allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「長春」さんのコメント一覧 登録数(379件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]透明少女エア
 感情が高まると姿が見える長春2017-04-19
 
透明少女エアはいつもは透明だが、泣いたり、恐怖を感じたり、感情が高まると姿が見える。だから、秘密組織に追われると、恐怖でうっすらと全裸姿が見えたりする。ここで、サス・・・
続きを読む
透明少女エアはいつもは透明だが、泣いたり、恐怖を感じたり、感情が高まると姿が見える。だから、秘密組織に追われると、恐怖でうっすらと全裸姿が見えたりする。ここで、サスペンスが高まると同時に視聴者の若い男性の興味が高まる仕組みになっている。 秘密組織の正体など謎が解明されずに終わってしまうが、仲間由紀恵も出ていたし、放送時はそれなりに楽しめた。
隠す
  
 
[002]オール・ザ・キングスメン
 皆さんの思い込みに驚く長春2015-03-14
 【ネタバレ注意】
皆さん、ウィリー州知事が権力を手にし、汚職に手を染め、自滅する映画と考えておられます。 しかし、この映画ではウィリー州知事の汚職は全く描かれていません。 この映画で描・・・
続きを読む
皆さん、ウィリー州知事が権力を手にし、汚職に手を染め、自滅する映画と考えておられます。 しかし、この映画ではウィリー州知事の汚職は全く描かれていません。 この映画で描かれているのは、州知事に対する弾劾をめぐる反対派との駆け引きが中心となっています。反対派(金持ち・大企業)は議員を買収して弾劾を仕掛ける。ウィリー州知事は弾劾の中心人物の判事をスキャンダルで脅す。人望のある人物の息子・娘を利用して、州民の人気取りを図る。こうして、ウィリー州知事は弾劾を切り抜ける。反対派は「ウィリー州知事が人望のある人物の息子・娘を利用したこと。ウィリー州知事が判事を脅迫したこと」などを人望のある人物の息子に吹き込み、激怒させ、州知事暗殺へ向かわせる。 きちんと映画を見ず、思い込みで映画で描いていないことを批判するのはいかがなものか。
隠す
  
 
[003]ジェフ・イマダ
 バタフライ・ナイフ長春2013-10-19
 
連続ドラマ「ナイト・ライダー」の格闘シーンの指導をしていた。 バタフライ・ナイフの使い方の本やビデオを出している。 映画「ゴースト・ハンターズ」では空港でのシーンで、・・・
続きを読む
連続ドラマ「ナイト・ライダー」の格闘シーンの指導をしていた。 バタフライ・ナイフの使い方の本やビデオを出している。 映画「ゴースト・ハンターズ」では空港でのシーンで、バタフライ・ナイフとバトンを使う誘拐犯を演じている。 映画「ペイバック」では東洋系のマフィアの一員を演じている。
隠す
  
 
[004]ダブルフェイス 秘めた女
 無意識など精神分析の知識が必要長春2012-09-13
 【ネタバレ注意】
ある日家の家具の置き方、家族、街、さらに自分自身にさえ違和感を感じる。この違和感の表現が凄い。 この違和感の原因は何なのか、非常に興味を引かれた。どうも子供のときの・・・
続きを読む
ある日家の家具の置き方、家族、街、さらに自分自身にさえ違和感を感じる。この違和感の表現が凄い。 この違和感の原因は何なのか、非常に興味を引かれた。どうも子供のときの忘れ去った記憶に関係があるようだ。そこで、子供時代を過ごしたイタリアに謎を求めていく。 子供のときの出来事でヒロインは子供のときの記憶を無意識に押し込めた。ヒロインはその記憶を思い出そうとしたため、無意識からその記憶が感覚を伴って顔を出す。それが現実と混じり合って違和感として表れたのである。 精神分析の考え方を映画的に面白く表現してあって、私には非常に面白かった。
隠す
  
 
[005]ダントン
 政治闘争で道を踏み外すロベスピエール長春2011-11-18
 【ネタバレ注意】
私は清廉潔白なロベスピエールが好きである。若いとき見たときはロベスピエールと対決姿勢をとるダントンが主役なので真剣に見ることができず、なんだか良く分からなかった。退・・・
続きを読む
私は清廉潔白なロベスピエールが好きである。若いとき見たときはロベスピエールと対決姿勢をとるダントンが主役なので真剣に見ることができず、なんだか良く分からなかった。退職後改めて腰を据えて見ると、映画のテーマが分かった。 ダントンを粛清すべしという公安委員会の他のメンバーをロベスピエールは抑え、ダントンとの交渉を行う。しかし、ダントンは公安委員会を独裁的として敵対的な態度で交渉に臨む。交渉の余地なしと理解したロベスピエールは一気にダントン逮捕を行う。ダントン粛清を確実にするため、公安委員会の他のメンバーは裁判への関与を主張しロベスピエールはそれを拒むものの、最終的にそれを黙認してしまう。 ダントンがギロチン台に登る日、少年が人権宣言を枕元で暗誦する声を聞きながら、ロベスピエールは公安委員会の他のメンバーに引きずられ人権宣言に反するやり方でダントンを粛清したことを悔やむのであった。
隠す
  
 
[006]父親たちの星条旗
 英雄は国家が作り上げる長春2011-08-16
 【ネタバレ注意】
英雄は国家が作り上げるものだ。戦場にいるのは命がけで戦う兵士だけである。 これが、この映画の主張であろう。 戦争への国民の士気高揚のため、国家は「英雄」を作り上げる・・・
続きを読む
英雄は国家が作り上げるものだ。戦場にいるのは命がけで戦う兵士だけである。 これが、この映画の主張であろう。 戦争への国民の士気高揚のため、国家は「英雄」を作り上げる。 戦時国債を売るため、アメリカ政府は3人の兵士を「硫黄島攻略の英雄」として祭り上げる。3人は兵士として命がけで戦っただけで、実際何人もの戦友が死んでいる。3人は「英雄」という立場に戸惑う。 イラク・アフガン戦争でも、女兵士が「戦友を救った英雄」に祭り上げられた。実際はその女兵士はそのような英雄的行為はしていないことが明らかになり、女兵士は非難を浴びた。戦争への国民の士気高揚のため、国家は「英雄」を作り上げる。女兵士もまたその被害者であった。
隠す
  
 
[007]ハックフィンの大冒険
 信じていることでも間違っていることもある長春2011-08-16
 【ネタバレ注意】
主人公の少年も「奴隷制度」を正しいと思っているが、黒人奴隷とともに自由を求め旅するうちに友人となっていくのが大筋だ。 しかし、DVの父親、その死、資産家間の殺し合い・・・
続きを読む
主人公の少年も「奴隷制度」を正しいと思っているが、黒人奴隷とともに自由を求め旅するうちに友人となっていくのが大筋だ。 しかし、DVの父親、その死、資産家間の殺し合い、詐欺師に利用されたり、銃で撃たれたり、黒人奴隷へリンチなど、衝撃的な出来事の連続で、面白い。原作を読んだことはないので牧歌的な話だと思い込んでいたが、こんな衝撃的な話だとは知らなかった。 特に、保安官が、殺し合いの喧嘩をする男を射殺した直後イギリス人に「アメリカにようこそ!」と言うのが面白かった。アメリカは暴力で全てを解決しようとする国なのだ。
隠す
  
 
[008]ゴーストライダー
 設定が理解できれば面白い長春2011-08-07
 【ネタバレ注意】
「悪魔との契約」で魂が奪われると言う話だから、メフィストに魂を奪われないように駆け引きする話かと思って見ていた。だから、途中までなんか腑に落ちなかった。中盤から「メ・・・
続きを読む
「悪魔との契約」で魂が奪われると言う話だから、メフィストに魂を奪われないように駆け引きする話かと思って見ていた。だから、途中までなんか腑に落ちなかった。中盤から「メフィストに魂を奪われ『地獄の警察官』として、『地獄から抜け出した悪魔』や『地獄へ行くべき人間』を処分する」という話だと分かった。そうしたら、面白く見れた。 悪魔は罪の意識がないから『地獄の警察官』の眼の力では地獄に送り込めないが、人間の魂と一体化した悪魔は人間の魂ごと『地獄の警察官』の眼の力で地獄に送り込めると言う結末も納得できた。
隠す
  
 
[009]理由
 ストーリーはよくできている長春2011-07-18
 【ネタバレ注意】
主人公が「死刑廃止論者」だから死刑について考える映画かと思ったが、普通のサスペンス映画だった。主人公の娘が若き日のスカーレット・ヨハンソンだった。 ストーリーが滅茶・・・
続きを読む
主人公が「死刑廃止論者」だから死刑について考える映画かと思ったが、普通のサスペンス映画だった。主人公の娘が若き日のスカーレット・ヨハンソンだった。 ストーリーが滅茶苦茶だという書き込みがあったので、犯人の立場で再構成してみた。良くできたストーリーだと分かった。 白人女性を車に乗せてあげた。そうしたら、その白人女性の元カレの警察官に誘拐容疑で逮捕された。女検事に起訴され、一晩拘留された。拘留された晩に警察官に暴行され、去勢された。起訴は取り下げられ解放されたが、大学の奨学金は打ち切られてしまった。仕方なく故郷に戻って静かに暮らそうと思ったが、地元の黒人警察官に目の敵にされた。あんまり悔しいんで、黒人警察官の娘の友達の白人少女を暴行して殺した。去勢されているので体液は証拠として残らなかったし、ほかの決定的な物的証拠も見つからなかった。そしたら、警察官は暴力で自白を迫った。それで死刑囚になった。何でこんなことになったのかと思うと、「誘拐容疑」で女検事が起訴したのがきっかけだと思う。何故女検事は「警察官が白人女性の元カレだった」のを知りながら、起訴を取り下げず一晩拘留したのか。恨みに思うのはあの女検事である。 死刑囚として数年間過ごすうち、他の死刑囚と友人になった。連続殺人犯の死刑囚は俺を信頼し、「俺をこんなふうに育てた両親を殺さなければ死に切れない。」といつも言っている。いつか二人の間で「連続殺人犯が俺の罪をかぶる代わりに、俺が連続殺人犯の両親を殺す」計画がまとまった。あの女検察官の夫は「死刑反対論者」だから、再審の弁護を受けてくれるだろう。俺を犯罪者にしたあの女検察官の家族なんだから、それぐらいの償いは当然だ。 再審無罪になったので、約束どおり連続殺人犯の両親を殺した。これからあの女検察官とその娘をゆっくりいたぶってから殺してやろう。ところが、俺が女検察官を殺す前に、連続殺人犯が俺が約束どおり連続殺人犯の両親を殺したかどうか不安になって女検察官の夫に俺たちの計画を漏らしてしまった。女検察官の夫と黒人警察官が追ってくるぞ。 滅茶苦茶どころか、本当に良くできたストーリーである。
隠す
  
 
[010]スティーヴ・イーナット
 知的な悪人長春2011-05-16
 
「スパイ大作戦 欺瞞作戦」のエリート・スパイ、「電撃フリント アタック作戦」の主犯の軍人、「アウターリミッツ」のゼノン星人、知能犯、知的な感じが素晴らしかった。 「・・・
続きを読む
「スパイ大作戦 欺瞞作戦」のエリート・スパイ、「電撃フリント アタック作戦」の主犯の軍人、「アウターリミッツ」のゼノン星人、知能犯、知的な感じが素晴らしかった。 「逃亡地帯」ではラストだけに活躍するにやけた乱暴者、「刑事マディガン」では逃亡する凶悪犯、「FBI 大強盗」では強盗の主犯など、粗暴犯の役も多い。「刑事マディガン」では紙袋を落としながら発砲するのが格好よかった。
隠す
  
 
[011]アドレナリン・ブレイク
 激しい殴り合い長春2011-05-15
 【ネタバレ注意】
結末はスカッとはしないが、そこそこ見せる。 犯罪者のためのタクシーの女性ドライバー。タクシー会社の経営者の男と恋仲。タクシー会社の経営者の男は堅気になろうとしている・・・
続きを読む
結末はスカッとはしないが、そこそこ見せる。 犯罪者のためのタクシーの女性ドライバー。タクシー会社の経営者の男と恋仲。タクシー会社の経営者の男は堅気になろうとしているが、姉が犯罪組織の大物。女性ドライバーの娘が殺され、女性ドライバーが手段を選ばずその犯人を捜していく。 女性ドライバーは警察の潜入捜査官だが、娘が殺され職務を放棄。犯罪者を拷問したり殺したりして、犯人を捜していく。追跡してくる警察官や犯罪者との殴り合いが激しい。殴る、蹴るだけでなく、肘打ち、頭突き、馬乗りになって殴る。
隠す
  
 
[012]フットルース
 良心作 そのとおり長春2011-04-19
 
牧師の娘は2回自殺未遂をして、その度に友人に救われている。 これは父親から愛されていないからである。 息子の死から牧師は人を戒律で縛ることが人を救うことだと思い込み、・・・
続きを読む
牧師の娘は2回自殺未遂をして、その度に友人に救われている。 これは父親から愛されていないからである。 息子の死から牧師は人を戒律で縛ることが人を救うことだと思い込み、人と向き合うことを忘れている。 ケビン・ベーコンは「人と楽しむダンス」を通じて、牧師に人と向き合うことを思い出させるのである。
隠す
  
 
[013]ブロークン・チェーン
 イロコイ族の悲劇長春2011-04-06
 【ネタバレ注意】
6部族からなるイロコイ連合のインディアン ジョセフ・ブラントについてこの映画で初めて知った。 ジョセフ・ブラントは英国軍の武力に信頼を置き、英国人から教育も受ける。・・・
続きを読む
6部族からなるイロコイ連合のインディアン ジョセフ・ブラントについてこの映画で初めて知った。 ジョセフ・ブラントは英国軍の武力に信頼を置き、英国人から教育も受ける。フランスを追い出すなど英国軍に協力するが、なし崩しに白人入植者に土地を奪われ、さらに独立戦争に巻き込まれ、村は壊滅状態になってしまう。ここに至り、英国軍の武力に信頼していたジョセフも「白人をインディアンの土地に入れるべきではなかった」ことを悟り、生き残った部族を率いカナダのオンタリオ州に移りインディアンの文化を守っていくことにするのである。
隠す
  
 
[014]薔薇の素顔
 エンターテインメントとして悪くない長春2011-02-23
 【ネタバレ注意】
最初からリッチーが怪しく見えるが、もうひとひねりある。 医者に性的虐待をされるが、自分も性的虐待を弟にしてしまい、弟が自殺。その罪の意識を押さえ込むために、妹を死ん・・・
続きを読む
最初からリッチーが怪しく見えるが、もうひとひねりある。 医者に性的虐待をされるが、自分も性的虐待を弟にしてしまい、弟が自殺。その罪の意識を押さえ込むために、妹を死んだ弟に仕立て上げる。そのため、妹は人格が混乱し、多重人格になってしまう。兄によって抑圧された妹の中の女性の人格が表出するが、兄は女性の人格の表出の対象を抹殺して、妹をあくまで死んだ弟としようとする。筋は通っていることに感心。 弟になることを強いられた女性の抑圧された女性の人格が表出するため、自分が女性であることを確認してしまい、裸にエプロンなど女性の肉体を強調したシーンが多くなるのであろう。単なる受けを狙った性描写というわけではないと思う。 釘打ち機が凶器というのは、恐ろしかった。 エンターテインメントとして、それなりに面白かった。
隠す
  
 
[015]キル・ポイント
 設定を生かしきれず長春2010-09-11
 【ネタバレ注意】
イラク帰還兵の犯人たち。犯人の戦友。通信オタクの少年である人質。有力者が父の娘が人質。 それらの設定が絡み合って結末に雪崩れ込む事を期待したが、設定は個々に展開し、・・・
続きを読む
イラク帰還兵の犯人たち。犯人の戦友。通信オタクの少年である人質。有力者が父の娘が人質。 それらの設定が絡み合って結末に雪崩れ込む事を期待したが、設定は個々に展開し、それぞれ小さく収束してしまった。 最後の犯人が脱出するアイデアも既視感があった。 隣の建物から犯人が逃げるのを阻止するのも、事前に計画を知りながら何故警察は挟み撃ちにしなかったのか疑問に思った。 唯一なるほどと思ったのは、写真に仕込んだマイクだった。
隠す
  
 
[016]髑髏銭
 月形龍之介の演技長春2010-05-01
 
「あきめくらの化け物」(テレビ放映では差別用語扱いとなっている)を演じる月形龍之介の盲目の演技が素晴らしい。普通の演技をしながら、眼は焦点が定まらない。月形龍之介は・・・
続きを読む
「あきめくらの化け物」(テレビ放映では差別用語扱いとなっている)を演じる月形龍之介の盲目の演技が素晴らしい。普通の演技をしながら、眼は焦点が定まらない。月形龍之介は以前から好きだが、この演技を見たときなるほどと感心し、その演技力に驚いた。
隠す
  
 
[017]シャロン・エイガー
 シャロン・アッカーと同一人物長春2009-11-01
 
アメリカのホームページで確認しましたが、シャロン・エイガーとありますが、「ポイント・ブランク 殺しの分け前」に出演しているシャロン・アッカーと同一人物です。
  
 
[018]ハンテッド
 前半をちゃんと見てほしい長春2009-07-14
 
皆さん、題名と前半は見ていないのでしょうか。 皆さんのあまりの酷評に書かせていただきます。 私はこの映画を非常に高く評価いたします。 題名は「The Hunted」。「ハントさ・・・
続きを読む
皆さん、題名と前半は見ていないのでしょうか。 皆さんのあまりの酷評に書かせていただきます。 私はこの映画を非常に高く評価いたします。 題名は「The Hunted」。「ハントされるもの」です。 残念ながらこの映画を批判する方にはコソボ紛争を知らない方もいるようです。 冒頭コソボでアルバニア人がセルビア人の軍に虐殺される。 アーロンはそのシーンがフラッシュバックし、心が休まらない。 L.T.は罠にかかった野生動物を救い、罠を仕掛けた男をねじ伏せる。 高性能の銃で鹿をハントしようとする素人ハンターをアーロンは殺す。 L.T.もアーロンも「The Hunted」つまり「ハントされるもの」(アルバニア人、罠にかかった野生動物、鹿)の側に立っている。 F.B.I.に逮捕されたアーロンは「食物連鎖の中で我々の上にいる奴がいて、そいつらが我々を皆殺しにしてきたらどうする。」と語る。コソボでの民族浄化の現場を見たため、アーロンが「ハントされるもの」への共感そしてハンターへの憎しみは異常なほど強いのである。そして、L.T.もアーロンも、ハントされる側への敬意を持ち、銃は使わない。これらはちゃんと前半に描かれている。 これを踏まえて、後半のL.T.とアーロンの銃を使わない戦いに収束していくのである。 2003年はアメリカのイラク侵攻が始まった年でもあり、この映画はハントされるもの、攻撃される側の立場で考えることを主張しているのである。
隠す
  
 
[019]ワシントンDCの陰謀
 大したことなかった。長春2009-05-29
 【ネタバレ注意】
どんな陰謀があるのかと思ったら、情報のリークだった。 共和党の下院議員の事務所に入った29歳の女性が、情報のリークのメッセンジャーとして使われる。 その下院議員のその・・・
続きを読む
どんな陰謀があるのかと思ったら、情報のリークだった。 共和党の下院議員の事務所に入った29歳の女性が、情報のリークのメッセンジャーとして使われる。 その下院議員のその汚いやり方に怒り、対立候補として立候補しようと考たら終わりとなる。中途半端な終わり方。 おどけた写真の身分証明書とか、デートの3ヶ月ルールとか、しょうもないことで時間を潰す。下の方の書いたとおり、議員事務所に入った女性の青春物語を狙った映画なのかもしれないが、いずれにしても中途半端な印象だ。
隠す
  
 
[020]ヘルレイザー/ヘルワールド
 幻覚が全て。長春2009-05-24
 【ネタバレ注意】
ときどきピンヘッドが現われる。 しかし、その全てが幻覚だったとは。 見ごたえがあったのは、修道士が現われるラストのハンス・エンリクセンの戸惑った表情だけだった。
  
 
[021]ヘルレイザー/ワールド・オブ・ペイン
 これは酷いですなあ。長春2009-05-23
 
ストーリーも分からなければ、児童虐待とかいろいろ勿体つけた割には見せ場もありません。 その点、最初のヘルレイザーは「苦痛と快楽の異界の修道士が脱走者を連れ戻す」とい・・・
続きを読む
ストーリーも分からなければ、児童虐待とかいろいろ勿体つけた割には見せ場もありません。 その点、最初のヘルレイザーは「苦痛と快楽の異界の修道士が脱走者を連れ戻す」というストーリーも分かりやすかったし、見せ場も最初からありました。最初のヘルレイザーでは、ズル剥けのフランクが出ずっぱりで、面白かった。
隠す
  
 
[022]夜のいそぎんちゃく
 若い娘に翻弄される中年男の悲しさ長春2009-02-11
 
渥美マリが演じるあっけらかんとした奔放な娘に翻弄される真面目な中年男を千秋実が演じている。少年院から引き取った娘に夢中になり神父の職を捨て、娘と同棲し、心から嬉しい・・・
続きを読む
渥美マリが演じるあっけらかんとした奔放な娘に翻弄される真面目な中年男を千秋実が演じている。少年院から引き取った娘に夢中になり神父の職を捨て、娘と同棲し、心から嬉しい様子を千秋実が素晴らしく演じている。そのため、奔放な娘に見捨てられた後の姿がより切ない。 妹を庇って少年に行ったりと娘は悪意ある人間ではなく、人の思惑を気にせずただあっけらかんと無節操に暮らしているだけである。そういった娘を渥美マリは見事に実体化している。
隠す
  
 
[023]モダン・ミリー
 「燃えよ ドラゴン」を連想長春2009-02-02
 【ネタバレ注意】
ミリーが敵地に乗り込み、誘拐された女性たちを解放する。金持ちのおばさんが中国人を殴る前、親指で鼻を擦る。「燃えよ ドラゴン」を連想したが、この作品のほうが「燃えよ ・・・
続きを読む
ミリーが敵地に乗り込み、誘拐された女性たちを解放する。金持ちのおばさんが中国人を殴る前、親指で鼻を擦る。「燃えよ ドラゴン」を連想したが、この作品のほうが「燃えよ ドラゴン」より前の作品だった。 ご都合主義の話であるが、楽しい。
隠す
  
 
[024]剣鬼
 終盤の殺陣が残念長春2009-01-21
 【ネタバレ注意】
父親が分からぬため差別される若侍。花を愛し、また運動能力も優れているが、孤独で剣の修行もできない。とそこに流浪の居合いの達人と出会い、見取り稽古でその技を習得する。・・・
続きを読む
父親が分からぬため差別される若侍。花を愛し、また運動能力も優れているが、孤独で剣の修行もできない。とそこに流浪の居合いの達人と出会い、見取り稽古でその技を習得する。「居合いには駆け引きがない。ただただ速く斬るだけである。」ため、独学でその腕を磨いていくことができる。 花の栽培技術で殿に認められ、その居合いの腕で家老に見込まれる。家老の指示で暗殺を繰り返し、派閥争いに巻き込まれることになる。家老一派が負け、家老の反対派が大挙して主人公を襲う。 主人公が居合いだけで闘うという設定が面白い。これで押し通せれば最高だったのだが、終盤大勢と闘う殺陣で初めのうちは居合いで闘うのだが、御終いの方では普通の殺陣になってきてしまった。ここだけが残念だった。 花畑での闘いにしたかったのだろうが、反対派が少数の暗殺者を送り込んで来るという設定にするとか、何とか居合いだけで通せなかったのか。 また、久世竜による三船敏郎の居合いのような驚きの殺陣を盛り込んで、リメイクできないだろうか。
隠す
  
 
[025]ノートルダムの傴僂男
 コミュニケーション長春2009-01-14
 【ネタバレ注意】
子供の頃見たときは、そのメーキャップと最後の「石に生まれたかった」と言う嘆きに引かれた。カジモドの顔と背中に驚いた。 そして、今ビデオを買って改めて見ると、カジモド・・・
続きを読む
子供の頃見たときは、そのメーキャップと最後の「石に生まれたかった」と言う嘆きに引かれた。カジモドの顔と背中に驚いた。 そして、今ビデオを買って改めて見ると、カジモドの醜さより「耳が聞こえないことによるコミュニケーションの欠如」が不幸を招いているように感じた。 「ミクロの決死圏」で見たエドモンド・オブライエンが、若いときはこんなに甘い二枚目だったことにもびっくり。
隠す
  
 
[026]ガス燈
 ドメスティック・バイオレンス長春2009-01-14
 【ネタバレ注意】
シャルル・ボワイエがイングリッド・バーグマンをねちねちと狂気に追い込もうとするのがイライラさせるが、そこも面白い。「パートナーの行動の管理」「パートナーの行動の非難・・・
続きを読む
シャルル・ボワイエがイングリッド・バーグマンをねちねちと狂気に追い込もうとするのがイライラさせるが、そこも面白い。「パートナーの行動の管理」「パートナーの行動の非難」など、今報道されているドメスティック・バイオレンスで見られる状況が表現される。納得できる。 宝石より愛してくれた女性に価値があったのかとちょっと思う表情にも感心。
隠す
  
 
[027]タクシー・サンバ/愛のかたち
 白夜に似ていると感じた。長春2008-10-07
 
五反田の映画館でロベール・ブレッソンの「白夜」を見た。そして、家に帰ってテレビをつけると、山田太一氏脚本の「タクシー・サンバ 愛のかたち」が放映されていた。山田太一・・・
続きを読む
五反田の映画館でロベール・ブレッソンの「白夜」を見た。そして、家に帰ってテレビをつけると、山田太一氏脚本の「タクシー・サンバ 愛のかたち」が放映されていた。山田太一氏は「ヨイショ」以来大好きだった。 「あれっ!?」と思った。「白夜」とストーリーが似ていた。映画「白夜」ではボサノバが効果的に使われていた。「タクシー・サンバ」では当然ながらサンバが使われていた。ストーリーが似ていたこと、ブラジルの音楽サンバ・ボサノバが使われていたことから、なんだかがっかりしてしまった
隠す
  
 
[028]マルタイの女
 アクションがしっかりしていて、面白い長春2008-09-30
 
殺人の目撃者の女優とそれをボディガードする警察官の葛藤を、ユーモアとアクションを交え、面白く描いている。最初から最後まで飽きさせない。伊丹氏の映画は「なるほどそうな・・・
続きを読む
殺人の目撃者の女優とそれをボディガードする警察官の葛藤を、ユーモアとアクションを交え、面白く描いている。最初から最後まで飽きさせない。伊丹氏の映画は「なるほどそうなのか。」という点が多く、感心する。棒術などでのアクションも素晴らしい。
隠す
  
 
[029]リ・ジェネシス バイオ犯罪捜査班
 主人公の人格設定に共感できず長春2008-09-14
 
主人公の人格設定に共感できない。 面接に来た女性科学者を冷たく追い返す。しかし、同僚からその女性科学者が実績をあげていることを聞くと、のこのことその女性科学者を追い・・・
続きを読む
主人公の人格設定に共感できない。 面接に来た女性科学者を冷たく追い返す。しかし、同僚からその女性科学者が実績をあげていることを聞くと、のこのことその女性科学者を追い回す。 ずっと皮肉ばっかり言っている。 パキスタン人の同僚がイスラム過激派とのかかわりを疑われ首になる。主人公が上司にパキスタン人の同僚を復職させるように強く働きかける。どうなるかと興味を持ったら、首になったパキスタン人の同僚が射殺され問題解決。いい加減な脚本だと思った。
隠す
  
 
[030]赤毛
 名作!!!長春2008-09-04
 
最初から最後まで面白い。 三船敏郎が一本気で誠実な元農民の官軍兵士にぴったりです。主人公にずっと共感しました。あんまり主人公が誠実で良い人なので、涙が出てきました。 ・・・
続きを読む
最初から最後まで面白い。 三船敏郎が一本気で誠実な元農民の官軍兵士にぴったりです。主人公にずっと共感しました。あんまり主人公が誠実で良い人なので、涙が出てきました。 赤報隊の先駆けとして一人で故郷に錦を飾り、故郷の農民を代官と借金から解放する。そこに幕府の秘密工作員(隠密)やニヒルな浪人が絡んで面白い。 結局官軍も民衆の味方ではないことが分かるが、主人公の母親は主人公に「今死なないで、生き延びて活動するんだ。」と諭す。 そして、民衆の心は「ええじゃないか」で爆発するのである。
隠す
  
 
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION