allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「太郎丸に次郎丸」さんのコメント一覧 登録数(4件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊
 天御柱太郎丸に次郎丸2005-05-28
 
原作を読みまくってました。あの頃は現在のようにメジャー?になるとは思ってもいませんでしたが・・・ 単独作品としては、説明不足かなと思います。(2時間枠ではあの情報量を・・・
続きを読む
原作を読みまくってました。あの頃は現在のようにメジャー?になるとは思ってもいませんでしたが・・・ 単独作品としては、説明不足かなと思います。(2時間枠ではあの情報量を網羅するのは難しいでしょう)人形使いとの、あのシーンでは映画なりの上手い描写かなとはおもいますが、やはり「攻殻」の世界を楽しむ為には他の人も書かれていましたがS.A.Cやイノセンス、原作などの他の作品も見ることをお勧めします。 人間の可能性(ネットによる他の意識との繋がりの増大)と危険性(画一化された意識、思想の統制)を原作では描かれていましたが、この作品ではどちらかというと自己喪失の不安と、ある存在による不安からの解脱にウェイトがおかれていると思います。
隠す
  
 
[002]世界の中心で、愛をさけぶ
 あの頃俺たちは・・・太郎丸に次郎丸2005-04-23
 
主演?(森山君と長澤さん)の2人の演技が良い。現在30代前半の地方出身の俺のような者にとっては、まさにツボにはまる映画でした。 自分たちの高校時代にはあんな甘酸っぱい想・・・
続きを読む
主演?(森山君と長澤さん)の2人の演技が良い。現在30代前半の地方出身の俺のような者にとっては、まさにツボにはまる映画でした。 自分たちの高校時代にはあんな甘酸っぱい想い出はなかったけれども、そこが存在しなかった甘くも切ない想い出を求める多くの人たちに受けたのではないでしょうか。まあ確かに他の人達が指摘するように、話の整合性や説明不足もあるようですが・・・ 愛する人の喪失と深い悲しみ。その事からの解脱。世界の中心はアキの想いを受け止めた朔太郎と律子のいる、その場所、その瞬間であると俺は感じました。 (結論)めったに恋愛映画を見ないのですが、難点が見受けられるものの近年の邦画の中では良質のものではなかったのでしょうか?
隠す
  
 
[003]インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア
 SHINPATHY FOR DEVIL太郎丸に次郎丸2004-01-18
 
永遠の時を生きる苦悩。ブラピはルイの演じることに不満があったと、このサイト の中のどなたかもおっしゃていたようですが、そのことが逆にルイの苦悩をうまく 表現できて良か・・・
続きを読む
永遠の時を生きる苦悩。ブラピはルイの演じることに不満があったと、このサイト の中のどなたかもおっしゃていたようですが、そのことが逆にルイの苦悩をうまく 表現できて良かったのかも。 エンディングの「悪魔を憐れむ歌 SHINPATHY FOR DEVIL」も良い。 (元歌もローリングストーンズのメンバーで、病める魂と共に逝ったブライアン・ジョーンズにささげている歌ですし・・・) どの時代のも接点を持てない孤独。それは他人との真の触れ合いができなくなっている現代人への「憐れむ歌」なのかも。 またこの映画のお蔭で「ポーの一族」の存在を知ることもできました。 自分的にはベスト5の中に入る傑作です。
隠す
  
 
[004]悪霊島
 あるがままに太郎丸に次郎丸2004-01-18
 【ネタバレ注意】
因習によって引き裂かれたふぶきの心。頑なに因習を守ろうとする大膳。 高度成長期の日本で失われていく古きもの。 劇中の中にある吉太郎の日記の中の言葉。 「現代人の失って・・・
続きを読む
因習によって引き裂かれたふぶきの心。頑なに因習を守ろうとする大膳。 高度成長期の日本で失われていく古きもの。 劇中の中にある吉太郎の日記の中の言葉。 「現代人の失っているもの。それは静かで激しい拒絶だ。」等等、日本が失ってきた良きもの、悪しきものへの想いが伝わる映画でした。 因習の破壊者でもあったビートルズのLet it beがラストで流れるのも感慨深いものがあります。 市川昆や他の金田一映画とはまた違った魅力のある映画だと思います。
隠す
  
 
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION