技法に押し流されて歯止めが・・・
続きを読む
グリーングラスということで期待が大きかったが、今回から自己模倣の罠に彼も嵌まってしまった。自ら編み出したボーン・スタイルの魅力に抗し難く、技法に押し流されて歯止めがない。エンドロールの永遠かと思える作品への参加人数にも関わらず、独り相撲の感は否めない、残念。
隠す
  
 
[008]月に囚われた男
 音楽も良い2010-05-02
 
クローン作業員の寿命は3年。ブレードランナー、ジェリー・アンダーソン、キューブリックからの引用などどうでもいい。死は必然であり、生の時間は限られている。偽の記憶は労・・・
続きを読む
クローン作業員の寿命は3年。ブレードランナー、ジェリー・アンダーソン、キューブリックからの引用などどうでもいい。死は必然であり、生の時間は限られている。偽の記憶は労働意欲のためであり、残された数日で、歯は抜け、手が震え、視界は霞み、足は衰える。老いへの畏れが迫りくる痛切な作品であり、まぎれもない「SF映画」である。
隠す
  
 
[009]ハート・ロッカー
 リアルじゃないでしょう2010-04-29
 
灼けつくような爆弾処理の危険だけが生存理由ということならあまりに浅薄であり、リアリズム映画でもない。落ちる薬莢、雨滴のハイスピード映像は作者の好みに過ぎず、ご丁寧な・・・
続きを読む
灼けつくような爆弾処理の危険だけが生存理由ということならあまりに浅薄であり、リアリズム映画でもない。落ちる薬莢、雨滴のハイスピード映像は作者の好みに過ぎず、ご丁寧なサウンド・エフェクトもピッタリで、上映中に音響スタジオの様子を想像させられるという不快。照準器の向こう側の映像も撮影用カメラに装着された望遠レンズが獲得した映像であり、とても器用にまとめられた普段着の映画なので、すこしショックを受けた。当日券の額に見合う時間ではなかった。
隠す
  
 
[010]第9地区
 だんだん身体がエビになる2010-04-24
 
初監督作品で大成功、当然次回作はという話になり、 莫大な予算だけが目の前に積まれ、 アイデアは使い切ってしまっている。 などということにならなければ良いが。
  
 
[011]男の子の名前はみんなパトリックっていうの
 ほれ、このとおり2010-02-20
 
サイレントの頃の小津安二郎が、パリでコメディを撮るとこうなる。
  
 
[012]インビクタス/負けざる者たち
 しっかり結ばれたマンデラの口元2010-02-20
 
ラグビー・ワールドカップの決勝戦の相手オール・ブラックスのフォワードが朝青龍に似ているほかは、衒った映画的要素をいささかも使用せず、映画は物語られる。 実話というこ・・・
続きを読む
ラグビー・ワールドカップの決勝戦の相手オール・ブラックスのフォワードが朝青龍に似ているほかは、衒った映画的要素をいささかも使用せず、映画は物語られる。 実話ということで再現ドラマということでもなく、巧みなユーモアを彩りにマンデラ大統領の不幸を自身抱えつつ、最高潮のクライマックスを迎える。 イーストウッドをキャスティング仕様がない、完全純粋歓喜映画。
隠す
  
 
[013]抱擁のかけら
 好々爺となったのか2010-02-13
 
朝の9時からアルモドバルの新作を見る。 出資者を是非儲けさせねばならない訳ではない。ペネロペがサクッと出演する。など、製作環境に葛藤がない映画監督の作品はおおらかで・・・
続きを読む
朝の9時からアルモドバルの新作を見る。 出資者を是非儲けさせねばならない訳ではない。ペネロペがサクッと出演する。など、製作環境に葛藤がない映画監督の作品はおおらかで良いのだが、ナラティヴの巧妙さ以外に見るところがない。とも言い切れない。 のんびりとした土曜の朝となった。
隠す
  
 
[014]倫敦から来た男
 本当は素晴らしい2010-01-17
 
ハリウッド映画に馴致・教化された私は、この映画のジリジリしたテンポについて行けず、夢の中で突然泳ぎを忘れてしまい溺れるように重要な部分で一瞬眠った。 当日券の対価と・・・
続きを読む
ハリウッド映画に馴致・教化された私は、この映画のジリジリしたテンポについて行けず、夢の中で突然泳ぎを忘れてしまい溺れるように重要な部分で一瞬眠った。 当日券の対価とはなにかという感覚さえ震撼する。 ハリウッド帝国軍は強力であり初回上映が1時過ぎに終わり飢えた私はマクドナルドでテキサスバーガーを貪った。
隠す
  
 
[015]アバター
 今度はパパが相手だ2010-01-09
 
土曜日の朝9時から日本語吹替え版で観る。ハリウッド空軍の大佐は、空爆命令する時いつもマグカップ片手だ。 それはともかく。 物語の構造はある種の西部劇に過ぎないが、映像・・・
続きを読む
土曜日の朝9時から日本語吹替え版で観る。ハリウッド空軍の大佐は、空爆命令する時いつもマグカップ片手だ。 それはともかく。 物語の構造はある種の西部劇に過ぎないが、映像表現には際限がない。エンドロールのエフェクトな人々に敬意。 間違いなくこの上映方式は、グローバル・スタンダードになります。
隠す
  
 
[016]2012
 2012年には地デジになっている2009-11-23
 
4:3の画面に合わせた位置にテロップをのせる必要もなくなっている。 これは、宣伝コピーにあるように映画ではなく 長いCGのデモテープだ。クライマックスのアナログな描写・・・
続きを読む
4:3の画面に合わせた位置にテロップをのせる必要もなくなっている。 これは、宣伝コピーにあるように映画ではなく 長いCGのデモテープだ。クライマックスのアナログな描写には 驚きました。
隠す
  
 
[017]母なる証明
 記憶がないまぜに2009-11-01
 【ネタバレ注意】
母親の顔はオノ・ヨーコに似ている。 廃品工場のたたずまいは横溝シリーズか、息子の罪をその場しのぎで隠蔽するために振り降ろされる鈍器と血飛沫は『犬神家の一族』だ。 若者・・・
続きを読む
母親の顔はオノ・ヨーコに似ている。 廃品工場のたたずまいは横溝シリーズか、息子の罪をその場しのぎで隠蔽するために振り降ろされる鈍器と血飛沫は『犬神家の一族』だ。 若者のセックス・シーンはロマン・ポルノのように表面的な生々しさで、1980年頃の記憶が甦り、今どこで観ているのか時間が混乱した。 この舞台は韓国の現代なのか。 母親が枯れ野を歩き、ある所作をするファースト・シーンは必見。
隠す
  
 
[018]バートン・フィンク
 ちょっと卑怯2009-10-18
 
フォークナーの「アブサロム、アブサロム!」をやっと読み終え、本の解説に映画『バートン・フィンク』のハリウッドへ脚本家として出稼ぎに来ている有名な小説家のモデルがフォ・・・
続きを読む
フォークナーの「アブサロム、アブサロム!」をやっと読み終え、本の解説に映画『バートン・フィンク』のハリウッドへ脚本家として出稼ぎに来ている有名な小説家のモデルがフォークナーだという記述があり、そうだったかと思い再見した。 確かに容姿は似ている。 映画は、謎が謎のまま終わってしまい、映像の質感が素晴らしいので不快ではないが、全体的な記憶があまり残らない種類の作品だ。 美しく印象的なラスト・カットもまた。 コーエン兄弟の映画は、変な髪型の主人公だと面白い。
隠す
  
 
[019]アンナと過ごした4日間
 土曜日の朝だった2009-10-17
 
初日、初回のシアター・イメージフォーラムは静かで知的な期待に噎せかえらんばかりの様子。場内は満席で、忘れがたい傑作『早春』のイエジー・スコリモフスキ監督の舞台挨拶が・・・
続きを読む
初日、初回のシアター・イメージフォーラムは静かで知的な期待に噎せかえらんばかりの様子。場内は満席で、忘れがたい傑作『早春』のイエジー・スコリモフスキ監督の舞台挨拶があり、出演した『イースタン・プロミス』の容貌そのままに繊細で威風堂々。 作品は知に勝ちすぎた感はあるが、丁寧なプロダクションに満足する。監督が映画主演は初めてだったと語った主人公の俳優が醸し出すインテリジェンスは、物語の設定を曖昧にしていたかもしれない。 『早春』をもう一度見たいなと思いながら、2回目の上映を待つ長蛇の列に囲まれた館をあとにした。
隠す
  
 
[020]ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜
 監督賞よりも女優賞2009-10-10
 
極限の貧困の中でなお全身でヒューモアを醸し出す松たか子、口元の笑みで心中相手に選ばれた女の勝利を表現する広末涼子。ふたりの素晴らしい女優。 この脚本とキャストで市川・・・
続きを読む
極限の貧困の中でなお全身でヒューモアを醸し出す松たか子、口元の笑みで心中相手に選ばれた女の勝利を表現する広末涼子。ふたりの素晴らしい女優。 この脚本とキャストで市川崑が演出していたらどれほどキレの良い作品になっていただろう、と思った。 妄想する喜びを与えてくれた作品。
隠す
  
 
[021]ボヴァリー夫人
 映画館だと眠りやすい2009-10-05
 
〔シアター〕イメージフォーラムでの初日2回目は、 スノビッシュな死臭に噎せかえらんばかりの様子。 すこし眠った私は、 3回目の観客の列に囲まれた映画館をあとにした。 1・・・
続きを読む
〔シアター〕イメージフォーラムでの初日2回目は、 スノビッシュな死臭に噎せかえらんばかりの様子。 すこし眠った私は、 3回目の観客の列に囲まれた映画館をあとにした。 1989年に作られた“この”映画を再編集して、 今公開する必要があったのかどうか。 ならば、『静かなる一頁』のリバイバル、またはDVD発売を。
隠す
  
 
[022]アワーミュージック
 ゴダールは花も育てる2009-09-26
 
30分ほど見て、止めて、少し眠って覚めて、最後まで見た。 なんという快楽。 映画は、というと、ホメロスのような詩人のいなかった国は戦争に負けた事が歴史として定着してし・・・
続きを読む
30分ほど見て、止めて、少し眠って覚めて、最後まで見た。 なんという快楽。 映画は、というと、ホメロスのような詩人のいなかった国は戦争に負けた事が歴史として定着してしまうという話やゴダールの講演シーンの「フィクション/ドキュメンタリーの同一性」、「男/女のショットの切返し」についてなど、面白くなりそうなのに例によって難解にしている。 類いまれなる映像感覚!と、トリュフォーに賞賛されたゴダールだがフランス語(言葉)からは決して離れない。 第3部の天国篇では、若者たちが見えないボールで遊んでいたり、リンゴを食べたり、本を読んだりしている。 快楽からは遠く離れているように見える。
隠す
  
 
[023]霧の中の風景
 編集が難しいだろう2009-09-23
 
アンゲロプロス、イコール、長廻しなので、絶妙なる編集などと言うと奇を衒うようだが、シークエンスが完璧であるがゆえに、時折なんとか最後までと手に汗握ってしまう不快さも・・・
続きを読む
アンゲロプロス、イコール、長廻しなので、絶妙なる編集などと言うと奇を衒うようだが、シークエンスが完璧であるがゆえに、時折なんとか最後までと手に汗握ってしまう不快さもあるのだが、カットの繋ぎは困難を極めるだろう。どうしても目立ってしまうはずだ。 また、 海から曵き上げられる行く先を示す人指し指を失った巨大な手は、彫像の一部ならヘリコプターでは持ち上がらないはずだ。 あんなにたくさんの街灯が稠密に並んだ道路はない。 使用目的不明の巨大な土木機械は一体何なのか。スピルバーグの『宇宙戦争』を思い出した。実写なのに。 姉と弟を演じた子どもはそう簡単には見つからない。 贅沢な映画である。
隠す
  
 
[024]バーン・アフター・リーディング
 手近な引き出し2009-09-18
 
コーエン兄弟の映画で、長い廊下を報告のために走る男の足元をとらえたドリー・ショットが使われている作品はダメである。
  
 
[025]BULLET BALLET バレット・バレエ
 チマチマしない2009-09-12
 
完成度など目指さない。スタイリッシュなんかじゃない。 鈴木京香の最初のショットは緩いが、かまわない。ピストルへのこだわり、自家製拳銃の不発ぶりに性的な意味を込めない・・・
続きを読む
完成度など目指さない。スタイリッシュなんかじゃない。 鈴木京香の最初のショットは緩いが、かまわない。ピストルへのこだわり、自家製拳銃の不発ぶりに性的な意味を込めない。疾走する細いヒロインの若い女の背景に居酒屋が、燃え上がる死体の背景に高速道路を行くトラックが映り込んでも構わない。 しかし、井川比佐志のレインコートはダサイが、被弾して出血した右腕を降りおろした時に飛び散る鮮血には息をのむ。自殺した女の残した磨りガラスの弾痕は美しい。 必要なショットを積み重ね、必要な画を作っている。型にこだわりがない。 『BULLET BALLET』解放された映画だ。
隠す
  
 
[026]浮草
 なんと気儘な2009-08-27
 
旅回りの一座が、座長が昔関係した女と彼女に産ませた息子に会うために、あまり集客の見込みのない和歌山あたりの鄙びた漁港で興行をうつ。 女は12年ぶり!に訪れた彼を自然・・・
続きを読む
旅回りの一座が、座長が昔関係した女と彼女に産ませた息子に会うために、あまり集客の見込みのない和歌山あたりの鄙びた漁港で興行をうつ。 女は12年ぶり!に訪れた彼を自然な笑顔で迎え、座長は伯父だと偽っている息子と釣りを楽しむ。 やはり客は入らず、次の興行の交渉のため一座を離れた‘先乗り’は準備金を持ったまま行方をくらまし、役者の一人も皆の金目のものを盗んでドロンし、現在座長と関係がある女立役者は嫉妬に狂い、若い女役者を唆して息子を誘惑させる。 一座はバラバラ、解散の憂き目にあう。 ところが、座長は、息子と関係した女役者の世話を昔の女に押しつけ、女立役者と縒りを戻して、また旅へでる。 無茶苦茶だ。 しかし、名優中村鴈治郎は一度も舞台に姿を見せず、階段を上がる京マチ子のふくらはぎは美しく、若尾文子は彼女の女優史上最高に不細工に撮られてい、杉村春子の心情は理解できないながら納得させられ、三井弘次のアクの強さに惚れ惚れし、下品な人物もあまた登場し、誰でもが知っている豪雨の下の喧嘩シーンの罵詈雑言は聞くに堪えない。ほとんどすべてのカットに現れる赤い色の物品には眩暈すらおぼえる。 糾弾されるかもしれない要素をてんこもりにしながら、豊かで楽しい気分に溢れている。やっぱり、映画を観るのは面白い。
隠す
  
 
[027]時をかける少女
 かける2009-08-12
 
ようやく見た。そして満足。 画もよろしく美しく、男の子と女の子の関係性というか 距離も程よくて、ラストがとくに。 少女が「時をかける」のではなくて、 クライマックスで「・・・
続きを読む
ようやく見た。そして満足。 画もよろしく美しく、男の子と女の子の関係性というか 距離も程よくて、ラストがとくに。 少女が「時をかける」のではなくて、 クライマックスで「地面を駆けに駆ける」シーンに感動した。 過剰な号泣シーンも心地良い。 機会があれば、是非。
隠す
  
 
[028]深夜の告白
 文体だけ真似て2009-07-27
 
ワン・コインDVD2枚と、財布の底から見つけた1,000円のレコード券を紀伊國屋2階のテイト無線で引き換えた(外資系のCDショップでは使えない)。 『サリヴァンの旅・・・
続きを読む
ワン・コインDVD2枚と、財布の底から見つけた1,000円のレコード券を紀伊國屋2階のテイト無線で引き換えた(外資系のCDショップでは使えない)。 『サリヴァンの旅』と『深夜の告白』。 ワイルダーの『深夜の告白』は十何年かぶりだったが、場面転換の見事さに酔った。チャンドラーの文体だけ参考にしたワイルダーの脚色。 また、エドワード・G・ロビンソンは、したたかな保険会社の調査員を、『スカーレット・ストリート』のくたびれた会計係、『キー・ラーゴ』の落魄れかけたギャングのボスと同様のハイ・テンションで、まるで職種は違うのにズシリと演じ切っていた。 バーバラ・スタンウィックは『レディ・イヴ』、『教授と美女』からユーモアを抜いてもやはり“悪い女”だ。“良い女”だ。 ラストでは、銃弾であいた主人公の胸の穴から、最期のタバコの煙がただよい出てという記憶があったが、どうも何かと取り違えたらしい。
隠す
  
 
[029]沈まぬ太陽
 日本映画を観たい2009-07-21
 
映画化、秋公開ということで、山崎豊子著「沈まぬ太陽」を読む。 日本航空がモデルの企業小説。「総理フライト阻止」ストの際の組合委員長だったことで、10年に及ぶ流刑人事・・・
続きを読む
映画化、秋公開ということで、山崎豊子著「沈まぬ太陽」を読む。 日本航空がモデルの企業小説。「総理フライト阻止」ストの際の組合委員長だったことで、10年に及ぶ流刑人事に遇う主人公・恩地元(配役は渡辺謙)の会社内での苦闘を描く。 文体は平易で、多数の登場人物、全5巻の大作だが、スラルラ読める。欲望渦巻く政官財の権謀術策が「華麗なる一族」「白い巨塔」などより淡々と描かれる。しかし、第二部の御巣鷹山篇は圧巻。遺族の引き裂かれた思いが胸に迫る。 映画では、墜落事故後、会長に就任する国見に石坂浩二、恩地と対立する広報部担当重役に三浦友和らがキャスティングされている。 テレビ局のスペシャルドラマのブローアップとか、市井のスケッチをCGの東京タワーでこけおどした紛い物とか、ほんとに低予算のスケッチ映画とか、漫画映画とかが席巻する邦画のなかで、久々の山本薩夫的超大作として期待したい。3時間超らしい。 さらに、20億?ぐらいの予算だそうだが、テレビの放映料は当てにできないだろう、という老婆心。
隠す
  
 
[030]それでも恋するバルセロナ
 アレンさん、絶好調2009-06-28
 
購入する際、40過ぎのオジさんが、“『それでも恋するバルセロナ』の前売りを1枚”と発語するのが滑稽だとの思いに捉われて、“それでも…ムニャムニャ”と言いながら、カウンタ・・・
続きを読む
購入する際、40過ぎのオジさんが、“『それでも恋するバルセロナ』の前売りを1枚”と発語するのが滑稽だとの思いに捉われて、“それでも…ムニャムニャ”と言いながら、カウンターの一覧表でタイトルを差し、その指を立てた。 日曜日の9時30分の回はそれでも、3分の1ほど埋まっていたが、何故か私一人笑っていた。面白いのに。 適宜入ってくるナレーションの絶妙な語り口を堪能した。ペネロペ・クルスとスカーレット・ヨハンソンはふたりとも魅力的すぎて、効果を相殺してしまった嫌いはある。もっとも、ストーリーはそれを意図して組み立てられているのだが。 撮影はちょっと緩く、黄色っぽくて、スペインのダラダラ感が表現されていた。 それにしても、ペネロピ(そう呼んでいる)が登場するまでが長過ぎる。待ち合せ時間に30分以上遅れるとは。何のために前売りを映画館まで買いに行き、前日に指定席券と引き換えに行き、そして当日と、合計3回も足を運んだんだと。 でも、その甲斐は充分、ペネロピ登場後の破壊力は凄まじい!拳銃をかまえてフレーム・インしてくる姿は、彼女を介してウディ・アレンが、変態メジャー映画の巨匠アルモドバルの影響を受けたかに思われた。 しかし、ウディ・アレンは、本当は凡庸で才能がなく美人だが芸術好きのスノッブでインテリ男に騙されやすいスカーレット・ヨハンソンが演じたタイプの女性が好きで堪らんのだ。 いずれにしても素敵な作品なので、気持ちが折れている人は是非見ましょう。
隠す
  
 
 1 2 3 4 5次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION