allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「黒芝」さんのコメント一覧 登録数(2件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]グッバイ、レーニン!
 歴史を垣間見られる良作黒芝2007-07-05
 
ドイツには「オスタルギー」という言葉があります。 ドイツ語で「東」をあらわす「オスト」と「郷愁」をあらわす「ノスタルギー」の合成語、つまり統一前の東ドイツに対する郷・・・
続きを読む
ドイツには「オスタルギー」という言葉があります。 ドイツ語で「東」をあらわす「オスト」と「郷愁」をあらわす「ノスタルギー」の合成語、つまり統一前の東ドイツに対する郷愁です。 我々の感覚からすると「何それ、今の自由なドイツより共産主義時代のほうが良かったなんて」等と思ってしまいますが、それには作中でも触れられていますが事情があります。 名目上、東西ドイツの統一は双方平等な立場での併合だったのですが、実際に行われたのは西ドイツによる東ドイツの吸収に等しいもので、東の権力者達は皆その立場を失い、国営企業は軒並み倒産、閉鎖。 一つのドイツになった後も、東西で大きな経済格差を残すこととなってしまいました。 そんな中で、自分たちの生きてきた時代や社会を否定された形になってしまった元東ドイツ民達の間で「俺達の生きたあの頃だって、悪いことばかりじゃなかった」という郷愁の念から「オスタルギー」という言葉が生まれ、ブームを巻き起こすまでになったのだそうです。 例え酷い環境で生きてきたのだとしても、人はどのような状況でも幸せや生き甲斐を見つけて頑張っていける生き物ですから、歳を取って今が昔になってしまえば「あの頃は不便でしんどかったんだよォ、だけどね……」と、当時の思い出を懐かしんでしまうものなのではないでしょうか。 針を進め続ける世界に、自らの歩んできた過去が否定されてしまったのならなおさらです。 アレックス君の奮闘は、母の為であり、同時に自分の尊厳のためでもあったのだと思います。 コメディとしては弱いですし、細部があまり行き届いていない作品なのですが、色々と考えさせられる良作でした。
隠す
  
 
[002]クレイマー、クレイマー
 名画ですが黒芝2006-10-22
 
良い映画ですが、視点がだいぶ父親に寄りすぎている嫌いがあります。 離婚の原因は双方にあるというのが前提だったはずなのに 話の流れでいつの間にか母親が安易な悪役になって・・・
続きを読む
良い映画ですが、視点がだいぶ父親に寄りすぎている嫌いがあります。 離婚の原因は双方にあるというのが前提だったはずなのに 話の流れでいつの間にか母親が安易な悪役になってしまっています。 一応終盤で成長が描かれていますが、そこまでの行動が視聴者の感情移入を 拒んでいるので、ああダメな母親に引き取られなくて良かったね、という 印象を持ってしまう人が多いのではないかと。 フェミの気がある人は、見た後に怒り出してしまうかもしれません。 わたしもそっちの気があるようで、あまり愉快に見られませんでしたが 大多数の方にとっては名作だと思いますので、オススメできる作品だと思います。
隠す
  
 
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION