allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「マイカル」さんのコメント一覧 登録数(168件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]蒼き狼 地果て海尽きるまで
 肩透かしマイカル2007-02-23
 
期待していた松山ケンイチの出番は極々わずかだった・・・ この映画、もはやどこを褒めろというのか・・・
  
 
[002]14才の母
 ダメだマイカル2006-12-21
 
最後まで話にリアリティーが感じられなかった。 話の深刻さを臭いセリフやら未希の無垢なキャラで誤魔化しているあざとさを感じてしまった。 リアリストたる桐野静香が憎まれ役・・・
続きを読む
最後まで話にリアリティーが感じられなかった。 話の深刻さを臭いセリフやら未希の無垢なキャラで誤魔化しているあざとさを感じてしまった。 リアリストたる桐野静香が憎まれ役になっているのが全てを物語っている。
隠す
  
 
[003]スクラップ・ヘブン
 まんまマイカル2006-12-17
 
デスクワークといい、謎の女といい、ほんとに「ファイト・クラブ」そのものじゃないですか。 キーポイントぐらい捻れよ。
  
 
[004]EUREKA ユリイカ
 ヴェンダース監督の「さすらい」マイカル2006-12-03
 
がほとんど話題に上らないのは何故でしょうか? サングラスのシーンはあからさまなオマージュなのですが・・・ たしかにテーマ性においては全くのオリジナルですけど、これほど・・・
続きを読む
がほとんど話題に上らないのは何故でしょうか? サングラスのシーンはあからさまなオマージュなのですが・・・ たしかにテーマ性においては全くのオリジナルですけど、これほどまでに元ネタを知らない人が多いとは・・・
隠す
  
 
[005]スパイダーマン3
 (無題)マイカル2006-11-21
 
叔父の殺人犯への復讐に憑かれる黒いスパイダーマン
  
 
[006]ディパーテッド
 (無題)マイカル2006-11-20
 
導入部はググッと引き込まれるし、アイリッシュ・マフィアやFBIをストーリーに絡めたのはさすがだけど、 ラストが呆気なさ過ぎてガッカリした。 オリジナルの方がずっといい。
  
 
[007]ザ・プレステージ(原題)
 (無題)マイカル2006-11-16
 
天才同士の戦い、っていう設定が『デスノート』っぽいです。 個人的にはクリスチャン・ベール出演は「バットマン・ビギンズ」とかぶるのでは?と心配しましたが、悪役だったの・・・
続きを読む
天才同士の戦い、っていう設定が『デスノート』っぽいです。 個人的にはクリスチャン・ベール出演は「バットマン・ビギンズ」とかぶるのでは?と心配しましたが、悪役だったのでビックリしました。 今年は面白い映画少ないなー、なんて思っていましたが、年末になって追い上げた感じですね。
隠す
  
 
[008]DEATH NOTE デスノート the Last name
 感動!マイカル2006-10-25
 【ネタバレ注意】
ラストのオチは残念ながら既視感の強いものだったが、不覚にも最後ホロッと来てしまった(原作からはとても考えられない)。 原作と違いドラマがしっかり描かれたことで夜神総・・・
続きを読む
ラストのオチは残念ながら既視感の強いものだったが、不覚にも最後ホロッと来てしまった(原作からはとても考えられない)。 原作と違いドラマがしっかり描かれたことで夜神総一郎などのキャラの魅力が格段に増している。藤原竜也も前編とは比べ物にならないぐらいの熱演を見せているし。 それでも、今回は完全にLファンのための映画。お茶目でクールだけど、本当に切なかった。 ありがとう、L、そして松山ケンイチ。
隠す
  
 
[009]天使が消えた街
 (無題)マイカル2006-10-10
 
高野敦が最期に言い残す言葉が綺麗ごとにしか聞こえなかったり、細川茂樹の消え方が強引だったり、やや駆け足的な終わり方ではあったが、とりあえず藤井フミヤお見事、と言いたい。
  
 
[010]DEATH NOTE デスノート
 (無題)マイカル2006-10-04
 
作画のクオリティは結構高めだけど、演出や脚色にほとんど特筆するような点はないし(つーか、ほとんどまんま)、個人的には映画の方が面白いと思う。 月は最初は爽やかキャラ・・・
続きを読む
作画のクオリティは結構高めだけど、演出や脚色にほとんど特筆するような点はないし(つーか、ほとんどまんま)、個人的には映画の方が面白いと思う。 月は最初は爽やかキャラでいてほしかったけど、最初から暗めだし。 ただ、月は正義感など微塵も無い高慢な人間だってことはわかった。
隠す
  
 
[011]井筒和幸
 (無題)マイカル2006-10-03
 
「ALWAYS 三丁目の夕日」を見ないうちから批判しておいて、見てからけなし直したそうじゃないですか。 滅茶苦茶カッコ悪いと思いました。
  
 
[012]セーラー服と機関銃
 (無題)マイカル2006-10-02
 
長澤まさみに薬師丸ひろ子同様、主題歌まで任せてしまうのは拘りか、はたまたアイドル扱いか、どっちやら・・・ ちなみに彼女の歌唱力に関しては・・・「フツー」ですね(当然か)。
  
 
[013]四日間の奇蹟
 やはり物足りないマイカル2006-09-22
 
原作を読んでからの鑑賞です。 ロケ地の映像や、淡々とした雰囲気は良かったですが、原作に忠実に作ってある分、所々のエピソードのカットが話を薄っぺらくしちゃっている印象・・・
続きを読む
原作を読んでからの鑑賞です。 ロケ地の映像や、淡々とした雰囲気は良かったですが、原作に忠実に作ってある分、所々のエピソードのカットが話を薄っぺらくしちゃっている印象でした。真理子中心のストーリーにするつもりだったのなら判りますが、それにしては敬輔が真理子の死をあっさり受け入れすぎのように思います。 特に千織と敬輔の絆がほとんど伝わってこないのが痛かったです。原作の千織のエピソードがアナザー・ストーリーを作れるボリュームだっただけに、これではあんまりでしょう。千織の気弱な一面が描かれないので、千織の願いから受ける印象がまったく違います(連弾のシーンは良かったですが)。幕切れはいかにも映画化らしくぼやかしていますが、個人的には千織の障害を克服しての自立を暗示するシーンも入れてほしかったです。 それから、真理子の乗り移った千織を時々、石田ゆり子が演じるのは演出としては悪くないですが、心電図のコードを抜くシーンでは違和感がありました。また、教会で敬輔が乗り移るシーンも判りずらいです。こうした点にはどうも大人の事情を感じて興ざめしてしまいました。 俳優では石田ゆり子と西田敏行はさすがですが、吉岡秀隆にはもうちょっと芯の強い演技をしてほしかった。尾高杏奈は石田ゆり子を真似た演技といい、素晴らしい演技でした。彼女がいるだけにやはりもうちょっと千織のエピソードを増やしてほしかったと思う次第です。 ちなみにfor chiori from papa&mamaは確かに誤解招きますね(あれじゃ、敬輔と真理子がパパとママって解釈も可能でしょう)。 それから、初潮のシーンは後の「この体なら子供が産める」と言うシーンの複線になっているのですから、疑問に思うことではないでしょう。
隠す
  
 
[014]長澤まさみ
 期待?マイカル2006-09-22
 
私は多少変な役でもいいからどんどん新しいキャラにチャレンジしていってほしい。 日本の若手女優はイメージ重視のせいか、アイドル的な役柄がほとんどで良い意味での見るたび・・・
続きを読む
私は多少変な役でもいいからどんどん新しいキャラにチャレンジしていってほしい。 日本の若手女優はイメージ重視のせいか、アイドル的な役柄がほとんどで良い意味での見るたびにキャラが変わる面白みに欠ける。 もし、このまま魅力的なだけのキャラが続いたらもう出演作はチェックしないと思う。
隠す
  
 
[015]大場つぐみ
 映画前編でマイカル2006-09-14
 
彼と目されている漫画家のポスターが地下鉄のホームに貼ってありましたよ
  
 
[016]柳楽優弥
 (無題)マイカル2006-09-06
 
演技力はともかく、これからは演技の幅をどんどん広げていってほしい。 カンヌ受賞はすごいけど、受賞して以来ずっと同じキャラ、なんてのじゃ困る。 彼が伸びるかどうかはそこ・・・
続きを読む
演技力はともかく、これからは演技の幅をどんどん広げていってほしい。 カンヌ受賞はすごいけど、受賞して以来ずっと同じキャラ、なんてのじゃ困る。 彼が伸びるかどうかはそこに懸かってると思う。
隠す
  
 
[017]松山ケンイチ
 個性派俳優マイカル2006-09-06
 
日本では数少ないカメレオン俳優だと思う。 とくに、ベテランのみならず、若手にまで「キャラのマンネリ化」の進む中、こういう存在はかなり貴重でしょう。 DEATH NOTEのL役な・・・
続きを読む
日本では数少ないカメレオン俳優だと思う。 とくに、ベテランのみならず、若手にまで「キャラのマンネリ化」の進む中、こういう存在はかなり貴重でしょう。 DEATH NOTEのL役なんか本当にハマリ役だったし。 将来に期待。
隠す
  
 
[018]宮崎あおい
 ちょっと心配・・・マイカル2006-09-04
 
演技力を認めないわけではないのですが、「NANA2」の出演を断ったことに彼女を限界を感じました。 日本で「名優」と呼ばれる俳優に多いのがキャラのマンネリ化です。 彼女もア・・・
続きを読む
演技力を認めないわけではないのですが、「NANA2」の出演を断ったことに彼女を限界を感じました。 日本で「名優」と呼ばれる俳優に多いのがキャラのマンネリ化です。 彼女もアイドル的扱いがいまだに強いところを見ると、同じ顛末を歩んでしまう可能性は十分にあると思います。 既に書かれているように役柄の幅を広げていく必要があるでしょう。
隠す
  
 
[019]誰も知らない
 (無題)マイカル2006-09-01
 
ファンタジーで「現実はこうであってほしい」というメッセージを込めたり、ノンフィクションで「これが現実だ」というのはわかるし、ノンフィクションをファンタジーにして「こ・・・
続きを読む
ファンタジーで「現実はこうであってほしい」というメッセージを込めたり、ノンフィクションで「これが現実だ」というのはわかるし、ノンフィクションをファンタジーにして「こうあってほしいけど現実はこうだ」というのもまだわかる。 だけど、あの悲惨な事件をここまで美化しておいて「これはノンフィクションです」みたいな作りにしてあるところに怒りを覚える(この事件を知らない人も多いはず)。 美化するぐらいならいっそのことフィクションでやればいいのに。 柳楽優弥の演技力とかは評価すべきなのだろうけど、実際の長男を知るものとしてはどうしても冷静に見ていられない。 こんな怒りを覚えたのは「火垂るの墓」以来。
隠す
  
 
[020]神の左手 悪魔の右手
 控えめなスプラッタマイカル2006-08-31
 
原作は生理的嫌悪感に頼ってて、楳図先生の作品でもそんなに好きじゃなかったけど、本作はくどい演出と役者の演技の酷さが相まってイマイチだった。 田口トモロヲの怪演は良か・・・
続きを読む
原作は生理的嫌悪感に頼ってて、楳図先生の作品でもそんなに好きじゃなかったけど、本作はくどい演出と役者の演技の酷さが相まってイマイチだった。 田口トモロヲの怪演は良かったけど、原作のセリフを忠実に再現してるだけに子供たちの演技がクサい(2人の舞台裏を想像するのは楽しいけど)。 美少女をキャスティングしてる以外は金子監督の持ち味とかはあんまり感じられなかったし。 原作ファンは小ネタをチェックして楽しんでください。
隠す
  
 
[021]ゲド戦記
 (無題)マイカル2006-07-12
 
既に原作と違うらしいと書いたが、本当に数えるぐらいしか共通点が無い。 「千と千尋の神隠し」以降ジブリアニメには愛想をつかしていたけれども、本作はそれを決定的にしました。
  
 
[022]ILM
 A級か、B級かマイカル2006-06-24
 
視覚効果においてこの会社は「実在するものをリアルに再現する」というのと、「B級映画をわざとチャチに作る」という相反性を持っているように思える。 前者の例であり、後者・・・
続きを読む
視覚効果においてこの会社は「実在するものをリアルに再現する」というのと、「B級映画をわざとチャチに作る」という相反性を持っているように思える。 前者の例であり、後者の反証とも言えるのがスピルバーグ監督作でしょう。 一方で「スター・ウォーズ」は意図的か、そうでないのか、視覚効果があくまでも「ゲーム並み」。 「B級なものをリアルに撮る」という点ではWETAのほうが上ですね(監督にもよるけど)。
隠す
  
 
[023]スーパーマン リターンズ
 (無題)マイカル2006-06-16
 
傑作「バットマン・ビギンズ」がリアル志向だったのに対し、本作はこれまで通り完全にファンタジー路線に走るようですね。 まぁ、性悪説的なバットマンに対し、スーパーマンは・・・
続きを読む
傑作「バットマン・ビギンズ」がリアル志向だったのに対し、本作はこれまで通り完全にファンタジー路線に走るようですね。 まぁ、性悪説的なバットマンに対し、スーパーマンは性善説的なのですから爽やかなファンタジー風味なのは当然と言えば当然なのですが・・・ とりあえず、レックス・ルーサー役のケビン・スペイシーはいかにも愉しそうに演じています。 今回のスーパーマンには出来ればヒートビジョンを使って欲しい(ただ、ヒーローが現代に受け入れられるか、ってのは名作「バットマン・ダークナイト・リターンズ」と被るなぁ)。
隠す
  
 
[024]ネバーエンディング・ストーリー
 最悪マイカル2006-06-14
 
原作ファンなら怒り心頭モノです。特にラスト。
  
 
[025]サザエさん
 マスオのエーにクレームマイカル2006-05-21
 
なんとなく見てたら、タラオの間違った日本語や、 花沢の押しの強さにムカツいてきてたんだよ。 そんで、その中でも最上級にムカツイたのが、マスオの 「エー」 誰かが何か・・・
続きを読む
なんとなく見てたら、タラオの間違った日本語や、 花沢の押しの強さにムカツいてきてたんだよ。 そんで、その中でも最上級にムカツイたのが、マスオの 「エー」 誰かが何かボケをかますと「エー」とか言いやがんの。 アニメを見てない奴に勘違いして貰いたくないのは、 決して工エエェ(´д`)ェエエ工なんてニュアンスではない。 どっちかと言うと( ´_ゝ`)エー お前は何だよと。言いたい!ちったぁやる気を出せよと。 そりゃ和のテイスト。日本のワビサビをかもし出すのに、 製作者は苦渋の選択として( ´_ゝ`)エーになったのかもしれない。 だが一度気になりだすと「どうせ次も( ´_ゝ`)エーだろ?」と思い、 そんで予想通りの( ´_ゝ`)エー。もうね。興ざめ。 ここでハタと気がついたわけよ。サザエさん症候群。 サザエさんを見ていると「明日からまた仕事だ」と思い、鬱になってく症状。 なぜこんな事がと思っていたが、全てはサブリミナルのように チョイチョイ出てくるやる気の無い( ´_ゝ`)エー。何だよ。 つまり日本の不況の現況はサザエさんにある訳だ。wakattaka!
隠す
  
 
[026]リトル・ダンサー
 爽快感半減マイカル2006-05-15
 
ミュージカルの苦手な自分には少々馴染めなかった。 ってか、それよりもさ、 この手のオチにはいい加減飽きたわ。 わざわざあそこまで描かないと主人公の将来も保障できない・・・
続きを読む
ミュージカルの苦手な自分には少々馴染めなかった。 ってか、それよりもさ、 この手のオチにはいい加減飽きたわ。 わざわざあそこまで描かないと主人公の将来も保障できないかね。 どうも青春映画は国籍を問わずにこのオチに頼りがちだよなぁ(8mileを見習え)。
隠す
  
 
[027]グレイス・ケリー
 美人女優の宿命なのかマイカル2006-04-30
 
ナスターシャ・キンスキー同様、出演した映画の監督とは次々に関係を持ったらしい。 しかし、ヒッチコック監督だけは例外だったそうな。
  
 
[028]チャック・パラニューク
 (無題)マイカル2006-04-29
 
著作の映画化が決まったそうですが、正直、「ファイト・クラブ」を超える映画化作品は現れないでしょう。 「ファイト・クラブ」はパラニュークと脚本家、いや監督の理念の一致があっ・・・
続きを読む
著作の映画化が決まったそうですが、正直、「ファイト・クラブ」を超える映画化作品は現れないでしょう。 「ファイト・クラブ」はパラニュークと脚本家、いや監督の理念の一致があってこそ生まれた奇跡の産物です。 ただ、文章を映像化するのではなく、パラニュークの縦横無尽に冴えわたる記述を映画的演出に置き換えるというのは決して楽な事ではないはず。 そういうわけで新作映画には過度の期待は禁物ですね。
隠す
  
 
[029]ドラえもん
 私はこっちを支持したいマイカル2006-04-21
 
声優リニューアルはすんなり受け入れられましたよ。 というより、みなさん ドラえもん=大山のぶ代スタッフ みたいな固定観念に縛られすぎちゃって作品価値を無視している気・・・
続きを読む
声優リニューアルはすんなり受け入れられましたよ。 というより、みなさん ドラえもん=大山のぶ代スタッフ みたいな固定観念に縛られすぎちゃって作品価値を無視している気がするんですけど。 週刊コミックの連載漫画が長寿になってしまうと人々の評価が甘くなってしまうように、もはや90年代ドラえもんは展示品のような扱いだったのでしょう。 私はむしろ子供心にのび太やジャイアンの小市民ぶりが笑いを通り越してクドさを感じさせてしまい、あまり楽しめたわけではありませんでした。 今回はやや明るめだったり、ドラマをきちんと描いていたり、比較的原作に忠実に作られているので90年代版よりもずっと歓迎できます。
隠す
  
 
[030]藤原竜也
 悪いですが・・・マイカル2006-04-08
 
BRシリーズでの演技は正直、辛いものがありました。 あの演技だけはなんで評価されるのか判りません。 彼の代表作は「デスノート the Last name」でしょう。
  
 
 1 2 3 4 5 6次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION