allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「黒らぶクーたん」さんのコメント一覧 登録数(75件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]ナインイレヴン 運命を分けた日
 ハラハラドキドキ黒らぶクーたん2018-07-11
 【ネタバレ注意】
「アメリカ同時多発テロ」(2001年9月11日)を舞台にした「エレベーター密室劇」。スケールは小さいが結果を知っているだけになお更ハラハラドキドキ、結構楽しめる。チャーリー・・・
続きを読む
「アメリカ同時多発テロ」(2001年9月11日)を舞台にした「エレベーター密室劇」。スケールは小さいが結果を知っているだけになお更ハラハラドキドキ、結構楽しめる。チャーリー・シーンが格好いい。
隠す
  
 
[002]ブラッド・スローン
 「教材的」映画黒らぶクーたん2018-07-01
 
この映画のような事例を防ぐため、日本においては「交通犯罪」向けの「交通刑務所」が市原と加古川の2ケ所に設けられ、殺人・強盗などの「刑事犯」及びヤクザなどの「暴力団構・・・
続きを読む
この映画のような事例を防ぐため、日本においては「交通犯罪」向けの「交通刑務所」が市原と加古川の2ケ所に設けられ、殺人・強盗などの「刑事犯」及びヤクザなどの「暴力団構成員」との接触が極力避けられている。その意味で一見する価値がある映画だ。
隠す
  
 
[003]いつまた、君と 〜何日君再来(ホーリージュンザイライ)〜
 親も子供も頑張った!黒らぶクーたん2018-06-17
 
壊滅的な敗戦から奇跡の復興を遂げて世界第2位の経済大国にまで登りつめた日本、その過程には涙なしには語れない父母たちの艱難辛苦の歴史があった。向井理が失意の中に早死に・・・
続きを読む
壊滅的な敗戦から奇跡の復興を遂げて世界第2位の経済大国にまで登りつめた日本、その過程には涙なしには語れない父母たちの艱難辛苦の歴史があった。向井理が失意の中に早死にする父親役を好演、能天気な母親役の尾野真千子がけな気で可愛い。
隠す
  
 
[004]プレシャス
 救いのある映画黒らぶクーたん2018-03-28
 【ネタバレ注意】
実父にレイプされて子供が二人、一人はダウン症、更にエイズまでうつされていたとは・・・。余りにも悲惨な青春、しかし私は生きて行く、この子らへの愛とともに・・・。教育の・・・
続きを読む
実父にレイプされて子供が二人、一人はダウン症、更にエイズまでうつされていたとは・・・。余りにも悲惨な青春、しかし私は生きて行く、この子らへの愛とともに・・・。教育の真の意味を教えてくれる、救いのある映画だ。
隠す
  
 
[005]ロボジー
 気楽に楽しめる黒らぶクーたん2018-03-25
 
現今のAIの進歩は著しく、人間様を凌ぐロボットが続々と出てきているが、このロボジー、独特のトボケ味が何とも可笑しく可愛いげがある。難しいこと言わずに気楽に楽しむべき作品。
  
 
[006]エクストーション 家族の値段
 結構、楽しめる。黒らぶクーたん2018-03-23
 
妻と子を拉致された主人公に感情移入、観てる方も居ても立ってもおれない。もはやこれは「戦争」、男として負ける訳にはいかない。y
  
 
[007]潔く柔く きよくやわく
 ほろ苦い思い出黒らぶクーたん2018-03-21
 
若気の至りで相手を傷つけてしまった、誰にでもひとつや二つはある苦い思い出。ましてやそれが相手の死に繋がったとすれば・・・極端な形でではあるが、そんな思い出を呼び起こ・・・
続きを読む
若気の至りで相手を傷つけてしまった、誰にでもひとつや二つはある苦い思い出。ましてやそれが相手の死に繋がったとすれば・・・極端な形でではあるが、そんな思い出を呼び起こしてくれる契機になった。長澤まさみが若くて可愛い!(今も可愛いけど・・・)
隠す
  
 
[008]ある戦争
 極めて示唆に富んだ佳作黒らぶクーたん2018-03-21
 
現代人、特に先進国の国民にとって「戦争」ほどバカバカしく嫌なものはない。そして日本の若者はその何倍もバカバカしい立場に置かれている。日本の自衛隊員がこの映画と同じ状・・・
続きを読む
現代人、特に先進国の国民にとって「戦争」ほどバカバカしく嫌なものはない。そして日本の若者はその何倍もバカバカしい立場に置かれている。日本の自衛隊員がこの映画と同じ状況に陥った場合、「軍法」ではなく一般人と同様「刑法」が適用され、極めてリベラルな裁判官に裁かれることになる。そして戦争は否応なく向こうからやって来る。デンマークでさえこうだ、まして好戦的な独裁国家に取り巻かれた日本に逃げ道はない。
隠す
  
 
[009]ラスト・ブレス
 今そこにある戦場黒らぶクーたん2018-03-09
 
戦争は残酷だ。ある日突然戦場へ駆り出され、そこには死が待っている。昨日までの楽しい毎日は夢だったのか。宗教・民族戦争の虚しさを良く描いた佳作である。
  
 
[010]ハイエナ・ロード
 名誉ある死とは黒らぶクーたん2017-11-20
 
10年間にわたるアフガン派兵で150人余の戦死者を出したカナダ、その史実がベースになっており、丁寧に作られた見応えある戦争映画であり脚本も良い。
  
 
[011]海賊とよばれた男
 戦後奇跡の復興の礎黒らぶクーたん2017-11-20
 【ネタバレ注意】
「四等国」と蔑まれていた日本が、世界第二位の経済大国にまで上り詰めた戦後奇跡の復興、その礎を築いた男達の物語。原作に忠実な佳作ではあるが、映画としては「日章丸事件」・・・
続きを読む
「四等国」と蔑まれていた日本が、世界第二位の経済大国にまで上り詰めた戦後奇跡の復興、その礎を築いた男達の物語。原作に忠実な佳作ではあるが、映画としては「日章丸事件」をもっと膨らませて欲しかった・・・。
隠す
  
 
[012]虹蛇と眠る女
 「25年ぶり」なのに・・・黒らぶクーたん2017-11-20
 
ニコール・キッドマンが、母国出演「25年ぶり」なのに勿体ない使われ方。邦題にも疑問あり。
  
 
[013]69 sixty nine
 歴史の一ページを活写!黒らぶクーたん2017-10-01
 
私も1968年の「エンタープライズ闘争」で佐世保港に遠征、「ゲバ棒」代わりの特製プラカードを掲げて「ヴェトナム戦争」反対を強く訴えました。5歳年下の村上龍さんは当時高校・・・
続きを読む
私も1968年の「エンタープライズ闘争」で佐世保港に遠征、「ゲバ棒」代わりの特製プラカードを掲げて「ヴェトナム戦争」反対を強く訴えました。5歳年下の村上龍さんは当時高校生、その時のご経験がこの映画の原作となり、1976年の芥川賞受賞作「限りなく透明に近いブルー」に繋がって行く訳です。深刻なテーマを明るく笑い飛ばしたクドカンさんの脚本も秀逸、一見に値する佳作だと思います。
隠す
  
 
[014]グッドモーニングショー
 結構、楽しめる。黒らぶクーたん2017-08-26
 
コメディながらスピード感と緊迫感に乗せられ、終盤の「人民投票」にはチョッと考えさせられたりして、結構楽しめました。娯楽作品としては合格!
  
 
[015]アイスブレイカー 超巨大氷山崩落
 なかなかの迫力黒らぶクーたん2017-07-29
 
昭和31年、私が小学生だった頃、初代南極観測船「宗谷」が第一次越冬隊を迎えに行った帰路、厚い氷に阻まれて身動きが取れなくなり、ソ連の砕氷船「オビ号」に救出されると言う・・・
続きを読む
昭和31年、私が小学生だった頃、初代南極観測船「宗谷」が第一次越冬隊を迎えに行った帰路、厚い氷に阻まれて身動きが取れなくなり、ソ連の砕氷船「オビ号」に救出されると言う「事件」がありました。そして「過去最大級の氷山、南極から分離」と言う最近のニュース、この二つの出来事を前提に、久しぶりにロシア映画を鑑賞しましたが、これがなかなかの迫力でソ連時代の官僚主義を揶揄した描写もご愛敬、結構楽しめました。
隠す
  
 
[016]天使が消えた街
 難解?黒らぶクーたん2017-01-17
 
私には難解過ぎて付いて行けず感情移入出来ませんでした。
  
 
[017]ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女
 「本場物」は違う?黒らぶクーたん2016-05-01
 
「ハリウッド版」も良かったが「WOWOW完全版」で観たら何と182分、重厚感たっぷりで原作の持つ独特の味が存分に楽しめた。やはり「本場物」は違う。
  
 
[018]奇跡の2000マイル
 動物好きにはたまらない黒らぶクーたん2016-04-27
 【ネタバレ注意】
この映画の真の主役はラクダかも知れない。世界で最も多くの野生ラクダが生息しているのが豪州で、そのラクダがこんなにも可愛い動物だったとは・・・。子ラクダを一緒に連れて・・・
続きを読む
この映画の真の主役はラクダかも知れない。世界で最も多くの野生ラクダが生息しているのが豪州で、そのラクダがこんなにも可愛い動物だったとは・・・。子ラクダを一緒に連れて行けば親は絶対に逃げない・・・その子ラクダが砂漠の砂が熱くて熱くて歩けなくなってうずくまってしまう・・・お靴の代わりに脚に布を巻き付けて貰ってまた歩き出す愛らしさ・・・愛犬との辛い別れを含めて・・・動物好きにはたまらない名画だ。
隠す
  
 
[019]新宿スワン
 勉強になります。黒らぶクーたん2016-04-18
 
新宿歌舞伎町の裏事情と「フーゾク」の勉強になりました。今度実地調査に行って見たいと思います。綾野剛の熱演・怪演にプラスワン!
  
 
[020]マン・オン・ザ・ムーン
 アメリカ社会の奥の深さ黒らぶクーたん2016-03-16
 
観ている間中ハラハラドキドキ、こんなコメディアンが実在したとは・・・絶体に日本では受け入れて貰えないハチャメチャぶり。ミロス・フォアマンは「ラリー・フリント(1996年)・・・
続きを読む
観ている間中ハラハラドキドキ、こんなコメディアンが実在したとは・・・絶体に日本では受け入れて貰えないハチャメチャぶり。ミロス・フォアマンは「ラリー・フリント(1996年)」に続いて「アメリカ社会の奥の深さ」を描いている。「過激なギャグ」を良しとして受入れたアメリカ大衆の価値観は、「過激なポルノ」雑誌“ハスラー”を「合法」とした米連邦最高裁判決に通じる。ベルリン銀熊賞だけの価値ある佳作。
隠す
  
 
[021]ブレイブ ワン
 「スカッとする」!黒らぶクーたん2016-02-10
 【ネタバレ注意】
「銃社会」アメリカの現実をベースに、「応報刑」の私的執行が許されるか否かを問う米国版「必殺仕置き人」。法的に許されないことが分かってはいても「スカッとする」のは何故・・・
続きを読む
「銃社会」アメリカの現実をベースに、「応報刑」の私的執行が許されるか否かを問う米国版「必殺仕置き人」。法的に許されないことが分かってはいても「スカッとする」のは何故か? ちなみに「死刑制度」を廃止した国では、捜査段階での容疑者殺害が増える傾向にあるそうです。
隠す
  
 
[022]ロスト5
 お子様専用映画黒らぶクーたん2016-01-31
 
荒唐無稽・支離滅裂、12才以上の方にはお薦めできません。
  
 
[023]コールド・バレット 凍てついた七月
 ひねりが効いた佳作黒らぶクーたん2015-12-19
 
「銃社会アメリカ」ならではのミステリー。展開もひねりが効いていて楽しめる。掘り出し物の佳作。
  
 
[024]華麗なる激情
 画面の美しさと力強い演出黒らぶクーたん2015-12-19
 
50年前に「70mm」映画として封切館の大画面で観たが、画面の美しさと力強い演出は今もって全く色褪せておらず、50インチのハイビジョン画像で観ても迫力十分であった。・・・
続きを読む
50年前に「70mm」映画として封切館の大画面で観たが、画面の美しさと力強い演出は今もって全く色褪せておらず、50インチのハイビジョン画像で観ても迫力十分であった。封切当時は天井画の実物を見ることなど想像もできなかったが、1988年の見学時には日本テレビの協賛で修復作業が行われていた。アカデミー賞の受賞は逃しているが、映画史に残る名作・大作であることは間違いない。
隠す
  
 
[025]雷桜
 「命」をつなぐ黒らぶクーたん2015-12-19
 【ネタバレ注意】
「命」をつないで行くことの大切さ・美しさを基調に、「身分違い」の恋を切なく描いた恋愛時代劇。「山育ち」の逞しさと「女」としての生命力にあふれた主人公を蒼井優が好演。・・・
続きを読む
「命」をつないで行くことの大切さ・美しさを基調に、「身分違い」の恋を切なく描いた恋愛時代劇。「山育ち」の逞しさと「女」としての生命力にあふれた主人公を蒼井優が好演。「悲恋物」ながらラストには救いがある。
隠す
  
 
[026]誰でもない女
 新たな悲劇黒らぶクーたん2015-12-19
 【ネタバレ注意】
第二次世界大戦後の東西ドイツ分裂は幾多の悲劇を生んだが、1990年の「再統一」後にも負の遺産は新たな悲劇を生んだ。母親と引き離され旧東ドイツの施設で育てられ、家族愛に飢・・・
続きを読む
第二次世界大戦後の東西ドイツ分裂は幾多の悲劇を生んだが、1990年の「再統一」後にも負の遺産は新たな悲劇を生んだ。母親と引き離され旧東ドイツの施設で育てられ、家族愛に飢えた主人公が選んだ道は・・・。50年前に観た「寒い国から帰ったスパイ」を思い出した。佳作。
隠す
  
 
[027]リベリオン ワルシャワ大攻防戦
 見応えある大作黒らぶクーたん2015-12-01
 
第二次世界大戦末期、ナチス占領下のポーランドで起こった「ワルシャワ蜂起」を再現した本格的戦争映画である。自由と独立を求めて、圧倒的なドイツ軍の火力に果敢に立ち向かう・・・
続きを読む
第二次世界大戦末期、ナチス占領下のポーランドで起こった「ワルシャワ蜂起」を再現した本格的戦争映画である。自由と独立を求めて、圧倒的なドイツ軍の火力に果敢に立ち向かう、勇気あるポーランドの若者達の姿に感動を禁じえない。「蜂起70周年」を記念して作られた見応えある大作であり、「Fujiフィルム」を使用。
隠す
  
 
[028]テレマークの要塞
 「テレマークの英雄たち」黒らぶクーたん2015-11-25
 
1965年公開当時は「70mm」映画全盛時代、この作品も負けじとばかりに「凄まじいスリルとサスペンスの大スペクタクル巨篇!」と銘打って公開されているが原題は「THE HEROES・・・
続きを読む
1965年公開当時は「70mm」映画全盛時代、この作品も負けじとばかりに「凄まじいスリルとサスペンスの大スペクタクル巨篇!」と銘打って公開されているが原題は「THE HEROES OF TELEMARK」であり、「看板に偽りあり」の責任は日本の配給会社にある。「第二次世界大戦で最も成功した破壊工作」とされている「ガンナーサイド作戦」を踏まえて制作されており、ノルウェー人特殊部隊がナチスの原爆開発を阻止した功績は称賛に値する。終盤の、湖に鉄道連絡船を沈めて重水の輸送を阻止するシーンも史実に基づいている。
隠す
  
 
[029]パーマネント野ばら
 流れ行く時間黒らぶクーたん2015-11-08
 
芸達者な俳優・女優が続々登場して来て激しく自己主張、それぞれの生き様は逞しくもありウラ悲しくもある。静かにしかし確実に流れ行く時間を背景にして描いた人生賛歌。原作漫・・・
続きを読む
芸達者な俳優・女優が続々登場して来て激しく自己主張、それぞれの生き様は逞しくもありウラ悲しくもある。静かにしかし確実に流れ行く時間を背景にして描いた人生賛歌。原作漫画の持ち味を残しながら上手く映像化した吉田大八監督の手綱さばきが光る。
隠す
  
 
[030]神様のカルテ2
 日本の医療現場の良心黒らぶクーたん2015-11-08
 
前作同様「口が悪くて身だしなみも適当で、変なしゃべり方でなんだか難しい言葉ばっかり使っているけど、患者さんのことだけはとても真剣に考えている」夏目漱石かぶれの若手勤・・・
続きを読む
前作同様「口が悪くて身だしなみも適当で、変なしゃべり方でなんだか難しい言葉ばっかり使っているけど、患者さんのことだけはとても真剣に考えている」夏目漱石かぶれの若手勤務医が主人公。主演の櫻井翔をベテラン俳優達がカバー、民間病院の厳しい運営実態が良く描かれていて佳作。沢山の患者を死亡させた某大学病院関係者にも見せてやりたい。今公開していれば大ヒットしていたかも・・・。
隠す
  
 
 1 2 3次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION