allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「ポクスンア」さんのコメント一覧 登録数(131件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]ベアーズ・キス
 森の熊さんポクスンア2003-11-25
 【ネタバレ注意】
元の民話を知らないけど、現代を舞台に巧くアレンジできていると思う! ロードムービーでもあり、シベリアからスペインまでヨーロッパの多様な風景を 楽しめるし、ロリコンも楽・・・
続きを読む
元の民話を知らないけど、現代を舞台に巧くアレンジできていると思う! ロードムービーでもあり、シベリアからスペインまでヨーロッパの多様な風景を 楽しめるし、ロリコンも楽しめる(ホントか?よく分かんないけど、多分)。 最後は熊さんの不細工さより憎らしい小生意気な少女が大変身! 熊が人間になるより、ロマンチックで良いです。
隠す
  
 
[002]三十四丁目の奇蹟
 営業マンサンタポクスンア2003-11-23
 
子ども達の夢=サンタクロースを否定することを躊躇う大人達。 そんな心優しい映画・・。 と思いきや、デパート業界を舞台にしている為、商魂がサンタの存在を支えていることを・・・
続きを読む
子ども達の夢=サンタクロースを否定することを躊躇う大人達。 そんな心優しい映画・・。 と思いきや、デパート業界を舞台にしている為、商魂がサンタの存在を支えていることを暴いてる!?サンタのおじさんもデパートでプレゼントを買っていたなんて! 本当のところ、サンタクロースなんかいなくても“クリスマス”は困らないんだからね。
隠す
  
 
[003]キャバレー
 メイクは70年代ポクスンア2003-11-20
 
冒頭の踊り子達のダンス、“キャバレー”という狭い空間を尊重しているのでダイナミックさにかけるけど、さすがフォッシーと言う感じで色っぽい。 でもその他はテンポ悪くって、・・・
続きを読む
冒頭の踊り子達のダンス、“キャバレー”という狭い空間を尊重しているのでダイナミックさにかけるけど、さすがフォッシーと言う感じで色っぽい。 でもその他はテンポ悪くって、ちょっとがっかり。 ちなみにこれを翻案した『洪水の前』という日本のミュージカルがあります。 場所は上海、ナチスに代わるのは日本軍。 両方ともめちゃくちゃな時代が到来する直前を描いています。 バカ騒ぎの中、近づいて来る不気味な足音。その辺の描写の力も意外と弱かったのかも。 それにミュージカルファンとしては、これをミュージカル映画と言うには抵抗を感じます。歌って踊るシーンはあくまでキャバレーのショーとして。つまんない。逃げたな、フォッシー!!ロブ・マーシャルの方が果敢に挑戦しているぞ!
隠す
  
 
[004]愛を乞うひと
 弟も乗り越えられるといいねポクスンア2003-11-20
 
タイトルはどんぴしゃり。ヒロインはひたすら“愛を乞うひと”で、原田サンの 名演でその痛さが深く響きます。“暴力女”の恐ろしさと哀しさも伝わってきます。彼女は本当に凄いん・・・
続きを読む
タイトルはどんぴしゃり。ヒロインはひたすら“愛を乞うひと”で、原田サンの 名演でその痛さが深く響きます。“暴力女”の恐ろしさと哀しさも伝わってきます。彼女は本当に凄いんですね! 美容室を出る頃雨は止み、テルエは母を乗り越えます。幸せな結末です。
隠す
  
 
[005]海の上のピアニスト
 移民船ポクスンア2003-11-20
 
無限の可能性を信じてアメリカを目指す移民達を見送りながら、 無限は人間の中にあるという主人公。 彼は居場所を失うけど、ある真実を見抜いていたんだねぇ。 最初はイタリア・・・
続きを読む
無限の可能性を信じてアメリカを目指す移民達を見送りながら、 無限は人間の中にあるという主人公。 彼は居場所を失うけど、ある真実を見抜いていたんだねぇ。 最初はイタリア人監督が気を使って単純な移民=アメリカ讃歌の描写をしたのかと 世知辛いモノを感じたけど、誤解で良かった。
隠す
  
 
[006]マネキン
 愛は止まらないポクスンア2003-11-07
 
80年代の匂いが充満!今となってはそれが壁になって中に入れません・・。
  
 
[007]ぼくの美しい人だから
 チェストの中ポクスンア2003-11-07
 
嫌な女ね!一番恥じているのは自分自身じゃないのさ!誰か彼女の横っ面を 張り倒して気付かせてやって!!・・と、最後まで納得いかないモノが残る映画。
  
 
[008]ヘヴン
 空へポクスンア2003-11-06
 
清廉すぎて物足りない。心中ものに必要なあつ〜いものがないんだもんね。特に 女の方に。一途な男の子だけに焦点を当てた方が面白かったのではないかと 勝手に想像するのであります!
  
 
[009]死ぬまでにしたい10のこと
 ミリバニリポクスンア2003-11-06
 
アンの選択には賛否両論が出そう。どちらにしても、その静かだけど複雑なキャ ラは作品に厚みを与えていると思います。 それにアンへの共感を強要していないので、ひとつの生き・・・
続きを読む
アンの選択には賛否両論が出そう。どちらにしても、その静かだけど複雑なキャ ラは作品に厚みを与えていると思います。 それにアンへの共感を強要していないので、ひとつの生き方として客観的に見ていられます。 そして、はて、ワタシなら?と思わず考えてしまうのです。
隠す
  
 
[010]マッチスティック・メン
 1,2,3ポクスンア2003-11-06
 
至極道徳的?で穏やかなラストが和みます。 この終わり方からして観客を引っ掛ける事に全力を注いだのではないでしょ、と 察します。 肩の力を抜いたユルイ作りは、なかなか心・・・
続きを読む
至極道徳的?で穏やかなラストが和みます。 この終わり方からして観客を引っ掛ける事に全力を注いだのではないでしょ、と 察します。 肩の力を抜いたユルイ作りは、なかなか心地良かったです。
隠す
  
 
[011]トニー・コレット
 Wild Partyポクスンア2003-10-19
 
彼女には“トニー賞ミュージカル部門主演女優賞ノミネート(2000)” という輝かしい経歴もあるんだよ。 授賞式のビデオを見ると、客席にいる彼女は確かに“トニ・コレット”な・・・
続きを読む
彼女には“トニー賞ミュージカル部門主演女優賞ノミネート(2000)” という輝かしい経歴もあるんだよ。 授賞式のビデオを見ると、客席にいる彼女は確かに“トニ・コレット”なんだけど、 舞台で歌って演じている彼女はどう見ても40才前後、熟した色気を振りまいていて、 我が目を疑う事数回。ある意味凄い女優さんだ〜。 歌も迫力あってお上手で、是非ゼダ・ジョーンズさんのように、映画でも その実力を見せつけるチャンスを掴んで欲しいと思わずにいられないのでした。
隠す
  
 
[012]名もなきアフリカの地で
 ユダヤとヨーロッパ、そしてアフリカポクスンア2003-08-31
 
一時的滞在者による無責任な讃歌に陥っていない所に好感が持てます。 ケニア、或いは“祖国”ドイツへの想いは三者三様で、それも偏りなく描かれています。 ユダヤ人と欧州との・・・
続きを読む
一時的滞在者による無責任な讃歌に陥っていない所に好感が持てます。 ケニア、或いは“祖国”ドイツへの想いは三者三様で、それも偏りなく描かれています。 ユダヤ人と欧州との愛憎入り混じった深い結びつきを改めて知るようでもあるし、 そこにアフリカが加わり価値観の多様性が声高にではなく静かに浮かび上がっています。 でも何よりもこれは家族の物語。この一家の喜怒哀楽、ケニアへの感謝に似た想い も丹念に描かれて、冷静だけど、体温のある暖かい作品です。 ドイツを“祖国”として愛しつづけるユダヤ人の物語というのも新鮮。
隠す
  
 
[013]がんばれ、リアム
 罪→罰→地獄ポクスンア2003-08-07
 
繰り返し挿入される神父や教会の存在は、ただでさえ厳しい人生に追い討ちをかける だけの役回り。皮肉にもそれはこの映画の性格そのもの。その執拗な描写にうんざり。 子ども・・・
続きを読む
繰り返し挿入される神父や教会の存在は、ただでさえ厳しい人生に追い討ちをかける だけの役回り。皮肉にもそれはこの映画の性格そのもの。その執拗な描写にうんざり。 子どもの無邪気さだけに救いを置く世界観なんて持ちたかーないわねぇ。
隠す
  
 
[014]トレインスポッティング
 アンタと同じ人生ポクスンア2003-07-25
 
スコットランドで一番汚いトイレの描写が素晴らしい。 あんな所でも用を足せるようになるのね。怖いよう。 この世には最悪かマシな人生しかないのね、と脱力感を感じる作品。・・・
続きを読む
スコットランドで一番汚いトイレの描写が素晴らしい。 あんな所でも用を足せるようになるのね。怖いよう。 この世には最悪かマシな人生しかないのね、と脱力感を感じる作品。 それでも私は貯蓄に励もう。
隠す
  
 
[015]恋におちたシェイクスピア
 新世界ポクスンア2003-07-14
 
シェイクスピアとヴァイオラの許されない恋が「ロミオとジュリエット」を紡ぎ、 想うが故の別れが「十二夜」を生む。巧〜い。 さらに「十二夜」を新世界アメリカと結びつけて・・・
続きを読む
シェイクスピアとヴァイオラの許されない恋が「ロミオとジュリエット」を紡ぎ、 想うが故の別れが「十二夜」を生む。巧〜い。 さらに「十二夜」を新世界アメリカと結びつけて、最後はしっかりアメリカ映画 として終わっているところが抜け目ない。 ラストのロングカットは遠くアメリカへ旅立ったヴァイオラが物語の中で再生し、 永遠となった様を見事に表現しています。 見知らぬ大地を踏みしめて進むその姿は神々しくさえあって、 シェイクスピアの“永遠のヒロイン”という想いに相応しい感動的な姿です。 映画の中にはシェイクスピアの物語に魅了される人々がいて、さらに自分自身が この映画の巧みさに引き込まれると、物語を聴く楽しさを再認識します。
隠す
  
 
[016]暗い日曜日
 洪水の後ポクスンア2003-07-14
 【ネタバレ注意】
複雑な時代の複雑な男女の物語。 “暗い日曜日”に伴われた3人の男の死はそれぞれですが、やっぱり尊厳を最後の砦 としたラズロの別れの姿が一番印象的。 そして洪水の後もし・・・
続きを読む
複雑な時代の複雑な男女の物語。 “暗い日曜日”に伴われた3人の男の死はそれぞれですが、やっぱり尊厳を最後の砦 としたラズロの別れの姿が一番印象的。 そして洪水の後もしっかり残り、怨念をきっちり晴らすイローナはあっぱれ〜。 ドイツ人が作ったと思うと、“ひとりだけ英雄になるのは許さない”と言っている ようでもあります。
隠す
  
 
[017]チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル
 美女三銃士(韓国語題)ポクスンア2003-07-08
 
『けーぷふぃあ』と『ふらっしゅだんす』も見つけたよ!(すぐ分かるって?) そして"living on a prayer"に涙(嘘)。 それより何より気になったのはキャメロンち・・・
続きを読む
『けーぷふぃあ』と『ふらっしゅだんす』も見つけたよ!(すぐ分かるって?) そして"living on a prayer"に涙(嘘)。 それより何より気になったのはキャメロンちゃんのお肌!やばいぞ〜、あれは! 2000万ドルの代価?の露出サービスは素晴らしいけど、お肌のお手入れにも女優魂を見せてよねっ!
隠す
  
 
[018]めぐりあう時間たち
 静かにしてちょうだいポクスンア2003-06-17
 
仰々しい音楽がうるさ〜い。垂れ流し状態。役者が皆巧いからなおさら邪魔。 監督は音楽に頼らないと不安だったんでしょうか?? 皆静かに真面目に自分の人生を見つめている・・・・
続きを読む
仰々しい音楽がうるさ〜い。垂れ流し状態。役者が皆巧いからなおさら邪魔。 監督は音楽に頼らないと不安だったんでしょうか?? 皆静かに真面目に自分の人生を見つめている・・という 人物(クラリッサ以外?)を巧みに演じているのに。もう少し静かに見させてよ。
隠す
  
 
[019]少女の髪どめ
 ポクスンア2003-06-08
 
ラティフがバランに向ける視線の初々しいこと!典型的な初恋症状。 直情型であまりに一途なラティフに幸い映画はささやかなプレゼントを用意してくれています。 『〜赤い金魚・・・
続きを読む
ラティフがバランに向ける視線の初々しいこと!典型的な初恋症状。 直情型であまりに一途なラティフに幸い映画はささやかなプレゼントを用意してくれています。 『〜赤い金魚』同様、厳しい現実描写の中で監督が人間に向ける視線は限りなく暖かい。 そう評価してしまうのはイランの現実を知らないから? いずれにしてもこれは万国共通なのか、初恋のトキメキと切なさに溢れる作品。 でもそれだけではないことも分かります。 監督の言葉によると、もの言わぬバランはアフガニスタン人の象徴だそうです。
隠す
  
 
[020]パイラン
 まぼろしポクスンア2003-06-08
 
とにかく男がみじめなのよー。流し台とトイレが兼用になっている生活を 見たときには嫌悪感通り越して悲鳴あげたくなっちゃったよ。 演じるチェ・ミンシク アジョシがまた、・・・
続きを読む
とにかく男がみじめなのよー。流し台とトイレが兼用になっている生活を 見たときには嫌悪感通り越して悲鳴あげたくなっちゃったよ。 演じるチェ・ミンシク アジョシがまた、リアルに汚いんだ。 一方のパイランはなんとも純粋で可憐な幻の花のよう。 カンジェがあまりにも哀しいから、そんな花があってもいいか、という気に させられるラストでありました。
隠す
  
 
[021]猟奇的な彼女
 サディスティックコンジュ病ポクスンア2003-06-05
 
ベタベタ、コテコテ、長すぎる! エピソードはひとつふたつ削れるし、あの偶然に血縁が絡むのはやりすぎー。 韓国人はメロ映画が好きというセリフがあるけど、これも漏れなく・・・
続きを読む
ベタベタ、コテコテ、長すぎる! エピソードはひとつふたつ削れるし、あの偶然に血縁が絡むのはやりすぎー。 韓国人はメロ映画が好きというセリフがあるけど、これも漏れなくメロ映画でありました。 チョン・ジヒョンちゃんが可愛いので幸い見つづけられますが、 そんな彼女も泣きの演技に入ると心なしか魅力ダウン。映画も魅力ダウンなのでした。
隠す
  
 
[022]キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
 一応クリスマス映画ポクスンア2003-06-05
 
ピーターパンを追うようにスルスル〜と話は進み、最後は彼が何とか世の中と妥協して 大人になろうと努力しているようでいじらしい。 この映画に詐欺師の巧妙でスリリングな手・・・
続きを読む
ピーターパンを追うようにスルスル〜と話は進み、最後は彼が何とか世の中と妥協して 大人になろうと努力しているようでいじらしい。 この映画に詐欺師の巧妙でスリリングな手口なんて期待しないでね。 その辺の描写は結構いい加減で、“だって事実なんだからいいじゃんか〜”って スピ監督の手抜きの言い訳が聞えてきそう。 でもレオファンの私は監督に感謝するよ、さすがに最後であろうレオ得意の “繊細な10代”をたっぷり見せてくれたからね!
隠す
  
 
[023]シカゴ
 脇に本物が!ポクスンア2003-06-05
 
楽しいよう。かっこいいダンスと曲がてんこもりの豪華なショーだーっ。 舞台では実現できない映画ならではの演出はパワフルだし、 可愛さと悪女ぶりがちゃんと共存しているレ・・・
続きを読む
楽しいよう。かっこいいダンスと曲がてんこもりの豪華なショーだーっ。 舞台では実現できない映画ならではの演出はパワフルだし、 可愛さと悪女ぶりがちゃんと共存しているレニー姐さんの演技力と 艶やかなキャサリン姐さんの歌声(彼女がすごいのはダンスではなく歌声!) も見る/聴く価値充分。 ミュージカルが好きな人なら充分楽しめるし、にもかかわらずミュージカルの本物は ハリウッドではなくブロードウェーにあるのね、と改めて胸に刻むでしょう。 だって、何よりカッコいいのは、主役の映画俳優3人と明らかにレベルが違う 脇を固めるミュージカルのプロ達なんだから! カメラワークでも実力不足をカバーできないヒロインふたりのつまらない ダンスシーンでラストを締めなければいけないところにハリウッドの限界が明らかに現れてる…。 エンドクレジットで、大好きなキャサリン姐さんの 歌声(all that jazz)  をもう一度流してくれたから、私は許すけどっ♪
隠す
  
 
[024]パリ、テキサス
 青が目にしみるポクスンア2003-05-23
 
想像を絶するほど愛してしまったから、とは何て自分勝手な言い訳でしょ。 こういうタチの悪い男に意識的に償わせているところがこの映画の良いところ。 お互い相手の顔を見て・・・
続きを読む
想像を絶するほど愛してしまったから、とは何て自分勝手な言い訳でしょ。 こういうタチの悪い男に意識的に償わせているところがこの映画の良いところ。 お互い相手の顔を見て気持ちを伝えられない演出に二人の不器用な結婚生活が浮かんでくるね。 母子再会シーンのナスターシャさんの演技も必見。
隠す
  
 
[025]エトワール
 選ばれた人々ポクスンア2003-05-22
 
冒頭から選ばれた精神と選ばれた肉体に圧倒されますが、徐々に 彼らの不安と孤独があぶり出されていきます。 それも一様ではなく、孤独を吐露しながらもゆったりと構えるエ・・・
続きを読む
冒頭から選ばれた精神と選ばれた肉体に圧倒されますが、徐々に 彼らの不安と孤独があぶり出されていきます。 それも一様ではなく、孤独を吐露しながらもゆったりと構えるエトワールと 代役を狙う様を捉えられて居心地悪そうに映像から消えていくカドリーユの 違いを見せつけられると、才能の不平等に改めて恐怖すら覚えます。 そしてこの映画、パリオペラ座バレエ団の広報用としては最高であります。 ええ、生のステージを見たくなりましたとも。 他の各有名バレエ団も作ってもらうべし!見たいぞ!
隠す
  
 
[026]グリーン・カード
 緑がいっぱいポクスンア2003-05-19
 
画面の中植物がいっぱい、エンヤの曲もかかったりしちゃって。 お話自体も初々しくも自制心のある大人の恋のお話で、悲しいけど爽やかなのです。 この設定でお相手がフランス・・・
続きを読む
画面の中植物がいっぱい、エンヤの曲もかかったりしちゃって。 お話自体も初々しくも自制心のある大人の恋のお話で、悲しいけど爽やかなのです。 この設定でお相手がフランス人という所がつまらないけどね。
隠す
  
 
[027]シリアル・ママ
 殺し方も様々!ポクスンア2003-05-17
 
火かき棒に刺さった内臓にリアリズムを、法廷での股開きに女優魂を感じました。 見方を変えれば連続殺人もとっても愉快なドタバタ喜劇なのね! いざと言う時はママを思い出し・・・
続きを読む
火かき棒に刺さった内臓にリアリズムを、法廷での股開きに女優魂を感じました。 見方を変えれば連続殺人もとっても愉快なドタバタ喜劇なのね! いざと言う時はママを思い出して笑って殺されよう!・・・。
隠す
  
 
[028]あの頃ペニー・レインと
 針の音ポクスンア2003-05-17
 
作品自体にも70年代のロックにも発熱しなかったけど、いっちばん最後の レコードの針が上がる音で点数アップ! この音でようやくノスタルジーを共有できたから。 そして他人・・・
続きを読む
作品自体にも70年代のロックにも発熱しなかったけど、いっちばん最後の レコードの針が上がる音で点数アップ! この音でようやくノスタルジーを共有できたから。 そして他人の奇麗な思い出に付き合うのも悪くないという気にさせられたよ。 映画は最後の最後までみるべし、なのね、やっぱり。
隠す
  
 
[029]ポネット
 幼な子のようにポクスンア2003-05-05
 
4歳の女の子が母親の死を受け入れる過程を丁寧に丁寧に描写。 丁寧すぎて途中少し飽きるけど、終盤、墓場の場面以降はその過程が凝縮 されているようで一気に引き込まれます・・・
続きを読む
4歳の女の子が母親の死を受け入れる過程を丁寧に丁寧に描写。 丁寧すぎて途中少し飽きるけど、終盤、墓場の場面以降はその過程が凝縮 されているようで一気に引き込まれます。 そしてラスト、全てを受け入れて前を向き始めた一人の人間の姿が鮮明に 浮かびあがります。 ちなみにキリスト教では子どもに信仰の理想型を見る側面があります。 イエスがそういう言葉を遺しているので。 ポネットの疑いのない姿はまさにその理想型にあてはまり、その先にあのような 奇跡が起こっても、キリスト教信仰の内にいる者には不自然ではないのです。 よってある意味、教会で説教を聞いている気分にもさせられる映画です。 見習えよ、と。
隠す
  
 
[030]フィオナの海
 アザラシの精ポクスンア2003-05-04
 
語りの場面も多く、時折昔話を聞いている気分に。そう、昔話が好きな人は きっと楽しめる! 昔話が持つリアリティを突き抜けるパワーがちゃんとあります。 主役の女の子は演・・・
続きを読む
語りの場面も多く、時折昔話を聞いている気分に。そう、昔話が好きな人は きっと楽しめる! 昔話が持つリアリティを突き抜けるパワーがちゃんとあります。 主役の女の子は演技下手。でも神秘的な風貌が作品とマッチしてそれを補ってる。
隠す
  
 
 1 2 3 4 5次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION