allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「孤狼」さんのコメント一覧 登録数(34件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]トリコロール/赤の愛
 有終の美孤狼2009-02-14
 
有終の美を飾ったキェシロフスキの遺作。 結局「トリコロール」3部作の中でも一番の秀作だと思う。 正直、第1作・第2作はイマイチ好みじゃない。 しかしこの第3作で描き切・・・
続きを読む
有終の美を飾ったキェシロフスキの遺作。 結局「トリコロール」3部作の中でも一番の秀作だと思う。 正直、第1作・第2作はイマイチ好みじゃない。 しかしこの第3作で描き切ったのは博愛、寛容、悟り。この完結篇にきて、ようやくしみじみと感銘をもたらしてくれた。
隠す
  
 
[002]ピアニスト
 ハネケ監督の最高傑作孤狼2009-02-13
 
初期の3作品や「ファニーゲーム」「隠された記憶」など、陰惨ながら至極現実的な描写とテーマ性を通して、観る者の痛いところを突いてくるミヒャエル・ハネケ監督。 面白いこ・・・
続きを読む
初期の3作品や「ファニーゲーム」「隠された記憶」など、陰惨ながら至極現実的な描写とテーマ性を通して、観る者の痛いところを突いてくるミヒャエル・ハネケ監督。 面白いことにそれがブラックユーモアに変異しているのがこの「ピアニスト」だ。それでいていつもの強烈さも失われていない、現時点でのハネケの最高傑作だと思う。
隠す
  
 
[003]ロボコップ2
 悲惨孤狼2009-02-08
 
ポール・ヴァーホーベンによる第1作は言うまでもなく名画だ。 家族向けの作風に一新した第3作も、あれはあれで快作だった。 そんな「ロボコップ」シリーズにおける面汚しがこ・・・
続きを読む
ポール・ヴァーホーベンによる第1作は言うまでもなく名画だ。 家族向けの作風に一新した第3作も、あれはあれで快作だった。 そんな「ロボコップ」シリーズにおける面汚しがこの第2作。 まず1つとして、悪党どものロボコップへの仕打ちがエグすぎる。それによって観る者の「目には目を」の期待を高まらせたわりには、終盤の逆転劇としてのカタルシスがとんでもなく希薄。ラストの凡庸な決着が終わったとき、「今まで散々やられてきた仕返しがこれ?」という思いがよぎった。 全編、ボスのケインや手下のクソガキの極悪非道ぶりがひたすら強烈なだけで、不快感が残るだけ。
隠す
  
 
[004]蜘蛛女
 凡百の悪女ものは平伏す孤狼2009-02-08
 
ただのエロ・サスペンスだと思い込んでいたので期待せずに観たが、これはビックリ。 文句のつけようが無いフィルム・ノワール。 オープニングの寂然たる佇まいと奈落の底を体現・・・
続きを読む
ただのエロ・サスペンスだと思い込んでいたので期待せずに観たが、これはビックリ。 文句のつけようが無いフィルム・ノワール。 オープニングの寂然たる佇まいと奈落の底を体現する男の独白が堪らない。オープニングがこれだけ魅力的だと、そこから回想が始まるありふれたプロットにも煩わしさを感じない。 そしてまたラストが秀逸。最高の幕切れ。ハードボイルドの代名詞的作品「チャイナタウン」を想起させるほど。
隠す
  
 
[005]三池崇史
 多忙な奇才孤狼2009-01-05
 
「DEAD OR ALIVE 犯罪者」 「龍が如く 劇場版」 「オーディション」 「極道戦国志 不動」 「極道黒社会 RAINY DOG」  今のところはこれがベスト5だな・・・
続きを読む
「DEAD OR ALIVE 犯罪者」 「龍が如く 劇場版」 「オーディション」 「極道戦国志 不動」 「極道黒社会 RAINY DOG」  今のところはこれがベスト5だな。  今後は是非、新堂冬樹や大藪春彦の小説を映像化してほしい。原作に劣らない凄絶なゲス映画を作ってくれることだろう。
隠す
  
 
[006]ある結婚の風景
 孤狼2009-01-05
 
登場人物のセリフに直接メッセージを提示するベルイマンの作風はいつも素晴らしいと思っているのだが、この作品のシナリオはさすがに図式的すぎるのではないだろうか。 何だか・・・
続きを読む
登場人物のセリフに直接メッセージを提示するベルイマンの作風はいつも素晴らしいと思っているのだが、この作品のシナリオはさすがに図式的すぎるのではないだろうか。 何だか、男の視点で思い巡らせた“夫婦の葛藤”という気がするし、その内容に普遍性もあまり感じられない。 何よりも夫婦生活10年目なんて、まだ始まったばかりの段階だろう。これから子供がどんどん成長していくし、親に関わる問題だって生まれてくる。 そういった必然的な障壁の数々にまだ直面したこともないのに、自分たちについての記事をきっかけに突然“夫婦とは?”という問いに立ち返って口論を展開するこの夫婦はかなり不自然。「まあ、あくまでフィクションだから」と妥協してみても、どっちにしろ面白み・深みのある脚本じゃないね、コレは。 この映画を観るよりも、随分前にベストセラーになった「話を聞かない男、地図が読めない女」を読んだほうが実りは多いです。
隠す
  
 
[007]田園に死す
 アングラ極まる孤狼2009-01-05
 
寺山修司の映画監督としての最高作というのみならず、ATG(日本アート・シアター・ギルド)の代表的傑作だろう。
  
 
[008]寺山修司
 尊い表現者孤狼2009-01-01
 
著書も映画も、出会ったのは中学生のときだった。 自分の価値観にこれほど影響を与えたものはない。
  
 
[009]バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト
 濃厚なノワール孤狼2008-12-29
 
ラストの思わせぶりな善良さは、確かに蛇足。 それでもアベル・フェラーラの演出とハーヴェイ・カイテルの熱演、充実一途の大傑作。 それにしてもDVD化の日はいつ来るのだろ・・・
続きを読む
ラストの思わせぶりな善良さは、確かに蛇足。 それでもアベル・フェラーラの演出とハーヴェイ・カイテルの熱演、充実一途の大傑作。 それにしてもDVD化の日はいつ来るのだろうか。どこのメーカーでも良いから、さっさとして欲しい。 リメイク版はニコラス・ケイジにヴェルナー・ヘルツォークか。こんな組み合わせなら、そこそこ期待できる。ニコラス・ケイジ、「リービング・ラスベガス」を超える名演を期待したい。
隠す
  
 
[010]キム・ギドク
 総合的には微妙孤狼2008-12-19
 
鬼才だとは思うが、しばしばどうしようもない駄作を作ることも。これまでの全作品観て、それが分かった。 秀作だったのは「うつせみ」、「受取人不明」、「鰐〜ワニ〜」の3作・・・
続きを読む
鬼才だとは思うが、しばしばどうしようもない駄作を作ることも。これまでの全作品観て、それが分かった。 秀作だったのは「うつせみ」、「受取人不明」、「鰐〜ワニ〜」の3作品。 駄作クラスで特に酷かったのは「コースト・ガード」。 でも映画・音楽問わず、韓流は大好きです。
隠す
  
 
[011]成瀬巳喜男
 何故「隠れた」存在に?孤狼2008-04-09
 
黒澤・小津・溝口・成瀬だったはずが、何故か成瀬が省略され、他の三人しか挙げない人が多くなったようだ。 誤解を恐れずに言ってしまうが、私にはどうも黒澤・溝口の才気とい・・・
続きを読む
黒澤・小津・溝口・成瀬だったはずが、何故か成瀬が省略され、他の三人しか挙げない人が多くなったようだ。 誤解を恐れずに言ってしまうが、私にはどうも黒澤・溝口の才気というものが解らない。確かに彼等の作品群にも傑作はあるが、私にとってそれは数えられる程度である。 一方、小津安二郎や成瀬巳喜男のフィルモグラフィーは逸品揃いで、小津の『東京物語』、成瀬の『めし』や『浮雲』、『鶴八鶴次郎』等は日本映画史上に輝く至宝である。昔の日本映画といえば黒澤の名前くらいしか浮ばないという映画ファンには是非、小津・成瀬から“デビュー”してほしいと思う。
隠す
  
 
[012]ヌードの夜
 「村木と名美」の決定版孤狼2007-12-15
 
甘美な上に重い、珠玉のフィルム・ノワール。日本映画史上のハードボイルドの中でも最高峰の1つといえる大傑作。 けだるいJAZZ、滲むネオン、夜景、繁華街、路地裏、うら・・・
続きを読む
甘美な上に重い、珠玉のフィルム・ノワール。日本映画史上のハードボイルドの中でも最高峰の1つといえる大傑作。 けだるいJAZZ、滲むネオン、夜景、繁華街、路地裏、うらぶれた事務所、そして孤独で悲哀に満ちた登場人物たち。 すべてが美しく調和し、極上のハードボイルド映画に仕上がった。 個人的には、本作と翌年作られた「夜がまた来る」の2作品が石井隆の最高傑作。
隠す
  
 
[013]ボディーハード
 量産型の駄作孤狼2007-08-29
 
↓下の方もお書きになっている通り、ホントに酷いですね、コレ。まともなアクションシーンは冒頭とラストのみ、それ以外はかったるい濡れ場が大半を占めている状態。 同じミシ・・・
続きを読む
↓下の方もお書きになっている通り、ホントに酷いですね、コレ。まともなアクションシーンは冒頭とラストのみ、それ以外はかったるい濡れ場が大半を占めている状態。 同じミシオロウスキーとパレのコンビで作られた前年の「ブラックピューマ」のほうがまだマシな出来。
隠す
  
 
[014]七福星
 アクションだけを楽しむ作品孤狼2007-07-24
 
ジャッキーの扱い(役どころ)などに関しては不満の声も多そうな作品だが、格闘シーンの出来はシリーズで一番。
  
 
[015]夜がまた来る
 逸品孤狼2007-07-16
 
初めて観たときは、これこそ探し求めていたものだと思った。 悲惨なストーリー展開、暗く重いトーン、甘美なノワール・タッチ、全てが秀逸だった。 今でも石井隆監督作の中では・・・
続きを読む
初めて観たときは、これこそ探し求めていたものだと思った。 悲惨なストーリー展開、暗く重いトーン、甘美なノワール・タッチ、全てが秀逸だった。 今でも石井隆監督作の中では一番好きな作品だ。
隠す
  
 
[016]錆びたナイフ
 日活の絶頂孤狼2007-04-10
 
作品全体はもちろんのこと、ラストシーンも絶品。「俺は待ってるぜ」などと並ぶ裕次郎最高傑作のひとつ。
  
 
[017]ヘルレイザー/ゲート・オブ・インフェルノ
 明らかにノワール孤狼2007-04-06
 
シリーズやホラーのファンの方々に評判が良くないのも当然。主人公の独白や全編のムードにしても、ジャンルは完全にハードボイルド・ミステリーだ。ハードボイルドファンの私は・・・
続きを読む
シリーズやホラーのファンの方々に評判が良くないのも当然。主人公の独白や全編のムードにしても、ジャンルは完全にハードボイルド・ミステリーだ。ハードボイルドファンの私はかなり気に入った。とは言え、このシリーズの対象はホラーファンなのだから、製作者側の考えがよく分からない。
隠す
  
 
[018]ナイト・ウォリアー
 観ていられない孤狼2007-02-11
 
B級映画でこの手の作風はヤバイ!陰気なトーンとショボいアクションという、一番タチの悪いタイプ。
  
 
[019]ジャッカー
 手に汗握る快作孤狼2007-02-11
 
エリック・レッドもこの頃はまだ冴えてたので、本作もスリリングな描写の連続で最後まで飽きさせない。こんなに面白い作品なのに、ユーザーコメントがないなんて意外。
  
 
[020]ライオンハート
 痛快&感動的孤狼2007-02-10
 
↓の真・しん爺さんのご意見に大賛成です。ヴァンダムの初期の作品群の中では、間違いなく一番の出来です。
  
 
[021]ブルージーン・コップ
 いまひとつ孤狼2007-02-10
 【ネタバレ注意】
ヴァンダムのフィルモグラフィーの中では中級の出来かな。いや、どっちかといえば駄作クラスの1作。 単純な楽しさやテンポの良さをほとんど感じられないのが難点。肉体派アク・・・
続きを読む
ヴァンダムのフィルモグラフィーの中では中級の出来かな。いや、どっちかといえば駄作クラスの1作。 単純な楽しさやテンポの良さをほとんど感じられないのが難点。肉体派アクションらしくない暗いトーンも影響してるのだろう。 又、悪役パトリック・キルパトリックにシラけた。いくらストーリー上の設定で“無敵の悪人”とはいえ、観ているほうは、こんな冴えない俳優より明らかにヴァンダムのほうが強いということを意識してしまう。だから二人の決闘シーンも盛り上がらない。
隠す
  
 
[022]スーパーフォース
 戦慄の退屈さ孤狼2007-02-10
 
観ている間に睡魔に襲われる出来だが、何しろTVムービーなので仕方がない。
  
 
[023]野獣死すべし
 こんなものを認めるわけにはいかない孤狼2007-02-03
 
結論から言うと、松田優作版のほうが優れた仕上がりだ。 「野獣死すべし」に関しては、原作、仲代達矢版、松田優作版の三つに目を通すことを御勧めする。この仲代達矢版が駄作・・・
続きを読む
結論から言うと、松田優作版のほうが優れた仕上がりだ。 「野獣死すべし」に関しては、原作、仲代達矢版、松田優作版の三つに目を通すことを御勧めする。この仲代達矢版が駄作であることが分かるだろう。 本作は原作のストーリーや細かい描写には忠実なのだが、肝心な“ハードボイルドとしての空気”が絶無なのが何よりも致命的だ。 全篇、ただのアクション映画にしかなっていない。 和製ハードボイルドの名作として誉れ高いようだが、ハードボイルドファンの私からみれば明らかに駄作である。
隠す
  
 
[024]ボーダー
 軽薄孤狼2007-02-03
 
まず、このような題材にヒーローアクションの要素を織り込んだ脚本がまずかったのは言うまでもない。このミスによって、社会派ドラマどころか、“ちょっと気取ったプロットのB・・・
続きを読む
まず、このような題材にヒーローアクションの要素を織り込んだ脚本がまずかったのは言うまでもない。このミスによって、社会派ドラマどころか、“ちょっと気取ったプロットのB級アクション”になってしまった。そしてもうひとつ、音楽が陽気すぎる。
隠す
  
 
[025]対決
 男臭さに満ちた快作孤狼2007-02-01
 
80年代に失速していたジョン・フランケンハイマーが一時的に復活を果たした会心作。 この映画、K−1やボクシングの観戦よりよっぽど熱くなれた。 冒頭の逃亡者以外は死人が一・・・
続きを読む
80年代に失速していたジョン・フランケンハイマーが一時的に復活を果たした会心作。 この映画、K−1やボクシングの観戦よりよっぽど熱くなれた。 冒頭の逃亡者以外は死人が一人も出ていないところも無駄がなくて良い。 そしてラストにおいても、下手に“仲直り”などといった方向にもって行かないのが、さすがは名匠フランケンハイマー。
隠す
  
 
[026]ロンゲストナイト
 隠れた傑作孤狼2007-02-01
 
ジョニー・トーの作品群の影に隠れてしまったようだが、香港ノワールの最高傑作の一つと言っても過言ではない。 それにしても、日本じゃほとんど話題にならずに終わった作品だ・・・
続きを読む
ジョニー・トーの作品群の影に隠れてしまったようだが、香港ノワールの最高傑作の一つと言っても過言ではない。 それにしても、日本じゃほとんど話題にならずに終わった作品だな。 ユーザーコメントも0件か・・・。
隠す
  
 
[027]ブラック・コブラ2
 B級の80’s孤狼2007-02-01
 
80年代はどこの国もB級映画の質感が同じだな。 イタリアンB級アクションの本作もアメリカや香港に負けない安っぽさ。 私はB級アクション映画の中古ビデオを買い漁って育っ・・・
続きを読む
80年代はどこの国もB級映画の質感が同じだな。 イタリアンB級アクションの本作もアメリカや香港に負けない安っぽさ。 私はB級アクション映画の中古ビデオを買い漁って育ったので、こういった映画には愛着がある。
隠す
  
 
[028]ホワイト・フューリー
 逆に楽しい!孤狼2007-01-31
 
これこそC級映画の決定版!俳優やる気なし、必要ない描写多すぎ、アクション・シーンは小学生のごっこ遊びのレベル。しかしここまでくると観ていて楽しくなってくる。
  
 
[029]真夜中まで
 堪能した孤狼2007-01-30
 
近頃の日本では滅多に見られない、ジャズへの愛にあふれた映画。ゆったりとした気分で楽しめる良心作。今の日本映画界で乏しいのは、こういうアダルトな魅力に満ちた娯楽作だ。
  
 
[030]アンダーカバー/炎の復讐
 B級の鑑孤狼2007-01-28
 
あっても無くても変わらないような形だけのストーリー、大量挿入されるアクションシーン。B級アクションの最高峰の一つと言える作品。
  
 
 1 2次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION