allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「晴れ男」さんのコメント一覧 登録数(7件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]ゆれる
 僕はこう思う!晴れ男2007-05-13
 【ネタバレ注意】
真相は、監督の中にしかないので、分かりませんが、 難解な映画なので、僕が解説したいと思います。 弟は、前日、兄が好意を抱いていた女性と関係をもった。 それを兄が遠まわ・・・
続きを読む
真相は、監督の中にしかないので、分かりませんが、 難解な映画なので、僕が解説したいと思います。 弟は、前日、兄が好意を抱いていた女性と関係をもった。 それを兄が遠まわしに探っていたため、不信感を抱いていた。 つり橋に行った当日、弟は、兄が女性と一緒につり橋を 渡ろうとするのを目撃した。その後に起きる事件を 弟は目撃しなかった。でも、物音を聞きつけていた弟は 二人の関係を怪しんでいた兄が彼女を突き落としたと考えた。 それから、弟は、犯罪者である兄を守ろうと、 叔父の弁護士を頼りにする。 ところが、法廷で兄は予想外のことを言い始める。 自分は、突き落としていない。あれは事故だと。 弟は兄がやったと確信していたので、 兄への不信感が、ますます増大していく。 そんなとき、兄は法廷で、女性が弟と 前日に肉体関係を持ったことを知る。 やけになった兄は、弟に自分が二人の関係に 気づいていたことを告白する。 何をやってもうまくいかない自分の人生に いやけをさした、兄は、弟にどうせお前は おれの無実を信じてないんだろうと嘆く。 感情的になっていた、弟は信じてるに決まっているというが 信じていないという本心をつかれ、逆上する。 そして、次の法廷で、見てもいないのに弟は 兄が殺したと偽の証言をする。 (やりとりの声がやたらと聞こえるのが、その証拠!) 数年後、兄がようやく刑務所から出てくる前に 弟は、昔のフィルムを見る。 弟を助けようと手を伸ばす、映像を見ながら、 つり橋で事件が起こった日のことを思い出す。 あのときに、兄の腕についていた傷は 彼女を助けようとした、証拠だったと気づく。 兄は、昔と変らず、いつでも正直な人間だったとわかり、 兄にしてしまった、自分の行為をはじて、涙を流す。 弟は兄を迎えに行く。兄は、最後に弟を笑顔で迎える。 というのが僕の考えたあらすじです。 異論がある方はおっしゃってください。 (いろいろなご意見があると思うので) 兄は、弟に信じてほしかったんだと思います。 でも、弟は信じてくれなかった。 そこで、兄は賭けに出たんだと思う。 心から愛している弟が、自分を信じてくれるかどうかを、 試したんでしょう。その結果、彼は裏切られて、 刑務所へと送られた。 出所した後、弟に向けた笑顔は 弟がやっと自分の無実に気づいてくれた。 信じてくれたという喜びの笑顔だったのかもしれません。 兄はずっと・・・、ただただ正直に生きてきただけなのだから。
隠す
  
 
[002]Dolls ドールズ
 赤は愛と死の象徴晴れ男2006-09-09
 【ネタバレ注意】
本当の愛をまっとうするということは、 究極的には狂気をともなうと実感させてくれる、かなり意欲的な作品。 主人公たちのまわりに配される、赤という色は、愛と死の 両方を示・・・
続きを読む
本当の愛をまっとうするということは、 究極的には狂気をともなうと実感させてくれる、かなり意欲的な作品。 主人公たちのまわりに配される、赤という色は、愛と死の 両方を示すのだろう。愛の高鳴りが垣間見えた瞬間、 赤は、愛の色から、死の色へと変る。 おもいきって、ファンタジーな世界観で展開したことが 逆に主人公たちの心情をリアルに伝える結果になったと思う。 こうした映画は、北野武にしかとれないだろう。
隠す
  
 
[003]パッチギ!
 溢れるエネルギー晴れ男2006-06-12
 
在日コリアンとの問題をとりあげて、小難しくみせかけても 監督の頭の中が、単純明快なのが、まるわかりな作品。 あの時代特有の若いエネルギーをうまく、昇華させていて 非常・・・
続きを読む
在日コリアンとの問題をとりあげて、小難しくみせかけても 監督の頭の中が、単純明快なのが、まるわかりな作品。 あの時代特有の若いエネルギーをうまく、昇華させていて 非常に好感が持てました。井筒監督のわりには、おもしろい。
隠す
  
 
[004]親切なクムジャさん
 うまい!晴れ男2006-06-11
 
主演のイ・ヨンエ、脇役も含めうまい!の一言。 そして、なによりもうまいのが、監督の演出である。 単なる、復讐劇になりがちな内容を、ドラマチックに見せる技術には 脱帽で・・・
続きを読む
主演のイ・ヨンエ、脇役も含めうまい!の一言。 そして、なによりもうまいのが、監督の演出である。 単なる、復讐劇になりがちな内容を、ドラマチックに見せる技術には 脱帽です。囚人たちの紹介の挿入の仕方、伏線の張り方など 二度三度見ても、うまい!と思いました。 感動するかしないかというより、技術を楽しむ作品です。
隠す
  
 
[005]嫌われ松子の一生
 CMディレクターの悪癖露出晴れ男2006-06-04
 
監督に才能があるのは認めます。女優さんががんばったのも認めましょう。 でも。。。、でも。。。、すべての表現があまりにも技巧に走りすぎる。 CM出身の監督にありがちな、・・・
続きを読む
監督に才能があるのは認めます。女優さんががんばったのも認めましょう。 でも。。。、でも。。。、すべての表現があまりにも技巧に走りすぎる。 CM出身の監督にありがちな、細部に徹底的にこだわる表現が 出演者すべてを監督がコマとして、動かそうとしていることを感じさせて、 興ざめ。結局、松子のキャラがひとつもたたず、中島演出が 見えてくるだけなので、感情移入ができない。 ミュージカル仕立ても、「ダンサー・イン・ザ・ダーク」の 心の表現とは違い、意味もなく出てきて、無意味。 松子なんて、どうでもいいやと、思ったのは、僕だけなのでしょうか?
隠す
  
 
[006]笑の大学
 1時間でいいんじゃない?晴れ男2005-11-30
 
舞台のほうが、スリリングだったので期待してみた。 残念ながら、映画のほうは、テンポが非常に悪かった。 ギャグを入れるたびに、見栄を切るための間をおき、 時代設定をわか・・・
続きを読む
舞台のほうが、スリリングだったので期待してみた。 残念ながら、映画のほうは、テンポが非常に悪かった。 ギャグを入れるたびに、見栄を切るための間をおき、 時代設定をわからせるための芝居小屋の映像も 邪魔なだけだし、さらに、エンドロールにいたっては なんでこんなところに無駄なお金を投入するのかと 腹立たしくなるほど、だらだらと長く続く。 このあたりにビジネスとしてのいやらしさを感じさせる。 おそらく1時間の内容を商業的に成立させるために 2時間に水増ししたのだろう。もう、あきらめて1時間の映画として 成立させるべきだった。 でも、役所のあれほどはじけた演技は、今後もなかなか見られないので 一見の価値はありか???
隠す
  
 
[007]赤いアモーレ
 不愉快晴れ男2005-11-13
 
この映画は恋愛映画ではありません。ドラマでもありません。 監督がご都合主義で気づき上げた、男の妄想。 そんなものにつきあわされた、2時間は苦痛以外の何ものでもない。 ・・・
続きを読む
この映画は恋愛映画ではありません。ドラマでもありません。 監督がご都合主義で気づき上げた、男の妄想。 そんなものにつきあわされた、2時間は苦痛以外の何ものでもない。 主人公は、すべてに対して結論を出さない。 出せないのはいい。葛藤するのがドラマだから。 見ていて、とても気になるのが、結論を出さないまま、 主人公の男の人にとって、将来的に都合がいいように物語が 展開してしまうこと。 妊娠した不倫相手は、自分で堕胎してくれる。 奥さんを捨ててまで、一度は一緒に生きようと決意しても 今度は彼女自身が死んでくれる。 結局、元の妻のところに戻ってのうのうと暮らし、 良い想い出でしたとばかりに、聖母様にまつりあげ、 あげくの果てに、自分の娘が死の間際に、彼女に助けを求める。 (聖母の象徴として、やたらと十字架を出し、十字架の形の広場で  抱き合い、十字架の形の通路に彼女の幻が現れる) 人生は、そんなに甘くない。この映画では 彼が本当の意味で結論を下したことなどない。 だから、これには何のドラマも含まれていない。 他の人も書いているが死ねばドラマになるのではなく。 生き続けることがドラマなのだ。なんて、偉そうですかねぇ。。。
隠す
  
 
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION