allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「江川良名」さんのコメント一覧 登録数(72件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]私の少女時代-Our Times-
 初恋時代江川良名2016-12-08
 【ネタバレ注意】
大人になった主人公が高校時代の初恋を回想する形式は最近流行りの手法だが、現在と過去を演じる俳優が全然似ていないのが致命傷となってしまい、ラストの再会シーンの感動が今・・・
続きを読む
大人になった主人公が高校時代の初恋を回想する形式は最近流行りの手法だが、現在と過去を演じる俳優が全然似ていないのが致命傷となってしまい、ラストの再会シーンの感動が今ひとつ薄い。同じ俳優を使った方が断然良かったと思う。漫画ちっくな前半は全然気乗りしないが、2人が接近する後半は主役2人の好演でいい感じ。台湾映画はいつも素直な作りで好感が持てる。
隠す
  
 
[002]サンザシの樹の下で
 文化大革命批判江川良名2016-02-22
 【ネタバレ注意】
チャン・イーモウ監督は、最新作の「妻への家路」でより直接的に文化革命批判をテーマにしているが、前作に当たる本作の方が感銘度は高い。時間の経過をテロップで繋ぐ手法が実・・・
続きを読む
チャン・イーモウ監督は、最新作の「妻への家路」でより直接的に文化革命批判をテーマにしているが、前作に当たる本作の方が感銘度は高い。時間の経過をテロップで繋ぐ手法が実話ものらしい効果を上げており、若い2人の初恋の描写がセンチメンタルに綴られる。いくつもいいシーンがあるが、余命少ない事を隠して2人が過ごす最後の出会いの場面が特に胸を打つ。文化大革命を扱った作品には「芙蓉鎮」という傑作があるが、個人的には、木下恵介監督の「野菊の如き君なりき」を連想させられた。情感溢れる音楽も素晴らしい。
隠す
  
 
[003]円卓 こっこ、ひと夏のイマジン
 天才子役江川良名2015-06-07
 
芦田愛菜の演技には御見それしました。
  
 
[004]ばしゃ馬さんとビッグマウス
 夢をあきらめるまで江川良名2015-05-18
 【ネタバレ注意】
脚本家の夢を棄てきれないヒロインの最後のあがきを元恋人や彼女に憧れる男友達を絡めて描いた青春ドラマ。ヒロインを麻生久美子が演じてるおかげで悲惨さは余り感じられないが・・・
続きを読む
脚本家の夢を棄てきれないヒロインの最後のあがきを元恋人や彼女に憧れる男友達を絡めて描いた青春ドラマ。ヒロインを麻生久美子が演じてるおかげで悲惨さは余り感じられないが、夢をあきらめて田舎へ帰るラストシーンに青春への惜別感が滲み胸が熱くなった。
隠す
  
 
[005]幕が上がる
 青春賦江川良名2015-03-06
 【ネタバレ注意】
開巻、独白の多さに辟易したが、女優崩れの新任教師が登場する辺りから面白くなる。この先生、部員を焚きつけた上、合宿という名目で東京に演劇観賞に出かけた際に、昔の仲間に・・・
続きを読む
開巻、独白の多さに辟易したが、女優崩れの新任教師が登場する辺りから面白くなる。この先生、部員を焚きつけた上、合宿という名目で東京に演劇観賞に出かけた際に、昔の仲間に声を掛けられ、あっさり途中でリタイヤする身勝手女なのだが、黒木華が嫌みなく演じてるおかげで、少女たちが演劇に目覚める展開に説得力が出た。地方の日常風景を捉えた撮影が少女たちの儚い青春の情景として活きている。
隠す
  
 
[006]KANO 〜1931海の向こうの甲子園〜
 一球入魂江川良名2015-02-02
 
「セデック・バレ」の監督がプロデュースした実話の映画化。前作同様、直球勝負の正攻法で、3時間の長尺を一気に見せる。全編日本語の台湾映画だが、違和感はほとんど感じない・・・
続きを読む
「セデック・バレ」の監督がプロデュースした実話の映画化。前作同様、直球勝負の正攻法で、3時間の長尺を一気に見せる。全編日本語の台湾映画だが、違和感はほとんど感じない。恋愛話もスパイス程度で留め、野球ドラマに焦点を絞り、クライマックスの甲子園の試合場面へと盛り上げる話運びが成功して、本物の高校野球の感動を味わえる。映画の持つ力を信じさせてくれる秀作。
隠す
  
 
[007]嘆きのピエタ
 魂の復讐劇江川良名2014-09-13
 【ネタバレ注意】
借金苦で自殺した息子の母親が、自殺に追いやった借金取りの母親に成りすまし、自らの命と引き換えに復讐を遂げるまでを無駄のない構成で描き切ったキム・ギドクの演出に唸った・・・
続きを読む
借金苦で自殺した息子の母親が、自殺に追いやった借金取りの母親に成りすまし、自らの命と引き換えに復讐を遂げるまでを無駄のない構成で描き切ったキム・ギドクの演出に唸った。主役の2人も好演。
隠す
  
 
[008]殺人の告白
 期待外れ江川良名2014-08-24
 【ネタバレ注意】
傑作「殺人の追憶」の続編的作品を期待したが、全く違った。真犯人を誘き出す為の大芝居という話はおもしろいが、度が過ぎる活劇場面はムード台無しで、正攻法なサスペンス劇と・・・
続きを読む
傑作「殺人の追憶」の続編的作品を期待したが、全く違った。真犯人を誘き出す為の大芝居という話はおもしろいが、度が過ぎる活劇場面はムード台無しで、正攻法なサスペンス劇として作って欲しかった。
隠す
  
 
[009]NY検事局
 社会派江川良名2014-08-24
 
シドニー・ルメット得意の社会派ドラマ。前半は裁判劇、後半は警察内部告白物と彼のフイルモグラフィの総決算的内容で、新味はないが骨太な演出で見せる。主役のガルシアと恋人・・・
続きを読む
シドニー・ルメット得意の社会派ドラマ。前半は裁判劇、後半は警察内部告白物と彼のフイルモグラフィの総決算的内容で、新味はないが骨太な演出で見せる。主役のガルシアと恋人のレナ・オリンに魅力が乏しく、代表作「評決」には遠く及ばないが、ラストの演説シーンは胸を打つ。
隠す
  
 
[010]極道めし
 木村文乃江川良名2014-03-16
 
漫画が原作の刑務所もの。囚人たちの一番の話題が食い物の話になるのは良く分かるが、余りおいしさが伝わって来ないのは、各人が語る話が平凡だからか?冒頭アップで登場する木・・・
続きを読む
漫画が原作の刑務所もの。囚人たちの一番の話題が食い物の話になるのは良く分かるが、余りおいしさが伝わって来ないのは、各人が語る話が平凡だからか?冒頭アップで登場する木村文乃の可愛さばかりが目立つ。
隠す
  
 
[011]ゼロ・グラビティ
 4DX初体験江川良名2014-01-11
 
地元に4DX館が出来たので正月休みに初体験。3D版だったので通常料金+\\1,300掛った。入口に無料のロッカーがあったので、かなり揺れるかと思い荷物を全て収納して入場。映画の・・・
続きを読む
地元に4DX館が出来たので正月休みに初体験。3D版だったので通常料金+\\1,300掛った。入口に無料のロッカーがあったので、かなり揺れるかと思い荷物を全て収納して入場。映画の前にデモがあり、4DXの効果を一通り見せてくれる。本編が始まって、早速、椅子が揺れ始めるが、5分もすると慣れてしまう(3Dと同じ)。火災のシーンで、場内に煙が立ち込め、焦げた臭いが充満したのには驚いたが、それ以外は想定範囲内。ディズニーランドの方が揺れた気がする。肝心の映画の方は、話が単調な上、超御都合主義なのには閉口させられた。すごく期待していたのに残念。次は夏に水が掛る作品を観に行きたい。
隠す
  
 
[012]ふがいない僕は空を見た
 反復の効果江川良名2014-01-11
 
原作は山本周五郎賞を受賞した小説だそうだが未読である。主婦と高校生のセックスが繰り返し描写されるが、同じ場面を反復させる間にそこに至るまでの話を挟む手法が非常に効果・・・
続きを読む
原作は山本周五郎賞を受賞した小説だそうだが未読である。主婦と高校生のセックスが繰り返し描写されるが、同じ場面を反復させる間にそこに至るまでの話を挟む手法が非常に効果を上げている。他の映画では冗長と感じさせられる場合が多いが、この作品は長さを感じさせない。後半は、高校生の友人や母親の話に重心が移り、群像劇的な様相を呈する事で、話が単調になることから免れている。団地の貧困化やネットポルノ等、現代的な問題を扱っているが、根底に流れる死生観は普遍的なものであり、なかなか見応えがある。
隠す
  
 
[013]シュガー・ラッシュ
 ゲームなアニメ江川良名2013-04-07
 
ジョン・ラセター総指揮なので、トイ・ストーリー色濃厚だが、童心に帰って楽しめた。子供とマリオカートした時の興奮が蘇る快作。
  
 
[014]横道世之介
 青春のアイコン江川良名2013-03-03
 【ネタバレ注意】
1987年は社会人になって上京した年であり、モラトリアムな気分から脱しきれず、ぼんやり毎日を送っていた自分と主人公の気分が重なるところ大(あんなに可愛い彼女はいなかった・・・
続きを読む
1987年は社会人になって上京した年であり、モラトリアムな気分から脱しきれず、ぼんやり毎日を送っていた自分と主人公の気分が重なるところ大(あんなに可愛い彼女はいなかったけど)。彼の死後届く写真のエピローグがペーソスいっぱい。
隠す
  
 
[015]ゼロ・ダーク・サーティ
 9・11の落し前江川良名2013-03-02
 
同時多発テロから10年後の2011年に首謀者ビン・ラディンがアメリカ軍の特殊部隊に殺害された事件を再現したドキュドラマ。CIAの地道な活動の末、やっと突き止めた潜伏・・・
続きを読む
同時多発テロから10年後の2011年に首謀者ビン・ラディンがアメリカ軍の特殊部隊に殺害された事件を再現したドキュドラマ。CIAの地道な活動の末、やっと突き止めた潜伏場所を襲撃する場面の迫真性は尋常じゃなく、標的の顔を見せない事で、勧善懲悪的なカタルシスを排除している。「ハートブルー」の監督が、前作「ハート・ロッカー」を経て辿り着いた最高作。
隠す
  
 
[016]ソルト
 女傑アンジー本領発揮作江川良名2012-04-16
 
冷戦復活という時代錯誤な題材に目をつぶれれば、全編ノンストップアクションのアンジーが楽しめる痛快作。「トゥームレイダース」シリーズで彼女のファンになった輩としては、・・・
続きを読む
冷戦復活という時代錯誤な題材に目をつぶれれば、全編ノンストップアクションのアンジーが楽しめる痛快作。「トゥームレイダース」シリーズで彼女のファンになった輩としては、待望の作品。
隠す
  
 
[017](500)日のサマー
 運命の失恋江川良名2012-04-15
 
始まって1時間くらいまでは、よくある恋愛映画の展開で退屈なのだが、最後の30分で、この映画が一人の女性に振られるまでの失恋ドラマだった事が分かる仕掛けになっており、・・・
続きを読む
始まって1時間くらいまでは、よくある恋愛映画の展開で退屈なのだが、最後の30分で、この映画が一人の女性に振られるまでの失恋ドラマだった事が分かる仕掛けになっており、なかなかうまい。2人の関係を友達だと言い続け、本当に好きな相手が現れるとあっさり結婚してしまった彼女から、彼が彼女に取って運命の人ではなかったと告白されるベンチのシーンは、恋愛の残酷さを思い知らされて胸に迫る。ハッピーエンドを期待させる映画や音楽を信じられなくなった主人公に素敵な結末が用意されてるところがまたいい。レヴィットも好演だが、デシャネルが魅力たっぷりなので、主人公に大いに共感できた次第。
隠す
  
 
[018]ラスト・ターゲット
 クルーニー版ゴルゴ13江川良名2012-04-10
 【ネタバレ注意】
開巻、007ばりの銃撃戦の後、一転してイタリアの片田舎での殺し屋のストイックな生活ぶりが描かれる。カスタム銃の依頼の仕事がいかにも罠っぽく、定石通りの結末が物足りない・・・
続きを読む
開巻、007ばりの銃撃戦の後、一転してイタリアの片田舎での殺し屋のストイックな生活ぶりが描かれる。カスタム銃の依頼の仕事がいかにも罠っぽく、定石通りの結末が物足りない。娼婦との恋愛もなんとなく取ってつけた感じで、クルーニーには殺し屋の凄味が不足している。
隠す
  
 
[019]マイレージ、マイライフ
 クルーニのはまり役江川良名2012-04-01
 
独身貴族の男が、素敵な女性と出会い、結婚を決意するが、苦い結末が待っていた。一口で言えば、それだけの話だが、映画はストーリーだけじゃない。 ジョージ・クルーニが抜群・・・
続きを読む
独身貴族の男が、素敵な女性と出会い、結婚を決意するが、苦い結末が待っていた。一口で言えば、それだけの話だが、映画はストーリーだけじゃない。 ジョージ・クルーニが抜群のはまり役で、恋人のヴェラ・ファーミガに振られるカッコ悪さがいい味を出している。若手のアナ・ケンドリックの初々しさも忘れられない。
隠す
  
 
[020]パットン大戦車軍団
 猛将パットンの伝記映画江川良名2012-04-01
 
題名からは、スペクタクルな戦争映画を想像するが、戦闘シーンはほとんどなく、比較的地味な伝記もの。マスコミに叩かれ、紆余曲折な人生を送る時代遅れの男パットンをジョージ・・・
続きを読む
題名からは、スペクタクルな戦争映画を想像するが、戦闘シーンはほとんどなく、比較的地味な伝記もの。マスコミに叩かれ、紆余曲折な人生を送る時代遅れの男パットンをジョージ・C・スコットのワンマンショーで見せる。
隠す
  
 
[021]僕達急行 A列車で行こう
 森田芳光の遺作江川良名2012-04-01
 
「の・ようなもの」でデビューした森田芳光の最後の作品。電車オタクを主人公にした森田得意の題材であったはずが、今ひとつ笑えない出来に留まった。松山ケンイチ扮するサラリ・・・
続きを読む
「の・ようなもの」でデビューした森田芳光の最後の作品。電車オタクを主人公にした森田得意の題材であったはずが、今ひとつ笑えない出来に留まった。松山ケンイチ扮するサラリーマン喜劇の色合いを強く打ち出してる作戦が裏目に出てしまい、森田ワールドが空回り。主役2人もオタクっぽくなく、ミスキャスト。同じオタクを扱った「間宮兄弟」に遠く及ばないが、長年の森田ファンとしては、デビュー作と同じ、軽喜劇で監督人生を終えた事がうれしかった。「家族ゲーム」「(ハル)」等、いい映画をありがとうございました。
隠す
  
 
[022]武士の家計簿
 森田監督のトレンディー時代劇江川良名2012-04-01
 
不況の現代にぴったりの題材で、森田流喜劇にアレンジしたらかなりおもしろくなったはずだが、随分まじめな演出で、面白みに欠ける作品になってしまって残念。上映時間の129・・・
続きを読む
不況の現代にぴったりの題材で、森田流喜劇にアレンジしたらかなりおもしろくなったはずだが、随分まじめな演出で、面白みに欠ける作品になってしまって残念。上映時間の129分が長く感じられた。堺雅人は好演。
隠す
  
 
[023]彼女が消えた浜辺
 ミステリードラマの秀作江川良名2012-04-01
 
何の予備知識もなく観たのだが、1人の女性の失踪を見応えのあるミステリードラマとして仕上げている監督の力量に感服させられた。出演者達もなじみの無い面々だが、見事なアン・・・
続きを読む
何の予備知識もなく観たのだが、1人の女性の失踪を見応えのあるミステリードラマとして仕上げている監督の力量に感服させられた。出演者達もなじみの無い面々だが、見事なアンサンブル演技を見せてくれる。ベルリン映画祭の監督賞受賞も頷けるイラン映画の秀作。
隠す
  
 
[024]ヒューゴの不思議な発明
 スコセッシの3D映画江川良名2012-04-01
 【ネタバレ注意】
近年のスコセッシ映画には全く興味を失っていたので、この作品がアカデミー賞にノミネートされなかったら、観に行かなかったかもしれない。雑誌の作品賞候補の紹介で、「月世界・・・
続きを読む
近年のスコセッシ映画には全く興味を失っていたので、この作品がアカデミー賞にノミネートされなかったら、観に行かなかったかもしれない。雑誌の作品賞候補の紹介で、「月世界旅行」のメリエスをリスペクトした作品だと分かり、食指が動かされた次第。開巻からしばらくは、児童文学の展開が続き、退屈させられる。メリエスの話に移ってからは、映画草創期へのノスタルジーな展開となるが、語り口が解説的で、感情移入できず、クライマックスは、再び少年の冒険談となる。トリック映画の創始者を最新のトリック(3D)で描く構想は悪くないが、スコセッシの演出力は往年のパワーを取り戻していない。 「アリスの恋」「タクシードライバー」が懐かしい。
隠す
  
 
[025]大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇
 荒川良々江川良名2012-03-31
 
何の予備知識もなく期待もせずに観たせいか、結構楽しめた。 地獄が観光地化されてるというとぼけたアイデアがすべての作品だが、 樹希樹林、片桐はいり、荒川良々の3人のコメ・・・
続きを読む
何の予備知識もなく期待もせずに観たせいか、結構楽しめた。 地獄が観光地化されてるというとぼけたアイデアがすべての作品だが、 樹希樹林、片桐はいり、荒川良々の3人のコメディ演技が楽しい。
隠す
  
 
[026]エンジェル ウォーズ
 美少女コスプレファンタジー江川良名2012-03-31
 
スナイダー監督は「300」でもそうだったが、CGを多用した映像は今や食傷気味な上、ストーリーも救いのない暗さで、女の子のセクシーコスプレだけが取り柄の作品。
  
 
[027](ハル)
 (^^)江川良名2012-03-31
 
メールがまだ普及していなかった公開当時、話の大半をメールの文字のやりとりで語る手法は極めて実験的で新鮮でした。音楽の使い方、間の取り方、文字の見せ方など絶妙で、恋愛・・・
続きを読む
メールがまだ普及していなかった公開当時、話の大半をメールの文字のやりとりで語る手法は極めて実験的で新鮮でした。音楽の使い方、間の取り方、文字の見せ方など絶妙で、恋愛映画として見事な作品に仕上げた森田監督の才能には大変感服させられました。合掌。
隠す
  
 
[028]キャタピラー
 芋虫江川良名2012-03-31
 
江戸川乱歩の芋虫をベースにした若松孝二の反戦映画。傷痍軍人の日常の余りにもベタな描写と結末は強烈な反戦メッセージとなっているが、体質的には苦手な作品。
  
 
[029]デビルクエスト
 魔女の季節(原題)江川良名2012-03-31
 【ネタバレ注意】
魔女狩りで、死者が蘇り、神父を殺害するプロローグがあるので、魔女裁判にかけられる少女が、ただ者ではない事が分かってしまう。多くの無実の女性を魔女として殺害した魔女狩・・・
続きを読む
魔女狩りで、死者が蘇り、神父を殺害するプロローグがあるので、魔女裁判にかけられる少女が、ただ者ではない事が分かってしまう。多くの無実の女性を魔女として殺害した魔女狩りを逆手に取った発想はおもしろいのだが、その設定が活かされていない。邦題が既にネタバレになってしまっている。
隠す
  
 
[030]J・エドガー
 愛国心という名の正義江川良名2012-02-20
 
開巻、回顧録を口述する晩年のフーパーを演じるディカプリオの老けメイクに違和感が拭えず、時代が頻繁に前後する構成も整理しきれていない感があるが、近代アメリカ史の裏側を・・・
続きを読む
開巻、回顧録を口述する晩年のフーパーを演じるディカプリオの老けメイクに違和感が拭えず、時代が頻繁に前後する構成も整理しきれていない感があるが、近代アメリカ史の裏側を覗ける話はおもしろく、愛国心が過ぎて妄想と現実の区別がつかなくなるくだりは理解できる。
隠す
  
 
 1 2 3次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION