allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「歌王」さんのコメント一覧 登録数(178件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]ソウ6
 マイルド歌王2011-03-09
 【ネタバレ注意】
完全に続き物なシリーズなんで、前作以前をろくに覚えてないで見る自分のようなモノには不向き。もはや回想シーンを見せられてもほとんど何のことかわかりません。まあそれはと・・・
続きを読む
完全に続き物なシリーズなんで、前作以前をろくに覚えてないで見る自分のようなモノには不向き。もはや回想シーンを見せられてもほとんど何のことかわかりません。まあそれはとりあえず置いておくとして… 残酷描写に懲りすぎた近作の反動なのか、痛いシーンはやや控えめですが、その分ストーリー的には結構面白かったです。さすがにもうドンデン返しは少ないけれども。でもまあ、こんだけ創業者の意思を尊重しなかったらそういう目にも遭うわなあ、だってもうジグソウキラー関係ないじゃん。てな感じで、珍しく予定調和的なストーリーが逆に新鮮です。まあ、あの弟子はそもそも最初から不出来で、確かジョンにヤキ入れられてたしね。 シリーズ中では一番マイルドかもしれませんが、ラスト前としてはなかなかの一本だと思います。忘れないうちに次を見たいけどたぶんまた一年くらい後になると思うんで、結局本作のことはすっかり忘れてるでしょう(笑)
隠す
  
 
[002]ライラの冒険 黄金の羅針盤
 ダイジェスト版?歌王2010-05-07
 【ネタバレ注意】
原作を知らない自分でも、エピソードをどんどんすっ飛ばしているのがわかるくらいの展開の速さにビックリです。ダイジェストかよと。でも、おかげで尺も短くなってるのは悪くな・・・
続きを読む
原作を知らない自分でも、エピソードをどんどんすっ飛ばしているのがわかるくらいの展開の速さにビックリです。ダイジェストかよと。でも、おかげで尺も短くなってるのは悪くないです。観客までグッタリ来るようなファンタジー物は「LOTR」だけで十分ですから。 子供が主役でどうぶついっぱい、ということで予告編を観た印象はモロに子供向け映画だったのですが、実際はけっこう骨太で複雑怪奇な世界観があり、誰に見せたいのかがイマイチわかりません。これでは続編が危ういというのもやむなしですが、あれば衛星放送で見たいというくらいの期待はしておきましょう。 どっちみち主役の子が最初から大人っぽい顔立ちなので、今ではもうすでに少女の面影なさそうな気もするし。いやフケ顔なぶん、逆にまるで変わってない可能性もあるのかな? 相当な同時撮影をしてなければ、いろんな意味でシリーズとしては厳しそうですね。
隠す
  
 
[003]バイオハザード III
 座頭市広場歌王2010-01-11
 【ネタバレ注意】
出自を考えるとこのシリーズには、日本を正確に描写してほしいもんですよねえ。でもたった数秒のカットなのに、すごいことになってるぞ東京…だよねたぶん。 マッドマックス2・・・
続きを読む
出自を考えるとこのシリーズには、日本を正確に描写してほしいもんですよねえ。でもたった数秒のカットなのに、すごいことになってるぞ東京…だよねたぶん。 マッドマックス2〜3の終末世界にエイリアン4のテクノロジーがあって、そこでヴァイオレットがゾンビと戦ってるような、まあ無茶な映画です。そしてやっぱり網目ビーム最強。 てかそう思えばけっこう面白そうかも?
隠す
  
 
[004]ソウ5
 どんどんややこしく歌王2010-01-08
 【ネタバレ注意】
このシリーズはどのエピソードもそこそこ面白いんですが、ストーリー的に完全な続きモノになってるのが良いような悪いような。ぶっちゃけ、前回までのストーリーなんて完璧に忘・・・
続きを読む
このシリーズはどのエピソードもそこそこ面白いんですが、ストーリー的に完全な続きモノになってるのが良いような悪いような。ぶっちゃけ、前回までのストーリーなんて完璧に忘れちゃってるわけですよ。印象に残るのは殺し方だけなんで。 おまけにこれも演出意図かもしれないけど、俳優陣がまた印象に残らない人ばっかり。自分も序盤はストラムとホフマンの区別がつかずに混乱しましたよ、ええ。 さらに本作では時系列がわかりにくい演出が多々あるせいで、前4作全て見てる自分でもわけわからん場面が(忘れてるだけなんですが)てんこ盛り。 イッキ見すればそういうストレスは解消なんだろうけど、かといって一晩でシリーズ一挙鑑賞したいほどのクオリティでもないんだよね。完結した暁にはやってみたい気もするけど、今後10本くらいまで行っちゃったらそりゃ到底無理ですな。 いろんな意味で、困ったシリーズです。
隠す
  
 
[005]キャスリン・モリス
 層の厚さ歌王2009-12-31
 
これほどの美人でも、アメリカではTVスター止まりなんですねえ。あちらではTVと劇場映画では基本的に別の世界っていうのは分かりますが、ショービズ界の層の厚さを感じずにはお・・・
続きを読む
これほどの美人でも、アメリカではTVスター止まりなんですねえ。あちらではTVと劇場映画では基本的に別の世界っていうのは分かりますが、ショービズ界の層の厚さを感じずにはおられません。 彼女の魅力はTVシリーズ「コールドケース」を見れば一発で分かりますが、劇場映画だと「マイノリティ・リポート」「ペイチェック」といった大作に出てますね。もちろんチョイ役だけど、十分印象に残る美しさです。
隠す
  
 
[006]ザ・シューター/極大射程
 うーん歌王2009-10-30
 【ネタバレ注意】
シリアスでスリリングな展開は十分に見応えがあります。問題はラストシーンですね。要はこれはヒーローモノではなく、リアル(あくまで映画的なリアルですが)な謀略モノだと思・・・
続きを読む
シリアスでスリリングな展開は十分に見応えがあります。問題はラストシーンですね。要はこれはヒーローモノではなく、リアル(あくまで映画的なリアルですが)な謀略モノだと思って観ないと、やや失望しますね。結局はより長い物に巻かれたほうが勝ち、みたいな結末なので… そのおかげで現実の苦さを感じるストーリーにはなってますが、どっちかというと、最後まで「ランボー」的な方向に振って娯楽に徹したほうが良かったような気さえしました。まあでも、それじゃあランボーやボーンの域を出ないわけで。つまり、これはこれでいいんじゃないのかなと。 役者陣はマーク・ウォールバーグを始めみんないいです。レヴォン・ヘルムの別格扱いもカッコイイ。あとダニー・グローバーの悪役もかなりイイです。ただ、ラストシーンの順番はグローバーと議員、逆のほうが良かったとも思ったなあ。
隠す
  
 
[007]地獄の変異
 これぞB級歌王2009-08-06
 【ネタバレ注意】
モンスターがハッキリ映らないとか、暗くてよくわからんとか、伏線のタトゥーなんて覚えちゃいないよとか役者にオーラがなさすぎとか、全編いかにも低予算な難点だらけです。が・・・
続きを読む
モンスターがハッキリ映らないとか、暗くてよくわからんとか、伏線のタトゥーなんて覚えちゃいないよとか役者にオーラがなさすぎとか、全編いかにも低予算な難点だらけです。が、プロットといいラストシーンといい、正統派B級サスペンス感があふれているところは良いです。 勘違いする人もいないとは思いますが、これはB級を装った一級品ではなく本物のB級映画なんで、それだけ気をつければ後半はそこそこ楽しめるでしょう。まあそれは、退屈な前半を眠らずにクリアできればのハナシですけど。 B級B級言っても、ていねいな水中撮影シーンだけは見ものです。ただまあ、その水中で結局たいしてスペクタクルなシーンもない(というか何が映ってんだかよくわからん)のが、これまた難点ですけど。
隠す
  
 
[008]ロッキー・ザ・ファイナル
 スタローン=ロッキー歌王2009-07-20
 【ネタバレ注意】
個人的には「5」もしみじみといい映画だったと思いますが、これはさらにその上を行くしみじみ加減です。しかしこれがいい。というかこのシリーズでは、ド派手な3、4作目がむ・・・
続きを読む
個人的には「5」もしみじみといい映画だったと思いますが、これはさらにその上を行くしみじみ加減です。しかしこれがいい。というかこのシリーズでは、ド派手な3、4作目がむしろ異端だったんだなと確信しました。 その3、4作目のように相手を悪役に仕立てはせず、内にくすぶる情熱だけでロッキーをカムバックさせる筋書きが実に巧み。前半が退屈という意見も多いようですが、自分としてはその前半が見ごたえ、味わいともに十分でした。ぶっちゃけ、試合シーンはなくてもいいようなモノとさえ思ったくらいなもんで。 回を追うごとに関係者がどんどん亡くなるのはこのシリーズのちょっとアレなとこですが、ここで最後に残ったロクデナシ義兄のポーリーが、またいい味出してます。
隠す
  
 
[009]ターミネーター4
 最高歌王2009-07-18
 【ネタバレ注意】
自分は最高に楽しめたんで、評判が微妙なのがアレですね。とにかく全体的に「1」「2」へのリスペクトに満ちていて、ガンズが流れたりあの人が出てきたりとか、たまらんです。・・・
続きを読む
自分は最高に楽しめたんで、評判が微妙なのがアレですね。とにかく全体的に「1」「2」へのリスペクトに満ちていて、ガンズが流れたりあの人が出てきたりとか、たまらんです。まあその分「3」が無かったことにされてる気もするけど、よく考えたら「2」の平和なラストからここへはつながらないわけで。「3」のラストがあってこその、この続編なわけですね。 突っ込みどころ(アラともいう)満載なのはこのシリーズの伝統なんでストーリー的なものは今更いいんですが、音楽がちょっと寂しかったですね。引き継いでるのはダダンダンダダンだけで、その後の主題がない。担当はダニー・エルフマンだからもちろん劇伴としてはいいんだけど、それが残念ではありました。 まだカイルを過去に送るというイベントも残ってるし、戦争も終わってないので、今後の更なるシリーズ化にも期待できそうで楽しみです。しかし、ジョン・コナーってこの物語の最重要人物なのに、4作全部役者が変わってるんですね。さすがに今後あるとすれば、クリスチャン・ベイルで決まりだとは思いますが。
隠す
  
 
[010]ファンタスティック・フォー:銀河の危機
 チープだけど歌王2009-07-15
 【ネタバレ注意】
全体的に妙にチープです。Mr.ファンタスティックが伸びるCGとか、ザ・シングの着ぐるみ丸出しな感じとか、なんだかヤケに懐かしい雰囲気もあったりして。でもそれがこのシリー・・・
続きを読む
全体的に妙にチープです。Mr.ファンタスティックが伸びるCGとか、ザ・シングの着ぐるみ丸出しな感じとか、なんだかヤケに懐かしい雰囲気もあったりして。でもそれがこのシリーズには合ってるというか、気楽に楽しめるという点ではこんなもんでイイのかな、と思いました。 シルバー・サーファーもなかなかカッコイイ役柄だったし、個人的には前作よりも楽しめました。 しかしジェシカ・アルバの可愛さはもう尋常じゃないです。あまりに規格外の可愛さなので、これとか「シン・シティ」みたいな、リアリズムのカケラもないような映画にしか合わないんじゃないかと不安になるくらいでした。
隠す
  
 
[011]レイダース/失われたアーク《聖櫃》
 僅差で一番歌王2009-07-14
 【ネタバレ注意】
人気シリーズの場合、徐々に主人公のキャラが丸くなるのはしょうがないところ。 このシリーズだと、映画的な面白さは全作最高レベルで甲乙つけがたいですが、インディのダーテ・・・
続きを読む
人気シリーズの場合、徐々に主人公のキャラが丸くなるのはしょうがないところ。 このシリーズだと、映画的な面白さは全作最高レベルで甲乙つけがたいですが、インディのダーティー・ヒーロー然としたキャラが立っている点で、僅差ながらこの一作目が最高でしょう。 カレン・アレンはどうも人気ないようですが、じゃあ2、3作目の美人がいいのかというと、やはりインディの相手はマリオンで決定なわけですよ。続編には出ない(確か喧嘩別れだったような)と聞いて、当時はがっかりしたもんです。 でも4作目ではちょっと太くはなったものの、ハツラツとした姿を見せてくれてうれしかったです。 現在のブロックバスター映画の先駆けとなった作品だと思いますが、同時に頭カラッポ映画の先駆けにもなってしまったのは、功罪大きいかも。まあそんなことも、この面白さの前にはどうでもいいことなんですけどね。
隠す
  
 
[012]バニシング・ポイント
 なんだかわからんけどカッコイイ歌王2009-07-04
 【ネタバレ注意】
ストーリーなんて無いに等しく、最初から最後まで車が疾走してるだけ。なのに、なぜこんなに面白くてカッコイイのか。不思議としかいいようがない映画です。 確固たる目的があ・・・
続きを読む
ストーリーなんて無いに等しく、最初から最後まで車が疾走してるだけ。なのに、なぜこんなに面白くてカッコイイのか。不思議としかいいようがない映画です。 確固たる目的があるわけでなく(一応ビジネスですが)、怒りでも復讐でもなく、コワルスキはひたすら走り続けます。暴走とはいっても一般人にそれほど迷惑かけるでもありません(痛い目見たのは警官や絡んできたバカども)。劇中にもあるけど「この程度じゃ犯罪にならん」と言われればそうかなあ、と思えるくらいの「おとなしい」暴走。ただまあそうやって大らかに見えるのは、舞台が広大な砂漠ってことも影響大なんだけど。 それでも、これは彼の人生を賭けた疾走。車に人生を重ねるアナクロニズムなんて今の若い人には理解できないだろうし実際馬鹿げてるけど、\'80年代くらいまでは確かにそういう情熱や衝動はあったんだよね。これって、見る人の世代によってずいぶん印象が違う映画なのかもしれないです。 これといってスタイリッシュな点も少なく、同年代の作品に感じる、げっぷが出るような\'70年代の空気も、やや薄め。でも逆にこうしたところが、本作にタイムレスな魅力を与えている感じはします。 ボビー・ギレスピーがモチーフにしたがるのも納得の、やっぱり傑作ですね。
隠す
  
 
[013]トランスフォーマー/リベンジ
 おもしろかったー歌王2009-06-29
 【ネタバレ注意】
前作がいい意味で期待を裏切る面白さだったので今回はどうかなという感もあったのですが、見事に面白かったです。 ただ、いろんな要素を詰め込みすぎのきらいは確かにありまし・・・
続きを読む
前作がいい意味で期待を裏切る面白さだったので今回はどうかなという感もあったのですが、見事に面白かったです。 ただ、いろんな要素を詰め込みすぎのきらいは確かにありました。一つだけ、ロボットのデザインや動きがあまり生物的になるのはいかがなものかと思います。女の子ロボットは「ターミネーター3」みたいだったし、生物的な小キャラは「マトリックス」っぽく見えました。まあ「宇宙戦争」っぽいシーンがあったのは、スピルバーグのセルフ・パロディかな? 特に、人間に化けられるってのは本シリーズの根幹を揺るがす、危うい設定だとも思うので、これくらいにしてほしいです。でもそこの部分は、ストーリー的には面白かったんですけどね。 やっぱこのシリーズは、デカくてメカメカしいロボットが予想外になめらかに動くのが見ものであって、最初から生物的でなめらかなロボだと、なんか微妙に別物なんですよ。 あとは新ボスが弱すぎでどうにもならないってのもありましたが、メガトロンも「まだ終わりじゃない」と言っていたので、次作にも十分期待できそうですね。
隠す
  
 
[014]エイリアン4
 ぬめぬめ歌王2009-06-15
 【ネタバレ注意】
何度観ても、やっぱりシリーズ中一番グロいです。さすがに純粋な怖さはもうないんですが、色んなところがとにかくグロく、必要以上にぬめぬめしてます。そもそも冒頭シーンから・・・
続きを読む
何度観ても、やっぱりシリーズ中一番グロいです。さすがに純粋な怖さはもうないんですが、色んなところがとにかくグロく、必要以上にぬめぬめしてます。そもそも冒頭シーンからしてもうね。 がしかし、3で一応決着ついてしまったシリーズを復活するには、これくらいの力業は必要だったのかなと思います。何より大事なのが、単体で観れば相当に面白いということ。1作目が予想外に荘厳なイメージに昇華したため忘れがちですが、そもそもこのシリーズはB級SFホラーに他ならないわけです。 そのセンで行けば、もう番外編に近い4作目ともなれば、これくらいの暴走は許されるってモンですよ。 とはいえ、「エイリアンよりも人間の方が醜い」というシリーズ通してのテーマを嫌ってほど見せてくれる点では、あながち暴走とも言えないですね。公開当時、これなら続編を観たいと思った気持ちは後の「AVP」でどうにか持続できましたが、次の「AVP2」が華麗にズッコケてしまった現状では、やはり本家の「5」に期待したくなるのが人情ってもの。 シガーニーが無理なら、リプリーのひ孫とか親とか細胞だけとかどんな無茶な設定でもこの際いいんで、5作目、ないですかねえ。
隠す
  
 
[015]?
 始末に困る歌王2009-01-18
 【ネタバレ注意】
いろんな意味で、黒澤でなければ発表できない作品。ストーリー性に乏しいエピソードが多いのが難点で、お世辞にも傑作とは言えない作品ではあります。 とはいえ、特に冒頭二編・・・
続きを読む
いろんな意味で、黒澤でなければ発表できない作品。ストーリー性に乏しいエピソードが多いのが難点で、お世辞にも傑作とは言えない作品ではあります。 とはいえ、特に冒頭二編における色彩感覚や、短編だからこそ出来たであろう凝りに凝った美術や視覚効果など、絵的に素晴らしいシーンが多いのがまた始末に困るというか。 映画監督ってのは、興行とか評価は度外視して、自らのイメージを映像化しただけの作品を作りたいという根本的な願望があるのでしょうね。それを考えると、まあ黒澤だから許せるかという気になるってもの。そんな感じで軽く観るなら、まずまず楽しめる作品です。
隠す
  
 
[016]ボーン・アルティメイタム
 珍しい成功例歌王2008-11-20
 【ネタバレ注意】
トリロジーの最終作が一番面白いというのは、本来そうなってしかるべきなのに現実的には案外少ないモノで、このシリーズはそれを成功させた珍しい例だと思います。 今回は、今・・・
続きを読む
トリロジーの最終作が一番面白いというのは、本来そうなってしかるべきなのに現実的には案外少ないモノで、このシリーズはそれを成功させた珍しい例だと思います。 今回は、今まで追われる一方だったジェイソンが、新聞記者や元同僚女性らを「追われつつ、追う」という展開になっているのがとにかくスリリング。こういう展開なら、過去二作のやりすぎなまでの超人ぶりが活きてくるってもんです。 相変わらず「ジェイソンを育てた組織なのに出し抜かれすぎ」とか、「国境を簡単に通過しすぎ」という難点はありますが、まあそのあたり本気でリアルにやったらジェイソンは瞬殺されてそもそも物語にならないわけで、そこはシリーズの映画的な面白さに免じて許すことにしましょう。なんせ超人だしね。 三作通して観た人なら、ラスト、ニッキーが笑顔を見せるところで同じようにニヤリとなっちゃうはず。この楽しさを味わうためにも、このシリーズは絶対に三作を順番に観るべきですね。
隠す
  
 
[017]アポカリプト
 爽快歌王2008-11-15
 【ネタバレ注意】
テーマと監督からして、どうしても「ブレイブハート」的な重さ、熱さを想像してなんとなく観るのにも気合がいりそうで重い感じでしたが、これが意外。見始めるとやや長尺なのに・・・
続きを読む
テーマと監督からして、どうしても「ブレイブハート」的な重さ、熱さを想像してなんとなく観るのにも気合がいりそうで重い感じでしたが、これが意外。見始めるとやや長尺なのにイッキにラストまで行っちゃいました。単純に面白い映画です。役者が知らない人ばかりでメル本人も出てこない(そもそもフィットする場面はほとんどありませんが)という英断も良し。 ただこの作りだと、どうしても時代や文明の考証でとやかく言われるのは明白。ならいっそ「スター・ウォーズ」みたいにどこの星かいつの時代かわからない設定でも良かった気もしないでもないけど、そこは根が真面目っぽいメル監督には無理だったんだろうなと。基本的には「お前ら内輪で揉めてる場合じゃねーぞ」っていう、実際の歴史そのものの残酷さがテーマなんだろうし。 個人的には時代考証はさて置き、主役の奥さんがなぜかインド系っぽいのがちょっと気になったくらいで、あとはもう爽快なアクション大作として楽しめました。 ひとつだけ、処刑場のトウモロコシ畑に残された捕虜たちはその後どうなったんでしょうかね。
隠す
  
 
[018]蜘蛛巣城
 壮絶歌王2008-10-14
 
黒澤が晩年に入ってからの「乱」などではかなり壮絶な場面も出てきますが、その源流というか、この当時にしてやりたい放題やった映画がコレという感じ。全編に漂う殺伐とした壮・・・
続きを読む
黒澤が晩年に入ってからの「乱」などではかなり壮絶な場面も出てきますが、その源流というか、この当時にしてやりたい放題やった映画がコレという感じ。全編に漂う殺伐とした壮絶さには、思わず見入ってしまいます。 それだけでなく、三船を囲んだ武将達の旗が風でなびくシーンなど、止め絵での美しさを追求したような画面が多いのは流石というか。モノクロ画面でこの冴えですから、世界の映画界から注目されたのもうなずけます。「椿三十郎」などの痛快娯楽時代劇とはやや違うポジションの作品ですが、大傑作だと思います。 惜しむらくは、音声の状態があまりにも悪く、古語調の言葉遣いも災いして聞き取れないセリフが多すぎること。黒澤作品は元々、がなるセリフが多いうえに保存状態がよくないせいで多くの作品にこうした傾向がありますが、本作は特にヒドイです。真面目に字幕が欲しい。
隠す
  
 
[019]アイアンマン
 ハマった歌王2008-10-11
 【ネタバレ注意】
元々アメコミ映画が好きな自分ではありますが、これはハマりました。実のところ、ヒーローのデザインがちょっとしょっぱいこともあってほとんど期待せずに見たのですが、まずは・・・
続きを読む
元々アメコミ映画が好きな自分ではありますが、これはハマりました。実のところ、ヒーローのデザインがちょっとしょっぱいこともあってほとんど期待せずに見たのですが、まずはロバート・ダウニー・Jrのアホらしいほどの大富豪っぷりが最高。普通だといけすかない奴のはずなんですが、なぜかこの主人公が最初から憎めない感じなのは、ロバートの個性なんでしょうか。冒頭からかなりイイです。 そしていきなりテロ組織に誘拐されてから、本筋のアイアンマンが出てくるまでがなかなか緻密。これは新バットマンシリーズにも通じるのだけど、この10年ほどお手軽路線に走りすぎたハリウッドアクションの反動なのかなとも思います。でも、こういう大嘘映画ほど、設定が凝ってないとのめり込めないもの。その点、人によっては冗長に感じるかもしれない丁寧な演出は、自分にはジャストミートしました。 クライマックスはやや類型的ではありましたが、あくまで「第一作」と思えば十分以上のデキ。しょっぱいと思っていたアイアンマンも、やりすぎなほど細部のディテールがしっかりしていてカッコよかったし(でも最初に飛ぶシーンの姿勢は女の子みたい)、やっぱり最後に聞こえてきたサバスの「アイアンマン」でテンション上がりまくり。 おまけに、次回作を期待させてくれるラストのサプライズも楽しいという、自分にとってはこれぞ娯楽映画という作品でした。
隠す
  
 
[020]ウォンテッド
 これはこれで歌王2008-09-26
 【ネタバレ注意】
確かに倫理的には相当ヤバイですねこれ。無駄に人が死にすぎるというか、そもそも機織り組織のターゲットからして「マイノリティ・レポート」じゃないけど、まだ決定的に悪いこ・・・
続きを読む
確かに倫理的には相当ヤバイですねこれ。無駄に人が死にすぎるというか、そもそも機織り組織のターゲットからして「マイノリティ・レポート」じゃないけど、まだ決定的に悪いことをする前に殺される訳で(まあその組織も結局アレなんですけど)。理屈で考えるとスッキリしない点多すぎですが、そこは圧倒的な映像で十分にカバー。 まあとにかく、細かいこと考えなければむちゃくちゃ面白いです。 ただし…予告編で「スゲー」と思った映像がほぼ前半に集中してるのは、ややツライところかも。クライマックスなんか完全にマトリックスのバレット・タイムみたいになっちゃってますが、そこはそれ、現在の技術でバレット・タイムをやるとこうなる!みたいなド迫力を見せてくれるので、これはこれで楽しめます。 アンジーは美しい半ケツとか魅力的ですが、この人の場合はスミス夫妻みたいなコメディ・タッチの方が活きる気がします。てか基本的に顔が怖いんで、こういうガチンコの殺し屋だとシャレになんないですよ。 対して主演のタムナスさん、これほどいい役者だとは思いませんでした。殺し屋としては特殊で相当にナイーブな役柄だと思いますが、説得力ある表情を全編で見せてくれます。さすがのモーガン・フリーマンも、ちょっと負けてるかも。
隠す
  
 
[021]イーオン・フラックス
 シャーリーズのみ歌王2008-09-12
 【ネタバレ注意】
どうしても「ウルトラヴァイレット」とカブるというか、まあもはやこういう未来世界の設定は定番なんで、そのへん気にしてもしゃあないんですが。 でもいろいろやりすぎなあち・・・
続きを読む
どうしても「ウルトラヴァイレット」とカブるというか、まあもはやこういう未来世界の設定は定番なんで、そのへん気にしてもしゃあないんですが。 でもいろいろやりすぎなあちらに対して、こちらは逆に煮え切らない感じ。この2本を足して2で割ればちょうどいいのかも。 「ハンコック」でも思いましたが、シャーリーズって動きのキレがイマイチですよね。いや別に超美人ってだけで本来十分なんだけど、本人的にはアクションものが好きなんでしょうか。まあアクションと衣装のおかげで美しすぎるボディラインも堪能できるわけで、要はシャーリーズだけ見てればいい映画であるなと。 桜のシーンは良かたものの、基本的にオリエンタル・テイストは若干空回りしてます(てか米映画の未来=アジアという発想じたいが食傷気味)。すごい未来の話なのに武器が弾丸を使った銃、というのはある意味リアリティあっていいですが、ほかに「おお」と思うシーンや美術が少ないのが、この手の映画として物足りない感はあり。 けどそれをやりすぎると「ウルトラヴァイレット」になっちゃうわけで、このへんのバランスが難しいのだなあという感じです。
隠す
  
 
[022]ハンコック
 グレたままで歌王2008-09-12
 【ネタバレ注意】
前半、グレて小汚い格好で暴れるハンコックの方が、断然突き抜けてて面白かった。おっさんと少女の違いこそあれ、「絶対可憐チルドレン」的な感じもあったりして。 でもセロン・・・
続きを読む
前半、グレて小汚い格好で暴れるハンコックの方が、断然突き抜けてて面白かった。おっさんと少女の違いこそあれ、「絶対可憐チルドレン」的な感じもあったりして。 でもセロン絡みで予想外の展開になるあたりから、どうにも乗り切れないまま終わってしまいます。前半のノリのままなら傑作になってたかもしれないけど、まあでもこういうのは基本的に好きなので十分楽しめました。 汚い格好をしたウィル・スミスを見てると、フレッシュ・プリンスの頃を思い出しますね。しかし老けないなあこの人、ウィル自身が不老不死なんじゃないか。 てか、今後のスーパーヒーロー活動をハンコック一人にまかせちゃいけないですよね。どうせカミングアウトしたんだし。
隠す
  
 
[023]ストレンジャー・コール
 とにかくカミーラ歌王2008-09-08
 【ネタバレ注意】
「紀元前1万年」で輝いていたカミーラ・ベル主演ということで観てみましたが、思った以上に全編彼女が出ずっぱり。映画的には、思わせぶりながらほとんど何もないようなストー・・・
続きを読む
「紀元前1万年」で輝いていたカミーラ・ベル主演ということで観てみましたが、思った以上に全編彼女が出ずっぱり。映画的には、思わせぶりながらほとんど何もないようなストーリーですが製作側もそう意識しているのか、とにかく良くも悪くもカミーラ、カミーラです。 で、そのカミーラ、横顔を見るとまるで両さん並の濃すぎる眉毛はアレですが普通に可愛く、なんといってもスタイル抜群。ファンならずとも、彼女の美しい姿を追うだけで十分に楽しめる作品になってると思います。 ストーリーですが、伏線になりそうなエピソード、人物がことごとく本筋に絡んでこないので、サスペンスとして物足りない印象はあります。そのおかげで真犯人が出てきても、「???」状態になっちゃいます。まあでも異常者の犯罪と思えば、こういう脈絡なさはリアルでもありますし、サスペンス映画として及第点というデキではないでしょうか。 あと意外に楽しめるのが、舞台となる家の馬鹿馬鹿しいほどの豪邸っぷり。ロケーションも建物も、日本とは数段スケールが違います。特に動物園か水族館並の温室設備には圧倒されますが、飼ってる生物の取り合わせが熱帯の鳥や植物に錦鯉だったりとか、ワケわかんないあたりも素敵です。装飾品も微妙に和風だし、家主が日本かぶれなんですね。もちろんストーリーには何一つ関係ないですけど。
隠す
  
 
[024]ダーティハリー2
 一番好き歌王2008-09-08
 【ネタバレ注意】
全作を通じて安定したデキのシリーズですが、個人的に、シリーズ中のフェイバリットがこの2作目です。確かに全体的に渋くて地味、銃の達人同士が戦うのにクライマックスでは銃・・・
続きを読む
全作を通じて安定したデキのシリーズですが、個人的に、シリーズ中のフェイバリットがこの2作目です。確かに全体的に渋くて地味、銃の達人同士が戦うのにクライマックスでは銃撃戦もナシなど、アレな点もあります。それでも、ハリー・キャラハンという稀代のダーティー・ヒーローの魅力(反骨心と情け容赦なさ)が一番出ているのが、本作ではないかと思うわけです。てか改めてスタッフを見ると、脚本が大御所だったんですね。納得です。 とはいえストーリー的にはそう傑出したもんでもなく、基本的にはイーストウッドだけ鑑賞してればいいという一本でもあります。しかし中国製になる前のミラーを缶で飲むとか、そういう何気ない日常のシーンだけでシビれさせてくれる俳優なんてそういないわけで。漢気が画面全体を覆い尽くしてます。そんな彼もさすがに「3」以降は老け始めてくるので、ハリーを演じるタイミングという意味でもこの「2」がベストなんじゃないかと思います。 この後スタスキー&ハッチでブレイクするデビッド・ソウルが悪役なのも見所ですが、彼にしろハリーの相棒にしろ、死に様がアッサリしすぎ。現在の映画なら悪役や相棒の死にはコッテリとした演出がなされるところですが、そうならないのが70年代的というかハリー的です。地味な死が逆にリアル感あってハードです。 あと無駄にデカいセダンがぼわんぼわんハネる、スピード感イマイチ、けどリアルなカーチェイス。これがやっぱりハリウッド刑事アクションの原風景ですね。この時代の刑事モノに求められる全てが詰まった一本だといえるのではないでしょうか。もちろん、ラロ・シフリンの音楽も最高です。
隠す
  
 
[025]スピード2
 可愛くない歌王2008-09-06
 【ネタバレ注意】
多くの指摘がある通り、もしこれが正統な続編でなく、サンドラ・ブロックが気の強いヒロインを演じる「スピード的な海洋パニックもの」として製作されていれば、違った評価にな・・・
続きを読む
多くの指摘がある通り、もしこれが正統な続編でなく、サンドラ・ブロックが気の強いヒロインを演じる「スピード的な海洋パニックもの」として製作されていれば、違った評価になるかもしれなかった作品です。続編として考えればこれほど「1」をコケにした続編も珍しく、最悪の一言ですから。 だいたいタイトルからして嘘て(巨大豪華客船にスピード感なんてあるかい)、もうどうにもならんです。 前作のヒーローキアヌはもうハナから全否定だし、サンドラの役柄はハスッパ通り越して気が強すぎで、まるで可愛くない。豪華な船旅まで用意した彼氏をバカにするにも程があり、序盤の二人のやりとりからして観てるのがイヤになってくるほどです。 とどめにその彼氏がまた、冴えないことおびただしいJ・パトリック…この人、なんでこの頃こんなに重宝されてたんでしょうかねえ。 それでも豪華客船海洋パニック映画の一群だと思えば、少なくとも新版「ポセイドン」あたりよりは見所もあるし、スケール感もけっこうなもので、大作映画として見応えはあるんですよね。 つくづく、キアヌが降りた時点でシリーズ化をあきらめる英断が欲しかったものだと、観るたび改めて思います。映画の企画って、ちょっとの間違いが取り返しつかないことになるという見本ですねコレは。
隠す
  
 
[026]11:14
 好き歌王2008-09-04
 【ネタバレ注意】
パルプ・フィクションをさらにお手軽にしたって趣の作品で、事件、人物、犯罪、音楽と、全てが軽いです。でもそれがテレビで見るにはちょうどいいのと、地味に豪華な配役のおか・・・
続きを読む
パルプ・フィクションをさらにお手軽にしたって趣の作品で、事件、人物、犯罪、音楽と、全てが軽いです。でもそれがテレビで見るにはちょうどいいのと、地味に豪華な配役のおかげもあり面白い一本です。痛い目を見る連中はほぼみんな自業自得というのも、心が痛まなくてよい。とはいえよく考えれば、死ななきゃならないほどの悪い奴もいないんですけどね。 とにかく全編軽いので、まあそんなんいっかという気にさせてくれます。 レイチェルは相変わらずめちゃくちゃ可愛いですが、これがまたひどいビッチというのもイイです。細切れのエピソードをつなげた連鎖型ストーリーながら中盤以降は彼女を中心に物語が回るので、彼女のファンにはおすすめの一本でしょう。役柄はビッチですけど。
隠す
  
 
[027]用心棒
 コメディ歌王2008-09-04
 【ネタバレ注意】
昔は汗握って観たもんですが、改めて観るとほとんどコメディなんだなと気づかされます。いずれにせよ、めちゃくちゃ面白いことに変わりはないですが。 よく聞けばスコアもコミ・・・
続きを読む
昔は汗握って観たもんですが、改めて観るとほとんどコメディなんだなと気づかされます。いずれにせよ、めちゃくちゃ面白いことに変わりはないですが。 よく聞けばスコアもコミカルだし。でもハープシコードだと思いますが、時折異質な楽器が使われているのが妙に印象的で、効果的です。 コミカルな中にも異様な緊張感を全編にたたえているのは、やはり凄惨さと狂気の描写のおかげでしょう。そもそも主人公からして意味不明な狂気の人物だし(飯屋の黄門様が「現在から見れば配慮すべき表現」で的確にののしってます)。さらには他の主要人物までほぼ皆イカレてて、それが逆にコミカルさを生んでいるのが、本作の魅力につながってます。 仲代の死に様もなんだかコントみたいですが、こういうセンスが日活無国籍アクションあたりに少なからず影響与えてる気もして、見逃せないです。 そして三船、やはりいろんな意味で不世出の名優、というより不世出の人物だと思わせてくれます。コミカルさと凄惨さの絶妙なブレンド加減は彼の強烈な個性のたまものでしょうが、たぶん彼自身の計算ではないあたりが、不世出だなあと。
隠す
  
 
[028]スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ
 不思議な立ち位置歌王2008-08-29
 【ネタバレ注意】
本家のFOXを離れているせいか、冒頭のタイトルバック、音楽からしてSW感薄いのがえらく不満。本編が既にほぼ全編CGアニメなんで、こちらのCGキャラにはそれほど違和感ないので・・・
続きを読む
本家のFOXを離れているせいか、冒頭のタイトルバック、音楽からしてSW感薄いのがえらく不満。本編が既にほぼ全編CGアニメなんで、こちらのCGキャラにはそれほど違和感ないのですが、音楽は相当ヤバいですよこれ。ジャズとか絶対SWじゃないし、なんと言っても超名曲のメインタイトルが、へぼいブラバン並のへなちょこアレンジになってる。他は許せても、これだけはヒドイと思いました。 先の2Dアニメ版よりもさらに不思議なポジションの作品のように感じるので、どう評価していいのか難しいです。ただ「マトリックス」に対する「アニマトリックス」ほどには成功してるとは言い難いというか、だってこれ第一話なんだもんねえ…これだけ劇場で見せられてもなあ… まあそれでも、ファンとしては楽しい要素もたくさんあるので、ぎりぎりアリかなと。どっちみちこんなのはかなりのファンしか観ないだろうし、本編ストーリーが補完できるのなら存在価値はあるってもんです。 中でも特に、シリーズ初めての人間型萌えキャラ(R2やイウォークなど過去の萌えキャラは人外ばかり)、アソーカが、自分的にはけっこうツボに入りました。その他大勢ジェダイの中でも割と目立つ存在のトグルータ族ってのが、またいいです。でもこの娘、エピ3では影も形もないってことは、それまでに消えてしまう運命なんでしょうか… 「クローン戦争」ってのはSWサーガの中でかなり重要な話のはずなのに、なぜかルーカスはまともに映像化しなかったですから、どんなに微妙でも本シリーズには期待せざるを得ないんですよね。だからもし劇場版の続編があるのなら、TVシリーズの再編集でお茶を濁すようなことは、やめてほしいもんです。
隠す
  
 
[029]13/ザメッティ
 カイジ歌王2008-08-24
 【ネタバレ注意】
幸か不幸か、既に「カイジ」を知ってる我々にはややインパクトが薄いですね。ぶっちゃけ、スリルだったらコミックで読んだビル渡りとかじゃんけんカードの方が上だったりするし・・・
続きを読む
幸か不幸か、既に「カイジ」を知ってる我々にはややインパクトが薄いですね。ぶっちゃけ、スリルだったらコミックで読んだビル渡りとかじゃんけんカードの方が上だったりするし。 でもこの変形ロシアンルーレット、弾倉の状態だけでなく、引き金を引くタイミングも勝負に影響してくるんですね。悪趣味なアイディアだけど、見入ってしまいます。ランプが点く前に撃ったらペナルティなのかな、とか。 物語の背景と映像に無駄な説明を廃した硬派の作りは、一見の価値があります。それだけに序盤30分、ネタふりが長すぎるのが惜しいところかも。 加えて、必ずしも必須ではないモノクロ映像が七難隠してる印象も…とまで言うとなんだか貶してるみたいですが、十分に面白い一本です。
隠す
  
 
[030]ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝
 変わってない歌王2008-08-22
 【ネタバレ注意】
レイチェルファンとしてエヴリン役の交代は大大大問題なんですが、ブレンダン・フレイザーが若々しく全然変わってないので、シリーズの体は保っています。ただ、エジプトと並ぶ・・・
続きを読む
レイチェルファンとしてエヴリン役の交代は大大大問題なんですが、ブレンダン・フレイザーが若々しく全然変わってないので、シリーズの体は保っています。ただ、エジプトと並ぶミイラの産地である中国に舞台が移ったことで、邦題が割を食ってしまった感じはしますが。 ついでに舞台が上海ということで、ますますインディ・ジョーンズ感も増してます。クラブの名前とかの楽屋オチまで似てるような。 今回は今まで以上にカラッポ感倍増です(ミイラはともかくイエティてお前)。でもむしろそれが心地よく、もう好き勝手やってくれと思わせられる魅力は一作目から変わってません。シリーズの代名詞的な「砂の顔」の使い方なんて、アホとしか言いようがないですもん。いい場面で笑かしてどうする。でも、このシリーズって最初からそんなもんで、この軽さがまたいいんですけどね。 ただし、幼い頃は可愛かった息子のキャラが全然ダメ。親父のキュートさを全然継いでおらず、憎らしいだけなのは問題です。次作があるならどうにかしてほしい。 最後にジェット・リー、なんだか悪役が板に付いてきたのがやや気になるところではありますが、生身の出番が少ないのにそれなりの魅力を放っているのはさすがでした。
隠す
  
 
 1 2 3 4 5 6次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION